PR(アフィリエイト)

iPhone対応スピーカーおすすめランキング9選|低価格・高音質・防水対応も

Anker Soundcore Mini 3 Bluetooth スピーカー コンパクト イコライザー設定 BassUpテクノロジー PartyCast機能 IPX7防水 15時間連続再生 USB-Cポート採用 ブラック
出典:Amazon
Anker Soundcore Mini 3 Bluetooth スピーカー コンパクト イコライザー設定 BassUpテクノロジー PartyCast機能 IPX7防水 15時間連続再生 USB-Cポート採用 ブラック
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

持ち運びしやすく、車内や旅行先でも音楽を楽しめるiPhone対応のポータブルスピーカー。最近ではBluetoothでワイヤレス接続できるものや高音質・コンパクトサイズなものまで登場しています。

この記事ではiPhone対応スピーカーの選び方と、アンカーやボーズ、ソニーなど人気メーカーのおすすめ商品を紹介します。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

モバイルが大好物のITライター
傍島 康雄
モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。 スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが、最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており、文章を書くのも、プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

iPhone対応スピーカーとは iPhoneユーザーには必見!

iPhone7以降の機種にはイヤホンジャックがなくなったこともあり、近年は、BluetoothやAirplayに対応した商品が主流になってきています。

通信による遅れや音切れのない有線タイプもまだまだ愛用者が多いです。有線タイプは、iPhone6までの機種で使える3.5mmイヤホンジャック対応商品と、iPhone7以降のLightning端子に対応している商品があります。

iPhone対応スピーカーの選び方 接続方法・音質など

iPhone対応スピーカーにはさまざまな商品があり、どのスピーカーを選べばいいのか迷ってしまいますよね。自分の用途に合ったスピーカーを選ぶうえで重要なポイントをいくつかまとめました。

【1】接続方法
【2】対応コーデック
【3】スピーカーの音質
【4】バッテリー内蔵かどうか
【5】防水や通話などの機能性


それぞれ詳しく見ていきましょう。

【1】接続方法で選ぶ

iPhone対応スピーカーには、iPhone本体とスピーカーをケーブルで接続する有線タイプと、無線通信により接続する無線タイプがあります。無線タイプにはBluetoothで接続するBluetooth対応商品とWi-Fi経由で音声・映像データを送信するAirplay対応商品があります。

有線タイプ

 

Pioneer(パイオニア)『RAYZ Rally(XW-LTS5)』

iPhoneとスピーカーをケーブルで繋いで、音声出力するタイプのスピーカーです。有線タイプのメリットは、音が途切れたり遅れたりすることがないところです。

電源は乾電池またはUSBで取るタイプが多いです。左右ふたつのスピーカーをつなげて使える商品もあります。価格も無線タイプにくらべて安価です。

無線タイプ(Bluetooth)

 

Anker(アンカー)『SoundCore mini 2』

いま、多く販売されているスピーカー。iPhoneとスピーカー間をBluetoothというワイヤレス通信規格で接続し音声を出力します。

iPhoneの機種を選ばず使えるのがメリットです。防水・防塵機能のある商品も多く、アウトドアや旅行先、車内でも使いやすいのが特徴です。

無線タイプ(Airplay)

 

YAMAHA(ヤマハ)『MusicCast 20(WX-021)』

iPhoneのiTunesからWi-Fi経由で音声データを送信して出力するタイプのスピーカーです。

音楽だけでなく、写真や映像をテレビ画面に映し出して楽しむことできるのが特徴です。有線、Bluetooth接続のスピーカーにくらべると高価になります。

【2】対応コーデックを確認

 

Bluetoothではオーディオを飛ばすとき、おもに3種類のコーデック(圧縮技術)が使われます。標準のコーデックは「SBC」で、これはBluetoothオーディオでは必ずサポートされるコーデックなので、対応機種が多い反面、圧縮時のタイムラグや高音部が消えてしまうなど、音質が下がってしまうというデメリットもあります。

これに対して「aptX」や「AAC」といったコーデックは、タイムラグがほとんどなく、また圧縮率が低かったり高音域を消してしまうことがないため、より高音質でレスポンスのいい音を楽しめます。とくにテレビの音声を送信する場合、映像と音の同期(リップシンク)がズレると違和感があるため、これらの低遅延コーデックをサポートした機器が有利です。

【3】スピーカーの音質も要チェック!

 

クリエイティブメディア『Creative Pebble V2』

iPhone対応スピーカーには小さくても音量の大きいものや、ウーファー付きで低音再生に特化したものなどメーカーや商品によって音質に違いがあります

商品説明欄を確認して、自分の聴きたい音楽を聞くのに適しているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

【4】バッテリー内蔵スピーカーだと持ち運びに便利

 

BOSE(ボーズ)『SoundLink Micro Bluetooth speaker』

スピーカーにバッテリーが内蔵されていれば、AC電源がなくても音楽を聴けるため、持ち運びがしやすく便利です。バッテリーには、充電式と乾電池式の2種類があります。それぞれについて説明します。

充電式バッテリー

バッテリーは充電する必要があります。家庭のコンセントなどのAC電源から充電するものや、USB接続するタイプのものがあります。持ち運びのしやすいポータブルスピーカーにはUSB給電のものが多いです。

メーカーや機種によっても異なりますが、連続再生時間は7〜8時間前後のものが主流。また、充電に要する時間が長いと不便なことも。充電に要する時間も確認しておきましょう。

乾電池

乾電池で出力させるタイプのスピーカー。電池が切れたときは電池を入れ替える手間がかかるのが難点ですが、あらかじめ予備の電池を用意しておけば長い間再生できます。ただし、乾電池式の商品は減少傾向にあります。

【5】機能性で選ぶ

iPhone対応スピーカーには、さまざまな機能があります。お風呂やキッチンでも使える防水機能や切替不要ですぐに通話ができる便利なものまで。あなたが求める機能を押さえておきましょう。

お風呂やキッチンには防水機能を

 

最近のiPhoneスピーカーには防水機能が搭載されています。お風呂や料理中のキッチンでは水に濡れてしまうことがあります。

そんな時でも防水機能があると安心です。実際の使用シーンをイメージして水をかぶってしまう可能性があるなら、防水機能付きのスピーカーを検討してみてはいかがでしょうか。

接続可能距離で選ぶ

 

Bluetooth(無線)タイプのiPhoneスピーカーは、有線コードを接続する必要がないので便利ですが、接続可能距離が設けられています。

メーカーや商品によって、通信できる距離が異なるので使う用途や場面に合ったものを選ぶとよいでしょう。高価な製品でも、可能距離が短いこともあるので、予め確認が必要です。

通話機能をチェック!

 

スピーカーによっては、通話機能が搭載されています。自宅でお気に入りの音楽を流している時に、突然電話がかかってきても通話機能が搭載されていることですぐに対応できます。

日常的に電話を利用する人には、最適な機能です。

iPhone対応スピーカーおすすめ9選 無線、防水、有線タイプまで

BluetoothやAirplayでコードいらずの無線タイプ、防水タイプ、コードでつなげる有線タイプなど、iPhone対応スピーカーでおすすめの商品をご紹介します。

Anker(アンカー)『SoundCore mini 3』

Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』 Anker(アンカー)『SoundCoremini3』
出典:Amazon この商品を見るview item

小さいボディでありながらパワフルな音質!

コンパクトボディでありながら、パワフルで重みのある音質が自慢のスピーカー。Bluetoothで約20m圏内の通信が可能。連続再生時間も15時間と長めです。お部屋での使用はもちろんアウトドアでの使用にも適しています。

IPX7の防水規格対応で、お風呂やキッチンでも安心して音楽を楽しむことができます。

接続方法 Bluetooth
W数 6W
駆動時間 約15時間
重量 約230g

接続方法 Bluetooth
W数 6W
駆動時間 約15時間
重量 約230g

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』
出典:Amazon この商品を見るview item

キッチンやお風呂でも使える高性能スピーカー

フルレンジスピーカーユニット&低音増強振動板ユニットを搭載し、迫力のある重低音やクリアな中高域が楽しめます。防水、防塵機能付きでアウトドアはもちろんキッチンやお風呂などの水まわりでの利用も安心。家にいるときはもちろん、お出かけするときにも使えるスピーカーがほしいという人にも向いています。

スピーカー本体に操作ボタンがあるので、スマホを使わなくても音楽の再生・停止・曲送りの操作も可能です。

接続方法 Bluetooth
W数 5W
駆動時間 約16時間
重量 243g

接続方法 Bluetooth
W数 5W
駆動時間 約16時間
重量 243g

HARMAN(ハーマン)『JBL GO 3』

HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』 HARMAN(ハーマン)『JBLGO3』
出典:Amazon この商品を見るview item

お手頃価格&手のひらサイズでどこででも使える!

お手頃価格でありながら、コンパクト設計で高性能・高音質なスピーカー。IP67の完全防水機能付きで水没させても壊れません。プールサイドやアウトドアでの使用以外にもキッチンやお風呂での使用も可能です。

充電式で連続再生時間が5時間と少し短め。あまり長い間音楽を流すわけではないので、安くて音質のよいスピーカーがほしいという人に適しています。

接続方法 Bluetooth
W数 3W
駆動時間 5時間
重量 209 g

接続方法 Bluetooth
W数 3W
駆動時間 5時間
重量 209 g

SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』

SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 SANWASUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ふたつのユニットで迫力の高出力!

最大10Wのスピーカーユニットと、前後に搭載されたパッシブラジエーターにより、低音域が増幅・増強された迫力ある音楽を楽しめます。防水機能付きでアウトドアでも水まわりの近くでも気兼ねなく使えますよ。マイクも搭載しているからハンズフリー通話も可能です。

連続再生時間は6時間とやや短めですが、こまめに充電することが苦にならない人や音量のあるスピーカーがほしい人向けの一品です。

接続方法 Bluetooth、有線
W数 10W
駆動時間 約6時間
重量 約322g

接続方法 Bluetooth、有線
W数 10W
駆動時間 約6時間
重量 約322g

ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカー behav(SP-PCBS01U)』

ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカーbehav(SP-PCBS01U)』
出典:Amazon この商品を見るview item

かんたんに有線・無線の切り替えができる!

パッシブラジエーターを搭載し、コンパクトながら迫力のある重低音を実現したスピーカーです。イヤホンジャックで有線接続が可能。電源はUSBで取るタイプのためUSB対応のアダプターや電源が必要です。Bluetooth接続にも対応。有線とBluetoothの切り替えもボタンひとつでかんたんに切り替えられます。

基本は有線ケーブルで繋いでスピーカーを使いながら、ときどきはBluetoothで無線接続して音楽を楽しみたい人向けです。

接続方法 有線、Bluetooth
W数 5W
駆動時間 -
重量 約370g

接続方法 有線、Bluetooth
W数 5W
駆動時間 -
重量 約370g

オーム電機『ステレオスピーカー ミニ AudioComm(ASP-204N)』

オーム電機『ステレオスピーカーミニAudioComm(ASP-204N)』 オーム電機『ステレオスピーカーミニAudioComm(ASP-204N)』 オーム電機『ステレオスピーカーミニAudioComm(ASP-204N)』 オーム電機『ステレオスピーカーミニAudioComm(ASP-204N)』 オーム電機『ステレオスピーカーミニAudioComm(ASP-204N)』
出典:Amazon この商品を見るview item

お手頃価格で手軽に買える有線スピーカー

小さなステレオスピーカーがふたつセットになった商品で、とにかく価格が安いです。電池や電源は不要。iPhoneのイヤホンジャックに差し込むだけでかんたんに誰でも使えます。アンプが内蔵されていないので、iphoneから音量調整をする必要があります。

iPhoneのスピーカーでは物足りない人や、スピーカーをとにかく安く手に入れて試しに使ってみたい人に適しています。

接続方法 有線
W数 0.5W×2
駆動時間 -
重量 約292g

接続方法 有線
W数 0.5W×2
駆動時間 -
重量 約292g

HARMAN(ハーマン)『JBL Pebbles』

HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』 HARMAN(ハーマン)『JBLPebbles』
出典:Amazon この商品を見るview item

デスクまわりでの使用にぴったり!

USBで電源を取るタイプのスピーカーで、PC用として販売されていますが、スマホのアダプターなどUSB対応電源と付属のケーブルを使えばiPhone(iPhone6以前の機種)にもつなげられます。側面で電源オンオフ&音量調整がかんたんにできて、機械に詳しくない人でもかんたんに操作できます

電源を取るためのUSBケーブルがあまり長くないので、デスクなどの限られた場所でiPhoneを使って音楽を聴きたい人向けの商品です。

接続方法 有線
W数 -
駆動時間 -
重量 1000g

接続方法 有線
W数 -
駆動時間 -
重量 1000g

クリエイティブメディア『Creative Pebble V2』

クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』 クリエイティブメディア『CreativePebbleV2』
出典:Amazon この商品を見るview item

PCでもスマホでも使える! パワフルな音が自慢

丸くて見た目がスタイリッシュでコンパクトな高音質スピーカーです。USB-Cタイプに対応。従来商品よりも出力量がアップし、よりパワフルな音を再生できるようになりました。PCのUSBポートにつなげばアダプターなしで使えます

PCでもスマホでも使えるパワフルな音が出せるスピーカーがほしい人に適しています。

接続方法 有線
W数 8W
駆動時間 -
重量 左:約300g、右:約340g

接続方法 有線
W数 8W
駆動時間 -
重量 左:約300g、右:約340g

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』
出典:Amazon この商品を見るview item

タテ・ヨコどちらでも使えるワイヤレススピーカー

コンパクトなボディながら、高音質の広がりや力強い低温を楽しめるスピーカーです。Bluetooth接続のワイヤレスタイプなので、置き場所を選ばず使うことができます。

無料のアプリ「MusicCenter」を使えば、スマートフォンで縦置き・横置きを簡単に切り替え可能。防水・防塵・防錆(ぼうせい)に優れているため、屋外でも安心して使えるのもおすすめポイントです。

接続方法 Bluetooth
W数 -
駆動時間 約12時間
重量 約580g

接続方法 Bluetooth
W数 -
駆動時間 約12時間
重量 約580g

「iPhoneスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker(アンカー)『SoundCore mini 3』
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』
HARMAN(ハーマン)『JBL GO 3』
SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』
ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカー behav(SP-PCBS01U)』
オーム電機『ステレオスピーカー ミニ AudioComm(ASP-204N)』
HARMAN(ハーマン)『JBL Pebbles』
クリエイティブメディア『Creative Pebble V2』
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』
商品名 Anker(アンカー)『SoundCore mini 3』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB12)』 HARMAN(ハーマン)『JBL GO 3』 SANWA SUPPLY(サンワサプライ)『Bluetoothスピーカー(400-SP086)』 ELECOM(エレコム)『ミニサウンドバースピーカー behav(SP-PCBS01U)』 オーム電機『ステレオスピーカー ミニ AudioComm(ASP-204N)』 HARMAN(ハーマン)『JBL Pebbles』 クリエイティブメディア『Creative Pebble V2』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー(SRS-XB23)』
商品情報
特徴 小さいボディでありながらパワフルな音質! キッチンやお風呂でも使える高性能スピーカー お手頃価格&手のひらサイズでどこででも使える! ふたつのユニットで迫力の高出力! かんたんに有線・無線の切り替えができる! お手頃価格で手軽に買える有線スピーカー デスクまわりでの使用にぴったり! PCでもスマホでも使える! パワフルな音が自慢 タテ・ヨコどちらでも使えるワイヤレススピーカー
接続方法 Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth、有線 有線、Bluetooth 有線 有線 有線 Bluetooth
W数 6W 5W 3W 10W 5W 0.5W×2 - 8W -
駆動時間 約15時間 約16時間 5時間 約6時間 - - - - 約12時間
重量 約230g 243g 209 g 約322g 約370g 約292g 1000g 左:約300g、右:約340g 約580g
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月19日時点 での税込価格

【ランキング】通販サイトの最新人気! iphone スピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのiphone スピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ポータブルスピーカーランキング
楽天市場:スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

スピーカーならイヤホンとは異なる印象に ITライターからのアドバイス

モバイルが大好物のITライター:傍島 康雄

モバイルが大好物のITライター

音楽はイヤホンで楽しむことが多くなりましたが、スピーカーを使うと聞き慣れた音楽もまた違った印象を受けます。最近は、コンパクトサイズでも豊かな音を再生するスピーカーが増えているので、より充実した音楽ライフのために、1台備えてみてはいかがでしょうか。

iPhone対応スピーカー関連商品 【関連記事】

ハンズフリーでの通話もラクに

iPhone対応スピーカーを使うことで、スマホに保存してある音楽をより大音量・高音質で楽しむことができます。また、マイク搭載なら音楽を楽しむだけでなくハンズフリーでの通話もラクにできるようになります。

このページを参考に、自分にぴったり合うスピーカーを見つけてみてくださいね。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button