高音質なBluetoothスピーカーおすすめ6選【最新コーデック・Wi-Fi対応モデルも】

高音質なBluetoothスピーカーおすすめ6選【最新コーデック・Wi-Fi対応モデルも】
オーディオ・ビジュアル評論家
野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。 特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。 また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、高音質なBluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。スマホなどと連携してワイヤレスで気軽に音楽が聴けるBluetoothスピーカー。どうせなら高音質で音楽を楽しみたいですよね? 最近ではハイレゾ対応の高音質なコーデックが普及してきたこともあり、より高音質を追求した製品も多くでてきています。とくに高機能なものはWi-Fiやボイスアシストにも対応していたりと、ひとつ持っていると便利なアイテムになっているので、ぜひこの記事を参考に、自分の使い方にあったBluetoothスピーカーを探してみてください。


高音質Bluetoothスピーカーの選び方 オーディオ・ビジュアル評論家に聞く

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、高音質なBluetoothスピーカーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

真っ白なワイヤレススピーカー

Photo by Álvaro Bernal on Unsplash

音楽を気軽に楽しめるBluetoothスピーカー。高音質の音楽を楽しむには、どんなポイントをチェックすればいいのでしょうか。

音作りにこだわりのある製品をチョイス

オーディオ・ビジュアル評論家

製品紹介ページに記載された音質のこだわりを確認

Bluetoothスピーカーは手軽に何処でも音楽を楽しめる製品として重宝されているため、持ち運びのしやすいコンパクトなサイズやデザインなどが重要視されがちです。

とはいえ、音質にこだわった製品もかなりの数がラインナップされています。そういった「音質重視」のモデルは、WEBサイトの製品紹介などでかなり音質にこだわっていることがアピールされています。

具体的にいうと、製品紹介ページのいちばん最初、または最初の3つ以内に音質に関してのアピールが来ています。そういった「最優先アピールポイント」を知ることで、そのBluetoothスピーカーが音質優先モデルか否かを判断しましょう。

BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』

ポットのような形状から、360°に音が広がるBluetoothスピーカー。防滴仕様で持ち運びもできて、アウトドアでも活躍します。

>> Amazonで詳細を見る

意外な盲点!? Wi-Fi対応製品は基本的に高音質志向

オーディオ・ビジュアル評論家

室内と室外で使い分けるもあり

Bluetoothスピーカーのなかには、Wi-Fiを搭載してパソコンやNAS(ネットワーク[LAN]上に接続することができるハードディスク)内の音源を再生できるネットワーク対応製品があります。実はこちらが、音質にこだわっていることの証明となっていたりします。

というのも、Wi-Fiによる音楽再生はBluetooth接続よりも圧倒的に音質面で有利なため、スピーカー廻りなど音質に直接関係する部分をしっかりと作り込んでいるものが多いのです。Wi-Fi対応製品はその分コスト高になりますが、屋外では手軽なBluetooth、室内ではよりいい音のWi-Fiで、と使い分けるのもおすすめです。

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』

Wi-Fi対応でネットワーク再生や音楽ストリーミングサービスなど自由に楽しめる。家ではWi-Fiで高音質、外ではBluetoothで気軽にと使い分けられます。

>> Amazonで詳細を見る

高音質コーデックへ対応してるか否かもポイント

オーディオ・ビジュアル評論家

対応コーデックの種類は事前に確認

Bluetoothスピーカーが対応するコーデック(音声伝送方式)といえば、スタンダードなSBCやiPhone採用の(もう少し良質な音の)AACが主流ですが、近年はLDACaptX HDなど、CDクオリティを超える高音質コーデックに対応した製品も増えてきました。

もちろん、先に紹介した「音にこだわった製品」か否かが最も重要ですが、LDACやaptX HDに対応していることで多少なり音質的な優位性を得られるのも確かなので、対応コーデックの種類はしっかりチェックしましょう。

インターアクション『Olasonic IA-BT7』

aptX HD、LDAC対応でハイレゾ音源も高音質のまま再生、さらに96kHzへのアップコンバート機能により、音楽・映像配信サービスもより高音質で楽しむことができる!

>> 楽天市場で詳細を見る

サイズが大きければコストが安いメリットも

オーディオ・ビジュアル評論家

音質重視なら大型のBluetoothスピーカー

パソコンとスマートフォンの関係に例えると分かりやすいかもしれません。パソコンと同じ性能のものをスマートフォンのサイズにまで薄型化、小型化しようとすると、どうしてもコストがかさんでしまいます。

Bluetoothスピーカーも同じで、サウンドクオリティを保ちつつ小型化しようとすると、どうしても割高になってしまいます。大きなスピーカーは設置場所が限られますが、サイズよりも音質を重視したい場合は、大型のBluetoothスピーカーを導入する、というのもひとつの賢い選択です。

高音質Bluetoothスピーカーのおすすめ6選 オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶ

ここまで紹介した高音質なBluetoothスピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』

出典:Amazon

サイズ (約)幅204×高さ62×奥行60mm
重量 約700g
Bluetooth規格 ver.4.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
ハイレゾ対応
Wi-Fi接続
その他/付属 192kHz/24bitアップスケーリング「DSEE HX」、ネットワーク再生/マイクロUSBケーブル、USBACアダプター
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

コンパクトなのにいい音! な理想のモデル

約幅204×高さ62×奥行き60mmという比較的コンパクトなサイズ感ながら、本格的なサウンドが楽しめる良製品で、音質に対して徹底したこだわりが盛り込まれています。コーデックはLDACに対応しています。しかしそれ以上にサウンドチューニングが絶妙で、中高域のクリアさと低域のパワフルさが巧みに両立した、良質なサウンドを楽しませてくれます。

重低音を楽しめる「Extra Bass」ボタンや、スマートフォン用アプリ「Music Center」によってイコライザー設定が可能など、好みに合わせて音を変えることができる点も嬉しいかぎりです。

コンパクトサイズがマストだけど、いい音も諦めたくない人に。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

インターアクション『Olasonic IA-BT7』

インターアクション『Olasonic IA-BT7』

出典:Amazon

サイズ 幅275×高さ144×奥行73mm
重量 2200g
Bluetooth規格 ver.4.1+EDR
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC
ハイレゾ対応
Wi-Fi接続 -
その他/付属 96kHzアップコンバート、アナログ入力の高音質化/ACアダプター、ACケーブル
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

自然でリアルなサウンドが魅力

木製キャビネットと高性能スピーカーの組み合わせによって、自然な表現の良音質サウンドを実現したモデル。

LDACとaptX HDの両高音質コーデックに対応したほか、プロエンジニア集団「ミキサーズラボ」による音質チューニングによって、スタジオ録音の時の印象に近いリアルサウンドが再現されている、とメーカーはアピールしています。

本体サイズは決して小さくはないものの、奥行きが約73mmに押さえられているため、設置性も悪くありません。アコースティック楽器や女性ヴォーカルなど、生演奏の音源をメインに聴く人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60』

出典:Amazon

サイズ (約)幅264×高さ552×奥行272mm
重量 約8000g
Bluetooth規格 ver.4.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
ハイレゾ対応 -
Wi-Fi接続 -
その他/付属 マイクミキシング端子、ライティング機能、パーティーチェーン対応/電源コード
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

迫力の低音が楽しめるいっぽうで音質も良好

がっちりとした木製キャビネットに130mm口径ウーファーと50mm口径トゥイーターを2基ずつ搭載することで、迫力のサウンドを実現したモデル。その一方で、LDACコーデック対応やソニーの多彩な音質技術が結集しているサウンド設定技術「ClearAudio+」搭載など、音質にもこだわったモデルに作り上げられています。

実際、サイズが音質に優位性を与える典型例の製品となっていて、低域のパワフルさと中高域のクリアさが巧みに両立した、良サウンドを楽しむことができます。設置スペースに余裕がある人や、大音量で音楽を楽しみたい、という人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』

出典:Amazon

サイズ 幅105×高さ184×奥行105mm
重量 900g
Bluetooth規格 -
対応コーデック -
ハイレゾ対応 -
Wi-Fi接続 -
その他/付属 IPX4防滴仕様、音声コマンド対応、長時間バッテリー(約16時間再生)/USB電源アダプター、USBケーブル、専用100Vプラグ
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

洒落たデザインなれどサウンドも本格派

まるでポットのような洒落たデザインと比較的コンパクトなボディサイズが特徴の製品ですが、BOSEらしく音質にもこだわったモデルになっています。アコースティック楽器やロックのバンド演奏が似合う、自然な音色の活き活きとしたサウンドを楽しめます。

スマートフォン用アプリを利用することで、製品2台をリンクさせてステレオ再生することも可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THERMOS(サーモス)『VECLOS デジタルオーディオシステム SSB-380S』

出典:楽天市場

サイズ (約)幅77×高さ99×奥行171mm
重量 右:約907g、左:約833g
Bluetooth規格 Ver.4.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC、aptX
ハイレゾ対応
Wi-Fi接続 -
その他/付属 USB-DAC、ヘッドホンアンプ搭載/スピーカー接続ケーブル、電源ケーブル、スピーカーケーブル、USB ケーブル、ACアダプター
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

真空二重構造採用のデスクトップモデル

魔法びんの保温性を高める「真空二重構造」を採用した、デスクトップ向けのスピーカーシステム。先に発売されたプロ用モニタースピーカー「MSA-380S」をベースに開発されたもので、こちらの製品にはUSB端子も用意され、ハイレゾ音源(音楽用CDを超える音質の音楽データ)にも対応しています。

基本的にはパソコンの左右に設置するデスクトップスピーカーですが、音の広がり感が良いため、6~10畳くらいのリビングであれば充分に楽しませてくれます。パソコン用としても使えるBluetoothスピーカーが欲しい人に。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KEF『LSX』

出典:楽天市場

サイズ 幅155×高さ240×奥行180mm
重量 3500g、3600g
Bluetooth規格 Ver.4.2
対応コーデック aptX
ハイレゾ対応
Wi-Fi接続
その他/付属 AirPlay2、各種音楽サービス対応、DLNA準拠、Roon対応、Subwoofer出力、iOS・Android対応アプリ
Thumb lg 1c528b73 865d 49f0 9de8 72c7acea853d

オーディオ・ビジュアル評論家

Bluetoothもいい音で聴ける本格スピーカー

英国の老舗スピーカーメーカーKEFのパワードスピーカー(パワーアンプを内蔵したスピーカー)。左右のスピーカーユニットが独立したタイプで、デスクトップスピーカーとしても活用できる(ブックシェルフスピーカーと呼ばれるタイプとしては比較的)、小さめのボディサイズが特徴となっています。

もちろん、Bluetoothスピーカーとしてはかなり大柄となります。本来はWi-Fi接続による音楽再生がメインですが、スマートフォンなどとのBluetooth接続でも、メリハリの良い活き活きとしたサウンドが楽しめるようになっています。バラエティに富んだカラーバリエーションを取り揃えているなど、リビングとの調和にも配慮されています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』
インターアクション『Olasonic IA-BT7』
SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60』
BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』
THERMOS(サーモス)『VECLOS デジタルオーディオシステム SSB-380S』
KEF『LSX』
商品名 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10』 インターアクション『Olasonic IA-BT7』 SONY(ソニー)『ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60』 BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker』 THERMOS(サーモス)『VECLOS デジタルオーディオシステム SSB-380S』 KEF『LSX』
商品情報
特徴 コンパクトなのにいい音! な理想のモデル 自然でリアルなサウンドが魅力 迫力の低音が楽しめるいっぽうで音質も良好 洒落たデザインなれどサウンドも本格派 真空二重構造採用のデスクトップモデル Bluetoothもいい音で聴ける本格スピーカー
サイズ (約)幅204×高さ62×奥行60mm 幅275×高さ144×奥行73mm (約)幅264×高さ552×奥行272mm 幅105×高さ184×奥行105mm (約)幅77×高さ99×奥行171mm 幅155×高さ240×奥行180mm
重量 約700g 2200g 約8000g 900g 右:約907g、左:約833g 3500g、3600g
Bluetooth規格 ver.4.2 ver.4.1+EDR ver.4.2 - Ver.4.2 Ver.4.2
対応コーデック SBC、AAC、LDAC SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDAC SBC、AAC、LDAC - SBC、AAC、LDAC、aptX aptX
ハイレゾ対応 - -
Wi-Fi接続 - - - -
その他/付属 192kHz/24bitアップスケーリング「DSEE HX」、ネットワーク再生/マイクロUSBケーブル、USBACアダプター 96kHzアップコンバート、アナログ入力の高音質化/ACアダプター、ACケーブル マイクミキシング端子、ライティング機能、パーティーチェーン対応/電源コード IPX4防滴仕様、音声コマンド対応、長時間バッテリー(約16時間再生)/USB電源アダプター、USBケーブル、専用100Vプラグ USB-DAC、ヘッドホンアンプ搭載/スピーカー接続ケーブル、電源ケーブル、スピーカーケーブル、USB ケーブル、ACアダプター AirPlay2、各種音楽サービス対応、DLNA準拠、Roon対応、Subwoofer出力、iOS・Android対応アプリ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月9日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする Bluetoothスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのBluetoothスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ポータブルスピーカーランキング
楽天市場:ポータブルスピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんへの取材をもとに、Bluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介するとともに、インテリア性の高いものや防水性能を有するものを紹介しています。

オーディオ・ビジュアル評論家からのアドバイス Bluetoothスピーカーを選ぶうえで

オーディオ・ビジュアル評論家

ステレオイメージより音質や音の特徴を重視しよう

スピーカーというとステレオイメージ、左右への音の広がりや定位感の確かさも気になるところかもしれません。

しかし、一体型がメインのBluetoothスピーカーでは、音場感をシビアに追求している製品が少数派で、KEF『LSX』のような普通のステレオスピーカーと大差ない製品は珍しいほうです。

Bluetoothスピーカーを選ぶ際は音場よりも音質や音の特徴を優先しましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

モニターアームおすすめ17選+番外編|壁を利用したタイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。ただし、種類も豊富なのでどれが自分に合うのかは悩みどころ。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

メカニカルキーボードのおすすめ20選|打鍵感とロールオーバー数が重要!

打鍵感の気持ちよさからユーザーが多い「メカニカルキーボード」。国内・海外のさまざまなメーカーから製品がリリースされ、「ゲーミングキーボード」とも呼ばれてます。ここでは、メカニカルキーボードの選び方に加え、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだ商品20選を紹介します。使い勝手のよいメカ二カルキーボードを見つけて、PC作業に、ゲームプレイに、快適に使いましょう!


パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

パンタグラフキーボードおすすめ20選|ピッチ・ストローク・タイプで選ぶ!

薄型で軽いタッチが特徴のパンタグラフキーボード。デスクトップパソコン用だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応している機種など多くの種類があります。そこで本記事では、IT環境保守リペアラーの古賀竜一さんと編集部が選ぶパンタグラフキーボードのおすすめ20選をご紹介します。特徴やほかのキースイッチとの違い、選び方のポイントなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る