360度スピーカーおすすめ9選|AV評論家の厳選商品や選び方も紹介

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ラックスシルバー
出典:Amazon

360度スピーカーがあれば、どの角度からも均一な音質で音楽を聴くことが可能です。暮らしの中で音楽を楽しめるだけでなく、外へ持ち出すこともできます。

本記事では、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに360度スピーカーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。

最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


目次

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

360度スピーカーの選び方

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、360度スピーカーを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。360度スピーカーは使う場所やシーンによって選び方も変わってくるので、参考にしてください。

360度スピーカーを使用する場面を考える

360度スピーカー
Pixabayのロゴ

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

スマホや音楽配信などの音源を再生するワイヤレススピーカー。そのなかでも全方向に音を広げて音楽を流すスピーカーを360度スピーカーと呼びます。360度スピーカーの一番のメリットは、スピーカーの正面以外でもゆったり音楽を聴けるため、大人数での音楽リスニングに向いています。

パーティーなどでBGMのように音楽を流すような場合でも、360度スピーカーならどの場所でも自然に音楽が聴こえます。カジュアルな場面での音楽リスニングを求めている人におすすめです。

外に持ち出すならBluetoothスピーカー

 

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

360度スピーカーとして売られている製品は、大きく2タイプに分かれます。ひとつはスマホと組み合わせて使う前提のBluetooth接続タイプのワイヤレススピーカー。手のひらサイズの小型の製品から選べるうえに、バッテリーも内蔵しているので、家の中で部屋から部屋へと移動するのにも便利です。

防水にも対応したアウトドア仕様のスピーカーもあり、サイズバリエーションも豊富。重低音を効かせたダンスミュージックをガンガンと流したい人には、こちらのBluetoothスピーカーをおすすめします。

もうひとつは、スマートスピーカー。こちらについては次で説明します。

お部屋用ならスマートスピーカー

 

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Googleが販売しているGoogle Homeと、Amazon Echoシリーズのボイスアシスタントを搭載しているスマートスピーカー。スマートスピーカーは分類上は全方向に音を広げる設計になっているので、実はいずれも360度スピーカーに含まれます。

スマートスピーカーはBluetoothスピーカーと異なり、バッテリーを内蔵していないので外には持ち出せませんが、単独でWi-Fiに接続してインターネットにつながるので音楽配信にピッタリ。音声操作で音楽を流せるのも便利です。

お部屋用に360度スピーカーを探しているならスマートスピーカーを検討してみましょう。

ほしいスピーカーのサイズもイメージしておく

 

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

360度スピーカーを選ぶ際はどの程度のサイズの商品が欲しいかイメージしておくことが重要です。360度スピーカーでは、サイズと音質、価格はほぼ比例関係にあります。

コンパクトで持ち歩きやすいタイプがほしいなら、価格は安価ですがサウンドもそれなり。ダンスミュージックの重低音をガンガン鳴らしたいのであれば大型の360度スピーカーを選ぶことになり、価格も高価になります。

360度スピーカーの価格は、お手ごろなものでは5,000円以下、高価な製品でも3万円程度の予算には収まります。まずは、自分がどんなサイズをイメージしているかを考えておきましょう。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker(アンカー)『Soundcore Mini 2』
SONY(ソニー)『SRS-XB10』
JBL(ジェービーエル)『Flip 4』
BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』
JBL『Pulse 3』
Amazon(アマゾン)『Echo Dot』
BOSE(ボーズ)『Bose Home Speaker 300』
SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)』
EWA『A106 Bluetooth Speaker』
商品名 Anker(アンカー)『Soundcore Mini 2』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 JBL(ジェービーエル)『Flip 4』 BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』 JBL『Pulse 3』 Amazon(アマゾン)『Echo Dot』 BOSE(ボーズ)『Bose Home Speaker 300』 SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)』 EWA『A106 Bluetooth Speaker』
商品情報
特徴 手のひらサイズの360度スピーカー 小さくても重低音サウンド 360度スピーカーのスタンダード Bluetoothスピーカーの定番はBOSE イルミネーションLEDが音楽を演出 お手軽、お手ごろなEcho Dot 3つの通信方式対応! スピーカーの追加可 照明器具のような美しいデザイン 本格サウンドを楽しめるミニマムスピーカー
サイズ寸法/重量 69.5×69.5×80mm/約207g 75×75×91mm/約260g 68×70×175mm/510g 82×82×152mm/670g 92×92×223mm/960g 99×99×43mm/300g 142×161×102mm/約950g 直径90×高さ277mm/約1,100g 直径48×高さ39mm/175g
防水性能 IPX7 IPX5 IPX7 IPX4 IPX7 なし - - IP67
使用ユニット 6Wオーディオドライバー 直径46mmスピーカー 40mm×2 - - 1.6インチスピーカー - 有機ガラス管型トゥイーター、35mmウーファー 3Wネオジムドライバー、パッシブサブウーファー
通信方法 Bluetooth4.2 Bluetooth4.2 Bluetooth Bluetooth Bluetooth Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth4.2、Wi-Fi、AppleAirPlay2 Bluetooth4.2、Wi-Fi Bluetooth
連続再生時間 最大15時間 約16時間 12時間 12時間 12時間 - - - 最大12時間
電源 リチウムイオンバッテリー、USB リチウムイオンバッテリー リチウムイオンバッテリー コンセント方式、USB、リチウムイオンバッテリー コンセント方式、USBリチウムイオンバッテリー コンセント式 コンセント方式 リチウムイオンバッテリー、AC電源 リチウムポリマー電池、USB
音声/AIアシスタント機 なし なし あり あり あり あり あり なし なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年2月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月17日時点 での税込価格

360度スピーカーおすすめ9選

上で紹介した360度スピーカーの選び方のポイントをふまえて、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

エキスパートのおすすめ

Anker(アンカー)『Soundcore Mini 2』

Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』 Anker(アンカー)『SoundcoreMini2』

出典:Amazon

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

手のひらサイズの360度スピーカー

Bluetoothタイプの360度スピーカーで、手のひらサイズのコンパクトなものをお手ごろ価格で探してる人にはAnkerのSoundcore Mini 2がおすすめ。構造は6Wスピーカーが1基というシンプルな形状ですが、上方向にクリアなサウンドとじゅうぶんな重低音を流してくれます。

ちなみに、IPX7の防水対応なので浴室にも持ち出せます。デスクやテーブル上でちょっと音楽を聴くような用途に、スマホの内蔵スピーカーではものたりない、そんな人のスピーカーアップグレードにおすすめです。

エキスパートのおすすめ

SONY(ソニー)『SRS-XB10』

SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』 SONY(ソニー)『SRS-XB10』

出典:Amazon

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

小さくても重低音サウンド

手のひらサイズのBluetoothスピーカーのなかでも、重低音の聴こえるスピーカーがほしい人にはこちらのSRS-XB10がおすすめ。本体上部に設置されたスピーカーから広がる360度サウンド。パッシブラジエーターも搭載していて重低音再生もカバーします。

IPX5相当の防滴仕様なので、キッチンやアウトドアなどで水濡れしても大丈夫。また、NFC対応のため、Androidのスマホならワンタッチで接続できるのも便利です。

エキスパートのおすすめ

JBL(ジェービーエル)『Flip 4』

JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』 JBL(ジェービーエル)『Flip4』

出典:Amazon

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

360度スピーカーのスタンダード

Bluetooth接続できる360度スピーカーの定番シリーズがJBLのFlip 4です。ペットボトルくらいの大きさのチューブ型ボディーは縦置き・横置きに両対応していて、縦置きすれば360度にサウンドが広がります。サウンド特性は、音が空間に広がりボーカルも引き立つバランス型で、見た目以上の高音質にきっと驚くはず。

IPX7の防水対応なのでお部屋のBGM、お風呂、アウトドアまでマルチに活躍します。価格とサウンド、機能性のバランスが整ったスピーカー。コストパフォーマンスにすぐれた商品を探している人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

BOSE(ボーズ)『SoundLink Revolve Bluetooth speaker』

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

Bluetoothスピーカーの定番はBOSE

Bluetoothスピーカーとなると、米国のトップブランドBOSEは外せません。こちらの製品は、BOSEがはじめて完全な全方位再生を目指して設計した円筒形の360度スピーカー。アルミ製のエンクロージャーは現代アートのようなスタイリッシュなデザインで、IPX4相当の防滴にも対応しています。

サウンドは低音のパワーが強めで、なによりも音が自然に広がるタイプ。デザイン性を含め、本格的な360度スピーカーを選びたい人におすすめです。

エキスパートのおすすめ

JBL『Pulse 3』

JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』 JBL『Pulse3』

出典:Amazon

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

イルミネーションLEDが音楽を演出

360度スピーカーのなかでもユニークな存在がJBLのPulse 3。写真をひと目見ると分かるのですが、このPulse 3は音楽に合わせてスピーカーのボディ全体がピカピカと光るのです。本体上部のアクリルボディにマルチカラーLEDを搭載していて、光るパターンはスマホアプリからカスタマイズ可能。

360度スピーカーとして定番のJBL製で、サイズもFLIP 4よりひとまわり大きく、音の広がり、低音再生能力も文句ナシ。防水もIPX7まで対応なので、アウトドアにも持ち出せます。外見から、クラブ・ミュージックをガンガン流したり、仲間たちと集まってダンスをしている人に使ってほしいスピーカーです。

エキスパートのおすすめ

Amazon(アマゾン)『Echo Dot』

Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』 Amazon(アマゾン)『EchoDot』

出典:Amazon

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

お手軽、お手ごろなEcho Dot

360度スピーカーとして選ぶスマートスピーカーのなかで、もっともお手軽に導入できる製品がAmazon Echo Dotです。直径約10cmの円形サイズで、音楽を全方向に流すデザインはまさしく360度スピーカーそのもの。Amazon Alexaのボイスアシスタントも使えるので、Amazon MusicやSportifyとの相性も抜群です。

スマートスピーカーなのでバッテリーを内蔵しておらず持ち歩きはできませんが、360度スピーカーとしての音楽リスニングだけでなく、スマートスピーカーとしての機能性も含めれば、なかなかお得といえるスピーカーです。

BOSE(ボーズ)『Bose Home Speaker 300』

BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』 BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』 BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』 BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』 BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』 BOSE(ボーズ)『BoseHomeSpeaker300』

出典:Amazon

3つの通信方式対応! スピーカーの追加可

ボーズの360度スピーカーは、GoogleアシスタントとAmazonのアレクサを搭載。音声を認識しているときや応答中は、ライトバーを見ればわかるので便利です。スマートスピーカーとして使用しないときは、上部に配置されているマイクをオフにできます。

BluetoothやWi-Fi、AppleAirPlay2に対応。スマホやタブレットなどで再生することが可能です。ボーズのスピーカーを追加すれば、別の部屋にいても同じ音楽が楽しめます。シルバーとブラックの2色からお好みの色を選んでください。

SONY(ソニー)『グラスサウンドスピーカー(LSPX-S2)』

ソニーSONYグラスサウンドスピーカーLSPX-S2[ハイレゾ対応/Bluetooth対応/Wi-Fi対応][LSPXS2ブルートゥースワイヤレススピーカー] ソニーSONYグラスサウンドスピーカーLSPX-S2[ハイレゾ対応/Bluetooth対応/Wi-Fi対応][LSPXS2ブルートゥースワイヤレススピーカー] ソニーSONYグラスサウンドスピーカーLSPX-S2[ハイレゾ対応/Bluetooth対応/Wi-Fi対応][LSPXS2ブルートゥースワイヤレススピーカー]

出典:楽天市場

照明器具のような美しいデザイン

透明の有機ガラス管が美しいデザイン性にすぐれた360度スピーカーです。有機ガラス管型トゥイーターからは広域を再生。中央には小型ウーファー、下部にはパッシブラジエーターで低域を再生し、360度に音が広がります。ソニー独自のスピーカー駆動技術「アドバンストバーティカルドライブテクノロジー」により、リアルな音を楽しむことが可能です。

また、有機ガラス管にはLEDにレンズリフレクターが組み込まれており、32段間の明るさに調整できます。リラックスタイムのアイテムとして選んでみてください。

EWA『A106 Bluetooth Speaker』

EWA『A106BluetoothSpeaker』 EWA『A106BluetoothSpeaker』 EWA『A106BluetoothSpeaker』 EWA『A106BluetoothSpeaker』 EWA『A106BluetoothSpeaker』 EWA『A106BluetoothSpeaker』

出典:Amazon

本格サウンドを楽しめるミニマムスピーカー

指でつまめるくらいミニサイズのスピーカーは、3Wネオジムドライバーとパッシブサブウーファーを搭載しているため、クリアで迫力のあるサウンドを楽しめます。マイクや3.5mmジャック、AIアシスタントなどの機能はついていません。

Bluetooth接続でスマホやタブレットと接続可能。50%の音量なら、最長12時間も音楽を楽しめます。IP67防止機能を備えているため、屋外でも存分に楽しめます。省エネ機能があり、20分以上操作しなければ電源が切れてしまうので注意してください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 360度スピーカーの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの360度スピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:360度スピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

360度スピーカーに関連する記事のご紹介

360度サウンドの機種を見極めよう

紹介した360度スピーカーは製品の種類としてはBluetoothスピーカーとスマートスピーカーに分かれていて、それぞれの製品シリーズのなかには360度スピーカーではなく、リスニングする向きを定めている機種も存在します。

本記事でおすすめした機種はすべて360度スピーカーの機種をピックアップしていますが、ほかの製品シリーズから探す際には、製品情報からスピーカーユニットをチェックして360度用に設計されているかどうかを確認しましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


PS4におすすめのスピーカー8選|サブウーファー・サラウンド環境で楽しむ

PS4におすすめのスピーカー8選|サブウーファー・サラウンド環境で楽しむ

高音質・高画質でプレイできるPS4は、ゲームのみならず、臨場感のある音楽、実写のような映像を楽しむことができます。そのポテンシャルをより引き出すには、周辺機器の充実が欠かせません。本記事では、SONYから発売されているPS4に最適なスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon テレビゲーム・ゲームソフト , サウンドバー , ゲーム

1万円以下でもあなどれない!コスパ最強PCスピーカーおすすめ11選

1万円以下でもあなどれない!コスパ最強PCスピーカーおすすめ11選

パソコンで映画を見たり、ゲームをしたりすることが増えています。そんなPCライフをより充実させてくれるのが、PCスピーカーです。バスレフ型やサブウーファー式、密閉型など、いろいろな種類のスピーカーがあり、クリエイティブメディアやJBL、サンワサプライほか、さまざまなメーカーの製品があります。本記事では、コスパのよい1万円以下のPCスピーカーについて、選び方やおすすめ商品をご紹介します。使い勝手のいいコスパ最強のモデルも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon パソコン周辺機器 , スピーカー , パソコン

EDM用スピーカーおすすめ商品6選|大音量・高音質なモデルも紹介

EDM用スピーカーおすすめ商品6選|大音量・高音質なモデルも紹介

EDM制作用のモニタースピーカーは、DJや楽曲制作者にとっての必需品と言えます。では、EDMをDTMで制作するには、いったいどんなポイントをおさえたスピーカーが適しているのでしょうか。本記事では、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)をDTM(デスクトップ・ミュージック)で制作する際に適したスピーカーの選び方と、おすすめのスピーカーをご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , 音楽機材

ロック向けスピーカーおすすめ6選|音質や好みを選ぶポイントも解説

ロック向けスピーカーおすすめ6選|音質や好みを選ぶポイントも解説

ロックミュージックを聴くときにもっとも重要な「スピーカー」。ズンズンと鳴り響く重低音の深みや、シャリシャリしない高音域、ボーカルの声やギターの音が抜けやすい中音域、全体がバランスよく聴きやすいなどさまざま。とはいえ自分好みで最適なロックスピーカーを見つけるのは簡単なことではありません。本記事では、ロックを聴くときにおすすめのスピーカーの選び方やおすすめ商品をご紹介。音質の特徴はもちろん、Bluetooth機能、設置のしやすさなどの機能性にも注目して選んでみてください。

tag icon Bluetoothスピーカー , スピーカー , オーディオ

ブックシェルフスピーカーおすすめ9選|ハイレゾ・Bluetooth対応モデルも

ブックシェルフスピーカーおすすめ9選|ハイレゾ・Bluetooth対応モデルも

小型ブックシェルフスピーカーは、日本の一般家庭のようなあまり広くないお部屋にも適しています。しかし、さまざまなメーカーによるこだわりの製品が数多く販売されているので、どんなものを買えばいいのか迷ってしまいますね。この記事では、小型ブックシェルフスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon スピーカー , オーディオ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。