スマートスピーカーのおすすめ4選+5製品|AI搭載・ディスプレイ付きモデルも

スマートスピーカーのおすすめ4選+5製品|AI搭載・ディスプレイ付きモデルも
IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、選び方のポイントやおすすめのスピーカーを教えてもらいました。AI(人工知能)を搭載し、おもに音声で操作するスマートスピーカー。手軽に情報を得たり、音楽再生や通話ができたりなど、毎日の生活に便利に役立ちます。その機能はもとより、音質やデザインも、メーカーや機種によって幅が広いのもスマートスピーカーの特徴。選ぶときには、事前にライフスタイルや、自分がよく使う機能を確認しておくのがベターです。通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


スマートスピーカーの選び方|IT・家電ジャーナリストに聞く

デスク上のマートスピーカー

Photo by Kevin Bhagat on Unsplash

スマートスピーカーは、毎日の生活に便利に役立ちます。

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、スマートスピーカーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

利用する音声アシスタントを選ぶ

IT・家電ジャーナリスト

スマートスピーカーは、それぞれ対応する音声アシスタントが異なります。音声アシスタントによって、利用できる機能や音楽配信サービスをはじめとする対応サービスが異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため、まずはどの音声アシスタントを利用したいかを決めるといいでしょう。

アマゾンの「Amazon Alexa」は、アマゾンで買い物もできるのが最大の特徴。

グーグルの「Googleアシスタント」は、GoogleカレンダーやYouTubeなど同社が提供するサービスとの連携が強みです。

LINEの「LINE Clova」は上記の2社と比べると機能が弱いですが、人気SNSアプリ・LINEとの連携機能が強みとなっています。

ディスプレイの有無や使い勝手をチェック

IT・家電ジャーナリスト

スマートスピーカーは、元々音声アシスタントを搭載するワイヤレススピーカーとして登場しましたが、最近ではディスプレイを搭載するモデルも増えてきています。

ディスプレイを搭載するモデルなら、より多くの情報へ手軽にアクセスしやすくなりますし、動画を楽しむこともできます。

ふだんの使い勝手の面では、マイクのオン・オフや音量調節などの操作がしやすいかどうかなどもチェックポイントです。

Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Show』

10.1インチのタッチパネルを搭載するスマートスピーカー。動画も楽しめる製品です。

>> Amazonで詳細を見る

音質も重要なポイント 外部出力もチェック

IT・家電ジャーナリスト

スマートスピーカーができることは、まだ決して多くはないので、利用する目的としてメインになるのが音楽配信サービスではないでしょうか。その点で最も重要になるのが音質です。

アマゾン・グーグル・LINE以外の、オーディオメーカーなどからもスマートスピーカーが登場しているので、音質重視ならそのあたりが狙い目です。できれば実際に聴いてみて、お気に入りの音質を実現したモデルを選ぶことをおすすめします。

外部出力端子を備えるモデルの場合、お気に入りのスピーカーやオーディオシステムと接続し、より高音質に楽しむこともできます。

IoT家電との連携について

スマートスピーカーを使うと、スマートスピーカーに対応しているIoT家電を操作することができます。たとえば、スマートスピーカー「Google Home」のスマートホーム機能に対応しているIoT家電には、アイリスオーヤマのLED電球や照明などがあります。これらの家電製品は、Google Homeに話しかけるだけで操作が可能です。

また、スマートリモコンRATOC『RS-WFIREX4』という商品は、AmazonのAlexaと Googleアシスタントに対応したスマートスピーカーと連携すると、音声で家電を操作できます。RATOC専用のスマホアプリをダウンロードして、必要な家電を登録すると設定完了。スマートスピーカーに話しかけると、RATOC経由でIoT家電に命令が届き、自動的に動作をはじめます。

「いってきます」や「ただいま」という言葉で、照明やエアコンなどが一斉に操作できるように登録するのも便利です。AmazonのAlexaやGoogleアシスタント対応のスマートスピーカーを入手したら、自宅にある家電が対応しているかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

ガジェットライター/エディターの水澤 敬さんへの取材をもとに、スマートリモコンの選び方と、おすすめの商品を紹介します。スマートフォンやタブレットで家電の一括管理ができるスマートリモコン。部屋中がリモコンだらけになりがちな昨今、あらゆる家電を1台で管理できるスマートリモコンの需要が高まっています。

スマートスピーカー4選|IT・家電ジャーナリストのおすすめ

うえで紹介したスマートスピーカーの選び方のポイントをふまえて、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

スマートスピーカーを選ぶときには、事前にライフスタイルや、自分がよく使う機能を確認しておきましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

JBL『LINK 10』

JBL『LINK10』 JBL『LINK10』 JBL『LINK10』

出典:楽天ブックス

対応する音声アシスタント Googleアシスタント
ディスプレイの有無 なし
機能 音楽再生、時刻・天気の確認ほか

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

防水対応で持ち運びも可能

Googleアシスタントを搭載するBluetoothスピーカーです。IPX(機械を対象にした防滴・防水構造の性能のを等級であらわす規格)の防水性能を備え、バッテリーを内蔵しているので、アウトドアでも音楽を楽しむことができます。

スマートフォンやタブレットなどのテザリング機能を利用すれば、アウトドアでもスマートスピーカーとしての利用が可能です。音質的には上位モデルの「LINK 20」のほうが上ではあるものの、こちらのほうがより手軽に楽しむことができるでしょう。

グーグルのスマートスピーカー「Google Home」「Google Home Mini」は使い勝手が今ひとつで、これといった魅力もないので、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーを選ぶなら、このモデルが一押しです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Dot』

Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoDot』

出典:Amazon

対応する音声アシスタント Amazon Alexa
ディスプレイの有無 なし
機能 本の読み上げ、スケジュール管理、音声通話、スマート家電の操作、音楽再生、時刻・天気の確認ほか

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

スマートスピーカー入門に最適

Amazon Alexaに対応するモデルです。小型ですがグーグルの「Google Home Mini」に比べると音質もそこそこよいので、お買い得感があります。

ボタンが4つ付いていて使い勝手がいいのと、外部出力端子を備えていて好みのスピーカーなどに接続できる点も魅力です。

「スマートスピーカーを試してみたいけど、本当に自分に向いているかどうか不安……」という人が、まずお試しで使ってみるのには最適のモデルだと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Show』

Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』 Amazon(アマゾン)『AmazonEchoShow』

出典:Amazon

対応する音声アシスタント Amazon Alexa
ディスプレイの有無 あり/タッチパネル
機能 本の読み上げ、スケジュール管理、音声・ビデオ通話、スマート家電の操作、音楽・動画再生、時刻・天気の確認ほか

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

映画も楽しめる大画面スマートスピーカー

10.1インチの大画面ディスプレイを搭載している、Amazon Alexa対応のスマートスピーカーです。「Amazon Echo Spot」は卓上クロック兼用というイメージですが、こちらは大画面タブレットに音声アシスタントが搭載されたものと思っていただいたほうが、正しいと思います。

「Amazon Music Unlimited」などの音楽配信サービスはもちろん、動画配信サービス「Amazon Prime Video」にも対応しています。一般的なタブレットほど、対応する動画配信サービスは多くないのが残念ですが、アマゾンプライム会員なら追加料金なしで音楽や動画を楽しめるのでおすすめです。

また、「Echo Show」同士や、「Echo Spot」とビデオ通話ができるのも大きなポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LINE(ライン)『Clova Friends mini』

LINE(ライン)『ClovaFriendsmini』

出典:楽天市場

対応する音声アシスタント LINE Clova
ディスプレイの有無 なし
機能 LINEメッセージ送受信、LINE無料通話、音楽再生、カレンダー、童話朗読ほか

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

別売ドックを接続すれば家電の操作も可能

LINE Clovaに対応するスマートスピーカーです。LINEの人気キャラクターであるサリーやブラウンのほか、ドラえもん、映画『ミニオンズ』のボブといったキャラクターをモチーフにしたデザインが、ほかにはない魅力です。

バッテリーを内蔵しているので、外出先でもBluetoothスピーカー、スマートスピーカーとして使うことができます。

別売の「Clova Friends Dock」を装着すれば、テレビやエアコン・照明を声で操作できる、赤外線家電リモコンとしての機能も提供してくれます。

Alexaならアマゾン、Googleなら他社製品がおすすめ IT・家電ジャーナリストのアドバイス

IT・家電ジャーナリスト

Amazon Alexaに対応するスマートスピーカーの場合、アマゾン製品は呼び名を「アレクサ」以外に設定することができますが、他社製品はできないなど、少し使い勝手が異なる点があります。

アマゾン製品はそのほとんどが外部出力端子を備えていることもあり、よほど音質が気に入った場合でもない限り、Amazon Alexaならアマゾン製品を選ぶのがおすすめです。

Googleアシスタントに対応するスマートスピーカーは、グーグル製品の使い勝手や音質が今ひとつですので、機能や性能面で特徴的かつ音質も含めて、気に入った製品を選ぶとよいでしょう。

メーカー別にスマートスピーカー5製品を紹介

スマートスピーカーを発売しているメーカー別に5つ紹介します。

Google(グーグル)製品

Google(グーグル)『Google Home Mini』

Google(グーグル)『GoogleHomeMini』

出典:楽天市場

対応する音声アシスタント Google Assistant
ディスプレイの有無
機能 スケジュール確認、天気予報やニュースなどの情報取得、音楽再生、接続したテレビなどにストリーミング再生、スマートホームなど

ディスプレイのないシンプルなスマートスピーカー。機能が豊富で使い方次第ではとても便利な点が、この商品の魅力です。

よく使う機能としては、Google検索でニュースや金融情報などのチェックなどがあります。注目の機能は、スマートホーム機能です。スマートリモコンと接続することで、IoT家電の操作を音声で操作することもでき、工夫次第では家電の操作が劇的に向上させるポテンシャルを秘めています。

Panasonic(パナソニック)製品

Panasonic(パナソニック)『スマートスピーカー SC-GA1』

Panasonic(パナソニック)『スマートスピーカーSC-GA1』 Panasonic(パナソニック)『スマートスピーカーSC-GA1』

出典:Amazon

対応する音声アシスタント Google Assistant
ディスプレイの有無
機能 赤外線(IR)リモコン対応家電操作、LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」連携、天気予報やニュ

SC-GA1は、IoTに非対応の家電でも赤外線リモコンにさえ対応していれば、音声での操作を可能にしてくれる点が大きな特徴です。そのため「コエリモ」という愛称がついています。エアコンやテレビなど、機種が古くてIoTに対応していない家電はまだまだたくさん残っています。赤外線リモコンで操作することの多いテレビやエアコンは、コエリモで音声操作を試してみてください。

また、「あかリモ」アプリ(無料)をダウンロードすることで、PanasonicのLWDシーリングライトとの連携も可能です。光と音の演出を楽しめます。

SONY(ソニー)製品

SONY(ソニー)『スマートスピーカー LF−S50G』

SONY(ソニー)『スマートスピーカーLF−S50G』 SONY(ソニー)『スマートスピーカーLF−S50G』 SONY(ソニー)『スマートスピーカーLF−S50G』

出典:楽天市場

対応する音声アシスタント Google Assistant
ディスプレイの有無
機能 スケジュール確認、天気予報やニュースなどの情報取得、音楽再生、対応機器の操作など

音質にこだわりのあるSONYのスマートスピーカーです。360度音楽が楽しめる「対向配置2ウェイスピーカーシステム」、低音域の品質を高める「ダンプドバスレフダクト」など、コンパクトでも高品質な音を出すシステムを数多く搭載しています。Bluetooth機能で8台の機器とペアリングでき、音楽ワイヤレスで再生することもできます。

スマートスピーカーとしての機能は、AIにGoogle Assistantを搭載することで、ニュースや天気などの情報取得や音楽再生、Google Assistant対応機機能操作など、ひととおりの機能が利用可能です。

ONKYO(オンキヨー)製品

ONKYO(オンキヨー)『スマートスピーカー P3 VC-PX30』

対応する音声アシスタント Alexa
ディスプレイの有無
機能 音楽再生、天気やニュースの確認、オーディオブックの読み上げ、スマートホーム対応製品の操作など

AIにAmazon Alexaを採用したスマートスピーカー。オーディオ機器が主力商品のONKYOらしく、スピーカーの音質にこだわりがある点が大きな特徴です。「デュアル2.5インチフルレンジドライバー」「デュアルパッシブラジエーター」などの仕組みを取り入れ、小さなサイズでも良質で迫力のある音が楽しめます。

スマートスピーカーとしては、Alexaの主な機能である音楽再生やスマートホームに対応した家電の操作などが可能です。また、DTS Play-Fi機能を使うことで専用アプリをダウンロードしたスマホと接続してワイヤレスで音楽を再生することもできます。

BOSE(ボーズ)製品

BOSE(ボーズ)『HOME SPEAKER 500』

BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』 BOSE(ボーズ)『HOMESPEAKER500』

出典:Amazon

対応する音声アシスタント Alexa
ディスプレイの有無
機能 音楽再生、天気やニュースの確認、オーディオブックの読み上げ、スマートホーム対応製品の操作など

オーディオ機器メーカーBOSEが音質にもこだわって作り上げたスマートスピーカーです。、そのため音質がいいのはもちろん、音声での操作だけでなくスピーカー側でもタッチ操作で音楽の再生などの操作をすることができます。

Amazon Alexa の機能を搭載しているので、天気・ニュースなどの情報確認といった、スマートスピーカーとしての標準的な機能もあります。デザインはブラックベースでスタイリッシュです。スマートスピーカーとして操作性や音質といった性能だけでなく、インテリアとの調和というデザインにもこだわりたい方におすすめです。

Apple(アップル)製品

Apple(アップル)『HomePod』

対応する音声アシスタント Siri
ディスプレイの有無
機能 音楽再生、天気やニュースの確認、着信確認、メッセージの読み上げなど

Appleファン待望! Siri対応スピーカー

2019年夏に日本で発売となったHomePod。スマートスピーカーの核である音声アシスタントは、iPhoneなどでもおなじみのSiriを採用しています。Apple Musicなどの音楽サービスとの連携、HomeKit対応のIoT家電の操作、ニュースなどの情報収集やスケジュール管理も可能です。

空間認識機能により、設置した場所での最適な調整を自動で行い、ノンストレスで音楽を楽しむことが可能となっています。Apple製品に囲まれて生活したい方は是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

「スマートスピーカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
JBL『LINK 10』
Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Dot』
Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Show』
LINE(ライン)『Clova Friends mini』
Google(グーグル)『Google Home Mini』
Panasonic(パナソニック)『スマートスピーカー SC-GA1』
SONY(ソニー)『スマートスピーカー LF−S50G』
ONKYO(オンキヨー)『スマートスピーカー P3 VC-PX30』
BOSE(ボーズ)『HOME SPEAKER 500』
No image a5af4642b0436750e4fa4b9b6657821d796059ff52e9d076f9077c654d1f4c85
商品名 JBL『LINK 10』 Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Dot』 Amazon(アマゾン)『Amazon Echo Show』 LINE(ライン)『Clova Friends mini』 Google(グーグル)『Google Home Mini』 Panasonic(パナソニック)『スマートスピーカー SC-GA1』 SONY(ソニー)『スマートスピーカー LF−S50G』 ONKYO(オンキヨー)『スマートスピーカー P3 VC-PX30』 BOSE(ボーズ)『HOME SPEAKER 500』 Apple(アップル)『HomePod』
商品情報
特徴 防水対応で持ち運びも可能 スマートスピーカー入門に最適 映画も楽しめる大画面スマートスピーカー 別売ドックを接続すれば家電の操作も可能 Appleファン待望! Siri対応スピーカー
対応する音声アシスタント Googleアシスタント Amazon Alexa Amazon Alexa LINE Clova Google Assistant Google Assistant Google Assistant Alexa Alexa Siri
ディスプレイの有無 なし なし あり/タッチパネル なし
機能 音楽再生、時刻・天気の確認ほか 本の読み上げ、スケジュール管理、音声通話、スマート家電の操作、音楽再生、時刻・天気の確認ほか 本の読み上げ、スケジュール管理、音声・ビデオ通話、スマート家電の操作、音楽・動画再生、時刻・天気の確認ほか LINEメッセージ送受信、LINE無料通話、音楽再生、カレンダー、童話朗読ほか スケジュール確認、天気予報やニュースなどの情報取得、音楽再生、接続したテレビなどにストリーミング再生、スマートホームなど 赤外線(IR)リモコン対応家電操作、LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」連携、天気予報やニュ スケジュール確認、天気予報やニュースなどの情報取得、音楽再生、対応機器の操作など 音楽再生、天気やニュースの確認、オーディオブックの読み上げ、スマートホーム対応製品の操作など 音楽再生、天気やニュースの確認、オーディオブックの読み上げ、スマートホーム対応製品の操作など 音楽再生、天気やニュースの確認、着信確認、メッセージの読み上げなど
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする スマートスピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのスマートスピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートスピーカーランキング
楽天市場:スマートスピーカー・AIスピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

その他のスマートスピーカーに関連する記事はこちら

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに360度スピーカーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。360度スピーカーがあれば、どの角度からも均一な音質で音楽を聴くことが可能です。暮らしの中で音楽を楽しめるだけでなく、外へ持ち出すこともできます。

インテリアコーディネーターの秡川寿美礼さんにスマート電球の上手な選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。スマートフォンなどで操作できるLED電球である「スマート電球」。音楽を聞くためのスピーカーが内蔵されたものもあり、かんたんにライフスタイルに音楽を取り入れることもできます。

IT&家電ライターの秋葉けんたさんへの取材をもとに、バッファローの無線LANルーターの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ご家庭でスマートフォンやパソコンを使用する場合、無線LANルーターがあれば快適に使用することができます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/21 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】BOSEのスピーカーおすすめ16選|Bluetooth・スマートスピーカー・サウンドバー・ホームシアター

【2020年版】BOSEのスピーカーおすすめ16選|Bluetooth・スマートスピーカー・サウンドバー・ホームシアター

カスタマイズもできて豊富なラインナップをそろえるBOSEのスピーカー。重低音の響きがよく、迫力と臨場感あふれる力強い音色を奏でてくれます。持ち運びができる防滴防水・耐久性にすぐれたものから、天井取りつけタイプなどさまざま。本記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOである眞壁征生さんへの取材をもとに、BOSEのスピーカーの選び方のポイントとあわせておすすめ商品10選をご紹介します。


ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

ミニコンポおすすめ12選|高音質でインテリアにもなるおしゃれなものを選ぼう!

普段持ち歩いてるスマホで好きな音楽を手軽に楽しめる時代です。ですが、スピーカーから出る音を空間で楽しむことも音楽の醍醐味。そんなときにミニコンポは活躍してくれます。この記事では、音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEOの眞壁征生さん編集部が選んだおすすめ商品を紹介。


スマート電球おすすめ4選|目覚まし代わりになるものもご紹介!

スマート電球おすすめ4選|目覚まし代わりになるものもご紹介!

ライフスタイルからインテリアコーディネートのアドバイスを行なっている、インテリアコーディネーターの秡川寿美礼さんにスマート電球の上手な選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。スマートフォンなどで操作できるLED電球の「スマート電球」。ON・OFFはもちろん、調光や調色、タイマー設定できるものなどさまざまなものが販売されています。なかにはクリアな音質を楽しめるスピーカーが内蔵されたものも。かんたんにライフスタイルに音楽を取り入れることもできます。さまざまなタイプのスマート電球をご紹介しているので、参考にしてみてください。


【SONY製スピーカー】のおすすめ11選|ハイレゾ/Bluetooth/スマートスピーカー

【SONY製スピーカー】のおすすめ11選|ハイレゾ/Bluetooth/スマートスピーカー

SONYは音質だけでなく利便性も追求し、次々と新しい技術を生み出しています。そのため、ハイレゾ機能など音質機能はもちろん、防水、ジェスチャー操作などかゆいところに手が届く商品がたくさんあるのもSONYの特徴といえるかもしれません。そこで、SONYショップ店長の野田博之さんと編集部が、SONYスピーカーの選び方とおすすめのスピーカー11選をご紹介します。ぜひ自分に合ったスピーカー見つけてください。


【2020年】Bluetoothスピーカーの最新おすすめ23選|高音質なハイレゾ対応や防水タイプを紹介

【2020年】Bluetoothスピーカーの最新おすすめ23選|高音質なハイレゾ対応や防水タイプを紹介

本記事では、ワイヤレスで使えるBluetoothスピーカーの選び方とおすすめ商品を紹介しています。高音質のハイレゾ対応やワンタッチでペアリングできるNFC対応、通話機能のある機種、人気のSONY、BOSE、Beats、JBLをはじめ、各メーカーからさまざまな魅力ある商品を掲載しています。


新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る