モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

モニタースピーカーおすすめ21選|DTMの基礎知識や選び方も解説

「よりリアリティのある楽曲制作をしたい」
「音にこだわりを持って音楽編集をしたい」


そう考えている方にピッタリなのがモニタースピーカーです。楽曲制作向きのスピーカーとして広く一般的で、音楽にこだわる方にピッタリの商品です。

しかし、初めてモニタースピーカーを購入しようとすると、どんな機能があり、どこに注目していいのかわかりませんよね。

本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMの基礎知識、選び方、そしてタイプ別におすすめ商品をご紹介。本記事を読んでいただければ、モニタースピーカーを選ぶ基本的なことを網羅できるはずですので、ぜひ参考にしてください。


レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

おすすめ商品の比較一覧表

画像
TASCAM(タスカム)『パワードモニタースピーカー VL-S3』
YAMAHA(ヤマハ)『POWERED MONITOR SPEAKER MSP3』
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)『iLoud Micro Monitor IP-ILOUD-MM-IN』
MACKIE(マッキー)『モニタースピーカー CR4』
GENELEC(ジェネレック)『8010AP』
Alesis(アレシス)『Elevate 3 MKII』
FOSTEX(フォステクス)『PM0.1e アクティブ・スピーカー』
EVE Audio(イブオーディオ)『2ウェイ 3インチアクティブモニター SC203』
PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris E4.5』
Stirling Broadcast(スターリングブロードキャスト)『LS3/5a V2』
JBL『スタジオモニター 308P MkII』
reProducer Audio(リプロデューサーオーディオ)『2ウェイスタジオスピーカーシステム Epic-5』
JBL『スタジオモニター 4312G』
Pioneer(パイオニア)『デスクトップ アクティブモニタースピーカー DM-40』
YAMAHA(ヤマハ)『パワードスタジオモニター HS5』
ADAM AUDIO(アダムオーディオ)『ニアフィールドモニター A5X』
FOSTEX(フォステクス)『GX100BJ』
FOCAL(フォーカル)『モニタースピーカー Shape50』
MACKIE(マッキー) 『モニタースピーカー (CR3)』
YAMAHA(ヤマハ) 『パワードスタジオモニタースピーカー (HS7)』
ヤマハ『ネットワーク・パワードスピーカー(NX-N500)』
商品名 TASCAM(タスカム)『パワードモニタースピーカー VL-S3』 YAMAHA(ヤマハ)『POWERED MONITOR SPEAKER MSP3』 IK Multimedia(アイケーマルチメディア)『iLoud Micro Monitor IP-ILOUD-MM-IN』 MACKIE(マッキー)『モニタースピーカー CR4』 GENELEC(ジェネレック)『8010AP』 Alesis(アレシス)『Elevate 3 MKII』 FOSTEX(フォステクス)『PM0.1e アクティブ・スピーカー』 EVE Audio(イブオーディオ)『2ウェイ 3インチアクティブモニター SC203』 PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris E4.5』 Stirling Broadcast(スターリングブロードキャスト)『LS3/5a V2』 JBL『スタジオモニター 308P MkII』 reProducer Audio(リプロデューサーオーディオ)『2ウェイスタジオスピーカーシステム Epic-5』 JBL『スタジオモニター 4312G』 Pioneer(パイオニア)『デスクトップ アクティブモニタースピーカー DM-40』 YAMAHA(ヤマハ)『パワードスタジオモニター HS5』 ADAM AUDIO(アダムオーディオ)『ニアフィールドモニター A5X』 FOSTEX(フォステクス)『GX100BJ』 FOCAL(フォーカル)『モニタースピーカー Shape50』 MACKIE(マッキー) 『モニタースピーカー (CR3)』 YAMAHA(ヤマハ) 『パワードスタジオモニタースピーカー (HS7)』 ヤマハ『ネットワーク・パワードスピーカー(NX-N500)』
商品情報
特徴 手軽な価格が魅力的! デスクトップ用スピーカー コンパクトサイズを探している方におすすめ 自宅以外で使用したい人にぴったりのサイズ感 クールなデザインが魅力的なモニタースピーカー クラブ系サウンドなど低域重視の方におすすめ プロフェッショナルなスタジオ仕様の技術が満載 多用途で活躍! アクティブとパッシブのセット DTM作業やゲームユーザーに! 3種類の入力端子対応の高音質小型スピーカー マイナス要素が改善された密閉型! 低域・立ち上がり音も忠実に再現! 独自開発で正しいサウンドをモニター化 ダイナミックレスポンスと超低歪を両立 DJ・ダンスミュージックで活躍 スタジオ使用も可能な選べる2色のスピーカー 長時間の使用でも耳の疲労を抑えてくれる 女性の声やバイオリンの音色を美しく再現 アフィールドモニタリングに最適 ハイクオリティなスピーカー 楽器製造120年の技 配線が鬱陶しい方はこちら!
サイズ 幅110×奥行138×高さ170mm 幅144×奥行167×高さ236mm 幅90×奥行135mm 幅156×奥行185×高さ224mm 幅121×奥行116×高さ195mm 幅127×奥行×163×高さ190mm 幅86×奥行152×高さ175mm 幅116×奥行134×高さ190mm 幅203×奥行229×高さ279mm 幅188×奥行168×高さ300mm 幅254×奥行308×高さ419mm 幅190×奥行240×高さ270mm 幅362×奥行301×高さ597mm 幅146×奥行(左:223、右:210)×高さ227mm 幅170×奥行222×高さ285mm 幅170×奥行220×高さ280mm 幅160×奥行231.5×高さ262mm 幅191×奥行242×高さ312mm 幅140×奥行158×高さ208mm 幅210×奥行284×高さ332mm (左)幅170×奥行238.6×高さ285 mm・(右)幅170×奥行232×高さ285mm
重さ 約2.1kg 4.4kg 1.7kg 5.4kg 1.5kg 約2.9kg アクティブ側:約0.78kg、パッシブ側:約0.68kg 1.9kg 5kg 4.9kg 8.1kg 5.2kg 25.2kg 左2.7kg、右2.2kg 5.3kg 6.6kg 5.4kg 6.5kg 3.5Kg 8.2kg 11.9kg
周波数 - 65Hz~22kHz 100Hz~10kHz 70Hz~20kHz 67Hz~25kHz 80Hz〜20kHz 80Hz〜35kHz 62Hz~21kHz 48Hz~20kHz 78Hz~20kHz 37Hz~24kHz 45Hz~46kHz 44Hz~40kHz 70Hz~30kHz 54Hz~30kHz (-10dB) 50Hz~50kHz 55Hz~45kHz 50Hz~35kHz 80Hz~20kHz・70Hz~20kHz 43Hz-30kHz・55Hz-24kHz 54Hz~40kHz
入力端子 RCAピン RCAピン、XLR&フォン RCAピン、1/8インチ・ステレオ・ミニ端子 1/4インチ TRS、RCA、1/8インチ TRS XLR バランス端子 RCA RCAピン RCA RCA、XLR、1/4インチTRS バイワイヤ XLR&フォン RCAピン、XLR - RCA、ミニ端子 - RCA、XLR - RCA、XLR バランス端子 XLR 光デジタル1、USB端子(Type B、USB 2.0準拠)1
音圧レベル - 98dB 107dB 100dB 96dB - 78dB 94dB 100dB~ 83dB 112dB 109dB 90dB - - 110dB 82dB 106dB 97dB
エンクロージャー バスレフ型 バスレフ型 バスレフ型 バスレフ型 バスレフ型 - リアバスレフ型 バスレフ型 密閉型 - - バスレフ型 バスレフ型 バスレフ型 - バスレフ型 - バスレフ型 バスレフ型
アンプの内蔵 × - × - - - - あり あり あり
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月14日時点 での税込価格

モニタースピーカーとは

 

モニタースピーカーとは、DTM編集作業をおこなう際に、忠実に原音を再生できるスピーカーのことです。

一般的なスピーカーは、音楽を快適に聴くために各音域の出力がチューニングされています。例えば、ビート音が特徴的なEDMには低音域が得意なスピーカー、複数の楽器が同時に鳴るクラシックであれば小さい音から大きな音までを再現してくれる「ダイナミックレンジ」が広いスピーカーなどが向いています。

これらのスピーカーをモニタースピーカーとして使うと、完成したときに音のバランスが崩れやすくなってしまいます。そのため、モニター用には各音域をフラットに再生できる、モニタースピーカーが使用されています。

(★)ポイント:リスニング用とモニター用の違いを知ろう

レコーディングエンジニア

リスニング用とモニター用ではなにが違うかといえば、音のチューニング(調整)です。

リスニング用は、たとえば「いかに音楽を気持ちよく、楽しく聴かせるか」ということを考えて作られているので、とても耳に優しかったり、低音を増強してあったりするものなどがあります。

このようなスピーカーで音作りすると、ほかで聴いたときに妙にかたくなったり、低域がスカスカになったりします。モニタースピーカーとして使いやすいのは、原音の足りない部分や過剰な部分をはっきり表現してくれるものです。

これはカタログスペックだけではわからない部分ですが、メーカーが「モニター用」とうたっているものならば、ほぼ問題なくモニター用として使えると思っていいでしょう。

まずは「DTM」について知ろう

スピーカー
Pixabayのロゴ

DTMは、パソコンを使って作曲や編曲、映像のバックミュージックや効果音の編集をおこなうことです。欧米ではコンピューターミュージックと呼ばれています。

パソコン、ソフト、オーディオインターフェイス、スピーカー(ヘッドホン)があれば、誰でも気軽にDTMをはじめられます。近年、動画共有サービスの普及によって、自作の動画にDTMを取り入れる人も増えてきました。

録音や編集が容易なので、楽器が弾けなくても曲作りができるなど、音楽の楽しみ方を広げてくれます。

『モニタースピーカーおすすめモデル』を今すぐ見る

モニタースピーカーの選び方

それでは、モニタースピーカーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の6つ。

【1】本体サイズ
【2】アクティブかパッシブか
【3】音圧レベルと周波数特性
【4】エンクロージャーのタイプ
【5】入力端子の種類
【6】王道メーカー


上記の6つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】本体サイズをチェック

 

モニタースピーカーは環境に合わせた選び方が必要です。大型スピーカーは、広いスタジオ、ステージ、ホームシアターなどで活躍します。豊かな音の響き、低音もクリアに再現できる利点があります。

小型スピーカーは、自宅での作曲やDTMに適しています。音量が小さくても音がきれいなので、音漏れや置き場所の心配も少ないです。小型の中でもウーファーが大きいものを選ぶと、低音もクリアに聞こえます。

(★)ポイント:普通の民家やマンションなら小型のスピーカーを

レコーディングエンジニア

スピーカーは基本的に大きいほうが低音がしっかり出る傾向があります。では、なるべく大きいもののほうがよいのかというとそうとも言えません。

大きいスピーカーをバランスよく鳴らすにはそれなりの音量が必要で、少音量ではそのスピーカーのよさを引き出せないことが多いのです。

しかも音量を出せば出すほど部屋の音響特性に影響を受けやすくなりますから、防音はもちろん吸音などの残響補正処理を施さなければいけません。

普通の民家やマンションで小音量で使うのであれば、小さいスピーカーのほうが適しています。

【2】アクティブかパッシブかチェック

 

アンプが内蔵されているタイプを「アクティブ(パワード)スピーカー」、内蔵されていないタイプを「パッシブ(ノンパワード)スピーカー」と呼びます。

アクティブは直接ミキサーやインターフェースを接続するだけで、すぐに使える利点があります。

パッシブはアンプを別に用意しなければなりませんが、お好みのものと組み合わせることができ、スピーカー自体の重量が軽くなる利点があります。

一概にどちらのタイプがよいとは言えませんが、アンプ内蔵のほうが手軽に導入が可能なのでおすすめです。

【3】音圧レベルと周波数特性をチェック

音圧レベルと周波数特性は、音質に関係してくる重要なポイントです。音質にこだわりたい人は、しっかりチェックしておきましょう。

▼近隣への配慮を!音圧は85dBほどあれば充分

 

音圧レベルの数値が高くなるほど、大きな音を出すことができます。100dB以上は聴覚異常を起こすとも言われ、85dB前後の音圧があれば充分です。地下鉄の車内は約80dB、犬の鳴き声は約90dBであることを想像するとわかりやすいでしょう。

また、自宅で作業する場合は、近隣への音の配慮が必要です。あまり大きな音を出すと迷惑になってしまうので注意してください。

▼周波数特性は可聴域をカバーしているものを

 

音域をあらわす周波数特性は「〇Hz~〇kHz」と表記され、下の数値が小さいほど低い音を再生でき、上の数値が大きいほど高い音を再生できます。

人間の可聴域は一般的に20Hz~20kHzと言われており、50Hz以下は大音量でないと聴こえません。周波数は50Hz程度~20KHzのものを目安にしましょう。作りたい曲の音域の傾向に合わせて選ぶのもおすすめです。

【4】エンクロージャーのタイプをチェック

 

エンクロージャー(スピーカーの外側の箱)は、バスレフ型と密閉型の2種類があります。

バスレフ型のメリットは、低音がよく響くことです。モニタースピーカーの多くがバスレフ型で、エンクロージャーの前面、後面に穴が開いています。

密閉型のメリットは、どのような音もフラットに聴こえることです。バスレフ型よりも音の違いがこまかくわかります。用途や好みに合わせて、エンクロージャーも選ぶ要素に加えてみてください。

【5】入力端子の種類をチェック

 

入力端子にはRCA、TRS、XLRといった種類があります。

RCA端子はRCAピンとも呼ばれ、スピーカーをはじめ、映像用、音声用の端子に多用されています。TRS端子はフォーンプラグとも呼ばれ、ノイズに強い端子です。XLR端子は、キャノンプラグとも呼ばれ、ノイズに強く音質も高いです。

入力端子によっても特徴が異なるので、ぜひチェックしてみてください。

【6】王道メーカーをチェック

 

モニタースピーカーを選ぶには、音に関する知識がある程度必要です。とくに、はじめて購入する際はわからないことが多く判断が難しいので、実績のある王道メーカーの商品を選ぶのもいいでしょう。

オーディオショップや家電量販店へ出かけて、スピーカーにくわしい店員さんからアドバイスをもらうのもひとつの手です。実際に視聴させてもらうと、商品ごとの特徴をつかみやすいでしょう。

エキスパートのアドバイス

レコーディングエンジニア

ヘッドフォンなどを組み合わせて導入しよう

いくらよいモニタースピーカーでも、それ1台ですべてまかなうというのは不可能なこと。

それはプロのレコーディングスタジオでも同じで、低音が再生できる大きなスピーカーと全体のバランスがよく見えるミドル〜ミニサイズのものを、場合によってはラジカセやごく小さなヘッドフォンまで使って確認したりします。

同じように、宅録でも複数のスピーカーやヘッドフォンを用意してモニターすると、1台のスピーカーでは見つからなかったアラが発見できたりします。

もし現在、なにも再生環境がないのであれば、モニタースピーカーとヘッドフォンなどを組み合わせて導入することがおすすめです。

モニタースピーカーおすすめモデル

それでは、おすすめのモニタースピーカーをご紹介いたします。すぐに各商品が見たい方は、下記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ10選|小型サイズ

▼おすすめ11選|DTM作業にピッタリ

▼おすすめ10選|小型サイズ

ここからは小型サイズのモニタースピーカーを紹介します。スタジオ用定番スピーカーのエントリーモデルや、パワーのある音が楽しめるスピーカーなど、大きさ以外にも魅力満載のスピーカーがありますよ。

TASCAM(タスカム)『パワードモニタースピーカー VL-S3』

TASCAM2ウェイパワードモニタースピーカー3インチペアVL-S3BT TASCAM2ウェイパワードモニタースピーカー3インチペアVL-S3BT TASCAM2ウェイパワードモニタースピーカー3インチペアVL-S3BT TASCAM2ウェイパワードモニタースピーカー3インチペアVL-S3BT

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

手軽な価格が魅力的! デスクトップ用スピーカー

老舗音響機器ブランド、TASCAMのデスクトップ用パワードスピーカーです。ひじょうにコンパクトながらクリアでバランスがよく、音の粒立ちがはっきりと分かります。

さすがに重低音は再生できませんので、クラブミュージックなど低音を重視する音楽には向きません。

同価格帯のPC用スピーカーには、無理やり高域や低域を強調しているものがありますが、この機種はそういったことがなく、モニター用として最適だと思います。

手ごろな価格で卓上に置けるスピーカーをお探しの方におすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『POWERED MONITOR SPEAKER MSP3』

レコーディングエンジニア

コンパクトサイズを探している方におすすめ

スタジオスタンダードといえるモニター『NS-10M』でおなじみヤマハMSPシリーズのエントリーモデルです。

サイズはコンパクトながらバスレフ型(スピーカーユニットの背後から出る音をうまく利用し低音を増強する方法)なのでサイズの割に低音が出ます。

高域はシャキッと前に出てくる感じですが、環境によってはややうるさく感じるかも。とはいえ全帯域にバランスはよく、コンパクトなモニタースピーカーをお探しの方におすすめできます。

入力端子がRCAピン(電気信号をやりとりする端子の一種でピン端子、ピンプラグとも呼ぶ)とフォン(音響機器の接続に用いられている一対のコネクタのこと)に加え、+4dB対応のXLR入力も装備しているところは、スタジオ機器との互換性が考えられています。

左右のレベル調整とトーンコントロールがフロントパネルにあるので、リスニング環境によって気軽に微調整できるのもポイントです。

IK Multimedia(アイケーマルチメディア)『iLoud Micro Monitor IP-ILOUD-MM-IN』

IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア IKMultimediaiLoudMicroMonitor0コンパクトスタジオリファレンスモニターIKマルチメディア

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

自宅以外で使用したい人にぴったりのサイズ感

IK MultimediaはDTMソフトウェアやMIDIアクセサリーなど高品質な商品を発表しているイタリアのメーカーです。

このモデルは実際にご覧になるとわかると思うのですが、ひじょうにコンパクトで、そのサイズ感からは信じられないパワー感のある音が魅力。

音のヌケ、定位感、空間の広がり、高域と低域のバランスとどれも素晴らしいのですが、それにはほかの製品で培ったDSP技術(音声などのデータをデジタルで処理をする技術のこと)が活かされています。

背面にある「DESKTOPスイッチ」は単なるEQではなく、反射音までも補正してくれるものです。

持ち運びもじゅうぶん可能なサイズなので、自宅以外での使用も考えている方には、強くおすすめします。

MACKIE(マッキー)『モニタースピーカー CR4』

MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR4-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR4-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR4-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR4-X国内正規品(2本1組ペア販売) MACKIEマッキークリエイティブリファレンスモニタースピーカーCR4-X国内正規品(2本1組ペア販売)

出典:Amazon

レコーディングエンジニア

クールなデザインが魅力的なモニタースピーカー

MACKIEは米国のPA&レコーディング機器のメーカーで、コンパクトでリーズナブルな機材を多く発表しています。この『CR4』もコンパクトなサイズながら、パワフルでバランスのよいモニタースピーカーです。

設置場所によっては低域のしまりがなくなり、だぶつき気味になるので、付属のアイソレーションパッドで調整するとよい感じになります。

オン・オフスイッチ兼ボリューム、ヘッドフォン出力、外部入力をつなぐことのできるAUX端子が前面についているのが非常に便利。

しかも、この操作系が搭載されているメインのスピーカーを左右どちらにも設定できるので、卓上のレイアウトの自由度が高くなります。

クールなデザインで、DTMユーザーにおすすめです。

GENELEC(ジェネレック)『8010AP』

レコーディングエンジニア

クラブ系サウンドなど低域重視の方におすすめ

ヤマハと双璧ともいえるスタジオモニターのスタンダードとなったGENELEC。8010Aは、コンパクトで持ち運びも可能なアクティブスピーカーです。

さすがのGENELECクオリティはこのサイズでも健在で、音の粒立ちがはっきりとしていて定位感も素晴らしい。ただし、音の指向性が強いためか、リスニングのスイートスポットが狭い気がします。

低音はやはりサイズの関係で出にくいですが、抜けた感じはなくドッシリした印象です。

ただ設置の仕方次第では低域がぼやけることもあるので、ローカットフィルターで調整するか、スタンドを使用するといいかもしれません。

入力端子はXLRが1系統しかないので、接続時には注意が必要です。コンパクトなサイズの割に低音が作りやすい印象ですので、クラブ系サウンドなど低域重視の音作りを目指す方におすすめです。

Alesis(アレシス)『Elevate 3 MKII』

Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII Alesisアクティブスピーカー・システム3インチ・ウーファー60WELEVATE3MKII

出典:Amazon

プロフェッショナルなスタジオ仕様の技術が満載

受賞歴のあるプロフェッショナル・スタジオ用モニタースピーカーの技術を搭載した、卓上サイズのモニタースピーカーです。エンクロージャーに高密度の木を採用し、共振を防いでクリアかつタイトな低音を再現しています。

音楽のミキシング、マスタリング、動画制作など幅広いシーンで活躍します。

FOSTEX(フォステクス)『PM0.1e アクティブ・スピーカー』

FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e FOSTEXアクティブ・スピーカーPM0.1e

出典:Amazon

多用途で活躍! アクティブとパッシブのセット

低音が響くリアバスレフ型のアクティブスピーカーとパッシブスピーカーがセットになった商品です。

木製のエンクロージャーを採用し、小さな音量でもバランスがよく自然な響きを再現できます。

DTM、DJ用音声モニター、PCオーディオ用アクティブスピーカーとしても大活躍するスピーカーでしょう。

EVE Audio(イブオーディオ)『2ウェイ 3インチアクティブモニター SC203』

DTM作業やゲームユーザーに!

パッシブ・ラジエターと駆動範囲の広いボイスコイルを装備し、より低い帯域の再生ができるようになったモニタースピーカーです。小型スピーカーなので、限られた場所でのディスプレイにも困りません。

3D空間イメージを再生する迫力あるサウンドは、DTM作業や音質にこだわるゲームに最適です。

PreSonus(プリソーナス)『2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニター Eris E4.5』

PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5" PreSonusErisE4.5(ペア)2ウェイ・アクティブ・モニター4.5"

出典:Amazon

3種類の入力端子対応の高音質小型スピーカー

周波数48Hz~20kHz、最大音圧100dB超の高音質な小型スピーカーです。3種類の入端子に対応しており、さまざまな機器と接続が可能です。

室内音響や設置場所の影響を軽減するコントロール機能も搭載しており、同レンジのモニタースピーカーのなかでもハイエンドな商品といえるでしょう。

Stirling Broadcast(スターリングブロードキャスト)『LS3/5a V2』

マイナス要素が改善された密閉型!

音量を上げるとどうしても高音域が頭打ちになり、低音域の量感が不足してしまいがちです。そういったマイナス要素を改善したのが、この密閉型のモニタースピーカーです。

薄板のエンクロージャーで美しい箱鳴きが魅力のひとつ。落ち着いた木目のカラー5色から選べます。

▼おすすめ11選|DTM作業にピッタリ

ここでは、DTM作業にぴったりの定番なモニタースピーカーを紹介します。DTM作業のためのモニタースピーカーを探している方は、ぜひ参考にしてください。

JBL『スタジオモニター 308P MkII』

JBLPROFESSIONAL308PMkIIパワードモニタースピーカー1ペア(2本) JBLPROFESSIONAL308PMkIIパワードモニタースピーカー1ペア(2本) JBLPROFESSIONAL308PMkIIパワードモニタースピーカー1ペア(2本) JBLPROFESSIONAL308PMkIIパワードモニタースピーカー1ペア(2本)

出典:Amazon

低域・立ち上がり音も忠実に再現!

直接インターフェースなどに接続できるアンプ内蔵スピーカーです。アクティブクロスオーバーとクラスDパワーアンプのバイアンプ駆動を採用しています。

周波数は37Hz~24kHz、音圧レベルは最大112dBと高音質で、原音を忠実に再現し、低域や立ち上がり音も正確にチェックすることが可能です。

reProducer Audio(リプロデューサーオーディオ)『2ウェイスタジオスピーカーシステム Epic-5』

reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】 reProducerAudioEpic5ニアフィールドモニタースピーカー【国内正規品】

出典:Amazon

独自開発で正しいサウンドをモニター化

低ノイズと低歪を追求した、8面体のデザインが特徴のモニタースピーカーです。正しいサウンドをモニター化するため、ドライバー、パッシブラジエーター、アンプ、ハウジングまで独自で開発しています。

ドライバをすべてアルミ製にすることにより可能になった、速いトランジェントレスポンスも大きな魅力です。

JBL『スタジオモニター 4312G』

ダイナミックレスポンスと超低歪を両立

ダイナミックなレスポンスと超低歪特性を両立させたモニタースピーカーです。ユニットの持ち味を最大限に引き出すために、3Wayネットワークを内蔵しています。

低音に強いバスレフ型で、音圧レベルは最大90dB、周波数は44Hz~40kHzです。音にこだわりたい方に試してほしいスピーカーです。

Pioneer(パイオニア)『デスクトップ アクティブモニタースピーカー DM-40』

PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40 PioneerDJ4インチアクティブモニタースピーカーDM-40

出典:Amazon

DJ・ダンスミュージックで活躍

Pioneerのアクティブモニタースピーカー技術が満載のスピーカーです。力強いキック音、広いスイートスポット、くっきりとした立体感など、豊かでクリアな音像が実現できます。

フロント部分にあるヘッドホン端子と音量ノブは卓上作業にとても便利です。DJや、ダンスミュージックにぴったりでしょう。

YAMAHA(ヤマハ)『パワードスタジオモニター HS5』

スタジオ使用も可能な選べる2色のスピーカー

精密な再生能力が徹底的に追求され、音像定位、高分解能、フラットな特性が実現されたバスレフ型スピーカーです。

DTMだけでなく、スタジオ用としても活用可能で、環境に合わせて微細なセッティングができます。再生周波数は54Hz~30kHzと、幅広いです。

部屋の雰囲気や好み合わせて黒と白の2色から選べます。

ADAM AUDIO(アダムオーディオ)『ニアフィールドモニター A5X』

長時間の使用でも耳の疲労を抑えてくれる

『ニアフィールドモニター A5X』は、放送局や中継車などでも使われる、プロにも愛されるモニタースピーカーです。

独自のツイーターを搭載しすぐれた音質を誇っているため、音の微妙な変化や、曲の仕上がりにこだわる方にとても魅力的といえるでしょう。また、長時間の使用でも耳の疲労を最低限に抑えてくれます。

FOSTEX(フォステクス)『GX100BJ』

女性の声やバイオリンの音色を美しく再現

定評のある純度99.9%のマグネシウムをツイーターに、剛性が高く伝搬速度が速いアルミニウム合金の振動板をウーハーに使ったモニタースピーカーです。低域の再現向上とスピード再生を実現しています。

女性ボーカルの声や、複雑なバイオリンの音色を美しく響かせることが可能です。

FOCAL(フォーカル)『モニタースピーカー Shape50』

アフィールドモニタリングに最適

リスニング距離80cm、6.5畳(12平米)ほどの場所で使うことを想定して作られた、ニアフィールドモニタリングに最適のモニタースピーカーです。独自の構造により壁際に配置することも可能になりました。

周波数は50Hz~35kHzをカバーし、音圧は最大106dBと、高い音質も大きな魅力です。

MACKIE(マッキー) 『モニタースピーカー (CR3)』

ハイクオリティなスピーカー

スタジオスピーカー並みのクオリティを誇る、「マッキー」のスピーカー。そんな性能をコンパクトサイズにしたモデル。入力端子は、スピーカーの前面にあるため、ヘッドホンや音量機器が、接続しやすい設計となっている。L/Rの切り替えがついており、アンプ内蔵スピーカーを、どちらに置くこともできるようになっている。

YAMAHA(ヤマハ) 『パワードスタジオモニタースピーカー (HS7)』

楽器製造120年の技

エンクロージャーは、不要な共振を徹底的に排除しているため、不要な振動がなく、クリアなサウンドを実現しています。楽器製造120年によって積み上げられたノウハウにより、木材の接合部は、凹凸によって隙間なく組み合わさっています。スピーディーなツイーターと新規開発のウーファーにより、高音から低音までをカバーした商品となっています。

ヤマハ『ネットワーク・パワードスピーカー(NX-N500)』

ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B) ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B) ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B) ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B) ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B) ヤマハネットワーク・パワードスピーカーアンプ内蔵/USBDAC/Wi-Fi/Bluetooth/ハイレゾ音源対応(左右1組)ブラックNX-N500(B)

出典:Amazon

配線が鬱陶しい方はこちら!

スピーカーのケーブル配線が鬱陶しくて嫌いな方もいるでしょう。そんな方には、こちらのスピーカーがおすすめです。Wi-Fi、Bluetoothに対応しているため、ワイヤレスでモニタリングすることが可能です。最新のハイレゾ音源を余裕をもって再生するため、ウーファー、ツィーターともに新設計のスピーカーユニットを投入しています。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モニタースピーカーの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのモニタースピーカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:モニタースピーカーランキング
Yahoo!ショッピング:スタジオモニタースピーカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ

本記事では、モニタースピーカーの特徴やDTMについて、選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の6つのポイントを押さえておきましょう。

【1】本体サイズ
【2】アクティブかパッシブか
【3】音圧レベルと周波数特性
【4】エンクロージャーのタイプ
【5】入力端子の種類
【6】王道メーカー


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいモニタースピーカーを選べるはずです。

モニタースピーカーを使用することで、DTM編集作業をおこなう際、忠実に原音を再生してくれます。しかし、編集などに集中するあまり、騒音になってしまう場合もありますので、近隣への配慮も欠かさずに使用することが大切。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


真空管ギターアンプのおすすめ6選|選び方を音楽ライターが徹底解説

真空管ギターアンプのおすすめ6選|選び方を音楽ライターが徹底解説

プロミュージシャンが愛用しているギターアンプの多くは、チューブアンプ(真空管アンプ)と呼ばれるものです。独特のパワフルなトーン、個性豊かな歪みが魅力で、いつかはチューブアンプ、と思っている人も多いでしょう。ただ、チューブアンプにはたくさんの製品があるのでどのように選ぶのがよいか最初はわかりませんよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに真空管ギターアンプの選び方のコツとおすすめ製品を聞いてみました。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , アンプ , 楽器

【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。本記事では、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , DTM機材 , 楽器

ベース用シールドおすすめ6選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

ベース用シールドおすすめ6選|ベルデン・カナレ・プロビデンスなど厳選

シールドとは、ベースをアンプやエフェクターにつなぐときに使うケーブルのこと。シールドにこだわりを持っているベーシストもいますが、なんとなく使っている方も少なくないようです。シールドにはさまざまな種類があり、音質はもちろん使い勝手などそれぞれ違いがあります。本記事では、ベース用シールドのおすすめ商品と選び方をご紹介します。記事の後半には通販サイトのランキングもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon 音楽機材 , 音楽用品

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選|初心者向けの商品も紹介

ベース用コンパクトエフェクターおすすめ7選|初心者向けの商品も紹介

BOSSやMXRなどが人気の「ベース用コンパクトエフェクター」。初心者はエフェクターが必要なのかも含め、つなぎ方や音質、選び方などよくわからないですよね。本記事では、ベース用コンパクトエフェクターの選び方と、おすすめの商品をご紹介。さらに通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon エレキギター・エレキベース , 音楽機材 , 音楽用品

ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

ウクレレに向くアンプおすすめ6選|音楽ライターが選び方も解説!

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ウクレレに向くアンプの選び方とおすすめの商品6選を紹介します。広い会場でライブをする場合や、バンドの演奏が入る場合などは、ウクレレの音量をアップさせるためにアンプが必要になります。ただ残念ながらウクレレ専用のアンプはないため、ギター用などのアンプを流用することになります。そんなウクレレに適したアンプはどのようなものなのでしょうか? 本記事を参考にみつけてくださいね。

tag icon ウクレレ , アンプ , 音楽機材

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。