エキスパートの新着記事


ルイボスティーの選び方とおすすめ5選|管理栄養士に取材!

ルイボスティーの選び方とおすすめ5選|管理栄養士に取材!

濃いレッドが印象的なルイボスティー。原料の「ルイボス」は、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈で育ちます。渋み成分であるタンニンが少ないため飲みやすい点が大きな特徴です。ほかに、水色(すいしょく)がグリーンに近いタイプのグリーンルイボスティーもあります。いろいろな種類のルイボスティーが販売されているため、どれを選べばよいか迷うかもしれませんね。そこで、管理栄養士・矢崎海里さんに取材した内容をもとに、ルイボスティーの選び方とおすすめの商品について教えていただきました。ルイボスティーに興味がある方は、ぜひどういうポイントに着目すればいいかを確認して、自分に合いそうな商品選びの参考にしてください。


肉まんのおすすめ5選|フードスペシャリストに取材【焼き肉まんや角煮まんも!】

肉まんのおすすめ5選|フードスペシャリストに取材【焼き肉まんや角煮まんも!】

軽食やおやつにぴったりの、肉まん。サイズにはもとより具材もバラエティ豊かにラインアップしており、いざ選ぶとなるとつい迷ってしまいがち。そこでこちらの記事では管理栄養士・フードスペシャリストの矢崎海里さんに取材をし、選ぶときのポイントとおすすめの肉まんを教えてもらいました。もっとおいしい肉まんに、ぜひ出会ってください。


バニラアイスのおすすめ8選|管理栄養士に聞く選ぶポイントとは?

バニラアイスのおすすめ8選|管理栄養士に聞く選ぶポイントとは?

アイスを購入する際、裏面や側面にある成分表示を確認したことがありますか? アイスは「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」の4種類に分類され、成分表示の種類欄に記載されています。かき氷のような氷菓を除き、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違いとは原材料に含まれる乳成分の量の違いです。メーカーや原材料によってバニラアイスの味わいは変わり、それぞれ違ったおいしさがありますよ! この記事では管理栄養士・矢崎海里さんに聞いた、バニラアイスを選ぶ際のポイントとおすすめ商品を紹介します。


管理栄養士が選ぶ! おでんの選び方とおすすめ商品5選

管理栄養士が選ぶ! おでんの選び方とおすすめ商品5選

ご当地ならではの味を自宅で手軽に楽しめたり、お腹が空いたときにすぐ食べられたりと、あると便利なレトルトのおでん。具材やだしにこだわったものも多く、商品ごとにいろいろな味わいが楽しめるのも魅力です。長期保存できる缶やパックタイプもあり、非常時用の備蓄としても注目を集めています。しかし、さまざまなレトルトのおでんが販売されているため、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、管理栄養士の矢崎海里さんへの取材をもとに、レトルトのおでんの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【ロースハムや生ハムも!】ハムのおすすめ7選|管理栄養士に取材

【ロースハムや生ハムも!】ハムのおすすめ7選|管理栄養士に取材

サンドイッチの具材やおつまみなど、幅広い食べ方で楽しめる「ハム」。使われている部位によって、ロースハムや生ハム、ショルダーハムやボンレスハムなどその種類はさまざまで、最近ではイノシシの肉を使ったハムなども登場しています。形状もスライスされたものや骨付きのものなど商品によってちがい、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで、管理栄養士の矢崎海里さんに、おいしいハムの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。ぜひ参考にして、好みのハムを見つけてくださいね。


ゴルゴンゾーラチーズのおすすめ5選! 管理栄養士が選び方も解説

ゴルゴンゾーラチーズのおすすめ5選! 管理栄養士が選び方も解説

ブルーチーズのなかでも、比較的日本人になじみのある種類である「ゴルゴンゾーラチーズ」。そのなかでも青カビや塩気の少ない「ドルチェ」、ピリリとした辛味のある「ピカンテ」と2タイプにわかれます。せっかく購入するなら、自分の好みに合うものを選びたいですよね。そこで、管理栄養士の矢崎海里さんに、ゴルゴンゾーラチーズの選び方とおすすめの商品をうかがいました。初めてブルーチーズに挑戦する方や、青カビの風味が好きな方などにぴったりの商品をご紹介しています。


人気の記事


>>総合ランキングを見る