おすすめの「シンセサイザー・キーボード」に関する記事

シンセサイザー・キーボードの選び方とおすすめ情報、関連情報をお届けします。


アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

アナログシンセのおすすめ5選【サウンドクリエーターが厳選!】

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでキーボーディスト、そしてシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセの選び方とおすすめ商品5選を紹介。さらに記事の最後では各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介します! お気に入りのアナログシンセをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。


ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説

ソフトシンセおすすめ5選! サウンドクリエイターが機材選びのポイントも解説

ソフトシンセ(ソフトウェア・シンセサイザー)は、ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、多様なシンセシス(音の合成方式)によって、実在しないような楽器のサウンドも含め非常に多様な音色が使い分けられる上、ソフトウェアなので物理的な場所もとらない優れもの。一方、ソフトだからこそ、機種により得意な音色や機能、動作環境も千差万別。複雑なシステムにより音を合成する機種も多く、決して全てが安価なわけでもないものです。そのため失敗なく優れた機材を見極めるためにも、サウンドクリエイターである内藤 朗さんにソフトシンセ選びのポイントとおすすめソフト5つを紹介していただきました。


モジュラーシンセおすすめ7選! サウンドクリエーターが機材選びの観点もじっくり説明

モジュラーシンセおすすめ7選! サウンドクリエーターが機材選びの観点もじっくり説明

さまざまなモジュールを組み合わせて、システムを構築できるモジュラーシンセ(モジュラー・シンセサイザー)。自由度も高く、自分の好みの音作りを追求できるので、楽曲制作などはもちろん、ステージでの演奏でも幅広く活躍します。しかし、構成するパーツの豊富さなどから、「欲しい!」と思っても、他のシンセよりさらに、どれを選べば良いのか分かりづらい方も多いのでは。本記事ではサウンドクリエーター・内藤 朗さんのアドバイスをもとに、モジュラーシンセを選ぶ上でのポイントを解説します。あわせて、内藤さんに選んでいただいた、おすすめの機種を7つご紹介します。


デジタルシンセおすすめ5選! サウンドクリエーターが内蔵機能など特色も解説

デジタルシンセおすすめ5選! サウンドクリエーターが内蔵機能など特色も解説

ピアノやギターなどのメロディ楽器だけでなく、ドラムやベースなどのサウンドも再現でき、不可思議な音色も出せるデジタルシンセ(デジタル・シンセサイザー)。個人での作曲、DTM環境の構築に使えるのはもちろん、バンドにおいても強い存在感を出せ、荒々しいプレイから緻密な音作りでの演出まで多彩な表現が可能です。現代のシンセサイザーの花形とも言えるだけあってシーケンサー、アルペジエーターといった内蔵する機能、入力端子、本体の重さなどの特色も機種によって多種多様。その中から何を重視して選ぶべきか、機材選びのポイントとおすすめのモデル5つをサウンドクリエーター・内藤 朗さんにききました。


MIDIキーボードおすすめ5選! キーボーディストが厳選

MIDIキーボードおすすめ5選! キーボーディストが厳選

キーボーディストの内藤 朗さんへの取材をもとに、MIDIキーボードの選び方とおすすめ商品5選を紹介します。MIDIキーボードは、PCを使ってオリジナル曲を作ったり編集したりするDTMでは必須のアイテム。ところが、MIDIキーボードは多くの製品が発売されており、機能や付属するDAWソフトなどによって、大きく価格が異なります。また、DTMオンリーなのか、ライブでも使用するのか、演奏スタイルによる鍵盤数によっても選ぶポイントが変わります。MIDIキーボード初心者はもちろん、どれを買おうか悩んでいる方は、内藤 朗さんのアドバイスを参考に自身のニーズに合った商品をさがしてみましょう。


電子キーボードおすすめ6選 |キーボーディストが選ぶ【ヤマハ、カシオも】

電子キーボードおすすめ6選 |キーボーディストが選ぶ【ヤマハ、カシオも】

キーボーディストの内藤 朗さんに聞いた、電子キーボードの選び方とおすすめの商品を掲載。ヤマハ、カシオ、ローランドなどのメーカーからさまざまなものが販売されている「電子キーボード」。鍵盤の数や音色、演奏支援機能などの付加機能と購入時に気にするポイントがたくさんあります。まずは、電子キーボードでなにがしたいのか、目的を明確にすることが大切です。内藤 朗さんのアドバイスを参考に、自分の目的に合う電子キーボードをみつけてくださいね。