ジンのおすすめ10選|専門家と編集部が厳選【初心者にも飲みやすい!】

ジンのおすすめ10選|専門家と編集部が厳選【初心者にも飲みやすい!】
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。 日本橋三越の洋酒担当を経て、ワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培う。 2016年に日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得。 その後、家族の仕事の都合で高知県に転居し、現在は高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけている。 2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。 趣味は旅行、ドライブ、料理など。

世界4大スピリッツのひとつに数えられるジン。カクテルベースとしてもストレートでも楽しめて、多くの方々に親しまれているお酒です。ジンが好きでもっと極めたい、自分のお気に入りの味わいをもつジンを見つけたいと思っても、いざ選ぼうとすると種類がたくさんあって悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。本記事では、酒類に詳しい日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、ジンの選び方とおすすめ商品を紹介します。あわせてジンベースのカクテルなどおいしい飲み方も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。記事後半では通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


ジンの選び方 酒類のエキスパートが解説!

酒類に詳しい日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに、ジンを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

今すぐ「ジン」のおすすめ商品が知りたい方はこちらへ

よく冷えたマティーニ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ジンにはいろいろな飲み方がありますので、飲み方にあわせて香りや味わいを選んでみてください。

【1】まずはジンの種類とその特徴を知ろう!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

主産地や製法で4つに分類される

ジンは主産地や製法ごとに以下4つの種類に分けられます。それぞれかんたんに特徴を紹介します。

●ドライジン
ロンドンが主産地で、独特の植物的な香りが特徴です。雑味が少ないため、カクテルの材料によく使われます。
●ジュネバ
おもにオランダにて伝統的な製法により作られます。香りのクセはドライジンより強めなので、より通向きといえるでしょう。
●シュタインヘーガー
おもにドイツで生のジュニパーベリーを使用して作られます。香りも控えめでマイルドな味わいです。
●オールド・トム・ジン
雑味を抑えるために砂糖を加えたジンのことで、甘口派の方におすすめです。

ぜひご自身の飲み方や好みに合った種類のものを選んでくださいね。

うえで紹介したジンの種類について、さらに詳しく解説していきます!

次の選び方(ボタニカルの種類で選ぶ)が知りたい方はこちらへ

ドライジン

現在、世界でもっとも流通しているジンで、何も指定せずに「ジン」と頼んだ場合はドライジンが出てきます。ロンドンで誕生したため、「ロンドン・ジン」「イングリッシュ・ジン」と呼ばれることもあります。

ジュニパー・ベリー、柑橘類の華やかな香りが特徴で、カクテルのベースとして使いやすいジンです。その品質を維持するため、19世紀に登場した連続式蒸留器を使って製造しています。

ジュネバ

昔ながらのジンの製法に近いため、「ジンの原型」とも呼ばれるジンです。そのため、「クラシック・ジン」もしくは主産地の名前をとって「オランダ・ジン」と呼ばれることもあります。

原料はドライジンと同じものの、麦芽を多めに配合し、糖化発酵をうながして醸造します。風味の強さとコクを楽しめるのが特徴で、冷凍庫で冷やしたジンをストレートで飲むとふんわりと甘みを感じます。

シュタインヘーガー

ドイツのシュタインハーゲンという村で生まれたジンです。ドライジンやジュネヴァでは、香り付けに乾燥させたジェニパーベリーを使いますが、シュタインヘーガーは生のジュニパーベリーを使用するのが特徴。控えめな風味と、マイルドな味わいが楽しめるジンです。

ストレートやロック、カクテルに使っても味わいが楽しめるので、ファンも多いです。

オールド・トム・ジン

ドライジンに砂糖を加えて作られた甘口のジンがオールド・トム・ジンです。もともとジン特有の雑味を消すために加糖されて作られたという歴史があり、砂糖の分量はジンに対して2%程度とされています。

甘みを感じやすいため飲みやすいのが特徴。カクテルでは「トム・コリンズ」のベースとなるジンです。

【2】ボタニカルの種類で選ぶ

ジンの味、風味は「ボタニカル(ハーブ・スパイス・果皮)」で決まるといわれています。

ジンのボタニカルといえば「ジュニパーベリー」が代表的ですが、そのほかにもほのかな甘味、スパイシーさを感じる「コリアンダー・シード」、甘くフローラルな香りを出す「オリス・ルート」、森林のようなさわやかな香りと甘味を出す「リコリス」、エキゾチックな香りをプラスする「カルダモン・シード」などがあります。

使われているボタニカルによって選んでみると自分好みの味を見つけやすいでしょう。

【3】香りや味わい、飲み方から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

同じ種類のジンでも、香りや味わいはさまざま

はじめに、ジンには4つの種類があることを紹介しましたが、たとえ同じ種類のジンであっても、銘柄ごとに使用される原料や製法が異なるため、実にさまざまな香りや味わいのものが存在します。

また、「どんなふうに飲みたいか」あるいは「どんなカクテルを作りたいか」ということも、ジンを選ぶ際の目安になります。

下で紹介するおすすめ商品は、それぞれの香りや味わいの特徴、おすすめの飲み方も紹介しています。ぜひ参考にして、ご自身の好みに合いそうな1本を選んでくださいね。

シュリヒテ『シュリヒテ シュタインヘーガー』

本場ドイツでは食前酒としても親しまれています。ストレートやロックのほか、カクテルに使っても楽しめますよ。

>> Amazonで詳細を見る

ジンのおすすめ5選 酒類のエキスパートが厳選!

うえで紹介したジンの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』

バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』

出典:Amazon

内容量 750ml
アルコール度数 47度
種類 ドライジン
ボタニカル ジュニパーベリー ほか
原産国 イギリス
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

美しいボトルが目を引く定番ドライジン

サファイア色の美しいボトルが目を引くイギリス産ドライジンの定番、『ボンベイ・サファイア』。

香りづけにはジュニパーベリーをはじめとする、10種類のボタニカルが使用されています。蒸留する際に、蒸気をボタニカルに通過させる「ヴェイパー・インヒュージョン」と呼ばれる独自の製法を採用。柑橘類のような、華やかで清涼感のある香りとクリアな味わいが作られます。

トニックウォーターと合わせてカットライムを加えた「ジン・トニック」、ドライ・ヴェルモットと合わせた「マティーニ」などのカクテルで飲むのがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ギルビー『ギルビージン』

ギルビー『ギルビージン』 ギルビー『ギルビージン』 ギルビー『ギルビージン』 ギルビー『ギルビージン』

出典:Amazon

内容量 750ml
アルコール度数 37.5度
種類 ドラインジン
ボタニカル ジュニパーベリー、アンジェリカ、ルートコリアンダー、レモン、レモングラス、シナモンなど
原産国 イギリス
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

100年以上の歴史を持つ老舗のジン

1857年創業のギルビー社を代表するドライジンの有名商品『ギルビージン』。

100年以上の歴史を持つギルビー家秘伝のレシピで、ジュニパーベリーやアンジェリカルート、コリアンダーなどの12種類のボタニカルを使用しています。際立った柑橘系の香りと、雑味の少ないスムーズな味わいが特徴です。

柑橘類と相性が良いので、オレンジジュースと合わせた「オレンジ・ブロッサム」や、ライムジュースと合わせてシロップを加えた「ギムレット」などのカクテルの材料に適しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シュリヒテ『シュリヒテ シュタインヘーガー』

シュリヒテ『シュリヒテシュタインヘーガー』

出典:Amazon

内容量 700ml
アルコール度数 38度
種類 シュタインヘーガー
ボタニカル ジュニパーベリー
原産国 ドイツ
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シュタインヘーガーの有力ブランド

ドイツのジンといえば『シュリヒテ シュタインヘーガー』が有名です。ドライジンが乾燥させたジュニパーベリーを使うのに対し、本商品は、生のものを使うため、ドライ・ジンよりもマイルドな味わいになっているのが特徴。

ボタニカルの香りはあまり強くなく、ほのかな甘い香りとまろやかな味わいで、ドイツでは食前酒として1〜2杯ストレートで飲むのが習慣となっています。

ドイツの習慣に倣ってストレートで飲んだり、ソーダと合わせてカットライムを加えた「ジンリッキー」というカクテルで飲むのがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボルス『ボルス ジュネヴァ』

ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』 ボルス『ボルスジュネヴァ』

出典:Amazon

内容量 700ml
アルコール度数 42度
種類 ジュネバ
ボタニカル ジュニパーベリー
原産国 オランダ
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

昔ながらのジンを味わうならこれ

ボルス社は、1575年にオランダのアムステルダムで創業した、現存する最古のジンメーカーのひとつです。

そんなボルス社を代表する銘柄『ボルス・ジュネヴァ』は、1820年に考案されたオリジナルレシピを製法のベースとした昔ながらのジュネバです。

ドライジンよりも大麦麦芽を多めに使って蒸留していることもあり、一般的なドライジンよりも重厚感のある仕上がりで、独特なウィスキーのような芳香も持ち合わせています。

おすすめのカクテルは、甘いソーダと合わせた「ジン・フィズ」。ストレートで飲んだり、無糖の炭酸水でソーダ割りにしてもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ヘイマンズ『ヘイマンズ オールド トム ジン』

ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』 ヘイマンズ『ヘイマンズオールドトムジン』

出典:Amazon

内容量 700ml
アルコール度数 41.4度
種類 オールド・トム・ジン
ボタニカル -
原産国 イギリス
Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

クラシックなオールド・トム・ジン

イングランドで最も古い蒸留所をルーツにもつヘイマン社で、19世紀に編み出されたレシピを忠実に再現して作られたという『ヘイマンズ・オールド・トム・ジン』。

オールド・トム・ジンは、製造過程で加糖されたジンで、雑味の少ないなめらかな味わいが特徴的。そのなかでも、とくにクラシックなこちらの1本は、風味豊かで口当たりもやわらかく、初めてオールド・ トム・ジンに挑戦する方にもおすすめです。

ストレートで飲んだり、レモンジュースと炭酸水を合わせた「トム・コリンズ」というカクテルを作って楽しんでください。

迷ったらボトルのデザインで選ぶのもアリ!? 酒類のエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ジンのボトルはおしゃれなものが多い

ジンにはさまざまな銘柄のものがあり、どれを選んだらいいか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。そんなときは、最終的にボトルのデザインで選ぶというのもひとつの手。

というのも、ジンのボトルにはオシャレなものが多く、お部屋のインテリア・アイテムとしても活躍してくれるのです。

また、ボトルのデザインには生産者のジンに対するイメージや想いが反映されているため、好きなデザインのボトルのものは好みの味わいである可能性も高いです。

おいしいジン5選をさらに紹介! ロック・ストレート・カクテルでも!

ここからは、ロックやストレートでおいしく楽しめるジンや、カクテルにして楽しめるジンをさらに紹介していきます。

タンカレー 『ロンドン ドライジン』

タンカレー『ロンドンドライジン』 タンカレー『ロンドンドライジン』 タンカレー『ロンドンドライジン』 タンカレー『ロンドンドライジン』

出典:Amazon

内容量 750ml
アルコール度数 47.3%
種類 ドライジン
ボタニカル -
原産国 イギリス

ドライジンといえばコレ! 定番の安定感を楽しめる

厳選されたボタニカルによって豊かな風味を楽しめるジンです。誰にでも受け入れられるだけの安定した味わいは「ジンのロールスロイス」ともいわれるほど。

プレミアムなドライジンの割には価格も安価なので、ジンの入門としてもよく選ばれるボトルです。飲み方はストレート、カクテルなどにも合いやすいので万能タイプのジンといえるでしょう。

ウヰルキンソン『ジン 47.5°』

ウヰルキンソン『ジン47.5°』 ウヰルキンソン『ジン47.5°』 ウヰルキンソン『ジン47.5°』

出典:Amazon

内容量 720ml
アルコール度数 47%
種類 ドライジン
ボタニカル -
原産国 日本

華やかなブーケを楽しめる本格ドライジン

品質の良い原料で醸造したスピリッツに、10種類以上のボタニカル(ハーブ)を使って香り付けした本格的なドライジンです。

ジンといえば海外のイメージもあるかもしれませんが、こちらは日本のニッカウヰスキーのノウハウが詰め込まれたジンで、その味わいは爽やかでほのかな甘さを感じます。また、ビター感もあるので少し大人の味わいを再現。

柑橘系のフルーツと炭酸で割れば爽快な一杯が簡単に作れますよ。

季の美『季の美 京都ドライジン』

季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』 季の美『季の美京都ドライジン』

出典:Amazon

内容量 700ml
アルコール度数 45%
種類 ドライジン
ボタニカル 玉露や柚子、檜や山椒など
原産国 日本

国内初のプレミアムクラフトジン

京都に蒸留所を置く「季の美」が製造・販売しているジン。ジンを作るためだけに特化した蒸留所としては国内で初のブランドとなります。

ロンドンスタイルのドライジンの製法に、和のエッセンスを配合した正真正銘のメイドインジャパン。そのボトルの優雅さもさることながら、繊細な味わいを楽しむことができます。ストレートはもちろん、カクテルにしてもよしです。

ヘンドリックス『ジン』

ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』 ヘンドリックス『ジン』

出典:Amazon

内容量 700ml
アルコール度数 44 %
種類 ドライジン
ボタニカル ジュニパー、メドウスウィート、キャラウェーシート ほか11種類
原産国 スコットランド

スコットランドで生まれたプレミアムジン

キュウリとバラのエッセンスを使った独特なレシピのジンです。香りは香水のような華やかさがあり、味わいは柑橘系のさわやかさを感じます。

もともとスコットランドのウイスキーメーカーである「ウイリアム グラント&サンズ社」が作ったジンで、そのスコッチのような複雑な味わいと香りはほかのジンとは一線を画すものとなっています。

モンキー 47『ドライジン』

モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』 モンキー47『ドライジン』

出典:Amazon

内容量 500ml
アルコール度数 47%
種類 ドライジン
ボタニカル ジュニパーベリー、クランベリー、エルダーフラワー
原産国 ドイツ

個性豊かな味わいが魅力

アルプスの麓に広がる豊かな自然「シュヴァルツヴァルト」に蒸留所を置くジンです。名前のとおり猿のラベルがトレードマークで、非常にクリアで独特なフレーバーを楽しめるジンです。

シトラスの爽やかな香り、フローラルなアロマ、胡椒のようなスパイシーさ、さらにクランベリーのビターな香りをあわせ持つ複雑さは一度飲んだら病みつきになりますよ。

「ジン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』
ギルビー『ギルビージン』
シュリヒテ『シュリヒテ シュタインヘーガー』
ボルス『ボルス ジュネヴァ』
 ヘイマンズ『ヘイマンズ オールド トム ジン』
タンカレー 『ロンドン ドライジン』
ウヰルキンソン『ジン 47.5°』
季の美『季の美 京都ドライジン』
ヘンドリックス『ジン』
モンキー 47『ドライジン』
商品名 バカルディジャパン『ボンベイ・サファイア』 ギルビー『ギルビージン』 シュリヒテ『シュリヒテ シュタインヘーガー』 ボルス『ボルス ジュネヴァ』 ヘイマンズ『ヘイマンズ オールド トム ジン』 タンカレー 『ロンドン ドライジン』 ウヰルキンソン『ジン 47.5°』 季の美『季の美 京都ドライジン』 ヘンドリックス『ジン』 モンキー 47『ドライジン』
商品情報
特徴 美しいボトルが目を引く定番ドライジン 100年以上の歴史を持つ老舗のジン シュタインヘーガーの有力ブランド 昔ながらのジンを味わうならこれ クラシックなオールド・トム・ジン ドライジンといえばコレ! 定番の安定感を楽しめる 華やかなブーケを楽しめる本格ドライジン 国内初のプレミアムクラフトジン スコットランドで生まれたプレミアムジン 個性豊かな味わいが魅力
内容量 750ml 750ml 700ml 700ml 700ml 750ml 720ml 700ml 700ml 500ml
アルコール度数 47度 37.5度 38度 42度 41.4度 47.3% 47% 45% 44 % 47%
種類 ドライジン ドラインジン シュタインヘーガー ジュネバ オールド・トム・ジン ドライジン ドライジン ドライジン ドライジン ドライジン
ボタニカル ジュニパーベリー ほか ジュニパーベリー、アンジェリカ、ルートコリアンダー、レモン、レモングラス、シナモンなど ジュニパーベリー ジュニパーベリー - - - 玉露や柚子、檜や山椒など ジュニパー、メドウスウィート、キャラウェーシート ほか11種類 ジュニパーベリー、クランベリー、エルダーフラワー
原産国 イギリス イギリス ドイツ オランダ イギリス イギリス 日本 日本 スコットランド ドイツ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ジンの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのジンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ジンランキング
楽天市場:ジンランキング
Yahoo!ショッピング:ジンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

関連記事:リキュールのおすすめはこちら

日本体質改善協会代表でフードアナリストの平林玲美さんに教えていただいたミントリキュール選びのポイントと、おすすめ商品5選を紹介します。

フードアナリストの平林玲美さんに、カシスリキュールの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。

番外編:ジンを使ったカクテルを紹介

カクテル
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ジンをベースにしたカクテルを覚えれば、さらにジンの魅力を知ることができますよ!

ジントニック

ジンにトニックウォーターを注ぎ、カットライムかレモンを添えて飲むカクテルです。非常にさわやかで飲みやすいです。

ジン特有の香りとトニックの甘みが一体となって、お酒が苦手な人でも飲むことができる定番カクテルといえるでしょう。

ジンフィズ

ジントニックよりも爽快な飲み口を楽しめるのがジンフィズです。ジンにフレッシュレモンジュースと砂糖を入れ、ソーダで満たします

ニューオーリンズでもともとレモンスカッシュにジンを加えて楽しんでいたのがはじまりとされています。

マティーニ

「カクテルの帝王」と呼ばれるものはマティーニ以外にありません。それは、さまざまな小説、映画の名作で登場し、数々の逸話を持っているからでしょう。

レシピはドライベルモットを使うものやスイートベルモットを使うものもあり、その由来を調べるだけでも楽しめるカクテルです。

ルシアン

ウォッカとジンという強烈なスピリッツをカカオリキュールの甘さで飲みやすく仕上げたカクテルです。

とても甘くて飲みやすいのですが、ついつい何杯も飲んでしまうとあっという間に酔っ払ってしまうカクテルでもあります。

ネグローニ

イタリア・フィレンツェのレストランで働くバーテンダーが考案したカクテル。ネグローニ伯爵の食前酒だったことからこの名前がついたといわれています。

ジンとカンパリ、スイートベルモットを同量注ぎ、オレンジスライスを添えていただきます。

ストレートからカクテルまで! 楽しみ方は無限大

あらゆる種類や個性のジンをご紹介しましたが、ご自身の好みに合いそうなものは見つかりましたでしょうか? ジンは多彩な飲み方で楽しめる非常に奥の深いお酒です。さまざまなカクテルのベースにもなるので、1本あるとお酒のバリエーションも増えますよ。ぜひ本記事を参考に、あなたにぴったりの一本を見つけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/1/8 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(制作協力:ヨッシー、掲載:マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カクテルシェイカーのおすすめ11選|タイプ/サイズ/材質で選ぶ

カクテルシェイカーのおすすめ11選|タイプ/サイズ/材質で選ぶ

カクテルシェイカーがあれば、自宅でカクテル手軽にカクテルが楽しめます。そこで、フードアナリストの平林玲美さんと編集部が選ぶ、カクテルシェイカーのおすすめ11商品をご紹介します。選び方のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


テキーラおすすめ11選|カクテルでも美味しい! 熟成度や種類など解説

テキーラおすすめ11選|カクテルでも美味しい! 熟成度や種類など解説

バーやクラブではなじみのあるお酒、テキーラ。自宅でも楽しみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、テキーラの種類や熟成度にいくつかの種類があるので、好みのテキーラを見つけるのはなかなか難しいものです。そこで本記事では、ソムリエ・杉浦直樹さんと編集部が選んだテキーラのおすすめ11選と、テキーラ選びのポイントについて紹介します。


ラム酒おすすめ22選【専門家と編集部が厳選】カクテルのベースに!

ラム酒おすすめ22選【専門家と編集部が厳選】カクテルのベースに!

郷土料理「ダイニング・ハルコマ」店主に聞いた、ラム酒の選び方とおすすめの商品を掲載。カクテルのベースによく使われるラム酒。ダイキリやバカルディ、モヒートなど、ラムベースのカクテルならバーや飲食店のメニューで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。ゴールド、ダーク、ホワイトの3種類別、日本製のラム酒、定番といった切り口でのおすすめ商品も紹介しています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ゆず酒の選び方とおすすめ10選! 唎酒師に聞いてみました

ゆず酒の選び方とおすすめ10選! 唎酒師に聞いてみました

さわやかな香りと味わいが魅力のゆず酒。アルコール度数も低めのものが多いので、お酒が強くない方にもぴったりです。そこで、唎酒師の宇津木聡子さんにゆず酒の選び方、おすすめの商品を聞きました。甘くてさっぱりしたものから、ほかの果実とブレンドしたもの、長期熟成された度数の高いものと全国各地から厳選されたゆず酒を紹介していきます。


缶チューハイの選び方とおすすめ5選! 料理家が教える

缶チューハイの選び方とおすすめ5選! 料理家が教える

自宅やホームパーティーなどで手軽に飲むことができる缶チューハイ。果汁をつかったものからご当地の素材をつかったものまで、さまざまな種類が販売されています。アルコール度数も高いものから低いものまであって、自分好みのものを探すのが大変ですよね。ここでは、料理家の玉利紗綾香さんへの取材をもとに、缶チューハイの選び方とおすすめの商品をご紹介します。参考にして、お気に入りの缶チューハイを見つけてくださいね。


関連するブランド・メーカー


BACARDI(バカルディ)

新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る