食前酒やカクテルに! ワインエキスパートがおすすめするベルモット5選

食前酒やカクテルに! ワインエキスパートがおすすめするベルモット5選
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

ハーブなどの材料で香り付けしたベルモットは、食前酒やカクテルに使われることの多いワインの一種です。癒されるお酒とも呼ばれ、芳醇な香りを放ち、疲れた夜に飲めばふっと力が抜けるような味わいです。市販されているベルモットは種類が豊富で、深い歴史のあるチンザノをはじめとした、さまざまなブランドから販売されています。ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者にもおすすめのベルモットを紹介します。


商品によって味わいが大きく異なる「ベルモット」の選び方 ワインエキスパートに聞く!

それではワインエキスパートの石関華子さんに、ベルモットの選び方をうかがいます。まだ、自分のお気に入りが見つかってない方は、参考にしてみてください。

ベルモットを飲む女性、イメージ写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

芳醇な香りで飲む者を癒すベルモット。多様な銘柄の中から、自分にあったものを見つけましょう。

ベルモットとはどんなものかを把握

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

バーなどに行くとよく見かけるベルモット。カクテルの材料としてお馴染みなのではないでしょうか。実はベルモットはワインの一種で、ワインの分類上では「フレヴァードワイン」に属します。一般的にベルモットは白ワインにニガヨモギなどの香草やナツメグなどのスパイスを配合して造られています。褐色のような色合いのものもありますが、それはカラメル色素による色味であり、ベースに使われているのはあくまで白ワインです。

甘口か辛口かをチェック

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ベルモットには、大きく分けて二つのタイプがあります。甘口のスイートベルモットと、辛口のドライベルモットです。甘口のほうは、主にイタリアで作られていたことからイタリアン・ベルモット、辛口のほうは、主にフランスで作られていたことからフレンチ・ベルモットと呼ばれることもあります。同じベルモットでも、甘口か辛口かでその味わいは全く異なるので、きちんとチェックしないと「こんなはずでは……。」ということにもなりかねません。

どんなカクテルを作りたいかで選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ベルモットは、そのままロックで飲んだり、炭酸で割ったりしても美味しいのですが、マティーニやマンハッタンなどをはじめ、カクテルの材料にもなるお酒です。そのため、作りたいカクテルと相性の良いベルモットを選ぶというのも良いでしょう。おすすめ商品の紹介欄では、それぞれのベルモットと相性の良いカクテルも紹介しますので、そちらも参考にしてください。

ここにも注目! さらに知っておきたいベルモットの選び方

味だけではなく文化的背景にも思いをはせながら、お酒を楽しむのが大人のスタイルかもしれません。以下も知っておくと、味わいが深まるかもしれません。ぜひ参照してみてください。

ハーブとスパイスの妙と製法の進化に思いを馳せて選ぶ!

使われているハーブとスパイスの種類から味を予想する

ベルモットはフレヴァーワインに属することからもわかるように、その芳醇な香りが特徴です。20~40種類以上のハーブとスパイスを漬けこんで作られています。ベルモットのフレヴァーは、使用されているハーブの種類で予想することが可能です。たとえば、バニラやカンゾウを使っていれば甘い香りが漂うことが予想できるでしょう。ベルモットにはクローブやシナモンを利用している辛口タイプもありますので、夏場にはスッキリとした味わいで飲むことも可能です。お酒の弱い人であればフルーツジュースと混ぜてカクテルとして味わうこともできます。グレープフルーツや柚子などのフルーツを混ぜるカクテルであれば、辛口で軽いフランスタイプのドライが合うでしょう。

ベルモットのイメージ写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

原材料から味を予想するのも、楽しみ方の1つ。まさに文化と呼ぶにふさわしい、奥深さ。

歴史の深さか新世代かで選ぶ

ベルモットの起源は古く、最古のお酒と言われているワインが作られてからほどなく作られたと言われています。そのため、長い歴史の中で様々な風味が加えられ、多くのベルモットが誕生しました。そして今もなお、新しいブランドが作られているベルモットですが、古くからある伝統的なベルモットと新進ブランドを飲み比べてみるのはいかがでしょうか。

おすすめの【ベルモット】5選 ワインエキスパートが厳選

次に、ワインエキスパートの石関華子さんに、おすすめの銘柄を5つ教えていただきました。いろいろなタイプのものがピックアップされてますので、石関さんの説明をじっくり読んでみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

NOILLY PRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』

NOILLYPRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』 NOILLYPRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』 NOILLYPRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』 NOILLYPRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』 NOILLYPRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』

出典:Amazon

アルコール度数 18%
原産国名 フランス
味わい 辛口

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

バーテンやシェフが愛用する辛口の定番

辛口ベルモットの定番、ノイリー・プラットのドライ。ベースの白ワインのブドウには南フランス産のピクプールとクレレットを使用し、2年間熟成させています。そこに20種類以上のハーブを漬け込み、さらに薫り高く芳醇な仕上がりに。もちろんカクテルに使用しても楽しめますが、オンザロックや炭酸割りのスプリッツァーとして香りを楽しむところからはじめるのはいかがでしょうか。また、ノイリー・プラットのドライは熱を加えても香りが飛ばないことから、多くのシェフが料理酒として愛用しています。これがあれば、自宅でも本格的な味わいの料理が作れるようになるかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモット エクストラ・ドライ』

MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモットエクストラ・ドライ』 MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモットエクストラ・ドライ』 MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモットエクストラ・ドライ』 MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモットエクストラ・ドライ』 MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモットエクストラ・ドライ』

出典:Amazon

アルコール度数 18%
原産国名 イタリア
味わい 辛口

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

世界一のシェアを誇る辛口ベルモット

エクストラ・ドライは、ベルモットを使ったカクテル「マティーニ」の語源にもなったマルティーニ社製のワインとなります。1863年にイタリアのピエモンテ州で創業した、歴史と伝統のあるベルモットメーカーです。そのラインナップのなかでも、最もすっきりとした味わいで、辛口派の方に人気が高いのが、このエクストラ・ドライ。心地よい柑橘類の果実やハーブの香りと白ワインに由来するコクと旨味から爽快な飲み心地が味わえます。カクテルにするなら、ジンと合わせたマティーニはもちろんのこと、スイートベルモットと合わせたベルモット・ハーフ&ハーフ、マティーニのジンをテキーラに変えたテキーニなどもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DOLIN(ドラン)『シャンベリー・ドライ』

DOLIN(ドラン)『シャンベリー・ドライ』

出典:Amazon

アルコール度数 17.5%
原産国名 フランス
味わい 辛口

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

フランス初のAOC認定ベルモット

シャンベリー・ドライは、フランスのアルプス山脈の麓、サヴォアに本拠を構えるドラン社のワインです。1821年に編み出されたレシピを受け継ぎ、その風味付けに使われるのは天然の高山植物のみを利用しています。まさにアルプス山脈の恵みをたっぷりと受けたベルモットと言えるでしょう。また、1993年にはワイン法で定められた厳しい基準をクリアし、フランスで初めてAOC(原産地呼称統制)に昇格したベルモットでもあります。スパイスやハーブの香りは比較的穏やかです。白ワイン本来の香りや個性も楽しめるこのベルモットは、食前酒としてストレートやオンザロックで飲むのをおすすめします。カクテルにするなら、柑橘系のリキュールやジュースと相性が良好です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CINZANO(チンザノ)『ベルモット ロッソ』

CINZANO(チンザノ)『ベルモットロッソ』

出典:Amazon

アルコール度数 15%
原産国名 イタリア
味わい 甘口

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

歴史あるチンザノ社の人気甘口ベルモット

チンザノの歴史が始まったのは1757年のこと。もともとイタリアのトリノの店でチンザノ兄弟が自家製のベルモットを提供していたところ、貴族たちのあいだで評判になったのがその原点です。チンザノ社のベルモットのなかでも、特に人気の高いのが、この赤褐色のロッソタイプ。白ワインをベースに、数種類のハーブとスパイスをブレンドし、最後にカラメルで色付けをした、甘口のベルモットの定番です。カクテルにするなら、バーボンのウィスキーと合わせたマンハッタンや、カンパリと合わせてソーダで割ったアメリカーノなどがおすすめ。もちろん、オンザロックや炭酸割りでも美味しくいただけます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MANCINO(マンチーノ)『ロッソ ヴェルモット』

MANCINO(マンチーノ)『ロッソヴェルモット』

出典:Amazon

アルコール度数 16%
原産国名 イタリア
味わい 甘口

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

人気急上昇中のクラフト・ベルモット

世界的なバーテンダーであるジャンカルロ・マンチーノ氏がプロデュースする、イタリアのピエモンテ州にある小さな蒸溜所で少量生産されるクラフト・ベルモット。日本では「Tokyoインターナショナル・バーショー2014」に出展し、評判となりました。ベースにはトレッビアーノ種の白ワインが使用され、そこにマルチーノ氏が編み出した独自のボタニカル・ブレンド術が加わります。ロッソはバニラやクローブ、ルバーブ、そして少し焼けた木材の香りがするのが特徴的です。カクテルなら、マンハッタンのほか、ジンとカンパリと合わせたネグローニがおすすめです。甘さとほろ苦さを楽しんでください。

ワインエキスパートからのアドバイス

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

好みや用途に沿ってベルモットを選ぼう!

甘口や辛口があるだけでなく、メーカーごとにベースとなるワインも、ブレンドされる香草やスパイスの種類も比率も異なるベルモット。それだけさまざまな香りや味わいのものが存在するというわけですね。好みの香りや味わいのものを選ぶのはもちろんですが、どのような飲み方をしたいか、もしくはどのようなカクテルに使いたいかなど、その用途に沿って選ぶと失敗は少なくなるのではないかと思います。

新旧織り交ぜてさらに6本をチョイス!

美味しくて、個性的なベルモットはまだまだあります。いつくかピックアップしましたので、参考にしてみてください。

Carupano(カルパノ)『アンティカ フォーミュラ』

Carupano(カルパノ)『アンティカフォーミュラ』

出典:Amazon

アルコール度数 16.5%
原産国名 イタリア
味わい 甘口

ハーブとスパイスが奏でる重層的な風味

1786年、イタリアのトリノで誕生した歴史あるベルモットとして知られます。最初期のレシピを忠実に守っているといい、バニラ、サフラン、ニガヨモギ、数多のハーブとスパイスが奥深い味わいを醸し出しています。

Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』

Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』

出典:Amazon

アルコール度数 16%
原産国名 イタリア
味わい 甘口

黄金色で透明感あふれるイタリアン・ベルモット

着色してある「ロッソ」もあり、そちらはリッチでスパイシー、こちらの「ビアンコ」は繊細でスムーズな味わいです。カクテルにも、食前にそのまま飲んでも、食事の邪魔をしません。

SACRED(セイクレッド)『エクストラ ドライ ヴェルモット』

SACRED(セイクレッド)『エクストラドライヴェルモット』

出典:Amazon

アルコール度数 23.8%
原産国名 イギリス
味わい 辛口

カクテルの味を左右する本格派ベルモット

オーガニックジンでヒットを飛ばしたイギリスのメーカーが作るイングリッシュベルモット。ハーブはカンゾウ、タイムなどの天然素材を1カ月かけて熟成した豊かなフレーバーが特徴です。数少ない本格派のベルモットと言えるでしょう。ロンドンの名門ホテル・デュークスの「デュークス・マティーニ」などは、このエクストラドライベルモットを使用して作られています。

ROUTIN(ロタン)『ヴェルモット シャンベリー ドライ』

ROUTIN(ロタン)『ヴェルモットシャンベリードライ』

出典:Amazon

アルコール度数 16.9%
原産国名 フランス
味わい 甘口

甘さ控えめのフレンチ・ベルモット

フランスのアルプスのふもと、サヴォワ地方で生産された白ワインに、35種類ものハーブやスパイスを配合したフレンチ・ベルモット。甘口のスイートタイプですが、甘みは控えめに作られています。アルプスにあるシャンベリーの植物類を浸漬しているので、独特の香りが楽しめます。原料の味わいを活かすため長期間にわたる熟成を行い、添加物と保存剤を一切使用せずに仕上げました。

ALYSIAN(アリシアン)『クラフト ヴェルモット』

ALYSIAN(アリシアン)『クラフトヴェルモット』

出典:楽天市場

アルコール度数 17.5%
原産国名 アメリカ
味わい 甘口

カリフォルニアから天然素材にこだわった自然派

補糖や人工的な香辛料などを使わずに作られた、アメリカからきたベルモットです。白ワインを主体とした昔ながらの製法を踏襲しており、風味付けはハーブや木の根から抽出したリキュールなどが利用されています。花や土、スパイスなどの風味が複雑でありながらバランスよく香り、ハーブティーを飲むような感覚で味わえます。カクテルではドライ・マティーニやマンハッタンなどで使われることの多いワインです。

FREDINAND'S(フェルディナンズ)『ザール・ドライ・リースリング・ヴェルモット』

FREDINAND'S(フェルディナンズ)『ザール・ドライ・リースリング・ヴェルモット』

出典:Amazon

アルコール度数 18%
原産国名 ドイツ
味わい --

名品種リースリングの白ワインをベースにした自然派

世界で初めて白ワインのブドウ品種リースリングをベースに作られた、自家製ハーブやフルーツがブレンドされたベルモットです。生産者はドイツの銘醸地として知られるザール地区に広大な畑を持ち、使用するハーブや果実、花類はすべて手摘みで採集されたもので丁寧に作られています。

「ベルモット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
NOILLY PRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』
MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモット エクストラ・ドライ』
DOLIN(ドラン)『シャンベリー・ドライ』
CINZANO(チンザノ)『ベルモット ロッソ』
MANCINO(マンチーノ)『ロッソ ヴェルモット』
Carupano(カルパノ)『アンティカ フォーミュラ』
Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』
SACRED(セイクレッド)『エクストラ ドライ ヴェルモット』
ROUTIN(ロタン)『ヴェルモット シャンベリー ドライ』
ALYSIAN(アリシアン)『クラフト ヴェルモット』
FREDINAND'S(フェルディナンズ)『ザール・ドライ・リースリング・ヴェルモット』
商品名 NOILLY PRAT(ノイリー・プラット)『ドライ』 MARTINI(マルティーニ)『ヴェルモット エクストラ・ドライ』 DOLIN(ドラン)『シャンベリー・ドライ』 CINZANO(チンザノ)『ベルモット ロッソ』 MANCINO(マンチーノ)『ロッソ ヴェルモット』 Carupano(カルパノ)『アンティカ フォーミュラ』 Gancia(ガンチア)『ヴェルモット・ビアンコ』 SACRED(セイクレッド)『エクストラ ドライ ヴェルモット』 ROUTIN(ロタン)『ヴェルモット シャンベリー ドライ』 ALYSIAN(アリシアン)『クラフト ヴェルモット』 FREDINAND'S(フェルディナンズ)『ザール・ドライ・リースリング・ヴェルモット』
商品情報
特徴 バーテンやシェフが愛用する辛口の定番 世界一のシェアを誇る辛口ベルモット フランス初のAOC認定ベルモット 歴史あるチンザノ社の人気甘口ベルモット 人気急上昇中のクラフト・ベルモット ハーブとスパイスが奏でる重層的な風味 黄金色で透明感あふれるイタリアン・ベルモット カクテルの味を左右する本格派ベルモット 甘さ控えめのフレンチ・ベルモット カリフォルニアから天然素材にこだわった自然派 名品種リースリングの白ワインをベースにした自然派
アルコール度数 18% 18% 17.5% 15% 16% 16.5% 16% 23.8% 16.9% 17.5% 18%
原産国名 フランス イタリア フランス イタリア イタリア イタリア イタリア イギリス フランス アメリカ ドイツ
味わい 辛口 辛口 辛口 甘口 甘口 甘口 甘口 辛口 甘口 甘口 --
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥808 / kgでの税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

ベルモットを思う存分楽しむためのマメ知識

ドライベルモットを使った日本発祥のヘルシーカクテル

お酒の糖質を気にする方には、より糖質の少ないお酒と混ぜたカロリー控えめのカクテルはいかがでしょうか。日本発祥の「バンブー」というカクテルは、氷入りのミキシンググラスでオレンジビターズとドライシェリー、辛口のドライベルモットをステアした、スッキリとした味わいのカクテルです。アメリカでは「食前酒として完璧」といわれ、おしゃれで飲みやすいとして女性にも人気が高いそうです。甘口が好きな人はスイートベルモットを利用することで「アドニス」というカクテルにすることもできます。

ベルモットの味はなぜ大きく異なるのか?

ベルモットは伝統的な製法はありますが、入れるハーブやスパイスなどの種類やベースとなる白ワインの種類、熟成期間に決まりがあるわけではありません。したがって、これらを変化させることで、同じ甘口でも風味が大きく変化します。ブランドによっては季節限定のフレーバーを作るところも珍しくありませんし、日本を代表する桜をハーブとして利用したベルモットもあります。

いろいろなベルモットを楽しもう!

カクテルとして利用されることの多いベルモット。辛口のドライベルモットはカクテルだけでなく料理酒としても利用可能です。一方、甘口のスイートベルモットはハーブの風味が強く、お菓子を作るときにリキュール的な役割で利用されることもあります。飲むだけでなくさまざまな用途に使える万能ワイン。同じベルモットでも、利用されているハーブやスパイス、熟成期間で風味が全く異なりますので、自分の好きな味を追求してみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 関口信太郎)

※2019/12/18 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 秋元清香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ワイングラスおすすめ11選|リーデル・バカラなど人気ブランドも紹介

ワイングラスおすすめ11選|リーデル・バカラなど人気ブランドも紹介

「ワイングラスでワインの味が変わる」といわれるほど、ワインを楽しむのに欠かせないワイングラス。この記事では、ワイングラスの選び方を解説するとともに、食空間プランナーの赤松真紀子さんと編集部が選ぶおすすめ16選を紹介します。人気ブランドからアウトドアにも使いやすいプラスチック製など厳選しています。


シードルおすすめ12選|度数控えめで、初心者も飲みやすいもの【甘口・辛口】

シードルおすすめ12選|度数控えめで、初心者も飲みやすいもの【甘口・辛口】

リンゴを使ったお酒「シードル」は、その飲みやすさから世界中で愛されているお酒です。国内でもニッカやアサヒなどの大手メーカーが生産をしているほか、リンゴの産地などでもオリジナルのシードルを造っています。比較的アルコール度数が低いため、お酒の初心者にもおすすめしたいシードル。本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパーの石関華子さんへの取材をもとに、シードル選びのポイントと、おすすめのシードルを厳選してご紹介します。


【一級品をピックアップ|ソムリエ監修】山梨ワインおすすめ7選

【一級品をピックアップ|ソムリエ監修】山梨ワインおすすめ7選

本記事では日本ソムリエ協会認定のワインエキスパート・石関華子さんへの取材のもと、山梨ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。国産ワインの代表格・山梨ワインは国際的なコンクールで金賞に輝く、世界的に有名な山梨ワインをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年秋】女友達誕生日プレゼントおすすめ40選|センスあるおしゃれな女性が喜ぶものを!

【2020年秋】女友達誕生日プレゼントおすすめ40選|センスあるおしゃれな女性が喜ぶものを!

仲のいい女友達の誕生日には、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを送りたいですね。ですが、相手の好みを理解しているつもりでも、いざプレゼントを選ぶとなるとなにがいいのか迷ってしまうもの。この記事では、ギフトソムリエ・Papp Hidekoさんと編集部が、女友達に贈る誕生日プレゼントの選び方、おすすめ40選をカテゴリに分けてご紹介していきます。


ドイツワインのおすすめ6選|ワイン専門家が厳選!【ブドウ品種や産地で選ぶ】

ドイツワインのおすすめ6選|ワイン専門家が厳選!【ブドウ品種や産地で選ぶ】

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんに、ドイツワインを選ぶポイントとおすすめの商品を教えていただきました。ドイツのワインといえば甘口の白、というイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。ドイツでは基本的に果汁の段階で糖度が高ければ高いほど、高級・高品質とされていますが、近年では世界的な辛口ワインブームの影響を受け、ドイツでも良質な辛口のワインが数多く生産されるようになりました。そんなドイツワイン、この記事を参考にして、ぜひお気に入りの味わいをみつけてみてくださいね。


新着記事


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月30日:「しゃべクル」

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはタカラトミーの「しゃべクル」。新感覚の録音遊びガジェットです!


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月29日:アウトドアチェア

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールは「アウトドアチェア」。キャンプを快適にさせてくれるアイテムです。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月28日:モバイルバッテリー

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはChuda『モバイルバッテリー』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月25日:ワンタッチテント

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはSoarmax『ワンタッチテント』。


毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

毎日開催【Amazonタイムセール】今日のおすすめ|2020年9月24日:空気清浄機

Amazonタイムセール、実は毎日開催しているのをご存じですか? そこで、タイムセールのなかから、編集部部員が個人的に欲しいと思う一品を毎日ガチで厳選! 今日のおすすめタイムセールはシャープの空気清浄機『プラズマクラスター 7000』。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る