シェリー酒のおすすめ5選|ワイン専門家の厳選商品

シェリー酒のおすすめ5選|ワイン専門家の厳選商品
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

世界中で愛されるシェリー酒。食前酒のイメージが強くありますが、種類によって食中酒から食後まで幅広く楽しめるお酒です。シェリー酒は造り手によって異なる味わいをもつお酒です。そこで、日本ソムリエ協会認定のワインエキスパートとして活躍されている石関華子さんに、シェリー酒の選び方を教えてもらいました。さらに飲み方のアドバイスとあわせておすすめの商品を紹介します。


シェリー酒の選び方 ワイン専門家が解説!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シェリー酒を選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

シェリー酒
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

シェリーの定義を押さえておく

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シェリーは蒸留酒やリキュールの一種だと思われがちですが、実際はワインの一種です。ワインのなかでも、酒精強化ワイン(フォーティファイドワイン)に分類されています。

酒精強化ワインとは、ワインの醸造過程でブランデーなどのアルコールを添加し、アルコール度数を高めたもののこと。シェリーの産地はスペインの南部のアンダルシア州で、原料となるブドウ品種は「パロミノ」「ペドロ・ヒメネス」「モスカテル」に限定されています。

また、熟成方法は「ソレラ・システム」というもので、熟成年数の若いワインを熟成年数の長いワインの樽へ入れ、熟成によって獲得した風味や特徴を若いワインに移すものです。

テイストから選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ひとくちにシェリーといっても、さまざまな種類のものがあり、辛口から甘口まで、あらゆるテイストのものが存在します。辛口の代表格は「フィノ」。軽く、きわめてドライなのが特徴です。

ほかにも、少し塩気を感じる「マンサニージャ」や、琥珀色でナッツのような香りの「アモンティリャード」、豊かな香りとコクを備えた「オロロソ」などがあります。

また、甘口の「ペドロ・ヒメネス」や「モスカテル」、辛口タイプと甘口タイプをブレンドした「ミディアム」や「クリーム」といった中間的なテイストのものもあります。

そのため、シェリー初心者の方は、まずはご自身の好みに合いそうなテイストのものを選ぶといいでしょう。

飲み方から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

食前酒に食中酒、食後酒、それからカクテルに使用するなど、さまざまな飲み方や楽しみ方ができるのもシェリーの魅力のひとつです。

もし食前酒や食中酒で飲むのであれば、食事の味を引き立てる辛口タイプのものを選ぶといいでしょう。

食後酒として飲む場合は、デザートとも相性が良く、デザート代わりにもなる甘口タイプがおすすめです。

また、カクテルに使用するのであれば、どのような味わいのカクテルを作りたいかによって、そのイメージに近いテイストのシェリーを選ぶといいでしょう。

合わせる料理から選ぶ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

ワインの一種であるシェリーには、通常のワイン同様、やはり料理との相性が存在します。そのため、合わせたい料理に応じてシェリーを選ぶというのもいいものです。

たとえば、白身魚や貝類、天ぷらなどには、フィノやマンサニージャがよく合います。一方、まぐろなどの赤身魚や肉料理、中華料理などにはアモンティリャードやオロロソが好相性です。また、フルーツやデザートには、やはりペドロ・ヒメネスやモスカテルなどの甘口タイプが合います。

日常的な家庭料理でも充分シェリーとの相性を実感できますので、ぜひ試してみてください。

シェリー酒のおすすめ5選 ワイン専門家が厳選!

うえで紹介したシェリー酒の選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 

ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』

出典:Amazon

タイプ フィノ
内容量 750ml
アルコール度数 15度
品種 パロミノ

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

抜群の知名度を誇る辛口シェリーの定番

本場スペインだけでなく、世界でも抜群の知名度を誇るティオ・ぺぺ。「ぺぺおじさん」という意味を持つ『ティオ・ぺぺ』は、ゴンザレス・ピアス社の看板商品です。

シェリーの種類としては辛口のフィノに分類され、すっきりとした味わいのため、食前酒としても、食事と合わせても楽しめます。

とくに相性のいい料理は、スモークサーモンやカルパッチョといった魚介料理など。また、ミントとスプライトと合わせたシェリー版モヒート、「ティオヒート」を作ってもおいしく召し上がれます。

はじめて辛口シェリーに挑戦するのであれば、まずはその定番、ティオ・ぺぺを試すのがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』

ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』 ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』 ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』

出典:Amazon

タイプ マンサニージャ
内容量 750ml
アルコール度数 15度
品種 パロミノ

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

辛口派におすすめのマンサニージャ

商品名にある「マンサニージャ」とは、パロミノ種100%の辛口のシェリーの一種で、アンダルシアの港町、サン・ルーカル・デ・バラメダでしか生産できないシェリーのこと。そのなかでもとくに辛口派の方におすすめなのが、1792年に設立された由緒あるシェリーメーカー、イダルゴ社が手掛ける『ラ・ヒターナ』です。

リンゴを思わせるフレッシュなアロマと、どことなく塩気を感じさせるドライな味わい。食前酒にも、食中酒にもぴったりで、天ぷらや生牡蠣など、塩をつけて食べてもおいしいものとの相性は抜群です。

ドライ・ベルモットとドライ・シェリーを合わせた「バンブー」というカクテルの材料にもおすすめ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バルデスピノ『ティオディエゴ アモンティリャード』

バルデスピノ『ティオディエゴアモンティリャード』

出典:Amazon

タイプ アモンティリャード
内容量 750ml
アルコール度数 18度
品種 パロミノ

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

食事と合わせやすいアモンティリャード

シェリーの中心的な生産地・ヘレスでもっとも歴史あるシェリーメーカーのひとつがバルデスピノで、高品質なシェリーを生産することでも知られています。そのラインナップのなかでもとくに人気が高いのがこちらの1本。シェリーの種類としては、辛口のアモンティリャードに分類されます。

豊かな琥珀色の外観に、ヘーゼルナッツやアーモンドのようなナッツ類の香り、柔らかさと程よい酸味が感じられるバランスのいい味わいで、幅広い料理と合わせやすいため、食中酒におすすめです。

とくに相性のいい料理は、ステーキやすき焼き、鰻の蒲焼など。また、スイート・ベルモットと合わせて、「アドニス」というカクテルを作ってもおいしいです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エミリオ・ルスタウ『ペドロ・ヒメネス サン・エミリオ』

エミリオ・ルスタウ『ペドロ・ヒメネスサン・エミリオ』

出典:Amazon

タイプ ペドロ・ヒメネス
内容量 750ml
アルコール度数 17度
品種 ペドロ・ヒメネス

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

甘口派におすすめのペドロ・ヒメネス

1896年に設立された「エミリオ・ルスタウ」は毎年世界のコンクールで数多くのメダルを受賞し、世界的に信頼される銘柄のひとつとして確固たる地位を築き上げているシェリーメーカーです。

そんなエミリオ・ルスタウのなかでも、とくに甘口派の方におすすめなのが、こちらの「ペドロ・ヒメネス」のシェリー。ビロードのように柔らかな舌触りに、ペドロ・ヒメネス種のブドウ本来の甘さに由来する凝縮された甘味が特徴です。

食後のデザート代わりとしても、デザートと合わせても楽しめる1本。また、バニラアイスにかけると、とても高級感のある味わいのデザートになるので、ぜひ試してみてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

バロン『バロン・ミカエラ・ミディアム』

バロン『バロン・ミカエラ・ミディアム』

出典:Amazon

タイプ ミディアム
内容量 750ml
アルコール度数 15度
品種 パロミノ(90%)、ペドロ・ヒメネス(10%)

Thumb lg c005e7f1 b012 4d2d 8b92 1c986fb435bd

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

シェリーデビューにおすすめのミディアム

350年以上の歴史を持つバロン・ミカエラは10世代にもわたり家族経営を貫きながらすぐれたシェリーを生み出し、高品質ながらもリーズナブルな価格で、地元でも愛されている銘柄。そのなかでもはじめてシェリーを飲まれる方におすすめなのが、こちらのミディアムです。

辛口のアモンティリャードをベースに、甘口のペドロ・ヒメネスをブレンドしたもので、レーズンやナッツのような香りと、上品で程よい甘さが特徴的。

これよりもすっきりとした味わいが好きであれば辛口派、もっと甘いものが好きなら甘口派と言うことができるので、ご自身のシェリーの好みを知る指標にもなります。

「シェリー酒」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』 
ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』
バルデスピノ『ティオディエゴ アモンティリャード』
エミリオ・ルスタウ『ペドロ・ヒメネス サン・エミリオ』
バロン『バロン・ミカエラ・ミディアム』
商品名 ゴンザレス・ビアス『ティオ・ペペ』  ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』 バルデスピノ『ティオディエゴ アモンティリャード』 エミリオ・ルスタウ『ペドロ・ヒメネス サン・エミリオ』 バロン『バロン・ミカエラ・ミディアム』
商品情報
特徴 抜群の知名度を誇る辛口シェリーの定番 辛口派におすすめのマンサニージャ 食事と合わせやすいアモンティリャード 甘口派におすすめのペドロ・ヒメネス シェリーデビューにおすすめのミディアム
タイプ フィノ マンサニージャ アモンティリャード ペドロ・ヒメネス ミディアム
内容量 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
アルコール度数 15度 15度 18度 17度 15度
品種 パロミノ パロミノ パロミノ ペドロ・ヒメネス パロミノ(90%)、ペドロ・ヒメネス(10%)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする シェリー酒の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのシェリー酒の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:シェリー酒ランキング
Yahoo!ショッピング:シェリー、ポート、酒精強化ワインランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ワイン専門家からのメッセージ

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

日々の食卓にシェリー酒を取り入れてみよう!

シェリーにはさまざまな種類やテイストのものがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともありますよね。そのような方は、ぜひここで紹介した選び方やおすすめ商品を参考にしてください。

もしも、購入したシェリーがお口に合わないときは、カクテルの材料にしたり、料理酒に活用すれば、無駄になることもありません。

食事とも相性がいいので、これまであまりシェリーとはなじみがなかったという方も、この機会に日々の食卓にシェリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/12/17 一部コンテンツと価格を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

カリフォルニアワインおすすめ6選!【JSA認定ソムリエが厳選】

ニューワールドと呼ばれる、比較的歴史の新しいワイン産地のひとつであるカリフォルニア。最先端の科学や研究結果を盛りこみ、恵まれた気候のなかでワインづくりが行なわれている地域です。しっかりとした飲み心地とストレートな味わいのものや、複雑で繊細な味わいのものなど、ワインのスタイルはとても多様です。魅力的なワインが多く、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまいますね。そこで本記事では、日本ソムリエ協会(JSA)認定ソムリエである井出玲子さんへの取材をもとに、カリフォルニアワインの選び方とおすすめ商品6選をご紹介します。本記事を参考に、お気にいりのカリフォルニアワインを探してみてください。


ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

ワイングラスおすすめ11選|プラスチック製・ステムなしなど種類と選び方

「ワイングラスでワインの味が変わる」といわれるほど、ワインを楽しむのに欠かせないワイングラス。ここでは、食空間プランナーの赤松真紀子さんと編集部が選ぶワイングラスのおすすめと選び方のポイントをご紹介します。人気ブランドからアウトドアにも使いやすいプラスチック製など厳選しています。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュ白ワインおすすめ6選|ワイン専門家が厳選! シャルドネも多数紹介

ブルゴーニュは、ボルドーと並びフランスの高級ワインの生産地として、世界中で認知されています。有名な「ロマネ・コンティ」や「ボージョレ・ヌーヴォー」もブルゴーニュ地方で作られたワインなのです。ワインは、値段の幅も大きく、味の好みもあるのでどれを選べばよいか迷うことはありませんか? この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに取材をもとに、ブルゴーニュの白ワインの選び方とおすすめ商品を紹介します。さらに記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。


リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングのおすすめ商品5選|ワイン専門家が厳選!

リースリングとは、ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種のこと。世界中の寒冷地で栽培されている、最も有名な品種のひとつです。こちらでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者向けの甘口のリースリングから、上級者向けの辛口リースリングまで、選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! さらに、アメリカやオーストラリアなどの産地や生産者の違いよるリースリングの楽しみ方も教えていただきました。また記事後半では通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、口コミなども参考にしながらお気に入りの1本を見つけていきましょう!


【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

【おしゃれに保冷!】ワインクーラーおすすめ12選|自宅用やプレゼント向けも

ワインは温度変化によって味わいが変わる繊細な飲み物。コルク栓を開けてから飲み終わるまで、最適な温度をキープしておいしく飲むためには、ワインクーラーが欠かせません。この記事では、ワインクーラーの選び方とおすすめの商品を厳選! おしゃれなものからプレゼントにぴったりの高級品、自宅でも使いやすいリーズナブルな価格のものなど幅広く紹介します。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!


新着記事


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

鋭い切れ味が長持ち!『関孫六包丁』刃先にこだわった包丁の使い心地を検証レビュー

『関孫六包丁』は、総合刃物メーカー「貝印」の包丁。大型スーパーやホームセンターなどでもみかける機会が多く、比較的身近な商品になります。有名メーカーの製品で、さらに安心の国産。信頼度は高そうですが、口コミをみると「切れない」などの悪い評価も挙がっています。口コミが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれませんね。実際のところはどうなのか、商品を実際に購入して試してみました。『関孫六包丁』を見極める材料にしてください。


【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

【2021】『EDiT手帳』の口コミは本当? どんな使い方をする人に向いているかを徹底検証!

『EDiT手帳』が気になっているけれど、どんな手帳なのかわからない人や、自分に合っているのかが事前にわかればいいのに! と思っている人もいるのではないでしょうか。インターネット上の口コミも気になるところですよね。そこでここでは、『EDiT手帳』の口コミを調査するとともに、『EDiT手帳』を実際に購入し、カバーや見た目、気になる手帳の中身を徹底レビューしていきます。『EDiT手帳』とはどんな手帳なのか、どんな使い方をする人に合っているのかどうかもくわしくお伝えします。最後までぜひお読みください。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る