PR(アフィリエイト)

イタリアワインのおすすめ15選【赤・白・スパークリング】産地・品種に注目

キャンティ・クラシコ・アマ2017 赤【6月~10月 クール便】
出典:Amazon
キャンティ・クラシコ・アマ2017 赤【6月~10月 クール便】
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

種類も味も価格もバリエーション豊富なイタリアワイン。ワインの生産量が世界で一番多いのはフランスだと思っていませんか? 実はイタリアなのです。

ピエモンテやトスカーナ、ヴェネト、シチリア、ロンバルディアなど産地も豊富です。

ここでは、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんと編集部がイタリアンワインを選ぶときのポイントを解説し、おすすめ商品を紹介します。

後半には、比較一覧表や通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子
埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

イタリアワインの魅力は?

 

イタリアワインの魅力は、その個性の豊かさにあるといえるでしょう。実際、イタリアでは国内20州すべてでワイン造りが行なわれており、その地域ごとの気候風土を反映した多彩なワインが生産されています。

また、ワイン造りに使用されるブドウの品種数が多いのも、イタリアワインの大きな特徴のひとつです

産地やブドウ品種、それから造り手ごとに、多様な個性が育まれるイタリアワイン。その個性の豊かさこそ、多くのワイン愛好家を魅了してやまないイタリアワインの魅力なのです。

イタリアワインの選び方 日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートに聞く

4本並んだイタリアワイン
Pixabayのロゴ
4本並んだイタリアワイン
Pixabayのロゴ

まずはイタリアのワインを選ぶときのポイントを見ていきましょう。

ワインの銘醸地であるイタリア。ひと口に「イタリアワイン」といっても、数多くのワインが存在し、どれを選べばいいのか悩む人は多いのではないでしょうか。まずは、あなたにぴったりのイタリアワインを選ぶために、選び方のポイントを押さえておきましょう!

選び方のポイントは以下の4つ。

【1】ぶどうの品種
【2】ワインの産地
【3】ワインの格付け
【4】合わせる料理

それでは、選び方のポイントをひとつ一つ紹介していきます。

【1】ぶどうの品種で選ぶ

 

ぶどうの品種が豊富なことがイタリアワインの特徴であり魅力です。新しいぶどう品種などを含めるとその数はなんと数千種類。そこでまずは、イタリアワインによく使われる主なぶどうの品種を押さえておきましょう。

(生産量の多い順)
サンジョベーゼ(赤ワイン用)
トレッビアーノ(白ワイン用)
モンテプルチアーノ(赤ワイン用)
カタラット(白ワイン用)
バルべーラ(ワイン用)
アリアニコ(赤ワイン用)
ネッビオーロ(赤ワイン用)

この記事では、サンジョベーゼとトレッビアーノについて、簡単に特徴をご紹介しておきます。

サンジョベーゼ

 

イタリアを代表するぶどう品種。イタリア中部のトスカーナ地方で主に生産され、酸味と渋みが強く、濃いルビー色の赤ワインを生み出します。人気のあるイタリアワイン「キャンティ」にも使われています。

トレッビアーノ

 

世界で2番目に生産量の多いぶどう品種。イタリアの白ワインの1/3はこのトレッビアーノ系の品種から造られていて、さわやかな酸味の辛口ワインが主流です。香りも豊かでフルーティーで軽快な味わいが特徴。価格もリーズナブルでコスパのよいワインによく使われています。

【2】産地で選ぶ

ワイナリーがない州はないというほど、全土に多くのワイナリーが存在するイタリア。ワインの味わいは、産地の気候や土壌などの条件によって大きく変わってきます。そのため、産地ごとの特色をおさえておくと、ワインが選びやすくなるはずです。ここでは、イタリアのなかでも特色のあるワインの産地を厳選してご紹介します。

ピエモンテ州|「バローロ」「ガヴィ」など バリエーション豊かなワインが楽しめる

 

イタリア北西部に位置するピエモンテ州。ネッビオーロというブドウ品種から造られワインの王様と呼ばれる「バローロ」、イタリアワインの女王と呼ばれる「バルバレスコ」など高級赤ワインの産地としても有名です。

ほかにも、酸がしっかりとした、ミネラルあふれる味わいの白ワイン「ガヴィ」など、さまざまなテイストのワインが生み出されています。

トスカーナ州|「キャンティ」「ブルネッロ」「スーパータスカン」など お肉料理に合う赤ワインを楽しめる

 

イタリア中西部に位置し、フィレンツェを州都とするトスカーナ州。「バローロ」「バルバレスコ」とともにイタリア三大ワインと称される「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」、日本でも知名度の高いイタリアを代表する赤ワイン「キャンティ」の産地です

そのほかにも、主にサンジョヴェーゼという品種のブドウから、多くの赤ワインが生産されています。また、近年では「スーパータスカン」と呼ばれる、国際的な品種を使った上質なワインも注目を集めています。

ヴェネト州|「ソアヴェ」「プロセッコ」など 幅広いレンジのワインが楽しめる

 

イタリア北東部に位置し、ヴェネツィアを州都とするヴェネト州。シンプルなデイリーワインから高級ワインまで幅広いレンジのワインがそろうのが魅力です。とくに白ワインの生産が盛んで、なかでもガルガネガというブドウ品種から造られる、フレッシュで上品な果実味が持ち味の「ソアヴェ」という白ワインが有名です

ほかにも、「プロセッコ」と呼ばれるスパークリングワインや、陰干ししてエキス分を高めたブドウから造られる「アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ」などが知られています。

シチリア州|コスパのよいワイン さっぱりフルーティーな白ワインなら

 

イタリアで最大の面積を誇るシチリア州。地中海最大の島、シチリア島とその周辺の島々から構成される州です。シチリア州はイタリアではじめてワイン造りが伝えられた、最も古いワイン産地でもあります。

生産されるワインは、魚料理とマッチするさっぱりした白ワインがやや多め。シチリア産のワインは、コストパフォーマンスのよさでも高い評価を得ています。

ロンバルディア州|「フランチャコルタ」「ヴァルテッリーナ」など

 

イタリア北西部に位置し、ミラノを州都とするロンバルディア州。スパークリング、赤、白ワインなど多様な種類が生産されています。

生産されるワインでは、イタリアのシャンパンとも称されるスパークリングワイン「フランチャコルタ」が特に有名。瓶内二次発酵方式で造られ、世界中で人気のある銘柄です。そのほかにネッビオーロで造られるヴァルテッリーナなどがあります。

【3】ワインの格付けで選ぶ

イタリアの格付けの説明図

出典:マイナビおすすめナビ

イタリアの格付けの説明図

出典:マイナビおすすめナビ

イタリアワインのクオリティをあらわす指標のひとつが格付けです。格付けは、地域ごとにブドウの品種や栽培方法、ワインの醸造方法などが厳格に審査されて決まります。

現在の格付けは3段階に分かれています。

D.O.P.(保護原産地呼称ワイン:旧法のD.O.C.G.とD.O.C.)
I.G.P.(保護地理表示ワイン:旧法のI.G.T.)
Vino(保護地理表示ワイン:旧法のVdT)

D.O.P.が最上位にあり、高級ワインとして位置づけられています。最上位D.O.Pは、イタリアの土着品種と醸造法によるワインしか認定されないため、実際には、I.G.P.やVinoの中にも高品質なイタリアワインがあることを覚えておいてください。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

現在のイタリアのワイン法においてもっとも格上のランクは「D.O.P.」になりますが、現状では旧法における格付けの最上ランクである「D.O.C.G.」を表示しているワインも多くあります。自宅でカジュアルに楽しむワインであれば、格付けはあまり気にしなくていいかもしれませんが、贈りもの用のワインであれば、「D.O.C.G.」の表示があるものを選ぶのがおすすめです

【4】料理にあわせて選ぶ

 

基本的に、郷土料理とその土地のワインは相性がいいとされます。そのため、合わせる予定の料理がどの地方の郷土料理かわかれば、その土地のワインを選ぶというのもおすすめです。

イタリアにはおいしい郷土料理がたくさんあるので、ぜひそれらの料理に同じ産地のワインを合わせ、本場さながらのペアリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

イタリアワインのおすすめ【赤ワイン】 肉料理ほか、トマト料理やピザにも合う

赤ワインは、肉料理に合わせるのが定番ですが、トマト料理やピザなどに合う商品も含めて紹介します。

エキスパートのおすすめ

ルーチェ デッラ ヴィーテ『IGT トスカーナ ルチェンテ 2016』

ルーチェデッラヴィーテ『IGTトスカーナルチェンテ2016』 ルーチェデッラヴィーテ『IGTトスカーナルチェンテ2016』 ルーチェデッラヴィーテ『IGTトスカーナルチェンテ2016』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

スーパータスカンとは、ワイン法の枠組みにとらわれず、自由な発想でおいしさを追求したワインのこと。ルーチェ デッラ ヴィーテ『IGT トスカーナ ルチェンテ 』は、有名な『ルーチェ』のセカンドながら、品質は充分に高く、スーパータスカンの魅力を存分に味わえます。

ラベルデザインに見合った力強さを感じるタンニン

スーパータスカンの代名詞的存在である『ルーチェ』のセカンドワインという位置付けですが、完成度の高さから「もうひとつの"キュヴェ"」とも称される『ルチェンテ』。

赤紫の深い色合い、熟したラズベリーとクロイチゴなどの果実味、爽快感のあるミントやユーカリなどの香りが感じられます。凝縮感のある果実味と力強いタンニンのバランスもよく、まさに高貴なワインと呼べる1本です。サーロインステーキやビーフシチューなどの料理とよく合います。

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 メルロー、サンジョヴェーゼ
ボディ・味わい フルボディ・辛口

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 メルロー、サンジョヴェーゼ
ボディ・味わい フルボディ・辛口

テッレ デル バローロ『ピエモンテ バルベーラ』

トマトソースに合わせると絶品! 長い余韻を楽しむ

ピエモンテ州でバルベーラというブドウ品種から造られているワインです。赤いベリー系の果実やスミレの花を思わせる香りに、フレッシュかつフルーティーな味わい。

渋みはそれほど強くなく、適度に酸味も感じられ、飲み込んだ後もさわやかな余韻が残ります。トマトソースとの相性がまたとないすばらしさ。

※AmazonとYahooは6本セット、楽天は12本セットです

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 14%
品種 バルベーラ100%
ボディ・味わい ミディアムボディ・辛口

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 14%
品種 バルベーラ100%
ボディ・味わい ミディアムボディ・辛口

テヌータ デッレ テッレ ネーレ『DOC エトナ ロッソ』

輝くルビーレッドに調和の取れた味わい

シチリアのエトナ火山北方斜面に位置する畑で生み出されるエトナ ロッソ。オーナーであるマルク デ グラツィアが惚れ込んで購入したこの土地は、エトナ火山の火山活動で多種多様な土壌を形成しており、区画ごとに生産されるブドウの味わいに違いが生まれやすく、独自のテロワールを形成しています。

パワフルで強いボディが特徴的なシチリアワインですが、エトナ ロッソの味わいはパワフルさのなかに繊細で上品さが漂う仕上がり。ベリー系の果実味、香り華やかに、ミネラル感とタンニンをしっかり感じられるバランスのよさが特徴です。

シチリアの郷土料理であるライスコロッケや、ナスをトマトで煮込んだカポナータなどの料理とよく合います。

産地 シチリア州
アルコール度数 -
品種 ネレッロ・マスカレーゼ98%、ネレッロ・カップッチョ2%
ボディ・味わい フルボディ・辛口

産地 シチリア州
アルコール度数 -
品種 ネレッロ・マスカレーゼ98%、ネレッロ・カップッチョ2%
ボディ・味わい フルボディ・辛口

カステッロ ディ アマ『DOCG キャンティ クラシコ アマ』

キャンティ クラシコを世界に知らしめた名門の逸品

カステッロ・ディ・アマはキャンティ クラシコの地位を向上させた名門ワイナリー。それまで早く安く飲めるワインといわれていたキャンティ クラシコを、品評会にてほかの名門ワイナリーをおさえ1位に輝かせた実績を持ちます。

その名門ワイナリーのワインを比較的お手ごろ価格で楽しめるのがこの商品。ワインを注いだときから透き通るルビー色が映え、チェリーやラズベリーの華やかな香りが広がります。滑らかなタンニンを舌で感じられ、ほんのりとした酸味が上品さを演出します。イタリアワインの定番、キャンティを楽しみたい! という方はぜひ一度口にしてみてはいかがでしょうか。

Tボーンステーキやトリッパの煮込みなどの料理と抜群の相性です。

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 サンジョヴェーゼ、メルロー
ボディ・味わい フルボディ・辛口

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 サンジョヴェーゼ、メルロー
ボディ・味わい フルボディ・辛口

アンティノリ『DOCG プルノット バローロ』

アンティノリ『DOCGプルノットバローロ』 アンティノリ『DOCGプルノットバローロ』 アンティノリ『DOCGプルノットバローロ』 アンティノリ『DOCGプルノットバローロ』
出典:Amazon この商品を見るview item

タンニン、スパイス、滑らかさのバランスが上質

「ピエモンテのワインといえばプルノット」といわれる名門ワイナリーが手がける『バローロ』。ローズマリーなどのハーブ系のアロマが香り、カシスやレッドチェリーの果実味と上品かつ滑らかなタンニンが深みのある味わいを形成しています。

フルボディであるものの、バランスのいい味わいで、気づけば飲み進めてしまっているほど。少し贅沢に、大切な時間を過ごす際にはピッタリのワインとなってくれます。ステーキやビーフストロガノフなど、牛肉を使った料理と抜群の相性です。

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 -
品種 ネッビオーロ
ボディ・味わい フルボディ・辛口

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 -
品種 ネッビオーロ
ボディ・味わい フルボディ・辛口

イタリアワインのおすすめ【白ワイン】 シーフードにぴったり合う!

イタリアンワインには、海の幸を生かした料理に合う白ワインが豊富です。産地や原料の違いで味わいにも違いが出てくるものです。これから紹介するワインを飲み比べて、好みのワインを見つけてみましょう。

エキスパートのおすすめ

アッレグリーニ『DOCソアーヴェ コルテ ジャーラ ソアーヴェ』

アッレグリーニ『DOCソアーヴェコルテジャーラソアーヴェ』 アッレグリーニ『DOCソアーヴェコルテジャーラソアーヴェ』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

世界各国から高い評価を得ているアッレグリーニが手がける、アッレグリーニ『DOCソアーヴェ コルテ ジャーラ ソアーヴェ』。はじめはさわやかでカジュアルな印象を受けますが、次第に奥深い味わいが顔を出します。飽きの来ない味わいで、和食にもピッタリな1本です。

上質な奥深さとさまざまな料理に合う1本

ヴェネト州で造られる、ガルガネガとシャルドネをブレンドした辛口の白ワインです。白桃や夏の草花のような爽快な香りやさわやかな果実味が印象的ですが、飲み進めていくにつれて奥深い味わいが感じられるでしょう。

カルパッチョや寿司など、和洋問わず魚介類を使った料理とよく合います。魚介類の多い日本の食卓で、デイリーワインとして活躍すること間違いなしの1本です。

産地 ヴェネト州
アルコール度数 -
品種 ガルガネガ、シャルドネ
ボディ・味わい 辛口

産地 ヴェネト州
アルコール度数 -
品種 ガルガネガ、シャルドネ
ボディ・味わい 辛口

フェウド・アランチョ『IGTシチリア グリッロ 2019』

フェウド・アランチョ『IGTシチリアグリッロ2019』 フェウド・アランチョ『IGTシチリアグリッロ2019』 フェウド・アランチョ『IGTシチリアグリッロ2019』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

『神の雫』で大絶賛された1,000円台ワイン

シチリア島でグリッロというブドウ品種から造られる辛口の白ワインです。白桃やジャスミン、紅茶を思わせるアロマに、豊かな果実味と穏やかな酸が調和したボリューム感のある味わいが特徴的。ほんのりビターな余韻も残ります。

とても1,000円台とは思えない品質の高さです。まさに、造り手のフェウド・アランチョのコンセプトである「最高のコストパフォーマンス・ワインの提供」が体現されているといえるでしょう。

産地 シチリア州
アルコール度数 -
品種 グリッロ100%
ボディ・味わい やや辛口

産地 シチリア州
アルコール度数 -
品種 グリッロ100%
ボディ・味わい やや辛口

トノン『ビアンコ デル カムール』

トノン『ビアンコデルカムール』 トノン『ビアンコデルカムール』 トノン『ビアンコデルカムール』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ヴェネト州の恵み、辛口でさまざまな料理にマッチ

ヴェネト州でピノ・グリージョやシャルドネといったブドウ品種から造られる辛口の白ワインです。黄桃やアプリコットを思わせる香りに、熟した果実味、酸とミネラルに富んだメリハリのある味わいが特徴的。飲み込んだ後も、さわやかな余韻が続きます。

魚介類と相性がよく、シーフードを使ったパスタやピザ、アクアパッツァなどの料理とは抜群の相性です。

産地 ヴェネト州
アルコール度数 12.6%
品種 ピノ・グリージョ、シャルドネ
ボディ・味わい やや辛口

産地 ヴェネト州
アルコール度数 12.6%
品種 ピノ・グリージョ、シャルドネ
ボディ・味わい やや辛口

ファットリア マニョーニ グイチャルディーニ『スパレット ビアンコ』

ファットリアマニョーニグイチャルディーニ『スパレットビアンコ』 ファットリアマニョーニグイチャルディーニ『スパレットビアンコ』 ファットリアマニョーニグイチャルディーニ『スパレットビアンコ』 ファットリアマニョーニグイチャルディーニ『スパレットビアンコ』
出典:Amazon この商品を見るview item

EU認証取得済のオーガニックの白ワイン

トスカーナ州でオーガニックワインを造るマニョーニ家が手がける白ワインです。ブドウ品種はシャルドネとマルヴァジア・ビアンカを使用。

リンゴや洋梨のコンポート、蜂蜜、アーモンドなどを彷彿とさせる複雑なアロマに、ボリューム感のある果実味が特徴です。白カビチーズや野菜を使った料理のほか、ナッツやフルーツなどにもよく合います。

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 シャルドネ、マルヴァジア・ビアンカ
ボディ・味わい ミディアムフルボディ・辛口

産地 トスカーナ州
アルコール度数 -
品種 シャルドネ、マルヴァジア・ビアンカ
ボディ・味わい ミディアムフルボディ・辛口

グラン・サッソ『トレッビアーノ・ダブルッツォ』

フルーティでさわやかな飲み口

アブルッツォ州は、栽培技術や醸造技術の進歩が目覚ましいイタリアの中でも注目の生産地。フルーツの香りや酸、フルーティな味わいはとてもバランスがよく、飲みやすいのが魅力。和食でもイタリアンでも合わせやすいワインです。値段は安いですが、クオリティの高い1本です。

産地 アブルッツォ
アルコール度数 12%
品種 トレビアーノ
ボディ・味わい ライトボディ・辛口

産地 アブルッツォ
アルコール度数 12%
品種 トレビアーノ
ボディ・味わい ライトボディ・辛口

紀伊国屋リカーズ『イタリア白ワイン 4本セット』

紀伊国屋リカーズ『イタリア白ワイン4本セット』 紀伊国屋リカーズ『イタリア白ワイン4本セット』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

シチリア、ヴェネト、プーリアの銘品を飲み比べ

イタリアの3つの産地の白ワインを飲み比べできるセット。シチリア産は酸とミネラルがキリっと際立った味わい、ヴェネト産はフローラルなアロマが豊かでバランスの取れた味わい、プーリア産は黄桃やハーブの香りの豊かなボリューム感のある味わいです。

さまざまな産地のワインを飲み比べ、ぜひそれぞれの個性を感じてみてください。

産地 シチリア州、ヴェネト州、プーリア州
アルコール度数 -
品種 -
ボディ・味わい -

産地 シチリア州、ヴェネト州、プーリア州
アルコール度数 -
品種 -
ボディ・味わい -

イタリアワインのおすすめ【スパークリング】 お祝いの日やパーティーなどの席に!

スパークリングワインは、お祝いの日やパーティーなどの席ではもちろん、家族や友人たちと楽しみたいときに飲むと、華やかで気分を盛り上げてくれるワインです。おしゃれなスパークリングワインを紹介します。

エキスパートのおすすめ

マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』

マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』
出典:Amazon この商品を見るview item
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関 華子

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』は、ほどよい甘みが感じられるロゼのスパークリングワインで、ワインを飲み慣れてない方にもおすすめの1本です。適度に酸味もあるため、後味はスッキリしています。見た目の華やかさから、女子会にもピッタリ。

見た目も華やかなロゼのスパークリングワイン

ピエモンテ州とヴェネト州で栽培されたブドウを使った、ロゼのスパークリングワイン。華やかなピンク色のイメージどおり、ラズベリーや野バラの豊かな香りが感じられる、中甘口の均整がとれた上品な味に仕上がっています。ランチやアウトドアのピクニックなどで気軽に楽しめる価格も魅力。

スナックや軽めの食事のほか、エスニック料理などとも抜群の相性です。

産地 ピエモンテ州、ヴェネト州
アルコール度数 9%
品種 モスカート、ブラケット ほか
ボディ・味わい やや甘口

産地 ピエモンテ州、ヴェネト州
アルコール度数 9%
品種 モスカート、ブラケット ほか
ボディ・味わい やや甘口

マルティーニ『アスティ・スプマンテ』

マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』
出典:Amazon この商品を見るview item

フルーティーでさわやかなスパークリングワイン

マルティーニは世界的にも評価が高いスパークリングワインのブランドです。こちらの『アスティ・スプマンテ』はピエモンテ州のモスカート・ビアンコというブドウ品種を100%使用して造られています。

マスカットのような香りに、ほどよい甘みとすっきりとした酸味が絶妙なバランスで調和。ワインを飲み慣れていない方にも飲みやすい味わいで、乾杯にもピッタリの1本です。

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 7.5%
品種 モスカート・ビアンコ100%
ボディ・味わい 甘口

産地 ピエモンテ州
アルコール度数 7.5%
品種 モスカート・ビアンコ100%
ボディ・味わい 甘口

カルペネ マルヴォルティ『ブリュット』

カルペネマルヴォルティ『ブリュット』 カルペネマルヴォルティ『ブリュット』 カルペネマルヴォルティ『ブリュット』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

華やかな雰囲気はパーティーにもピッタリ!

ヴェネト州で造られているロゼのスパークリングワインです。ブドウ品種はピノ・ネロ(ピノ・ノワール)を主体とし、この土地ならではのラボーソという品種がブレンドされています。

こまかな泡立ちに、イチゴやピンク色の花を思わせるチャーミングな香り、上品ながらも力強い味わいが特徴的。まさにパーティーに華を添えてくれる1本となるでしょう。さまざまな料理に合いますが、魚介類や鶏肉を使った料理、ヤギ乳のチーズなどとは抜群の相性です。

産地 ヴェネト州
アルコール度数 12%
品種 ピノ・ネロ85%、ラボーソ15%
ボディ・味わい 辛口

産地 ヴェネト州
アルコール度数 12%
品種 ピノ・ネロ85%、ラボーソ15%
ボディ・味わい 辛口

ミラベッラ『フランチャコルタ ブリュット』

フランチャコルタのDOCGスパークリングワイン

ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地方が生んだシャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)で造られたDOCGスパークリングワイン。味と風味のバランスが絶妙に取れています。ほどよく余韻が楽しめ、どんなイタリア料理にも合うでしょう

シャルドネにピノ・ビアンコを30%加えたことでよりまろやかになり、ビターテイストの後味を楽しめるスパークリングワインです。

産地 ロンバルディア州
アルコール度数 -
品種 シャルドネ70%、ピノ・ビアンコ30%
ボディ・味わい 辛口

産地 ロンバルディア州
アルコール度数 -
品種 シャルドネ70%、ピノ・ビアンコ30%
ボディ・味わい 辛口

「イタリアワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ルーチェ デッラ ヴィーテ『IGT トスカーナ ルチェンテ 2016』
テッレ デル バローロ『ピエモンテ バルベーラ』
テヌータ デッレ テッレ ネーレ『DOC エトナ ロッソ』
カステッロ ディ アマ『DOCG キャンティ クラシコ アマ』
アンティノリ『DOCG プルノット バローロ』
アッレグリーニ『DOCソアーヴェ コルテ ジャーラ ソアーヴェ』
フェウド・アランチョ『IGTシチリア グリッロ 2019』
トノン『ビアンコ デル カムール』
ファットリア マニョーニ グイチャルディーニ『スパレット ビアンコ』
グラン・サッソ『トレッビアーノ・ダブルッツォ』
紀伊国屋リカーズ『イタリア白ワイン 4本セット』
マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』
マルティーニ『アスティ・スプマンテ』
カルペネ マルヴォルティ『ブリュット』
ミラベッラ『フランチャコルタ ブリュット』
商品名 ルーチェ デッラ ヴィーテ『IGT トスカーナ ルチェンテ 2016』 テッレ デル バローロ『ピエモンテ バルベーラ』 テヌータ デッレ テッレ ネーレ『DOC エトナ ロッソ』 カステッロ ディ アマ『DOCG キャンティ クラシコ アマ』 アンティノリ『DOCG プルノット バローロ』 アッレグリーニ『DOCソアーヴェ コルテ ジャーラ ソアーヴェ』 フェウド・アランチョ『IGTシチリア グリッロ 2019』 トノン『ビアンコ デル カムール』 ファットリア マニョーニ グイチャルディーニ『スパレット ビアンコ』 グラン・サッソ『トレッビアーノ・ダブルッツォ』 紀伊国屋リカーズ『イタリア白ワイン 4本セット』 マルティーニ『マルティーニ・ロゼ』 マルティーニ『アスティ・スプマンテ』 カルペネ マルヴォルティ『ブリュット』 ミラベッラ『フランチャコルタ ブリュット』
商品情報
特徴 ラベルデザインに見合った力強さを感じるタンニン トマトソースに合わせると絶品! 長い余韻を楽しむ 輝くルビーレッドに調和の取れた味わい キャンティ クラシコを世界に知らしめた名門の逸品 タンニン、スパイス、滑らかさのバランスが上質 上質な奥深さとさまざまな料理に合う1本 『神の雫』で大絶賛された1,000円台ワイン ヴェネト州の恵み、辛口でさまざまな料理にマッチ EU認証取得済のオーガニックの白ワイン フルーティでさわやかな飲み口 シチリア、ヴェネト、プーリアの銘品を飲み比べ 見た目も華やかなロゼのスパークリングワイン フルーティーでさわやかなスパークリングワイン 華やかな雰囲気はパーティーにもピッタリ! フランチャコルタのDOCGスパークリングワイン
産地 トスカーナ州 ピエモンテ州 シチリア州 トスカーナ州 ピエモンテ州 ヴェネト州 シチリア州 ヴェネト州 トスカーナ州 アブルッツォ シチリア州、ヴェネト州、プーリア州 ピエモンテ州、ヴェネト州 ピエモンテ州 ヴェネト州 ロンバルディア州
アルコール度数 - 14% - - - - - 12.6% - 12% - 9% 7.5% 12% -
品種 メルロー、サンジョヴェーゼ バルベーラ100% ネレッロ・マスカレーゼ98%、ネレッロ・カップッチョ2% サンジョヴェーゼ、メルロー ネッビオーロ ガルガネガ、シャルドネ グリッロ100% ピノ・グリージョ、シャルドネ シャルドネ、マルヴァジア・ビアンカ トレビアーノ - モスカート、ブラケット ほか モスカート・ビアンコ100% ピノ・ネロ85%、ラボーソ15% シャルドネ70%、ピノ・ビアンコ30%
ボディ・味わい フルボディ・辛口 ミディアムボディ・辛口 フルボディ・辛口 フルボディ・辛口 フルボディ・辛口 辛口 やや辛口 やや辛口 ミディアムフルボディ・辛口 ライトボディ・辛口 - やや甘口 甘口 辛口 辛口
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年1月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年9月22日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする イタリアワインの売れ筋をチェック

Amazonでのイタリアワインの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:イタリアのワイナリーから直輸入 ~winery direct~ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button