【プロ厳選ランキング】バローロワインおすすめ11選|ワインの王をご紹介!品種や特徴もチェック!

【プロ厳選ランキング】バローロワインおすすめ11選|ワインの王をご紹介!品種や特徴もチェック!
ソムリエ/フランスチーズ鑑評騎士
福田 友一

ホテル、レストランでソムリエの修業を積み、株式会社フェルミエ入社。 ワインショップ勤務を経てチーズとワインの専門店「ランス」開業。 店内でチーズとワインを楽しんだり、購入する事も可能です。 シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ(フランスチーズ鑑評騎士) セル=シュール=シェール大使叙任 日本ソムリエ協会認定ソムリエ

バローロワインは「ワインの王」と称される、イタリア北西部のピエモンテ州で造られる伝統的な赤ワインのこと。しっかりとした渋みや、香り高い果実味を感じられるワインですが、ワインに詳しくない場合は、どれを選べばいいのか迷ってしまいすよね。そこでこの記事では、ソムリエの福田友一さんと編集部が選んだ、バローロワインのおすすめ11商品をご紹介します。産地によっても味わいが異なるので、それぞれの特徴も解説します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


イタリアワインの王様「バローロワイン」とは?

テーブルに並んだ赤ワインのボトルとグラス。
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

はじめにバローロワインの特徴と選び方から解説します。

「王のワインにして、ワインの王」とも称されるイタリアを代表するワイン。バローロと名乗ることができるのは、畑の土壌や収穫量など、多くの厳しい規定をクリアしたワインだけなのです。熟成期間は3年、そのうち1年半から2年は木樽で、アルコール度数は13%以上と定められています。

また使用される品種は黒ブドウの一種「ネッビオーロ」。色が薄く、力強いタンニンと酸味豊かな味わいが特徴です。ラズベリーやクランベリーなどのやさしい香りと、甘草のような甘みがブレンドされたエレガントさもあります。

数千円から数万円まで価格に幅があります。安いからおいしくないというわけではありません。シンプルで要素が理解しやすいため、まずは数千円のものから試して味わうのがいいでしょう。

バローロワインの選び方 産地や特徴で

産地ごとに風味や味わいが異なるので、まずは産地の特徴から見ていきましょう。製造方法の違いによってもタンニンや果実味、芳醇な香りが異なります

東側、西側で本当に味わいが変わります。それもバローロワインを楽しむ要素のひとつです。「当たり年」といわれるヴィンテージの年代もご紹介しますね。

産地で異なるワインの味わい

ひと口にバローロワインといっても、産地ごとに味わいや香りなどの特徴は異なります。力強い男性的なワイン、エレガントで女性的なワインなどさまざまですが、全体的に深みのある味わいが特徴。

生産地の位置が西側、東側で味わいが異なると言われています。それぞれの産地の特徴を詳しく見ていきましょう。

酸味の余韻「カスティリオーネ・ファレット村」産

ワインの味わいの構成の土台になるのが、土壌の個性=ミネラル感です。北東部にある「カスティリオーネ・ファレット」は、砂質と石灰が混ざり合った複雑な土壌。

カスティリオーネ・ファレット産のバローロは、エレガントで香り高く、やわらかい味わいが特徴です。酸味の余韻が長く、フルーティーでエレガント。比較的酸味や渋みのバランスがとれたワインです。

重厚でスパイシー「セッラルンガ・ダルバ村」産

南東部にある「セッラルンガ・ダルバ」の土壌には鉄分が多く含まれており、ワインも重厚な味わい。骨格もしっかりしているので、強い酸味も感じやすく、長期熟成向きのワインです。全体的にはスパイシーな印象ですが、タンニンの渋みがあるワインばかりではなく、軽めのワインも多くあります。

鉄分による重厚さのなかにも、スパイスなどの華やかさを感じさせます。重めのタイプがお好みの方にお勧めできます。濃く重いタイプがお好みの方におすすめできます。

力強く複雑な味わい「モンフォルテ・ダルバ村」産

バローロのなかでも「モンフォルテ・ダルバ」は、泥灰土(でいかいど)で鉄分が多い土壌。力強く複雑な味わいが特徴です。

骨格がしっかりしていて酸味も強く感じられます。タンニンが豊富なので男性的で厳格な印象。濃い、重いとはまた違った「頑丈」な味わいがあります。

アロマティックでやわらかい「ラ・モッラ村」産

北西部の「ラ・モッラ」は標高約500mに位置し、マンガンやマグネシウム、石灰質が多い土壌。ラ・モッラ産のバローロはアロマティックでやわらかい味わいです。バランスにすぐれ、エレガントで女性的なワインとも表現されます

バリック(ワインを熟成させる樽)を使用している生産者も多く、シルキーで絶妙な風味が加わります。タンニンの渋みや酸の強さが苦手な方にもっともおすすめできます。果実味のやわらかさを兼ね備えています。

果実味に富んだバランス型「バローロ村」産

北西部にある「バローロ」は、ラ・モッラのエレガントさと、モンフォルテ・ダルバの力強さをあわせ持つワインです。果実味とシルキーさも感じられ、バランスがよく芳醇。まろやかで繊細な味わいです

まさにザ・バローロの雰囲気のあるワインです。単体で飲むよりも、食卓に置いてお料理と合わせるのがおすすめ。さまざまな料理ともマリアージュしやすいでしょう。

熟成度で「伝統派とモダン派」現代では折衷型も

伝統派は、大樽での4~8年の長期熟成が特徴。タンニンが強いので、飲みごろまでに何年もかかりますが、酸化熟成によってオレンジがかった色合いやドライフルーツのような香りも。一方のモダン派は、フレンチオークの小樽で1年半~2年の短期の熟成が特徴。若々しい果実味やオーク樽で香りつけされた凝縮感もあり、長期熟成されていなくてもバローロらしさを味わえます。

強い要素が調和する熟成した伝統派は、しっかりとした食事と一緒に、また現代的な製法のバローロは上品さを兼ね備えますので、おつまみと一緒にワイン単体でも楽しめます。

近年では両方をミックスした折衷型を取り入れる生産者が増えています。それぞれの土地に対してベストな製法で造られているので、製法にこだわらず、自分にとっておいしいワインを探してみましょう。

評価が高い製造年を調べておく

当たり年は、ブドウのできによって評価されます。ヴィンテージチャートによると「1989年、1990年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年、2000年、2001年、2004年、2007年、2009年、2010年」が秀逸。なかでも「2010年、2001年、1996年」がいいといわれています。

2010年はバローロにとってパーフェクトヴィンテージ。涼しい気候だったので、上品でエレガントさの際立つワインに。2030年ごろが飲みごろといわれています。2001年は昼間は暑く、夜は涼しい気候が続いたので、しっかりとブドウに糖分が蓄えられ、タンニンも豊富になっています。そして1996年は、寒暖差もありましたが、バローロにとってはいい気候だったので長期熟成型に仕上がり、そろそろ飲みごろを迎えています。ヴィンテージに悩んだ際の参考に、年代を意識するのもいいかもしれませんね。

当たり年のワインは、時間がたつにつれ高価になりますので、熟成を前提に早いうちに購入するといいでしょう。当たり年のワインでも熟成環境によって酸化や劣化を招くことがありますので、しっかりとしたワインショップや信頼の高いショッピングサイトで購入されることをおすすめします。

特徴を理解してから好みに合うものを選ぼう ソムリエからのアドバイス

ソムリエ/フランスチーズ鑑評騎士

バローロという銘柄でも、お値段、味わい、それがお好みに合うか合わないかがはっきりと分かれています。なにもわからないまま購入されると、お好みでない味わいであったり、そして高いと感じてしまうことがあります。よって、バローロワインの特徴を少し理解して、相談できるワインショップやショッピングサイトでお好みに合う味わいをお選びになるのがいいでしょう。

バローロワインおすすめ11選 芳醇な香りとタンニンを感じられるもの

芳醇な香りと、しっかりとしたタンニンを感じられるものが多いバローロワイン。ご紹介したように、生産者の違いによって風味や味わいは異なるので、自分好みのバローロを探してみましょう。

ソムリエ/フランスチーズ鑑評騎士

バローロワインは熟成を待つべきですが、それには時間が当然必要です。良心的な生産者のcasa vinicola nicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ 2010』は、熟成を経てからリリースされるので購入してすぐに香りの開いたワインを楽しめます。そしてお値段もさほどお高くありませんのでおすすめです

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

casa vinicola nicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ 2010』

casavinicolanicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ2010』

出典:Amazon

生産地 バローロ
味わい 辛口、深く濃密な果実味、フルボディ
生産年 2010年

伝統とこだわりのバローロ

評価が高い2010年のバローロ。強いタンニンと深い果実味がゴージャスに口のなかに広がります。ゆったりと余韻も残るので、ローストビーフなどの肉料理とのマリアージュは格別です。また肉料理だけではなく、アジの刺身などの青魚などにもマッチします。

「熟成されてこそネッビオーロは真の実力を発揮する」という信念のもとに、樹齢63年のネッビオーロから造られ、伝統製法の大樽で樽では4年間じっくりと熟成されています。

ソムリエ/フランスチーズ鑑評騎士

Terre del Barolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ 2013』は、これからバローロワインを飲む人に、まずはこの銘柄を味わっていただきたいと思います。高価でなく、余計なお化粧がされておらず、どんな年号でも上手にまとめられた味わいは、悩むことなく手を伸ばせる1本だと思います。しかもバローロワインの基本要素がわかりやすく構成されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Terre del Barolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ 2013』

TerredelBarolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ2013』

出典:Amazon

生産地 バローロ
味わい 辛口、かすかな甘さ、フルボディ
生産年 2013年

典型的なクラシックスタイルのバローロ

辛口ですが、フルーティーでフレッシュな香り。フルボディで典型的なクラシックスタイルのテッレ・デル・バローロらしいバローロです。ほどよいタンニンと、かすかな甘さが絶妙なバランス。

凝縮されたワインにするため、2,500Lと5,000Lの樽で2年以上熟成。美しいガーネット色はラムレーズンの風味やドライフラワーの香りを感じられます。

ソムリエ/フランスチーズ鑑評騎士

バローロワイン好きの人にカンヌビ・ボスキスを知らない人はいません。Luciano Sandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロ カンヌビ・ボスキス』は、単一畑ゆえ味わいが年号に左右されてしまいます。よって、当たり年のおいししさの感動はほかでは味わえない喜びとなります

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Luciano Sandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロ カンヌビ・ボスキス』

LucianoSandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロカンヌビ・ボスキス』 LucianoSandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロカンヌビ・ボスキス』 LucianoSandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロカンヌビ・ボスキス』

出典:楽天市場

生産地 バローロ
味わい 辛口、力強く深い味わい、フルボディ
生産年 2007年

ルチアーノ・サンドローネワイナリーの看板ワイン

単一畑は現在では珍しくありませんが、単一畑での栽培の先駆けとなったといわれるワインが「カンヌビ・ボスキス」です。バローロにクリュという概念をもたらしました。

チェリーやラズベリー、花畑にいるような感覚にさせてくれるノートとスパイシーさが、複雑な香りを感じさせてくれます。なめらかな口当たりと、ほどよい酸味が絶妙なバランス。

UMBERTO FIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロ D.O.C.G.』

UMBERTOFIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロD.O.C.G.』 UMBERTOFIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロD.O.C.G.』 UMBERTOFIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロD.O.C.G.』

出典:楽天市場

生産地
味わい 渋みのある辛口、深みのある味わい、フルボディ
生産年 2015年

重厚な味わいとエレガントな果実味

ベリーやプルーンなどのエレガントな果実味と、ハーブやスミレを感じさせる香り。辛口で渋みが強く、厚みのある味わいです。タンニンの渋さが落ち着いたものが好みの場合は、数年寝かせておいてもいいでしょう。

厚みがある味わいなので、イノシシなどのジビエ料理や、牛肉の場合は、しっかりとした濃厚な煮込み料理にマッチします。

Cascina Chicco(カッシーナ キッコ)『バローロ ロッケ ディ カステッレット』

CascinaChicco(カッシーナキッコ)『バローロロッケディカステッレット』

出典:Amazon

生産地 モンフォルテ・ダルバ
味わい バランスの取れた味わい、フルボディ
生産年 2015年

濃厚なルビーレッドと芳醇な香り

フルボディで力強いバローロです。ラズベリー、甘草の甘い果実味の複雑な味わいが印象的。余韻も長く、しっかりとタンニンも感じられます。

重厚感があるので、ハーブを使用した牛肉料理や、熟成されたチーズとの相性はぴったり。ゆっくりしたい週末の夜に味わいたいワインです。1本飲み切ってしまってもいいですし、残りを寝かせて、また味や香りの変化を楽しんでもいいですね。

Vietti(ヴィエッティ)『バローロ カスティリオーネ 2013』

Vietti(ヴィエッティ)『バローロカスティリオーネ2013』 Vietti(ヴィエッティ)『バローロカスティリオーネ2013』

出典:楽天市場

生産地 カスティリオーネ・ファレット、モンフォルテ・ダルバ、バローロ
味わい 力強く豊かなタンニン、男性的な力強いストラクチャー、フルボディ
生産年 2013年

ワイン初心者も楽しめる味わい

ルビー色に輝き、骨格もしっかりとした男性的なバローロです。熟したチェリー、バラや茶葉が複雑に絡み合った芳醇な香り。ほどよい酸味と豊かなタンニンが口のなかで広がり、長く余韻も楽しめます。

ビーフシチューや、ローストした赤身肉、チーズなどによく合います。ワイン評価誌「ワインアドヴォケイト」でも高評価を受けており、ギフトにもぴったりです。

Marchesi di Barolo(マルケージ・ディ・バローロ)『マルケージ ディ バローロ 1965』

MarchesidiBarolo(マルケージ・ディ・バローロ)『マルケージディバローロ1965』

出典:Amazon

生産地 バローロ
味わい 辛口、繊細で力強い、フルボディ
生産年 1965年

バローロの生みの親を先祖にもつ生産者の伝統的な味

生産者のマルケージ・ディ・バローロの先祖は、バローロの生みの親といわれるひとり。受け継がれる知識と伝統、さらに現代性も意識したワイン造りをしています。経年にともない、ラベルやキャップシール、ボトルに汚れやきずなどの破損箇所もあるので、ギフトとして贈る場合は注意しましょう。

ドライフルーツやチョコレートなどの香りに、甘酸っぱさも加わりエレガント。イタリア古酒らしい繊細で力強くもある風味と味わいです。ときの流れを感じながら楽しめる1本です。

Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ 2015』

Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ2015』 Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ2015』 Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ2015』

出典:Amazon

生産地 セッラルンガ・ダルバ
味わい 辛口、柔らかくあたたかい味わい、フルボディ
生産年 2015年

酸味と渋みのバランスがよくリッチな味わい

果実味と熟したタンニンが感じられ、酸味と渋みのバランスがいい1本。熟成とブドウのもつ性質により、芳醇でしっかりしたボディのバローロです。

ドライフラワーやドライリーフな香りと、ベルベットのような余韻も感じられ、バローロの渋いワインが苦手な方にも楽しんでもらえるリッチな味わいです。赤身の肉や、熟成されたチーズと相性がいいでしょう。

Terre da Vino(テッレ・ダ・ヴィーノ)『バローロ 2015』

TerredaVino(テッレ・ダ・ヴィーノ)『バローロ2015』

出典:楽天市場

生産地 バローロ
味わい 辛口、凝縮感のある味わい、フルボディ
生産年 2015年

こだわりの栽培製法で濃厚な味わい

1ヘクタールあたりのブドウの収穫量を抑え、完熟状態で収穫されるので、ぎゅっと凝縮された味を感じられます。またオーク樽で18~24カ月熟成されているので、深みも感じられます。まるで20年熟成させたかのような味わいは絶品。

プラムとラズベリー、アーモンドのアロマも感じられる芳醇な香り。骨格はしっかりしていますが、やわらかな舌触りは優雅さもあります。

Cordero di Montezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロ ヴィーニャ・エンリコ6世』

CorderodiMontezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロヴィーニャ・エンリコ6世』 CorderodiMontezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロヴィーニャ・エンリコ6世』 CorderodiMontezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロヴィーニャ・エンリコ6世』

出典:楽天市場

生産地 ラ・モッラ
味わい 辛口、豊潤でなめらかな味わい、フルボディ
生産年 2014年

収穫後1時間で醸造を開始するのでフレッシュな香り

石灰質を含んだ土壌で栽培されたネッビオーロは、ほどよい酸味と白トリュフの香りも感じられます。骨格のしっかりとした味わいとエレガントさを楽しめるバローロ。ガーネット色で、ユーカリ、リコリスなどのスパイシーさと、ブラックベリーやプラムの果実味が特徴です。

収穫はすべて手でつまれ、収穫後は1時間以内に醸造が開始されるので、とてもフレッシュ。ジビエや牛肉の煮込み料理、チーズフォンデュなどと相性がよさそうです。

Cascina Gramolere(カシーナ・グラモレーレ)『バローロ カシーナ・グラモレーレ』

CascinaGramolere(カシーナ・グラモレーレ)『バローロカシーナ・グラモレーレ』

出典:楽天市場

生産地 モンフォルテ・ダルバ
味わい 辛口、フローラルの香り、フルボディ
生産年 2015年

芳醇な香りと適度なタンニンの渋みでエレガント

流行に左右されない伝統的な製法で造られているバローロ。昔は海だった土壌にはミネラルが豊富に含まれ、カシーナ・グラモレーレが製造するワインは、フローラルな香りが特徴。バラ、チェリーやベリーなどの香りがエレガントな印象です

プラムやカシスの果実味とビロードのような舌触りがあるので、赤身の肉や熟成されたチーズとのマリアージュは格別です。

「バローロワイン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
casa vinicola nicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ 2010』
Terre del Barolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ 2013』
Luciano Sandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロ カンヌビ・ボスキス』
UMBERTO FIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロ D.O.C.G.』
 Cascina Chicco(カッシーナ キッコ)『バローロ ロッケ ディ カステッレット』
Vietti(ヴィエッティ)『バローロ カスティリオーネ 2013』
Marchesi di Barolo(マルケージ・ディ・バローロ)『マルケージ ディ バローロ 1965』
Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ 2015』
Terre da Vino(テッレ・ダ・ヴィーノ)『バローロ 2015』
Cordero di Montezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロ ヴィーニャ・エンリコ6世』
Cascina Gramolere(カシーナ・グラモレーレ)『バローロ カシーナ・グラモレーレ』
商品名 casa vinicola nicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ 2010』 Terre del Barolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ 2013』 Luciano Sandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロ カンヌビ・ボスキス』 UMBERTO FIORE(ウンベルト・フィオーレ)『バローロ D.O.C.G.』 Cascina Chicco(カッシーナ キッコ)『バローロ ロッケ ディ カステッレット』 Vietti(ヴィエッティ)『バローロ カスティリオーネ 2013』 Marchesi di Barolo(マルケージ・ディ・バローロ)『マルケージ ディ バローロ 1965』 Fontanafredda(フォンタナフレッダ)『バローロ 2015』 Terre da Vino(テッレ・ダ・ヴィーノ)『バローロ 2015』 Cordero di Montezemolo(コルデロ・ディ・モンテツェモロ)『バローロ ヴィーニャ・エンリコ6世』 Cascina Gramolere(カシーナ・グラモレーレ)『バローロ カシーナ・グラモレーレ』
商品情報
特徴 伝統とこだわりのバローロ 典型的なクラシックスタイルのバローロ ルチアーノ・サンドローネワイナリーの看板ワイン 重厚な味わいとエレガントな果実味 濃厚なルビーレッドと芳醇な香り ワイン初心者も楽しめる味わい バローロの生みの親を先祖にもつ生産者の伝統的な味 酸味と渋みのバランスがよくリッチな味わい こだわりの栽培製法で濃厚な味わい 収穫後1時間で醸造を開始するのでフレッシュな香り 芳醇な香りと適度なタンニンの渋みでエレガント
生産地 バローロ バローロ バローロ モンフォルテ・ダルバ カスティリオーネ・ファレット、モンフォルテ・ダルバ、バローロ バローロ セッラルンガ・ダルバ バローロ ラ・モッラ モンフォルテ・ダルバ
味わい 辛口、深く濃密な果実味、フルボディ 辛口、かすかな甘さ、フルボディ 辛口、力強く深い味わい、フルボディ 渋みのある辛口、深みのある味わい、フルボディ バランスの取れた味わい、フルボディ 力強く豊かなタンニン、男性的な力強いストラクチャー、フルボディ 辛口、繊細で力強い、フルボディ 辛口、柔らかくあたたかい味わい、フルボディ 辛口、凝縮感のある味わい、フルボディ 辛口、豊潤でなめらかな味わい、フルボディ 辛口、フローラルの香り、フルボディ
生産年 2010年 2013年 2007年 2015年 2015年 2013年 1965年 2015年 2015年 2014年 2015年
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月28日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキング バローロワインのTOP3はこれ!

ご紹介した商品のなかから、ソムリエの福田友一さんがおすすめする商品ランキングを発表します。バローロワイン選びの参考にしてみてください。

3位 casa vinicola nicolello(カーサ・ヴィニコラ・ニコレッロ)『バローロ 2010』

2位 Terre del Barolo(テッレ・デル・バローロ)『バローロ 2013』

1位 Luciano Sandrone(ルチアーノ・サンドローネ)『バローロ カンヌビ・ボスキス』

バローロワイン関連のそのほかの記事も参考にしてみてください

編集部からひと言

バローロワインのおすすめ11選をご紹介しました。

「ワインの王」と称されるバローロですが、比較的手に取りやすい価格も魅力のひとつ。重厚感のある味わいは、ゆったりしたい週末にもぴったりです。あなたがほしいバローロワインを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/12/16 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


アメリカワインおすすめ11選|ワイン専門家も美味しいと感じる味を紹介

アメリカワインおすすめ11選|ワイン専門家も美味しいと感じる味を紹介

ワインエキスパートと編集部が選ぶおすすめアメリカワインをご紹介します。アメリカワインはおもに西海岸と東海岸に産地が分布しています。なかでも最大の産地は、「ナパヴァレー」で知られるカリフォルニア州。アメリカワインのほとんどがカリフォルニアワインといわれるほど代表的な産地です。本記事では、カリフォルニアを中心にその他産地のアメリカワインの選び方とおすすめ商品について、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんにお話をうかがいました。


シラー種のワインおすすめ13選|安いのに美味しい!ワインエキスパートが厳選!

シラー種のワインおすすめ13選|安いのに美味しい!ワインエキスパートが厳選!

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、シラー種ワインのおすすめと選び方を教えてもらいました。シラーとはフランスのローヌ地方を原産とする、赤ワイン用ブドウ品種のひとつです。シラーのワインの最たる特徴は、黒コショウのようなスパイシーな風味で力強いワインになると言われることも多いのですが、実際は繊細でエレガントなものもあります。この記事ではたくさんあるシラー種ワインの中から厳選した商品をご紹介します。どれを選べばいいか悩んでいる方は、この記事の最後にある各通販サイトのランキングも、ぜひ参考にしてください。


ワイン保冷バッグ5選+番外編【おしゃれでかわいい】ワイン大好き料理家が厳選!

ワイン保冷バッグ5選+番外編【おしゃれでかわいい】ワイン大好き料理家が厳選!

料理家のスヌ子さんに、ワイン保冷バッグのおすすめと選び方を教えてもらいました。ホームパーティやアウトドアなど、ワインを気軽に楽しむシチュエーションに欠かせない、ワイン保冷バッグ。1本用だけでなく、まとめて何本も持ち歩けるタイプやおしゃれなデザインなど種類も豊富です。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

カマンベールチーズおすすめ10選|高級品からリーズナブルな安い商品まで!

濃厚でコクのあるカマンベールチーズ。今や日本でもなじみ深いチーズですが、本格志向のものから手軽に手に入るものまで種類はさまざま。産地や熟成度合いなど違いがあり、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのでは? この記事では、フランスチーズ鑑評騎士・山田好美さんへ取材して、カマンベールチーズの選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

ポートワインのおすすめ5選!【ワイン専門家の厳選商品】

独特の甘さがある「ポートワイン」。ひと口にポートワインといっても、ルビーポートやトウニーポート、ヴィンテージ・ポートなど、さまざまな種類があります。自分の好みに合うものがわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで本記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートである石関華子さんへの取材をもとに、ポートワインの選び方とおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る