臼式の電動コーヒーミルおすすめ6選|本格志向のものや持ち運び用も紹介

臼式の電動コーヒーミルおすすめ6選|本格志向のものや持ち運び用も紹介

臼式の電動コーヒーミルは、臼のように豆を挟んでコーヒーを自動で挽いてくれるコーヒー器具。臼式はプロペラ式と比べ、コーヒーの粒度にムラが出にくいので、おいしい挽きたてコーヒーが味わえるのが魅力です。

本記事では、電動コーヒーミルの中でも臼式のおすすめ商品をご紹介。

記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

料理ライター
山田 由紀子

栄養・健康関連のコラム執筆やレシピ作成、栄養監修、食生活アドバイスなどを中心に活動するフリーランス管理栄養士。 短大卒業後、栄養士として給食会社で社員食堂や寮の献立作成、給食管理を行う。その後、病院で栄養管理、栄養指導、調理などの業務に従事。在職中に管理栄養士免許を取得。 出産を機にフリーに転向し、保健センターなどで栄養指導・食事相談を行うほか、料理教室や発酵食づくりのワークショップを主催。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・オーディオ、パソコン・スマホ、カメラ・ビデオカメラ
加藤 佑一

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

◆本記事の公開は、2022年08月26日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

臼式とは

 

臼式とは、ハンドルを回すと、豆を粉砕する場所に装備された円錐の刃が回転し、臼のように豆を挟んでコーヒーを挽く方法のこと。

粒を均一に挽くことはコーヒーを美味しく淹れるための重要なポイント。臼式はコーヒーの粒度にムラが出にくいことが魅力。やや高価な商品が多くみられますが、コーヒーの味にこだわりたい方には臼式ミルがおすすめです。

▼挽き具合の目安

コーヒー豆の挽き具合を説明するためのシート。以下の本文にも同内容を文章で記載しています。

出典:マイナビおすすめナビ

コーヒーミルは味の好みや抽出方法に合わせて、自由に挽き方を調整することができます。「濃いエスプレッソなら細挽き」、「すっきりしたドリップなら中挽き」と気分や好みに応じ、挽き具合を楽しめるところもコーヒーミルを使う魅力のひとつです。

ぜひ、上の表を目安に挽き具合を調整してみてください。なお、コーヒー豆の挽き具合は、極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きとさらに細かく5段階に分けることもできます。こだわりのある人は、細かく調整できるタイプのコーヒーミルを選びましょう。

臼式の電動コーヒーミルおすすめ6選

それでは、電動コーヒーミルの中でも「臼式」のおすすめ商品をご紹介。挽き具合を細かく調節できるものから、初心者の方でも扱いやすい商品まで幅広く紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

HARIO(ハリオ)『V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト』

HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』 HARIO(ハリオ)『V60電動コーヒーグラインダーコンパクト』
出典:Amazon この商品を見るview item

コンパクトなサイズ感で高性能

A5サイズにおさまるコンパクトサイズ感の臼式の電動コーヒーミル。小さいながらもダイヤルを回すと、39段階に挽き具合を調整できるのが魅力。

また、挽いた粉が飛び散らないよう受け皿にカバーがついており、外臼部分は水洗いが可能。お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

挽き具合によって苦味や酸味を調節することができ、コーヒーの味にこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。


deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』

deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』 deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』 deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』 deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』 deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』
出典:Amazon この商品を見るview item

手挽きのようなコーヒーも味わえる電動コーヒーミル

エスプレッソに適した極細挽きから、フレンチプレス向きの粗挽きまで無段階調節が可能なコーヒーミル。

手挽きモードを搭載しており、ゆっくりと低速で豆を挽くため、豆の香りや風味を損なわない手挽きのようなコーヒーを味わえるのが魅力。

シンプルでミニマムなデザインなので、インテリアの邪魔になりにくいのも嬉しいポイント。コンパクトな据え置きタイプをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

ユニーク『oceanrich 自動コーヒーミル G1』

ユニーク『oceanrich自動コーヒーミルG1』 ユニーク『oceanrich自動コーヒーミルG1』 ユニーク『oceanrich自動コーヒーミルG1』 ユニーク『oceanrich自動コーヒーミルG1』
出典:Amazon この商品を見るview item

グラインドから保存までできる充電式

軽量でコンパクトな充電式なので、いつでもどこでもコーヒー豆がひける臼式の電動コーヒーミル。オフィスやキャンプへの持ち運びに便利な、ペットボトルサイズが特徴です。

満充電時なら最大20杯分の豆を挽くことが可能。残りの電池残量は、青色のインジゲーターランプが搭載されていて、充電の残量が一目でわかるのも嬉しいポイント。

充電はmicroUSBケーブルのため、モバイルバッテリーやパソコンなどからも充電で可能。持ち運びがしやすい機能が豊富。おうち以外でもコーヒーミルを利用したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

Bodum(ボダム)『BISTRO 電動コーヒーグラインダー』

Bodum(ボダム)『BISTRO電動コーヒーグラインダー』 Bodum(ボダム)『BISTRO電動コーヒーグラインダー』 Bodum(ボダム)『BISTRO電動コーヒーグラインダー』 Bodum(ボダム)『BISTRO電動コーヒーグラインダー』 Bodum(ボダム)『BISTRO電動コーヒーグラインダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

お手入れがしやすい臼式の電動コーヒーミル

カラーバリエーションが豊富で、おしゃれな見た目と機能を兼ね備えた電動コーヒーミル。極細挽きから粗挽きまで挽き具合の調節が可能なので、さまざまな淹れ方が楽しめます。

また、安全機能つきでホッパーを本体に取り付けないと、スイッチを押しても刃が作動しないため、小さいお子さんがいるご家庭でも安心してご使用いただけます。

さらに、ホッパーとコンテナーの丸洗いが可能なので、お手入れがしやすいのも魅力のひとつ。手軽に使えるおしゃれな臼式の電動コーヒーミルをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

OXO(オクソー)『OXO ON バリスタブレイン スケール付グラインダー(8710200)』

OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』 OXO(オクソー)『OXOONバリスタブレインスケール付グラインダー(8710200)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワンランク上のコーヒーライフを

コーヒーにこだわりたい方向けの機能が満載な臼式の電動コーヒーミル。

挽き方は38段階と細かい調節が可能。さらに、内部にデジタルスケールが組み込まれているため、豆の重量を自動で性格に計量してくれます。

また、一杯あたり1gずつの濃度調節ができ、正確な計量、豆に合わせた挽きの粗さを調整することで、よりおいしい挽きたてコーヒーに近づけます。

コーヒーにこだわりがある方が使ってこそ力を発揮する一品なので、こだわりの一杯を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

DeLonghi(デロンギ)『コーン式コーヒーグラインダー KG364J』

こまかい工夫が光る初心者でも使いやすい電動ミル

豆を挽くときの摩擦熱を抑えることで、プロペラ式では失われがちな香りのあるオイルを損なわず、風味よく仕上がる臼式の電動ミル。

操作方法も単純ながら、挽き具合を14段階に細かく調節することが可能。ドリップはもちろんエスプレッソなどもお楽しみいただけますよ。

家庭用としてはじゅうぶんな機能を持ち合わせたミルなので、初めてでも扱いやすい臼式の電動ミルをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
HARIO(ハリオ)『V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト』
deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』
ユニーク『oceanrich 自動コーヒーミル G1』
Bodum(ボダム)『BISTRO 電動コーヒーグラインダー』
OXO(オクソー)『OXO ON バリスタブレイン スケール付グラインダー(8710200)』
DeLonghi(デロンギ)『コーン式コーヒーグラインダー KG364J』
商品名 HARIO(ハリオ)『V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト』 deviceSTYLE(デバイスタイル)『コーヒーグラインダー(GA-1X)』 ユニーク『oceanrich 自動コーヒーミル G1』 Bodum(ボダム)『BISTRO 電動コーヒーグラインダー』 OXO(オクソー)『OXO ON バリスタブレイン スケール付グラインダー(8710200)』 DeLonghi(デロンギ)『コーン式コーヒーグラインダー KG364J』
商品情報
特徴 コンパクトなサイズ感で高性能 手挽きのようなコーヒーも味わえる電動コーヒーミル グラインドから保存までできる充電式 お手入れがしやすい臼式の電動コーヒーミル ワンランク上のコーヒーライフを こまかい工夫が光る初心者でも使いやすい電動ミル
重量 1.35kg 1.3kg 約0.49kg 1.6kg 約2.35kg 1.5kg
外形寸法 幅130×奥行き185×高さ335mm 幅11.0×奥行15.0×高さ23.3cm 幅8.5×奥行8.5×高さ17.5cm 幅19.3×奥行18.0×高さ31.8 cm 幅13.6×奥行23.0×高さ36.3cm 幅13.5×奥行19.5×高さ27.5cm
挽き具合(粒度設定) 39段階調節 極細挽き~粗挽き 極細挽き~粗挽き・5段階 極細挽き~粗挽き 極細挽き~粗挽き・38段階 極細挽き~中挽き・14段階
取り外し・水洗い可否 取り外し可、丸洗い不可・外臼は水洗い可 - 上フタ、ホッパー、ガラス容器、取り外し・水洗い可 取り外し・水洗い可(電源部分以外) コニカルバー(刃)の内刃・ステンレスプレート取り外し可 上部挽き刃のみ取り外し可・水洗い不可
電源コードの長さ 0.8m 1.1m 0.8m - 1.8m
付属品 - クリーニングブラシ、計量スプーン、充電用micro USBケーブル、滑り止めシート、取扱説明書 - - クリーニングブラシ・計量スプーン
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月5日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る コーヒーミルの口コミ・評判の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコーヒーミルの口コミ・評判の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:電動コーヒーミルランキング
楽天市場:電動コーヒーミルランキング
Yahoo!ショッピング:電動 ミルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】この記事をご覧の方におすすめ

最後に|エキスパートのアドバイス

料理ライター:山田 由紀子

料理ライター

お店と同じようなコーヒーが飲みたいなら「臼式」

珈琲豆は酸化することで段々と風味が落ちていきます。粉状になると空気に触れる面積がふえ、ぐんと酸化が早まってしまいます。

コーヒーミルを使えば飲みたい時に飲みたいぶんだけ豆を挽くことができるため、いつでも美味しい挽きたてコーヒーを味わうことができますよ。

また、電動タイプであれば初心者の方でも使いやすく、臼式を選ぶことでより美味しいコーヒーを淹れることができるでしょう。お店のような挽きたてコーヒーを楽しみたい場合は「臼式」のコーヒーミルもぜひチェックしてみてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部