ミルブラシのおすすめ8選|こまめなお手入れで最高のコーヒータイムを。

Merryseason『コーヒーミルブラシ』
出典:Amazon

豆からコーヒーを淹れるにはコーヒーミルが必要ですが、おいしさを維持するには掃除が欠かせません。そのための道具がミルブラシです。

この記事では、生活コラムニストのももせ いづみさんと編集部が、ミルブラシの選び方とおすすめ商品をご紹介します。気分があがるおしゃれなデザインのものを厳選したので、こまめにお手入れをしていつものコーヒータイムをもっと楽しんでくださいね!通販サイトの最新人気ランキングも掲載しています。


目次

この記事を担当するエキスパート

生活コラムニスト
ももせいづみ

暮らし、ライフスタイルを主なテーマとするコラムニスト。 日々の暮らしから生まれるコラム、忙しくてもゆるりと楽しく暮らすためのアイデア、時短レシピ、生き方のアドバイスは男女問わず幅広い世代から支持を集めている。 新商品や話題の家電、生活用品などのヒット予測、使用分析にも強い。「願い事手帖の作り方」「スープジャーレシピ」など著書多数。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨、キッチン用品、ギフト・プレゼント
平野 慎也

「生活雑貨」「キッチン用品」「ギフト・プレゼント」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

◆本記事の公開は、2020年07月22日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「ミルブラシ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』
青芳『コーヒーミルブラシ』
青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』
HyQuality JP『コーヒーミルブラシ タイプ1』
Tigre Amore『クリーニングブラシ 4本セット』
REDECKER『espresso maker brush』
Melitta『セレクトグラインド クリーニングブラシ』
BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』
商品名 KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』 青芳『コーヒーミルブラシ』 青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』 HyQuality JP『コーヒーミルブラシ タイプ1』 Tigre Amore『クリーニングブラシ 4本セット』 REDECKER『espresso maker brush』 Melitta『セレクトグラインド クリーニングブラシ』 BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』
商品情報
特徴 長めの毛でこまかい部分まで掃除しやすい 幅広のブラシで一度に広範囲を掃除できる 長めのブラシで手の届きにくいところも掃除できる 柄についた吊り下げできるヒモが便利 4本セットでコーヒーミル以外の用途にも 信頼感のある老舗ブランドの一品 超小型ブラシで置き場所にも困らない 複数のツールでこまかい部品もしっかりお手入れ
毛の材質 繊維樹脂 化学繊維 豚毛 - - ナイロン - ナイロン
全長 20cm 19cm 19.6cm 20.5cm サイズ1:14.7cm、サイズ2:13.7cm、サイズ3:12.3cm、サイズ4:12.3cm 18cm 6cm ロンググリップハンドルナイロンブラシ:21.9cm、ショートオリジナルクリーニングツールブラシ:15.3cm
毛の長さ 6cm - 6cm - - 3cm - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月12日時点 での税込価格

ミルブラシとは? 必要なの?

手動式コーヒーミル
Pixabayのロゴ

コーヒーミルの掃除に欠かせないのがミルブラシ。種類もさまざまなので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

コーヒーミルでコーヒー豆を挽き、ドリップしてコーヒーを味わうのは至福の時ですよね。一方で、ミルの内部には、豆を挽いたときのこまかい粉がくっついて残るのでお手入れがたいへん。

ところが、多くのコーヒーミルは水を使って洗うことができません。そこで、ブラシを使ってお手入れをする必要があります。なかには、歯ブラシや100均のブラシを使ってお手入れをする人もいますが、専用のミルブラシならお手入れがもっとラクになります。

粉が残っていると雑味のもととなり、せっかくの豆から淹れるコーヒーの味を悪くすることも。お気に入りのミルを長く使うためにも、ぜひミルブラシで定期的に掃除をしてあげてください

ミルブラシを選ぶポイント 生活コラムニストに取材

ひと口にミルブラシといっても材質や形はさまざま。どのようなものを選べばいいか迷っている方もいるのではないでしょうか。ここではその選び方のポイントをご紹介します。

ブラシの毛に注目

最初のポイントは、粉や汚れを落とす重要な部分であるブラシの毛。材質以外にも考慮すべきポイントが多くあります。

毛先の「細さ」で選ぶ

 

コーヒーミルは手動・電動の2種類がありますが、とくに電動ミルは入り組んだ構造になっており、小さな隙間にコーヒーの粉がたまりがち。そのようなこまかいところを掃除するのであれば、毛先は細めの方がブラシが行き届きやすくなります。

とくにエスプレッソの粉はこまかいため、エスプレッソ用の粉を挽くためのコーヒーミルの場合は毛が細めのものを選びましょう

毛の「長さ」で選ぶ

 

コーヒーミルにはさまざまな形状があり、部品の形状もそれぞれ。そのため掃除するコーヒーミルに合わせて、毛の長さも変えると使いやすさを感じられます。奥行がある部品が多いならブラシの毛が長いもの、こまかい部品が多いなら毛が短いものを選ぶといいでしょう。長いものは、目安として5cm程度あれば十分です。

また、柄の長さとのバランスも大切です。たとえば縦長のコーヒー粉受けを掃除する場合、毛が短くても柄が長ければ、奥まで掃除しやすくなります。柄の長さも考慮して選ぶと、よりニーズに合ったものをみつけられるでしょう。

「材質」で選ぶ

 

ミルブラシの毛の材質は、豚毛と化学繊維の2種類が一般的です。豚毛は静電気が起きづらく、粉をスムーズに掃き出しやすいのがメリット。ほどよいかたさとコシで、隅にたまった粉も落としやすくなっています。

化学繊維は毛の太さ・かたさのバリエーションが豊富なことと、コストパフォーマンスの高さが魅力です。豚毛よりも静電気が起きやすい一面がありますが、抜け毛が少ないので安心して掃除しやすいメリットもあります。

握りやすい「柄」を選ぶ

 

コーヒーミルに直接触れる毛先も重要ですが、握りやすい形をした柄のものを選ぶことも大切です。

コーヒーミルはこまかい部品が多いので、手先の動きをコントロールできるものがベター。自分の手になじみやすい長さや形状のものを選ぶといいでしょう。

複数のブラシを使い分けても◎

 

ミルブラシはそれぞれの違いによって一長一短があります。たとえば幅が広いものは一度に広い範囲を掃除できますが、こまかいところは苦手だったりする場合もあります。

そこで、コーヒーミルの部品や特徴によって複数のブラシを使い分けるのもひとつの手です。適材適所でミルブラシを使い分けることで、掃除の効率も上がりやすくなるでしょう。

おしゃれなデザインで選ぶ

 

コーヒーミルはおしゃれな見た目のものが多く、インテリアとして置いている人もいるのではないでしょうか。こまめに掃除するためにも、ミルブラシはコーヒーミルの近くに置いておきたいもの。

おしゃれなミルブラシなら掃除する時間もきっと楽しみになるはず。ぜひミルブラシもコーヒーミルに合わせたおしゃれな見た目のものを選びましょう

小さなひと手間で汚れのストレスから開放! 生活コラムニストがアドバイス

生活コラムニスト:ももせいづみ

生活コラムニスト

ミルブラシの存在を知る前は、コーヒーミルが汚れるのは仕方ないとあきらめていました。ですがミルブラシを手に入れてからは、小さなひと手間で汚れのストレスから開放され、目からウロコが落ちるほどの快適さです。

汚れを落とす機能プラス、使って楽しいと思えるお気に入りのデザインを選んで、コーヒータイムを充実させてくださいね。

ミルブラシのおすすめ8選 お手入れがラクでおしゃれなデザインをピックアップ!

ここからは、具体的なミルブラシのおすすめ9選をご紹介します。これまでの選び方を考慮しつつ、ご自身のニーズに合いそうなものを探してみてください。コーヒーミルの掃除のしやすさはもちろん、掃除する気持ちが上がるものを選んでもいいですね

KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』

KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』 KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』 KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』 KIPROSTAR『コーヒーミルブラシ』
出典:Amazon この商品を見るview item

長めの毛でこまかい部分まで掃除しやすい

ミルブラシの中では長めの6cmの毛を使用。奥行のあるコーヒーミルの内部までしっかりと毛先が届き、残った粉を落とすことができます。

毛先にむかってくびれのある柄の形状で、このくびれが手になじみやすくしているポイント。毛にはほどよくコシがある繊維樹脂を使用しているので、幅広い部品の掃除に使いやすいでしょう。

青芳『コーヒーミルブラシ』

青芳『コーヒーミルブラシ』 青芳『コーヒーミルブラシ』 青芳『コーヒーミルブラシ』 青芳『コーヒーミルブラシ』
出典:Amazon この商品を見るview item

幅広のブラシで一度に広範囲を掃除できる

毛先は広範囲を掃除しやすい幅広い形状で、毛は太くかための質感の化学繊維を使用。柄が長めに作られているので、奥行のある部分も掃除しやすいミルブラシです。

柄にはフックにかけられる穴があいているので、手にとりやすい場所に置けるのもポイント。カラーはブラックで統一されていて、モダンな雰囲気のコーヒーミルとも相性がいいデザインです。コストパフォーマンスが高いのもうれしいですね。

青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』

青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』 青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』 青芳『バールコーヒーグラインダーブラシ』
出典:Amazon この商品を見るview item

長めのブラシで手の届きにくいところも掃除できる

6cmという長めの毛のミルブラシで、コーヒーミルの奥行のある部分もしっかりと掃除できます。毛にはほどよいかたさの豚毛を使用し、静電気の発生を抑制。ひもを通す穴があるのでキッチンのぶら下げ収納も可能です。

水洗いもできるので、ミルブラシ自体を清潔に保つことが可能です。絵筆のような持ちやすい柄の形状で、思いどおりの掃除がしやすいでしょう。

生活コラムニスト:ももせいづみ

生活コラムニスト

ミルブラシは使っているうちに結構汚れます。HyQuality JP『コーヒーミルブラシ タイプ1』はブラシ部分の汚れが目立ちにくく、ヒモがついているのでコーヒーミルの近くにぶら下げておくことができます。使ってみれば、そのよさを実感できるでしょう。

エキスパートのおすすめ

HyQuality JP『コーヒーミルブラシ タイプ1』

柄についた吊り下げできるヒモが便利

吊り下げのためのヒモがついたミルブラシ。このロープを使ってミルブラシの近くにかけておけば、思いついたときにいつでも取り出して掃除が可能。掃除の頻度を増やし、コーヒーの味をおいしく保つことができます。

ほどよく弾力性のある毛で、こまかく入り組んだコーヒーミルの掃除に適しています。木でできた柄も持ちやすく、軽い力でしっかりと掃除できるでしょう。

Tigre Amore『クリーニングブラシ 4本セット』

TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』 TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』 TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』 TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』 TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』 TigreAmore『クリーニングブラシ4本セット』
出典:Amazon この商品を見るview item

4本セットでコーヒーミル以外の用途にも

毛束が細いものから幅広いものなど、バラエティーに富んだブラシが4本セットになった商品。ふだんは広範囲が掃除しやすい幅広のブラシでササッと、こまかいところまで掃除したいときは細いブラシというように使い分けることができます。

コーヒーミル以外にも使用可能なクリーニングブラシなので、気に入ったらモニター、テレビ、カメラ、スマホといったデリケートな機器の掃除用に別購入してもいいでしょう。

REDECKER『espresso maker brush』

信頼感のある老舗ブランドの一品

1935年からブラシづくりを続けている、ドイツの老舗ブランド「レデッカー」のミルブラシ。こちらはブラシの先に角度がついているタイプで、エスプレッソマシンはもちろんコーヒーミルの掃除にも適している商品です。

毛は短くかための化学繊維を使用し、コーヒーミルの隅にたまった粉もしっかり払い落とすことができます。同じブランドから真っ直ぐな豚毛タイプも販売されているので、両方用意して使い分けてもいいかもしれません。

Melitta『セレクトグラインド クリーニングブラシ』

超小型ブラシで置き場所にも困らない

全長が6cmという超小型のミルブラシ。長めのミルブラシだと置く場所が限られるという人でも、これだけ小さなミルブラシならコーヒーミルの後ろなどに気軽に置いておくことができます。

小さくても毛先はかためで、こまかい部品までしっかり掃除が可能です。柄はアクリル製のホワイトカラーで、おしゃれな雰囲気を漂わせています。

生活コラムニスト:ももせいづみ

生活コラムニスト

BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』は、コーヒーマシーンを使っている人におすすめのブラシセットです。マシーンは意外なところが結構汚れているもの。2種類のブラシがあれば、さまざまな細かい場所に入り込んだ汚れも効率的に落とせます。

エキスパートのおすすめ

BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』

BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』 BagTu『コーヒークリーニングブラシツールセット』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

複数のツールでこまかい部品もしっかりお手入れ

2種類のミルブラシに加えて、ラテアート用のステンシルペンがセット。ミルブラシはそれぞれ柄が長いものと短いものがあり、適材適所で使い分けることで効率的にコーヒーミルを掃除することができます。

エスプレッソマシンでコーヒーを淹れる人のなかには、ラテアートに挑戦する人もいるでしょう。そんな人にうれしい複数ツールのお得なセットです。

コーヒーグッズでコーヒータイムを充実させよう!

コーヒータイムを至高の時間に!

この記事では、ミルブラシのおすすめをご紹介しました。

ミルブラシには材質の違いから毛の長さ、柄の握りやすさなど選び方のポイントがいくつもあります。もちろん、見た目も重要なポイントのひとつです。

この記事の選び方を参考に、ご自身のニーズに合ったミルブラシを選んでくださいね。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部