PR(アフィリエイト)

コーヒーキャニスターおすすめ25選|劣化を防ぎおしゃれに保存【真空保存も】

 コーヒーキャニスターおすすめ25選|劣化を防ぎおしゃれに保存【真空保存も】
 コーヒーキャニスターおすすめ25選|劣化を防ぎおしゃれに保存【真空保存も】

◆本記事はプロモーションが含まれています。

高温・高湿・酸素・光などにより劣化しやすいコーヒー豆。そんなときに便利なのが、コーヒー豆の劣化を防ぎ、しっかり保存してくれる「コーヒーキャニスター」

コーヒーの品質をできるだけ高い状態で保って美味しいコーヒーを淹れるためには、キャニスターの素材や容量などを確認することが大切です。

この記事では、コーヒーキャニスターの選び方とおすすめの商品を厳選。人気のニトリやスタバ、カルディ、ハリオなど幅広く厳選しました。蓋にパッキンがついて真空保存できるものや木製のおしゃれなデザインも要チェック!

記事後半には、Amazonなどの通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


この記事を担当するエキスパート

整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター
斉藤 夏枝
福岡出身。興奮すると博多弁が出てくる。お片付けとスッキリ空間とお掃除をこよなく愛する。 転勤族育ちで転勤族の妻となり多数の引っ越し経験からどんな暮らし方にもFITするシンプル収納が得意。 子供が生まれてモノが爆発的に増えてしまい、片づけられなかった経験をしてから、「片付け」を体系的に学ぶ。片付けのやり方、仕組みを作れば家は片付くという信念を持つ。 司会業の経験から「伝わる」片付けセミナーの講師や東京都内を中心としたお客様宅での整理収納サービスをしている。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品、住まい・DIY
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」「住まい・DIY」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

コーヒーキャニスターとは?使うメリットは? コーヒーの劣化を防ぐ

 

コーヒーキャニスターというのは、コーヒー豆の鮮度を保ったまま保存するための収納容器です。密閉性に優れた容器なので、湿気や酸素を遮断し、コーヒー豆の劣化を遅らせます。また、コーヒーキャニスターには様々なサイズや素材、デザインのものがあるのでインテリアとしてもおしゃれです。コーヒー豆とインテリアにこだわりたい人におすすめのアイテムですよ。

挽きたてのコーヒーは香りも味も抜群です!お気に入りのコーヒーキャニスターが決まったら、自分でコーヒーが挽けるコーヒーミルもぜひチェックしてみてください。

コーヒーキャニスターの選び方 容量や遮光性、素材などをチェック

机の上に並ぶコーヒーキャニスター
ペイレスイメージズのロゴ
机の上に並ぶコーヒーキャニスター
ペイレスイメージズのロゴ

ここからは、コーヒーキャニスターを選ぶときのポイントを紹介します。

ポイントは下記の通り。

【1】容量
【2】フタの種類
【3】遮光性
【4】素材
【5】+αの便利機能

上記のポイントをおさえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】1か月の消費量にあった容量を選ぶ

 

「コーヒー豆は生鮮食品」といわれるくらいに劣化や酸化によって風味が損なわれます。コーヒーキャニスターを選ぶ際には、1か月の消費量を目安に大きさを選んでみてください。

コーヒー豆100gの容量は約300ml。1日1杯コーヒーを飲む方であれば、1か月分の約400gのコーヒー豆が入る1200ml前後のがおすすめ

「買ってきたコーヒー粉を袋ごと入れたい」という場合は、大容量のコーヒーキャニスターを
選びましょう。コーヒー豆500gの袋を買っているとしたら、約1500mlの容量が必要です。

ただし、大容量のコーヒーキャニスターの中に少量の豆を保存してしまうと、空気に触れあう面積が大きくなってしまい酸化の原因にもなるので注意しましょう。

【2】フタの種類で選ぶ

 

コーヒー豆の油分が空気に触れると風味が劣化していくため、空気に触れないように密閉性の高いものを選びましょう。ほぼ真空に近い状態で保存できるタイプもあるので、おいしいコーヒーを飲みたい方は外気をシャットアウトしてくれるかどうかを判断してみてください。

ほかにもフタが二重になっているものや、フタを持って持ち上げても問題ないようなフタの種類を選ぶのがおすすめです。

【3】遮光性で選ぶ

 

コーヒー豆は光を浴びると劣化するので、直射日光を当てないように遮光性があるコーヒーキャニスターを選ぶとよいです。光を通しにくいステンレスや缶のもの、ホーロー製などがおすすめです。

デザインを気に入って購入したガラスやプラスチック製のコーヒーキャニスターを選んだ場合には、冷暗所で保存しましょう。

【4】素材の特徴から選ぶ

コーヒーキャニスターにはさまざまな素材で作られた商品がたくさん。それぞれの素材の特徴を紹介していきます!

ステンレスなどの金属製|遮光性・耐久性が高い

 

金属材料は水気に強く、遮光性が高いところがメリットです。また、ステンレスはサビにも強いので長く使えます。シンプルに磨き上げられたボディなどは味わいのあるデザイン。シンプルなものが好きな人は選んでみましょう。

ボディを薄く作ることで軽量化することができるので持ち運びなども楽にできます。使い回しがよい製品と言えます。

ガラス・ホーロー・陶器製|豆本来の味を守る

 

コーヒー豆に容器のにおいが移るのが気になる方は、「ガラス・ホーロー・陶器」のいずれかの素材を選ぶのがおすすめです。ガラスは、透明で中身が見やすいため、残りのコーヒー豆がどのくらいあるかを確かめることができます。ただ、遮光性が高いわけではないので、直射日光の当たる場所に置くのは避けましょう。

ホーロー製のものは、水分に強く密閉性が高いだけでなく、コーヒー豆に容器のにおいの影響を与えません。また、汚れや傷がつきにくいので、長期間使えるものを探している方におすすめです。

陶器製のコーヒーキャニスターは、重量感がありインテリアとしても高級感のあるアイテムが多いです。遮光性もいいので光によるコーヒー豆の劣化を防いでくれます。ただ、割れやすい素材なので長期間使いたいのであれば、取り扱いに気をつけなくてはなりません。

プラスチック・木製|軽くて使い勝手がいい

 

軽くて安全に扱えるものをお探しの方は「プラスチック・木製」で作られている製品がおすすめです。プラスチック製のものは、非常に軽く耐久性にも優れています。ただ、遮光性が高いものではないので、直射日光の当たらない場所で保存するようにしましょう。

木製のものは、ナチュラルで柔らかい印象を与えてくれるのでインテリアとしても人気な商品です。湿度の調整をしたり光を遮ったりしてくれるので、コーヒー豆の劣化も防ぎます。ただ、容器からのにおい移りが気になる人もいるかもしれません。

【5】+αの便利機能もチェック!

 

毎日のコーヒーをより気軽に楽しむための便利な機能が付いた商品もあります。例えば、容器や蓋に日付が表示されるものなら、美味しく飲める期間がいつまでかを把握することができます。

また、コーヒースプーンが付属してあるものを選べば、美味しく入れられるコーヒーの分量を量って淹れることができます。別途用意する必要が無いのも便利です。

コーヒーキャニスターの人気メーカーを紹介! ニトリ、ハリオ、野田琺瑯

コーヒーキャニスターを取り扱っているメーカーもさまざまです。いろいろな材料を用いてつくられていることもあり、それぞれの材料を知りつくしたメーカーが販売しています。

特色ある製品が多いのでいろいろと確認して自分のお気に入りのコーヒーキャニスターを選んでください。そのなかでもおすすめのメーカーをご紹介しましょう。

ニトリ|シンプルでコスパがいい

 

インテリアの大手メーカーであるニトリ。家具はもちろん、キッチン用品も豊富に取り揃えています。手に入れやすい商品がたくさんあることが魅力のひとつ。

白を基調としたアイテムが多く、シンプルだけれども実用的な機能を持った商品が多いです。コストパフォーマンスも高いので、初めてコーヒーキャニスターを使うという方も購入しやすいですね。

HARIO(ハリオ)|密閉度が高くデザインがおしゃれ

 

国内のみならず海外でもたくさんのファンがいるのが、ガラス製品を取り扱うハリオです。精巧にかつ確かな技術で作られた製品は、密閉度が高く、コーヒー豆の風味を逃さず、長く保存できます。

デザインがよく、写真映えするようなつくりのものばかりなので見ているだけでも癒しを与えてくれます。芸術と実用性が同居した製品です。

野田琺瑯|ホーロー製の温かみのあるデザインが人気

 

海外ではエナメルと呼ばれるホーロー素材は、国内では野田琺瑯がよく知られています。実用面では、メリットを活かした製品を多く生み出しており、使える道具がたくさんあります。

デザインについてもホーローだけが持つ色合いとかわいらしいフォルムをじゅうぶんに引き出した製品を作っています。使えば使うほどに愛されるものを日夜追い続けているメーカーです。

コーヒーキャニスターおすすめ25選 素材別にご紹介!

うえで紹介したコーヒーキャニスターの選び方のポイントをふまえて、ここからは、おすすめの商品を紹介していきます。

エキスパートのおすすめ

メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』

メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』
出典:Amazon この商品を見るview item
整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター:斉藤 夏枝

整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター

人気不動の定番コーヒーキャニスター!

コーヒー機器の総合メーカーであるメリタが、コーヒー豆の保存を考えてつくったコーヒーキャニスター。見た目や質感もスマートで、メリタの赤いロゴがアクセントになっています。

透明なフタなので、中の容量を目で確認することができます。さらにパッキンに密閉度の高いシリコンを使用しているので、酸素による劣化を防ぐことができ、コーヒー粉を入れても隙間からこぼれる心配がありません

200gの豆が入り、コーヒー用の計量スプーンが付属しているので、手軽に計量ができて便利です。機能的でシンプルなデザインのコーヒーキャニスターをお探しの方におすすめの商品です。

サイズ 幅110×奥行110×高さ130mm
材質 ステンレス
重量 280g
容量 800ml(コーヒー豆200g相当)

サイズ 幅110×奥行110×高さ130mm
材質 ステンレス
重量 280g
容量 800ml(コーヒー豆200g相当)

カルディ『オリジナル キャニスター缶』

コーヒーの保存容器として作られたオリジナル商品

コーヒーと輸入食品の人気ショップ「カルディ」から販売されているオリジナルコーヒーキャニスターです。コーヒーを保存するためだけに作られた容器で、密閉感は抜群です。

カルディのロゴが入っているだけのシンプルなデザインで、誰でも使いやすいアイテム。また、カラー展開が豊富で、自分の好きなカラーを選べるのもポイントです。

サイズ 約140×100mm(径)
材質 フタ、ボディ:スチール、パッキン:ポリエチレン
重量 -
容量 200~250g

サイズ 約140×100mm(径)
材質 フタ、ボディ:スチール、パッキン:ポリエチレン
重量 -
容量 200~250g

スターバックスコーヒージャパン『Reserve シリーズ ロゴキャニスター』

スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』 スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』 スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』 スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』 スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』 スターバックスコーヒージャパン『Reserveシリーズロゴキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

インテリアにぴったり! スタバのおしゃれデザイン

有名なコーヒー店であるスターバックスコーヒーのキャニスターです。約250gを保存できるキャニスターで、スチール製で出来ているので頑丈で壊れにくいアイテムとなっています。

フタの内側にはパッキンがついており、密閉状態にしてくれるのでコーヒー豆の参加や劣化を防いでくれます。シンプルなロゴとカラーでどんな家にも馴染むデザインなので、インテリアとして楽しみたい方にもおすすめです。

サイズ 10.6×10.6×14.3cm
材質 スチール製
重量
容量 250g

サイズ 10.6×10.6×14.3cm
材質 スチール製
重量
容量 250g

エキスパートのおすすめ

澤井珈琲『オリジナルキャニスター』

澤井珈琲『オリジナルキャニスター』 澤井珈琲『オリジナルキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item
整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター:斉藤 夏枝

整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター

大容量のコーヒーキャニスター!

本社を鳥取に置き、通販で有名な澤井珈琲がプロデュースしたオリジナルのコーヒーキャニスターです。コーヒー豆が500gも入るサイズはなかなかありません。

コーヒーをいつもまとめ買いしている、職場用として毎日たくさん使う、コーヒーの袋ごと収納したいという方には、こちらの大きいコーヒーキャニスターがおすすめです。

黒地にゴールドのデザインで高級感もあり、目に見えるところに出しっぱなしにしても魅力的なデザインです。

サイズ 直径130×高さ180mm(つまみ込200mm)
材質 カン
重量
容量 コーヒー豆500g相当

サイズ 直径130×高さ180mm(つまみ込200mm)
材質 カン
重量
容量 コーヒー豆500g相当

TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』

TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』 TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』 TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

コーヒースプーン付きの上質なデザイン

同メーカーが手掛ける全自動コーヒーメーカーに合うように作られた、マットブラックの質感がおしゃれなコーヒーキャニスター。

密閉性や遮光性に優れたステンレス製の容器で、コーヒー豆の鮮度をキープ。約200gのコーヒー豆が入るので、数週間程度でこまめに入れ替えたい方に向いています。

コーヒースプーンも付属したスタイリッシュなデザインで、毎日のコーヒータイムがより気軽で楽しくなるでしょう。

サイズ 約 φ78.6 × 158 mm
材質 本体:18-8ステンレス(アクリル塗装) ふた:天然木ウレタン塗装(シリコンパッキン付) メジャースプーン:ステンレス(ダメージ
重量 -
容量 コーヒー豆200g収容可能

サイズ 約 φ78.6 × 158 mm
材質 本体:18-8ステンレス(アクリル塗装) ふた:天然木ウレタン塗装(シリコンパッキン付) メジャースプーン:ステンレス(ダメージ
重量 -
容量 コーヒー豆200g収容可能

下村企販 『遮光 珈琲考具 キャニスター』

下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』 下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』 下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』 下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』 下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』 下村企販『遮光珈琲考具キャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

鮮度を保てるように計算されたサイズのキャニスター

コーヒー豆の鮮度は光や空気の影響で、時間が経てば劣化していってしまうもの。こちらは遮光性と密閉性が高い容器なので、鮮度を長持ちさせいつでもおいしいコーヒーを入れることができます。

収納できるコーヒー豆の量は約100gとなっており、鮮度を保てるように計算されています。適正な量を入れることができ、コーヒーの風味を落としたくない方におすすめですよ。

サイズ 外径7.9×高さ11.4cm 内径7.4×深さ8.3cm
材質 18-8ステンレス
重量 165g
容量 100g

サイズ 外径7.9×高さ11.4cm 内径7.4×深さ8.3cm
材質 18-8ステンレス
重量 165g
容量 100g

Melitta(メリタ)『コーヒー キャニスター』

Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒーキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

さくらを使ったフタで温かみのある雰囲気

フタには国産のさくらが使われており、ぬくもりを感じるデザインになっています。シンプルながらこだわりが垣間見えるコーヒーキャニスターは、お部屋のインテリアとしても活用できるでしょう。

容量が大きいため、たくさんコーヒーを飲む方におすすめのアイテムです。また、計量スプーンがついており、コーヒーを入れる際にも便利です。

サイズ 幅11×奥行11×高さ13cm
材質 本体/ステンレス、フタ/ヤマザクラ
重量 200g
容量 800ml

サイズ 幅11×奥行11×高さ13cm
材質 本体/ステンレス、フタ/ヤマザクラ
重量 200g
容量 800ml

Kalita(カリタ)『キャニスター All Clear Bottle 250』

Kalita(カリタ)『キャニスターAllClearBottle250』 Kalita(カリタ)『キャニスターAllClearBottle250』 Kalita(カリタ)『キャニスターAllClearBottle250』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

密封度が高く香りが逃げない

1958年創業以来、60年にわたりコーヒー器具の開発・製造に特化してきた老舗コーヒー関連器具メーカーのカリタの製品です。容器の密封度が高く、コーヒー豆の香りが逃げないコーヒーキャニスター。

広口だからお手入れ簡単で、抗菌パッキンで衛生的、さらにガラス製で匂い移りが少ないことも特徴。コーヒーのすり切りに便利な専用メジャーカップ付きも嬉しいポイントです。

サイズ 104×104×134
材質 本体/ソーダガラス、フタ/スチロール樹脂、パッキン/抗菌ポリエチレン、メジャーカップ/PP樹脂
重量 503g
容量 750ml(コーヒー豆約250g)

サイズ 104×104×134
材質 本体/ソーダガラス、フタ/スチロール樹脂、パッキン/抗菌ポリエチレン、メジャーカップ/PP樹脂
重量 503g
容量 750ml(コーヒー豆約250g)

エキスパートのおすすめ

HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』

HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』
出典:Amazon この商品を見るview item
整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター:斉藤 夏枝

整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター

耐熱ガラスメーカー製、コスパがいいキャニスター

HARIOはコーヒーサーバーだけでなく、フラスコやビーカーなども製造する耐熱ガラスメーカーで、たしかな品質が魅力です。

200gと300gの2サイズを展開していて、フタのカラーも黒と赤を選べるので、数種類のコーヒー豆・粉、そのほかお茶パックやだしパックなどの保存容器をシリーズでそろえることが可能です。

また食洗機で使用可能な点もうれしいポイント。値段と品質のバランスが取れた、コスパのいいガラスキャニスターをお探しの方におすすめです。

サイズ 幅99×奥行99×高さ142mm
材質 ガラスボール:耐熱ガラス、フタ:ABS樹脂、パッキン:シリコーンゴム、フタ金属部品:ステンレス
重量 約300g
容量 800ml(コーヒー粉200g相当)

サイズ 幅99×奥行99×高さ142mm
材質 ガラスボール:耐熱ガラス、フタ:ABS樹脂、パッキン:シリコーンゴム、フタ金属部品:ステンレス
重量 約300g
容量 800ml(コーヒー粉200g相当)

エキスパートのおすすめ

HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』

HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』
出典:Amazon この商品を見るview item
整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター:斉藤 夏枝

整理収納アドバイザー/インテリアコーディネーター

挽いた粉をそのまま保管! 一台二役のキャニスター

コーヒーミルの購入も検討している方におすすめしたい、コーヒーミルと保存容器が一体化したキャニスターミルです。

下の部分がガラスになっており、どのくらいの豆を挽いたのか目で見えるので、調整しながら好きな分だけ挽くことができます。

また底部分にシリコンカバーがついていて、コーヒーを挽いているときに滑りにくいよう工夫されています。そしてなによりうれしいのが、ガラス製であるため洗って清潔に保つことができます

コーヒーは挽きたてがとくに香りが豊かですので、コーヒーの香りがとにかく好きという方にピッタリです。

サイズ 幅208×奥行105×高さ215mm
材質 ホッパー・バンド・ハンドル:鉄、臼:セラミック、木部本体・ハンドルツマミ:天然木、パッキン・滑り止めカバー:シリコーンゴム、ほか
重量 約900g
容量 コーヒー粉120g相当

サイズ 幅208×奥行105×高さ215mm
材質 ホッパー・バンド・ハンドル:鉄、臼:セラミック、木部本体・ハンドルツマミ:天然木、パッキン・滑り止めカバー:シリコーンゴム、ほか
重量 約900g
容量 コーヒー粉120g相当

富士商『Felio エアリデューサー スリム』

富士商『Felioエアリデューサースリム』 富士商『Felioエアリデューサースリム』 富士商『Felioエアリデューサースリム』 富士商『Felioエアリデューサースリム』 富士商『Felioエアリデューサースリム』 富士商『Felioエアリデューサースリム』
出典:Amazon この商品を見るview item

空気を抜いて新鮮食材を長期保存

密閉度が高いため食品の酸化を防ぎ、湿気にくく食材が傷みにくい保存容器です。密閉されているので、コーヒー豆も長期保存が可能で風味が変化しにくくなります。

さらにガラス製のため、気になるニオイうつりや色うつりもありません。スリムなデザインでキッチン収納も便利。狭いキッチンスペースでも置く場所をとりません。コーヒー豆だけでなく、LLサイズはパスタも入るサイズなので様々な用途に便利に使うことができます。

サイズ φ9.5×29cm
材質 ガラス、上蓋/ABS樹脂(メッキ塗装)・シリコン
重量 -
容量 1800cc

サイズ φ9.5×29cm
材質 ガラス、上蓋/ABS樹脂(メッキ塗装)・シリコン
重量 -
容量 1800cc

キントー『BOTTLIT キャニスター』

キントー『BOTTLITキャニスター』 キントー『BOTTLITキャニスター』 キントー『BOTTLITキャニスター』 キントー『BOTTLITキャニスター』 キントー『BOTTLITキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

アクセントになる見せるインテリア

透明のボトルでキッチンやテーブルに置けばインテリアのアクセントになる見せるタイプのキャニスターです。

ボトル型のデザインなので、容器を傾けるだけで中身を出すことができ、手を汚したくない方や手間をかけたくない方にもぴったりのアイテム。中身が透けて見えるので、コーヒー豆の補充のタイミングや買い足すタイミングを見ることができるのもポイントです。

サイズ 12.7 x 9.91 x 26.16 cm
材質 ガラス
重量 258.55 g
容量 600ml

サイズ 12.7 x 9.91 x 26.16 cm
材質 ガラス
重量 258.55 g
容量 600ml

クラスフィル『エアリデューサー スリム』

クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』 クラスフィル『エアリデューサースリム』
出典:Amazon この商品を見るview item

液体を入れてもこぼれないくらい密閉性が高い

余分な空気を抜いて密閉するタイプのコーヒーキャニスターで、液体を入れてもこぼれないほどの密閉性を誇ります。コーヒー豆の酸化や劣化を防ぎ、いつでも新鮮なコーヒー豆を使えます。

ガラスでできているので、においがつかないのも嬉しいポイント。また、本体は軽いため力の少ない人でも扱いやすいでしょう。

サイズ 容器:約 直径9.5×高さ9cm
材質 ガラス
重量 約150g
容量 600ml

サイズ 容器:約 直径9.5×高さ9cm
材質 ガラス
重量 約150g
容量 600ml

IKEA『365+ガラス/竹』

IKEA『365+ガラス/竹』 IKEA『365+ガラス/竹』 IKEA『365+ガラス/竹』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

におい移りしにくく長く使える容器

容器はガラスでできており、におい移りしにくいため長く使えるアイテムです。素材が頑丈なので、食器洗い乾燥機を使って洗うこともできます。

また、フタは自然を感じさせる竹を使って作られており、ほっとするようなデザインです。インテリアにこだわりのある方も使いやすいシンプルなデザインなので、コーヒーキャニスターだけでなく自宅の収納に使ってみて下さい。

サイズ 高さ: 17 cm 直径: 14 cm
材質 ガラス/竹
重量 -
容量 1.7L

サイズ 高さ: 17 cm 直径: 14 cm
材質 ガラス/竹
重量 -
容量 1.7L

ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』

ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』 ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』 ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

キッチンをおしゃれなキャニスターで揃えられる

ニトリのかわいらしいコーヒーキャニスター。フタには天然木が使われているのもおしゃれなポイントです。

ほかにも同じデザインで「塩」や「砂糖」を保存するキャニスターも揃えられるので、キッチン雑貨をおしゃれにしたい方にもおすすめです。

サイズ 幅100×奥行100×高さ130mm
材質 磁器、天然木
重量 約430g
容量 600ml

サイズ 幅100×奥行100×高さ130mm
材質 磁器、天然木
重量 約430g
容量 600ml

ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』

ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』 ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』 ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』 ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』 ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』
出典:Amazon この商品を見るview item

ブランドの原点ともいえるアイテム

アメリカ最大手のコーヒーチェーンでも、こちらのキャニスターがコーヒー豆の保存容器として採用されていた実績のある商品です。高い密封性に加え、光から食品の変質を防ぐ透光性がない陶器の本体は、豆の劣化をしっかりと防ぎます。

また、新潟県で作られるステンレスパーツは、サビに強く上質で、高品質高耐久かつ機能性も抜群の商品です。

サイズ 直径10.5×高さ12.6cm
材質 本体/陶器 金具/18-8ステンレス パッキン/シリコン
重量 -
容量 400cc

サイズ 直径10.5×高さ12.6cm
材質 本体/陶器 金具/18-8ステンレス パッキン/シリコン
重量 -
容量 400cc

野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』

野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』
出典:Amazon この商品を見るview item

S、M、Lとコーヒー豆の量によってサイズが選べる

野田琺瑯の保存容器です。シール蓋と琺瑯蓋の2重蓋が可能なので、湿気や乾燥からコーヒー豆を守ってくれます

コーヒー豆以外にも茶葉やショートパスタ、調味料などさまざまなものの保存に便利。SサイズやMサイズ、Lサイズと入れるものの容量によって選べるのも魅力です。

サイズ 幅116×奥行116×高さ93mm
材質 本体:琺瑯、内フタ:ポリエチレン(EVA樹脂)
重量 約420g
容量 800ml

サイズ 幅116×奥行116×高さ93mm
材質 本体:琺瑯、内フタ:ポリエチレン(EVA樹脂)
重量 約420g
容量 800ml

KINTO(キントー)『SCS コーヒーキャニスター』

KINTO(キントー)『SCSコーヒーキャニスター』 KINTO(キントー)『SCSコーヒーキャニスター』 KINTO(キントー)『SCSコーヒーキャニスター』 KINTO(キントー)『SCSコーヒーキャニスター』 KINTO(キントー)『SCSコーヒーキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

豆の風味を長く保つ

直射日光を遮り、コーヒー豆の風味を長く保つ磁器製のコーヒーキャニスターです。気密性を重視したパッキン付防湿蓋で、防湿性が高いため、豆や茶葉の保存に最適。おしゃれなキッチンによく合うデザインが特徴的です。

中には約200gのコーヒー豆を入れることができます。スローでリラックスした穏やかな時間を過ごすことをコンセプトに、展開されているコーヒーウェア商品の一つです。

サイズ Φ110×H115mm
材質 磁器、シリコーン
重量 -
容量 600ml

サイズ Φ110×H115mm
材質 磁器、シリコーン
重量 -
容量 600ml

CB JAPAN(シービージャパン)『THE ALAW キャニスター』

CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』 CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』 CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』 CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』 CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』 CBJAPAN(シービージャパン)『THEALAWキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

積み重ねて収納するのもアリ!

日本の技術を生かして作り上げた琺瑯製のキャニスター。木製のフタにはシリコンのパッキンが付いているので、空気に触れることによる酸化を抑えます。

匂いが付きにくく酸にも強いので、スパイスやレモンなどの保存もできる万能容器。フタのくぼみによって重ねて収納することができるので、他の調味料用にまとめて揃えるのもおしゃれです。

劣化しづらいので、使い続けてもグレーの美しい色合いと艶やかな光沢が長持ちします。

サイズ 約幅11.5×奥行10.5×高12cm
材質 ほうろう用鋼板
重量 約440g
容量 約0.6L

サイズ 約幅11.5×奥行10.5×高12cm
材質 ほうろう用鋼板
重量 約440g
容量 約0.6L

ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』

ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』 ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』 ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

シンプルでベーシックなデザインが大人気

温かみのあるホワイトと木製のフタでできているシンプルでベーシックなデザインのコーヒーキャニスターです。どんなテイストのインテリアにもよく馴染むので、自宅の雰囲気を崩したくない方にもおすすめ。

木製のフタの部分にはチーク材を使っており、水に強くキッチンに置いておいても汚れにくい素材です。パッキンが内側についているので、コーヒー豆の劣化もきちんと防いでくれます。

サイズ 90×99mm
材質 本体:白磁 蓋:天然木(チーク材/シリコンパッキン付き)
重量
容量 320ml

サイズ 90×99mm
材質 本体:白磁 蓋:天然木(チーク材/シリコンパッキン付き)
重量
容量 320ml

ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』

ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』 ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』 ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

独自のキャップシステムで酸化を防ぐ

液漏れや酸化を防いでくれる独自のキャップシステムを採用しており、コーヒー豆を新鮮に保ちます。パッキンを使っていないので、衛生的にも良く、何度も繰り返し使えるアイテムです。

また、容器にはメモリがついており、コーヒー豆の量やコーヒーを入れるときの計量にも役立ちます。どんな場面でも活用できる便利な機能付きのコーヒーキャニスターでしょう。

サイズ -
材質 〔本体〕飽和ポリエステル樹脂 〔キャップ〕ポリプロピレン
重量 -
容量 150g

サイズ -
材質 〔本体〕飽和ポリエステル樹脂 〔キャップ〕ポリプロピレン
重量 -
容量 150g

パール金属『ブレイクタイム ロック式 キャニスター』

パール金属『ブレイクタイムロック式キャニスター』 パール金属『ブレイクタイムロック式キャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

しっかりロックできて安心して使えるデザイン

暗いカラーの木目が特徴的なコーヒーキャニスターです。大人でレトロな雰囲気を感じさせるので、インテリアとしてもおしゃれです。

しっかりとロックできる機能がついており、コーヒー豆の酸化を防ぐのはもちろん、落とした時に中身が散らばらないようになっています。高いところに保管する場合でも安心して使えるアイテムでしょう。

サイズ (約)140×105×155mm
材質 本体・ふた・スプーン:AS樹脂  パッキン:シリコーンゴム  その他の材料:鉄(クロムめっき)
重量 310g
容量 800mm

サイズ (約)140×105×155mm
材質 本体・ふた・スプーン:AS樹脂  パッキン:シリコーンゴム  その他の材料:鉄(クロムめっき)
重量 310g
容量 800mm

OXO(オクソー)『 ステンレス ポップコンテナ ビッグスクエア ショート』

OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』 OXO(オクソー)『ステンレスポップコンテナビッグスクエアショート』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワンタッチで簡単開閉

ワンタッチ開閉が便利なOXOの密閉容器は、コーヒー豆の保存にぴったり。約2.6Lの大容量で、コーヒー豆をたっぷり保存することができます。サイズによってはコーヒー豆の袋ごと入れることもできるので便利。

シリコンパッキンでしっかり密閉する蓋は、分解してお手入れできるので清潔に使えます。他の調味料の保存も兼ねて、サイズ違いで揃えるのもおすすめです。

サイズ 約縦16×横16×高さ16cm
材質 容器:AS樹脂 フタ:ステンレス鋼・ポリアセタール・ABS樹脂 プレート:ポリプロピレン パッキン:シリコーンゴム
重量 約564g
容量 約2.6L

サイズ 約縦16×横16×高さ16cm
材質 容器:AS樹脂 フタ:ステンレス鋼・ポリアセタール・ABS樹脂 プレート:ポリプロピレン パッキン:シリコーンゴム
重量 約564g
容量 約2.6L

TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック 800ml』

TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック800ml』 TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック800ml』 TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック800ml』 TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック800ml』
出典:Amazon この商品を見るview item

軽くて丈夫! ワンタッチ密閉で鮮度を守る

酸性・アルカリ性にも強いPET樹脂を使用しているので、様々な食材の保存に便利。透明度が高いので食材を美しく保存できます。

角型形状なので横置きでも収納しやすく、クリアな蓋から中身が一目で分かります。

ワンタッチで開閉する蓋は、湿気から食材を守る「フレッシュロック」を採用。コーヒー豆の鮮度を保ちながら保存することが可能です。

サイズ (約)幅9.7×奥行11×高さ12.5cm
材質 本体/PET、フタ/ポリプロピレン、上フタ/飽和ポリエステル樹脂 、パッキン/シリコーンゴム
重量 145g
容量 800ml

サイズ (約)幅9.7×奥行11×高さ12.5cm
材質 本体/PET、フタ/ポリプロピレン、上フタ/飽和ポリエステル樹脂 、パッキン/シリコーンゴム
重量 145g
容量 800ml

籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』

籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』
出典:Amazon この商品を見るview item

自然の風合いが美しい木製キャニスター

ナチュラルな雰囲気のキャニスターをお探しの方には、温かみのある木製キャニスターがおすすめ。

「籐芸(TOUGEI)」が作り出す木製食器は、日常生活に馴染む実用的な商品が魅力です。そんな籐芸が作るコーヒーキャニスターは、木目の落ち着いた風合いが美しく、インテリアに馴染みやすいデザインです。

フタのシリコンパッキンによって密閉性を高め、コーヒーの湿気や酸化を抑えます。また、木製キャニスターは割れにくいので、落としても安心。お子さまがいる家庭でも安全に使えるでしょう。

サイズ 約φ95×97mm
材質 天然木(ビーチ材)、シリコン(パッキン部分)
重量 ‎50g
容量 約250ml(コーヒー豆をひいて入れる場合の容量は約125g)

サイズ 約φ95×97mm
材質 天然木(ビーチ材)、シリコン(パッキン部分)
重量 ‎50g
容量 約250ml(コーヒー豆をひいて入れる場合の容量は約125g)

「コーヒーキャニスター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』
カルディ『オリジナル キャニスター缶』
スターバックスコーヒージャパン『Reserve シリーズ ロゴキャニスター』
澤井珈琲『オリジナルキャニスター』
TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』
下村企販 『遮光 珈琲考具 キャニスター』
 Melitta(メリタ)『コーヒー キャニスター』
Kalita(カリタ)『キャニスター All Clear Bottle 250』
HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』
HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』
富士商『Felio エアリデューサー スリム』
キントー『BOTTLIT キャニスター』
クラスフィル『エアリデューサー スリム』
IKEA『365+ガラス/竹』
ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』
ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』
野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』
KINTO(キントー)『SCS コーヒーキャニスター』
CB JAPAN(シービージャパン)『THE ALAW キャニスター』
ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』
ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』
パール金属『ブレイクタイム ロック式 キャニスター』
OXO(オクソー)『 ステンレス ポップコンテナ ビッグスクエア ショート』
TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック 800ml』
籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』
商品名 メリタ『ステンレスキャニスター(MJ-2156)』 カルディ『オリジナル キャニスター缶』 スターバックスコーヒージャパン『Reserve シリーズ ロゴキャニスター』 澤井珈琲『オリジナルキャニスター』 TWINBIRD(ツインバード)『キャニスター&メジャースプーン』 下村企販 『遮光 珈琲考具 キャニスター』 Melitta(メリタ)『コーヒー キャニスター』 Kalita(カリタ)『キャニスター All Clear Bottle 250』 HARIO『珈琲キャニスターM(MCN-200B)』 HARIO『キャニスターコーヒーミル(CMHN-4)』 富士商『Felio エアリデューサー スリム』 キントー『BOTTLIT キャニスター』 クラスフィル『エアリデューサー スリム』 IKEA『365+ガラス/竹』 ニトリ『磁器キャニスター(COFFEE)』 ZEROJAPAN『コーヒーキャニスター150』 野田琺瑯『TUTU(ツツ)S』 KINTO(キントー)『SCS コーヒーキャニスター』 CB JAPAN(シービージャパン)『THE ALAW キャニスター』 ロロ(lolo)『陶器のキャニスター』 ナルゲン『コーヒービーンズキャニスター』 パール金属『ブレイクタイム ロック式 キャニスター』 OXO(オクソー)『 ステンレス ポップコンテナ ビッグスクエア ショート』 TAKEYA(タケヤ化学工業)『フレッシュロック 800ml』 籐芸(TOUGEI)『木のキャニスター』
商品情報
特徴 人気不動の定番コーヒーキャニスター! コーヒーの保存容器として作られたオリジナル商品 インテリアにぴったり! スタバのおしゃれデザイン 大容量のコーヒーキャニスター! コーヒースプーン付きの上質なデザイン 鮮度を保てるように計算されたサイズのキャニスター さくらを使ったフタで温かみのある雰囲気 密封度が高く香りが逃げない 耐熱ガラスメーカー製、コスパがいいキャニスター 挽いた粉をそのまま保管! 一台二役のキャニスター 空気を抜いて新鮮食材を長期保存 アクセントになる見せるインテリア 液体を入れてもこぼれないくらい密閉性が高い におい移りしにくく長く使える容器 キッチンをおしゃれなキャニスターで揃えられる ブランドの原点ともいえるアイテム S、M、Lとコーヒー豆の量によってサイズが選べる 豆の風味を長く保つ 積み重ねて収納するのもアリ! シンプルでベーシックなデザインが大人気 独自のキャップシステムで酸化を防ぐ しっかりロックできて安心して使えるデザイン ワンタッチで簡単開閉 軽くて丈夫! ワンタッチ密閉で鮮度を守る 自然の風合いが美しい木製キャニスター
サイズ 幅110×奥行110×高さ130mm 約140×100mm(径) 10.6×10.6×14.3cm 直径130×高さ180mm(つまみ込200mm) 約 φ78.6 × 158 mm 外径7.9×高さ11.4cm 内径7.4×深さ8.3cm 幅11×奥行11×高さ13cm 104×104×134 幅99×奥行99×高さ142mm 幅208×奥行105×高さ215mm φ9.5×29cm 12.7 x 9.91 x 26.16 cm 容器:約 直径9.5×高さ9cm 高さ: 17 cm 直径: 14 cm 幅100×奥行100×高さ130mm 直径10.5×高さ12.6cm 幅116×奥行116×高さ93mm Φ110×H115mm 約幅11.5×奥行10.5×高12cm 90×99mm - (約)140×105×155mm 約縦16×横16×高さ16cm (約)幅9.7×奥行11×高さ12.5cm 約φ95×97mm
材質 ステンレス フタ、ボディ:スチール、パッキン:ポリエチレン スチール製 カン 本体:18-8ステンレス(アクリル塗装) ふた:天然木ウレタン塗装(シリコンパッキン付) メジャースプーン:ステンレス(ダメージ 18-8ステンレス 本体/ステンレス、フタ/ヤマザクラ 本体/ソーダガラス、フタ/スチロール樹脂、パッキン/抗菌ポリエチレン、メジャーカップ/PP樹脂 ガラスボール:耐熱ガラス、フタ:ABS樹脂、パッキン:シリコーンゴム、フタ金属部品:ステンレス ホッパー・バンド・ハンドル:鉄、臼:セラミック、木部本体・ハンドルツマミ:天然木、パッキン・滑り止めカバー:シリコーンゴム、ほか ガラス、上蓋/ABS樹脂(メッキ塗装)・シリコン ガラス ガラス ガラス/竹 磁器、天然木 本体/陶器 金具/18-8ステンレス パッキン/シリコン 本体:琺瑯、内フタ:ポリエチレン(EVA樹脂) 磁器、シリコーン ほうろう用鋼板 本体:白磁 蓋:天然木(チーク材/シリコンパッキン付き) 〔本体〕飽和ポリエステル樹脂 〔キャップ〕ポリプロピレン 本体・ふた・スプーン:AS樹脂  パッキン:シリコーンゴム  その他の材料:鉄(クロムめっき) 容器:AS樹脂 フタ:ステンレス鋼・ポリアセタール・ABS樹脂 プレート:ポリプロピレン パッキン:シリコーンゴム 本体/PET、フタ/ポリプロピレン、上フタ/飽和ポリエステル樹脂 、パッキン/シリコーンゴム 天然木(ビーチ材)、シリコン(パッキン部分)
重量 280g - - 165g 200g 503g 約300g 約900g - 258.55 g 約150g - 約430g - 約420g - 約440g - 310g 約564g 145g ‎50g
容量 800ml(コーヒー豆200g相当) 200~250g 250g コーヒー豆500g相当 コーヒー豆200g収容可能 100g 800ml 750ml(コーヒー豆約250g) 800ml(コーヒー粉200g相当) コーヒー粉120g相当 1800cc 600ml 600ml 1.7L 600ml 400cc 800ml 600ml 約0.6L 320ml 150g 800mm 約2.6L 800ml 約250ml(コーヒー豆をひいて入れる場合の容量は約125g)
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年04月05日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コーヒーキャニスターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのコーヒーキャニスターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:コーヒー用保存容器ランキング
楽天市場:コーヒーキャニスターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

鮮度が落ちてしまったコーヒーの活用法は? 飲む以外にも!

コーヒーキャニスターに入ったコーヒー豆とコーヒースプーン
ペイレスイメージズのロゴ
コーヒーキャニスターに入ったコーヒー豆とコーヒースプーン
ペイレスイメージズのロゴ

正しく保存していても長期間放置していると、おいしく飲めなくなってしまうこともあります。そうなった場合、すぐに捨てずに観葉植物の肥料やグリルのにおい消しとして活用してみましょう。

コーヒー豆には消臭成分があるので、においが気になるところに置いておくだけでもOKです。無駄のないように活用していきましょう。

美味しいコーヒー豆を探そう! 【関連記事】

コーヒー豆を美味しく保存できるコーヒーキャニスターが決まったら、次は美味しいコーヒーが楽しめるコーヒー豆にもこだわってみましょう!下の記事では通販や市販のコーヒー豆や粉の選び方やおすすめの商品を紹介しています。焙煎方法や味なども詳しく解説されているので、気になる方は読んでみてくださいね♪

コーヒー豆の劣化を防いで、充実したコーヒーライフを! いかがでしたか?

コーヒーが好きな人や飲むのが日常になっている人にとって、豆や粉の香りや味は重要なポイントです。コーヒーをおいしく飲むためにも、お気に入りのコーヒーキャ二スターを見つけて、コーヒー豆やコーヒー粉の酸化や劣化を防ぎましょう。

コーヒーキャニスターにはいろんな種類があり、素材やデザインも豊富にあります。そのため好みの見た目と機能性を持つあなたにぴったりのアイテムに巡り合えるはずです!

インテリアとしても楽しむことができるので、お部屋の雰囲気に統一してみてもいいでしょう。お気に入りのコーヒーキャニスターが見つかれば、今よりもっと充実したコーヒーライフを送ることができるはずです。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button