軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

軽い力で楽に消せる!『エアイン』の驚きの使いやすさを検証レビュー

『エアイン』は、素材にAIR(エアー)を入れ、どれだけ使い続けても、いつでもカドで消す感触を実感できる新感覚の消しゴムです。また、軽い力で鉛筆で書いた文字や図形などがきれいに素早く消せます。市販の消しゴムに大きな違いがあるのか疑問に思いながらも使い心地が気になる人もいるでしょう。本記事では、『エアイン』と、関連商品である『ダブルエアイン』の機能性について比較しながら検証してみました。購入を検討している人はもちろん、少しでも興味のある人はぜひ読んでみてください。


『エアイン』を実際に購入し使ってみました

エアインとダブルエアイン

消しゴムでシャープペンや鉛筆の文字を消していると、文字がゴムでこすれて黒くなるだけで、消したい部分がなかなかきれいにならないと感じたことはありませんか?

『エアイン』は、製造過程で素材の中にAIRが入っており、軽い力でこすっても短時間できれいに消すことができる新感覚の消しゴムです。

現代では100円ショップでお得に購入できる消しゴムもたくさんあり、「消え方にそんな違いがあるの?」と疑問に思う人も多いと思います。

本記事では、『エアイン』を実際に購入し、その機能性について検証してみました。また、関連商品として販売されている『ダブルエアイン』との違いについても筆者が感じたことや使ってみた結果を正直にお伝えします。

新しい消しゴムを探している人は、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

『エアイン』はどんな消しゴム? 公式サイトの情報などを調査

プラス 消しゴム エアイン ホワイト 60サイズ 13g 10個入 ER-060AI

プラスが製造・販売する『エアイン』は、無数の気孔をもつセラミックスパウダーを配合することで、いつでもカドで消す感触を実現。また、消しゴムの粒子が鉛筆の黒鉛粒子を包み込み、書いた跡をきれいに消してくれます。

セラミックスパウダーにAIRが入っていることで、軽い消し心地が実感できるのも特徴です。

ケースも、消しゴムを使い続けることによる折れを無くすため、ケースの上部に半円の切込が入っています。

関連商品の『ダブルエアイン』は、エアインにも使われている多孔質(AIR入り)セラミックスパウダーに加え、AIR入りのカプセルパウダーを配合。『エアイン』よりも軽い消し心地が実感できるようになっています。『ダブルエアイン』のほうにはケースの切り込みは入っていません。

『エアイン』の口コミ&評判 SNSやECサイトでの評価は?

エアイン口コミ

『エアイン』も『ダブルエアイン』も商品の特徴のとおり、「軽い力でもきれいに消える」といった口コミが圧倒的に多い印象です。そのほかにもいろいろな意見があったので、ポジティブな口コミ、ネガティブな口コミに分けて紹介します。

ポジティブな口コミ

『エアイン』と『ダブルエアイン』の両方に見られた口コミとしては、「軽い力でも消せる」のほかに、「ほどよい硬さで使いやすい」「濃い文字でも楽にきれいに消せる」といった意見が多くみられました。鉛筆だけではなく、「靴の汚れもきれいに消える」と、本来の用途とは違う使い方での魅力を感じている人もいます(※)。

ただ、硬さについては、「柔らかい」「硬い」の意見が混在しており、人によって感じ方が違うようです。

そのほか、『ダブルエアイン』に多かった意見としては、「消しクズが少ない」「消しクズがまとまる」などがありました。

※個人の感想です

ネガティブな口コミ

「軽い力できれいに消せる」の意見が多い中、「何の変哲もない普通の消しゴム」と感じている人もいるようです。

『エアイン』については、「減りが早い」といった意見もありました。

『エアイン』を実際に使用してわかったこと 検証レビュー

エアインとダブルエアインを手に乗せる

「楽に綺麗に消せる」といった高評価な意見が多い中、「普通の消しゴムと変わらない」との口コミもあった『エアイン』と『ダブルエアイン』。筆者は、日ごろは100円ショップで購入した消しゴムを使っているため、使用感に違いはあるのかとても気になりました。

そこで、実際に『エアイン』と『ダブルエアイン』を購入し、「持ちやすさ」「消しやすさ」「消し跡のきれいさ」「消しカスの少なさ」など、気になる点について検証してみました。

持ちやすさは?

『エアイン』は60サイズで、幅19×奥行48×高さ11mm、『ダブルエアイン』は、レギュラーを購入したので、幅23×奥行き55×高さ11mm。4mmの差ではありますが、横幅の狭い『エアイン』のほうが、手の小さめの筆者の手にフィットする感じがしました。

消しやすさは?

『エアイン』と『ダブルエアイン』を比較すると、『エアイン』のほうが若干ですが柔らかく、消すときの抵抗感が大きいように思いました。

どちらも軽くなぞる程度の力できれいに消せますが、『ダブルエアイン』のほうがより軽い力で消せます

ゴム特有のグニャグニャと動く程度の弾力が好みの人は『エアイン』、硬さを求める人は『ダブルエアイン』がおすすめです。

消し跡のきれいさは?

エアイン消し跡

まずは『エアイン』で消した跡を確認してみましょう。それほど一生懸命に消さなくても、写真のような仕上がりになります。

ダブルエアイン消し跡

次に『ダブルエアイン』を確認。差がわかるように、同じくらいの力で、同じくらいの回数で消したところ、『エアイン』より『ダブルエアイン』のほうがよりきれいになっていると感じました。

また、『エアイン』も『ダブルエアイン』も消しているときに黒い鉛筆の黒鉛がゴムで広がっている様子はなく、消しゴムについた黒鉛も紙に写ることはありませんでした。

筆者が比較してみた結論としては、すばやくきれいに消したい人は、『ダブルエアイン』を選ぶのがいいのかもしれません。

消しカスの少なさは?

消しカスの出方としては、『エアイン』も『ダブルエアイン』も少ないと思います。違いとしては、『エアイン』は細かいカスが出る、『ダブルエアイン』は細くまとまったカスが出るという点があげられます。

そのほかの比較

エアインとダブルエアインのパッケージ

封を切っていない状態の『エアイン』は、消しゴムに密着した形態のパッケージで、『ダブルエアイン』は、本体より大きめの袋に入れられています。

ダブルエアインパッケージ裏

『ダブルエアイン』のパッケージの裏面には、多孔質(AIR入り)セラミックスパウダーとAIR入りのカプセルパウダーが配合されている旨の説明が記載されています。

どんな特徴をもった消しゴムなのかわざわざ検索して調べなくてもパッケージを見るだけでわかるようにしてあるのは便利ですね。

PLUS(プラス)『AIR-IN エアイン』

プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI プラス消しゴムエアインホワイト60サイズ13g10個入ER-060AI

出典:Amazon

サイズ 60:幅19×奥行48×高さ11mm、100:幅24×奥行56×高さ11mm、200:幅32×奥行74×高さ14mm
質量 60:13g、100:19g、200:43g
カラー ホワイト、ブラック(60、100サイズのみ)

※レーダーチャートは執筆者の主観を数値化したものです

PLUS(プラス)『AIR-IN エアイン』

PLUS(プラス)『ダブルエアイン レギュラー』

プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20 プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20 プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20 プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20 プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20 プラス消しゴムダブルエアイン17gER-100WP20個箱36-429×20

出典:Amazon

サイズ 幅23×奥行55×高さ11mm
質量 17g
カラー ホワイト

※レーダーチャートは執筆者の主観を数値化したものです

PLUS(プラス)『ダブルエアイン レギュラー』

『エアイン』を実際に購入して試してみたうえでのまとめ レビュー総括

プラス 消しゴム ダブルエアイン 17g ER-100WP 20個箱 36-429 ×20

『エアイン』と『ダブルエアイン』を実際に使ってみた結果、軽い力で消せることがわかりました。ただ、『エアイン』のほうが若干柔らかいため、すばやくきれいに消したい人は硬めの『ダブルエアイン』を選ぶほうがいいでしょう。

『エアイン』はサイズが3種類あり、今回は13gを使いましたが、19g、43gもあり、色も白のほかに黒があります。

『ダブルエアイン』は、今回はレギュラーサイズを使用しましたが、ペンケースに入れても邪魔になりにくいスティックタイプがあります

また、『ダブルエアインスティックタイプ』は、ホワイト、ブラック、ピンク、グリーンの4色があるので、消しゴムにも可愛い色を求める人には、『ダブルエアインスティックタイプ』がおすすめです。

ゴムの素材の柔らかさの差は大きくないので、普段こだわって選んでいない人には違いがわからないかもしれません。両方試してみるのもいいですし、どちらか選んで購入したい人は、本記事の検証結果をぜひ参考にしてみてください。

PLUS(プラス)『ダブルエアイン スティック』

プラス消しゴムダブルエアインスティックタイプ11g4本入りミックス36-437 プラス消しゴムダブルエアインスティックタイプ11g4本入りミックス36-437 プラス消しゴムダブルエアインスティックタイプ11g4本入りミックス36-437 プラス消しゴムダブルエアインスティックタイプ11g4本入りミックス36-437 プラス消しゴムダブルエアインスティックタイプ11g4本入りミックス36-437

出典:Amazon

サイズ 幅13×奥行51×高さ13mm
質量 11g
カラー ホワイト、ブラック、ピンク、グリーン

そのほかの消しゴムの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:澤田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

修正したい部分をピンポイントで消せる! 『クリックイレーザー』の機能性を検証レビュー

『クリックイレーザー』は、紙との接地面が小さく細かい部分の修正がしやすい消しゴムです。細長く薄い形状で、カッターの刃を出すように少しずつ繰り出して使います。通常であれば、修正液や修正テープを使って訂正しなければならない印刷文字やボールペン文字を消せると話題ですが、本当に消えるのと疑問に思う人も多いはず。この記事では、『クリックイレーザー』を実際に購入し、使い心地や機能性について検証してみました。購入を検討している人はもちろん、興味をもった人はぜひ一度読んでみてください。


デッサンやホビーに相性がいい練り消しおすすめ11選|文房具ユーザー監修

デッサンやホビーに相性がいい練り消しおすすめ11選|文房具ユーザー監修

練り消しは「練りゴム」とも呼ばれ、通常の消しゴムのように消しカスを出さずに吸着して書いた部分を消す文房具です。一般的な文房具というよりも、画材として絵を描く分野の人たちがメインユーザーですが、小学生などがおもちゃ感覚で使い、ホビー用に作られた練り消しもあります。本記事では、文房具関連に詳しい文房具ユーザー・他故壁氏(たこかべうじ) さんに聞いた話をもとに、練り消しの選び方とおすすめ商品について紹介します。選び方のポイントを押さえて実際に使ってみて、自分と相性のよい練り消しを探してみてください。


スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

スティック消しゴムおすすめ16選&ランキング|ノック・スライド・電動式

消しゴムはどれも一緒と思っている方に、ぜひ試してもらいたいのが「スティック消しゴム」。ここでは、文房具ライター&ブロガーの猪口フミヒロさんと編集部が厳選したスティック消しゴムのおすすめと選び方をランキングとともにご紹介します。トンボ鉛筆やぺんてる、コクヨ、なかには鉛筆やシャープペンだけでなく、ボールペンやコピー用紙のインクを消すことができる画期的なアイテムも。


電動消しゴムおすすめ10選|充電式や砂消しゴムタイプも紹介!

電動消しゴムおすすめ10選|充電式や砂消しゴムタイプも紹介!

電気の力で文字や絵を消すことができる電動消しゴム。デッサンやドローイングなどで一部分だけ消したいときなどに活躍してくれます。この記事では、住まいづくりナビゲーター・神村さゆりさんに教えてもらった、電動消しゴムの選び方やおすすめ商品を紹介します。最後にある、Amazonや楽天などの通販サイトのランキングと比較一覧表もチェックしてみてくださいね。


万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用のインク消しは、万年筆で書き間違いをしてしまっても修正ができる便利なアイテム。万年筆の愛好家の方にとってはなくてはならないものではないでしょうか? この記事では、文具研究家の秋月千津子さんにお話をうかがい、万年筆用インク消しの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


関連するブランド・メーカー


PLUS(プラス)

新着記事


ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

ニキビの塗り薬おすすめ12選|高校生などの思春期ニキビから大人ニキビまで!

さまざまな原因で起こるニキビ。薬を使って早く治したいですよね。場合によっては皮膚科を受診することも大切ですが、市販薬も販売されています。この記事では、医療ライターの西村テツジさんへの取材をもとに、ニキビ用塗り薬の選び方や思春期ニキビ・大人ニキビにおすすめの塗り薬を12点ご紹介。商品選びの参考にしてください。


空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機の寿命は何年? 買い替えサインや耐用年数、故障の原因も解説

空気清浄機は快適な空間作りには欠かせないアイテムですが、故障などの異常がわかりにくく、どのタイミングで買い替えをすべきか悩むことがありますよね。しかし空気清浄機にも寿命があり、さまざまなサインを出していることがあります。この記事では空気清浄機の寿命や買い替えサイン、故障の原因、長く使うためのポイントなどをご紹介します。


掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

掃除機の寿命は何年?タイプで違う買い替えサインや故障の原因

ほぼ毎日使う掃除機は、長く使えるものは10年以上使えますが、寿命が短いものは数年で使えなくなってしまうことはあまり知られていません。最近吸引力が弱くなってきた、途中で止まってしまうことが増えた場合は、そのタイミングで修理や買い替えを検討しましょう。この記事では、掃除機の寿命や故障の原因をタイプごとに詳しく紹介しています。掃除機の買い替えを検討している際は、ぜひ参考にしてください。


ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)の寿命は何年?買い替えサインや故障の原因は

ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)の寿命は何年?買い替えサインや故障の原因は

ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)をある程度の期間、継続して使っていると、調子がおかしくなったり、故障してしまったりすることもあります。そんなときは、買い替えるべきか、修理すべきかなど、どう対応するのが適切なのか、判断に迷ってしまいがちです。そこでこの記事では、ブルーレイレコーダーの寿命や、故障の原因、買い替えのタイミングなどについて、詳しくご紹介します。


IHクッキングヒーター(IHコンロ)の寿命は何年?故障・買い替えサインや耐用年数は?

IHクッキングヒーター(IHコンロ)の寿命は何年?故障・買い替えサインや耐用年数は?

IHクッキングヒーターになにかのトラブルがあると、一時的な不調か、故障か寿命か迷う人も多いです。IHクッキングヒーターの不調の原因と対策方法、故障や寿命のサインを知っておくと適切なタイミングで修理依頼や買い替えができます。この記事では、IHクッキングヒーターの不調の原因と故障や寿命のサイン、寿命を延ばして長く使う方法を解説しています。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る