色がきれいでハンドレタリングにもおすすめ? グラフィックマーカー『ABT』の色味や使い方を検証レビュー

色がきれいでハンドレタリングにもおすすめ? グラフィックマーカー『ABT』の色味や使い方を検証レビュー

手書きのイラストやかわいい装飾をしたいとき、なにかと便利なカラーマーカー。最近ではハンドレタリングやバレットジャーナルなど手帳でもよく見られます。『ABT』はトンボ鉛筆が販売するグラフィックマーカーのひとつで、本格的なプロユースにも使われる水彩ペンです。そこで今回は『ABT』について、使いやすさはもちろん、塗りのテクニックも含めて実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


『ABT 24色ベーシック』を実際に購入して使ってみました

ABTで描いたイラスト

手書きのイラストや装飾、手帳の書き込みなどで使われるカラーペン。アートはもちろん、ハンドレタリングなどでも大活躍するため、趣味で使う方からプロとして使う方まで幅広く用いられています。

『ABT』は全108色ある水性染料インクのカラーマーカーで、それこそプロからビギナーの方までそれぞれに多彩な表現ができるといわれています。

しかしながら実際に使うには、その色味や、どんな書き味なのか、使い方や塗りやすさはどうなのかなども気になるところ。そこで今回は、『ABT 24色ベーシック』を実際に購入し、色やペンの特徴について検証してみました。

『ABT』とは? 公式サイトの情報などを調査

トンボ鉛筆 筆ペン デュアルブラッシュペン ABT 24色セット ベーシック AB-T24CBA

トンボ鉛筆は日本の老舗企業のひとつ。大正十二年に創立されて以来、鉛筆や消しゴム、のりなどの文具を中心に販売してきた会社です。『ABT』はそんなトンボ鉛筆が1984年に開発したグラフィックマーカー。

しなやかに自在に描けるブラッシュ芯(筆芯)と、こまかいところに使える細芯のツインタイプで、全108色と豊富なラインナップ。水性染料の特性を生かし、混色やグラデーション、ぼかしなどの表現も可能です。

『ABT』の口コミ&評判 SNSやECサイトでの評価は?

ABT口コミ

気軽にきれいに使えて裏うつりもしない!

口コミで多かったのが、裏うつりもせずきれいに使えるという声でした。とくに手帳やノートに愛用する方が多いようです。

また、サッとかけるかき味についても気に入っている方が多く、満足度が高いようでした。

ほかの水彩ペンに比べると価格が高め

今や100円ショップでも水彩ペンが売っている時代。『ABT』は定価が1本330円(税込み)と、比較的高め。使い切りタイプのペンなので、コスパが良くないと感じる人もいるようです。

『ABT』を実際に使ってみた感想 検証レビュー

ABT8本

今回は『ABT24色ベーシック』を実際に購入してみました。ケース外観から実際の使い方まで確認してみたので、気になる方は参考にしてみてください!

まずは外観! 開けてみた中身もチェック

ABTパッケージ

基本の24色セットでケース入り。ペンが二列に配置され、全体的にスリムなデザインとなっていて自立も可能です。ちなみに左側にデザインされているペンの画像はほぼ実物大でした。

ABTパッケージ裏

裏面にはペンの特徴のほか、ブレンディングテクニックとしての使い方も! カンタンな内容ではありますが、こうして写真と文で紹介されているとわかりやすさも違いますよね。自分でもやってみたい! と思えるのではないでしょうか。

ABTリーフレット

パッケージを開けてペンを取り出そうとうすると、なかには『ABT』のリーフレットも同梱されていました!

ABTリーフレット内容

リーフレットでは裏面のテクニックをもう少し詳細にした内容や、全108色のカラーラインナップについても解説。とても心強いオマケですね! これを見ながら想像するだけでも楽しそうです。

ペンの種類とデザイン

実際にペンを取り出し、今回セットになっている24本を並べてみました。

ABT24本

基本色として使えそうな23色に加え、カラーレスブレンダーという無色のペンが1本の合計24本です。黒いボディをメインにしたデザインで、中央に書かれている3桁の番号は色番号を示しています。

ペン先はどんな感じ? 書きやすさは?

それではペン先についても確認してみましょう。

ABTペン先

フレキシブルファイバーという筆芯と、細めの線が書ける0.8mmのポリエステル芯。見た目からも明らかに異なるツインタイプで、使い分けにも便利そうです。

ということで、実際にそれぞれの書き味をスケッチブックで試してみました。

ABT試し書き

それぞれ上半分は筆芯、下半分は細芯を使ってみました

筆はしなやかである一方非常にやわらかで、太さや色の調整などは自分の筆圧でコントロールできます

一方細芯は芯がしっかりしており、安定してきれいな線を書くことが可能。とくに引っ掛かりもなく書きやすい印象です。

セットになっている色はどんな感じ?

次に、今回の24色セットの色味についても見てみましょう。24色のうち、無色のペンを抜いた23色についても、それぞれスケッチブックに書いて比較してみました。

ABT23色試し書き

白いスケッチブックのため見づらい色もありますが、どれもきれいな発色に感じました。

色数についてはベーシックセットという名だけあって、基本に使えそうな23色がバランスよく入っているなという印象。これがあれば大体の描きたいものは表現できそうですが、反対に人によってはあまり使わない色も出てきそうです。

カラーレスブレンダーってどう使うの?

『ABT』の特徴とも言える、N00の無色のペン。カラーレスブレンダーとしての使い方について、公式で紹介されている方法で順に見ていきましょう。

ABTカラーレスブレンダー

まずはぼかしで使ってみました。

ABT赤色のぼかし

赤色を塗ったあと、カラーレスブレンダーでぼかしていく様子

色を置いたうえに、カラーレスブレンダーを塗り、ぼかして色を広げていきます。

ABTぼかしと塗りつぶしの比較

ぼかして塗ったもの(左)と塗りつぶしたもの(右)の比較

塗り潰してみたものと比べると、全体的にぼかしがかかっているのがわかります。とてもやわらかな雰囲気で、なかなかペンだけでは出せないタッチになっているのではないでしょうか。

次に、なじませてグラデーションを作る方法もやってみましょう。公式で紹介されている方法では、複数色で書いた境界線をカラーレスブレンダーでなじませるといいとのこと。早速やってみました。

ABT境界ぼかし

色の境界をカラーレスブレンダーでなじませてみました

境界をぼかすことで色が混じり合い、グラデーションのようになりました。描いた後からでもなじませられるので表現の幅も広がりそうですね。

ただ、正直なところ色やインク量によってはそれなりにムラも生じ、水分によって紙の摩耗も目立ってきます。これも水彩の味わいと思って使うのがちょうどよさそうです。

なお、ぼかしなどでカラーレスブレンダーを使うとインクがついてしまいます。

ABTペン先への色移り

使った後はインクの色がついてしまいます

数回紙に書けばその分のインクは取れるので、不要な紙などでインクが取れたのを確認してから使うようにしましょう。とくに連続で使用する際や、濃い色のあとに使用するときは要注意です。

クリアファイルを使ったグラデーションって?

公式で紹介されているアレンジ例として、『ABT』はクリアファイルの非吸水面を使ったグラデーションを作る例も2種類紹介されていました。ここではその手法についても実際にやってみます。

ひとつめは、カラーレスブレンダーを使った濃い色から薄い色へのグラデーションです。好きなペンのインクをまずはクリアファイルに出します。

ABTクリアファイル使用グラデーション

クリアファイルを塗るようにしてインクを出します

そして次に、このインクをカラーレスブレンダーのN00のペンで取ります。

ABTクリアファイル使用カラーレスブレンダー

このペンで書くことで、色がグラデーションになるとのことです。

ABTクリアファイルグラデーション試し書き

確かにグラデーションになりました! ……ですが、インクの量や色によってグラデーションのニュアンスも変わりやすく、これを自在に調整しようとするのはなかなか大変な気がします。

また、色味によっては何度かN00のペンでインクを取って塗る作業をくり返す必要もありそうです。

続いて、ふたつめの手法についても試していきましょう。今回もまた、まずは好きな色をクリアファイルに出していきます。

ABTクリアファイル色出しオレンジ

次に、最初に出した色より薄い色のペンで、このインクを取ります。

ABTクリアファイル使用グラデ薄い色

このペンで書くと、これもグラデーションになるとのこと。ひとつめの手法では透明インクだったのに対し、カラーインクで2色のグラデーションを作るということですね。

ABTクリアファイル使用グラデ2色

ということでこちらもグラデーションができましたが、やはり加減やニュアンスの調整は非常に難しそうです……。色はとてもきれいにグラデーションができましたが、使い慣れるには練習が必要でしょう。

これらのことから、今回のクリアファイルのアレンジはどちらも手法としてはカンタンですが、コントロールするとなると慣れるまでは難しいように感じました。また、どちらにしても最初のペンのインクも相当量使う必要があり、ペンの値段のことも考えるとなかなか難しい手法かもしれません。

トンボ鉛筆『デュアルブラッシュペン ABT 24色セット ベーシック』

トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT24色セットベーシックAB-T24CBA

出典:Amazon

本体サイズ 最大幅14×全長190mm
カラー 24色(全108色)
インクの種類 水性染料インク

一本で多彩な表現ができる『ABT』 レビュー総括

ABTレーダー

ABTを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

全体としてみると発色もきれいで書きやすいマーカーという感想です。今回はベーシックな24色セットを試してみましたが、他にもタイプごとにパステルやボタニカルといったセットが用意されていたりするので、気になる方はそちらもチェックしてみてもいいでしょう。

もしくは、水彩ではなくくっきりとしたカラーマーカーが良い場合は、トゥーマーカープロダクツの『コピック』などの方が向いているかもしれません。

使ってみた一個人としては、気になるにおいや裏うつりもないため、ふだん使いするには『ABT』は充分楽しめるペンだと思います。反対に上級者やアートに使う場合は、テクニックも含めて表現の幅が広がるかもしれませんよ。

トンボ鉛筆『デュアルブラッシュペン ABT 12色セット パステル』

トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT12色セットパステルAB-T12CPA

出典:Amazon

本体サイズ 最大幅14×全長190mm
カラー パステル12色(全108色)
インクの種類 水性染料インク

トンボ鉛筆『デュアルブラッシュペン ABT 6色セット ボタニカル』

トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT トンボ鉛筆筆ペンデュアルブラッシュペンABT6色セットボタニカルAB-T6CBT

出典:Amazon

本体サイズ 最大幅14×全長190mm
カラー ボタニカル6色(全108色)
インクの種類 水性染料インク

そのほかのサインペン・マーカーの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:Hachi、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


カラーインクのおすすめ9選|イラストやカリグラフィーに!【人気メーカーから厳選】

カラーインクのおすすめ9選|イラストやカリグラフィーに!【人気メーカーから厳選】

イラストなどに使用されることが多いカラーインク。大きく分けて「顔料系」と「染料系」のふたつがあります。多くのメーカーから発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。混色する際のインク同士の相性も気になります。そこでこの記事では、インテリアコーディネーターの神村さゆりさんと編集部で、カラーインクの選び方とおすすめ商品9点を紹介。メーカーごとの特色についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。


万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用インク消しのおすすめ4選&ランキング【書き間違えても大丈夫!】

万年筆用のインク消しは、万年筆で書き間違いをしてしまっても修正ができる便利なアイテム。万年筆の愛好家の方にとってはなくてはならないものではないでしょうか? この記事では、文具研究家の秋月千津子さんにお話をうかがい、万年筆用インク消しの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


ローラーボールおすすめ12選|最高の書き味! ペリカンなど高級人気ブランドも厳選

ローラーボールおすすめ12選|最高の書き味! ペリカンなど高級人気ブランドも厳選

水性インクを使用したなめらかな書き味が魅力のローラーボール。普通の油性ボールペンと比べてかすれやインクむらも少なく、軽い筆圧でもくっきりした文字を書けるのが特徴です。万年筆のようなおしゃれなデザインの商品も多く、ペリカン、モンブランなど人気の高級ブランドからも販売されています。種類が豊富なのでどれを選べばいいか迷ってしまう人も多いはず。そこでこの記事では、ローラーボールの選び方とおすすめ商品をご紹介。きっとあなたの好みにピッタリ合う一品が見つかりますよ。万年筆ではちょっと仰々しいかなというときのための筆記具として、ぜひペンケースに忍ばせておきましょう。


3色ボールペンおすすめ20選|かわいいデザインから高級感のあるおしゃれなものまで!

3色ボールペンおすすめ20選|かわいいデザインから高級感のあるおしゃれなものまで!

日常生活で使用する機会の多いボールペン。なかでも3色ボールペンは、用途別に学生やビジネスパーソンにとって便利な1本です。フリクションインクや、シャープペンが加わっているタイプなど、多機能な商品が豊富。この記事では、3色ボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。女性におすすめのかわいいデザインや、プレゼントにも喜ばれる高級感のあるおしゃれボールペンなどもピックアップ。記事の最後には、Amazonの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


ペン立て・ペンスタンドのおすすめ27選|シンプルなものからかわいいデザインまで!

ペン立て・ペンスタンドのおすすめ27選|シンプルなものからかわいいデザインまで!

デスクまわりをスッキリと収納できる「ペン立て」。機能性や収納力を重視した製品から、デザイン性を重視したものまで数多くの商品があります。そこで、数あるペン立ての中から、選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介します。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


トンボ鉛筆

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。