かわいいドットがカンタンにかける!? 『プレイカラードット』を使い方のコツを含めて検証レビュー

かわいいドットがカンタンにかける!? 『プレイカラードット』を使い方のコツを含めて検証レビュー

ノートや手帳にかき込むとき、手軽にかわいくデコレーションをしたいこともありますよね。『プレイカラードット』とは丸いスタンプ芯と超極細芯のツインタイプが特徴のカラーペンで、ドットや太線もカンタンにかくことができます。この記事では、口コミ上での疑問も含めて、『プレイカラードット』の使い勝手を実際にチェックしてみました! どんなペンか気になる方はぜひ参考にしてみてください。


プレイカラードット12色セットを購入して使ってみた

プレイカラードット半分

『プレイカラードット』とは、ドットがカンタンに押せるスタンプ芯のついたカラーペン。手紙や日記など、ノートを手軽に装飾することができます。もちろんドットだけでなく太字のマーカーとしての機能や超極細芯としても使えるため、ふつうの水性カラーペンとしての機能も充分。カラーバリエーションも全12色と豊富なラインナップです。

とはいうものの、実際にドットがカンタンに押せるのか、色味はどのようなものなのか……気になるところもありますよね。

今回は全12色セットの『プレイカラードット』を実際に購入し、その使い勝手や発色性、ドットをかくポイントなどを検証してみました。

プレイカラードットとは? 公式サイトの情報などを調査

『プレイカラードット』は、トンボ鉛筆から発売されているカラーペン。老舗の文具メーカーとしてトンボ鉛筆は多くの文具を取り扱っており、「MONO」や「PIT」といったブランドは愛用者も多いのではないでしょうか。

今回の『プレイカラードット』は、全12色のラインナップ。ドットが押せてラインが引けて、さらにこまかい字も書けるのが特徴。直径約5mmの丸スタンプ芯と、0.3mmの超極細芯の組み合わせで多彩なアレンジができ、公式からも使い方の動画やテクニックが公開されています。

プレイカラードットの口コミ&評判 SNSやECサイトでの評価は?

プレイカラードット口コミ

こうして公式サイトを見てみるといい特徴が並んでいますが、実際の声も気になるところ。

『プレイカラードット』の口コミや評判を見ていきましょう。

懸賞応募のハガキもカンタンにデコれるとの口コミ 手帳や日記に大活躍!

『プレイカラードット』を使うことで、「手帳や日記をかわいく装飾できてうれしい」との声が多く見受けられました。とくに12色のバリエーションがあるため、スケジュール管理やマイルールを設けて使い分けることもでき、装飾やデコレーション目当てで使う場合は充分楽しんでいる方が多いようです。

なかには「子どもでもカンタンに扱える」と幼児向けに使う方や、「懸賞やリクエストのハガキも目立たせられる」といった声も。自分次第でアレンジや工夫の幅はまだまだ広がりそうですね。

にじみやうまくドットがかけない声も 使い方が難しい?

一方で、肝心のドットをかくのにはコツが必要で、最初はうまくかけないとの声もありました。

さらに、色によっては普通紙にかくには裏うつりやにじみが気になるとの声も。手帳やノートにもよるかもしれませんが、思い通りに装飾するのには慣れやコツが必要なのかもしれません。気になる方はまずは別の紙で確認してみるのがいいかもしれませんね。

プレイカラードットを実際に使ってみた感想 検証レビュー

プレイカラードット斜め置き

今回は『プレイカラードット』全12色セットを実際に使用してみました。

パッケージから実際の機能まで確認してみたので、気になる方は参考にしてみてください。

パッケージ外観

プレイカラードットパッケージ

全12色セットでパッケージ入り。見た目もシンプルでかわいらしい印象です。カラーペンは筆箱や別収納をすることも多いですが、このパッケージのまま保存にも使えそうですね。

プレイカラードットパッケージ裏

パッケージ裏面には使い方も。日本語だけでなく英語でも使い方が記載されているのは親切設計ですね!

ペンのデザイン

中身を取り出して見てみましょう! ペン12本を並べるとこんな感じです。

プレイカラードット全体像

1本で取り出してみると、ロゴが中央にあり、シンプルなカラーペンという印象。

ペン全体にカラーリングがされているため色を間違う可能性が低く、クリップ機能もあり、むしろかなり機能的なデザインといえるかもしれません。

ペンの大きさは? 持ちやすい?

さて、実際にペンを手に持ってみました。

プレイカラードット手に持つ

成人女性の一般的な手におさまるサイズ感。ターゲットがおそらく女性なこともあるのか、私自身が持つうえではとくに不便もない印象です。

むしろ通常のペンより少しすっきりした持ち味で、子どもでも無理なく持てると思います。

ペン先の太さは? 使いやすい?

次にペン先です! 直径約5mmのスタンプ芯と超極細芯の0.3mmということでしたが、こちらも確認してみましょう。

プレイカラードットペン先

超極細芯とスタンプ芯の比較

スタンプ芯は特徴的な円形です。あまり見たことのない芯ですね。一方超極細芯は名の通り、とても細いペン先です。

ということで、それぞれ試しに一般的なコピー用紙にかいてみました。

プレイカラードット試し書き

まず、超極細芯は思ったよりも書きやすいという感想です。正直、ここまで細い芯だとインクの出も悪いかなと心配していたのですが、そんなことはありませんでした。割としっかりとしたインクがかき始めからどの色も安定。名前のとおり、超極細なので相当細いですが、これはこれで便利だと思います。

一方、5mmのスタンプ芯は硬さにばらつきがある印象。マーカーとして横に引くにも、線が多少ばらつきます。ですが、カラーペンやマーカーとしては一般的な範囲かと思います。個人の印象としては問題ないように感じました。

肝心のスタンプは? かんたん?

『プレイカラードット』、最大の特徴ともいえるスタンプ。このかきやすさについて試してみたのがこちら。

プレイカラードットスタンプ

やはりドットをつくるにはコツが必要でした……。なにも考えずにポンと押せばうまくいくものではありませんね。公式のホームページやパッケージにやり方の記載があるのも納得です。

反対にいえば、慣れてしまえばある程度調整は可能。私個人は公式の紹介方法より、単純にペンをクルクル傾けながら一周回す方法がなじみました。いずれにしても、コツを掴めばそれなりにドットはできる気がします!

とはいえ、スタンプ芯のそもそもの硬さにばらつきがあるように、いくらコツがあってもドットの完成形もばらつきがあるものです。大きさや形の違いも慣れていけばもう少し上手にできるかもしれませんが、あまり完璧を求めるものではないでしょう。むしろそのばらつきもアナログの味と思えるくらいの方が楽しめると思います。

カラーバリエーションはどう?

改めて今回のカラーラインナップを見てみましょう。

プレイカラードットカラバリ

パッケージ裏面には色の名前も記載されています

全12色。この色がほしい! と思えるようなほしい色、使いやすい色が網羅されていて、使い勝手はいいのではないでしょうか? ちょうどいいと思えるバリエーションに感じました。

デコレーション目当てで使うにも12色もあればかなりアレンジはできそうです。さらに、色同士を組み合わせたりできればもっと幅が広がりそうですね。

色の印象は? ギャップはない?

カラーペンを使ったときの失敗談に、「思っていた色味と違った!」なんてこともありますよね。『プレイカラードット』はどうなのか、それぞれのペンのインクとキャップの色味を比較してみました。今回はスタンプ芯側の方でチェックしています!

プレイカラードットカラーイメージ

全体を見ると、大体イメージ通りというところでしょうか。ただ、ブルーやオレンジといった濃い色については実際に目で見ると、やや発色が強めという感想を持ちました。

重ねがきはできる? 色の塗り直しは?

さらに重ねがきもしてみました。2色で組み合わせてみたのがこちら。

プレイカラードット重ねがき

重ねがきは色がどうしても濃い色が勝ってしまうもので、『プレイカラードット』も濃い色の方が目立ちやすい結果にはなりました。

ただしそれぞれの色はきれいに重なり合い、相性のいい組み合わせも多そうです。あとで別の色に塗り直そう……という修正は難しいと思いますが、色の重ねや組み合わせによってアレンジも広がりそうですね。デコレーションもアイディア次第でしょう。

乾くのは早い?

カラーペンを使った後、乾く前にこすってしまって伸びてしまった……なんてこともありますよね。

『プレイカラードット』の速乾性を見るために、かいてこすって……を4色抜粋して試してみました。それぞれ超極細芯、マーカー、ドットの3パターンです。

プレイカラードット速乾性

超極細芯はインクの出も少ないので、どれも割とすぐ乾き、伸びも色に関係なくほぼありませんでした。スタンプ芯はインクの出も多いため、かいた後はインクが乾くまでに時間がかかりますが、マーカーとして見ればそこまで気になるものもない印象。一方ドット状ではインクの出も多い分、伸びてしまうものも。ブルーやグレーではほぼ伸びもないので、この辺りはインクの色にも寄るようですね。

ドットやデコレーションでインクを多く使う場合は、少し注意した方が良いかもしれません。乾く前にページを閉じて反対側のページに写ってしまったり、自分の手で擦ってしまったり、なんてことも充分起こりえます。

またインクの出にばらつきがあるため、乾いた後はそれなりに色ムラも。カラーマーカーとして見れば違和感のない範囲といえますが、気になる方は注意してくださいね。

裏うつりは?

そして気になる裏うつり。口コミにも裏うつりの懸念がありましたね……。これについても確認していきましょう。

ということで、前の見出しで使った色比較とドット比較の紙を裏返してみました。

プレイカラードット裏うつり

ご覧のとおりそこそこ裏うつりしていました……。

マーカーですと、淡い色は写っていませんが、オレンジやブルーはそれなりに裏うつりが目立っていますね。ドットの方はインクの出も多い分、マーカーより裏うつりが見られます。とくに、オレンジ、スカイブル、ブルー、ライラック、ブラウンといった濃い色はかなり強く、手帳などの次のページにも影響が出そうな濃さです。

サッとかく分には問題ないかもしれませんが、ドットをかく際にはどうしてもインクの出も多くなるため、裏うつりの可能性も上がります。コツが掴めないうちや裏うつりを避けたいのであれば、濃い色を使うのは避けるか、ドットをかくのはやめた方がいいでしょう。

トンボ鉛筆『PLAY COLOR Dot(プレイカラードット)12色セット』

トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラードット12色セットGCE-011

出典:Amazon

カラー 12色
ペン先の芯径 太:直径約0.5mm/超極細:0.3mm
インクの種類 水性染料インク

手がき感も味わうのであれば充分楽しめるカラーペン レビュー総括

プレイカラードットチャート

プレイカラードットを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ペンとしての評価を見ると辛口になってしまいましたが、正直このあたりは人それぞれ好みだと思います。

色ムラやにじみ、重ねがきの特徴も、それを良しとするのであれば、問題はないでしょう。きれいなドットを完璧にかける! 絶対に裏うつりしない! という目的では悩むかもしれませんが、デコレーションの幅を広げたい人や、アナログの手がき感が好きな人には楽しめるペンだと思います。

実際私はこの雰囲気も好きなので今後手紙などにも使えると思いました。スケジュール帳やハガキにも充分活躍してくれそうなので、今から楽しみです!

公式からは同じシリーズとして、『プレイカラーK』や『プレイカラー2』といった水性カラーペンも発売されています。カラーバリエーションも豊富なようなので、ドットにこだわらずアナログのカラーペンとして楽しみたい方はこれらのペンもいいかもしれませんね。

トンボ鉛筆『PLAY COLOR K(プレイカラーK)12色セット』

トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラーK12色GCF-011

出典:Amazon

カラー 36色
ペン先の芯径 太:0.8mm/超極細:0.3mm
インクの種類 水性染料インク

トンボ鉛筆『PLAY COLOR 2(プレイカラー2)12色セット』

トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011 トンボ鉛筆水性サインペンプレイカラー212色GCB-011

出典:Amazon

カラー 36色
ペン先の芯径 太:1.2mm/極細:0.4mm
インクの種類 水性染料インク

そのほかのサインペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:Hachi、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!

オート万年筆おすすめ8選|セルサスやマジェスティックなどシリーズ別に紹介!

リーズナブルな価格と質の高さを両立したのが「オート万年筆」。本記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんに監修いただき、オート万年筆のおすすめ商品8選と選び方を紹介します。文字を書くのが楽しくなる万年筆を、ぜひ選んでみてください。


シェーファー万年筆おすすめ9選【ギフトにも!】とっておきの1本を見つけよう

シェーファー万年筆おすすめ9選【ギフトにも!】とっておきの1本を見つけよう

アメリカを代表する万年筆メーカーのシェーファー。1907年にレバー充填式万年筆を開発して以来、次々と万年筆の新しい機構を開発し、歴代のアメリカ大統領にも愛用される存在です。この記事では数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部おすすめの商品を紹介。風格がありながらも、手ごろな値段で手に入れられます。こだわりの1本をぜひ選んでみてください。


アウロラの万年筆おすすめ12選【88やタレンタムなど名モデルを紹介!】

アウロラの万年筆おすすめ12選【88やタレンタムなど名モデルを紹介!】

数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだアウロラ社製の万年筆12選を紹介します。アウロラ社は、1919年創業のイタリアの筆記具メーカーです。ペン先からボディまで自社工場で生産している数少ないメーカーで、自社製ペン先の書き心地はもちろん、そのおしゃれなデザインも魅力です。この記事では選び方のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


クロス万年筆のおすすめ10選|代表シリーズ・太さや持ちやすさで選ぶ

クロス万年筆のおすすめ10選|代表シリーズ・太さや持ちやすさで選ぶ

長い歴史をもつ高級筆記具ブランドのクロスの万年筆は、贈り物にもぴったりなアイテムです。この記事では、クロス万年筆の魅力や代表シリーズ、太さや持ちやすさなど選び方の解説、そしてJSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんと編集部が選んだクロス万年筆10選をご紹介します。


カランダッシュ万年筆のおすすめ13選【849・レマン・バリアスなど】魅力や選び方を解説!

カランダッシュ万年筆のおすすめ13選【849・レマン・バリアスなど】魅力や選び方を解説!

スイスメイドの品質をたもち、独創的なデザインの万年筆を製造するカランダッシュ。過去にはギネスブックに登録されるほど高価な「ラ・モデルニスタ ダイヤモンド」を発売するなど革新的なメーカーです。この記事では、数寄monoライター・杉浦直樹さんへの取材をもとに、カランダッシュ万年筆の選び方とおすすめの商品を紹介します。女性でも握りやすいスリムタイプの万年筆もあり、ギフトにもおすすめです! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


関連するブランド・メーカー


トンボ鉛筆

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る