カリグラフィーペンおすすめ10選|万年筆やサインペンなど。初心者も使いやすい!

カリグラフィーペンおすすめ10選|万年筆やサインペンなど。初心者も使いやすい!

文字やイラストをおしゃれにデザインできるカリグラフィーペン。アルファベットを美しくデザイン「カリグラフィ」という処方に使われる専用ペンです。ふだん使っているペンとは異なるため、どれが使いやすいか見極めるのが難しいですよね。

この記事では、カリグラフィーペンの選び方とおすすめの商品をご紹介! 初心者におすすめのペンも選びました。記事後半には、カリグラフィーペンでキレイな文字を書くためのポイントや揃える道具、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ワインエッセイスト、ギフトソムリエ
Papp Hideko(パップ ヒデコ)

WSET認定Higher Certificate(Level.3)、食品メーカーにてフランスワインインポーター▶広告代理店CR局コピーライター プランナー ディレクターを経てハンガリー(ブダペスト)移住。 コスメ、ビューティ、ファッション、インテリアグッズ、文房具とありとあらゆる商品のコピーライティングを手がけてきた経験から様々な商品知識に精通し、ギフトセレクト系記事も多数執筆。メディア等現地メディア・フィノマガジン ハンガリーワイン専門サイト/フィネスワインピアを自らWEBサイト制作し運営中。 在ブダペスト・ワインエージェント”クルティエ“。一般社団法人国際芸術文化交流日本ハンガリーワイン協会ハンガリー支部・理事。日経xwomanアンバサダー。ブダペスト&東京でワインイベント企画多数開催。ワイナリー取材撮影を精力的に行いハンガリーのワインメディア雑誌にも出演。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

◆本記事の公開は、2020年03月18日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

カリグラフィーペンとは? ウェルカムボード・グリーティングカードを手作り!

ペンと招待カード
ペイレスイメージズのロゴ

文字をおしゃれに飾り、グリーティングカードなどをより華やかに見せましょう。

カリグラフィーペンとは、アルファベットを美しくデザインする「カリグラフィー」という書法のために使用される専用のペンのことです。

ひとつのペン先で細い線と太い線を書き分けられるのが特徴で、一般的なペンと比べるとおしゃれなデザインになることから、グリーティングカードやウェディングボードなどを作るときに使われています。

使いやすいカリグラフィーペンの選び方 インテリアライターに聞いた

カリグラフィーペンの選び方をご紹介します。ペン先の幅やインクの補充方法などをよくチェックすることが大切です。ぜひカリグラフィーペン選びの参考にしてくださいね。

タイプで選ぶ

カリグラフィーペンの種類は、万年筆タイプサインペンタイプの2つに分けられます。使い方やメリットが異なりますので、それぞれの特徴を確かめて自分にとって使いやすいものを選ぶようにしましょう。

 

本格的な「万年筆タイプ」

一般的なカリグラフィーペンとして扱われているのが万年筆タイプ。金属のペン先からインクが染み出し、ペン先の角度などでデザインを変えられます。

また、インクの交換が必要なのがこのタイプで、使い切りではないので長く使えるのもメリット。ボトルインクを使用すると文字色を自由に変えられるので、本格的なデザインやさまざまなデザインを楽しみたい方におすすめです。

「万年筆タイプ」のカリグラフィーペンのおすすめ商品を今スグみる!

カリグラフィー練習には「サインペンタイプ」

サインペンタイプは、ペン先がフェルトで作られており、初心者でも使いやすいのが特徴です。万年筆タイプよりも価格が安く、キャップをはずしたらすぐに書ける利便性の高さもメリット。

インク交換ができないため使い切りになってしまいますが、必要なカラーをそろえることもできるので、手軽さを求める方におすすめです。

「サインペンタイプ」のカリグラフィーペンのおすすめ商品を今スグみる!

ペン先の幅で選ぶ

 

文字の線の太さに関わるのが、ペン先の部分。ボールペンなどに比べると太めに作られていますが、製品によって太さは異なり、文字の印象も変わります。

幅が広いものは太い線と細い線を書き分けることができ、カリグラフィーのデザイン性を表現しやすくなります。一方、幅が狭いものは、普通の文字に近いシンプルなデザインで文字を書くことができます。

どちらの仕上がりが好みなのか、どのようなデザインで書きたいのかをふまえてペン先の幅を選びましょう

インクの種類を確かめる

 

カリグラフィーのデザインはインクの色や品質によって、できあがりが左右されます。

そこで、対応しているインクの種類をチェックしておくのも大切です。とくに、カードリッジ式は使用できる種類が限られてしまうので、カラーバリエーションを調べておくと使いやすいものが選べます。

インクの取り換え方法をチェック

 

カリグラフィーペンはインクが切れたら補充する必要があり、その補充方法にはカードリッジ式コンバーター式の2種類あります。

カードリッジ式はインクカードリッジを取り替えるだけで手軽に補充できますが、ペンとインクは同じメーカーや専用のものを使わなくてはいけません。コンバーター式はボトルインクを直接吸い上げる方式で、手間はかかるものの種類が多くコスパも高い方法です。初心者には手軽に使えるカードリッジ式、慣れている方には自由に使えるコンバーター式がよいでしょう。

練習シートや説明書が付属しているか

 

カリグラフィーペンは一般的なペンとは異なり、文字の書き方が特殊です。そのため、ペンに練習用シートが付属していると本番の筆記を失敗しづらくなり、よりおしゃれなデザインを書けるようになります。

さらに、インクの交換方法などの説明書が付属していることも大切です。長くカリグラフィーを楽しむために、付属品にも注目しましょう。

コスパ重視ならコンバーター式! インテリアライターのアドバイス

ワインエッセイスト、ギフトソムリエ

万年筆タイプ、サインペンタイプだけでなく、インクを入れて使うタイプのカリグラフィーペンもあります。カリグラフィーペンは、インクの取り替えがラクなカートリッジ式と、ビンのなかにあるインクを吸い上げて使うコンバーター式があり、このコンバーター式はコストパフォーマンスが圧倒的に高いことを覚えておきましょう。

お手入れ方法など、親切な説明書がついているものがおすすめです。

カリグラフィーペン【万年筆タイプ】おすすめ7選

ここからは、さまざまなカリグラフィーペンのなかから、11種類のカリグラフィーペンを紹介していきます。【万年筆タイプ】と【サインペンタイプ】に分けて紹介していきます!

エキスパートのおすすめ

セーラー万年筆 『ハイエースネオクリア カリグラフィー』

セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200 セーラー万年筆万年筆ハイエースネオクリアカリグラフィー幅2.0mm12-0155-200
出典:Amazon この商品を見るview item

はじめての万年筆タイプでも安心!

万年筆タイプは、替えインクが必要で、最初にどれくらいそろえるべきか悩んでしまうもの。『ハイエースネオクリア カリグラフィー』は、はじめからインクカードリッジが3個付属しており、必要なものをまとめてそろえることができます。

付属する「はじめての書き方ガイド」で基本的な書き方を学べ、公式サイトからは練習用紙をダウンロードできるので、万年筆タイプに一から慣れたい方にぴったりです。

エキスパートのおすすめ

パイロット 『プレラ 色彩逢い iro-ai』

PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ PilotプレラIro-Aiカリグラフィー用のペン先万年筆ボディ
出典:Amazon この商品を見るview item

ボトルインクとカードリッジのハイブリットタイプ

はじめのうちはカードリッジ式が便利ですが、慣れてくるとカラーが物足りなく感じることも。「プレラ 色彩逢い iro-ai」は、カードリッジとボトルインクどちらも使用することができて、状況に応じて使い分けられます。

ペンのボディが透明なので、ボトルインクを用いるとインクの色合いがプラスされてペン自体がおしゃれになるのも魅力的な特徴です。

MANUSCRIPT(マニュスクリプト)『ビギナーカリグラフィーセット』

3種類のペン先がセットになったビギナーズ向け

イギリスのメーカー「マニュスクリプト社」のカリグラフィーペン。商品名のとおり、はじめてカリグラフィーに挑戦したい人におすすめなビギナーズセット。異なる太さのペン先が3種類セットになっているので、さまざまな文字を表現できます。

ピストン式のコンバーターとインクカートリッジ2本がセットになっているので、届いたらすぐにカリグラフィーの練習ができます!

ラミー『ジョイ』

LAMYラミー万年筆カリグラフィ1.5mmジョイL15B正規輸入品 LAMYラミー万年筆カリグラフィ1.5mmジョイL15B正規輸入品 LAMYラミー万年筆カリグラフィ1.5mmジョイL15B正規輸入品 LAMYラミー万年筆カリグラフィ1.5mmジョイL15B正規輸入品
出典:Amazon この商品を見るview item

細身のペン先でスタイリッシュで繊細なデザインを

『ジョイ』のペン先は、1.1mm、1.5mm、1.9mmとすべて2mm以下の細身に作られており、細かなデザインが作りやすいカリグラフィーです。文字の線が太くなりづらいため、ふだん使いの万年筆としても使いやすいのも魅力的。

グリーティングカードなど限られたスペースでもスタイリッシュなデザインが作りやすく、書きやすさを重視したい方も満足できますよ。

パイロット カラーペン『パラレルペン』

初心者に嬉しい!手軽さが使いやすいカリグラフィー

はじめてカリグラフィーペンを使用される方には、どうしたらキレイに書けるのか分からないことも多いはず。『パラレルペン』は取扱説明書に加えて、公式サイトに説明動画がアップロードされています。ローマ字の小文字・大文字の書き方といった基本的なものから、バースデーカードの作り方など応用編まで動画でわかりやすく学べるのが特徴です。

ペン先の角度による具体的な太さの違いなども分かりやすく、これからカリグラフィーを楽しみたい方には心強いペンです。

KAWECO(カヴェコ)『フロステッドスポーツ カリグラフィー ナチュラルココナッツ』

カヴェコKAWECOカリグラフィーペンフロステッドスポーツナチュラルココナッツCALI-FR【ペンハウス】(3500)【OKM10】 カヴェコKAWECOカリグラフィーペンフロステッドスポーツナチュラルココナッツCALI-FR【ペンハウス】(3500)【OKM10】 カヴェコKAWECOカリグラフィーペンフロステッドスポーツナチュラルココナッツCALI-FR【ペンハウス】(3500)【OKM10】
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ペン先の幅を選べる! インクのカラーも豊富

1.1mm・1.5mm・1.9mm・2.3mmの4種類からペン幅を選べます。カートリッジ式でインクの取り替えもカンタンにできます。

ペンのボディの見た目がなんともかわいらしく、シンプルでおしゃれなデザイン。ギフトにもおすすめです!

スピードボール アート『カリグラフィーセット』

スピードボールアートカリグラフィーセット スピードボールアートカリグラフィーセット スピードボールアートカリグラフィーセット
出典:Amazon この商品を見るview item

豊富なペン先と滑らかなタッチで使いやすさ抜群!

カリグラフィーペンは購入時にペン先の幅を決めるため、あとから使いにくさを感じることがあります。この『カリグラフィーセット』には6種類のペン先がセットになっているのが特徴。デザインや好みに合わせて自由にペン先を変えられる画期的な商品です!

インクづまりが起こりづらくスムーズにペンが進むので、思い通りのデザインを楽しみながら書くことができます。

カリグラフィーペン【サインペンタイプ】おすすめ3選

ここからは、サインペンタイプのおすすめ商品を紹介します。ペンごとの特徴や使いやすさなどを比較しながら、あなたに最適な1本を見つけてくださいね!

エキスパートのおすすめ

呉竹 『ZIG メモリーシステム カリグラフィー12V』

呉竹水性ペンZIGメモリーシステムカリグラフィーMS-3400/12V12色 呉竹水性ペンZIGメモリーシステムカリグラフィーMS-3400/12V12色 呉竹水性ペンZIGメモリーシステムカリグラフィーMS-3400/12V12色 呉竹水性ペンZIGメモリーシステムカリグラフィーMS-3400/12V12色 呉竹水性ペンZIGメモリーシステムカリグラフィーMS-3400/12V12色
出典:Amazon この商品を見るview item

豊富なカラーでカラフルにデザインできる!

カラフルなカラーでカリグラフィーをしたいとき、1色ずつインクをそろえるのは大変ですよね。『ZIG メモリーシステム カリグラフィーV12』は12色のカリグラフィーペンがセットになっており、手軽にカラフルなデザインができます!

また、ツインタイプの芯で2種類の太さで文字を書けるので、カリグラフィーの楽しさを実感できるペンセットです。

呉竹 『水性ペン ZIG カリグラフィーII 6色セット』

呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V 呉竹水性ペンZIGカリグラフィーII6色TC-3100/6V
出典:Amazon この商品を見るview item

キャップをあければすぐに書ける!

サインペンのような要領で、キャップをあければすぐにカリグラフィーが楽しめます。両端に太さが異なるペン先がついていて、3.5mm芯と2.0㎜芯を使い分けることができます。

コスパの高さもポイントです。使い勝手のいい6色とペンの太さもが2種類あるので、このセットさえあればオリジナルカードがカンタンに作れますよ!

セントロペン 『カリグラフィペン4本セット』

【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン 【CENTROPEN/セントロペン】カリグラフィペン
出典:Amazon この商品を見るview item

シンプルなデザインでスタイリッシュなカッコよさ!

文字の美しさをシンプルに表現したい方に使いやすいのが「セントロペン」のカリグラフィーペンです。カラーはブラックでシンプルですが、筆のようなやわらかい書き心地で自分の好きな線を書きやすいのが特徴です。

4種類の異なる太さがセットになっているので自分好みのデザインを作りやすく、モノトーンのスタイリッシュなデザインを目指す方におすすめです。

「カリグラフィーペン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
セーラー万年筆 『ハイエースネオクリア カリグラフィー』
パイロット 『プレラ 色彩逢い iro-ai』
MANUSCRIPT(マニュスクリプト)『ビギナーカリグラフィーセット』
ラミー『ジョイ』
パイロット カラーペン『パラレルペン』
KAWECO(カヴェコ)『フロステッドスポーツ カリグラフィー ナチュラルココナッツ』
スピードボール アート『カリグラフィーセット』
呉竹 『ZIG メモリーシステム カリグラフィー12V』
呉竹 『水性ペン ZIG カリグラフィーII 6色セット』
セントロペン 『カリグラフィペン4本セット』
商品名 セーラー万年筆 『ハイエースネオクリア カリグラフィー』 パイロット 『プレラ 色彩逢い iro-ai』 MANUSCRIPT(マニュスクリプト)『ビギナーカリグラフィーセット』 ラミー『ジョイ』 パイロット カラーペン『パラレルペン』 KAWECO(カヴェコ)『フロステッドスポーツ カリグラフィー ナチュラルココナッツ』 スピードボール アート『カリグラフィーセット』 呉竹 『ZIG メモリーシステム カリグラフィー12V』 呉竹 『水性ペン ZIG カリグラフィーII 6色セット』 セントロペン 『カリグラフィペン4本セット』
商品情報
特徴 はじめての万年筆タイプでも安心! ボトルインクとカードリッジのハイブリットタイプ 3種類のペン先がセットになったビギナーズ向け 細身のペン先でスタイリッシュで繊細なデザインを 初心者に嬉しい!手軽さが使いやすいカリグラフィー ペン先の幅を選べる! インクのカラーも豊富 豊富なペン先と滑らかなタッチで使いやすさ抜群! 豊富なカラーでカラフルにデザインできる! キャップをあければすぐに書ける! シンプルなデザインでスタイリッシュなカッコよさ!
ペンタイプ 万年筆 万年筆 万年筆 万年筆 万年筆 万年筆 万年筆 サインペン サインペン サインペン
ペン先の幅 1.0mm、1.5mm、2.0mm - 0.85mm・1.1mm・1.6mm 1.1mm、1.5mm、1.9mm 1.5mm、2.4mm、3.8mm、6.0mm 1.1mm・1.5mm・1.9mm・2.3mm - 2.0mm、5.0mm 3.5mm・2.0mm 1.4mm、2.5mm、3.6mm、4.8mm
インクの補充方法 カードリッジ カードリッジ、コンバーター カートリッジ/コンバーター式両用 カードリッジ、コンバーター カードリッジ カートリッジ コンバーター - - -
インクの種類 ブラック、グリーン、ピンクなど全6色 アサガオ、アジサイなど全24色(ボトルインク) ブルー・レッド・グリーン・ピンクなど全9色 カードリッジ全7色、ボトルインク全16色 ブラック、セピア、バイオレットなど全12色 パールブラック・キャラメルブラウン・サマーパープル・ルビーレッドなど全10色 - ブラック、レッド、イエローなど全12色 - ブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年01月08日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カリグラフィーペンの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのカリグラフィーペンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:カリグラフィーペンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キレイな文字を書くためのポイントとは? ここもチェック!

カリグラフィーペンは、ふだん使用しているボールペンなどとは違って文字の書き方や使い方が異なります。そこで、おしゃれなデザインをカリグラフィーペンで書くために、練習時に重視したいポイントを紹介します。はじめてカリグラフィーペンを使用する方は、ポイントにそって練習を行い焦らずにおしゃれな文字を目指してくださいね。

正しい持ち方を身につける

万年筆とデザインされた文字
ペイレスイメージズのロゴ

カリグラフィーペンはふだん使うペンとは書き方が異なります。自分にぴったりの1本を見つけましょう!

カリグラフィーペンでキレイに文字を書くには、まず正しい持ち方を身につけることが大切です。カリグラフィーペンは、ペン先が真上を向くように持つのが基本の形。ペン先が左右に向いてしまうとインクが出づらくなリ、擦れたり均一な太さにならなっかたりしてしまいます。

また、ペン先全体を用紙につけて書くようにするとブレにくく、キレイな線を引けるようになります。

ほかの人の書き方を参考にする

万年筆と文字
Pixabayのロゴ

効果的な練習方法をおさえて、短期間でおしゃれな文字が書けるように練習していきましょう!

持ち方や書き方など、合っているのか心配な方は、実際にカリグラフィーペンを使用している動画を参考にするのもよいでしょう。カリグラフィーペンの使い方を見ることができ、動画のまねをすることでカリグラフィーの書き方を身につけるきっかけになります。

うまく書けなかったら動画を見直し、なにが違うのか比べながら練習すると、上達スピートが早まります!

練習シートを購入する

書きやすい書き順や、文字のどの部分を太くすると美しいデザインになるかは、ひとりで身につけるには難しいです。

そんなときに役立つのがカリグラフィーの練習用シート。購入したりダウンロードすることができ、文字の上達への近道になります。シートにはガイド線や書き順などが記載されており、お手本を見ながらすぐ横で練習できるため、カリグラフィーの基本が身につきやすいですよ。

呉竹『マーカーで書くカリグラフィー 練習帳』

基本からテクニックまで詰まったカリグラフィーイタリック体の練習帳! 練習後は実際にグリーティングカードやウェルカムボードに挑戦してみてください。

>> Amazonで詳細を見る

カリグラフィーの基本道具 可愛くてテンションが上がるものを用意する

カリグラフィーを始めるにはペンとインクと紙があればできます。万年筆タイプのペンを使う場合はペン先が大事になってきます。つけペンともいわれていますが、このペン先のことを英語でニブと呼び、このニブをペン軸につけて使います。ニブにも様々な種類があり、中にはペン先が丸いものもあり、これを使って書くとポップな雰囲気が出て可愛いですよ。

ペン・インク・紙を用意する際も、自分で使ってみて使いやすいもの、可愛くてテンションが上がるものなどを使うのが一番です。好みのものを探す過程もぜひ楽しんでくださいね!

カリグラフィーペンでいつもの文字をおしゃれにデザイン!

カリグラフィーペンは文字のデザインを変えられる画期的なアイテム。使い方に慣れるだけで、さまざまな字体やデザインでグリーティングカードなどを彩れます。

一方で、ふだん使うペンとは特徴が異なり、どんなペンがよいのか分からなくなってしまうことも。そのため、4つの選び方のコツをしっかりとふまえて、あなたに合ったペンを選んでカリグラフィーを楽しんでくださいね!

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部