筆文字からイラストまで!『筆ごこち』強弱のつけやすいペン先を検証レビュー

筆文字からイラストまで!『筆ごこち』強弱のつけやすいペン先を検証レビュー

ふだん筆文字に慣れていない初心者からすると、筆ペンは年に数回使うかどうかわからない文具かもしれません。ですが筆ペンのなかにはふだん使いしやすい商品もあり、仕事はもちろん趣味で使っている人もいたりします。「キレイな文字が書けるならふだんから筆ペンを使ってみようかな……」と考えているなら、『筆ごこち』は手に取ってみてほしい商品のひとつ。また、口コミでは趣味で使用している人も多く、手紙だけではなくイラストでも活用できる筆ペンです。今回はそんな『筆ごこち』の検証レビューをお伝えします!


『筆ごこち』を実際に購入して使ってみました!

筆ごこちラインナップ

筆ペンといえば、年賀状や手紙などで真摯な気持ちを伝えたいときに活躍する文具。そして、なかには趣味でイラストを描くのに活用している人もいるのではないでしょうか。

「キレイな筆文字を書きたい」「イラストに使える使い勝手のいい筆ペンがほしい」そんな人はぜひ『筆ごこち』をチェックしてみてください。強弱のつけやすいペン先で、さまざまなシーンで活躍してくれる筆ペンです。

『筆ごこち』は3種類の太さがあり、公式HPでの情報だけでは実際の太さの違いや書き心地、インクの発色の違いなどがわからなかったので、購入して比較してみることにしました。

実際に使ってみた結果、初心者向けだと思う筆ペン、イラスト向けだと思う筆ペンなど、わかったことがいくつかありました。その内容を、この記事でお伝えしていこうと思います!

『筆ごこち』はどんな筆ペン? 公式サイトの情報などを調査

『筆ごこち』は書道用品からマンガ用品を扱う「呉竹(くれたけ)」が販売する筆ペン。メーカーは「筆風サインペン」とうたっています。

ペンの太さは「中字」「極細」「細字」の3種類。インクの色は黒セリース(ブラック)を含む全6色のカラーです。インクの種類も違いがあり、中字・細字は水性顔料、極細は水性染料が採用されています。

「中字」は宛名書きやイラスト、「極細」は手紙や履歴書、「細字」は手帳やはがきなど、それぞれメーカーが推奨している使い方があります。今回はこの3種類にどのような違いがあるか注目していくことにしました。

『筆ごこち』の口コミや評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

筆ごこち口コミ

『筆ごこち』の口コミ・評判を探ってみたところ、ふだん筆書きをする人からイラストを描く人まで、幅広い意見が寄せられていました。

それぞれの意見をまとめながら、メリット・デメリットの両方に焦点をあてていこうと思います。

『筆ごこち』のいい口コミ

『筆ごこち』の書き心地は、筆ペンとサインペンの長所をバランスよく取り入れたような質感。そのため筆ペン初心者でもキレイな文字が書きやすいと口コミがありました。

文字を書く人だけではなく、マンガやイラストが趣味の人からも好評だったのが、強弱がつけやすいペン先。書きながら線の太さが調整しやすいという点に喜んでいる人が多く見受けられました。

また、『筆ごこち』で一部ラインナップしている「水性顔料インク」の商品に関しては、耐水性があるので水彩絵具での着色に使っても線画がにじまず便利という声もありました。

『筆ごこち』のイマイチな口コミ

『筆ごこち』は商品パッケージにも書かれているとおり「筆風サインペン」なので、本格的な毛筆に近い書き心地を求めている人には不向きだという口コミがありました。

また、いい口コミで好評だったペン先の書き心地も、人によってはペン先が扱いづらく感じたという声も。その原因は、ペン先が思ったよりやわらかすぎた、または硬すぎたというイメージの違いがあったようです。

ほかにも、インクの乾きが遅いのでうっかり用紙を汚しやすかったり、乾く時間を待たなければいけないという意見も。筆圧の強さによってインクが出すぎてしまう傾向もあるようでした。

『筆ごこち』を実際に使用したレビュー&感想 検証レビュー

筆ごこちパッケージ

それでは実際に『筆ごこち』を使ってみた感想をお伝えしていきます。今回購入したのは「中字」「極細」の2本セットと、「細字」のブラックを含む全6色のカラーです。

まずは外観をチェック!

筆ごこち種類

太さによって外観が違います。左からゴールドのラベルが中字、ホワイトが極細、アイボリーが細字です。

筆ごこちインク窓

中字と極細にはインクの残量がわかる窓がついていました。ただしパッケージから出した時点でインク量がはっきり見えたのは極細だけでした。

筆ごこちなぞり書き用紙

今回購入した中字・極細2本セットには「なぞり書き用紙」という、文字を練習するための用紙が付属。

筆ごこちなぞり書き用紙英語

用紙の裏側は、英語の筆記体も練習できるようになっていました。

『筆ごこち』の太さは中字・極細・細字の3種類。中字・極細は「スタンダード」という宛名書き向けのシリーズ、細字は「カラー」に分類されています。

「スタンダード」は1本ずつ購入することは可能ですが、今回購入したのは中字・極細の2本セットのパッケージ。なかには「なぞり書き用紙」という筆文字が練習できる便利なシートが付属していました。筆ペン初心者にはうれしいおまけですね。

筆ごこち太さ比較

「スタンダード」の2種類とあわせて「カラー」のブラックとの違いも知りたかったので、3本を比較することにしました。(左:中字、中央:極細、右:細字)

筆ごこち本体太さ

ペンの太さは、3本とも同じで10mmほど。

筆ごこち全長キャップ閉

全長は、キャップをした状態であれば3本とも138mmほどでした。

筆ごこち全長キャップうしろ

キャップはペンのうしろに収めることが可能です。このときの長さは中字・細字が156mmほど、極細が少しだけ短い154mmほど。キャップによって長さが大幅にプラスされました。

筆ごこちペン先太さ

ペン先の太さは当然バラつきがありましたが、根本部分の太さはだいたい2mmほどでした。(左:中字、中央:極細、右:細字)

筆ごこちペン先長さ

ペン先の長さは根本から測定すると4mmほど、インクが染みている部分は2mmほどでした。(左:中字、中央:極細、右:細字)

3本のサイズ感を比較してみたところ、ペン先の太さについては若干の差がみられたものの、ほぼ同じサイズ感であることがわかりました。

キャップをペン先につけた状態だと全長が小さめですが、ペンのうしろにキャップを収めると155mm前後にまでサイズアップ。そのため、手が大きい人でもそこまで持ちづらさは感じないのではないかと思いました。

外観のラベルの色でペン先の違いを見分けることができるので、ペンケースやペン立てに入れていても判別しやすいのはうれしいポイントですね。

書き心地を検証

筆ごこち中字書きごこち

中字を筆圧強めで書いてみると、ペン先がしなって太い線に。筆圧を弱めれば1/2~1/3ほどの細い線も書くことができました。

筆ごこち極細書きごこち

極細の場合はペン先全体に弾力性があり、筆圧の違いで文字の強弱を表現しやすい仕様でした。

筆ごこち細字書きごこち

細字は3本のなかでもっとも硬め。ペン先の一部がわずかにしなる程度でしたが、それでも文字の強弱はある程度つけることができました。

筆ごこち永

「とめ・はね・はらい」がわかりやすい「永」の字を筆圧を変えてそれぞれ書いてみました。(上から下にかけて筆圧を強く変更)

筆ごこちひらがな

次はひらがなを。中字は太さの違いが際立ちますが、極細・細字はほどんど同じ文字の太さです。

『筆ごこち』の書き心地は、太さによって大きな違いがありました。まず中字はやわらかめの質感で、筆圧に合わせて線の強弱がつけやすい印象。極細は硬めですがペン先全体に弾力性があり、筆文字に慣れていない筆者でも文字を書きやすい印象でした。

そして細字は3本のなかでもっとも硬く、サインペンに近い質感。ですがわずかに弾力性もあり「とめ・はね・はらい」を表現することができました。

インクの速乾性やにじみは?

筆ごこちかすれ具合

今度はかすれ具合を調べるために〇を描いてみました。どの太さもかすれなくキレイに描くことができました。

筆ごこち画用紙乾き

次はインクの速乾性を検証します。画用紙に書いて指ではらってみたところ、細字は50秒ほどで乾きましたが、極細・中字は60秒経過しても乾いていませんでした……。

筆ごこちノート紙乾き

用紙によってインク乾きが変わることも多いので、ノート紙でも検証。今度は極細の方が乾きが速くなりましたが、やはり中字は60秒経過してもやはり乾かないままでした……。

筆ごこち裏うつり

インクのにじみ具合を検証するため、ノート紙に文字を書いて裏側をチェック。3本ともほとんどにじみはみられませんでした。

筆ごこち黒の色味

インクの色味を油性サインペンと比較してみると、中字は油性サインペンよりも深い黒、極細もしっかりとした黒に見えました。細字はほんの少しうすめの印象です。

『筆ごこち』は極細に「水性染料インク」、中字・細字に「水性顔料インク」を使用。染料はなめらかで発色がいいのが特徴で、顔料は水に強く耐光性にすぐれているメリットがあります。

そしてインクの検証をしてみて、ほぼ同じ筆跡の太さだった極細(染料)と細字(顔料)の違いもしっかり把握できました。今回の結果からみると発色のよさを重視するなら極細、用紙汚れを防ぎたいなら細字を選択するといいのではないかと思います。

ちなみに中字も発色がよかった印象ですが、インク乾きが遅いのが少し難点。インクの速乾性は使う用紙によっても変わってくるので、相性のいい用紙を合わせることで使いやすくなるのではないかと感じました。

カラーはどんな発色?

筆ごこちカラーラインナップ

細字はブラック含め、全6色のカラーがラインナップしています。

筆ごこちカラー太さ

カラーの太さはすべて細字。ペン先はすべてブラックと同じサイズ感と質感です。

筆ごこちカラー色味

キャップ色とインク色が合っているかどうか比較。ダークグリーンとロイヤルブルーは思ったより濃いめで、キャップ色の方が少し明るく感じました。

『筆ごこち』のカラーは現在のところ、ブラックを含めて全6色。太さは細字のみとなっています。

ペン全体やペン先のサイズ感などは、さきほど検証した細字のブラックと同じ。違いがあるのはキャップ色とペンのうしろが該当のカラーで彩られていることです。どのカラーなのかすぐわかりやすい外観ですね。

気になる発色は、筆者が見たところキャップ色よりも若干色味が濃いと思ったのがダークグリーンとロイヤルブルー。そのほかはキャップ色とのイメージにそこまで差異はありませんでした。

呉竹『筆ごこち(LS1-10S)』

呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g 呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g 呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g 呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g 呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g 呉竹筆ごこち黒セリースLS1-10S本体サイズ:11x138mm/黒セリース/12.5g

出典:Amazon

サイズ 最大径11×全長138mm
インクタイプ 顔料
インクカラー 黒セリース

呉竹『筆ごこち 極細(LS4-10S)』

呉竹筆ごこち極細黒セリースLS4-10S 呉竹筆ごこち極細黒セリースLS4-10S 呉竹筆ごこち極細黒セリースLS4-10S 呉竹筆ごこち極細黒セリースLS4-10S

出典:Amazon

サイズ 最大径11×全長138mm
インクタイプ 染料
インクカラー 黒セリース

呉竹『筆ごこち 細字(LS6)』

呉竹筆ペン筆ごこち細字黒ブラックLS6-010S 呉竹筆ペン筆ごこち細字黒ブラックLS6-010S 呉竹筆ペン筆ごこち細字黒ブラックLS6-010S 呉竹筆ペン筆ごこち細字黒ブラックLS6-010S 呉竹筆ペン筆ごこち細字黒ブラックLS6-010S

出典:Amazon

サイズ 最大径11×全長138mm
インクタイプ 染料
インクカラー ブラック、ローズピンク、ロイヤルブルー、ブルーブラック、ダークグリーン、セピア

『筆ごこち』を実際に使ってみてわかったこと レビュー総括

筆ごこちチャート

筆ごこちを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『筆ごこち』は3種類の太さがラインナップされていますが、今回の検証ではそれぞれ違う特徴を持っていることがわかりました。

初心者向けだと思ったのが、弾力性がある硬めのペン先で文字つぶれしにくい「極細」。イラストを描くなどの理由で水に強い筆ペンを求めている人は、顔料インクを使った「細字」を選ぶといいでしょう。

少しやわらかめのペン先が好きだったり、強弱のある線を自在に描きたい人は「中字」をチョイス。インクの出がよく深みのある黒で発色もいいので、宛名書きはもちろんイラストのベタ塗りにも適しています。ただし、今回使った用紙ではインク乾きが遅い傾向があったので、用紙との相性を確認しながら使うといいかと思いました。

筆文字からイラストまで幅広く使いやすい『筆ごこち』。この記事で興味を持ったら、ぜひあなたの手で体感してみてくださいね!

呉竹『完美王』

呉竹筆ペン美文字完美王XO50-10S毛筆中字 呉竹筆ペン美文字完美王XO50-10S毛筆中字 呉竹筆ペン美文字完美王XO50-10S毛筆中字 呉竹筆ペン美文字完美王XO50-10S毛筆中字

出典:Amazon

サイズ 最大径14×全長174mm
インクタイプ 顔料
インクカラー 墨、うす墨、朱墨
ペン先 墨:極細、中字、太字、うす墨:中字のみ、朱墨:中字のみ

呉竹『ZIG CLEAN COLOR FB(ジグ クリーンカラー FB)』

呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA 呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA 呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA 呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA 呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA 呉竹水性ペンZIGクリーンカラーFBソフト12色FB-6000T/12VA

出典:Amazon

サイズ 最大径11×全長134mm
インクタイプ 水性染料
インクカラー 全47色+ブレンダー

そのほかの筆ペンの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:minku、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


パーカー万年筆おすすめ5選|メーカーの特徴やシリーズのいちおしを紹介

パーカー万年筆おすすめ5選|メーカーの特徴やシリーズのいちおしを紹介

100年以上の歴史を持つ「PARKER(パーカー)」は、これまで数多くの筆記具を世に送り出してきました。高級ブランドのイメージがありますが、実は初心者が扱いやすいモデルから、愛好者を納得させる万年筆まで幅広い製品をそろえています。この記事では、パーカー万年筆の選び方とおすすめ5選をご紹介します。自分の手になじむ一本を探している方は、ぜひ参考にしてください。記事の最後には、楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


手動鉛筆削りのおすすめ5選【カール事務器・ソニックなど】大人も子どもも使いやすい!

手動鉛筆削りのおすすめ5選【カール事務器・ソニックなど】大人も子どもも使いやすい!

鉛筆の使用にかかせない鉛筆削り。芯部分の露出割合、削るときのタッチの軽さ、鉛筆削りの形など注視すべき点が多く、どのように選ぶべきか迷ってしまう方もいるはずです。そこで文房具ライターである、きだて たくさんへの取材をもとに、手動鉛筆削りの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


ペリカン万年筆のおすすめ6選!【萬年筆くらぶ会長が厳選】

ペリカン万年筆のおすすめ6選!【萬年筆くらぶ会長が厳選】

万年筆に詳しい、萬年筆くらぶ会長の中谷でべそさんに、万年筆の選び方とおすすめペリカン万年筆を教えてもらいました。世界中で愛用されているペリカン万年筆。ふだんはボールペンやシャーペンを使っているという方でも、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? この記事では、数あるペリカン万年筆の中から中谷でべそさんが厳選した商品6つを紹介。ペリカン万年筆をはじめて購入するという方も、すでに持っていて2本目以降を検討している方も、ぜひ商品選びの参考にしてください。


サインペンおすすめ10選|イラスト用に! 長く使えるノック式も

サインペンおすすめ10選|イラスト用に! 長く使えるノック式も

文字を書いたりイラストを描いたり、多用途に使える水性サインペン。一見どれも同じに見えますが、色や太さ、インクに違いがあります。また、ぺんてる、トンボ鉛筆などメーカーにより特徴もさまざま。ここでは、小物王・納富廉邦さんと編集部が厳選したサインペンのおすすめと選び方10選をご紹介します。 後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


関連するブランド・メーカー


呉竹

新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る