コクの塊!『イルキャンティNewドレッシングソース』口の中に広がる味を検証レビュー

コクの塊!『イルキャンティNewドレッシングソース』口の中に広がる味を検証レビュー

『イルキャンティNewドレッシングソース』は、持ち帰り専用のドレッシング。イタリア式レストラン「キャンティ」で使っているドレッシングを家庭でも味わえるようにと、試行錯誤の結果できあがりました。味や雰囲気がお店の味に近づいて、付け合せだったサラダが主食になるほどだといわれています。サラダだけでなく、他の食材にかけても美味しいとの評判なのですが本当でしょうか。そこで今回は『イルキャンティNewドレッシングソース』を実際に購入して食べてみました。野菜や豆腐、コロッケや食パンでも試しています。購入の際の参考にしてください。


『イルキャンティNewドレッシングソース』を実際に食べてみました

キャンティドレッシングボトル

あのレストランのドレッシングは美味しかった! 家庭でも食べてみたい! など、美味しかったレストランのドレッシングを手軽に食べてみたい。と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人に試してもらいたいのが『イルキャンティNewドレッシングソース』。レストランの味を家庭で食べることができるようにと、持ち帰り専用に作られたドレッシングです。レストランの味に近く、とにかく野菜を美味しく食べられると評判。

そこで実際に『イルキャンティNewドレッシングソース』を取り寄せて食べてみました。定番のキャベツの他に、コロッケや冷奴、食パンにもかけて確かめているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

『イルキャンティNewドレッシングソース』ってどんなドレッシング? 公式サイトの情報などを調査

関東を中心に展開するイタリア式レストラン「キャンティ」と「イルキャンティ」で使われるドレッシングは生の素材にこだわりがあり、レストラン内でサラダにかけて食べるだけでもともと持ち帰りはできませんでした。

ところが、家庭でも食べたいとの要望が多く、それに応え作り出されたのが『イルキャンティNewドレッシングソース』です。

特別な製法により保存料は使わず、20日間以上の賞味期限を実現。酸味はなくマイルドでなめらか! コクの塊のような味わいです。発売から3ヶ月で8万本を突破。お店のドレッシングに可能な限り近づいています。

『イルキャンティNewドレッシングソース』の口コミや評判は? SNSやECサイトでの評価を調査

キャンティドレッシング口コミ

『イルキャンティNewドレッシングソース』を取り寄せて食べた人は、どのような感想を持ったのでしょうか? 口コミの内容を調べてみました。

ポジティブな口コミにはどんなものが?

圧倒的に多かったのがポジティブな口コミ。

本当に野菜が美味しくなってドンドン食べたくなるという口コミや、口の中でまったりしている感じで毎日でも食べたいという人などもみられました。

ネガティブな口コミは?

ネガティブな口コミで多かったのが、お店の味とはやはり違うというもの。実際にお店でドレッシングを食べた人が、全く同じ味を期待して取り寄せたところ、同じ味ではなかったという書き込みです。

期待が大きすぎた分落胆も大きかったのでしょう。

『イルキャンティNewドレッシングソース』を実際に食べてみてわかったこと 実食レビュー

キャンティドレッシング原材料

ここからは『イルキャンティNewドレッシングソース』を使ってみて、食べてみてわかったことをお知らせします。定番のキャベツ以外にもカニクリームコロッケや豆腐でも試してみました。

蓋の開閉や締まり具合は? パッケージを確認

キャンティドレッシング蓋

ケース本体よりも少しだけ径の小さい注ぎ口です。ドレッシングの粘性が強いため中身が出すぎることはありません。

蓋は外蓋のみでネジ式。強く振っても中身がこぼれないようにしっかり締まります。

千切りキャベツにかけてみました

キャンティドレッシングキャベツ

まずはカニクリームコロッケの付け合わせキャベツにかけてみました。粘性が強くしっかり絡んでいます。それでいてオイリーっぽさがなくさっぱりとした食感

クセやくどさはまるでない、舌にサラッと溶ける上質な脂を感じます。

カニクリームコロッケにかけてみました

キャンティドレッシングコロッケ

カニクリームコロッケにかけてみると、クリームの甘さと調和してタルタルソースとは違ったさっぱり系の食感。新鮮な発見です。

豆腐にかけてみました

キャンティドレッシング豆腐

ドロッとして粘りがあるので豆腐にはよく絡みます。

ドレッシングにありがちな酢っぽさがなく、かといって甘過ぎもしない。口に入れるとごまの香りがして、つぶつぶとした舌触りが味わい深く、ドロっとしているのにサラサラした不思議な食感です。

食パンにかけてみました

キャンティドレッシング食パン

焼きたての食パンにかけて食べてみると、くるみやアーモンド系のナッツのような香ばしい匂いが口の中に広がります。ベトベト感はなく、ドレッシングとは思えない上品な味わいです。

イタリア式食堂キャンティ『イルキャンティNewドレッシングソース』

イルキャンティお持ち帰り専用ドレッシングソース195gNewドレッシングタイプ要冷蔵(1本) イルキャンティお持ち帰り専用ドレッシングソース195gNewドレッシングタイプ要冷蔵(1本) イルキャンティお持ち帰り専用ドレッシングソース195gNewドレッシングタイプ要冷蔵(1本) イルキャンティお持ち帰り専用ドレッシングソース195gNewドレッシングタイプ要冷蔵(1本)

出典:Amazon

内容量 195g
原材料 食用植物油脂、しょうゆ、鶏卵、玉ねぎ、にんじん、ごま、発酵調味料、香味油、食塩、香辛料/pH調整剤、調味料(アミノ酸等) ほか
エネルギー 514kcal(100gあたり)

『イルキャンティNewドレッシングソース』は本格的な生ドレッシング レビュー総括

キャンティドレッシングチャート

イルキャンティNewドレッシングソースを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

レストランで使っているドレッシングの味に近づけたというだけあって、文句の付けどころがないドレッシングでした。強いてあげれば賞味期限が短くて冷蔵保存が必要なところですが、保存料を使わない生ものとあれば仕方がありません。

くるみやアーモンド系の香ばしい匂いの正体は分かりませんでしたが、口に広がる上質な脂に含まれているのではないかとも感じました。レストランで出されるような本格的なドレッシングを食べてみたい人はぜひ試してみてください。

ちょうど商品の入れ替わり時期(2020年9月現在)で、『イルキャンティNewドレッシングソース』のニンニクなしで検証レビューしています。2020年10月14日発送分以降はニンニク入りで販売されていますので、これまでの旨味やコクにパンチがプラスされました。

そのほかのドレッシングの記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:西岡、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


サウザンドレッシングおすすめ18選|ダイエット中にうれしい糖質カットも

サウザンドレッシングおすすめ18選|ダイエット中にうれしい糖質カットも

コクがあり、クリーミーな色合いのサウザンドレッシング。一工夫加えれば、サラダにかける以外に、肉や揚げ物にも使えます。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、サウザンドレッシングの選び方、おすすめの18商品をご紹介します。


シーザードレッシングおすすめ10選【糖質カット商品も】アレンジメニューも紹介!

シーザードレッシングおすすめ10選【糖質カット商品も】アレンジメニューも紹介!

サラダにはもちろん料理の味つけやソースの隠し味にも使える「シーザードレッシング」。その種類はかなり豊富で、濃厚なチーズを含むコクが強いものや、豆乳などを使い植物油脂を極力カットしたヘルシーな味にこだわったものもあります。おいしく野菜を食べるために、かけるドレッシングは好みのものを選びたいですよね。そこで、日本体質改善協会代表であり、フードアナリストでもある平林玲美さんに、シーザードレッシングの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングやアレンジメニュー例もあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


玉ねぎドレッシングおすすめ13選【アレンジレシピも!】人気のアマニ油など

玉ねぎドレッシングおすすめ13選【アレンジレシピも!】人気のアマニ油など

サッパリした味がクセになる玉ねぎドレッシング。食感や味わいも異なるほか、ノンオイルや黒酢、オリーブオイルやアマニ油などを使った、健康にうれしい商品もあります。ここでは、管理栄養士・山田由紀子さんと編集部おすすめ商品をピックアップ。選び方や玉ねぎドレッシングを使ったアレンジレシピも公開! ぜひ参考にしてください。


ごまドレッシングおすすめ16選【サラダやうどんに!】キユーピーや成城石井も

ごまドレッシングおすすめ16選【サラダやうどんに!】キユーピーや成城石井も

ごまドレッシングは、サラダにかけたりお豆腐やお肉の味付けに利用したりと大活躍するドレッシング。ひとつあれば料理の幅がぐんと広がりますよね。この記事では、料理家の玉利紗綾香さんに聞いた、ごまドレッシングの選び方とおすすめの商品を厳選! 定番のキユーピーやリケンの商品はもちろん、ノンオイルやアマニ油などを使ったごまドレッシングも紹介します。記事後半には、各通販サイトの売れ筋ランキングも! ぜひ最後までチェックして、自分にぴったりの商品を見つけてくださいね。


ワインビネガーおすすめ17選|代用できる、簡単な作り方も紹介!

ワインビネガーおすすめ17選|代用できる、簡単な作り方も紹介!

白ワインビネガーは普通のお酢に比べてフルーティーなのが特徴です。サラダのドレッシングやマリネなどに活用できます。この記事では、フードアナリストが選ぶおすすめのワインビネガーを赤ワインと白ワインに分けてご紹介します。さらに通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますのでチェックしてみてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る