森永製菓の『ダース』はおいしい? 実際に食べてみて気付いたこと

森永製菓の『ダース』はおいしい? 実際に食べてみて気付いたこと

お仕事やプライベートで疲れが溜まると「チョコレートが食べたい! 」と感じた経験はありませんか? チョコレートの原料となるカカオの成分には、リラックスさせるカフェインに似た成分が含まれています。「チョコレートを食べるとホッとする」「チョコレートを食べて癒されたい! 」と感じるのは、無意識にチョコレートに含まれている成分を欲しているからかもしれませんね。そんな時におすすめするのが森永製菓の『ダース』、通称『赤ダース』です。スーパーやコンビニエンスストアのチョコレートコーナーでは、必ず置いてある! といっても過言ではありませんよね。今回の記事では、『ダース』を実際に食べてみて、感じたことをレポートしています。


『ダース』を実際に食べてみました

ダースパッケージ

人は疲れが溜まると、糖分を欲してしまうものです。デスクワーク中や、1日の終わりにホッとひと息尽きたい時「なんだか、甘い物が食べたいなぁ」と感じたことはありませんか?

ただ、「手が汚れてしまうおやつはデスクワーク中に食べられない」、「大きなおやつはデスクに広げられない」、「お一人様時間に、贅沢はできない」 などと、デスクワーク中のおやつや、お一人様時間のおやつは、チョイスに悩むこともありますよね。

そんな時におすすめするのが、今回紹介する『ダース』のチョコレートです。食べやすく、コンパクト、そして安価! とデスクワーク中の方や、お一人様時間をちょっぴり優雅に楽しみたい方にはピッタリの商品でした。

『ダース』ってどんなチョコレート?

『ダース』は、森永製菓から販売されている商品。今回紹介するミルク以外にも「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」「苺チョコ」など、さまざまなフレーバーの商品が販売されています。

甘党さんから、ちょっぴり大人な味好みの方、お子様からお年寄りまでどの世代の方もおいしくいただける商品です。

『ダース』の口コミ&評判

ダース口コミ

『ダース』 についての口コミ・評判をインターネット上で探してみました。多くの方が「リピートしたい! 」と答える商品ではありますが、もちろん、いい点だけではなく、ネガティブな口コミも存在……。どちらの口コミも紹介していきます。

『ダース』のいい口コミ

口の中に入れた瞬間の優しい口どけを評価している方が多くいます。ミルクのコクがしっかりとあり、優しい甘さを評価している方が多い印象がありました。

コンパクトで値段の安さに魅力を感じている!なんて声も見られましたよ。

『ダース』のイマイチな口コミ

濃厚で優しい甘さが魅力の「赤ダース」。しかし、なかにはその濃厚な甘さがくどい……と答える方も。カカオ独特のほろ苦さを求める方には少し物足りなく感じてしまうのかもしれません。

また、12粒の内容量ということもあり、家族で食べるとすぐになくなってしまう! なんて声もありました。『ダース』は、お一人様時間のちょっとしたお供にピッタリなのかもしれませんね。

『ダース』を実際に食べてみたレビュー

今回購入したのは、森永製菓『ダース ミルク』の12粒、10箱セットです。
まずは、基本情報から見ていきましょう。

ダースパッケージ側面10個
ダースパッケージと定規

1箱だとコンパクトな印象がありますが、10箱セットだとボリューム満点。先程紹介した口コミで「家族で食べるともの足りない! 」なんて声がありましたが、これだと家族で食べても取り合いになることがなく安心です。

ダースパッケージ裏

1粒あたりのカロリーは21kcal、1箱食べると、252kcalです。体重50kgだと、1時間のウォーキングで消費できるのは158kcal程度のため、ダイエット中の方には少し高めのカロリーと感じるかもしれませんね。

しかし、全く甘いものを食べないのもストレスですよね。

ダース中身全部

『ダース』は、1粒がかなり小さいため、ダイエット中の方でも「1日3粒まで」といったルールも簡単に決められて守りやすいのもうれしい点ではないでしょうか。

『ダース』は開け方に工夫が?

今回レビュー記事を書いていて、気づいたのですが、『ダース』には、開け方が2種類ありました。

ダースパッケージ手持ち画像

ひとつ目は、表にある取っ掛かりに指をかけ、パカっと右にもち上げる方法です。多くの方がこちらの方法で開封されているのではないでしょうか?

ダースパッケージ開封口

箱の内側にある取っ掛かりによってロックがかかるのか? と思いきや、どうやらそうではないようです。しかし、1度開封しても、これなら、何日かに分けて食べる時も中身がこぼれる心配もないので安心できますね。

開封したダースパッケージ全体像

この方法なら、斜めに立てかけながら食べることができます。1箱100円前後とかなりリーズナブルな商品ですが、なんだか高級感が増したように感じます。

箱の中にチョコレートが収まったままなら、デスクワーク中など「チョコレートで書類が汚れてしまった! 」といううっかりミスは防ぐことができそうです。

もうひとつの開け方は、裏側にある切り取り線に爪を充ててあける方法です。

ダースパッケージ裏開封口手持ち画像
ダースパッケージ裏面開封口アップ

切り取り線は入っているものの、キレイに開封するには少しコツがいるように感じました。

また、チョコレートを引き出した時も逆さまになっているので、開封しやすさは、ひとつ目に紹介した表面から開封する方が良かったように感じました。

『ダース』を実際に食べてみた! 味や口どけは?

それでは、早速『ダース』を食べてみましょう。

開封後ダースと手持ち画像
指にチョコレートがついている画像
溶けたダース側面

撮影のために、長時間室温に出していたからか、少し持っただけでこのように溶けてしまいました。

その後、冷蔵庫に入れると当たり前ですが、きちんと固まり、すぐに指に付いてしまうということはありませんでした。板チョコのように、好みのサイズに割って食べる必要がなく、かなり食べやすい印象があります。

冷蔵庫でカチカチに冷やしていましたが、口に入れた瞬間、なめらかに溶けていくのに驚きです。先程、すぐに溶けてしまったと紹介しましたが、これ程口どけがなめらかなら、すぐに溶けてしまうのも納得です。

ダースとコーヒー

ミルク感がかなり濃厚で、ブラックコーヒーが欲しくなってしまいます。甘党の方、小さなお子様にはカカオ独特のクセもなく、とても食べやすい商品だと感じます。

開封時は「12粒って少ない……」と正直感じていましたが、濃厚なミルク感で、かなり満足感がありました。

『ダース』にはうれしいサプライズも!

このレビュー記事を書くまで、全く知らなかったのですが、『ダース』には、どうやらサプライズチョコがあるよう。

ダース開封後整列画像

この写真を見て「おや?なんだか変……」と感じることはありませんか?

<Peace>と刻印されたダース

高級感を感じる「DARS」の刻印ですが、そのなかに1粒、<Peace>と刻印された『ダース』が入っていました。

『ピノ』のハートピノや星ピノ、『コアラのマーチ』の盲腸コアラなど、レアなお菓子が紛れている商品は多くありますが、『ダース』にもあるとは知りませんでした。

うれしさのあまりSNSで検索すると、<Peace>の他にも、
・Love
・カタカナで『ダース』
・12
などさまざまなバリエーションの『ダース』が存在するようです。

特別なひと粒に出会えると「なにか、いいことがあるかも!」とウキウキしますよね。

『ダース』の贅沢なアレンジレシピ

今回、10箱セットを購入したので、チョコレートをそのまま食べるだけでなく、子供と一緒にお菓子つくりを楽しむという贅沢な使い方をしてみました!

子供がパイ生地に穴を開けている画像

解凍したパイシートにフォークで穴開け。しっかりと解凍したことで2歳の子どもでも簡単に穴をあけることができました!

パイ生地で包んだダース

こちらはチョコレートをパイシートで包んだところです。パイシートが浮かないよう両端はしっかりフォークでおさえています。5才の息子は粘土遊び感覚で楽しんでいました!

ダースパイで包み焼いたあと

冷凍パイシートで『ダース』を挟み、200℃のオーブンで20分焼くだけの簡単おやつです。板チョコのようにチョコレートを割る必要がないため、子供の手が汚れることもありません。とても有意義なおうち時間を過ごすことができました。

レシピサイトを見ると、ホットケーキで作る簡単マフィンのトッピングや、パウンドケーキのトッピングに使っている方もいましたよ。

子供とのおうち時間にできる新しい楽しみを見つけたいけれど、部屋やキッチンが汚れてしまうのは避けたいという方にピッタリだと感じました!

森永製菓『ダース<ミルク>』

森永製菓ダース<ミルク>12粒×10箱 森永製菓ダース<ミルク>12粒×10箱 森永製菓ダース<ミルク>12粒×10箱

出典:Amazon

内容量 42g(12粒)
原材料 砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、植物油脂、脱脂粉乳、生クリーム、ヘーゼルナッツペースト、ホエイパウダー、バターオイルほか
アレルギー表記 乳、大豆

『ダース』を実際食べてみて感じたこと

ダースレーダー

『ダース』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

改めて『ダース』を食べてみた感想としては、コンビニエンスストアやスーパーなどお手軽に手に入り、価格も100円程度とリーズナブルであるにも関わらず、しっかりとチョコレートのおいしさを感じられるなということです。

ただ、カカオのほろ苦さを求めている方や、ブラックコーヒーを好む方にとっては、12粒全て食べると甘すぎると感じてしまうかもしれません。

甘いものが大好き! 濃厚な味が好み! 値段を気にせずにパクパク食べたい! という方はぜひ食べていただきたい商品です。

『ダース』のシリーズには、ミルクだけでなく、ビター、ホワイト、苺など、ラインナップが豊富にあります。

どの商品も、かなりコンパクトなサイズなので、デスクワーク中の邪魔にもならず、これから、私の仕事中のお供になりそうです! 気軽においしいチョコレートが食べたいという方はぜひ試してはいかがでしょうか?

森永製菓『ダース<ビター>』

森永製菓ダース<ビター>12粒×10個

出典:Amazon

内容量 42g(12粒)
原材料 砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアバター、バターオイル、乳化剤(大豆由来)、香料
アレルギー表記 乳、大豆

森永製菓『苺のダース』

森永製菓苺のダース12粒×10個

出典:Amazon

内容量 12粒
原材料 砂糖、植物油脂、カカオマス、全粉乳、ココアバター、乳糖、デキストリン、ホエイパウダー、脱脂粉乳、ストロベリーパウダーほか
アレルギー表記 乳、大豆

森永製菓『白いダース』

森永製菓白いダース12粒×10箱 森永製菓白いダース12粒×10箱 森永製菓白いダース12粒×10箱

出典:Amazon

内容量 42g(12粒)
原材料 砂糖、全粉乳、ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料
アレルギー表記 乳・大豆

そのほかのチョコレートに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。(制作協力:佐藤、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/02/02 コンテンツを追加修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バレンタインにおすすめのトリュフチョコ10選|フランス産本格チョコも!

バレンタインにおすすめのトリュフチョコ10選|フランス産本格チョコも!

バレンタインチョコは女性から男性へ贈るだけでなく、最近では友チョコや逆チョコ、お世話になった方へのプチギフトとしても贈られます。チョコの種類はさまざまですが、なかでも人気なのがトリュフチョコ。ガナッシュにココアをまぶしたものが基本ですが、種類が豊富なのでどれを選べばいいか悩む方も多いのでは? そこで本記事では、トリュフチョコの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。


【お菓子研究家が選ぶ】ホットチョコレートのおすすめ6選|パウダータイプなど!

【お菓子研究家が選ぶ】ホットチョコレートのおすすめ6選|パウダータイプなど!

勉強の合間や仕事で疲れたときに飲みたくなるホットチョコレート。寒い日はとくに、手のひらから伝わる温かさとチョコレートの甘い香りに心が落ち着きます。さまざまな商品がありますが、自分にぴったりのホットチョコレートはどれなのか迷うこともありますね。この記事では、そんなホットチョコレートの選び方と人気商品を紹介します!お好みの甘さのホットチョコレートを見つけてみましょう。


市販のチョコクッキーのおすすめ商品12選|しっとり食感のチョコチップ入りも!

市販のチョコクッキーのおすすめ商品12選|しっとり食感のチョコチップ入りも!

チョコクッキーは、チョコとクッキーのダブルの味わいが楽しめる人気のクッキーです。いろいろな種類が売られているため、どれを買えばいいか迷ってしまうことも。そこで、お菓子研究家の飯田順子さんに、チョコクッキーの選び方やおすすめ商品を聞きました。目的や好みに合わせて選べるよう、通販などで手に入りやすい商品を中心に紹介していきます。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。


ティムタムおすすめ7選【定番の味は?】オーストラリアのお菓子を楽しもう

ティムタムおすすめ7選【定番の味は?】オーストラリアのお菓子を楽しもう

「ティムタム」は、ビスケットでクリームをはさみチョコレートでくるんだ、オーストラリアで広く愛されているチョコビスケットです。日本でもネットショッピングなどで手軽に買うことができます。テイストがいろいろとあり、定番ものと期間限定品もあって、目移りしそうですね。この記事では、料理研究家のRyogoさんにお話をうかがい、ティムタムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ゴディバチョコのおすすめ9選|バレンタインのプレゼントや自分へのご褒美に!

ゴディバチョコのおすすめ9選|バレンタインのプレゼントや自分へのご褒美に!

クリスマスやバレンタイン、ホワイトデーギフトのほか、自分へのご褒美にも人気の高級チョコレート・ゴディバ(GODIVA)のおすすめ12選をご紹介。人気のプラリネやガナッシュ、トリュフを含んださまざまなコレクションが販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。後半にはAmazonや楽天市場の最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


関連するブランド・メーカー


森永製菓

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。