Anker PowerCore Fusion 5000の口コミや評判を実際に使って検証してみました

Anker PowerCore Fusion 5000の口コミや評判を実際に使って検証してみました

スマホなどモバイル機器は今では外出に必須の持ちものですが、肝心なときに電池切れとなって焦ったことはありませんか? バッテリーとして給電できるのみならず、コンセントなしで充電もできる『Anker PowerCore Fusion 5000』はそんなときに大変役に立ちます。モバイルバッテリーや充電器はほしいけど荷物としてかさばるのは避けたいとお考えの方はぜひご覧ください。


『Anker PowerCore Fusion 5000』を実際に試してみた 1台2役の

Anker PowerCore Fusion 5000のセット内容

スマホやタブレットなどのモバイル機器では、充電が必須ですが、ついつい忘れてしまうなんてこともありますよね。また、お仕事や旅行など、外出先での充電はなかなか思い通りにはいかないもの。そんなときのため、モバイルバッテリーや充電器もいっしょに携帯すると安心です。

『Anker PowerCore Fusion 5000』は、充電器とモバイルバッテリーを兼ねた1台2役のスグレモノ。一般的に充電器もバッテリーもそれなりの重量と大きさがあり、2つを持ち歩くのはかさばって不便ですが、この『Anker PowerCore Fusion 5000』であれば、どちらを持っていこうかと悩むこともありません。

今回は、『Anker PowerCore Fusion 5000』って本当に使い勝手がよいの?」とお考えの方のために、実際に購入して使い勝手や性能、そしてネット上での口コミを検証してみました。ぜひ記事を読んで『Anker PowerCore Fusion 5000』購入の参考にしてみてください。

『Anker PowerCore Fusion 5000』って充電器?バッテリー?

『Anker PowerCore Fusion 5000』は、USB急速充電器やモバイルバッテリーで評判のブランドAnkerが、充電器とモバイルバッテリーのいいとこどりを目指して開発した1台2役のモバイル用ガジェットです。

充電器として

Anker PowerCore Fusion 5000とペン

マーカーとの比較からもわかるとおり本体は手のひらに乗るくらいコンパクトで、ACプラグは折りたたみ式。

プラグを引き出してコンセントに差し込めば充電が開始されます。充電中は残量表示ランプが点滅するので、どのくらい充電できたかがひと目で確認可能。

スマホを繋ぎながらコンセントに挿す

USB-Aポートにモバイル機器を挿しているときは、モバイル機器を優先して充電を開始。モバイル機器充電中はすべての残量表示ランプが順番に点滅します。

USBケーブルでも充電可能

USBケーブルをつなぐ様子

また、microUSBポートにUSBケーブルを接続して充電することもできるので、パソコンで作業中などはパソコンからも充電できます。

バッテリーとして

Anker PowerCore Fusion 5000と繋がれたケーブル

USB-Aポートが2つ設置されており、付属のUSBケーブルなどで接続したモバイル機器を最大同時2台まで充電することが可能。15Wまでの急速充電に対応しています。

『Anker PowerCore Fusion 5000』の口コミや評判は?

Anker PowerCore Fusion 5000の口コミは?

ここでは、『Anker PowerCore Fusion 5000』に関する口コミや評判をご紹介します。

『Anker PowerCore Fusion 5000』のよい口コミ

よい評判としては、なんといっても、充電器とモバイルバッテリーの1台2役で便利との声が多いです。

また、コンパクトで携帯しやすいという声も多いようです。

『Anker PowerCore Fusion 5000』のイマイチな口コミ

残念な評判としては、コンパクトということとは逆の意見ですが、モバイルバッテリーにしては重い・厚いという声がありました。

また、5000mAhではある程度の期間使っていると容量不足に感じるという声も。検証の対象外ですが、バッテリーの寿命が短く数カ月後にはすぐに残量なしになるという声もありました。

『Anker PowerCore Fusion 5000』を実際に使用してみた!

ここからは、『Anker PowerCore Fusion 5000』を実際に購入して検証した結果をご紹介していきます。本体充電や機器充電といった基本的な機能はもちろん、携帯性や使い勝手も実際に手に取って調べました。

すっきりとした化粧箱入り

Anker PowerCore Fusion 5000の外箱

白とブルーのスマートな化粧箱は、早く箱を開けて製品を見てみたくなります。

Anker PowerCore Fusion 5000のセット内容1

箱を開けると期待にたがわず、キレイな内箱にきっちりと本体と付属品が収められていて好印象です。

Anker PowerCore Fusion 5000のセット内容2

今回は本体もブラックの商品なので、トラベルポーチとUSBケーブルとあわせてブラックですっきり統一され、外出先でもオシャレに使えます。

本体はコンパクトだが厚みとずっしりとした重量感がある

Anker PowerCore Fusion 5000とはかり

手のひらサイズで重さも200g以下とコンパクトです。

Anker PowerCore Fusion 5000とメジャー

しかし、このサイズにしては約3cmと厚みがあり、重さもずっしり感じてしまうのが残念なところ。

コンセントとUSBケーブルの2通りで本体充電可能

本体には折りたたみ式のACプラグと入力用のmicroUSBポートが設置されており、家庭や職場のコンセントからも、パソコンのUSBポートからも充電可能。その使い勝手などを検証しました。

本体をコンセントに挿して充電

Anker PowerCore Fusion 5000を壁のコンセントに挿す

折りたたみ式のACプラグを引き出してコンセントに挿す仕様なので、プラグ部分が曲がってしまうなどのアクシデントは防げそうです。

充電中はランプが点灯しどのくらい充電できたかがひと目でわかるのは便利だと思いました。5V/2Aで充電できるので、3~4時間ぐらいで満充電となります。

USBケーブルでも本体充電可能

Anker PowerCore Fusion 5000をPCで充電

microUSBポートにUSBケーブルを接続して充電することもできるので、パソコンで作業中などはパソコンからも充電できます。ちなみに急速充電対応でない手持ちの充電器をコンセントに挿して付属のUSBケーブルで接続した場合は10時間くらいかかりました。

また、USBケーブルでの充電は、本体を充電するというよりは、外出先でコンセントが使えないときにモバイル機器を充電するためのUSBケーブル代わりくらいに考えておいたほうが無難と感じました。

microUSBのスマホなら15Wの急速充電が可能

Anker PowerCore Fusion 5000とテスター

本体にはUSB-Aポートは2つ設置されており、2台まで同時に急速充電可能です。とはいえ、本当に急速充電ができるのかどうかはきになるところ。そこで自前のスマホとテスターを用いて急速充電の検証をしてみました。

私が使っているスマホ(QUAphone)を充電してみると、約2時間で満充電となりました。QUAphoneのスペック表ではスマホ付属のauケーブルで約130分かかるということだったので、ほぼ同じ時間で充電が可能です。

また、テスターをつないだところ、5V/1.5~0.9Aが表示され、充電量は2250mAhでしたので、ほぼスペックどおりの値が出ていると考えられます。一方、2台同時に充電した場合も数値に大きな変化は見られず、問題なく充電できていました。

なお、Qualcomm Quick Chargeには対応していません。また、ライトニングケーブルは付属していませんのでiPhoneなどをお使いの方はあらかじめケーブルの準備が必要です。

3ランプで直観的な残量確認

Anker PowerCore Fusion 5000の説明書

本体側面に設置されている残量確認のための3つのランプとボタンの動作をチェック。

本体バッテリーの残量を確認したいときはボタンを押すと、残量に対応したランプが10秒間点灯。1ランプ点灯で33%、2ランプ点灯で66%、3ランプ点灯でほぼ満充電を表します。

また、本体バッテリー充電中はランプが点滅し、充電済に対応するランプは点灯状態になり、満充電となるとランプはすべて消灯。どのくらい充電できたかが見た目でわかるので、外出予定の前に充電残量を確認しておけば、外出先に持って行っていざ充電! って時に充電残量が空、なんてことを防げます。

コンセントから本体充電すると熱を持ちました

コンセントに挿して本体バッテリーを充電している最中は、本体が熱を持ちます。手で触った感触では、ノートPCフル稼働時の底板の熱さぐらいの温度と同じくらいに感じました。

ふつうに使うのには問題ないですが、念のため熱くなりすぎていないか確認するのも安全性の点からはよいかもしれません。なお、モバイル機器の充電中はほとんど熱を持ちませんでした。

カバンに入れて常時持ち歩くのにピッタリ

Anker PowerCore Fusion 5000をカバンに入れる

大きさとしては、手のひらにすっぽりとおさまるコンパクトなサイズですので、付属のポーチにケーブルと一緒にしまってカバンに入れて常時持ち歩くといざというときに便利です。

一方、厚さがあることと重量感を感じること、付属のポーチも太めの糸を使っていてかさばることから、長時間衣服のポケットにいれるなどして身につけるのは難しそうです。

また、コンパクトなゆえに片手でスマホと重ねて一緒に持つには安定性に欠けますので、USBケーブルを使ってちょっとの間なら本体はポケットに入れておくとよいでしょう。

Anker『PowerCore Fusion 5000』

AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック) AnkerPowerCoreFusion5000(モバイルバッテリー搭載USB充電器5000mAh)【PSE認証済/コンセント一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】iPhoneiPadAndroid各種対応(ブラック)

出典:Amazon

サイズ 70×72×31mm
製品重量 189g
バッテリー容量 5000mAh

いざというときのための『Anker PowerCore Fusion 5000』

Anker PowerCore Fusion 5000のレーダー

Anker PowerCore Fusion 5000を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『Anker PowerCore Fusion 5000』は急速充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなすモバイルガジェット。家でも外出先でもコンセントがあればこまめに本体の充電ができますし、モバイル機器をつなげばコンセントからモバイル機器も充電できます。

バッテリー容量があまり多くないこと、コンパクトですがスマホなみに手に持つのにはなじまないことから、miroUSBポートを有するスマホの予備バッテリーとしてカバンなどに入れて常時携帯するのが効果的な使い方ですね!

また、Ankerからは『Anker PowerLine+ Ⅲ ライトニングケーブル』や、充電用ポートも出ており、これらを併用すればさまざまな状況にも対応できるようになるので、『Anker PowerCore Fusion 5000』を検討している方は合わせて考えてみてもいいでしょう。

Anker『PowerLine+ Ⅲ ライトニングケーブル』

AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック) AnkeriPhone充電ケーブルPowerLine+IIIライトニングケーブルAppleMFi認証取得iPhoneiPadiPodAirPods互換対応(0.9mブラック)

出典:Amazon

サイズ 0.9m
製品重量
バッテリー容量

そのほかのAnkerモバイルバッテリーの記事はこちら

そのほかのモバイル周辺機器に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。(制作協力:yoshi3_01)

※2021/02/02 コンテンツを追加更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


キッズ携帯おすすめ7選|大手キャリア・格安SIM、ガラケー・スマホの違いも解説

キッズ携帯おすすめ7選|大手キャリア・格安SIM、ガラケー・スマホの違いも解説

「仕事が忙しいため、いつでも子供と連絡が取れるようにキッズ携帯を考えている」 「子供がそろそろ小学生になるし、心配なのでキッズ携帯を持たせたい」上記のように、子供が大きくなり、目を離す時間が短くなるからこそ、キッズ携帯が必要と考える親御さんは多いです。しかし、大人のスマートフォンと比べ、キッズ携帯のプランがあるかどうかは各キャリア・会社によるため、どれを選んでいいのかいまいちわかりません。また、キッズ携帯はLINEが使えない、キッズスマホでもカメラが使えない機種があるなど、注意点も多いです。 本記事では、キッズ携帯・スマホを考えているけど、よくわからないという親御さんに向け、キッズ携帯・スマホのプランや料金、機種の特徴、また、そもそも3大キャリア・格安sim会社どちらを選ぶべきかなど、疑問に思う部分について、詳しく解説していきます。 本記事を読めば、きっとキッズ携帯の契約までの流れを把握できるので、ぜひ参考にしてください。


コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ9選【Anker・エレコム】軽量タイプも!

コンセント付きモバイルバッテリーおすすめ9選【Anker・エレコム】軽量タイプも!

電源があればいつでもどこでも充電ができる「コンセント付きモバイルバッテリー」。コンパクトサイズの製品が多く、旅行や外出先など持ち運びに便利なのが魅力です。さらに「ACプラグ一体型」のコンセント対応モバイルバッテリーなら、コンセントに挿すだけでバッテリーを蓄電できるので、別途ケーブルを持ち歩く必要がなく便利! この記事では、コンセント付きモバイルバッテリーの選び方とおすすめの製品をご紹介! アンカーやエレコムなど人気メーカーのモデルもピックアップしています。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも合わせてチェックしてください!


Apple Watchのフィルムおすすめ6選|気泡が入らずきれいに貼れる!

Apple Watchのフィルムおすすめ6選|気泡が入らずきれいに貼れる!

Apple系ライターの伊藤 朝輝さんに取材を行い、Apple Watchをキズなどから守るフィルムについて、選び方とおすすめ商品にをうかがいました。Series5も登場したApple Watchシリーズ。盤面をキズから守る保護フィルムは、iPhoneの保護フィルム同様にいくつかのタイプがあります。耐久性はもちろんのこと、貼るときには気泡が入りにくく、使っていて指紋がつきにくいものを選びたいものです。ここでは単純なガラスフィルム、枠付きガラスフィルム、TPU素材のフィルムの3タイプを紹介します。それぞれ長所・短所があるので自分の考えに合うものを選択してください。


キャンプや災害時に最適!ソーラーチャージャーおすすめ19選|急速転換モデルも

キャンプや災害時に最適!ソーラーチャージャーおすすめ19選|急速転換モデルも

本記事では、カメラ・ガジェットライター/エディターである水澤 敬さんへの取材をもとに、ソーラーチャージャーの種類ごとの特徴や、選び方、おすすめ商品をご紹介。ポータブルタイプで災害時にも役立つソーラーチャージャーもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


iPhone向けSDカードリーダーおすすめ6選|MFi認証や転送速度で選ぶ

iPhone向けSDカードリーダーおすすめ6選|MFi認証や転送速度で選ぶ

ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選んだおすすめのiPhone向けSDカードリーダーを紹介します。データの容量不足に、画像や動画、音楽などをiPhoneからデータとして残しておけるSDカード。その転送を便利なのがSDカードリーダーです。Appleの純正もあるのですが、それより機能が多く搭載されているSDカードリーダーもあります。さまざまな種類があるので、機能などをくらべてみて選びましょう。


関連するブランド・メーカー


Anker(アンカー)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。