電脳系フリーライターが選ぶ! Ankerモバイルバッテリーのおすすめ5選

電脳系フリーライターが選ぶ! Ankerモバイルバッテリーのおすすめ5選
電脳系フリーライター
早川 厚志

1995年に初めてMacを購入して以来、アップル製品に魅せられ続けているフリーライター兼フォトグラファー。現在は月6本以上のライブをこなすシンガーソングライターとしても活動している。 1996年よりMac用新着ソフト情報サイト「新しもの好きのダウンロード」を主宰。 1997年よりMac関連雑誌に毎月20本以上はMacやiOSアプリの紹介記事を執筆。 決して「アップル信者」というわけではなく、魅力的ではない製品を認めたり、他人に勧めたりしないという冷静沈着な面もある。

本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、Ankerモバイルバッテリーを選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介します。Ankerのモバイルバッテリーは品質やデザイン性、技術、コストパフォーマンスなどにすぐれており、購入後のサポートが充実しているのも特徴です。機内持ち込みもできるため海外旅行などの長時間の外出で使うときはもちろん、日常的にも使う機会が多いモバイルバッテリーなので、高い品質の商品を安心して使いたいですね。スマホの充電がすぐ切れる、つねにモバイルバッテリーを持ち運びたい、といった方はぜひ参考にしてください。


Ankerモバイルバッテリーの選び方! 電脳系フリーライターに聞きました

電脳系フリーライターの早川厚志さんに、Ankerモバイルバッテリーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。後悔のない買いものができるように、エキスパートのアドバイスを有効に活用してみてください。

モバイルバッテリー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

Ankerのモバイルバッテリーは商品ラインナップが豊富なため、用途にあわせた商品を選ぶことができます。

充電スピードに注目する

電脳系フリーライター

Ankerのモバイルバッテリーには「PowerIQ」という独自技術が搭載されています。PowerIQ 1.0なら最大12W出力、PowerIQ 2.0なら最大18W出力が可能。これだけでも高速ですが、より速く充電したいなら、急速充電の規格である「USB Power Delivery(USB-PD)」に対応した商品を選びましょう。

ただし、USB-PDは充電するデバイスとケーブルがどちらも同規格に対応していなければ、充分な性能を発揮できないので、購入の際は注意が必要です。

Anker『PowerCore+ 26800 PD』

こちらはUSB PDに対応した商品。スマートフォンだけでなく、MacBookなどのノートパソコンにも急速充電が可能です。付属品のUSB-C急速充電器を用いると充電時間はわずか約4.5時間で満充電が完了します。

>> Amazonで詳細を見る

用途にあわせて容量を選ぶ

電脳系フリーライター

モバイルバッテリーの容量は、1時間でどれだけの電流を流すことができるか示す単位である「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表され、この数値が大きいほど容量も大きくなります。

スマホを約1〜2回充電できれば充分なら10,000mAh未満、スマホを約3〜4回、あるいはタブレットを充電したいなら10,000〜20,000mAh、ノートPCを充電したいなら20,000mAh以上を選ぶといいでしょう。

本体サイズ、重さ、うすさに注目

電脳系フリーライター

基本的に、モバイルバッテリーの容量が大きいほど、本体サイズと重量が重くなります。どのように持ち歩くかにあわせてサイズや重さを選びましょう。

たとえば、ポケットに入れてつねに持ち歩くなら200g以下、カバンやリュックに入れるなら400g以下、泊まりがけの旅行やキャンプに持っていくならそれ以上を目安に選ぶといいでしょう。

おすすめのAnkerモバイルバッテリー4選 電脳系フリーライター厳選!

上で紹介したAnkerモバイルバッテリーの選び方のポイントをふまえて、電脳系フリーライターの早川厚志さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。それぞれの機種ごとの特徴を比較したうえで、自分の用途にあったモバイルバッテリーを選んでみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『PowerCore 10000 Redux』

Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』 Anker『PowerCore10000Redux』

出典:Amazon

本体サイズ 約104×52×25mm
重量 約184g
容量 10,000mAh
出力端子 1
最大出力 5V=2.4A
USB PD対応 ×

Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

大容量なのに軽量コンパクトな商品

10,000mAhという大容量でありながら、約104×52×25mmという手のひらにすっぽり収まるほどのコンパクトサイズで、重量はたったの約184g。さらにお手ごろな価格と、大容量・コンパクト・軽量・低価格の4拍子そろった、コストパフォーマンスの高い商品です。iPhone XSに約3回、iPad Pro 11インチに約1回の充電が可能で、おもにスマホやタブレットを充電したい方におすすめです。

本体の表面にはストライプメッシュ加工がほどこされているため、持ちやすく手触りもバツグンです。Bluetoothイヤホンなどの入力電流が小さい機器に対しても、安全に高速充電できる低電流モードが用意されています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『PowerCore II 6700』

Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』 Anker『PowerCoreII6700』

出典:Amazon

本体サイズ 約96×43×23mm
重量 約128g
容量 6,700mAh
出力端子 1
最大出力 5V=2A
USB PD対応 ×

Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

単一電池より軽い! コンパクトな商品

iPhone XSを1回半以上充電できる6,700mAhという容量でありながら、単一電池よりも軽い約128gという軽さを実現した商品です。サイズも96×43×23mmと非常にコンパクトで、ズボンの前ポケットなどに入れて気軽に持ち歩くことが可能です。

LEDボタンを押せば、6段階のLEDでバッテリー残量がひと目で確認できます。表面はストライプメッシュ加工がほどこされており、すべりにくく握りやすいうえに、すりキズにも強いデザインとなっています。モバイルバッテリーをポケットに入れて持ち歩きたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『PowerCore+ 26800 PD』

Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』 Anker『PowerCore+26800PD』

出典:Amazon

本体サイズ 約180×80×24mm
重量 約580g
容量 26,800mAh
出力端子 3
最大出力 Type-C:5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.25A/Type-A:5V=3A
USB PD対応

Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

ノートPCへの高速充電に対応した超大容量な商品

外出先でスマホやタブレットだけでなく、ノートPCにも充電したい方向けの超大容量な商品です。ふたつのUSB Type-Aポートに加え、Power Deliveryに対応したUSB Type-Cポートをひとつ搭載しています。そのため、MacBookファミリーなどUSB-C搭載ノートPCへ、最大30W出力での充電が可能です。また、本バッテリー本体への充電時も、USB-Cポートから約4.5時間でフル充電が可能です。

26,800mAhという超大容量は、iPhone XSなら7回、MacBook Pro(13インチモデル)なら1回以上の充電が可能です。ほとんどの航空会社で、飛行機内への持ち込みも可能なので、長時間のフライト中にノートPCで仕事をしたい方にはうってつけでしょう。

ほかの商品よりもやや高価ですが、30W USB PD対応のUSB-C急速充電器(『Anker PowerPort Speed 1 PD 30』)が付属していますので、単体でモバイルバッテリーを購入するよりお得といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Anker『PowerCore+ mini』

Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』 Anker『PowerCore+mini』

出典:Amazon

本体サイズ 約95×23×23mm
重量 約80g
容量 3,350mAh
出力端子 1
最大出力 5V=1A
USB PD対応 ×

Thumb lg 8e6193c4 5c12 48f6 a3bb f41fd762ddd3

電脳系フリーライター

小型化にこだわった超コンパクトな商品

直径23mm×長さ95mm、わずか80gという超コンパクトなスティック型の商品です。これだけ小さいにも関わらず、容量は3350mAhで、iPhone XSやGalaxy S9に約1回のフル充電が可能です。バッテリー残量を3段階でチェックできるLEDも搭載されています。

ズボンの前ポケットにも収まりますので、ふだんカバンを持ち歩かない方や、テーマパークでのアトラクション待ち時間チェックなどで、1日中スマホを使いたい方におすすめです。また、メインで使っているバッテリーを充電し忘れた場合などの非常用として、カバンに入れておくのもいいでしょう。

「Anker・モバイルバッテリー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Anker『PowerCore 10000 Redux』
Anker『PowerCore II 6700』
Anker『PowerCore+ 26800 PD』
Anker『PowerCore+ mini』
商品名 Anker『PowerCore 10000 Redux』 Anker『PowerCore II 6700』 Anker『PowerCore+ 26800 PD』 Anker『PowerCore+ mini』
商品情報
特徴 大容量なのに軽量コンパクトな商品 単一電池より軽い! コンパクトな商品 ノートPCへの高速充電に対応した超大容量な商品 小型化にこだわった超コンパクトな商品
本体サイズ 約104×52×25mm 約96×43×23mm 約180×80×24mm 約95×23×23mm
重量 約184g 約128g 約580g 約80g
容量 10,000mAh 6,700mAh 26,800mAh 3,350mAh
出力端子 1 1 3 1
最大出力 5V=2.4A 5V=2A Type-C:5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.25A/Type-A:5V=3A 5V=1A
USB PD対応 × × ×
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月30日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする Anker・モバイルバッテリーの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのAnker・モバイルバッテリーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:Ankerランキング
Yahoo!ショッピング:モバイルバッテリー「Anker」ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ITライターの鈴木朋子さんに、モバイルバッテリー選びのポイントとおすすめ商品をお聞きしました。

魅力は品質の高さだけじゃない! 電脳系フリーライターが解説

電脳系フリーライター

購入後のサポートもしっかり!

商品の不具合や間違って購入した場合などに返品返金を保証する「30日間返品返金保証」(販売者がアンカー・ジャパンである場合に限る)と、使用中に不具合があった場合に新品交換する「18ヶ月製品長期保証」という2種類の保証制度が用意されるなど、サポートがしっかりしているのもAnkerのモバイルバッテリーの特徴。

各社ECサイトで、ユーザーレビューが軒並み高評価である理由もうなづけます。

バッテリーの表記容量と実際に充電できる容量は異なる 電脳系フリーライターからのアドバイス

電脳系フリーライター

モバイルバッテリーの公式スペックの容量と、実際にデバイスへの充電に使える容量は少し異なります。これは、充電時にロス(損失)が発生するためで、一般的に30〜40%ほどロスが発生するといわれています。

たとえば、10,000mAhのモバイルバッテリーでも、5,000mAhのデバイスには1回ちょっとしか充電できません。また、モバイルバッテリーはくりかえし使っていると次第に劣化し、容量が少しずつ減っていくことも覚えておきましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/06 関連リンク修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

 

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ドライブをもっと快適に楽しく!【タブレット&スマホ用車載ホルダーおすすめ14選】

ドライブをもっと快適に楽しく!【タブレット&スマホ用車載ホルダーおすすめ14選】

いまや日常生活はもちろんのこと、カーライフにも確実に浸透しつつあるスマホやタブレット。Bluetooth接続して音楽を聞いたり、通話をしたり、また、カーナビとして利用しているケースも珍しくありません。そうなると、車内でも目の届く場所に置きたいという方もいることでしょう。そんなユーザーのニーズに応えるべく、膨大な数の車載ホルダーが販売されています。そのなかから、自分にあった車載ホルダーを選び出すのは難しいですよね。この記事では、カージャーナリストの松村 透さんがピックアップしたスマホやタブレット用(兼用を含む)車載ホルダーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ、自分の用途にマッチした車載ホルダーを見つけてください。


ガジェットケースおすすめ12選|高い収納力と利便性で一つにまとめる【デザイン性に優れたものも】

ガジェットケースおすすめ12選|高い収納力と利便性で一つにまとめる【デザイン性に優れたものも】

充電器・SDカード・USBメモリといった機器の収納に便利なガジェットケース。バッグ内でかさばらない薄型のものや収納スペースが豊富なものなどさまざまな商品があり、選ぶのに迷ってしまいますよね。この記事では、IT・サイエンスライター島田 祥輔さんと編集部が選んだ、おすすめ商品を紹介していきます。


スマホ用充電ケーブルのおすすめ5選|【急速充電や複数の端子に対応など】

スマホ用充電ケーブルのおすすめ5選|【急速充電や複数の端子に対応など】

ITライターの酒井麻里子さんが、スマホ用充電ケーブルのおすすめ5選と選び方をご紹介します。iPhoneやandroidのスマホを充電するのに欠かせない充電ケーブル。外出先で使うことが多いなら、持ち運びがしやすかったり、壊れにくいものを選びましょう。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


スマホ三脚のおすすめ5選【動画撮影向きやリモコン付属の商品など】

スマホ三脚のおすすめ5選【動画撮影向きやリモコン付属の商品など】

本記事では、家電ライターの秋葉けんたさんへの取材のもと、スマホ三脚の選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ本記事を参考にしてください。


【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

【2020年最新版】電源タップのおすすめ12選【USBポート・おしゃれなタワー式・マグネット付きも】

PCやテレビなど、生活家電を使っているとコンセントの数が不足してしまうことがありますよね。そんなとき便利なのが「電源タップ」。使用できるコンセントの数を増やしてくれたり、延長コードで機器を使えるようにしてくれたり機能や形状もさまざまです。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ電源タップのおすすめ商品をタイプ別にご紹介。選ぶポイントについても解説しているので参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


Anker(アンカー)

新着記事


哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学初心者向け入門書おすすめ12選|イラスト入りの本も!

哲学とはなにか? という基本中の基本から解説してくれる哲学の入門書ですが、内容や難易度は本によって異なります。そこで本記事では、イラストや図入りで説明しているわかりやすい本など、司書教諭・学芸員のyokoさんと編集部が選んだおすすめの哲学初心者向け入門書12選と選び方を紹介します。


2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

2020年最新【ハンコン】おすすめ12選|PS4・PC・Nintendo Switch対応など厳選

ハンコン(ハンドルコントローラー)は、実際に車を運転している雰囲気を楽しめるアイテム。本物と同様の振動機能や素材、ハンドルの重さなどをダイレクトに感じることで、ゲームとは思えない臨場感が味わえます。本記事ではゲームライター・芦田おさむしさんと編集部が選んだおすすめ12選をご紹介します。


【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

【2020年最新】バイクインカムおすすめ11選|ツーリングに便利!

バイクでのツーリング中に、仲間と会話をするための道具であるバイクインカム。高音質で防水機能のものや、音楽が聴けるもの、グループ通話ができるものなども販売されています。この記事では、モーターサイクルジャーナリストの野岸"ねぎ"泰之さんと編集部が、バイク用インカムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

ティーマットおすすめ21選|おしゃれで機能性の高いものを【茶の種類別に】ご紹介

自宅でお茶を飲むときにティーマットを使用したことはありますか? ティーマットを敷くことで見た目が華やかになることはもちろん、「テーブルの汚れ・傷を防ぐ」というメリットもあります。ランチョンマットよりもコンパクトで、デザインもかわいいものからシンプルなもの。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が選んだおすすめのティーマットを紹介します


パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

パラコードおすすめ11選|様々なシーンで幅広い使い方を【素材やデザインで】

アウトドアや災害時に活躍するパラコード。テント設営や登山の命綱、さらにはもの干しロープや靴紐にと、さまざまな用途に使える汎用性の高いロープです。最近ではアクセサリーの材料として使う人も増えています。そんなパラコードを購入するとなると、商品によって長さ、太さ、素材、内芯の数などに違いがあるので選ぶのがなかなか大変。この記事では、山岳写真家の荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめ商品をご紹介します。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る