靴ブラシおすすめ26選【大切な靴のケアに】馬毛、豚毛などの使い方を解説

靴ブラシおすすめ26選【大切な靴のケアに】馬毛、豚毛などの使い方を解説

靴ブラシは、靴の汚れ落としやツヤ出しなどに活躍する、シューケアに欠かせないアイテムです。無印良品ほか、ダイソーやセリアなどの100均でも見かけますね。大切な革靴をより美しく、長持ちさせてくれます。

この記事では、家事代行エキスパートことのはさんにお話をうかがい、靴ブラシの選び方とおすすめ商品をご紹介。人気ブランドの商品も多数掲載しています。

Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


家事代行エキスパート
ことのは

大手清掃業社を退職し、こまやかな心遣いの出来る家事代行をやろうと立ち上げました。しかし、高齢化は避けては通れないと痛感し介護職としてパート勤務しております。高齢者の身の回りの家事代行にも対応できるよう邁進中です。

靴ブラシの役割は? そもそもどういうものかを確認

靴ブラシ
Pixabayのロゴ

靴ブラシは、革靴やスニーカーなどを長持ちさせるために必要なアイテムです。土埃やチリ、花粉などを払い落として靴をきれいに保ちましょう。

また、革靴に保湿クリームを塗るために使うこともあります。指にクリームを取って塗ると手が汚れてしまいますが、ブラシを使えばそんなこともありません。また、まんべんなくきれいに塗ることができるので、おすすめですよ。

靴ブラシの選び方 素材の違いやお手入れ方法も考えて

靴ブラシ
ペイレスイメージズのロゴ

お気に入りの靴をケアするのに必要な靴ブラシ。まずは、靴ブラシの選び方をチェックしましょう。ポイントは下記。

【1】毛の種類
【2】サイズ
【3】毛の抜けにくさ
【4】ブラシの握りやすさ

これらを抑えて、自分にぴったりの靴ブラシを選びましょう。一つずつ解説していきます。

【1】使い方にあわせて毛の種類を選ぶ

靴ブラシは、毛の素材によって、用途が異なります。どの用途のブラシが必要なのかを考えて、靴ブラシの素材を選ぶことが大切です。

全体の汚れを落とせる「馬毛ブラシ」

 

馬毛の靴ブラシは、とても毛がやわらかく適度に弾力があります。靴にキズをつけることなくブラシを当てられますし、縫い目周辺などのこまかいスペースにもとどきやすいメリットがあります。

靴全体のホコリや軽度の汚れをかんたんに落とすために靴全体をブラッシングするのに向いています。クリームを塗る前や、帰宅後にかんたんに汚れを落としたりメンテナンスしたりするシーンで活躍してくれます。

「馬毛ブラシ」のおすすめ商品をすぐ見る

クリームをなじませるのによい「豚毛ブラシ」

 

コロンブス『ジャーマンブラシ5』

豚毛の靴ブラシは、毛の質が硬めでコシがあるのが大きな特徴です。このため、クリームを靴に塗る作業の際に使う靴ブラシとしても使い勝手がよいでしょう。

靴用のクリームは、靴のタイプに合わせていくつかのカラーを備えている方も多いのではないでしょうか。豚毛のブラシもクリームの数に合わせて複数個用意しておくと便利です。

「豚毛ブラシ」のおすすめ商品をすぐ見る

靴のツヤ出しができる「山羊毛ブラシ」

 

山羊毛は、メイクブラシとしても使われる素材で、毛質がやわらかいことが大きな特徴です。手植えでつくられている山羊毛の靴ブラシは、耐久性にもすぐれ、長く使えます。

この特徴をいかして、山羊毛の靴ブラシを靴の手入れの仕上げ用として使うというのもよいでしょう。お気に入りの革靴を輝くようなツヤのある状態に仕上げることが可能です。

「山羊毛ブラシ」のおすすめ商品をすぐ見る

オールマイティーに使える「化繊ブラシ」

 

ナイロンでつくられた化学繊維の靴ブラシは、豚毛よりも毛がやわらかいことが特徴。靴磨きに慣れていない方でもツヤを出しやすく、使い勝手がよくなっています。オールマイティーに使えるので、馬毛の靴ブラシでできるホコリ落としも、豚毛の靴ブラシのクリーム塗りもこなしてくれます。

また、毛が抜けにくくタフな素材ので、泥などが付きやすいアウトドアシューズにもってこいですよ。

「化繊ブラシ」のおすすめ商品をすぐ見る

スエード用には「クレープブラシ」や「ワイヤーブラシ」

スエードシューズ
ペイレスイメージズのロゴ

スエードに普通のブラシは使えません。クレープのように薄いゴムの「クレープブラシ」か、ブラシの毛が金属でできている「ワイヤーブラシ」を準備しましょう。

クレープブラシはスエードを傷めることなくホコリを落とし、油汚れを吸着できます。よごれがついた部分をハサミでカットすれば引き続き使えます。スエードを磨くならワイヤーブラシが適しています。用途によってブラシを使い分けしましょう。

「クレープブラシ」「ワイヤーブラシ」のおすすめ商品をすぐ見る

【2】靴ブラシのサイズで使い勝手が異なる

靴ブラシはサイズによっても、適した使い道が異なってきます。靴ブラシの特徴をサイズ別で見ていきましょう。

全体の汚れを落とすなら「大きめブラシ」

 

大きいサイズの靴ブラシは、靴全体をブラッシングしたり、ホコリや汚れ落としに使ったりするのに向いています。大きなブラシ面で作業できるので、効率もよく、メンテナンスがはかどります。

靴ブラシを持つ手に掛かる力が広い面でほどよく分散され、やさしいブラッシングになります。ツヤのある仕上がりを実現できます。

クリームを塗るなら「小さめサイズ」

 

小さなブラシは、こまかいところの作業に向いています。縫い目周辺などの凹凸がある部分のホコリや汚れをかき出したり、ていねいにクリームを塗布したりするというような作業もよりかんたんに!

力の加減をしやすいのも、小さなブラシのメリット。大切な革靴をメンテナンスするなら1本は持っているとよいでしょう。

【3】手植えの靴ブラシは毛が抜けにくい

 

手植えで作られている靴ブラシは、毛が抜けにくくなっています。ひとつひとつの毛穴にたくさんの毛がつまっているというだけでなく、ほかの毛穴の毛ともつながっている構造になっており、毛の量が一気に減ってしまうということが起きにくくなっています。

機械で植えられたアイテムは安価ですが、耐久性が高く長く愛着を持って使えるのは手植えされたタイプの靴ブラシです。

【4】ブラシの握りやすさもチェックして

 

靴の手入れをていねいにするなら、長時間使用しても疲れにくいよう靴ブラシの握りやすさもチェックしておきましょう。まず確認してほしいのは、サイドにくぼみがあるかどうかです。

くぼみがあれば手へのフィット感が増して、長い時間使用しても疲れにくくなります。持ち手自体が薄いものも、力をそれほど使わずに握ることができるのでチェックしてみてください。

靴ブラシの人気ブランドを紹介! 高級な靴もお手入れで長持ち

ここからは、評判のいい人気メーカー・ブランドをいくつかご紹介。スニーカー用であれば、ニトリや100円ショップなどでも手に入りますが、ここでは革靴のケアに向く靴ブラシメーカーをピックアップしています。

columbus(コロンブス):シューケアのパイオニア

 

「コロンブス」は1919年に日本で創業したブランドです。日本人の手になじみやすい商品が多く、支持する靴磨き職人も多く存在します。手に入れやすい価格帯でありながら、しっかりとした品質であるのが魅力。

たくさんの商品があるので、自分が使いやすい商品を選べます。持ち手に工夫がなされている複数の商品がそろっており、適度な重さがあって使いやすさに定評があります。

Boot Black(ブート・ブラック):老舗の靴職人による製品

 

「ブート・ブラック」は、「コロンブス」から派生したワンランク上のブランドです。大半のブラシの製造を刷毛専門店「江戸屋」が担当。商品の見た目に高級感があるだけでなく、使い心地もよりよくなっています。靴磨き職人からの評価が高く、多くの職人から選ばれています。

毎日の靴磨きを楽しみたい人や高級感、上質な使い心地を求める人にチェックしてほしいブランドです。江戸時代から続く職人の技が生かされた品質を、実際にブラシを使って実感してください。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ):イタリア発のシューケアブランド

 

イタリアのシューケアブランドである「エム・モゥブレィ」の靴ブラシは、靴磨き職人に支持されていることはもちろんですが、初心者や一般ユーザーにも使いやすいことで評判です。品質が高いだけでなく、使い心地がよいことも魅力。

シューケアブランドであるので、ブラシだけでなくほかのシューケア用品をそろえることも可能。ケア用品全般にこだわりたい人にぴったりです。

Collonil(コロニル):歴史あるレザーケアブランド

 

「コロニル」は創業100年以上のドイツの革ケアブランドです。動物実験をおこなわないなど環境へ配慮した製品づくりを掲げており、環境だけでなく人にも優しい製品を販売しています。

創業100年を記念して「1909」シリーズが発売されました。靴ブラシだけでなくクリームなどのケア用品も販売しており、靴磨き職人からの評価を得ています。

SAPHIR(サフィール):フランスのシューケア界で名を馳せる

 

「サフィール」はフランスのブランドです。ブラシの毛質がよいことで知られ、愛用者には熱狂的な人も多くいます。1925年に開かれたパリ万国博覧会で金賞を受賞した実績を持ち、世界中の国々で愛されています。

靴磨きの初心者にも使いやすいので、どの商品を選べばよいか迷った人は「サフィール」を選んでみるとよいかもしれません。

靴ブラシのおすすめ 毛の種類ごとにチェック!

ここからは、おすすめの靴ブラシを「馬毛」「豚毛」「山羊毛」「化繊」に分けてご紹介します。利用目的に合ったものからチェックしてみてください!

こちらからすぐチェック!

▼おすすめ8選|全体の汚れを落とす「馬毛ブラシ」

▼おすすめ8選|クリームとの相性がいい「豚毛ブラシ」

▼おすすめ6選|ツヤ出し向きの「山羊毛ブラシ」

▼おすすめ2選|アウトドアシューズには「化繊ブラシ」

▼おすすめ2選|スエード用の「クレープブラシ」「ワイヤーブラシ」

▼おすすめ8選|全体の汚れを落とす「馬毛ブラシ」

まずは、馬毛ブラシのおすすめ商品からチェックしていきましょう。とても毛がやわらかく適度に弾力があるので、靴にキズをつけることなくブラッシングできます。全体のゴミを落とすのに向いています。

columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ3』

ハンドルがついていて楽しくメンテナンスできるブラ

ドイツ製の馬毛タイプの靴ブラシです。ほどよいやわらかさの馬毛が、革靴に付着したホコリや汚れをきちんと落としてくれます。

木製のハンドルがついているところがこのアイテムのポイント。しっかりていねいにメンテナンスしたいという革製品ファンにうれしい仕様です。しっかり握りながら、溝の部分の汚れなども見落とすことなくきれいにできます。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 馬毛』

M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE M.MOWBRAYM.モゥブレイ紗乃織刷毛さのはたブラシ馬毛ホコリ落とし用FREE

出典:Amazon

木目が美しく実用性も高い馬毛の靴ブラシ

スムースレザーのほこりを落とす用途や、コードバン素材の革製品の仕上げにも使える、馬毛の靴ブラシです。毛並みが直線にそろえられており、ブラッシングがしっかりできます。また、中央部分の毛が少しだけ長くなるように設計されており、スムーズな動きに貢献してくれます。

持ち手には美しい木目のブナ材を使っており、「オイルステイン」仕上げで、さらに木目が美しく見えるようになっているのもポイントです。

SAPHIR(サフィール)『グランドホースヘアブラシ 18cm』

[サフィール]皮革製品のホコリを落とす馬毛100%ブラシグランドホースヘアブラシ靴磨きバッグ革製品手入れコードバンナチュラル18cm [サフィール]皮革製品のホコリを落とす馬毛100%ブラシグランドホースヘアブラシ靴磨きバッグ革製品手入れコードバンナチュラル18cm [サフィール]皮革製品のホコリを落とす馬毛100%ブラシグランドホースヘアブラシ靴磨きバッグ革製品手入れコードバンナチュラル18cm

出典:Amazon

毛足が長くホコリをかき出しやすい靴ブラシ

馬毛を素材に使用して、しなやかに革靴の表面に付着したホコリや汚れを掃き出せるようになっている、大きなサイズの靴ブラシです。靴全体の掃除や、縫い目などのこまかいところの掃除もできます。

毛足が27ミリととても長くデザインされているため、毛先をやさしく動かせるようになっており、クリームを塗る前の掃除をするのに適しています。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ミニホースブラシ』

[アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ [アールアンドデー]ミニホースブラシ(ドイツ製)コンパクトで持ちやすいシューズブラシ

出典:Amazon

小さいサイズのブラシでお出かけ用にもぴったり

11センチと小ぶりのサイズの馬毛靴ブラシです。かんたんなホコリ落としや汚れ取りは、出張などで出かけているときも、お気に入りのアイテムでパパっと作業したいもの。使いやすい馬毛の靴ブラシがコンパクトなサイズになっているので、お出かけの際にカバンに入れておけば、いつでも使えます。

毛が細いので、ホコリ落としやメンテナンスがしやすいでしょう。

荒川産業『ウレンズ ドーバーブラシ』

小型サイズの馬毛ブラシでこまかいお掃除ができる

馬毛タイプの靴ブラシで、小型サイズのアイテムです。ころんとしたまるみを帯びたデザインなので、革靴のこまかい装飾などの部分の汚れやホコリをきちんと掃き出すのに向いています。

グリップしやすい形状になっているので、靴クリームを塗布する用途にも使えます。しっかりと握ることによって、こまかい作業でも持ちやすく的確に動かすことが可能です。

Collonil(コロニル)『馬毛ブラシ』

[コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black [コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black [コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black [コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black [コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black [コロニル]Collonil馬毛ポリッシングブラシPOLISHINGBRUSH皮革専用汚れ落としブラシレディースメンズ2020秋冬one/black

出典:Amazon

弾力に富んだいろいろな用途にも使える靴ブラシ

台湾製の馬毛を使った靴ブラシです。持ちやすいサイズの大きめブラシで、革靴のメンテナンスがよくはかどります。持ち手のサイドにグリップしやすいようにくぼみがついているため、しっかり握れるのもポイント。

弾力性に富んでいる馬毛を使用しているので、用途も広く、汚れ落としだけでなくポリッシングなどにも使えます。

アイ・フィット『靴磨き 馬毛』

[アイ・フィット]《ブラッシングで美しく》靴磨き馬毛100%ブラシ [アイ・フィット]《ブラッシングで美しく》靴磨き馬毛100%ブラシ [アイ・フィット]《ブラッシングで美しく》靴磨き馬毛100%ブラシ

出典:Amazon

手にしっかりフィットしてくれる使いやすい靴ブラシ

やわらかい馬毛を素材に使用している、ホコリや汚れ落としにぴったりの靴ブラシです。長さが13センチと大きすぎないサイズなので、とても握りやすくなっており、手にしっかりとフィットしてくれます。

毛の長さは25ミリ。ほどよい弾力のある馬毛のよさをいかして、革靴の表面をやさしく磨くことができるようになっています。

Collonil(コロニル)『1909アプリケーションブラシ』

クリームを塗布するためのコンパクトな靴ブラシ

アンティークなビーチ材の持ち手のデザインがスタイリッシュな、馬毛のコンパクトタイプの靴ブラシです。革靴用のクリームを塗布する際も手を汚さないで済みますし、よりこまかいところにまでもムラなく届いて便利に使えます。

持ち手の先端部分は平らな仕様となっています。靴クリームが床や台などに付着しないように立てて置ける点もポイントです。

▼おすすめ8選|クリームとの相性がいい「豚毛ブラシ」

豚毛は硬めでコシがあるので、クリームを塗りこむのにちょうどいいです。

columbus(コロンブス)『ブートブラック 江戸屋ポリッシングブラシ 豚毛(白)』

適度なコシが使いやすい江戸刷毛タイプのブラシ

江戸時代からの歴史がある江戸刷毛のブランド「江戸屋」の豚毛靴ブラシです。毛の束の間隔をあけたデザインで、毛足がよくしなるようになっており、靴の細部にまで毛が達することができ、ブラッシングの精度が高くなっています。

ブナ材を素材に用いた湾曲した持ち手のデザインもとても使いやすくなっており、よく手に収まり、心地よく使用できます。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 豚毛』

紗乃織刷子(さのはたブラシ)豚毛日本製最高級靴ブラシ・天然豚毛使用(ホワイト) 紗乃織刷子(さのはたブラシ)豚毛日本製最高級靴ブラシ・天然豚毛使用(ホワイト) 紗乃織刷子(さのはたブラシ)豚毛日本製最高級靴ブラシ・天然豚毛使用(ホワイト)

出典:Amazon

しっかりとブラッシングできる豚毛入り靴ブラシ

豚毛を使用した、ブラッシングのしやすさを求めて開発されている靴ブラシです。使い心地を高めるために、縦に動かしやすい形状になっており、ゆるやかな曲線もグリップ力を高めてくれます。ブラシの大きさも、18センチとちょうどよく手にフィットしてくれます。

毛並みが直線状に配置されており、中央部分の毛の長さが少し長めになっている設計も、使いやすさに貢献しています。高級感のある持ち手の素材はブナ材で、木目がきれいです。

columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ5』

コロンブスジャーマンブラシ5 コロンブスジャーマンブラシ5 コロンブスジャーマンブラシ5 コロンブスジャーマンブラシ5

出典:Amazon

ドイツ製の豚毛靴ブラシ

クリームをなじませるのにぴったりなコシのある豚毛靴ブラシで、硬めの毛質により、全体にムラなく塗布することが可能です。

13.5センチの長さがちょうど持ちやすく、手早く作業するのに向いています。ドイツでつくられている製品です。毛色はホワイトなので、クリームの色を使い分けるときに見分けがつきやすいのもポイントです。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ペネトレイトブラシ』

小型の靴ブラシでしっかりクリームを塗布できる

革靴のメンテナンスに欠かせない、クリームの塗布作業をよりこまやかにできる小さいサイズの靴ブラシです。豚毛を使用していて、コシがあるためクリームを革靴によくなじませることができます。

布で塗布するより、手を汚さずに作業できるのが大きなポイント。また、布ではどうしても届きにくいところでも、20ミリのブラシでらくらく塗り込むことが可能です。

SAPHIR(サフィール)『ポリッシャーブリストルブラシ』

革靴の輝きをつくるブラシ

豚毛の靴ブラシです。汚れを取り除くだけでなく、クリームを塗って革靴をより美しく見せるように磨くこともできます。豚毛のかたい毛を使用しているので、クリームのワックスの効き目をよりやわらかい輝きにしてくれます。

ゆるやかに婉曲したフォルムの持ち手は手にフィットしやすく、クリームをよく摩擦させて革になじませることが可能です。

荒川産業『ウレンズ ブリストルブラシ』

硬め毛質で毛足短めの豚毛靴ブラシ

質のよい豚毛を素材に使った、クリーム塗りこみに適したタイプの靴ブラシです。豚毛の硬めの毛質と、短めの毛足という特徴を持っていて、クリームをよく摩擦させて熱で革になじませる作業が効率よくできるようになっています。

グリップしやすくなっている持ち手はニス塗りで仕上げ加工されており、とても上質なアイテムです。

ダスコ『ブリストルブラシ スモール』

毛のハリがある豚毛の磨きやすい靴ブラシ

イギリスのブランドがつくった豚毛の靴ブラシです。質のよい豚毛を使用したハリのある毛質のブラシなので、クリームを塗布して革靴を磨き上げるのにぴったりです。

持ち手のサイズが14.5センチとやや小ぶりで、持ちやすくて磨き作業がよくはかどります。18ミリと短めにそろえられた毛も、ほどよい弾力感を持っていて、使いやすいです。

SAPHIR(サフィール)『アプライブラシ』

クリームをこまかいところにも塗布できるブラシ

豚毛のクリームを塗るのに適した靴ブラシです。小さなサイズで持ちやすくなっているので、こまかいところにていねいにクリームを塗りつけるのに適しています。ブラシ自体がクリームを吸収してしまうということが少なく、無駄のないクリーム塗りができます。

手を汚さずに少量のクリームを均一に塗り伸ばせるので、布を使ってクリーム塗りをするよりもかんたんにメンテナンスができるようになります。

▼おすすめ6選|ツヤ出し向きの「山羊毛ブラシ」

やわらかい山羊毛を使った靴ブラシのおすすめ商品をご紹介します。

カナヤブラシ産業『手植え 山羊白(TKB-102)』

カナヤブラシ手植え靴ブラシ(山羊毛) カナヤブラシ手植え靴ブラシ(山羊毛) カナヤブラシ手植え靴ブラシ(山羊毛)

出典:Amazon

職人がていねいに手植えした耐久性ある山羊毛ブラシ

白の山羊毛が、職人の手植えによってていねいに植えられている靴ブラシです。手植えなので、毛が抜けにくくとても耐久性があり、長持ちしてくれます。

質のよい白の山羊毛を使用していますから、とてもやわらかく、革靴のメンテナンスの仕上げの磨きにぴったりです。

持ち手は、塗装していない天然木で持ちやすく、作業がはかどります。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ手植え 山羊毛』

職人の技術がいきる質の高い手植えブラシ

持ち手がブナ材でできている、ていねいに仕上げられた品質の高い山羊毛の靴ブラシです。職人が手作業で山羊の毛を植えしている手の込んだアイテムで、高い密度で選び抜かれた質の高い毛が植えられており、抜けにくく長く使えるようになっています。

持ち手は心地よい手ざわりで、かなり握りやすくなっているのもポイントです。

columbus(コロンブス)『ブートブラック フィニッシングブラシ 山羊毛・馬毛』

[ブートブラック]BootBlack×熊野筆FINISHINGBRUSHナチュラルFree [ブートブラック]BootBlack×熊野筆FINISHINGBRUSHナチュラルFree [ブートブラック]BootBlack×熊野筆FINISHINGBRUSHナチュラルFree [ブートブラック]BootBlack×熊野筆FINISHINGBRUSHナチュラルFree [ブートブラック]BootBlack×熊野筆FINISHINGBRUSHナチュラルFree

出典:Amazon

化粧筆の技術で作成された鏡面仕上げブラシ

化粧筆のブランドとして知られる「熊野筆」をつくる技術で開発された靴ブラシです。山羊毛と馬毛が半分ずつ使われている毛は、やわらかい使い心地と適度なコシを体験できます。毛先を切らずに職人の技でそろえているところが大きなポイント。革靴のメンテナンスの最終工程として、鏡面磨きをするときに、繊細な毛先が活躍してくれます。

持ち手の部分はヒノキ素材を使用しており、木のやさしさやぬくもりを感じられます。

荒川産業『ドイツブラシ ゴートヘア(山羊毛ブラシ)』

[GermanBrush(ドイツブラシ)]ゴートヘア山羊毛ブラシ [GermanBrush(ドイツブラシ)]ゴートヘア山羊毛ブラシ [GermanBrush(ドイツブラシ)]ゴートヘア山羊毛ブラシ

出典:Amazon

デリケートな革製品に使える山羊毛ブラシ

手ざわりのよい山羊毛の靴ブラシです。やわらかい毛質の素材でできているため、デリケートな革製品にも使えます。グリップしやすいミドルサイズなので、とても磨きやすいです。

持ち手の部分は質のよいブナ材を白木仕上げしたものが採用されており、上質な雰囲気をかもし出しています。使い込むほど、クリームの油がなじんできてより使いやすくなるのもポイントです。

columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ9』

やわらかい毛でデリケートな革製品のメンテナンス

こまかくてとてもやわらかい山羊の毛を素材に使用している靴ブラシです。デリケートな革素材でも、とても繊細なタッチのブラッシングが可能なので、心配なく使えます。鏡面仕上げの靴でも大丈夫。

大きめサイズの17センチの長さの持ち手は、ブナ材でできていて、メンテナンス道具へのこだわりがあるという方でもお気に入りのアイテムとなることでしょう。

Collonil(コロニル)『1909ファインポリッシングブラシ』

コロニルCollonil#collonil401909ファインポリッシングブラシ1909Fine山羊毛 コロニルCollonil#collonil401909ファインポリッシングブラシ1909Fine山羊毛 コロニルCollonil#collonil401909ファインポリッシングブラシ1909Fine山羊毛 コロニルCollonil#collonil401909ファインポリッシングブラシ1909Fine山羊毛

出典:Amazon

こまかくてやわらかい上質の山羊毛の仕上げ用ブラシ

メーカーの創業年が冠された高い品質のラインナップのアイテムです。上質で、こまかくてやわらかな山羊毛を素材に使用。弾力性としなやかさにすぐれたタッチで、仕上げの磨きが可能になっています。

持ち手の部分も格調高いデザインになっているだけでなく、グリップしやすいサイズ感や絶妙な反りなど、細部のこだわりも愛着の持てるアイテムとして活躍しそうです。

▼おすすめ2選|アウトドアシューズには「化繊ブラシ」

オールマイティーな化繊の靴ブラシのおすすめ商品をご紹介します。タフな素材感なので、特にアウトドアシューズを磨くのに向いていますよ。

コロニル『クリーニングブラシ』

泥汚れもしっかり落としてくれるナイロン製靴ブラシ

かたいナイロンの繊維がしっかりと靴の汚れを落としてくれ、泥汚れでも心配なく使える靴ブラシです。

ソールのこまかい隙間に詰まった小石でも、とがった持ち手の先端部分や逆サイドの台形になった部分をいかして、取り除くことができます。持ち手の素材はブナ材でできており、しっかりとグリップしながら、力のいる靴の汚れ落とし作業をスムーズにおこなうことができます。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D プロ・ホワイトブラシ』

ツヤだしにも仕上げにも使える万能タイプの靴ブラシ

毛が硬めの化繊素材でつくられている、汚れを落とすのにも、クリームを塗るのにも使えてしまう万能タイプの靴ブラシです。硬くてコシがある化繊素材の靴ブラシは、毛が抜けにくくなっており、耐久性が高く長く使用できる可能性が高いアイテムです。

白毛タイプなので、クリームの色を見分けやすいようになっていて、間違いを防いでくれます。

▼おすすめ2選|スエード用の「クレープブラシ」「ワイヤーブラシ」

スエード素材のシューズには、クレープのように薄いゴムの「クレープブラシ」か、ブラシの毛が金属でできている「ワイヤーブラシ」を準備しましょう。

レザーラブ『両面使えるスエード製品用ブラシ』

[レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree [レザーラブ]両面使えるスエード製品用ブラシ真鍮ハンドルブラシヌバックムートンスニーカーブーツジャケット汚れ落としFree

出典:Amazon

スエードなどの起毛素材を整える!

スエードやヌバック、ムートンなど起毛素材の汚れを落とし、毛並みをきれいにするブラシです。ナイロン毛と真鍮毛の両面ブラシタイプ。

ナイロン毛では、優しく毛並みを整えつつ、静電気でホコリを吸着します。また、真鍮毛では、毛足の奥に溜まったホコリをしっかりかき出してくれますよ。

一品二役なのでスエードなど起毛素材のアイテムを持っている方は、1本持っておいて損はないはずですよ!

SAPHIR(サフィール)『クレープブラシ』

[サフィール]スエード製品の汚れを効率よく落とすクレープブラシ生ゴム革靴ブーツスニーカージャケット黒ずみFreeFree [サフィール]スエード製品の汚れを効率よく落とすクレープブラシ生ゴム革靴ブーツスニーカージャケット黒ずみFreeFree [サフィール]スエード製品の汚れを効率よく落とすクレープブラシ生ゴム革靴ブーツスニーカージャケット黒ずみFreeFree

出典:Amazon

アイテムを傷つけずに丁寧に掃除!

柔軟性と吸着性に優れた生ゴムを使用した靴ブラシです。汚れを落とすのではなく、付着したホコリを吸着するタイプの商品。

何といっても、柔らかい素材なので、アイテムを傷つけずにきれいにすることができます。合成ゴムではなく、天然の生ゴムなので、劣化によるひび割れの心配もなく長く使うことができるはずですよ。

「靴ブラシ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ3』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 馬毛』
SAPHIR(サフィール)『グランドホースヘアブラシ 18cm』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ミニホースブラシ』
荒川産業『ウレンズ ドーバーブラシ』
Collonil(コロニル)『馬毛ブラシ』
アイ・フィット『靴磨き 馬毛』
Collonil(コロニル)『1909アプリケーションブラシ』
columbus(コロンブス)『ブートブラック 江戸屋ポリッシングブラシ 豚毛(白)』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 豚毛』
columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ5』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ペネトレイトブラシ』
SAPHIR(サフィール)『ポリッシャーブリストルブラシ』
荒川産業『ウレンズ ブリストルブラシ』
ダスコ『ブリストルブラシ スモール』
SAPHIR(サフィール)『アプライブラシ』
カナヤブラシ産業『手植え 山羊白(TKB-102)』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ手植え 山羊毛』
columbus(コロンブス)『ブートブラック フィニッシングブラシ 山羊毛・馬毛』
荒川産業『ドイツブラシ ゴートヘア(山羊毛ブラシ)』
columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ9』
Collonil(コロニル)『1909ファインポリッシングブラシ』
コロニル『クリーニングブラシ』
M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D プロ・ホワイトブラシ』
レザーラブ『両面使えるスエード製品用ブラシ』
SAPHIR(サフィール)『クレープブラシ』
商品名 columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ3』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 馬毛』 SAPHIR(サフィール)『グランドホースヘアブラシ 18cm』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ミニホースブラシ』 荒川産業『ウレンズ ドーバーブラシ』 Collonil(コロニル)『馬毛ブラシ』 アイ・フィット『靴磨き 馬毛』 Collonil(コロニル)『1909アプリケーションブラシ』 columbus(コロンブス)『ブートブラック 江戸屋ポリッシングブラシ 豚毛(白)』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ 豚毛』 columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ5』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D ペネトレイトブラシ』 SAPHIR(サフィール)『ポリッシャーブリストルブラシ』 荒川産業『ウレンズ ブリストルブラシ』 ダスコ『ブリストルブラシ スモール』 SAPHIR(サフィール)『アプライブラシ』 カナヤブラシ産業『手植え 山羊白(TKB-102)』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『紗乃織ブラシ手植え 山羊毛』 columbus(コロンブス)『ブートブラック フィニッシングブラシ 山羊毛・馬毛』 荒川産業『ドイツブラシ ゴートヘア(山羊毛ブラシ)』 columbus(コロンブス)『ジャーマンブラシ9』 Collonil(コロニル)『1909ファインポリッシングブラシ』 コロニル『クリーニングブラシ』 M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)『R&D プロ・ホワイトブラシ』 レザーラブ『両面使えるスエード製品用ブラシ』 SAPHIR(サフィール)『クレープブラシ』
商品情報
特徴 ハンドルがついていて楽しくメンテナンスできるブラ 木目が美しく実用性も高い馬毛の靴ブラシ 毛足が長くホコリをかき出しやすい靴ブラシ 小さいサイズのブラシでお出かけ用にもぴったり 小型サイズの馬毛ブラシでこまかいお掃除ができる 弾力に富んだいろいろな用途にも使える靴ブラシ 手にしっかりフィットしてくれる使いやすい靴ブラシ クリームを塗布するためのコンパクトな靴ブラシ 適度なコシが使いやすい江戸刷毛タイプのブラシ しっかりとブラッシングできる豚毛入り靴ブラシ ドイツ製の豚毛靴ブラシ 小型の靴ブラシでしっかりクリームを塗布できる 革靴の輝きをつくるブラシ 硬め毛質で毛足短めの豚毛靴ブラシ 毛のハリがある豚毛の磨きやすい靴ブラシ クリームをこまかいところにも塗布できるブラシ 職人がていねいに手植えした耐久性ある山羊毛ブラシ 職人の技術がいきる質の高い手植えブラシ 化粧筆の技術で作成された鏡面仕上げブラシ デリケートな革製品に使える山羊毛ブラシ やわらかい毛でデリケートな革製品のメンテナンス こまかくてやわらかい上質の山羊毛の仕上げ用ブラシ 泥汚れもしっかり落としてくれるナイロン製靴ブラシ ツヤだしにも仕上げにも使える万能タイプの靴ブラシ スエードなどの起毛素材を整える! アイテムを傷つけずに丁寧に掃除!
素材 - ブナ - - - ラバーウッド - ビーチ材 ブナ ブナ - - - - - ブナ 天然木 ブナ ヒノキ ブナ ブナ ブナ ブナ - ポリプロピレン、真鍮、ブナ 天然生ゴム、ブナ
サイズ 長さ11×幅3.8cm 長さ18cm 長さ17×幅5.4cm 長さ11×幅3.2cm 長さ7.3×幅2.8cm 長さ17×幅5.4cm 長さ13×幅4cm 長さ7.1×幅2.7cm 長さ12×幅5cm 長さ18×幅5cm 長さ13.5×幅4cm 長さ7×幅2.5cm 長さ12.4×幅38cm 長さ16×幅4.7cm 長さ14.5×幅4.5cm 長さ8.9×幅3.1cm 長さ13.5×幅5.5cm 長さ14.5×幅6cm 長さ10.5×幅7cm 長さ15.8×幅4.4cm 長さ17×幅5cm 長さ14.9×幅4.8cm 長さ16×幅4.2cm 長さ18×幅5cm 17×28mm 121×45×28mm
毛の長さ - 23mm 27mm 18mm - - 25mm 22mm - 23mm - 20mm 21mm - 18mm 20mm 28mm 40mm 31mm 22mm - - - 25mm 20mm 16mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年8月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 靴ブラシの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの靴ブラシの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:靴用ブラシランキング
楽天市場:ブラシランキング
Yahoo!ショッピング:靴ブラシランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

靴用ブラシの使い方 複数の種類のブラシを使い分けよう

 

靴ブラシには複数の種類がありますが、靴磨きの工程すべてをひとつのブラシでおこなえるわけではありません。用途に合わせてブラシの種類を使い分ける必要があります。靴磨きのどの工程でどのブラシが使用されているのかチェックしていきましょう。

まず靴の土やホコリを払う工程で使用するのが「馬毛ブラシ」です。ホコリなどを落とした靴に「化繊ブラシ」を使ってクリームを塗布し、「豚毛ブラシ」でクリームをなじませていきます。

表面に余ったクリームをぬぐうためクロスで乾拭きしたあと、ワックスなどで鏡面磨きをします。この鏡面磨きの仕上げをやわらかい「山羊毛ブラシ」で優しくおこなったら靴磨きの完了です。

靴ブラシの手入れ方法 洗うの? 洗い方は?

 

靴ブラシのメンテナンスは、たいていの場合洗う必要がありません。例外として、クリームを塗布する用途で使うペネトレイトブラシのみ洗うことができます。洗うことによって、毛先が束のようになって固まってしまうことを避けられますよ。洗い方としては、お湯に食器用洗剤を垂らして振り洗いします。汚れが取れたら、水分をしっかり取って乾かしてください。

そのほかの靴ブラシは、毛先にクリームがついてなじむことで、よりよいツヤだしができるようになるので、洗わないようにしましょう。

ほかのシューケアグッズもチェック! 【関連記事】

素材をよく吟味しよう! エキスパートからのアドバイス

家事代行エキスパート

靴ブラシといっても、毛の種類によって得意分野が変わってきます。靴ブラシを使用したい靴の素材とどんな目的を持って使いたいのかによって靴ブラシを選ぶとよいでしょう。ブラッシングし砂埃などの汚れを日々取り除くことで靴は長持ちします。

ブラシを使うほど高い靴はないと思われる人でも化繊タイプのブラシを持っておくとスニーカーなどの日常使いの靴でも隙間に入った砂埃などの除去に便利に使用できます。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


靴用防水スプレーおすすめ16選|シューズを汚れから守る最強アイテム

靴用防水スプレーおすすめ16選|シューズを汚れから守る最強アイテム

大事な靴を汚れから守る防水スプレー。雨のなかを歩くことが多い季節はとくに防水効果を期待したいところですが、数ある防水スプレーのなかから、どの商品を選んでいいのか、迷う方も多いのではないでしょうか。この記事では、整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーターの坂口 愛さんへの取材をもとに、防水スプレーの選び方とおすすめ商品、防水効果を高める使い方についてお聞きしました。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 日用消耗品 , メンテナンス用品(靴用) , 日用品

革靴クリームおすすめ17選|革靴を柔らかくする!人気のモゥブレィやコロンブスも紹介!

革靴クリームおすすめ17選|革靴を柔らかくする!人気のモゥブレィやコロンブスも紹介!

革靴の光沢感を出したり、乾燥防止したりするのに役立つ革靴クリーム。100均でもよく見かけます。靴クリームを塗ることでキズを修復したりツヤを復活させられます。今回は初めて革靴クリームを買う人にもわかりやすく、色やタイプの選び方を解説し、おすすめの靴クリームをご紹介します。Amazonやヤフーの人気売れ筋ランキングなどもありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon メンテナンス用品(靴用) , 靴用品

車用ホイールクリーナーおすすめ11選|高い洗浄力で愛車のホイールをピカピカに

車用ホイールクリーナーおすすめ11選|高い洗浄力で愛車のホイールをピカピカに

ブレーキダストやロードダストなどで、車のホイールはガンコな汚れが付くため、通常の洗車ではなかなかキレイにできないものです。そんなときに活躍してくれるのがホイールクリーナー。高い洗浄力により、愛車のホイールをピカピカに輝かせてくれます。本記事ではホイールクリーナーの選び方や注意点、おすすめ商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 掃除用洗剤 , 自動車・バイク用掃除グッズ , 掃除グッズ

シューズドライヤーおすすめ9選|脱臭・除菌ができる靴乾燥機

シューズドライヤーおすすめ9選|脱臭・除菌ができる靴乾燥機

雨に濡れた靴や洗った靴をスピーディに乾かしてくれるシューズドライヤー。アイリスオーヤマやテスコムなどの有名メーカーからも販売されています。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部が選んだ「シューズドライヤー」をご紹介します。記事後半には、楽天やヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。

tag icon メンテナンス用品(靴用) , 日用品 , 生活家電

【プロ厳選ランキング】シューズケアセットおすすめ25選|プレゼントにもぴったりなメンテナンスキットを紹介

【プロ厳選ランキング】シューズケアセットおすすめ25選|プレゼントにもぴったりなメンテナンスキットを紹介

足と靴のカウンセラーである青山まりさんへの取材をもとに、シューズケアセットおすすめ25選をご紹介します。大人の身だしなみとして、日常的に取り入れたい靴磨き。しかし、いくつかのアイテムが必要なため買い集めるのにハードルが高いのが難点です。この記事では、靴磨きにはじめてチャレンジする人や、アイテムを買い直したい人にとって便利なシューズケアセットの選び方についても解説します。

tag icon メンテナンス用品(靴用) , 靴用品

関連するブランド・メーカー


コロンブス

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。