靴洗いブラシおすすめ9選|お掃除ブロガーが人気アイテム厳選!【電動タイプも】

LEC(レック)『激落ちくん 泡立ちシューズブラシ(W-476)』
出典:Amazon

お掃除ブロガーのよしママさんに取材のもと、靴洗いブラシの選び方とおすすめ10選を紹介します! 靴の汚れ具合や、運動靴や上履きなど靴の生地にあわせて靴を洗うブラシを使い分けるのが上手なお掃除のコツ。ブラシの種類はさまざまあるので、用途にぴったりなものを選びましょう。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

この記事を担当するエキスパート

節約お掃除ブロガー
よしママ

元小学校家庭科教諭のよしママです。 子どものハウスダストアレルギーをきっかけに掃除にはまりました。根っからのケチで追求しだすととまらない性格を生かして^^掃除、洗濯、節約ネタをブログで発信しています。よろしくお願いします。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
平野 慎也

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。妻と娘が二人で料理をしているのをほほえましく眺めながら、息子と食べる担当になっている30代編集者。あると便利な日用品を買っても使わず、怒られているのは内緒。

◆本記事の公開は、2019年06月25日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

靴洗いブラシの選び方 使いやすさを重視!

靴底をブラシで洗う様子
ペイレスイメージズのロゴ

お掃除ブロガーのよしママさんに、靴洗いブラシを選ぶときのポイントを教えてもらいました。パーム(やし)などの天然繊維が主流だった靴洗いブラシも、どんどん種類が増えています。選ぶポイントを知って、商品探しに役立ててくださいね。

靴の汚れや生地に合わせてブラシ素材を選ぶ

靴の汚れ具合や靴に使われている生地に合わせてブラシを選ぶと、靴のお手入れもはかどります!

汚れが頑固な運動靴には「ナイロン・ポリエステル」

 

ナイロン素材は弾力性にすぐれているため、汚れをしっかりと落とせます。ポリエステル素材のブラシは、丈夫な毛と強いコシが特徴です。どちらのブラシも上履きや運動靴などの汚れ落としに適しています

商品によってかたさがまちまちなので、洗いたい靴の汚れ具合、生地によってブラシの素材を選ぶと失敗しにくくなります。

繊維に入り込んでしまった汚れは「パーム繊維」

 

パーム(ヤシ)繊維は、一般的なたわしに使われていることが多い素材です。適度なかたさで、汚れの掻き出しやこすり取りに適しています

泥汚れなど頑固な汚れをゴシゴシ取りたい方におすすめ。ただし、こする力が強いので、靴の素材によってはキズつけてしまうこともあります。

生地にやさしく傷めづらい「純天然素材」

 

靴のキズを防ぎながら汚れを落としたいときには、純天然素材が使われている靴洗いブラシが適しています。

ナイロンやポリエステル製の靴洗いブラシを使えば汚れをゴシゴシ落とせますが、こする力が強すぎて生地にキズがついてしまう可能性があります。靴を長持ちさせるためにも、用途に応じて純天然素材のブラシと使いわけるといいでしょう。

節約お掃除ブロガー

素材によって洗い心地が違います。マイクロファイバークロスのようなやわらかくてこまかい繊維状のものは、生地を傷めずにやさしく洗います。生地を傷めたくないようなスニーカーや、長靴や上履きなどのゴム部分の洗浄におすすめ。

また、ポリプロピレンでもフワフワの繊維状のものはやわらかいので生地を傷めません。ブラシ状のものは繊維が固めなので汚れをしっかりかきだします。

ブラシのかたさで選ぶ

 

靴洗い用ブラシは硬さにも注目して選びたいところです。やわらかすぎるブラシは力が伝わりにくいので、思うように汚れを落とせません。

逆に、ブラシが硬すぎると反発力が強く、生地にキズがついてしまうこともあります。なお、毛足が長すぎると洗いにくくなるので、ブラシのかたさと合わせて毛足の長さもチェックしておきましょう。

洗う靴のサイズに合わせてヘッドの大きさを選ぶ

 

ベビー用、キッズ用のスニーカーや上履きなどを洗う場合は、大きなヘッドだと靴の先まで入れることができません。できるだけコンパクトなものを選ぶようにしましょう。

大人用のスニーカーを洗いたい場合は、大きめのヘッドのものを選べば効率よく靴の内側を一気に洗えます。その際にブラシ部分もなるべく長いものを選べば、さらに時短に

節約お掃除ブロガー

大きな靴も小さな靴も両方洗う場合は、どちらにも使えるヘッドが小さめのものを選びましょう。

柄の握りやすさと角度にも着目

 

靴洗いブラシを選ぶ際、重要なポイントのひとつが柄の部分の握りやすさです。洗い方のスタイルによって使いやすいものが変わってくるので、柄の太さや湾曲(わんきょく)具合をチェックしておきましょう。

お風呂場や屋外で靴を床に置いて洗う場合は、柄とブラシが曲がっているほうが洗いやすいです。一方、洗面台などで立ったまま洗う場合は、ブラシを持つ手と反対の手で靴を持ち上げて洗うので、柄とブラシが一直線になっているもののほうが力が入れやすいですよ。

節約お掃除ブロガー

また靴を洗っているうちに柄や指に洗剤がついてしまうのが気になるときは、柄にへこみやゴムなどの滑り止めがついている靴洗いブラシがおすすめです。滑り止めのついたアイテムは握りやすいので、そうした観点から選んでみるのもいいでしょう。

靴洗いブラシおすすめ9選 細かいところまで綺麗に洗える!

ここからは、お掃除ブロガーのよしママさんさんと編集部が選ぶ、おすすめの靴洗いブラシを紹介していきます!

エキスパートのおすすめ

aisen『ダブルシューズブラシ(LK072)』

アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072 アイセン工業aisen楽洗いダブルシューズブラシブルーLK072
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

ゴシゴシ洗える昔ながらの靴洗いブラシ

天然やしとポリプロピレンの繊維でできた昔ながらのブラシです。繊維がほどよくかたいので、さほど力を入れずに汚れを落とすことが可能。やわらかめの小さいブラシやへらが柄の先についており、こまかい部分の汚れを落としたり砂利をかきだしたりするのに役立ちます。

柄が長めで持ちやすいので疲れにくく、運動靴や上履きなどをゴシゴシと洗いたい方におすすめのブラシです。使用後に乾かしたり収納したりするときに便利なフック穴もついています。

エキスパートのおすすめ

LEC(レック)『激落ちくん 泡立ちシューズブラシ(W-476)』

レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476 レック激落ちくんW素材の泡立ちシューズブラシW-476
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

ダブルの繊維で使いわけ可能な靴洗いブラシ

ふさふさ繊維とトゲトゲブラシというふたつの素材の面があるのが特徴のブラシです。生地をいためたくない場合はふさふさ繊維、しっかり洗いたい場合はトゲトゲブラシと使いわけられるのがポイント。

コンパクトサイズのヘッドなので、とくに小さいサイズの靴を履いてる方におすすめ。生地をキズつけることなく靴の内部をすみずみまで洗えます。柄の先のへらも靴底の砂利落としなどに役立つでしょう。

汚れを吸着したブラシは水で洗い流せるほか、フック穴もついているので使用後はしっかり水切りして干すことができます。

エキスパートのおすすめ

SANKO『びっくりシューズ洗い(GR:BH-54)』

サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54 サンコー靴洗いブラシシューズクリーナー傷めにくいグリーンびっくりフレッシュ日本製BH-54
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

フワフワ繊維で汚れをしっかり落とせる靴洗いブラシ

ポリエステル製のフワフワの繊維が特徴的なブラシです。しっかり汚れをからめとって落とせるほか、柄が長いので泡が手について滑りやすくなる心配がありません。また先端がカーブしていて繊維の部分も長いので、靴の内側が一気に洗えるのもうれしいポイント。

生地を傷めにくいのでスニーカー、サンダル、長靴、スポーツシューズなどさまざまな種類の靴に対応できます。ひとつのブラシでいろいろな靴を洗いたいという方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

MARNA(マーナ)『わんぱくシューズブラシ(W340G)』

マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm マーナ(marna)わんぱくシューズブラシブラシW340Bブルー約23.0x3.2x4.5cm
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

子どももよろこぶかわいいデザインの靴洗いブラシ

靴洗いブラシとしてはめずらしく、スマイルフェイスのかわいいデザイン。W植毛で泡もちがよく、やわらかめのブラシなので生地を傷めにくいのがメリット。

柄の先端にはかき出しブラシのほかに泥かき用のとげとげもついているので、靴底にはさまった砂利を取り除くのにも便利です。ただしとげとげ部分は鋭利なので、子どもが使う場合は注意しましょう。

柄には滑り止めやくぼみがあるほか、スマイルフェイスの口の部分はフック穴として使うこともできるなど、かわいいだけでなく使いやすさも兼ねそろえたデザインになっています。色もグリーンとブルーの2色から選べ、楽しく子どもに靴洗いをしてほしい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

オーエ『LウォッシュフィットシューズブラシOR』

オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ オーエ洗濯ブラシオレンジ約縦23×横4×奥行2.5cmランドリーウォッシュフィットシューズブラシ
出典:Amazon この商品を見るview item
節約お掃除ブロガー:よしママ

節約お掃除ブロガー

ラバーグリップで持ちやすい靴洗いブラシ

ラバーグリップ加工された柄の部分にゴムがついており、泡がついても滑りにくいブラシです。メインのブラシと柄の先のブラシの両方に指置きがあるので、握りやすく洗いやすいよう工夫されているのもうれしいポイント。手先があまり器用でなく、靴洗いが苦手な方におすすめ。

ヘッドが小ぶりでブラシ部分がかためなので、スニーカーや上履きのつま先の奥まできれいにすることが可能。フック穴があるため、乾燥や収納の際も便利です。

aisen 『靴ヒモ洗い付シューズブラシ』

アイセン(メンズ、レディース、キッズ)スリムシューズブラシLK081 アイセン(メンズ、レディース、キッズ)スリムシューズブラシLK081
出典:楽天市場 この商品を見るview item

靴ひもまでしっかり洗える万能ブラシ

とにかく靴の隅々まで洗いたい!という方におすすめなのがこちらのシューズブラシです。スポンジ部分がスリムなつくりとなっているため、大人用の靴はもちろん子供用の靴など小さい靴でも細かい部分まで洗うことが可能です。

また、洗いづらい靴ひも部分も洗浄可能になっています。フック穴に挟むことでカンタンに汚れをかき落とすことができますよ。

フレディレック 『ランドリーブラシ』

フレディレックランドリーブラシ洗濯用ブラシ豚毛ビーチウッド部分洗い フレディレックランドリーブラシ洗濯用ブラシ豚毛ビーチウッド部分洗い フレディレックランドリーブラシ洗濯用ブラシ豚毛ビーチウッド部分洗い
出典:Amazon この商品を見るview item

デザイン性の高いシューズブラシ

シューズブラシにおいて、あまりデザイン性は期待できない…とお考えの方も多いかもしれません。ですがこちらのシューズブラシは木の質感がとてもかわいく、インテリアとして置いてあっても違和感のない見た目

女性の手の中に納まるコンパクトなサイズなので、握りやすく洗いやすいのも特徴です。洗濯石鹸などと一緒に利用するといいでしょう。

山崎産業(Yamazaki Sangyo) 『バスボンくん靴洗いブラシ』

山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888 山崎産業(YamazakiSangyo)靴洗いブラシブルー長さ22cm靴シューズブラシバスボンくん抗菌日本製188888
出典:Amazon この商品を見るview item

とにかく持ちやすくしっかり洗える!

洗いづらい靴の先の部分や裏までしっかり汚れを落としたいという方におすすめのシューズブラシです。アーチがきいた持ち柄で力を入れやすく、ブラシ部分との境が直線ではないためしっかりと奥までスポンジを行き届かせることが可能

スポンジがソフトな毛と硬い毛の両方からできており抗菌加工もされているため、頑固な泥汚れも落とすことができます。

ジャパン・インターナショナル・コマース『ソニックスクラバー電動シューズブラシ』

ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm ソニックスクラバー電動シューズブラシグリーン幅4×奥行3.5×高さ28.3cm
出典:Amazon この商品を見るview item

電動でらくらくお掃除!

とにかく楽に靴を洗うことができるのが、こちらのシューズブラシです。なんと電動式になっており、ほとんど力を入れずに洗浄することが可能。

電動とはいえ防水仕様となっているため、ふだんのお手入れと同じように水や洗剤を使用しての洗浄をすることができます。加えて200gと非常に軽量なため、あまり力の強くない方や子どもでも十分に使えます。

「靴洗いブラシ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
aisen『ダブルシューズブラシ(LK072)』
LEC(レック)『激落ちくん 泡立ちシューズブラシ(W-476)』
SANKO『びっくりシューズ洗い(GR:BH-54)』
MARNA(マーナ)『わんぱくシューズブラシ(W340G)』
オーエ『LウォッシュフィットシューズブラシOR』
aisen 『靴ヒモ洗い付シューズブラシ』
フレディレック 『ランドリーブラシ』
山崎産業(Yamazaki Sangyo) 『バスボンくん靴洗いブラシ』
ジャパン・インターナショナル・コマース『ソニックスクラバー電動シューズブラシ』
商品名 aisen『ダブルシューズブラシ(LK072)』 LEC(レック)『激落ちくん 泡立ちシューズブラシ(W-476)』 SANKO『びっくりシューズ洗い(GR:BH-54)』 MARNA(マーナ)『わんぱくシューズブラシ(W340G)』 オーエ『LウォッシュフィットシューズブラシOR』 aisen 『靴ヒモ洗い付シューズブラシ』 フレディレック 『ランドリーブラシ』 山崎産業(Yamazaki Sangyo) 『バスボンくん靴洗いブラシ』 ジャパン・インターナショナル・コマース『ソニックスクラバー電動シューズブラシ』
商品情報
特徴 ゴシゴシ洗える昔ながらの靴洗いブラシ ダブルの繊維で使いわけ可能な靴洗いブラシ フワフワ繊維で汚れをしっかり落とせる靴洗いブラシ 子どももよろこぶかわいいデザインの靴洗いブラシ ラバーグリップで持ちやすい靴洗いブラシ 靴ひもまでしっかり洗える万能ブラシ デザイン性の高いシューズブラシ とにかく持ちやすくしっかり洗える! 電動でらくらくお掃除!
全長 260mm 240mm 280mm 230mm 230mm 4.8×2.8×27cm 8×4.3×4.3 約幅4×奥行5.5×高さ22cm 幅4×奥行3.5×高さ28.3
ブラシ素材 コイアファイバー、ポリプロピレン、鉄線 ふわふわ繊維、トゲトゲブラシ(樹脂製) ポリエステル ポリプロピレン、ナイロン ポリプロピレン ポリウレタンフォーム、ポリエステル、ナイロン 豚毛 針金芯/ステンレス/ポリプロピレン ナイロン
カラー ブルー / ベージュ - グリーン グリーン、ブルー オレンジ、ブルー グリーン - ブラシ部分 ブルー グリーン
フック穴
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月24日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 靴洗いブラシの売れ筋をチェック

Amazonでの靴洗いブラシの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:靴洗いブラシランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

素材ごとの洗い方 スエードとレザーは水洗い不可

キャンパス素材については、一般的な方法として、シューズブラシでまずは汚れやほこりを軽く落として、ぬるま湯で本格的に汚れを落とします。落ちにくい汚れがある場合は、はじめに浸け置きすると綺麗におちます。

合成皮革については、あまりごしごし洗うと、表面が傷つくおそれがあるので水ぶき程度がおすすめします。どうしても汚れがあって、しっかり洗うというのであれば、柔らかいブラシでぬるま湯で、優しく洗いましょう。浸け置きは劣化の原因となるので危険です。

靴の素材によっては水洗いできない素材があります。スエードとレザーです。こちらは水洗いなどはせずに、ブラシで汚れをさっとおとし、専用のクリームで整えてください。

洗ったあとの干し方 靴専用ハンガーが便利

靴底には水が溜まりやすくなっています。そのまま干すと臭いの原因になることも。そんなときには、靴専用ハンガーというものがあります。ベランダに干すときに、靴専用のハンガーがあると便利ですよ。

どこに売っているのかというと、ダイソーやセリアなどの100均の売り場にも置いてありますので、ぜひ手に取ってみてください。そのほかにもシューズドライヤーがあります。

洗った靴を乗せておくだけで、乾かしてくれる優れものです。コンパクトなので、使わないときも下駄箱などに収納しておけますし、天気の悪い日の部屋干しにも便利ですよ。

靴洗いブラシがない場合、代用できるものはある? 重曹と洗濯用洗剤で汚れを落とすという方法も

靴洗いブラシがない場合は、歯ブラシ十分靴を洗うことができます。ただ、靴用ではないので靴の中に入れて細かいところまで洗うのは難しいかもしれません。

また、家にあるもので簡単に靴用洗剤の代用も作ることができます。

洗面バケツなどに靴が浸る程度にお湯を張ります。そこに重曹3杯程度、洗濯用洗剤を1杯程度いれます。スニーカーを1時間ほどお湯に浸します。汚れがまだ落ち切っていない場合は、重曹の中に少し水を入れて溶かしたものを歯ブラシにつけて汚れをこすります。洗い終わったら、水でしっかり落として日陰干しで干して乾かします。

その他のお掃除関連アイテムをチェック

足と靴のカウンセラーである青山まりさんへの取材をもとに、シューズケアセットおすすめ25選をご紹介します。大人の身だしなみとして、日常的に取り入れたい靴磨き。しかし、いくつかのアイテムが必要なため買い集めるのにハードルが高いのが難点です。この記事では、靴磨きにはじめてチャレンジする人や、アイテム...

大切な革靴をより美しくして長く使えるようにしてくれるのが、靴ブラシ。自分が持っている靴のメンテナンスには、どの靴ブラシが適しているのでしょうか。ここでは、自分に合った靴ブラシを正しく選ぶためのポイントと、家事代行エキスパートことのはさんと編集部が選んだ靴ブラシ25選を紹介します。後半に通販サイ...

家のなかを大掃除するなら、水回りや床、家具などにまとめて使える洗剤が活躍します。この記事では、家事代行エキスパート・ことのはさんと編集部が、大掃除に便利な多目的用洗剤の選び方、おすすめ12商品をご紹介します。多目的用洗剤は、落としたい汚れに合わせて選ぶこともポイントです。記事後半には、通販サイ...

お掃除ブロガーからのアドバイス

節約お掃除ブロガー

フック穴がついているかもチェックして!

靴洗い用のブラシには、ミニブラシが付属しているものが多くあります。こまかいところを磨くにはとても便利ですが、やはりもっとも重要なのはメインのブラシの汚れ落ち。付属品の機能は最小限に絞り、まずは靴洗いのスタイルや靴の種類を基準に汚れを落としやすいブラシ選びをしましょう。

また、ブラシを使用したあと干すのに便利なのがフック穴です。収納するときにも役立つので、できればフック穴があるものを選ぶといいでしょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部