自走式草刈機おすすめ8選│草刈りをラクにするモデルを紹介

自走式草刈機おすすめ8選│草刈りをラクにするモデルを紹介

重労働の草刈りの負担はなるべく減らしたいですよね? そんな時に便利なのが、「自走式草刈機」です。刈払機のように持ち上げる必要がなく、長時間の作業もラクにこなせます。畔(あぜ)や土手など斜面の草を刈れるもの、平面と斜面を同時に刈れる二面刈りタイプもあります。

本記事では、自走式草刈機の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

ガーデニング研究家
はたあきひろ

1967年生。兵庫県西宮市出身。1991年に大手住宅メーカーに入社し、研究所(造園研究室)、マンション事業、本社設計部などを経験。現在は独立し、人と人、人と自然の繋がりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する『庭暮らし研究所』を設立。 奈良市で草屋根の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜をつくり、自給生活を送る。NHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」では、野菜づくり講師として10年間毎月出演。NHK出版WEBサイト「みんなの趣味の園芸」でブログ担当。YouTubeチャンネル「園芸研究家はたさんの野菜づくりチャンネル」を発信。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

自走式草刈機の種類・タイプ

自走式草刈機には、草を刈り取る方法の違いで「ロータリーナイフタイプ」「ハンマーナイタイプ」の2種類があります。まずは種類ごとの違いをおさえて自分の用途に合ったものを選びましょう。

▼ロータリーナイフタイプ:手軽さを重視する方向け

 

手軽さを重視するなら「ロータリーナイフタイプ」がおすすめです。水平に取りつけられた刃が回転して草を刈り取っていきます。比較的安価で刃の数が少ない分、刃を交換するときのコストが低め。小型のタイプも多く、家庭用にもぴったりです。女性や高齢の方でも扱いやすく、車に載せて持ち運べるものもあります。

なお、「ロータリーナイフタイプ」を選ぶときは、3つあるナイフの形状もチェックしましょう。

バーナイフ:安価ですが、石などの障害物が苦手で当たると消耗しやすいのが難点。

フリーナイフ:比較的障害物に強く、耐久性が高い。

クロスカット:刃の数が多い分、一枚にかかる負担を分散でき、草をこまかくできる。

(★)ポイント:斜面の草刈りに適したタイプもある

斜面の草刈りに適したタイプもあります。ロータリーナイフの一種ですが、「スパイダーモア」や「斜面刈り」「法面刈り」と呼ばれ、斜面の上の安定した足場から傾斜面の草を刈り取ることができます。スパイクタイヤや傾斜に強い駆動力を高めたエンジンを採用することで、斜面でも機体が横滑りしにくいよう工夫されているのが特徴です。

『ロータリーナイフタイプのおすすめ商品』を今すぐ見る

▼ハンマーナイフタイプ:草刈り後の後処理が不要

 

草刈りをしたあとの刈草集めもたいへんな作業ですが、「ハンマーナイフタイプ」なら後処理がいらず、さらに負担を減らすことができます。

回転するドラムに並んだY字の刃で草を叩くように刈り取り、こまかく粉砕してくれるので、刈り取った草はそのまま放置しておいても問題ありません。自然に土に返ってくれて、刈草集めの手間を省くことができます。刈跡もきれいで農家の方々が多く使用しているモデルです。

デメリットは、たくさんの刃を使用しているため交換に手間とコストがかかる点になるので、覚えておきましょう。

『ハンマーナイフタイプのおすすめ商品』を今すぐ見る

自走式草刈機の選び方

まずは、商品選びのポイントについて見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】刈幅・刈高
【2】斜面適用角度
【3】機能性
【4】保証の充実度


上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

『すべてのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】刈幅・刈高をチェック

 

広い土地で使用するなら着目したいのが刈幅。刈幅が広いものなら一気に広範囲の草を刈り込めて、何往復もしなくて済み効率的です。

また、機種によって刈り込める草丈にも違いがあります。背の高い草が生える土地に使うなら刈高が大きなものを選びましょう。草を刈る作業の時間が取れず、伸びてしまった場合でも対応できます。

刈高を選べるタイプなら草丈に合わせて使用できて便利です。

【3】斜面適用角度をチェック

 

斜面の草刈りに使うなら、どれくらいの角度の傾斜まで対応しているか「斜面適用角度」もチェックする必要があります。刈り取れる斜面の傾斜は機種によって決まっています。あらかじめ使用する場所の傾斜を確認して、対応したモデルを選びましょう。

【3】機能性をチェック

 

自走式草刈機は製品によって機能もさまざま。使い勝手を左右する機能面のチェックも忘れずに行ないましょう。便利な機能を備えたモデルなら、草刈りをより快適に行なうことができますよ。機能面でとくに注目したいポイントについて見ていきましょう。

▼ギアチェンジ機能

自走式草刈機は重い製品も多いため、操作性のよさもチェックしておきたいポイントです。ギアチェンジでバックもできるモデルなら方向転換がしやすく、草刈機を思いどおりに動かすことができます。とくに斜面など不安定な場所で旋回しようとすると本体が倒れてしまうことがあるため、バックができるとより安心して操作することができます。

また、ギアチェンジが手軽にできるかどうかもチェックしておきましょう。操作レバーが手元にあるタイプなら扱いやすく便利です。操作方法も含めて確認しておくとよいでしょう。

▼静音機能・低振動機能

自走式草刈機のエンジン音が気になる場合は、静音機能を備えたモデルを選ぶのがおすすめです。静音性の高いエンジンを搭載したものや、なかには電動モーターを使用したモデルも。住宅地の近くなどでも近隣への迷惑を気にせず使用できます。

また、低振動機能つきのものなら腕に負担がかかりにくく、長時間でも快適に作業することができます。低振動機能がない機種を選ぶ場合は、振動を軽減する防振手袋を使用するという方法もあるので試してみるといいでしょう。

▼二面刈り機能

畔など斜面の草刈りにも使用するなら「二面刈り機能」を備えたものが便利です。斜面の上面と側面を同時に刈り取れて、効率的に作業を行なうことができます。なかでも側面の刈部の可動域が広く、さまざまな斜面形状に対応できるものがおすすめです。

【4】保証の充実度をチェック

 

自走式草刈機を長く使用すると、どうしても消耗部品の交換が必要になったり、故障してしまったりする場合がありますよね。そんなときに保証があり、修理を依頼できると安心です。

保証の有無や購入店、またはメーカーが直接修理を請け負ってくれるかどうかなど、保証面の充実度も確認しておきましょう。

エキスパートのアドバイス

ガーデニング研究家

刈る植物と場所を考えて選びましょう

自走式草刈機は機種によって得意分野が異なるので、刈る植物と場所を考え、選定する必要があります。たとえば「(1)芝生を刈る場合」「(2)草を刈る場合」「(3)狭い畔を刈る場合」「(4)斜面地を刈る場合」「(5)石の多い場所の草を刈る場合」などです。

それぞれの商品の特徴をよく理解して、商品を選択してください。とくに石が多い場所では、刃が消耗するだけではなく、石が飛んで危険なので、フリー刃のある商品がおすすめです。

自走式草刈機のおすすめ商品

それでは、自走式草刈機のおすすめ商品をご紹介いたします。

▼おすすめ6選|ロータリーナイフタイプ

▼おすすめ2選|ハンマーナイフタイプ

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ6選|ロータリーナイフタイプ

手軽に使いたいならロータリーナイフがおすすめです。軽量・コンパクトなモデルも多く、比較的安価で刃の交換にかかるランニングコストも抑えることができます。おすすめの商品をご紹介しますので、気になるものを見つけてみてくださいね!

BARONESS(バロネス)『簡易自走ロータリーモア(GM530D)』

グラスバッグ標準装備で作業後の後処理がラク

「作業後の草集めが面倒」「刈り取った後の草を放置したくない」という方におすすめなのが、集草装置つきのアイテムです。75Lの大容量のグラスバッグを標準装備していて、刈り取った草は後方の排出口からそのままバッグのなかに。作業後は溜まった草を捨てるだけなので、時短につながります。

軽量小型で取り回しもよく、低騒音エンジンを搭載したモデルなので、家庭の庭でも使用可能。幅広い場所で活躍してくれます。

Honda(ホンダ)『草刈機(UM2160[J2])』

充実の装備で平地の草刈りをパワフルにこなす!

平地の草刈りをパワフルにこなしたいなら、充実した装備が魅力的なホンダの草刈機がおすすめです。4ストロークOHVエンジンを採用。軽量小型でメンテナンスもしやすく、粘り強く安定したハイパワーを発揮してくれるすぐれものです。

カッター部分にはハードな作業にも対応できる、スチール製のハウジングと鋭い切れ味のバーナイフを装備。茂った草も効率よく取り込みカットしてくれて、作業がどんどんはかどります。

KIORITZ(共立)『畦草刈機(AZ852AF)』

安定性抜群で斜面の草刈りもスムーズ

共立独自のパワフルなエンジンを搭載しており、負荷がかかっても回転数低下が少なく粘り強さを発揮。さらに特殊スパイクつきタイヤの4輪駆動でスリップを防ぎ、確実に走行してスムーズに草刈りを進めることができます。

操作レバーは手元に集中していて、ナイフの出し入れや速度調整、前進・後進の切替もかんたん! 不安定な斜面際でもバランスを崩す心配がなく安全に操作することができますよ。

Kubota(クボタ)『軽量型畦畔草刈機 カルキュート(GC-Q60)』

狭い畦にぴったり! 扱いやすい軽量タイプ

狭い畦での草刈り作業にもぴったりな、軽くて扱いやすい二面刈り対応の一台です。42kgの軽量ボディで左右のバランスもとりやすく、溝越えもラクに行なえます。側面の刈部はー5~50°の範囲で自動的に追従し、さまざまな斜面にしっかりフィット。

アクセルとクラッチはひとつのレバーで操作可能。使用頻度が多い操作レバーは手元に集中していて操作性も抜群で、機械が苦手な方でもすぐに慣れることができるでしょう。

Kubota(クボタ)『スイング式電動草刈機 しずかる(GC-E300)』

低振動&静音設計で手軽に使える電動タイプ

珍しい電動タイプの法面草刈機です。1回のバッテリー充電で約60分間作業ができます。広範囲な場所には不向きですが、面倒なオイル補充の手間がなく、手軽に使用できるのは魅力的! エンジン機に比べて振動も約10分の1で、振動が体の負担にならないのもうれしいですね。

運転音が静かで、騒音レベルは普通の会話と同程度。住宅地に近い場所でも気兼ねなく使用することができますよ。

MARUYAMA(丸山製作所)『自走草刈機 法面/畦畔草刈用(MGC-S301)』

コンパクトに折りたためるロングハンドル

広範囲の斜面を上から刈れるよう、ロングハンドルを採用した法面用のモデルです。長いハンドルもコンパクトに折りたたむことができて省スペース! 保管場所がネックで自走式草刈機の購入を諦めていた方は、ぜひ検討してみてください。

重量は26kgと非常に軽量。力に自信がない女性や高齢の方でもラクに使用できます。

▼おすすめ2選|ハンマーナイフタイプ

草をこまかく粉砕してくれる、ハンマーナイフモアのおすすめ商品をご紹介します。粉砕された草は集めずそのまま放置しても早く土に返ってくれて、後処理の手間がなく効率的。草刈りにかかる時間と手間を減らしたい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

ISEKIアグリ(イセキアグリ)『歩行型草刈機 ハンマーナイフモアー(HR532)』

丈の高い草や小笹もラクに粉砕!

丈の高い草や、小笹などのかたい草もラクに粉砕できる強力なフリーナイフを装備したハンマーナイフタイプです。草丈の状態に合わせて自動開閉する可動式のフロントカバーを採用。低い草を刈るときはカバーが下がって石がはね飛ぶのを防ぎ、伸びた草を刈るときはカバーが上がって草をしっかり巻き込めます。

刈刃交換スタンドがついていて、刈刃の交換や清掃などに便利。日ごろのメンテナンスも手軽に行なうことができます。

OREC(オーレック)『ブルモア(HR402)』

コンパクトでもパワフルに粉砕できるハンマーナイフ

コンパクト設計で女性や高齢の方でもラクに操作できるハンマーナイフの一台です。トレッド幅が狭いため小まわりが利き、畦や畝(うね)の間など狭い場所での草刈りにもぴったり。小さいボディでもしっかり草を粉砕できます。

刈高は20~90mmの範囲内で無段階に調整可能。作業場所の草の状態に合わせてレバーでかんたんに調整できて便利です。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
BARONESS(バロネス)『簡易自走ロータリーモア(GM530D)』
Honda(ホンダ)『草刈機(UM2160[J2])』
KIORITZ(共立)『畦草刈機(AZ852AF)』
Kubota(クボタ)『軽量型畦畔草刈機 カルキュート(GC-Q60)』
Kubota(クボタ)『スイング式電動草刈機 しずかる(GC-E300)』
MARUYAMA(丸山製作所)『自走草刈機 法面/畦畔草刈用(MGC-S301)』
ISEKIアグリ(イセキアグリ)『歩行型草刈機 ハンマーナイフモアー(HR532)』
OREC(オーレック)『ブルモア(HR402)』
商品名 BARONESS(バロネス)『簡易自走ロータリーモア(GM530D)』 Honda(ホンダ)『草刈機(UM2160[J2])』 KIORITZ(共立)『畦草刈機(AZ852AF)』 Kubota(クボタ)『軽量型畦畔草刈機 カルキュート(GC-Q60)』 Kubota(クボタ)『スイング式電動草刈機 しずかる(GC-E300)』 MARUYAMA(丸山製作所)『自走草刈機 法面/畦畔草刈用(MGC-S301)』 ISEKIアグリ(イセキアグリ)『歩行型草刈機 ハンマーナイフモアー(HR532)』 OREC(オーレック)『ブルモア(HR402)』
商品情報
特徴 グラスバッグ標準装備で作業後の後処理がラク 充実の装備で平地の草刈りをパワフルにこなす! 安定性抜群で斜面の草刈りもスムーズ 狭い畦にぴったり! 扱いやすい軽量タイプ 低振動&静音設計で手軽に使える電動タイプ コンパクトに折りたためるロングハンドル 丈の高い草や小笹もラクに粉砕! コンパクトでもパワフルに粉砕できるハンマーナイフ
サイズ 幅580×長さ1810×高さ1260mm 幅760×長さ1780×高さ1080mm 幅550×長さ1700×高さ1100mm 幅875×長さ1587×高さ845mm 幅430×長さ1730×高さ410mm 幅430×長さ1730×高さ410mm 幅710×長さ1700×高さ960mm 幅680×長さ1620×高さ950mm
重量 53.0kg 61.0kg 49.5kg 42.0kg 34.2kg 26.0kg 124.0kg 71.0kg
ナイフタイプ ロータリーナイフ ロータリーナイフ ロータリーナイフ - ロータリーナイフ - ハンマーナイフ ハンマーナイフ
刈幅 530mm 約530mm 500mm 上面:300mm、側面:300mm 300mm 300mm 520mm 400mm
刈高 15~77mm 15~75mm 35~70mm 上面:20~50mm、側面:20~50mm 19~31mm 19~31mm 20~80mm 20~90mm
適応斜面角度 - - - -5~50° 50° - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月11日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 自走式草刈機の売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの自走式草刈機の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:自走式草刈機ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の草刈り機はこちら

まとめ

自走式草刈機のおすすめをご紹介しましたが、いかがでしたか。

自走式草刈機には大きく分けて3つの種類があります。それぞれ特徴が異なるため目的に合ったものを選びましょう。使用する場所や刈る植物の状態に合わせて刈高や刈幅、対応角度も要チェック。機能性も確認して使いやすいモデルを選ぶといいですね。

あなたがほしい自走式草刈機を選んで草刈りの負担軽減に役立てましょう!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


シールミラーおすすめ8選|スマホ向けのミニサイズ、玄関・自室向けの姿見も

シールミラーおすすめ8選|スマホ向けのミニサイズ、玄関・自室向けの姿見も

自分でカットして使えるシールミラーは、軽くて割れないのが特徴です。インテリアとして壁に貼ったり、また窓に貼り防犯対策やUVカット対策として、普段持ち歩くスマホやタブレットの裏側やケースに貼ってちょこっとミラーとしても活用できます。本記事では、シールミラーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。さらに、後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 壁紙 , 住宅資材 , 生活雑貨

ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

正確にきれいな穴をあけるのに便利なボール盤。DIY用からプロ用までさまざまな機種があり、ねじ切り加工やリーマ加工など、どのような加工をするかによって選ぶべき機種がかわってきます。本記事では、ボール盤の選び方とおすすめの商品をご紹介。マキタやハイコーキなど、日本製メーカーの特徴についても詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

切り花延命剤おすすめ5選|使い方・水揚げ・水切りの手順も紹介

切り花延命剤おすすめ5選|使い方・水揚げ・水切りの手順も紹介

切り花延命剤とは、切り花を長く保つためのもの。そのキホンは、水を腐らせないための抗菌剤です。また、液の中に植物のための栄養が含まれているものもの少なくありません。商品によっては原液は皮膚などにつかないように取り扱い時に注意が必要なものもあります。本記事では、切り花延命剤の選び方と、おすすめ商品をご紹介。また、記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもぜひ確認してみてください。

tag icon 肥料・薬剤 , ガーデニング用品 , 花・観葉植物

卓上フライス盤おすすめ11選|手動式・自動式など、金属・木材向けの商品を紹介

卓上フライス盤おすすめ11選|手動式・自動式など、金属・木材向けの商品を紹介

DIYで木材や金属の切削加工をする際に、かかる労力と時間、ケガのリスクを減らしてくれる便利な機械がフライス盤です。本記事では、卓上フライス盤の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , 作業用品

耐熱接着剤のおすすめ10選|300℃や500℃以上もOK【マフラーの修理にも】

耐熱接着剤のおすすめ10選|300℃や500℃以上もOK【マフラーの修理にも】

家電製品やヒーターなど熱を発するものの接着には耐熱接着剤が必要です。対応する温度が100〜200℃のものもあれば、1,000℃以上に対応しているものもあり、どれを選ぶべきか悩むところです。そこで、本記事ではDIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。選び方もくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

tag icon 作業用品 , のり , 生活雑貨

関連するブランド・メーカー


HONDA(ホンダ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。