PR(アフィリエイト)

ヘッジトリマーおすすめ10選|定番人気のマキタやリョービ製など厳選

ヘッジトリマーおすすめ10選|定番人気のマキタやリョービ製など厳選
ヘッジトリマーおすすめ10選|定番人気のマキタやリョービ製など厳選

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年04月10日に公開された記事です。

ヘッジトリマーは、庭の生垣や植木を手入れするのに欠かせないアイテム。庭に植えてある樹木や植木を剪定し、きれいに整える工具として多くの人が利用しています。

本記事では、定番人気のマキタやリョービ製などヘッジトリマーのおすすめ商品と選び方をご紹介します。

記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士
ふじえりこ
『はじめてでもカンタン!多肉植物の育て方・楽しみ方』(コスミック出版)では文を担当。『土作りで決まる!とびきりおいしい野菜の作り方』(ブティック社)『ベランダ菜園 おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)では監修&執筆。『趣味の山野草』、エバーグリーンなどで連載執筆中。 豪華客船飛鳥のクルーズ講師、園芸教室Ceresを主宰するほか、都内植木市の園芸相談員歴20年以上。また、産業安全保健エキスパート、理科支援員・コーディネーター・アドバイザーの経歴を活かし『生き物たちのひみつ』(NHK)などのキッズライターとしての顔も持つ。 映画、漫画、健康分野にも精通し各種ライティング実績があるほか、『愛犬の選び方・飼い方・健康管理(主婦の友)』では取材ライターとしての実績あり。 多種多様、動物園の爬虫類館の植物管理経験も。植物はハーブを中心に、野菜、作物、多肉植物を栽培中。ハーブコーディネーター、植物文様研究家としても活動している。 ほかにも撮影現場のインテリアを手がける撮影インテリアコーディネーターとしても活動しており、植物を中心に現場を明るく彩るエキスパートでもある。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション、住まい・DIY、家具・インテリア
横尾 忠徳

「家具・インテリア」「住まい・DIY」「本・音楽・映画」「ファッション」カテゴリーを担当。リプロダクト家具や秀逸なデザインのアイテムが好み。本はkindle、音楽はSpotify、映像はNetflixを愛用、劇場にも通う。服とスニーカー好きの50代編集者。

ヘッジトリマーとは

ヘッジトリマーで庭木を剪定する男性
Pixabayのロゴ
ヘッジトリマーで庭木を剪定する男性
Pixabayのロゴ

ヘッジトリマーとは、生垣や庭木などを剪定する際に使用する工具です。剪定ハサミを使用して剪定することも可能ですが、場合によっては作業時間が長くなったり、長時間の作業で腰がつらくなったりという弊害がでてくることもあります。

広範囲の剪定をする場合、高い場所の剪定をする場合など、使用する場所により、それに合った工具を利用することで、ひじょうに効率よく、見た目もきれいに作業が可能です。

■ヘッジトリマーの種類・タイプ

ヘッジトリマーのハンドルの長さによって、剪定できる場所も異なります。とくに高い場所の剪定をする場合は、ハンドルの長さに注意して選ぶといいでしょう。

▼ハンディタイプ

 

比較的軽くて、女性や剪定の初心者でも使いやすいのが、ハンディタイプです。手もとが使いやすく、取り回しができるので、ちょっとしたお手入れにはぴったりのサイズでしょう。

▼ロングタイプ

 

高い場所を剪定する際には、ロングハンドルタイプのものが作業しやすいです。脚立に上り、作業をするのは体に負担がかかりますので、ロングハンドルタイプのヘッジトリマーを選びましょう。3mほど伸びるものも販売されており、脚立なしで作業が可能です。

1台で2役や3役もできるアタッチメントも確認!

ロングハンドルタイプの中には、長さの調整ができるものも販売されており、1台で2役や3役ができるタイプもあります。さまざまな場所の剪定が可能になり、利便性も高く、作業も効率よくおこなうことができます。あらゆる場所の剪定をしたい場合には、1台で何役もできるものがいいでしょう。

ヘッジトリマーの選び方

それでは、ヘッジトリマーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】刈り込み幅
【2】動力
【3】機能性
【4】重量
【5】メンテナンスのしやすさ


上記の5つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】刈り込み幅をチェック

 

刈る幅は、ヘッジトリマーの刃の長さが関係してきます。刃の長さが長ければ、刈る幅も広範囲に作業することができる一方、重量的には重たくなりがちです。

刃は、一般的には100mm~700mmまでの種類が販売されており、200mm~260mm300mm~380mm400mm~460mmの3つが主流のタイプになります。刈る場所によって、扱いやすい刈り幅のものを選ぶとよいでしょう。

【2】動力をチェック

ヘッジトリマーは、その作業の内容や場所により、どのような動力タイプがいいのでしょうか。

▼充電式

 

充電式は、あらかじめ充電したバッテリーを取りつけて作業をおこなうので、電源コードなどもなく、取り回しがきくので、どこでも作業できるのが特徴です。比較的、軽量の工具が多く、初心者の方や女性の方にはぴったりです。

充電式なので、長時間作業する場合は、あまり向いていません。充電するのには時間がかかるため、替えのバッテリーを準備したほうがいいでしょう。

▼電源式

 

AC電源式は、時間を気にすることなく長時間の作業も可能です。電源を確保できる場所の作業は、時間も気にせず、バッテリーも搭載していないので軽量で、比較的安価に購入できます。電源コードが短くて作業が難しい場合は、延長コードを使用することで長さの調整が可能です。

また、作業中に誤って電源コードを切ってしまうことがないように、作業にはじゅうぶん注意しておこないましょう。

▼エンジン式

 

エンジン式は、燃料を補給しながら剪定作業をするヘッジトリマーです。エンジン式の場合は、バッテリー式と比較しても、燃料を補給すれば長時間作業もでき、広範囲の剪定作業も可能です。

ただし、エンジンを搭載しているので重量があり、音や振動も比較的大きいので、使用する際には住宅街には不向きでしょう。

【3】機能性をチェック

ヘッジトリマーは、さまざまな機能性を保有しているので、利用目的、場所、使いやすさなど、作業にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

▼低騒音設計かどうか

 

住宅街に自宅が位置する場合、長時間使用する場合は、ヘッジトリマーの騒音にも注意が必要です。また、早朝や深夜の剪定作業も騒音が近所迷惑になりますので、購入する前には、低騒音の設計がされたヘッジトリマーかどうかの確認をしておきましょう。

▼スピード切り替え機能があるか

 

ヘッジトリマーのストローク数を段階的に切り替え、スピードを上げることができれば、広範囲の剪定作業も短時間ですますことが可能になります。剪定場所や範囲により、スピードを切り替え機能があれば、効率的に剪定作業をおこなうことが可能です。

▼防塵防滴機能があるかどうか

 

粉塵や水滴に強い機能つきのヘッジトリマーは、雨が降ってきても、ほこりが多い場所でも快適に作業することができます。

▼低振動かどうか

 

ヘッジトリマーの振動が大きいと、体に負担がかかり疲れやすくなります。振動を抑えたタイプのヘッジトリマーを選ぶようにしましょう。持ち手がラバーグリップのタイプは、握りやすく振動の伝達を軽減する効果が期待できます。

【4】重量をチェック

 

ヘッジトリマーを使って刈り込む範囲が狭い・限られた場所であれば気にする必要がないものの、範囲が広くなるなら、本体の重量とバッテリーについても考えておきましょう。


当たり前ですが、範囲が広くなればその分作業時間がかかるため、本体の重量はなるべく軽いものの方が疲労を感じることがないでしょう。また、コードレスタイプは連続で使用できる時間が定められている場合があるので、モーターに過負荷を与えないためにも、きちんと時間を守りましょう

【5】メンテナンスのしやすさをチェック

 

ヘッジトリマーには、自分で刃を交換するタイプ、メーカーに依頼するタイプがあります。使う機会が多いなら、自分で交換できるタイプの方が便利かもしれません。

なお、刃の交換だけでなく、木や葉っぱなどが入り込んだ場合に掃除がかんたんにできるかも忘れずに確認しましょう。

ヘッジトリマーおすすめ10選

それでは、ヘッジトリマーのおすすめ商品をご紹介いたします。

▼【ハンディタイプ】はこちら

▼【ロングタイプ】はこちら

すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼【ハンディタイプ】はこちら

まずは、ハンディタイプのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』
出典:Amazon この商品を見るview item
連続使用40分の充電式ヘッジトリマー

刈り幅が530mmと刃の長さもロングタイプで、広い範囲も剪定できるため、作業効率を上げることが可能。さらに、確実に剪定していく2枚研磨刃が左右についており、左右交互に使用できるので、剪定作業がはかどります。

充電式タイプなのでコードのわずらわしさもなく、使い勝手も抜群。重さ2.4kgと軽量で、女性でも持ちやすく、なめらかで美しい仕上がりが期待できるでしょう。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 3.7 Kg
刈込み幅 530mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 3.7 Kg
刈込み幅 530mm
全てを見る全てを見る

RYOBI(リョービ) 『ヘッジトリマー(HT-3632)』

RYOBI(リョービ)『ヘッジトリマー(HT-3632)』 RYOBI(リョービ)『ヘッジトリマー(HT-3632)』 RYOBI(リョービ)『ヘッジトリマー(HT-3632)』 RYOBI(リョービ)『ヘッジトリマー(HT-3632)』 RYOBI(リョービ)『ヘッジトリマー(HT-3632)』
出典:Amazon この商品を見るview item
高級刃を採用した高剛性ディンプルブレード

低騒音、低振動、軽量という高い機能性を保有しているうえ、電源式タイプなので、長時間の剪定作業も可能です。刃の先端には、3面の研磨加工が施され、切れ味の鋭さは抜群。

10mの延長コードもついているので、広範囲の剪定作業も可能です。高級かつ高剛性のディンプルブレードは刃の位置を刈りたい場所によって調整可能なため、効率よく剪定作業ができるでしょう。

動力タイプ 電源
ハンドルタイプ ハンディ
機能 低騒音、低振動、軽量
重量 1.9kg
刈込み幅 360mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 電源
ハンドルタイプ ハンディ
機能 低騒音、低振動、軽量
重量 1.9kg
刈込み幅 360mm
全てを見る全てを見る

YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』

YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』
出典:Amazon この商品を見るview item
高さの異なる場所も3段階調整可能

大手専門商社のひとつであるYAMAZENのヘッジトリマー。約2.0kgの軽量設計を採用しており、女性や剪定初心者でも使いやすい商品です。ハンドルの長さは切断する枝の高さに合わせて3段階に調整が可能。高さの異なるさまざまな場所でも作業できます。

充電タイプなので使い勝手もよく、信頼の日本製の刃で切れ味は抜群。細い枝も付属している枝キャッチャーで、しっかと掴んで切りおとします。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 着脱式ポール
重量 2kg (着脱ポール3本使用時)
刈込み幅 約20mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 着脱式ポール
重量 2kg (着脱ポール3本使用時)
刈込み幅 約20mm
全てを見る全てを見る

BOSCH(ボッシュ) 『ヘッジトリマー(AHS45-16)』

BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 BOSCH(ボッシュ)『ヘッジトリマー(AHS45-16)』
出典:Amazon この商品を見るview item
420Wのハイパワーモーター搭載タイプ

レーザーカットやダイヤモンド研磨に使用する、切れ味抜群の長いスイス製の刃が特徴。刈込幅は450mmもあるため効率よく剪定が可能で、コストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。

機能性の高い420Wのハイパワーモーターが長い刃をスムーズに稼働させるので、体力が必要な剪定作業の負担も軽減してくれます。持ち手をガードするハンドプロテクターつきなので、安全で快適な作業を実現できるでしょう。

動力タイプ コード式
ハンドルタイプ ハンディ
機能 420Wのハイパワーモーター搭載
重量 2.6 Kg
刈込み幅 450mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ コード式
ハンドルタイプ ハンディ
機能 420Wのハイパワーモーター搭載
重量 2.6 Kg
刈込み幅 450mm
全てを見る全てを見る

Makita(マキタ)『エンジンヘッジトリマ(EH6000S)』

Makita(マキタ)『エンジンヘッジトリマ(EH6000S)』 Makita(マキタ)『エンジンヘッジトリマ(EH6000S)』
出典:Amazon この商品を見るview item
すぐれた操作性で快適な刈込み作業が可能

特殊コーティングされたロングタイプの刃を採用している、切れ味はもちろん耐久性も兼ね備えたタイプ。4つのスプリングで振動を吸収するため余計な体力消費が少なく、チップレシーバによって後片づけの作業も軽減されます。

エンジン式タイプを採用しているためコードのわずらわしさがなく、スイッチ類はすべて手もとにまとめているので、操作性も抜群です。

動力タイプ エンジン式
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 4.9kg
刈込み幅 600mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ エンジン式
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 4.9kg
刈込み幅 600mm
全てを見る全てを見る

KOSHIN(工進)『充電式 ヘッジトリマ(SHT-18N)』

KOSHIN(工進)『充電式ヘッジトリマ(SHT-18N)』 KOSHIN(工進)『充電式ヘッジトリマ(SHT-18N)』 KOSHIN(工進)『充電式ヘッジトリマ(SHT-18N)』 KOSHIN(工進)『充電式ヘッジトリマ(SHT-18N)』 KOSHIN(工進)『充電式ヘッジトリマ(SHT-18N)』
出典:Amazon この商品を見るview item
くぼみが枝をキャッチしてかんたん剪定

誤作動を防止するロック機能や、両手で持たないと作動しない構造を採用し、高い安全性を保持。作業中にモーターの温度上昇で自動的に動作が止まる保護機能もついており、初心者でも安心して利用が可能です。ケガをしにくいブレードを採用し、安全性や機能性を重視しています。

刃先が丸い構造のためくぼみが枝を挟みやすく、剪定作業も快適。充電式タイプなので、誤って電源コードを切断する心配もありません。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 3.26Kg
刈込み幅 350mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 -
重量 3.26Kg
刈込み幅 350mm
全てを見る全てを見る

Makita(マキタ)『充電式生垣バリカン(MUH305DRF)』

超低振動かつ低騒音! 音に気を使わず使用可能

総合電動工具メーカーとして名の知れたMakitaのヘッジトリマー。独自の防振構造で超低振動を実現。なめらかな使い心地となっています。また、不快な体幹ノイズを大幅カットした低騒音仕様ですので、住宅街でも気兼ねなく使用可能。

充電式タイプなので、作業場所を選ばす、電源の心配も不要で、使い勝手は抜群です。軽量で、コンパクトなサイズの商品なので、女性や初心者でも作業が可能です。

動力タイプ バッテリ
ハンドルタイプ ハンディ/
機能 超・低騒音設計、低振動
重量 4Kg
刈込み幅 360mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ バッテリ
ハンドルタイプ ハンディ/
機能 超・低騒音設計、低振動
重量 4Kg
刈込み幅 360mm
全てを見る全てを見る

HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』

HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』
出典:Amazon この商品を見るview item
速度調整で細かい剪定ができる

小型かつ軽量なハンディタイプで、扱いやすいヘッジトリマー。4段階でスピード調節ができます。太めの枝を剪定するときや仕上げの際には低速、細い枝や深い刈込みをおこなう際には高速というように使いわけることが可能。自宅の生垣をより細かく、こだわって剪定できます。

なおかつ前方と手前にハンドルがついているので、操作性にもすぐれています。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 切れ味のよい三面研磨刃、4段階スピード調整
重量 4.1kg(蓄電池装着時)
刈込み幅 560mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ハンディ
機能 切れ味のよい三面研磨刃、4段階スピード調整
重量 4.1kg(蓄電池装着時)
刈込み幅 560mm
全てを見る全てを見る

▼【ロングタイプ】はこちら

まずは、ロングタイプのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』

BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』
出典:Amazon この商品を見るview item
アンチブロッキングシステム搭載で安全性抜群

刈込み幅430mmという長い刃で効率よく剪定作業が可能です。質量3.6kgと比較的軽量。滑りにくいラバーグリップを採用しているので、どんな刈り込み作業の角度でも快適な作業を実現できます。

枝を噛んだ際に負荷を判断しモーターの損傷を防ぐ、ボッシュ社独自のアンチブロッキングシステムを搭載。負荷の状態が継続した場合にはモーターが完全に停止するため、安全性や機能性にすぐれています。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ロング
機能 -
重量 3.36 Kg
刈込み幅 43mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ロング
機能 -
重量 3.36 Kg
刈込み幅 43mm
全てを見る全てを見る

Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』

Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』
出典:Amazon この商品を見るview item
防塵防滴で剪定の不具合を防ぐ

ロングタイプのヘッジトリマーで、高さや奥行きのある生垣でもらくに剪定できます。また特殊コーティングでヤニがつきにくく、拝み刃形状で鋭い切れ味を実現。刃物は上方向に最大45度、下方向に最大70度に移動可能です。6段階で調整して固定できますので、角度のある場所でも剪定できます。

また防塵防滴機能がついているため、突然の雨でも安心。水滴や粉塵の影響を抑えられます。

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ロング
機能 防滴、防じん
重量 8Kg
刈込み幅 500mm
全てを見る全てを見る

動力タイプ 充電
ハンドルタイプ ロング
機能 防滴、防じん
重量 8Kg
刈込み幅 500mm
全てを見る全てを見る

「ヘッジトリマー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』
RYOBI(リョービ) 『ヘッジトリマー(HT-3632)』
YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』
BOSCH(ボッシュ) 『ヘッジトリマー(AHS45-16)』
Makita(マキタ)『エンジンヘッジトリマ(EH6000S)』
KOSHIN(工進)『充電式 ヘッジトリマ(SHT-18N)』
Makita(マキタ)『充電式生垣バリカン(MUH305DRF)』
HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』
BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』
Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』
商品名 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『充電式ヘッジトリマー(JHT530)』 RYOBI(リョービ) 『ヘッジトリマー(HT-3632)』 YAMAZEN(山善)『充電式高枝ガーデンポールソー(LPS-1025)』 BOSCH(ボッシュ) 『ヘッジトリマー(AHS45-16)』 Makita(マキタ)『エンジンヘッジトリマ(EH6000S)』 KOSHIN(工進)『充電式 ヘッジトリマ(SHT-18N)』 Makita(マキタ)『充電式生垣バリカン(MUH305DRF)』 HiKOKI(ハイコーキ)『コードレス植木バリカン(CH3656DA)』 BOSCH(ボッシュ)『18Vコードレスポールヘッジトリマー(UHP18H)』 Makita(マキタ)『充電式ポールヘッジトリマ(MUN500WDRG)』
商品情報
特徴 連続使用40分の充電式ヘッジトリマー 高級刃を採用した高剛性ディンプルブレード 高さの異なる場所も3段階調整可能 420Wのハイパワーモーター搭載タイプ すぐれた操作性で快適な刈込み作業が可能 くぼみが枝をキャッチしてかんたん剪定 超低振動かつ低騒音! 音に気を使わず使用可能 速度調整で細かい剪定ができる アンチブロッキングシステム搭載で安全性抜群 防塵防滴で剪定の不具合を防ぐ
動力タイプ 充電 電源 充電 コード式 エンジン式 充電 バッテリ 充電 充電 充電
ハンドルタイプ ハンディ ハンディ ハンディ ハンディ ハンディ ハンディ ハンディ/ ハンディ ロング ロング
機能 - 低騒音、低振動、軽量 着脱式ポール 420Wのハイパワーモーター搭載 - - 超・低騒音設計、低振動 切れ味のよい三面研磨刃、4段階スピード調整 - 防滴、防じん
重量 3.7 Kg 1.9kg 2kg (着脱ポール3本使用時) 2.6 Kg 4.9kg 3.26Kg 4Kg 4.1kg(蓄電池装着時) 3.36 Kg 8Kg
刈込み幅 530mm 360mm 約20mm 450mm 600mm 350mm 360mm 560mm 43mm 500mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年8月16日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ヘッジトリマーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのヘッジトリマーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ヘッジトリマーランキング
楽天市場:電動芝生バリカンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのガーデニング関連の記事はこちら

最後に|エキスパートのアドバイス

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士:ふじえりこ

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

使い勝手や重さにしっかり注目しよう!

あこがれの田舎暮らしや別荘暮らし、しかし庭や生垣のメンテナンスをプロに依頼するのは思ったよりお金がかかるもの。そこで、スタートしたのがセルフメンテ。ハサミなどではなかなかはかどならい作業も、ヘッジトリマーを使うことでかんたんにおこなうことができます。

価格はもちろん、重量、使い勝手などから自分にあったものを探してみましょう。ヘッジトリマーだけでなく、そのほかの園芸作業ができるものもあります。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button