ナイロン接着剤おすすめ6選|使うシーンに合わせた選び方も解説

ナイロン接着剤おすすめ6選|使うシーンに合わせた選び方も解説

ナイロンは接着が難しい素材ですが、ナイロンに適合した接着剤も発売されています。ただし、ナイロン用接着剤は、それぞれ特徴が異なるので、しっかり接着させるためにも、商品の選び方を知っておきたいところです。この記事では、住まいづくりナビゲーターの神村さゆりさんと編集部が選んだナイロン用接着剤おすすめ6選と、商品選びのポイントについてご紹介します。


目次

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター
神村 さゆり

住宅メーカー、ゼネコン設計部、設計事務所等で約300棟の新築設計実績と現場代理人女性としては希少な現場監督経験を生かしリフォーム物件も約70棟手がける。 住宅や暮らし方、環境整備をテーマに、これまで一般企業研修・公的機関・学校等にて講師としてこれまで述べ5000人以上を指導。 整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト資格認定講師として800名余の資格者を認定。また資格試験対策として二級建築士やインテリアコーディネーターの受験指導も行っている。手描き図面やイラストでのプレゼンにも定評があり、多くの文具を試してきた。 多趣味が高じて醗酵教室や手抜き家事教室を開催し好評を得ている。 子ども3人。A型・獅子座

おすすめ商品の比較一覧表

画像
CEMEDINE(セメダイン)『スーパーX2 クリア(AX-067)』
KONISHI(コニシ)『ボンド MOS8(04975)』
KONISHI(コニシ)『布上手(04981)』
KONISHI(コニシ)『ボンド GPクリヤー(14372)』
CEMEDINE(セメダイン)『スーパーXNo.8008(AX-141)』
KONISHI(コニシ)『サイレックス SLX120(46842)』
商品名 CEMEDINE(セメダイン)『スーパーX2 クリア(AX-067)』 KONISHI(コニシ)『ボンド MOS8(04975)』 KONISHI(コニシ)『布上手(04981)』 KONISHI(コニシ)『ボンド GPクリヤー(14372)』 CEMEDINE(セメダイン)『スーパーXNo.8008(AX-141)』 KONISHI(コニシ)『サイレックス SLX120(46842)』
商品情報
特徴 すぐに接着できる速硬化タイプ 利用範囲の広さが特徴 低温でも硬化する布専用接着剤 使いやすい速乾性 高耐久の万能タイプ 使い方多彩な接着剤
成分 - エポキシ変成シリコーン樹脂 シリル化ウレタン樹脂、水 スチレンブタジエンゴム系溶剤形 アクリル変成シリコーン樹脂 シリル基末端ポリマー
容量 20ml 15gセット 55g 20ml 333ml 120ml
接着できるもの ナイロン、スチロール、アクリル、塩化ビニル、ABS、FRP、ポリカーボネート、各種エンジニアプラスチック、ステンレスなど FRP、ナイロン、シリコーンゴム、ステンレス、アルミ 綿、麻、革、レーヨン、キュプラ、ナイロン、塩化ビニル、ポリエステル、アクリル、羊毛など ポリエチレンシート、ナイロンシート、皮革・ゴム・布・木など 硬質プラスチック、金属、タイル、木、ゴム、皮など ナイロン・ステンレス・FRP・ガラス
耐久温度目安 -40~120℃ - - - -60~120℃ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの¥188 / 本での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

ナイロン用接着剤の選び方

一級建築士の神村さゆりさんに取材をして、ナイロン用接着剤の選び方のポイントを教えていただきました。用途や接着させたいに合わせて選ぶことが大切です。ぜひナイロン用接着剤選びの参考にしてください。

【1】用途に合った種類の接着剤を選ぶ

 

ナイロン用接着剤にはいろいろな種類があるので、そのなかから目的に合った商品を選びましょう。

●ナイロン布の接着に使うなら「弾性系」

ナイロン布の接着には、乾燥後にゴムのような弾力をキープする弾性系の接着剤を使いましょう。ナイロン布は自在に曲げることができるため、金属などを接着する場合と異なり、接着剤に大きな負担がかかります。

固くなるタイプの接着剤を使うと、ナイロン布が動くたびに接着部が力を受けてはがれやすくなるので注意が必要です。

●すぐに接着したいときは「瞬間接着系」

短時間で接着させたいときには、瞬間接着剤を使いましょう。瞬間接着剤のなかには、接着剤を弾かないようにする下地処理剤「プライマー液」とセットでナイロンに対応させている商品があります。

ただし、耐衝撃タイプ以外の接着剤は力がかかるカ所に使うとはがれやすくなるため、ナイロンを接着したいカ所に応じて選ぶようにしましょう。

●固形状のナイロン向け「熱硬化性樹脂系」

メラミン樹脂やエポキシ樹脂などが含まれている接着剤は接着力が強いので、固形状のナイロンを接着したいときに適しています。

主剤と硬化剤を混ぜて使うタイプが多く、2液を混ぜると硬化がはじまります。なお、気温が低いと硬化しにくいという特性があるため、季節や使用する場所の温度に合わせて選んでみてください。

【2】接着する場所や素材に合わせて選ぶ

 

場所や素材に合ってナイロン用の接着剤を選ぶことも肝心です。

●おもちゃなどに使うなら耐久性重視

力が加わるカ所を接着したい場合には、耐久性にすぐれた接着剤を選択しましょう。おもちゃなどには予想以上に力が加わることがあるので、熱硬化性樹脂系の接着剤や弾性系の接着剤を使いたいところです。

「高耐久」となっているナイロン接着剤もあるので、チェックしてみてください。力が加わるカ所に瞬間接着剤を使うと、すぐにはがれてしまう可能性があります。

●水回りで使うなら耐水性を重視

洗面所やキッチン、浴室といった水回りでナイロン接着剤を使いたいときには、耐水性にすぐれているタイプを選びましょう。

硬化したあとでも水に強く、耐薬品性にもすぐれているエポキシ樹脂系の接着剤などがおすすめです。耐水性が高くないナイロン用の接着剤を使うと、水などがかかっただけでもはがれてしまうことがあります。

●火を使う場所や直射日光が当たる場所は耐熱性をチェック

高温になる可能性がある場所での接着には、耐熱性の高い接着剤を使う必要があります。火の近くだけではなく、直射日光が当たるような場所での使用にも、耐熱性にすぐれたタイプを選びましょう。

エポキシ樹脂系の接着剤は80度前後の耐熱性があります。耐久温度目安が記載されているナイロン用の接着剤もあるので要チェックです。

【3】ナイロンと接着させたい素材に合わせる

 

ナイロン同士の接着ではなく、ナイロンとナイロン以外の素材を接着させたい場合は、多目的タイプのナイロン接着剤がおすすめです。ただし、多目的だからといって、すべての素材に対応しているわけではありません。

多目的接着剤を購入する場ときには、その接着剤が適応している素材の種類を事前に確認しておきましょう。

難接着材料は接着しにくいので、事前に表記の確認を 住まいづくりナビゲーターがアドバイス

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

熱硬化性樹脂や熱可塑性の結晶性プラスチックは、難接着材料といって接着しにくいものが多くあります。ナイロンもそのうちのひとつで、買った後で使えないことがわかって後悔したという話は意外と多いです。

ですから使用するときは「ナイロン対応」の表記を確認します。

ナイロン接着剤おすすめ6選 用途や素材に合ったものを選ぼう!

CEMEDINE(セメダイン)『スーパーX2 クリア(AX-067)』

セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067 セメダイン超多用途接着剤スーパーX2クリアP20mlAX-067

出典:Amazon

すぐに接着できる速硬化タイプ

ナイロンだけでなく、おもちゃの補修やアクセサリーの組立てなど、さまざまなシーンで活用できる接着剤です。耐久温度がマイナス40度から120度と幅広いので、熱や水に強いという特徴もあります。

硬化後の肉やせがない溶剤を使っていないの速硬化タイプなので、素早く接着させたいときにぴったり。もちろん、屋外での使用も可能です。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

セメダイン『スーパーX2 クリア』は2面に塗布する速硬化タイプです。作業性がいいので愛用者も多いです。

KONISHI(コニシ)『ボンド MOS8(04975)』

コニシ/コニシMOS8弾性エポキシ接着剤15gセット【4975】(3748243)[その他]

出典:Amazon

利用範囲の広さが特徴

ナイロンやガラス、工業用ゴムなどに使える接着剤です。硬化後も弾力性がキープされるため、耐振動性にもすぐれています。凹凸面にも使える利用範囲の広さも特徴です。

耐熱や耐寒、耐久性も高いので、熱や寒さに影響されるカ所に接着剤を使いたいという方もチェックしてみてください。なお、こちらの商品は主剤と硬化剤を使う2液タイプとなっています。

住まいづくりナビゲーター/一級建築士・インテリアコーディネーター

コニシ『ボンド MOS8』は2液性ですので、必要なだけ使うことができます。ただ、混合していないからといって永久に品質が保てるかというとそうではないので、やはり開封後は早めに使い切りましょう。

KONISHI(コニシ)『布上手(04981)』

コニシボンド布上手布専用接着剤 コニシボンド布上手布専用接着剤 コニシボンド布上手布専用接着剤

出典:Amazon

低温でも硬化する布専用接着剤

低温時でもかんたんに硬化して接着力を発揮する布専用の接着剤です。ナイロンやレーヨン、羊毛などに使うことができます。

透明タイプなので布の風合いを損ないにくく、洗濯やドライクリーニングにも対応可能です。布製品の裾上げや手芸用の接着剤としても使えます。利便性にすぐれた細口ノズルがついているのもうれしいポイントです。

KONISHI(コニシ)『ボンド GPクリヤー(14372)』

コニシボンドGPクリヤー20ml コニシボンドGPクリヤー20ml コニシボンドGPクリヤー20ml

出典:楽天市場

使いやすい速乾性

こちらの商品はプラスチック用となっていますが、ナイロンシートやゴム、布、木材などの接着にも使えます。また、プライマーなしでポリプロピレンを接着することも可能です。

接着部が目立たない透明タイプなので、ナイロンなどの接着だけではなく、各種補修にも役立つでしょう。初心者の方でも使いやすい、仮止め不要の速乾性タイプです。

CEMEDINE(セメダイン)『スーパーXNo.8008(AX-141)』

セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141 セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141 セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141 セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141 セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141 セメダインスーパーX8008クリア333mlAX-141

出典:Amazon

高耐久の万能タイプ

ナイロンのほか、金属やセラミックも接着できる万能タイプの接着剤です。無溶剤、粘着接着、弾性接着という3つの特徴を備えています。

耐久力を必要とする場所にも対応できるので、自宅などに1本用意しておけばナイロンの接着以外にもさまざまなシーンで役立つでしょう。常温でもすぐに硬化するので、使いやすさにもすぐれています。

KONISHI(コニシ)『サイレックス SLX120(46842)』

コニシサイレックス(箱)SLX120120mlクリヤー#46842

出典:Amazon

使い方多彩な接着剤

ナイロンやステンレス、ガラスなどにも使える多用途接着剤です。耐熱と耐寒性にすぐれているので屋内外を問わず利用できるうえ、凸凹面や水まわりの接着も可能です。

膨張係数が異なる硬質材同士を接着することもできます。クリヤーのほかにホワイトも用意されているので、接着剤を使う場所に合わせて選んでみてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ナイロン接着剤の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのナイロン接着剤の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:接着剤ランキング
楽天市場:接着剤ランキング
Yahoo!ショッピング:接着剤ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ナイロンをうまく接着させる方法をご紹介 くっつかないイライラを解消!

文房具類
Pixabayのロゴ

油分のせいで接着できない

プラスチックは表面の油が接着剤の接着力を下げるため、なかなかうまく接着させることができません。ナイロンもプラスチックの仲間なので、この油分のせいで接着が難しいとされています。

ナイロンに適合している接着剤を選ばなければうまく接着できず、仮に接着できたとしても、かんたんはがれてしまうので注意しましょう。

プラスチックは事前処理が必要

接着剤を使う前に、下処理をするとスムーズに接着することができます。とくにナイロンを接着する場合には、離型剤の処理をしてみましょう。

サンドペーパーで削ったり、ベンジンなどの溶剤で処理をしたりするのもいいでしょう。ただし、ナイロンの種類によっては溶剤がダメージを与えてしまう可能性もあるので、事前に確認してください。

まとめ

ナイロン用接着剤にも、さまざまな種目があるので、用途に合った成分や特徴のある商品を選びましょう。なお、ナイロンはプラスチックの一種ですが、プラスチック用の接着剤でもナイロンに対応していないタイプがあるので注意が必要です。

各商品の耐久温度目安や適合している素材のチェックも欠かさないようにしましょう。今回紹介したナイロン接着剤と商品の選び方を参考にしながら、使う目的に合った商品を選んでみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


プラズマ切断機おすすめ11選│100VのDIYモデルから200Vの作業用まで

プラズマ切断機おすすめ11選│100VのDIYモデルから200Vの作業用まで

本記事では、ガーデニング研究家のはたあきひろさんへの取材のもと、プラズマ切断機についての基礎知識や選ぶ上での注意点、そして100VのDIYモデルから200Vの作業用まで幅広いおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてください。

tag icon 作業用品 , 生活家電 , DIY

レンチソケットセットのおすすめ11選|差し込み角やソケットのサイズ・形状で選ぶ

レンチソケットセットのおすすめ11選|差し込み角やソケットのサイズ・形状で選ぶ

さまざまなサイズのナットに対応できる、便利なレンチソケットセット。幅広い用途に使えるので、ひとつ持っていると便利ですよね。本記事では、レンチソケットセットについて、選び方やおすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon レンチ・スパナ , 工具 , 作業用品

塗装マスキングテープおすすめ12選|剥がしやすく、手で切れるタイプも!

塗装マスキングテープおすすめ12選|剥がしやすく、手で切れるタイプも!

塗装やシーリング作業に欠かせない、養生テープとも呼ばれるマスキングテープ。もともとアメリカで車の塗装用に開発された保護用の粘着テープは、日本で和紙を基剤としたものが製品化され世界に広がりました。目盛り付きアイテムなど、DIYで大きく活躍してくれます。この記事では、住まいづくりナビゲーター・神村さゆりさんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。

tag icon プラモデル , 住宅資材 , 塗料・塗装用品

防振手袋おすすめ11選|素材・サイズ・耐久性で選ぶ!【カミキやアトムなど】

防振手袋おすすめ11選|素材・サイズ・耐久性で選ぶ!【カミキやアトムなど】

芝刈り機やチェーンソーなど電動工具の振動による手や腕への負担を減らしてくれる防振手袋。ゴム製、革製など使われている素材、半指タイプ、メッシュタイプなどデザインも豊富にあります。本記事では、選び方とカミキやアトムなどのおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 作業用手袋 , 作業用品 , 日用品

マグネットシートおすすめ13選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートおすすめ13選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートは、磁力が超強力なタイプから弱いタイプまで、シートの裏に粘着シートがついているタイプとついていないタイプなど、タイプがいろいろあり、使い分けると活用方法はかなり広がります。一般的には、ホワイトボードタイプを使用することが多いですが、マグネットシートを活用して車に貼り、動く広告にしたり、屋内外での店舗広告などにも利用することができます。また、磁力が強力なものは、車にデザインとして貼るのも楽しいですね。本記事では、マグネットシートの選び方やおすすめ商品をご紹介。さまざまなタイプのシートを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 文具 , DIY

関連するタグ


DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。