DIYジャッキおすすめ13選│車のタイヤ交換も油圧式なら自宅でかんたん!

DIYジャッキおすすめ13選│車のタイヤ交換も油圧式なら自宅でかんたん!
空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。 【すわろチャンネル】 <a href="http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる" target="_blank">http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる</a>

自動車のタイヤ交換やメンテナンスなどのDIYにあると便利な油圧式ジャッキ。油圧の力でらくに車体を持ち上げられます。油圧式ジャッキがあれば、自宅でかんたんな車の整備が可能です。しかし、DIYジャッキを使った作業は一歩間違えれば事故につながるおそれもあり、慎重に選びたいものです。そこで今回は、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだDIYジャッキのおすすめ商品を紹介します!


DIY用ジャッキの選び方 DIYクリエイターに取材

Photo by Arseny Togulev on Unsplash

ジャッキは自動車のタイヤ交換などの際に、車体を持ち上げて支えるために使う道具です。DIY用に便利なのが油圧式ジャッキ。車に標準装備されているパンタグラフジャッキはハンドルを回してジャッキアップするため時間がかかりたいへんですが、油圧式ジャッキは油圧を介することでらくに車体を持ち上げることができます

エアー式に比べるとパワーは劣りますが、手軽に使えて車のDIYにひとつは持っておきたいアイテムです。DIYジャッキのおすすめ商品を紹介する前に、自分に合った商品をみつけるための選び方のポイントを確認していきましょう!

DIY用油圧式ジャッキの種類と特徴をチェック

自動車のタイヤ交換やメンテナンスに使われるジャッキにはいくつか種類がありますが、DIY用に使うなら油圧式の「シザーズジャッキ」と「フロアジャッキ」が適しています

それぞれの特徴をチェックして目的に合った使いやすいタイプを選びましょう。

シザーズジャッキ(油圧式パンタグラフジャッキ)

シザーズジャッキは、車載ジャッキとおなじようなひし形のコンパクトなジャッキです。油圧の力を利用することから「油圧式パンタグラフジャッキ」とも呼ばれます。レバーを上下させることで軽い力で車体を持ち上げることができます。

シザーズジャッキはコンパクトで軽いのが魅力で、らくに持ち運ぶことができます。収納ケースつきの商品も多いため、手でくるくる回す車載パンタグラフジャッキの代わりに車に載せておくのにもぴったり。

ただし、耐荷重量は低めなので、大型車に使うには不向きです。購入前に最大どれだけの重さを支えられるかをしっかりチェックしておく必要があります。

フロアジャッキ(ガレージジャッキ)

フロアジャッキは別名「ガレージジャッキ」とも呼ばれ、ガレージなどに保管して使うのが一般的です。シザーズジャッキよりも耐荷重量が高く、耐久性にもすぐれた大きめタイプで、大型のSUVやミニバンなども持ち上げることができます。

油圧の力を利用して、レバーを上下しながらジャッキアップするのはおなじですが、車の前、または後ろの2つのタイヤを同時に持ち上げることができ、より安定した作業が可能です。一般的に大型で重量もあるため車載には不向きですが、なかには車に積める比較的小型で軽量なタイプも売られています。

ダブルピストン搭載ならより作業がスムーズ

より少ない労力でジャッキアップしたいなら、ダブルピストンを搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。少ない回数のレバー操作で車体を持ち上げることができ、スムーズに作業が進みます。

力のいる作業がつらいと感じるひとや、ジャッキを頻繁に使用する予定があるひとは、ダブルピストン搭載のものも検討してみるといいですよ!

持ち上げられる低さ・高さを確認

DIYジャッキを選ぶときは、商品説明に表示されている「最低位」と「最高位」をきちんと確認する必要があります。どれだけ低床の車にまで対応できるかを判断する値が「最低位」。

DIYジャッキは車体の下に差し込んでから使うため、ジャッキの最低位より車高が低い車には使うことができません。とくにスポーツカーなどの車高の低い車に乗っている場合は、ローダウン車用のジャッキなど最低位の低いジャッキを選ぶ必要があります。

また、最高位とは持ち上げられる最高の高さのこと。タイヤがしっかり持ち上がらないと、作業がしずらいため、高く持ち上げられるほうが作業効率もアップしますよ。

持ち上げられる最大荷重も確認

最大荷重とはDIYジャッキが持ち上げられる重さを表します。ジャッキでは車体全体を持ち上げるわけではないため、最大荷重と車両の重さはイコールではありませんが、どのくらいの重さの車に使えるかの目安になります。

車両の重量がわからないときは、自動車検査証を確認してからジャッキを購入するようにするといいでしょう。最大荷重は余裕をもって選ぶのがポイントです。たとえば、2tの車に使用するなら3tまで耐えられるのものを選ぶほうが安全性も作業効率もアップしますよ。

ただし、シザーズジャッキの場合は1輪ずつ持ち上げるため最大荷重が1t以下でも乗用車タイプなら充分カバーできるので安心してくださいね。

本体の重量もチェック

ジャッキのなかには本体重量が30kgを超えるものもあります。とくに車に載せたり持ち運んで使う場合は重量の軽いものを選ぶ必要があります。持ち運ばない場合でも使い勝手に影響してくるため、本体の重量も確認しておきましょう。

頑丈でリーズナブルな鉄製のものは、一般的にずっしりとした重量のものが多くなります。軽量で高性能なアルミ製のジャッキなどもあるので、重さが気になるひとは検討してみるといいですね。

安全性は必須条件! 性能はしっかりと確認しよう

ジャッキ選びでは安全性の高さは譲れないポイントです。安価な輸入品のなかには、最大荷重が表示よりも低いものなど粗悪品もあるようなので注意しましょう。

性能をしっかり確認して安全に使えるものを選ぶようにするといいですね。

時間も力もかからないものをチョイス DIYクリエイターからのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

DIYジャッキは、重たいものを持ち上げて作業をする為の工具ですが、その本体の大きさや、持ち上げる方式などもさまざま。どんなものを持ち上げるのか、どんな用途で必要なのかに合わせて選択するといいでしょう。

持ち上げ可能最大重量はしっかりチェックしておきましょう。時間がかからず、あまり力のいらないタイプをおすすめします。

DIYジャッキ|シザーズジャッキのおすすめ5選 DIYクリエイターと編集部が選ぶ

シザーズジャッキのおすすめ商品を紹介します。油圧式で車載のパンタグラフジャッキよりらくに作業ができます。コンパクトなので、たまにしか使わないというひとにはぴったりですよ。

気になる商品を見つけてみてくださいね!

空間デザイン・DIYクリエイター

ニューレイトン『エマーソン スピーディジャッキ2(EM-507)』は2tまで持ち上げることができるパワーのあるジャッキです。油圧式でらくらく持ち上げることができ、スピーディーに作業を進めることができるでしょう。

車のタイヤ交換などにもおすすめです。重いものを持ち上げるなら、これくらいの重量対応になっていると安心です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ニューレイトン『エマーソン スピーディジャッキ2(EM-507)』

ニューレイトン『エマーソンスピーディジャッキ2(EM-507)』

出典:楽天市場

種類 シザーズジャッキ
重量 約9.5kg
最低位 約145mm
最高位 約385mm、アジャスターサドル使用時:約445mm
最大荷重 約2.0t

2.0t対応のパワフルなシザーズジャッキ

「最大荷重が低いタイプはちょっと心配」というひとには、最大2.0tまで持ち上げることができるパワフルなシザーズジャッキがおすすめ。軽自動車から大型車乗用車まで幅広く対応でき、付属のアジャスターサドルを使用すれば車高の高い車にも使用できます

エマーソンは1980年創業の国内企業ニューレイトンのブランド。商品の安全性を大切にする社風の歴史あるメーカーの製品なら、安心して使うことができそうですね。

大橋産業『BAL オイルパンタグラフジャッキ(1376)』

大橋産業『BALオイルパンタグラフジャッキ(1376)』 大橋産業『BALオイルパンタグラフジャッキ(1376)』 大橋産業『BALオイルパンタグラフジャッキ(1376)』 大橋産業『BALオイルパンタグラフジャッキ(1376)』

出典:Amazon

種類 シザーズジャッキ
重量 約6.6kg
最低位 約140mm
最高位 約380mm
最大荷重 約1.0t

安全性を追求したアイテムがリーズナブル!

リーズナブルな価格ながら、安全性を追求したコスパのいいアイテムです。ジャッキのサドルは一体型で安定感あるつくり。フレーム部分にもストッパーがついていて、安全に使用できるよう配慮されたデザインになっています。

最大荷重は1.0t。タイヤを1輪ずつ上げていくため1.0tでもほとんどの普通乗用車には対応できます。万が一最大荷重を超えていても、オーバーロードバルブがついているため油圧が抜けて持ち上がらないようになっていて、安心して使用できますよ。

大自工業『Meltec 1t油圧パンタジャッキ コンパクトα(FA-60)』

大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』 大自工業『Meltec1t油圧パンタジャッキコンパクトα(FA-60)』

出典:Amazon

種類 シザーズジャッキ
重量 約6.8kg
最低位 約144mm
最高位 約383mm
最大荷重 約1.0t

愛車をキズから守るジャッキアタッチメントつき

サイドジャッキアップ専用のシザーズジャッキです。ジャッキアップ位置をキズから保護するジャッキアタッチメントが標準セットされているので、タイヤ交換などを自分で行なうとキズをつけてしまわないか心配というひとでも気兼ねなく使用できますよ。

最大荷重は1.0tで軽自動車から中型乗用車、ミニバンにもぴったりなアイテムです。

マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』

マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』

出典:Amazon

種類 シザーズジャッキ
重量 約5.9kg
最低位 約121mm
最高位 約381mm
最大荷重 約0.85t

JAFでも使われる確かな高品質

自動車用油圧ジャッキ専門の日本メーカー、マサダ製作所のシザーズジャッキです。最大荷重は0.85tとやや低めですが、比較的軽量でケースもついてくるため、標準装備のパンタグラフジャッキの代わりに車に載せておくのにはぴったりなアイテム。

緊急時でも油圧の力でらくにジャッキアップできます。JAFロードサービスでも使用される確かな品質の製品。安心して使うことができますね。

マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』

マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』

出典:Amazon

種類 シザーズジャッキ
重量 約6.3kg
最低位 約121mm
最高位 約381mm
最大荷重 約1.0t

軽い力で操作できる伸縮式スライドハンドル!

先ほど紹介したマサダ製作所の『シザーズジャッキ(MSJ-850)』だと最大荷重が低いのが気になるというひとには、こちらの商品がおすすめ。最大1.0tまで対応できるモデルで、より重量のある車両にも使用できます。

また、このモデルは2段伸縮式のスライドハンドルを採用していて、ハンドルが長い分テコの原理でより軽い力でジャッキアップすることができますよ

DIYジャッキ|フロアジャッキのおすすめ8選 DIYクリエイターと編集部が選ぶ

ここからは、フロアジャッキのおすすめの商品をご紹介します。作業の安定性を求めるひとにはフロアジャッキがおすすめ!

前または後ろのタイヤ2輪ずつを同時に上げて作業ができ、重い車も持ち上げられて、耐久性にもすぐれています。

空間デザイン・DIYクリエイター

大橋産業『BAL 油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』は油圧式のフロアジャッキになります。こちらの商品の最大の魅力は低価格、そして本体の重量が軽いこと。持ち運びを頻繁にするのであれば、本体の軽さが重要です。気軽に使用するならこちらの商品をオススメいたします。

大自工業『Meltec 3t油圧ジャッキ スーパーハイリフト(FA-31)』は持ち上げ最大重量3tまで、そして持ち上げ最高位がなんと地上530mmまでと、ほかと比べてもかなりパワフルな商品です。大型車両のジャッキアップを検討している方におすすめな商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

大橋産業『BAL 油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』

大橋産業『BAL油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』 大橋産業『BAL油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』 大橋産業『BAL油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』 大橋産業『BAL油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』 大橋産業『BAL油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約9.0kg
最低位 約135mm
最高位 約385mm
最大荷重 約2.0t

気軽に買えるリーズナブルアイテム!

リーズナブルな価格が魅力のフロアジャッキです。コストパフォーマンスがよく、ジャッキを使うのがはじめてというひとでも気軽に購入して挑戦できますね! シーズンごとのタイヤ交換も、自分でやればグンと節約になりますよ。

本体重量も約9.0kgと軽めで持ち運びにも便利です。物置などにしまう際も苦労せず持ち上げることができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

大自工業『Meltec 3t油圧ジャッキ スーパーハイリフト(FA-31)』

大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec3t油圧ジャッキスーパーハイリフト(FA-31)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約18kg
最低位 約148mm
最高位 約530mm
最大荷重 約3.0t

最高位530mm! 抜群の高さで作業もスムーズ

地上530mmまで高々と車体を持ち上げられるハイリフトモデルです。SUVや4WDなどの車高が高い車種でもしっかりタイヤを浮かせることができ、抜群の高さで作業もスムーズ!

3.0tタイプで大型車種もかんたんに持ち上がるパワフルな製品ですが、価格もリーズナブルなので軽自動車から大型車まで幅広くおすすめしたいアイテムです。

メルテックはカー用品を製造販売する国内メーカー大自工業株式会社のプライベートブランド。フロアジャッキではメジャーなブランドです。1年保証もつくので安心して使用することができますね!

大自工業『Meltec 2t油圧ジャッキ ローダウン(FA-24)』

大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』 大自工業『Meltec2t油圧ジャッキローダウン(FA-24)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約11kg
最低位 約85mm、付属サドル使用時:約115mm
最高位 約335mm、付属サドル使用時:約365mm
最大荷重 約2.0t

最低位85mm! ローダウン車にぴったり

ローダウン車のジャッキアップにぴったりな1台です。最低位は85mmで車高の低い車の下にも無理なく差し込むことができます

最高位は335mmですが、付属のサドルを使用すれば365mmまで持ち上げることができるため、ローダウン車と一般的な車高の車の2台を所有している場合でも快適に使用することができます。

最大荷重は2.0tまでですが、別売りジャッキアタッチメントを取りつけてサイドからジャッキアップすれば中型乗用車やミニバンにも対応可能。幅広く活用できる頼もしいジャッキです。

マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』

マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』 マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』 マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』

出典:楽天市場

種類 フロアジャッキ
重量 約10.7kg
最低位 約79mm
最高位 約379mm
最大荷重 約1.5t

軽量アルミ製で持ち運びに便利!

フロアジャッキを持ち運んで使いたいひとには、アルミ製で軽量なこちらのジャッキがおすすめ。10.7kgと比較的軽量でらくに持ち運べます

車載のパンタグラフジャッキでは安定感がなく不安と感じるひとは、こちらのアルミ製のジャッキを代わりに積んでおけば万が一のパンクのときも快適に作業ができますよ。

最低位は79mmで車高の低い車や、ジャッキアップポイントが奥まったところにある車にもぴったりです。

ニューレイトン『エマーソン ハイパワージャッキ 3t(EM-517)』

ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』 ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』 ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』 ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』 ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』 ニューレイトン『エマーソンハイパワージャッキ3t(EM-517)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約16.0kg
最低位 約168mm、アダプター使用時:約258mm
最高位 約468mm、アダプター使用時:約558mm
最大荷重 約3.0t

安心のSGマークつき

こちらは3.0tの重さに耐えられるフロアジャッキ。製品安全協会の定めた安全基準をクリアしたSGマークつきのアイテムで、重量のある大型車のジャッキアップにも安心して使用することができますね。

最大468mmの高さまで車体を持ち上げられますが、付属のアダプターを使用すれば90mmアップの558mmまでジャッキアップが可能です。しっかり持ち上げて効率的に作業がしたいというひとにおすすめの1台です。

WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』

WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約33kg
最低位 約75mm
最高位 約500mm
最大荷重 約3.0t

ダブルピストン搭載でスピーディ!

スピーディに作業がしたいというひとにおすすめの、ダブルピストン搭載のモデルです。一度のストロークでより高く車体を持ち上げることができるので、あっという間にジャッキアップが完了し、タイヤ交換やメンテナンスなどの作業にとりかかることができますよ。

3.0t対応の大型タイプでずっしりとした重みがありますが、4輪キャスターつきで移動はスムーズ。ネジとボルトを外せばかんたんに分解できコンパクトに収まるので、収納場所にも困りません。

WEIWEIホールディングス『フロアジャッキ(CDC002BL)』

WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整 WEIMALLガレージジャッキ3tフロアジャッキジャッキ油圧ハイパワー軽量コンパクト高さ調整

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約16kg
最低位 約190mm
最高位 約465mm、サドル調整:約515mm
最大荷重 約3.0t

強度重視の鉄製アイテムだけど軽い!

強度重視のひと向けの、高耐久な鉄製のフロアジャッキです。限られた作業スペースでも使用できるよう全長約600mmのコンパクトな設計で、重量も約16kgと軽め。重くなりがちな鉄製アイテムですが、これなら持ち運びにもさほど苦労しません。

サドルは高さ調整することができるため、最高位515mmまでジャッキアップが可能です。低床の車種には使用できませんが、軽自動車からSUVまで幅広く使える1台です。

アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』

アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』 アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』 アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』 アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』 アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』

出典:Amazon

種類 フロアジャッキ
重量 約26.4kg
最低位 約101.6mm
最高位 約470mm
最大荷重 約3t

軽量さと耐久性を兼ねそろえたハイブリット素材!

スチールとアルミのハイブリッド素材を使用した、軽量さと耐久性を兼ねそろえたアイテムです。オールステンレスだと30kgを超えるものも多くなりますが、アルミを併用することで約26kgと比較的扱いやすい重量に作られています。

ダブルピストンと強力なシリンダーで、約6回のストロークで最高位まで車体を持ち上げることができる快適な操作性! 一度使用したらもうほかのアイテムには戻れないかもしれません。

「DIYジャッキ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ニューレイトン『エマーソン スピーディジャッキ2(EM-507)』
大橋産業『BAL オイルパンタグラフジャッキ(1376)』
大自工業『Meltec 1t油圧パンタジャッキ コンパクトα(FA-60)』
マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』
マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』
大橋産業『BAL 油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』
大自工業『Meltec 3t油圧ジャッキ スーパーハイリフト(FA-31)』
大自工業『Meltec 2t油圧ジャッキ ローダウン(FA-24)』
マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』
ニューレイトン『エマーソン ハイパワージャッキ 3t(EM-517)』
WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』
WEIWEIホールディングス『フロアジャッキ(CDC002BL)』
アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』
商品名 ニューレイトン『エマーソン スピーディジャッキ2(EM-507)』 大橋産業『BAL オイルパンタグラフジャッキ(1376)』 大自工業『Meltec 1t油圧パンタジャッキ コンパクトα(FA-60)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ-850)』 マサダ製作所『シザースジャッキ(MSJ1000S)』 大橋産業『BAL 油圧式フロアジャッキ2トン(1336)』 大自工業『Meltec 3t油圧ジャッキ スーパーハイリフト(FA-31)』 大自工業『Meltec 2t油圧ジャッキ ローダウン(FA-24)』 マサダ製作所『アルミジャッキ(SJ-15AL)』 ニューレイトン『エマーソン ハイパワージャッキ 3t(EM-517)』 WEIWEIホールディングス『ローダウンジャッキ(SJW300B)』 WEIWEIホールディングス『フロアジャッキ(CDC002BL)』 アルカン『ハイブリッドジャッキ(HJ3000JP)』
商品情報
特徴 2.0t対応のパワフルなシザーズジャッキ 安全性を追求したアイテムがリーズナブル! 愛車をキズから守るジャッキアタッチメントつき JAFでも使われる確かな高品質 軽い力で操作できる伸縮式スライドハンドル! 気軽に買えるリーズナブルアイテム! 最高位530mm! 抜群の高さで作業もスムーズ 最低位85mm! ローダウン車にぴったり 軽量アルミ製で持ち運びに便利! 安心のSGマークつき ダブルピストン搭載でスピーディ! 強度重視の鉄製アイテムだけど軽い! 軽量さと耐久性を兼ねそろえたハイブリット素材!
種類 シザーズジャッキ シザーズジャッキ シザーズジャッキ シザーズジャッキ シザーズジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ フロアジャッキ
重量 約9.5kg 約6.6kg 約6.8kg 約5.9kg 約6.3kg 約9.0kg 約18kg 約11kg 約10.7kg 約16.0kg 約33kg 約16kg 約26.4kg
最低位 約145mm 約140mm 約144mm 約121mm 約121mm 約135mm 約148mm 約85mm、付属サドル使用時:約115mm 約79mm 約168mm、アダプター使用時:約258mm 約75mm 約190mm 約101.6mm
最高位 約385mm、アジャスターサドル使用時:約445mm 約380mm 約383mm 約381mm 約381mm 約385mm 約530mm 約335mm、付属サドル使用時:約365mm 約379mm 約468mm、アダプター使用時:約558mm 約500mm 約465mm、サドル調整:約515mm 約470mm
最大荷重 約2.0t 約1.0t 約1.0t 約0.85t 約1.0t 約2.0t 約3.0t 約2.0t 約1.5t 約3.0t 約3.0t 約3.0t 約3t
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする DIYジャッキの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのDIYジャッキの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車用ジャッキランキング
楽天市場:ジャッキランキング
Yahoo!ショッピング:ジャッキランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】工具関連アイテムも要チェック

空間デザイン・DIYクリエイターである網田真希さんへの取材のもと、レンチのおすすめと選び方をご紹介します。工具箱のなかには必ずといっていいほど入っているレンチ。車やロードバイクのメンテナンス、家具の修理などさまざまな用途に使用できてとても便利です。本記事では、レンチの選び方から注目の商品までご...

DIYアドバイザーである野口 僚さんへの取材をもとに、おすすめのクランプと選び方のポイントをご紹介します。DIYで木材などの材料を固定するクランプ。切断するときのビビリやズレを解消できたり、接着するとき材料を押さえたりと、活躍する機会の多いアイテムです。CクランプやFクランプなどの形状や固定方...

一級建築士が選ぶトルクスドライバーセット5選をご紹介します。「トルクス」は登録商標で、一般名称としてはヘクサロビュラー・インターナル、ヘックスローブなどと呼ばれています(※)。このドライバーが使用される場面やネジの特徴について、住まいづくりナビゲーターで一級建築士/インテリアコーディネーターの...

タイヤ交換などで便利なクロスレンチ。折りたたみできたり、取り外しできたりなど、収納場所という問題をクリアした商品も意外とあったりします。両手で力を加えられるので、ラクにナットをゆるめたり締めたりでき、使い方もかんたんです。サイズを変えれば、軽自動車からトラックまで使用可能です。本記事では、住ま...

本記事では、住まいづくりナビゲーターの神村さゆりさんへの取材をもとに、圧着ペンチの選び方と使い方、おすすめ商品5選をご紹介します。圧着ペンチは、電気工事、電気関係の配線・結線を行なうための工具です。配線のカットからボルトの切断、被覆(ひふく)剥ぎとさまざまな作業が、圧着ペンチ1本で可能になりま...

必要に応じてジャッキスタンドの購入の検討を

タイヤ交換や車の整備など、本格的な作業をする際にはジャッキスタンドを使用します。ジャッキのみだと不安定なため、安心かつ安全な作業をする際には必要に。

いずれ本格的な整備をする予定がある方は、不慮の事故を防ぐためにも準備しておいていいかもしれません。

まとめ

今回はDIYジャッキの13商品をご紹介しました。

DIY用油圧式ジャッキを選ぶときは、持ち上げられる低さ・高さと最大荷重は重要なチェック項目。適合しないと使用できないため注意してくださいね。また、安全性の高さは必須です。 品質がいい信頼できるアイテムを選びましょう。

あなたがほしいDIYジャッキを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/07/27 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メジャー・巻尺のおすすめ5選|測定できる長さ、用途、素材をチェック

メジャー・巻尺のおすすめ5選|測定できる長さ、用途、素材をチェック

手芸や裁縫、デッキ作りなど木工作品のDIYなどでサイズを計測するときに欠かせない工具といえば、メジャーや巻尺。洋服を採寸しつくるときは曲線を測ることのできる洋裁メジャーが、建築現場で長い空間を測るときはコンベックスと呼ばれるメジャーが活躍します。この記事では、DIYクリエイターの網田真希さんに聞いた、メジャー・巻尺の選び方とおすすめ5選をご紹介します。


ミニルーターのおすすめ6選! DIYアドバイザーが選び方・使い方を解説

ミニルーターのおすすめ6選! DIYアドバイザーが選び方・使い方を解説

サイズや形の違うビット(先端工具)を付けた先端部分を回転させ、研磨や切断・磨きなどを行う工具「ミニルーター」。PROXXON(プロクソン)やDremel(ドレメル) など、さまざまなメーカーから販売されています。DIY初心者は、製品選びのポイントや使い方などわからない人が多いのではないでしょうか。そこで本記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さんに、ミニルーターの選び方とおすすめ商品を伺ったので紹介します。DIYによく使うアイテムなのでぜひ参考にしてみてください。


溶接めがねおすすめ5選&選び方|【アーク溶接・ガス溶接】厳選!

溶接めがねおすすめ5選&選び方|【アーク溶接・ガス溶接】厳選!

溶接をする際に発生する強い光や熱から目を保護する「溶接めがね」。DIYや仕事などで溶接作業をする方は、自分の身を守るためにもぜひ持っておきたいアイテムです。ここでは、芸術大学教員でありDIYアドバイザーでもある野口 僚さんと編集部が選んだ溶接めがねのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


マグネットシートおすすめ5選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートおすすめ5選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートは、磁力が超強力なタイプから弱いタイプまで、シートの裏に粘着シートがついているタイプとついていないタイプなど、タイプがいろいろあり、使い分けると活用方法はかなり広がります。一般的には、ホワイトボードタイプを使用することが多いですが、マグネットシートを活用して車に貼り、動く広告にしたり、屋内外での店舗広告などにも利用することができます。また、磁力が強力なものは、車にデザインとして貼るのも楽しいですね。この記事では、DIYアドバイザーの鈴木ひろ子さんにお話をうかがい、おすすめのマグネットシートと選び方を紹介していきます。


水平器のおすすめ商品7選! DIYに最適、気泡・デジタルなどタイプ別に紹介

水平器のおすすめ商品7選! DIYに最適、気泡・デジタルなどタイプ別に紹介

建物と地面が水平かどうかを確認するための道具として使う「水平器」。土木、建築、測量などの分野からDIYまで幅広いニーズがあります。気泡タイプやデジタルタイプ、レーザータイプなど種類もさまざま。最近ではスマートフォンでも水平器アプリがありますが、実物があると安心感も増えますよね。液晶画面のバックライト付きやマグネット付きなど、種類もいろいろあるので、どれが現場や用途に合う水平器なのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、空間デザイン・DIYクリエイターである網田真希さんへの取材をもとに、水平器の選び方とおすすめ商品を紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る