【1万円以下!】DIY初心者向けディスクグラインダーのおすすめ11選│マキタ・リョービも

【1万円以下!】DIY初心者向けディスクグラインダーのおすすめ11選│マキタ・リョービも
芸術大学教員/DIYアドバイザー
野口 僚

徳島県の家具メーカーにて木製家具の製造に携わり、機械加工、仕上げ、組み立て、塗装など木工全般と家具製造ノウハウを培いました。 その後東京では業界新業態の体験型DIYショップで店長として勤務。店頭ではお客様の相談に乗りつつ、一人一人にぴったりのDIY用品を提案してきました。 同時にDIYレッスンの企画と講師を行い、日本のDIY文化発展のために努めてきました。 現在は大学のデザイン学部の助手として大学内工房に在中し、 学生に対しデザインやモノづくりの手法などを主に教えています。

金属などの加工に使う電動工具「ディスクグラインダー」。高性能な高額商品もありますが、DIY初心者が使うなら「1万円以下」で買えるアイテムでも充分製作を楽しめます。この記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さん監修のもと、DIY初心者におすすめの1万円以下で買えるディスクグラインダーをご紹介!通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね!


ディスクグラインダーとは? DIYがもっと楽しくなる!

ディスクグラインダーで鉄を研磨する人
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ディスクグラインダーの特徴を見ていきましょう。

ディスクグラインダーとは、先端に円盤状の砥石(といし)がついた電動工具のこと。砥石を高速回転させることで切断・研削・研磨などの加工を行ないます。

先端に取りつける砥石はさまざまな種類が売られていて、付け替えれば1台で多用途に使える便利なアイテムです。DIY初心者も、ディスクグラインダーがあればいろいろなものが作れてDIYがますます楽しくなりますよ!

ディスクグラインダーでどんなことができる?

ディスクグラインダーを使えば、金属やレンガ、コンクリートなどのかたい素材も電気の力でパワフルに加工できます。砥石を付け替えることで、素材のカットだけでなく、金属のバリ取りやサビ落とし、塗装はがしを行なうことも。金属や石材の鏡面仕上げにも活用できます。

小型で手に持って使うことができるので、複雑な形のものもスムーズに加工することができますよ。
木材の研磨にはサンダーなどの工具が使われますが、ディスクグラインダーでも木材の研磨が可能です。

表面の仕上げに使うサンダーと違い木材を大きく削って加工できるため、イスの座面に座りやすいようヘコみをつけたりなどもできます。

ディスクグラインダーで使用する砥石について知っておこう

ディスクグラインダーの砥石は「ディスク」とも呼ばれ、数百種類以上あるといわれています。

記載された情報を確認して用途に合った砥石を選ぶのが大切。砥石の情報のチェック方法とDIYで使う代表的な砥石についても知っておきましょう!

砥石の情報はこうしてチェック

ディスクグラインダーの砥石には、ディスクの「硬度」・「粒度」などの情報が表示されています。「硬度」はアルファベットで表示されていて、Aからはじまり、Zに近づくほど砥石がかたいという意味です。やわらかい素材を加工するときにはかための砥石を使い、かたい素材に使うときにはやわらかめの砥石を使用しましょう。

「#24」など数字で表示されるのは、「粒度」という砥石の表面の粗さです。数字が大きくなるにつれて目がこまかくなります。数字が低い粗目のものはスピーディーに研削できますが、数字が大きい目のこまかいタイプのほうが切断面がきれいに仕上がるのが特徴です。

DIYで使う代表的な砥石はこの5つ!

ディスクグラインダーで使われる砥石にはさまざまな種類のものがありますが、どんなものがあるのか知っておくと砥石を選ぶときの参考になりますよ。DIYの用途で使うときに用いられる代表的な砥石をいくつか紹介します。

切断用砥石

切断用砥石は金属の切断に使う砥石です。非常に薄い円盤状で、側面を使って切断します。薄いものほど切断した断面がきれいですが、薄いものほど消耗が速いため注意が必要です。

おなじ切断用砥石でも、商品によってどんな素材の加工に適しているかが異なるため、砥石に表示されている情報をしっかりチェックして選びましょう。

研削砥石

オフセット砥石とおなじく金属の研削用に使われる砥石です。比較的安価で幅広い用途で使用できます

ただし、切断作業はできないため注意しましょう。形状はオフセット砥石のような隆起はなく、フラットな形で切断砥石に似ています。

ダイヤモンドカッター

ダイヤモンドカッターは刃先に人工ダイヤモンドが埋め込まれた砥石です。ダイヤモンドの高い硬度を利用して、かたいものも比較的ラクに切断できるのが特徴。コンクリートや石材、レンガや瓦などの切断に適しています。

ダイヤモンドカッターにも2種類あり、切れ味を優先させたいときは切り込みがあるセグメントタイプが向いています。切断時に出た粉がスムーズに排出されるなど、切り込みによって切れ味がアップし、厚みのある素材にも深く切り込んでいけます。

一方、切り込みがある分、切断面の仕上がりが悪くなってしまうため、タイルや大理石など切断面をきれいに仕上げたいときは切り込みがないウェーブタイプを使用するといいでしょう。

オフセット砥石

オフセット砥石は、一般的にディスクグラインダーに標準装備されている砥石です。

中心部分が盛り上がった形状で厚みがあり、面の部分を押し当てて金属のバリ取りや面取り、表面を削るのに使用します。研削力が強い種類が多く、粗削りの用途で使われることが多い砥石です。

多羽根ディスク

扇状にやすりが敷き詰められた独特な形状をした砥石です。

金属や木材の研磨・研削やバリ取り、サビ落としに使用します。金属用・木材用など種類があるため加工する素材に合わせて確認してから購入するようにしましょう。

ディスクグラインダーの選び方 サイズ・用途・電源タイプに注目!

ディスクグラインダーについて理解できたところで、つぎはディスクグラインダーの選び方について見ていきましょう。

砥石だけでなくディスクグラインダー自体にもさまざまな種類があります。用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。

DIY初心者はサイズ100mmがおすすめ

砥石にはいくつかサイズがありますが、ディスクグラインダーごとに取りつけられる砥石のサイズが決まっています。たとえば、砥石の直径100mm用のディスクグラインダーに125mmの砥石を取りつけることはできません。100mmと125mmが主流ですが、DIY初心者が使うなら100mmサイズがおすすめ

サイズが大きいほうが広範囲を一気に研磨できるなどのメリットはありますが、大きすぎると重さで手が疲れて安定した作業がしにくくなります。100mmサイズなら扱いやすく、砥石の種類も豊富に手にはいりますよ。

タイプで選ぶ

ディスクグラインダーは回転数と砥石を回転させるモーターのパワーであるトルクの違いによって、「高速型」「低速型」「変速型」の3タイプに分けることができます。

それぞれ適した使い道が異なるため、用途に合ったタイプを選びましょう。

高速型|金属の切断・研磨に

金属の切断・研磨に使うなら回転数が高い「高速型」がおすすめです。ディスクグラインダーの回転のスピードは1分間に何回転するかで表されます。たとえば、「12000min-1」と表示があれば、1分間で12,000回転するという意味。

この回転数が高いものを選べば、砥石が高速で回転し金属をスムーズに加工できます

低速型|石材やコンクリートの切断・研磨に

石材やコンクリートの切断に使うなら「低速型」がおすすめ。回転数は低めですが、その分パワーがあるのが特徴です。高速型でコンクリートなどを切断しようとすると負荷が大きくモーターが故障してしまうことも。速度を下げてトルクを上げたほうがスムーズに加工することができます。

また、研磨作業にも低速型が適していますよ。目安としては回転速度が9,000min-1程度で、「W(ワット)」で表示される最大出力が大きいものを選ぶといいでしょう。

万能型|低速も高速も自由自在。マルチに使える!

マルチに作業をこなしたいなら、用途に合わせて回転数がコントロールできるタイプがおすすめです。低速と高速の2段階にスピードを調整できるものから、無段変速のものまであります。

多用途に使えるのは便利ですが、高額なアイテムが多くなるため予算と相談して選びましょう。

電源のタイプから選ぶ

ディスクグラインダーには充電式とコード式の2種類があります。充電式はコード式に比べてパワーが不足していると言われることもありますが、DIY用途であれば充分快適に作業をこなすことができますよ。それぞれメリット・デメリットを考慮して自分に合ったタイプを選びましょう。

充電式

充電式の魅力は、なんといってもその使い勝手のよさ。コードが作業の邪魔にならず、コンセントがない場所でも使うことができます。

充電式を選ぶときは電圧の高さにも着目しましょう。一般的に電池の電圧が高いほうがパワーがあります。18Vがスタンダードですが、DIY向けなら比較的リーズナブルな14.4Vのものもおすすめ。軽量・コンパクトで扱いやすく、持ち運びにも便利です。

コード式

種類も豊富でリーズナブルな価格で手にはいるのはコード式です。電源コンセントに挿せばすぐに使えるため、事前準備が不要で手軽に使えるのもメリットです。充電切れの心配もなく、つねに安定したパワーで作業ができます。

価格は1万円以下のものを選ぼう

ディスクグラインダーにはハイスペックな高額機種もありますが、DIY初心者なら1万円以下で購入できるものを選ぶのがおすすめです。リーズナブルな価格の機種でも、金属の切削・研磨、木材の加工などDIYの用途は充分果たせます。

高額機種の性能はDIY用途には過剰な場合も多いため、まずは1万円以下で手にはいるアイテムでスタートするといいでしょう。マキタやリョービ、ボッシュなどの名の知れたメーカーのなかにも、低価格商品のラインナップがあるので探してみるといいですよ。

初心者は「安全性」「持ちやすさ」を重視して。 DIYアドバイザーからのアドバイス

芸術大学教員/DIYアドバイザー

ディスクグラインダーはパワフルに素材の切削ができる非常に便利な電動工具です。一方で、切削用ディスクが高速で回転する危険な工具でもあります。

選ぶ際は安全性を第一に考えて、持ちやすさや安定性、スイッチの切り替えが安全にできるものを選ぶといいでしょう。適切な回転速度も安全に加工するうえで大切なポイント。

素材にあった回転速度の機種か、速度調整ができるタイプを選ぶことで、加工ミスや事故を減らすことができます。

【1万円以下】ディスクグラインダーのおすすめ6選|高速型 軽くて初心者でも持ちやすい。安全性に配慮して厳選!

ここからは、DIYアドバイザーと編集部で厳選したおすすめの商品を11選紹介します。高速型、低速型、変速型の3つに分けて紹介していきます!

金属の切断・研磨がメインなら回転数が高い「高速型」のディスクグラインダーがおすすめです。砥石がハイスピードで回転し、効率的に作業が進みますよ。まずは、高速型のディスクグラインダーのなかからおすすめの商品を紹介します。

芸術大学教員/DIYアドバイザー

ボッシュの『ディスクグラインダー(PWS620-100)』はプロ用に比べて軽く、使いやすいうえに価格も安く設定されているため、ライトユーザーの方でも購入がしやすくなっています。

手もとにワンタッチで切れる電源スイッチがあり、安心して使えるのも大切なポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』

ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』 ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』 ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』 ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』 ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』

出典:Amazon

回転数 11,000min-1
電源 100V 50/60HZ
最大出力 620W
機能 二重絶縁構造、スライドスイッチ、吸じんシステム取付可能機種、スピンドルロックボタン
グリップ径 細径57mm
重量 1.6kg
装備 サイドハンドル、脱落防止機能付き砥石カバー

高い安全性が魅力

一歩間違えればケガにつながるディスクグラインダーは、安全性も気になりますよね。こちらのアイテムは、安全面に配慮した工夫が満載の機種。電源のON/OFFを切り替えるスライドスイッチが手もとにあるため、「あぶない!」と思ったときにすぐに電源を切ることができます。

砥石には脱落防止機能つきの安全保護カバーを装備。本体はスリムで握りやすく、うっかり取り落とす危険も減らせます。DIY初心者でも安心して使うことができそうですね。

高速型ですが、620Wのモーターを搭載しパワーも充分。コンクリートやブロックの切断もスムーズに行なえます。

イチネンMTM『RELIEF ディスクグラインダー(GS-001)』

イチネンMTM『RELIEFディスクグラインダー(GS-001)』 イチネンMTM『RELIEFディスクグラインダー(GS-001)』 イチネンMTM『RELIEFディスクグラインダー(GS-001)』 イチネンMTM『RELIEFディスクグラインダー(GS-001)』

出典:Amazon

回転数 11,000min-1
電源 100V 50/60HZ
最大出力 580W
機能 二重絶縁
グリップ径 -
重量 1.55kg
装備 オフセット砥石#36(鉄工用)、サイドハンドル、カニ目スパナ、ロックナット、インナーフランジ ほか

DIYユーザー向けのリーズナブルなアイテム

メーカーのこだわりがなければ、3,000円台で手にはいるモデルもあります。こちらはDIYユーザー向けのリーズナブルなアイテムで、スリムなボディと滑りにくいグリップで扱いやすいアイテムです。サイドハンドルもついてくるため、両手でしっかり握って作業ができます

パワーは580Wでパワフルなタイプではありませんが、金属の切断やサビ取り、木材の研磨などもこなせます。使用頻度がそれほど高くないDIY初心者用としてなら充分活躍してくれるでしょう。

スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』

スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』

出典:Amazon

回転数 12,000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 650W
機能 スライドスイッチ、ラバー付きインナーフランジ
グリップ径 -
重量 (約)1.25kg
装備 サイドハンドル、ホイールカバー、研削砥石、スパナレンチ

歴史あるメーカーの高コスパアイテム!

アメリカで設立された100年以上の歴史を持つ電動工具メーカーのディスクグラインダーです。搭載するモーターは650Wのハイパワー。1分間に12000回転するハイスピードで効率的に作業することができます。リーズナブルな価格ですが、値段の割に性能もよくコスパの高い1台です。

DIY初心者なら、扱いやすさにもこだわりたいところ。1.25kgの軽量設計で扱いやすく、サイドハンドルもついているため高い位置での作業もラクにこなせます。手もとスライドスイッチ式で操作性がよく、DIYにあまり慣れていない方でももたつくこなく電源操作できるでしょう。

高儀『Primero ディスクグラインダー(DGR-550AZA)』

高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 高儀『Primeroディスクグラインダー(DGR-550AZA)』

出典:Amazon

回転数 10500min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 550W
機能 -
グリップ径 -
重量 (約)1.6kg
装備 補助ハンドル、ディスクスパナ、鉄工用オフセット砥石、交換用カーボンブラシ、取扱説明書

左右どちらにも取りつけられる補助ハンドル!

金属の研削・バリ取りにぴったりな高速タイプの1台。両手での安定作業を可能にする補助ハンドルは左右どちらにも付け替えることができ、利き手やスペース都合に合わせて快適に作業することができます。

プリメロは慶応2年に創業した電動工具などを扱うメーカー「高儀」のAmazonオリジナルブランド。伝統あるメーカーの製品なので、メーカーが気になるという方でも安心して使えそうです。

マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』

マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』 マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』 マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』 マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』 マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』

出典:Amazon

回転数 12000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 960W
機能 二重絶縁
グリップ径 細径56mm
重量 1.5kg
装備 研削砥石36P、ロックナットレンチ20

大手メーカのハイスペックアイテム

しっかりしたつくりの本格的なディスクグラインダーを求めている方におすすめのマキタのアイテム。プロが求める耐久性とハイパワーを備えたハイスペックな機種が1万円以下で手にはいります。

最大出力960Wの強力なモータを搭載していて、パワーが必要なハードな作業も余裕でこなすことができます。マキタには充電式もラインナップがありますが、こちらは安定した電源供給が可能なコード式。DIY初心者でも充電切れを気にせずじっくりと作業できますよ。

工機ホールディングス『HiKOKI 電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』

工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 工機ホールディングス『HiKOKI電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』

出典:Amazon

回転数 12,000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 960W
機能 スライドスイッチ
グリップ径 細径56mm
重量 1.7kg
装備 サイドハンドル、100mmレジノイドフレキシブルトイシ(#36)、スパナ

扱いやすさも抜群なハイパワーモデル

こちらは960Wのハイパワーモーターを搭載したモデル。ハイスピードでパワフルな機種では安全面も気になりますが、スリムなボディで握りやすく、サイドハンドルを両手で持って安定した作業ができます。

また、手もとのスライドスイッチで電源操作ができるため、万一のときもすぐに電源が切れるので安心して使用できます。電源コード式ですが、コードは2.5mと長めで快適に作業ができますよ。

【1万円以下】ディスクグラインダーのおすすめ2選|低速型 人気のマキタ・京セラインなど!

石材やコンクリートなどの切断や研磨作業に使うなら、回転速度を抑えてトルクを出した「低速型」を選ぶのがおすすめ。低速型のなかから1万円以下で手にはいるおすすめ商品を紹介します。

芸術大学教員/DIYアドバイザー

マキタの『ディスクグラインダ(GA4032)』はおすすめなグラインダーです。かたい素材を加工する際、トルクが足りていないとキックバックという危険な事故に繋がります。

持ち手の部分は海外製に比べ細く、滑りにくい形状に加工もされているため、握りやすく安定した作業が可能になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』

マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』 マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』 マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』 マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』

出典:Amazon

回転数 9,000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 960W
機能 二重絶縁、トグルスイッチ
グリップ径 -
重量 1.5kg
装備 研削砥石36P、ロックナットレンチ20

960Wのハイパワーでハードな作業もラクに!

ハードな作業もラクにこなしたい方には、マキタの低速型のディスクグラインダーがおすすめ。960Wのモーターを搭載したパワフルな1台です。モーターはハードな条件の作業にも耐えられるよう耐久性にすぐれた作り。

また、風窓を適切に配置した冷却構造で効率的にモーターとギアを冷やし、コンクリートなどのかたい素材も力強く加工できます。ブラシホルダのでっぱりがないすっきりしたボディデザインで、どんな角度でも握りやすく手にフィット。リブがついているため滑りにくく、ハードな素材の加工も安全に行なえます。

京セラインダストリアルツールズ『RYOBI ディスクグラインダー(G-1022H)』

京セラインダストリアルツールズ『RYOBIディスクグラインダー(G-1022H)』

出典:Amazon

回転数 9,000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 690W
機能 -
グリップ径 細径56mm
重量 1.5kg
装備 100mmレジノイド砥石(#36)、カニ目スパナ

メジャーブランド・RYOBIの低速型モデル

電動工具のメジャーブランドのひとつ、RYOBIのDIY用の低速型のモデルです。最大出力690Wのモーターを搭載し、コンクリートやレンガ、タイルなどの切断にぴったり。低いギアヘッドで狭いところにも入っていくことができ、効率よく作業できます。

細身のデザインで握りやすく、1.5kgと比較的軽量なので長時間持っていても疲れにくいのもポイントです。

【1万円以下】ディスクグラインダーのおすすめ3選|変速型 使い勝手抜群なのに安い!リーズナブルに手に入れたい方に。

回転速度が変えられる「変速型」は、さまざまな用途で使える万能選手! 価格が高い商品が多いなか、1万円以下で手にはいる商品をピックアップしました。

芸術大学教員/DIYアドバイザー

ディスクグラインダーはいろいろな素材の切削ができる工具ですが、素材によって適切な回転速度は違います。高儀『EARTH MAN 変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』は、無段変速が可能なので、これ1台で素材に合わせて適切な加工ができるのが長所。

通常無段変速機能つきは価格が高価になりやすいですが、このグラインダーは価格も安く、圧倒的なコスパが人気の商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

高儀『EARTH MAN 変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』

高儀『EARTHMAN変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』 高儀『EARTHMAN変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』 高儀『EARTHMAN変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』 高儀『EARTHMAN変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』 高儀『EARTHMAN変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』

出典:Amazon

回転数 (約)5,500~11,000min-1
電源 100V 50/60Hz
最大出力 -
機能 変速ダイヤル、ICトルク制御
グリップ径 -
重量 (約)1.7kg
装備 補助ハンドル、ディスクスパナ、鉄工用オフセット砥石、ソフトパッドφ100mm ほか

無段変速がこの価格! 驚きの高コスパアイテム

無段変速できるアイテムなら回転数を調整して幅広い用途で使うことができます。そんな便利な機能を備えたモデルが、この低価格で手にはいるのは驚きのひと言。抜群のコストパフォーマンスの1台です。用途がはっきり決まっておらず、どれを選んだらいいかわからない方でもきっと後悔しないはず……!

回転数は分速5500~11000回転のあいだでダイヤルでかんたんに調整できます。過負荷保護機能つきのICトルク制御なので、安定したパワーで効率的に作業ができますよ。

イチネンMTM『RELIEF 2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』

イチネンMTM『RELIEF2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』 イチネンMTM『RELIEF2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』 イチネンMTM『RELIEF2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』 イチネンMTM『RELIEF2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』

出典:Amazon

回転数 50Hz:低7,500min-1、高11,000min-1、60Hz:低6,500min-1、高11,000min-1
電源 AC100V 50/60Hz
最大出力 580W
機能 二重絶縁、2段変速
グリップ径 -
重量 1.55kg
装備 サイドハンドル、#36(鉄工用)オフセット砥石

リーズナブルな2段変速タイプ

変速型の機種は一般的に高額なものが多くなりますが、こちらは5000円以下とリーズナブル! 低速・高速の2段切替で、金属などの切断は高速にしてスピーディーに、トルクがいるハードなものの加工や研磨作業では低速にと、加工する素材や作業に合わせて回転数を切り替えて効率的に作業ができます。

ボディは細身で持ちやすく、サイドに補助ハンドルもついていて、扱いやすいのもポイントですよ。

三共コーポレーション『TRAD 充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』

三共コーポレーション『TRAD充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』 三共コーポレーション『TRAD充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』 三共コーポレーション『TRAD充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』 三共コーポレーション『TRAD充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』 三共コーポレーション『TRAD充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』

出典:Amazon

回転数 5000~9,000min-1
電源 DC14.4V
最大出力 -
機能 6段階調整ダイヤル、ロックボタン
グリップ径 -
重量 (約)1.2kg
装備 サイドハンドル、鉄工用オフセット砥石

どこでも使えるコードレスタイプ

コードが作業の邪魔にならず、庭先や車庫など電源のない場所でも使えるコードレスタイプはやっぱり魅力的! 高額な商品が多いなか、こちらは1万円以下でも手にはいるリーズナブルなアイテムです。

14.4Vのリチウムイオンバッテリーを搭載していて、充電式のディスクグラインダーで多い18Vの機種と比べるとパワー不足を感じるかもしれませんが、DIY用途なら充分作業をこなせます。

回転数は分速5,000~9,000回転のあいだで6段階に速度調整が可能。作業に合わせて調整できて便利に使うことができます。

「1万円以下DIY初心者ディスクグラインダー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』
イチネンMTM『RELIEF ディスクグラインダー(GS-001)』
スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』
高儀『Primero ディスクグラインダー(DGR-550AZA)』
マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』
工機ホールディングス『HiKOKI 電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』
マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』
京セラインダストリアルツールズ『RYOBI ディスクグラインダー(G-1022H)』
高儀『EARTH MAN 変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』
イチネンMTM『RELIEF 2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』
三共コーポレーション『TRAD 充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』
商品名 ボッシュ『ディスクグラインダー(PWS620-100)』 イチネンMTM『RELIEF ディスクグラインダー(GS-001)』 スタンレーブラックアンドデッカー『ディスクグラインダー(G650)』 高儀『Primero ディスクグラインダー(DGR-550AZA)』 マキタ『ディスクグラインダ(9533B)』 工機ホールディングス『HiKOKI 電気ディスクグラインダ(FG10SC3)』 マキタ『ディスクグラインダ(GA4032)』 京セラインダストリアルツールズ『RYOBI ディスクグラインダー(G-1022H)』 高儀『EARTH MAN 変速ディスクグラインダー(DGR-110SCA)』 イチネンMTM『RELIEF 2スピードディスクグラインダー(GS-001WS)』 三共コーポレーション『TRAD 充電式ディスクグラインダー(TCL-005)』
商品情報
特徴 高い安全性が魅力 DIYユーザー向けのリーズナブルなアイテム 歴史あるメーカーの高コスパアイテム! 左右どちらにも取りつけられる補助ハンドル! 大手メーカのハイスペックアイテム 扱いやすさも抜群なハイパワーモデル 960Wのハイパワーでハードな作業もラクに! メジャーブランド・RYOBIの低速型モデル 無段変速がこの価格! 驚きの高コスパアイテム リーズナブルな2段変速タイプ どこでも使えるコードレスタイプ
回転数 11,000min-1 11,000min-1 12,000min-1 10500min-1 12000min-1 12,000min-1 9,000min-1 9,000min-1 (約)5,500~11,000min-1 50Hz:低7,500min-1、高11,000min-1、60Hz:低6,500min-1、高11,000min-1 5000~9,000min-1
電源 100V 50/60HZ 100V 50/60HZ 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz DC14.4V
最大出力 620W 580W 650W 550W 960W 960W 960W 690W - 580W -
機能 二重絶縁構造、スライドスイッチ、吸じんシステム取付可能機種、スピンドルロックボタン 二重絶縁 スライドスイッチ、ラバー付きインナーフランジ - 二重絶縁 スライドスイッチ 二重絶縁、トグルスイッチ - 変速ダイヤル、ICトルク制御 二重絶縁、2段変速 6段階調整ダイヤル、ロックボタン
グリップ径 細径57mm - - - 細径56mm 細径56mm - 細径56mm - - -
重量 1.6kg 1.55kg (約)1.25kg (約)1.6kg 1.5kg 1.7kg 1.5kg 1.5kg (約)1.7kg 1.55kg (約)1.2kg
装備 サイドハンドル、脱落防止機能付き砥石カバー オフセット砥石#36(鉄工用)、サイドハンドル、カニ目スパナ、ロックナット、インナーフランジ ほか サイドハンドル、ホイールカバー、研削砥石、スパナレンチ 補助ハンドル、ディスクスパナ、鉄工用オフセット砥石、交換用カーボンブラシ、取扱説明書 研削砥石36P、ロックナットレンチ20 サイドハンドル、100mmレジノイドフレキシブルトイシ(#36)、スパナ 研削砥石36P、ロックナットレンチ20 100mmレジノイド砥石(#36)、カニ目スパナ 補助ハンドル、ディスクスパナ、鉄工用オフセット砥石、ソフトパッドφ100mm ほか サイドハンドル、#36(鉄工用)オフセット砥石 サイドハンドル、鉄工用オフセット砥石
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 1万円以下DIY初心者ディスクグラインダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの1万円以下DIY初心者ディスクグラインダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ディスクグラインダーランキング
楽天市場:ディスクグラインダーランキング
Yahoo!ショッピング:グラインダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

DIYがもっと楽しくなるアイテムをチェック!

ディスクグラインダーでDIYの幅を広げよう

本記事では1万円以下で買えるDIY初心者向けディスクグラインダーの11商品を紹介しました。

DIY初心者向けには、サイズ100mmのディスクグラインダーがおすすめです。高速型・低速型・変速型と種類があるので用途に合ったものを選びましょう。電源タイプもコード式と充電式があり、それぞれメリット・デメリットがあるため自分に合ったものを選ぶといいですね。

あなたがほしいディスクグラインダーを選んでDIYに役立ててくださいね!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/06/29 一部価格を修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 松林麻衣)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


錆転換剤のおすすめ11選|マフラーの錆防止に!スプレーや刷毛タイプまで紹介!

錆転換剤のおすすめ11選|マフラーの錆防止に!スプレーや刷毛タイプまで紹介!

「錆転換剤」はサビ落としの必要もほとんどなく、赤サビを黒サビに転換させてサビが進むのを止めてしまうというものです。通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなども確認してみましょう。IT・サイエンスライターである島田祥輔さんへの取材をもとに、錆(サビ)転換剤のおすすめ11選と選び方をご紹介します。


【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

本記事では、DIYアドバイザーの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、小型電動ドライバーの選び方とおすすめ商品15選をご紹介します。小型電動ドライバーはDIYや家具の組み立てなどでのねじ締め作業をラクにしてくれる工具です。手作業でのねじ締めは、締め具合にバラつきがでたり、大量のねじ締めができなかったりと何かと苦労することも多いのではないでしょうか。小型電動ドライバーが1台あれば、ラクなねじ締めはもちろん、パーツの付け替えによって穴あけなどの作業も可能になります。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


屋外ブランコのおすすめ8選|子どもの遊び道具、大人のリラックス空間に

屋外ブランコのおすすめ8選|子どもの遊び道具、大人のリラックス空間に

ゆらゆらとゆれるブランコは、子どもの遊具としてだけではなく、大人も癒される有能なアイテムです。今回、保育士ライターすぎ けいこさんと編集部で、大人も乗れる屋外ブランコの選び方とおすすめ商品8点をリサーチ。組立型や取りつけ型といった屋外ブランコのタイプや、素材などについても紹介しているので、屋外ブランコを選ぶ際のヒントにしてください。


水性塗料おすすめ15選【室内・屋外兼用も】木材から外壁までDIYで塗れる

水性塗料おすすめ15選【室内・屋外兼用も】木材から外壁までDIYで塗れる

屋内の壁などはもちろん、外壁や屋根などを塗るときに便利な「水性塗料」。DIYで使われる水性塗料は、おもに「アクリル」「ウレタン」「シリコン」で、それぞれ耐久性や金額など特徴が異なります。また、粘度、調合方法や希釈率によっては、服や床に落ちると洗いにくいものもあり、湿度によっての硬化時間や落とし方が違います。さらに、メーカーごとに揃えているカラーもさまざま。そんな水性塗料は、使用場所や仕上がりを意識した商品選びが重要です。この記事では、DIYアドバイザーの末永 京さんに、水性塗料の選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や口コミなどもあわせて確認してみましょう。


自走式草刈機おすすめ10選│草刈りをラクに【重労働からの解放!】

自走式草刈機おすすめ10選│草刈りをラクに【重労働からの解放!】

重労働の草刈りの負担はなるべく減らしたいですよね? そんな時に便利なのが、「自走式草刈機」です。刈払機のように持ち上げる必要がなく、長時間の作業もラクにこなせます。畔(あぜ)や土手など斜面の草を刈れるもの、平面と斜面を同時に刈れる二面刈りタイプもあります。この記事では、ガーデニング研究家のはたあきひろさんと編集部が、選び方とおすすめ商品11選をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る