ハンドグラインダーおすすめ9選│金属やガラス向け、軽作業向けのセット商品も紹介

ハンドグラインダーおすすめ9選│金属やガラス向け、軽作業向けのセット商品も紹介

金属や木材などの加工に使う電動工具のハンドグラインダー。ミニルーターやリューターと呼ばれることもあります。研磨・切断・切削などの作業ができ、趣味やDIYでも活躍してくれる便利なアイテムです。

本記事では、ハンドグラインダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

芸術大学教員/DIYアドバイザー
野口 僚

徳島県の家具メーカーにて木製家具の製造に携わり、機械加工、仕上げ、組み立て、塗装など木工全般と家具製造ノウハウを培いました。 その後東京では業界新業態の体験型DIYショップで店長として勤務。店頭ではお客様の相談に乗りつつ、一人一人にぴったりのDIY用品を提案してきました。 同時にDIYレッスンの企画と講師を行い、日本のDIY文化発展のために努めてきました。 現在は大学のデザイン学部の助手として大学内工房に在中し、 学生に対しデザインやモノづくりの手法などを主に教えています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

ハンドグラインダーとは

 

ハンドグラインダーとは、先端に取りつけた「ビット」とよばれる工具を、電動ドリルのように高速回転させて使う電動工具です。ビットをつけ替えることで研磨・切断・切削・彫刻などさまざまな加工ができます。ペンのように握って使えるものをはじめ、両手で扱うような大きなタイプ、卓上に置いて使うものなどがあります。

■ハンドグラインダーの用途

ハンドグラインダーは先端に小さなドリルを取りつけて、穴をあけたりツヤ出しや模様を刻んだりすることができます。趣味やDIY、身のまわりのもののメンテナンスまで幅広い用途で使われます。

たとえば、シルバーアクセサリー作りやプラモデル製作、ガラス彫刻といった案外身近なところから、ルアー作りや自動車のパーツのカスタマイズに使う人も。

また、水まわりのサビやよごれ落としといったくらしに役立つ活用方法もあります。さまざまな用途に使える便利なグラインダーを手に入れて、趣味やくらしに役立てましょう!

ハンドグラインダーの選び方

それでは、ハンドグラインダーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】仕様
【2】機能性
【3】アフターサービスの有無


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】仕様をチェック

まずは商品の仕様を確認しましょう。商品説明にはさまざまな情報が載っていますが、チェックしたいおもなポイントは、本体のサイズビット電源タイプの3点です。これらのポイントに着目して、自分に合った商品を選びましょう。

▼持ちやすいサイズかどうか

 

ハンドグラインダーのなかには片手で持てるペンシルタイプのものから両手で扱う大きなものまでさまざまな種類があります。用途に合わせて、作業がしやすく持ちやすいサイズ感のものを選びましょう。

ガラス彫刻など精密な加工に使うなら、ペンシルタイプなど片手で持てる小型のものが適しています。また、本体の重さも重要です。重いと長時間の作業では負担になってしまうため、軽く握りやすい形状で手が疲れにくいものを選ぶとよいでしょう。

▼ビットの種類、取りつけ方を確認

 

付属するビットの種類が多いと多様な加工が可能になります。付属するビットの種類や数も選ぶ際のポイントになりますが、別売りのビットも使用できるため自分の用途に合ったものを選びましょう。

購入の際はビットの取りつけ方も確認しましょう。ビットには軸径があり、本体に合ったサイズでないと取りつけることができません。

「コレットコーン」をセットしてビットを取りつけるタイプは、コレットコーンを交換すれば、複数の軸径のビットが使用可能。軸穴が軸径に合うため、安定してビットを固定できるのが魅力です。

ドリルチャック」を搭載したタイプは、チャックの範囲内ならどの軸径のビットも直接取りつけることができます。

▼電源の供給方法を確認

 

ハンドグラインダーには家庭用コンセントから電源を供給するコード式のものと、充電池や乾電池を使うコードレス式の2種類があります。コード式はバッテリー切れの心配をせずに使えるのがメリットです。

ただ、こまかい作業をするときはコードが邪魔になったり、コンセントがない場所では使えないといったデメリットも。自分の作業スタイルに合った電源方式のものを選びましょう。

【2】機能性をチェック

仕様を確認したら、次は機能性をチェックしましょう。機能性の違いは使い勝手や仕上がりに影響する重要なポイントです。機能面で着目したいおもな項目は、連続使用可能時間回転数調節機能のふたつです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

▼連続使用可能時間に注意

 

連続使用可能時間も購入前にあらかじめ確認しておきたい重要なポイントです。ハンドグラインダーは、連続して使用できる時間が制限されている商品が多くあります。定められた時間を超えて連続使用すると本体のモーターが熱くなり故障の原因に。

とくに本体サイズが小さなものは、連続使用できる時間が短いことが多いため注意が必要です。

▼回転数を調節できると便利

 

ハンドグラインダーでは、素材に合った回転速度で加工することが重要になります。たとえばプラスチックに穴をあけたり切断するときに回転数が高すぎると、摩擦熱で溶けてしまって上手に加工ができません。

逆に金属などのかたい素材を加工するには、回転数が低いと作業効率が悪くなってしまいます。幅広い用途に使いたい場合は、回転数の調節ができると便利です。  

また、モーターを回転させるパワーであるトルクの高さもポイントです。トルクが低いとビットを押し当てたときに回転数を維持できず、せっかく適切に調整できても安定した作業ができない場合も。モーターの出力を参考にトルクの高さにも着目しましょう。

【3】アフターサービスの有無をチェック

 

アフターサービスの有無もチェックしたいポイントです。ハンドグラインダーの内部部品は少しずつ摩耗して劣化していきます。とくに高価なモデルを選ぶときは、保証や電話対応などアフターサービスが充実しているかどうかもチェックしておくと安心ですね。

ハンドグラインダーおすすめ9選

それでは、ハンドグラインダーのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

Makita(マキタ)『充電式ハンドグラインダ(GD800DRF)』

マキタ(Makita)充電式ハンドグラインダ18V3.0AhGD800DRF マキタ(Makita)充電式ハンドグラインダ18V3.0AhGD800DRF マキタ(Makita)充電式ハンドグラインダ18V3.0AhGD800DRF マキタ(Makita)充電式ハンドグラインダ18V3.0AhGD800DRF マキタ(Makita)充電式ハンドグラインダ18V3.0AhGD800DRF
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

Makita(マキタ)『充電式ハンドグラインダ(GD800DRF)』は、世界でも高いシェアを獲得している、日本のマキタから発売されている、充電式ハンドグラインダーです。

18Vバッテリーを使用することで、高い回転数と、かたい素材を加工しても負けない切削力を実現しています。携帯性とパワーを兼ね備えたマキタのハンドグラインダーは、ハードながっつりDIYをしたい方におすすめの一台です。

コードレスで取り回し抜群! パワーも問題なし

両手で扱う大型のハンドグラインダーです。コードレス式のため取り回しがよく、曲面や細部の加工にも便利。充電式タイプはパワー不足が気になりますが、1分間に2万5000回転するAC電源タイプ並みの回転数で、かたい金属のバリ取りなどの作業も効率よく行なうことができます。

回転速度は固定されていて変更することができないため、特定の用途に使う方に適したアイテムと言えるでしょう。

ARGOFILE(アルゴファイル)『マイクロモーターシステム スターP30セット(STP30ST)』

アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W アルゴファイルマイクロモーターシステムスターP30セットホワイトSTP30ST-W
出典:Amazon この商品を見るview item

長時間の精密加工に! モーター分離型卓上タイプ

コントローラーを、卓上に置いて使うタイプのハンドグラインダーです。本体があるためペンシルタイプの機種に比べると大型の部類に入りますが、小さく軽いハンドピース部分だけで作業ができ、精密な加工をするのにぴったり

手持ち部分は人間工学にもとづいた握りやすいデザインで疲れにくく、長時間使用しても熱を持ちません。長時間安定した作業をしたい方におすすめです。

エキスパートのおすすめ

DREMEL(ドレメル)『ドレメル 8050』

Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO Dremel(ドレメル)バッテリーミニルーターMICRO
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

DREMEL(ドレメル)『ドレメル 8050』は、世界シェアの高い信頼のブランド「ドレメル」のミニルーターです。ミニルーターでは珍しい本体充電式ですが、パワーはコード式にも引けをとらず、DIYでも活躍ができます。

コードが邪魔にならないので、どこへ持っていっても使いやすく、多用途なミニルーターの可能性を最大限に生かせます。

本体の回転軸精度が高い点も作業にこだわる方にはうれしいですね。充電する際の専用スタンドにセットしている姿もカッコいい、おすすめミニルーターです。

軽量、コードレス、ハイパワーで使い勝手抜群!

「軽量」「コードレス」「ハイパワー」と三拍子そろった、使い勝手のよい一台です。250gの軽量ボディに7.2Vリチウムイオンバッテリーを搭載し、コンパクトな外観からは想像できないパワーを発揮。かための素材も効率的に加工できます。

使用できるビットの軸径も多様で、さまざまなビットを取りつけることができます。この一台があれば幅広い用途に活用できるでしょう。

TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 3.7V充電式ホビールーター(HRT-37LiA)』

高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA 高儀ホビールーターEarthMan3.7V充電式ホビールーターHRT-37LiA
出典:Amazon この商品を見るview item

リーズナブルなエントリーモデル

必要最低限の機能をしっかりそなえた初心者が使いやすいモデルです。リーズナブルな価格ですが、回転数を3段階に調整できるスピードコントロール機能つき。素材に合わせてぴったりのスピードで加工でき、彫刻やガラス細工、アクセサリー磨きなどさまざまな用途で楽しめます。

ビット交換が工具レスなのも魅力です。初心者でもかんたんに扱える一台です。

イチネンMTM『RELIEF(リリーフ)電池式ハンディールーター(30708)』

リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708 リリーフ(RELIFE)電池式ハンディールーター30708
出典:Amazon この商品を見るview item

とにかく手軽! 乾電池式のハンドグラインダー

グラインダーを使うたびに充電するのが面倒という方には、乾電池式もおすすめです。単4電池2本ですぐに使える手軽さと、コードが作業の邪魔にならないのが魅力です。

回転数の調整などができないため、幅広い用途でたっぷり使いたいという方には向きませんが、ガラスアートや金属製品に模様や文字を刻んで楽しめます。価格もリーズナブルなので、少しだけ使いたい方やハンドグラインダーがどんなものか一度試してみたいという方にもおすすめです。

HiKOKI(ハイコーキ)『10.8Vコードレスミニグラインダ(FGP10DL)』

コンパクトなハイスペックアイテム

ハイスペックなハンドグラインダーです。10.8Vリチウムイオンバッテリーを搭載したコードレスで、回転数は無段階に調節可能。価格は高めですが、彫刻から石材の研削まで幅広くこなすことができます。

片手で扱えるコンパクトサイズ。グリップ形状もさまざまな持ち方ができるよう工夫されていて、用途に合わせてペンのように持ったり、上から握って使ったりと扱いやすいのが特徴です。

エキスパートのおすすめ

TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ホビールーターセット(HRT-86)』

高儀EARTHMANホビールーターセットHRT-86 高儀EARTHMANホビールーターセットHRT-86 高儀EARTHMANホビールーターセットHRT-86 高儀EARTHMANホビールーターセットHRT-86 高儀EARTHMANホビールーターセットHRT-86
出典:Amazon この商品を見るview item
芸術大学教員/DIYアドバイザー:野口 僚

芸術大学教員/DIYアドバイザー

TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ホビールーターセット(HRT-86)』は、86個の付属ビットがうれしいセット商品です。ハンドルーターはさまざまなシーンで活躍できる工具ですが、専用ビットを一からそろえようと思うと大変です。

高儀のホビールーターセットは、木工、金属、ガラス、タイルなどさまざまな素材に対応可能なビットがセットで入っています。価格はとても安いですが、スピードコントロールもできるというすぐれもの。

本体自体は軽作業が得意なので、小さなクラフトやちょっと困ったときなどにおすすめのルーターセットです。

軽作業向けの高コスパセット

軽作業が中心の方におすすめのコスパのいいセットアイテムです。効率と仕上がりに重要な回転速度も無段階に調節でき、86個のビットと専用ケースも付属された豊富な内容。パワフルなタイプではないものの、ビットを替えてさまざまな素材の加工を楽しむことができますよ。

連続使用時間は10分と短めなので、短時間の作業がメインの方におすすめです。

PROXXON(プロクソン)『ミニルーターセット MM100(28525-S)』

プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S プロクソン(PROXXON)ミニルーターセットMM100No.28525-S
出典:Amazon この商品を見るview item

定番ブランド「プロクソン」のセットアイテム

ハンドグラインダーの定番ブランド、プロクソンのセットアイテム。複数のビットがセットになっているので、入門者でも手軽に使い始めることができます。

本体はパワーとサイズのバランスのよさが魅力。細身で軽くラクに扱えて軽作業にはぴったりです。充分なパワーを持った一台なので、先端をつけ替えてシルバーアクセサリーの模様づけからガラスの切断まで、さまざまな加工を楽しめます。

DREMEL(ドレメル)『ハイスピードロータリーツール プレミアムセット(4000-8/64JP)』

Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕 Dremel(ドレメル)ハイスピードロータリーツールプレミアムセット〔4000-8/64JP〕
出典:Amazon この商品を見るview item

高パフォーマンス機種のセットモデル

パワフルなモーターを搭載したパフォーマンスの高いセットモデルです。モーターに負荷がかかったときでも一定速度を維持する電子式フィードバック回路を備え、低速から高速まであらゆる速度で効率的な作業が可能。

複数種類のビットに加え、狭いところでの精密作業を快適にするフレックスシャフトや、壁や板に穴をあけたりくり抜くことができるカッティングガイドなど豊富なセット内容です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Makita(マキタ)『充電式ハンドグラインダ(GD800DRF)』
ARGOFILE(アルゴファイル)『マイクロモーターシステム スターP30セット(STP30ST)』
DREMEL(ドレメル)『ドレメル 8050』
TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 3.7V充電式ホビールーター(HRT-37LiA)』
イチネンMTM『RELIEF(リリーフ)電池式ハンディールーター(30708)』
HiKOKI(ハイコーキ)『10.8Vコードレスミニグラインダ(FGP10DL)』
TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ホビールーターセット(HRT-86)』
PROXXON(プロクソン)『ミニルーターセット MM100(28525-S)』
DREMEL(ドレメル)『ハイスピードロータリーツール プレミアムセット(4000-8/64JP)』
商品名 Makita(マキタ)『充電式ハンドグラインダ(GD800DRF)』 ARGOFILE(アルゴファイル)『マイクロモーターシステム スターP30セット(STP30ST)』 DREMEL(ドレメル)『ドレメル 8050』 TAKAGI(高儀)『EARTH MAN 3.7V充電式ホビールーター(HRT-37LiA)』 イチネンMTM『RELIEF(リリーフ)電池式ハンディールーター(30708)』 HiKOKI(ハイコーキ)『10.8Vコードレスミニグラインダ(FGP10DL)』 TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ホビールーターセット(HRT-86)』 PROXXON(プロクソン)『ミニルーターセット MM100(28525-S)』 DREMEL(ドレメル)『ハイスピードロータリーツール プレミアムセット(4000-8/64JP)』
商品情報
特徴 コードレスで取り回し抜群! パワーも問題なし 長時間の精密加工に! モーター分離型卓上タイプ 軽量、コードレス、ハイパワーで使い勝手抜群! リーズナブルなエントリーモデル とにかく手軽! 乾電池式のハンドグラインダー コンパクトなハイスペックアイテム 軽作業向けの高コスパセット 定番ブランド「プロクソン」のセットアイテム 高パフォーマンス機種のセットモデル
電源タイプ 充電式 AC電源 充電式 充電式 乾電池(単4×2本) 充電式 AC電源 AC電源 AC電源
チャック能力 6.0、8.0mm 2.35mm 0.8、1.6、2.4、3.0、3.2mm 2.35mm 2.35mm 3.2mm 2.35mm 2.35、3.0mm 0.8、1.6、2.4、3.0、3.2mm
回転数範囲 2万5000rpm 3万3000rpm 5000~2万8000rpm 低速:約5000rpm、中速:約9000rpm、高速:約1万3000rpm 1万1000rpm 5000~3万5000rpm 約6000~1万3000rpm 8000~1万8000rpm 5000~3万2000rpm
本体サイズ 幅82×奥行402×高さ118mm スターピーコントローラー:幅140×奥行155×高さ90mm - 幅30×奥行146×高さ30mm - - 幅27×奥行162×高さ27mm 幅35×奥行230×高さ35mm -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年12月6日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ハンドグラインダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのハンドグラインダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ディスクグラインダーランキング
楽天市場:ディスクグラインダーランキング
Yahoo!ショッピング:グラインダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

芸術大学教員/DIYアドバイザー

大きくパワーが強いほどいいとは一概に言えない

ハンドグラインダーは、ビットを変えることで、木材、金属、ガラス、石などさまざまな素材を加工することができる便利な電動工具です。活躍の場面はとても多い工具ですが、その分、小さい機種から大きい機種まで幅広く商品が展開されています。

大きくパワーが強いほどいい! と一概に言える工具ではなく、こまかな作業が多い方は小さく振動の少ない機種のほうが合っています。

選ぶ際は、どんな場面で使うことが多いかを一度考えてから、自分の作業に適したサイズのハンドグラインダーを選びましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バールおすすめ5選|解体向けや日常向けまで、使いやすい商品を紹介

バールおすすめ5選|解体向けや日常向けまで、使いやすい商品を紹介

叩く、引き抜く、はがすなど、span class="text_mark text_strong">さまざまな使い方ができる工具の万能選手ともいえるバール。使いこなすためには目的にぴったり合った商品を選ぶことが大切です。本記事では、バールの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、ぜひ売れ筋や口コミを確認してみてください。

tag icon 工具 , DIY

クランプおすすめ14選|しっかり固定できるタイプや設置しやすいモデルも

クランプおすすめ14選|しっかり固定できるタイプや設置しやすいモデルも

DIYで木材などの材料を固定するクランプ。切断するときのビビリやズレを解消できたり、接着するとき材料を押さえたりと、活躍する機会の多いアイテムです。現在はダイソーなど100均でもよく見かけますが、CクランプやFクランプなどの形状や固定方法の種類が多いため、選び方をしっかりと見ていきましょう。本記事では、おすすめのクランプと選び方のポイントを紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

基礎から解説!高速切断機の選び方&おすすめ10選|有名メーカー・人気商品を紹介

基礎から解説!高速切断機の選び方&おすすめ10選|有名メーカー・人気商品を紹介

DIY作業や仕事でパイプや金属、ワイヤーロープなどを切断するのに使用する高速切断機。本記事では、高速切断機の基礎知識や選び方、そしておすすめ商品をご紹介。初心者向けに、マキタやハイコーキをはじめとした人気メーカーの商品をピックアップしていますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

騒音計おすすめ10選│簡易的に使える安価モデル・精密な計測ができる商品も

騒音計おすすめ10選│簡易的に使える安価モデル・精密な計測ができる商品も

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。本記事では、騒音計の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事の後半にはAmazonなどの通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてくださいね。

tag icon 測定器 , 工具 , 作業用品

ハンドリベッターおすすめ10選|使い方を理解し目的にあったものを選ぶ!

ハンドリベッターおすすめ10選|使い方を理解し目的にあったものを選ぶ!

ハンドリベッターとは、ネジやボルトなどでは接続するのがむずかしい素材や、耐久性に欠ける素材をリベットというピンを使用して接続する工具。DIYでの活躍の機会も多く、あると便利なアイテムです。しかし、商品ごとの違いや仕組み、構造、使い方がわかりにくく、どんな商品を選んだらいいのか悩んでしまいますよね。本記事では、ハンドリベッターの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。

tag icon 工具 , DIY

関連するタグ


工具 DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。