ガンプラ用ヤスリおすすめ7選|初心者でも完成度の高いガンプラを作ろう

RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
出典:Amazon

ガンプラを作るときには欠かせない「ヤスリ」。

本記事では、初心者向けのものから幅広い用途に使えるもの、紙・スティック・スポンジなど、さまざまなガンプラ用ヤスリをご紹介いたします。

また通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


この記事を担当するエキスパート

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級
鈴木 ひろ子

DIYアドバイザーを取得後、NHK「住まい自分流」の番組講師出演。 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW:10回、日本ホビーショー:2回、イベントDIY講師:公民館・ホームセンター・小学校・生涯学習などで、DIY講師を行いDIY普及に貢献しています。 また、「快適住まい」をモットーに高齢者やお子様にやさしい住まいを提案しています。 最近特に注目の女性も取り組みやすいDIYも提案しています。 地域の防災アドバイザーをしています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

ヤスリを使う目的やメリット

 

ヤスリは、ガンプラをきれいに仕上げるために欠かせない道具です。ガンプラを組み立てるときには、まずランナーからパーツを切り離しますが、切り離したパーツにはどうしてもゲート跡が残ってしまいます。ゲート跡が残った状態だと、少々不格好な仕上がりになってしまいますよね。

そこで、ヤスリを使用してゲート跡を削り取る必要がでてくるのです。ヤスリがあれば、完成度の高いガンプラを作ることができますよ。

ガンプラ用ヤスリの選び方

それでは、ガンプラ用ヤスリの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の2つ。

【1】ヤスリのタイプ
【2】目の粗さ


上記の2つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】ヤスリのタイプをチェック

ヤスリには紙やスティック、スポンジなどさまざまなヤスリの種類があります。それぞれの特徴を解説します。自分にとって使いやすいヤスリが見つけてみてください。

▼紙ヤスリ:使いたい大きさに合わせてアレンジできる

 

紙ヤスリは、その名のとおり紙状になっているヤスリのことです。当て木やリタックスティックなどに貼りつけて使ったり、手で持って使ったりと、さまざまな使い方ができます。

ガンプラを作るときには、耐水性のある「耐水ペーパー」を使用するとよいでしょう。水をつけながら研磨することで、ヤスリの目詰まりや摩擦熱による劣化を防止することができます。

▼ヤスリスティック:初心者も安心!こまかな作業に便利なタイプ

 

ヤスリスティックは、はじめから当て木がついているヤスリのことです。紙ヤスリを当て木に貼りつけるという作業を省くことができますので、購入してすぐに使えます。細い棒状になっているので使い勝手がよく、初心者にもぴったりです。

▼スポンジシート:表面をよりきれいに整えられる

 

スポンジシートは、おもに曲面や仕上げに使用するヤスリのことです。ゲート跡を削るという作業には向いていないので、基本的にはほかのタイプのヤスリと併用して使います。ガンプラをよりきれいに仕上げたい方にぴったりのヤスリです。

▼金属ヤスリ:耐久性があり、しっかり削れる

 

金属ヤスリ(鉄ヤスリ)は、金属を加工して作られたヤスリ。紙やスポンジと比べ、耐久性が高く、長く使える点が魅力です。また、硬いゲートの処理もしやすく、力を入れずとも削りやすいため、ゲート処理だけでなく表面加工などでも使われる場合もあります。

しかし、パーツごとに大きさを変えることができないため、金属ヤスリで揃える場合は、違う大きさや形状のものを複数本持っておく必要があるのがデメリットです。

▼電動タイプ:ラクに早く削ることが可能なモデル

 

電動ヤスリは、モーターを搭載しており、先端のヤスリが自動で動くため、削る作業を楽にすることができるタイプ。先端のヤスリを変更できるタイプもあり、ゲート処理や加工まで使い方次第で、効率的にプラモデルを加工することができます。

しかし、全て電動で動くため、微細な力加減が伝わらなかったり、力を入れ過ぎると削れすぎてしまうのがデメリットです。

【2】目の粗さをチェック

 

商品によって、目の粗さは異なります。ヤスリには「#100」のような、番手(ばんて)や粒度(りゅうど)と呼ばれる番号が振ってあり、その番号が目の粗さ。数字が小さいほど目が粗く、大きいほど目がこまかくなります。

ガンプラを研磨するときには、複数の粗さのヤスリを使用します。目が粗いものから、こまかいものの順に使用していきましょう。

エキスパートのアドバイス

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級

ガンプラをきれいに研磨できるヤスリを選びましょう

ガンプラの細工は繊細なものなので、ヤスリをかけるときはきれいに研磨できることが重要です。また、こまかい凸凹や曲面を研磨するため、扱いやすいヤスリを基準に選ぶといいでしょう。

ガンプラ用ヤスリのおすすめ商品

それでは、ガンプラ用ヤスリのおすすめ商品をご紹介いたします。

▼おすすめ3選|紙ヤスリ

▼おすすめ2選|スポンジヤスリ

▼おすすめ2選|ヤスリスティック

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ3選|紙ヤスリ

まずは、紙ヤスリのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

藤原産業『SK11 小さい耐水ペーパー100枚入』

藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』 藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』 藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』 藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』 藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』 藤原産業『SK11小さい耐水ペーパー100枚入』
出典:Amazon この商品を見るview item
使いやすい5種類の粒度のヤスリセット

工具の総合メーカーである藤原産業が展開している、SK11というブランドのヤスリです。C240、400、600、1000、1500の5種類の粒度の紙ヤスリのセットになっていますので、これひとつで削りから仕上げまで可能となっています。

小さいサイズですから、自分でカットする手間を省くことができますよ。たっぷり100枚入っているのもうれしいですね。

イトー『BIGMAN 耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』

イトー『BIGMAN耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』 イトー『BIGMAN耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』 イトー『BIGMAN耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』 イトー『BIGMAN耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』
出典:Amazon この商品を見るview item
3種類の耐水ペーパーが入ったセット

大工工具メーカーであるイトーのブランド、BIGMANの紙ヤスリ。水研ぎが可能な、耐水ペーパーで、#400、#1000、#1500の3種類の粒度の紙ヤスリがセットになっています。

コンパクトサイズなので、カット不要で使えます。コストパフォーマンスにすぐれており、ガンプラビギナーの方にもぴったり。これがあればガンプラ制作だけでなく、水まわりの汚れ落としやDIYなどもできて便利ですよ。

タミヤ『フィニッシングペーパー tP細目セット(tp010)』

仕上げ処理に必須の高番手のヤスリ3点セット

模型製作のタミヤ製紙ヤスリです。仕上げの処理に必須の高番手のうち、#400、#600、#1000がセットになっています。いずれも使用頻度の高いヤスリなので、購入するならこうした細目のヤスリセットがお得です。

ハサミで好きなサイズに切って棒に巻きつけて使うなど使い方のバリエーションが多いのも紙ヤスリの利点です。

▼おすすめ2選|スポンジヤスリ

続いては、スポンジヤスリのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

GodHand(ゴッドハンド)『神ヤス!(GH-KS3-KB)』

高耐久のスポンジヤスリ

工具メーカーであるゴッドハンドのスポンジヤスリです。スポンジに布ヤスリを貼りつけた構造となっており、破れにくく耐久性が高いという特徴を持っています。

ほどよい柔軟性と弾力があるため、平面にも曲面にも使用可能。折ってもシワになりにくいので、こまかい箇所の研磨に便利です。見分けやすいように、番手ごとに色分けされているのもうれしいですね。

3M(スリーエム)『スポンジ研磨材(5082 AAD)』

さまざまな用途に使えるスポンジ研磨材

アメリカのケミカルメーカー・3Mのスポンジヤスリです。10枚入りなので、長くガンプラ制作を続けていきたい方にもぴったり。目の粗さは5種類あります。

好きなサイズにカットして使えるので、使い勝手がいいです。ガンプラだけでなく、DIYや水まわりの掃除にも使えます。さまざまな用途で使えるので、一箱あると便利ですよ。

▼おすすめ2選|ヤスリスティック

最後は、ヤスリスティックのおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2 細型(HT-616~620)』

Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2細型(HT-616~620)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2細型(HT-616~620)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2細型(HT-616~620)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2細型(HT-616~620)』
出典:Amazon この商品を見るview item
適度な柔軟性が使いやすい

ホビーメーカーであるウェーブのスティックヤスリです。硬質ベースと軟質ベースを組み合わせた3層構造となっており、ほどよい柔軟性を持っています。

カットして使うこともできて使い勝手がよいです。5種類の番手がありますので、用途に合わせて選んでくださいね。研磨するときには、持つ場所にマスキングテープなどを巻くとラクに作業できます。

Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4 先細型(HTー631~635)』

Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4先細型(HTー631~635)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4先細型(HTー631~635)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4先細型(HTー631~635)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4先細型(HTー631~635)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4先細型(HTー631~635)』
出典:Amazon この商品を見るview item
こまかい作業にもぴったり

ウェーブ製のスティックヤスリで、先端が細くなっているのが特徴。こまかい部分の磨き作業に便利です。

硬質な素材でできているので力を込めやすく、繊細な作業がしやすいですよ。#400、#600、#800、#1000、#1200の5種類の番手があるため、用途に合わせて選びましょう。ガンプラ制作だけでなく、パテやレジンの整形にも使えます。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
藤原産業『SK11 小さい耐水ペーパー100枚入』
イトー『BIGMAN 耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』
タミヤ『フィニッシングペーパー tP細目セット(tp010)』
GodHand(ゴッドハンド)『神ヤス!(GH-KS3-KB)』
3M(スリーエム)『スポンジ研磨材(5082 AAD)』
Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2 細型(HT-616~620)』
Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4 先細型(HTー631~635)』
商品名 藤原産業『SK11 小さい耐水ペーパー100枚入』 イトー『BIGMAN 耐水ペーパーミニセット(BYR-23)』 タミヤ『フィニッシングペーパー tP細目セット(tp010)』 GodHand(ゴッドハンド)『神ヤス!(GH-KS3-KB)』 3M(スリーエム)『スポンジ研磨材(5082 AAD)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックSOFT2 細型(HT-616~620)』 Wave(ウェーブ)『ヤスリスティックHARD4 先細型(HTー631~635)』
商品情報
特徴 使いやすい5種類の粒度のヤスリセット 3種類の耐水ペーパーが入ったセット 仕上げ処理に必須の高番手のヤスリ3点セット 高耐久のスポンジヤスリ さまざまな用途に使えるスポンジ研磨材 適度な柔軟性が使いやすい こまかい作業にもぴったり
タイプ 紙ヤスリ 紙ヤスリ 紙ヤスリ スポンジシート スポンジシート ヤスリスティック ヤスリスティック
目の粗さ C240、C400、C600、C1000、C1500 #400、#1000、#1500 #400、#600、#1000 #4000、#6000、#8000、#10000 #240~320相当 #400 #400、#600、#800、#1000、#1200
枚数 100枚(各粒度20枚) 18枚(各6枚) 5枚 4枚(各1枚) 10枚 10枚 10枚
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月9日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ガンプラヤスリの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのガンプラヤスリの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ヤスリランキング
Yahoo!ショッピング:ガンプラ ヤスリランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【初心者向け】ガンプラの表面処理のやり方

 

Step.1:ゲート部分のみヤスリで処理する

まずは、ゲート部分(パーツを切り取った際の突起部分)を平面になるまでヤスリで磨きます。この状態では、パーツ全体とゲート部分で色が違うため目立ってしまいます。

Step.2:全体にヤスリがけを施す

続いて、パーツ全体にヤスリをかけ、ゲート部分を目立たなくしていきます。ここでのポイントは力を入れず、優しく行うこと。目的は、パーツ全体に細かな傷をつけ、ゲート部分を目立たなくすることです。力を入れてしまうと、必要以上にパーツを擦ってしまい、取り返しがつかなくなるので注意しましょう。

400番→600番→800番といったようにヤスリの荒さを細かくしていき、優しく、少しずつ磨いていきます。もちろん、1種類のヤスリだけでも大丈夫ですが、少々見た目が荒くなります。

Step.3:その後、パーツ全体にツヤ消しを施す

ヤスリでパーツ全体を磨いたら、最後はツヤ消しを行っていきます。液体タイプであれば、薄く伸ばすように。スプレータイプであれば、ベッタリつかないように距離を取り、動かしながら全体にまぶします。ツヤ消しが乾いたら完成です。

(★)塗装を行う場合は1種類ヤスリでも跡が目立たない

先ほど、複数種類のヤスリで優しく磨くことを伝えましたが、塗装を行う場合は1種類でも綺麗になります。ヤスリで傷ついたパーツの表面に塗料の層ができ、ツヤ消しを行うので、ゲート処理のないきれいなパーツに仕上がりますよ。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

ここではガンプラヤスリの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。

ガンプラヤスリには、さまざまな種類があります。目の粗さやタイプなど、使用する用途に合わせてヤスリを選択しましょう。セット売りされているものもありますので、迷ったときはセットの商品を買うのもいいですよ。

あなたがほしいガンプラヤスリを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


溶接めがね おすすめ5選|アーク溶接・ガス溶接用まで、タイプごとに紹介

溶接めがね おすすめ5選|アーク溶接・ガス溶接用まで、タイプごとに紹介

溶接をする際に発生する強い光や熱から目を保護する「溶接めがね」。DIYや仕事などで溶接作業をする方は、自分の身を守るためにもぜひ持っておきたいアイテムです。本記事では、溶接めがねの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミも参考にしてみてください。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

プラスチック接着剤おすすめ13選|瞬間・強力エポキシ系・多用途タイプも

プラスチック接着剤おすすめ13選|瞬間・強力エポキシ系・多用途タイプも

プラスチック接着剤は大切な作品の制作や、家のものを補修する際の心強い味方です。しかし、いざ選ぶとなるとエポキシ系や難接着物用などの聞き慣れない単語が出てきて悩むこともあるはず。そこで、ここでは、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部が選んだプラスチック接着剤のおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介していきます。後半に通販サイトの最新人気ランキングのリンクもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 工具 , おもちゃ , 作業用品

溶接マスクおすすめ8選|手持ち型・面型・自動遮光機能つきまで紹介

溶接マスクおすすめ8選|手持ち型・面型・自動遮光機能つきまで紹介

DIY作業の中でも、ハードルの高いイメージがある溶接作業。激しい火花とまばゆい閃光、大きな音と見ているだけでも溶接作業は、何かと危ない場面も多そうです。ですが、適切な工具と安全器具を用意して慎重に取り組めば、溶接は決して難しい作業ではありません。最初のハードルさえ越えてしまえば、DIYの幅も大きく広がっていくはずです。本記事では、溶接マスク(溶接面)の選び方とおすすめ商品をご紹介。ぜひ本記事を参考に、ピッタリの商品を選んでくださいね。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

瞬間接着剤のおすすめ12選 |金属用やプラスチック向けの商品も紹介

瞬間接着剤のおすすめ12選 |金属用やプラスチック向けの商品も紹介

くっつく時間が短く、しっかり貼り付けられる瞬間接着剤。手芸やDIY、ガンプラなどのプラモデル製作にとても便利なアイテムです。本記事では、瞬間接着剤の選び方やおすすめ商品をご紹介。さらに通販サイトにおける最新人気ランキングや口コミもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

tag icon プラモデル , 作業用品 , 文具

レーザー墨出し器おすすめ10選|DIY向けタイプ・建設現場でも使えるプロ仕様も紹介

レーザー墨出し器おすすめ10選|DIY向けタイプ・建設現場でも使えるプロ仕様も紹介

「本格的なDIY作業を行いたい」「レーザー墨出し器はメーカーごとに違うのか」「インテリアを水平で綺麗に飾りたい」そう考え、レーザー墨出し器を探している方は多いのではないでしょうか。レーザー墨出し器は、手間のかかる水平な線の書き込みなどを簡単にしてくれる工具です。しかし、実際は手軽なDIY作業でも使えるタイプや、建設現場でも用いられる本格的なタイプまで、種類はさまざまで選ぶのに迷ってしまいます。そこで本記事では、レーザー墨出し器の基礎知識から選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。簡単な設営やDIY、さらにプロ向けまで、幅広い商品を紹介しています。本記事を読めば、レーザー墨出し器を選ぶ際の基本的な知識を身に付けられるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 作業用品 , DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。