鉄工ヤスリがおすすめ11選|柄あり・なし? 目の粗さ? 形状? 選び方も解説

鉄工ヤスリがおすすめ11選|柄あり・なし? 目の粗さ? 形状? 選び方も解説
DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級
鈴木 ひろ子

DIYアドバイザーを取得後、NHK「住まい自分流」の番組講師出演。 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW:10回、日本ホビーショー:2回、イベントDIY講師:公民館・ホームセンター・小学校・生涯学習などで、DIY講師を行いDIY普及に貢献しています。 また、「快適住まい」をモットーに高齢者やお子様にやさしい住まいを提案しています。 最近特に注目の女性も取り組みやすいDIYも提案しています。 地域の防災アドバイザーをしています。

木材や金属など幅広い素材を削れる鉄工ヤスリ。工作や加工、修繕などさまざまなシーンで活躍するので、1本持っていると便利ですよね。当記事では、DIYアドバイザーの鈴木ひろ子さんと編集部が、おすすめの鉄工ヤスリや選び方のポイントを紹介していきます。目の粗さや形状、メーカーなど、鉄工ヤスリを選ぶときにチェックしたいポイントはたくさん。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


鉄工ヤスリの選び方 DIYアドバイザーに聞く

さまざまな鉄工ヤスリ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

さまざまな工具の中に、あると便利な鉄工ヤスリ。

はじめに、鉄工ヤスリの選び方について解説していきます。使う用途を基準として、使いやすい柄の長さ、持ち手の形状などポイントを絞って見ていくことで、自分にぴったりの鉄工ヤスリがみつけやすくなりますよ。

使いやすさが違う! 有名メーカーから選ぶ

鉄工ヤスリ選びに迷ったら、有名メーカーのヤスリを選ぶといいでしょう。有名メーカーのヤスリは長年培ったノウハウにより、それ相応の使いやすさが保証されています。

鉄工ヤスリの場合はツボサンやオリエント、ワタオカなどが有名です。はじめて鉄工ヤスリを購入するという人は、これらのメーカーの商品からチェックしてみましょう。

目的に合わせて柄の有無から選ぶ

鉄工ヤスリには、柄が付いているものと付いていないものがあります。それぞれ使い勝手が異なってくるので、目的に合わせて選びましょう。

持ちやすさ重視なら「柄あり」タイプを

柄ありタイプは、扱いやすさがポイント。はじめて鉄工ヤスリを使う人からプロフェッショナルの人まで、幅広い層の人が愛用できます。

柄ありタイプは、はじめから柄が付いているので持ちやすいです。後から柄を交換することはできないので、ヤスリ部分の性能と合わせて、柄の形状やグリップ感などを確認してから購入しましょう。

長く愛用したいなら「柄なし」タイプ

ヤスリにも柄にもこだわりたい人におすすめなのが柄なしタイプ。こちらはヤスリ部分と柄を分離できるので、お好みのヤスリと柄を組み合わせて使うことができます

なお、商品によってはヤスリと柄が合わないことがあるので、購入するときにはそれぞれのサイズをしっかりとチェックしておきましょう。

使用用途に合わせて目の粗さを選ぶ

鉄工ヤスリは、商品によって目の粗さが異なります。荒い方から順に、荒目、中目、細目、油目と4段階に分かれているので、使用用途に合わせて目の粗さも選びましょう。

ただし、この荒さは25mmの長さに対する目数の指標です。たとえば、同じ荒目ヤスリでも、長さが異なれば目の粗さも異なり、ヤスリが長ければ長いほど目が粗くなります。このあたりも留意して目の粗さをチェックすると、失敗が少なくなりますよ。

持ちやすく、作業のしやすいサイズを選ぶ

鉄工ヤスリが大きすぎても小さすぎても、作業がしにくくなってしまいます。ヤスリ部分は約150mm、全長は約250mmの鉄工ヤスリは多くの人にとって使いやすいのでおすすめです。どのサイズがいいか迷ったら、目安にしてくださいね。

削りたい素材に合わせて専用のヤスリを選ぶ

削りたい素材によっては、専用のヤスリが必要になることがあります。たとえば、ステンレスやハイス鋼といったかたい金属を削る場合には、ステンレス用のヤスリを使いましょう。通常の鉄工ヤスリよりも削りやすく、刃が傷みにくいです。

鉄工ヤスリの選び方|重要ポイント DIYアドバイザーからのアドバイス

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級

鉄工ヤスリの選び方のポイントはなにをどのように削るかで使用するヤスリの種類が変わります。削るものによっては2〜3種類必要なときもあるでしょう。

ヤスリの形状は、丸・甲丸・角・三角があり、ヤスリの目も単目・複目・シャリ目・波目・鬼目の中で粗目・中目・細目・油目などがあります。初心者がまずはじめに購入するなら、セットがおすすめです。

鉄工ヤスリおすすめ11選 機能性や対応素材など

ここからは、おすすめの鉄工ヤスリをご紹介していきます。機能性や対応素材など、さまざまなポイントに着目して見ていきましょう。あなたにぴったりの鉄工ヤスリをみつけてくださいね。

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級

藤原産業『SK11 ステン用ヤスリワイド荒/仕上』はDIYツールメーカーオリジナル商品です。使い勝手がよく安価です。グリップがソフト仕上げで形状は平・粗目・仕上げ目。ワイドなので幅広い面が削れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

藤原産業『SK11 ステン用ヤスリワイド荒/仕上』

藤原産業『SK11ステン用ヤスリワイド荒/仕上』 藤原産業『SK11ステン用ヤスリワイド荒/仕上』 藤原産業『SK11ステン用ヤスリワイド荒/仕上』 藤原産業『SK11ステン用ヤスリワイド荒/仕上』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 荒目、仕上目
ステンレス
形状
サイズ(全長) 258mm(刃長150mm)

1本で削りから仕上げができるヤスリ

国内工具商社・藤原産業のオリジナルブランド「SK11」のヤスリです。ステンレスをはじめとした難削材に適しています

荒・仕上げのコンビネーションタイプなので、これ1本で研削も研磨も可能。握りやすいソフトグリップが付いているので、作業していても疲れにくいです。幅が広めなので、広範囲の作業にも向いています。

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級

トラスコ中山『鉄工用ヤスリ(THI150-02)』はプロが使えるヤスリ。別売りの持ち手を付けることもできますが、作業によっては持ち手がないほうが便利なときも。厚みもあるのでしっかり削れます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

トラスコ中山『鉄工用ヤスリ(THI150-02)』

トラスコ中山『鉄工用ヤスリ(THI150-02)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄なし
目の粗さ 中目
ステンレス ×
形状
サイズ(全長) 190mm(刃長150mm)

好みに合わせて選べる柄なしタイプ

国内メーカーであるトラスコ中山の鉄工ヤスリ。鋭い目立てで、耐久性の高さも魅力的です。

刃長は150、200、250、300、350から選べます。目の粗さも中目、油目、細目、荒目と4段階用意されているので、求めているヤスリをピンポイントでみつけることができますよ。柄なしタイプなので、グリップと一緒に購入してくださいね。

DIYアドバイザー・防災士・福祉住環境コーディネーター2級

HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』は細かい作業に適した10本セットですべて形状が違うので、用途に合わせて使用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』

HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 中目(上目63)
ステンレス ×
形状 平、半丸、丸、三角、角、三角(片刃)、楕円、平(槍型)、両半丸、刀刃
サイズ(全長) 160mm(刃長75mm)

幅広い用途で使える10本組

それぞれ形状の違うヤスリが10本セットになっているので、幅広いシーンで活躍します。

ビニールケース入りなので、ほかの工具と擦れてキズつけてしまうといった心配も不要。コンパクトサイズだから収納の邪魔にもなりません。10本セットながら比較的安価なので、とりあえずヤスリをそろえたいという人にもおすすめです。

髙儀『金工用ヤスリ3本組』

髙儀『金工用ヤスリ3本組』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ -
ステンレス ×
形状 平、半丸、丸
サイズ(全長) 270mm(刃長150mm)

ソフトグリップで使いやすいヤスリの3本セット

国内工具メーカー・髙儀のヤスリです。使用する頻度の高い平・半丸・丸のヤスリの3本セットなので、はじめての鉄工ヤスリにぴったり。全長270mmと扱いやすいサイズです。

握りやすいソフトグリップの柄なので、力が込めやすくなっています。価格もお手頃なのがうれしいですね。木工用と金工用の2種類があるので、用途に合わせて選びましょう。

TSUBOSAN(ツボサン)『組ヤスリ-5本組ヤスリ』

TSUBOSAN(ツボサン)『組ヤスリ-5本組ヤスリ』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 荒目、中目、細目、油目
ステンレス ×
形状 平、半丸、丸、角、三角
サイズ(全長) 215mm(刃長110mm)

こまかい作業に便利な細工ヤスリ5本セット

国内のヤスリメーカー「ツボサン」のヤスリです。形状の異なるヤスリが5本セットになっているので、初心者の方にもおすすめ。価格も5本セットとしてはお手頃なので、まずはこのヤスリからはじめてみてもよいでしょう。

細身なので、こまかい作業にも適しています。コンパクトサイズで、工具箱の場所を取らず収納可能です。

ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』

ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 中目
ステンレス
形状
サイズ(全長) 325mm(刃長175mm)

目詰まりしにくい鉄工ヤスリ

国内の作業工具メーカーであるエンジニアの鉄工ヤスリです。特殊加工を施し、鋭い切れ味を実現しています。アルミや貴金属、ステンレスなど幅広い素材に使用可能です。

目詰まりがしにくいので、切れ味をキープし続けられます。ざくざくと削り続けられるので、作業効率の向上が見込めますよ。さびにくい加工が施されているから、長く愛用できるのもうれしいですね。

KTC京都機械工具『組ヤスリ(TZKF1A05)』

KTC京都機械工具『組ヤスリ(TZKF1A05)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 中目
ステンレス ×
形状 平、半丸、丸、角、三角
サイズ(全長) 220mm

使いやすい5本組ヤスリ

国内工具メーカー、京都機械工具のヤスリです。形状の異なる5本のヤスリがセットになっているので、幅広い用途に活用できます。

グリップには発砲ディッピンググリップを採用しているので、滑りにくく力を込めやすいです。比較的コンパクトサイズなので、こまかい作業にも向いています。バラ売りもあるので、用途に合わせて選びましょう。

ORIENT(オリエント)『マイ・ファイル 鉄工ヤスリ(ME1-150)』

ORIENT(オリエント)『マイ・ファイル鉄工ヤスリ(ME1-150)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 荒目(表面/荒加工用)、中目(裏面/仕上げ加工用)
ステンレス ×
形状
サイズ(全長) 248mm

削りと仕上げができる2WAY仕様

国内の切削工具メーカー・オリエントの鉄工ヤスリです。表は荒目、裏は中目と2WAY仕様になっているので、これ1本で削りから仕上げまでできますよ。

全長248mmと使いやすいサイズも魅力。価格もお手頃なので、たまに使うだけという方でも気兼ねなく購入できますね。これからDIYをはじめたいという方、突然の修理が必要になった方などにもおすすめです。

TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』

TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』 TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』 TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』 TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ 荒目(表)、細目(裏面)
ステンレス ×
形状
サイズ(全長) 215mm(刃長110mm)

扱いやすい2WAYタイプの柄ありヤスリ

独自の加工で粘りを持たせたヤスリ素材がポイント。軟質材から硬質材まで、幅広い素材に対応しています。表と裏で目の粗さの違う2WAYなので、これ1本あれば削りも仕上げもできますね。

耐久力が高く、さびにくいので、長く愛用していきたい人にもおすすめ。切削粉の剥離性がすぐれており、目詰まり現象がほぼないので作業効率がアップしますよ。

KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』

KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』 KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』 KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』 KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』 KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ -
ステンレス
形状 平、半丸、丸
サイズ(全長) 140mm

こまかい箇所にも使えるチタン加工のヤスリ

こまかい作業に便利な細身のヤスリです。平・半丸・丸の3本セットになっており、さまざまなシーンで活躍しますよ。

チタン加工されているので、寿命が長く、切れ味が鋭いです。超硬チップやステンレスなどの硬質材や、ガラスや陶器など、幅広い素材に使えます。全長140mmのコンパクトサイズなので、工具箱に入れておいても気にならないでしょう。

ワタオカ『万能やすり(5型 半丸)』

ワタオカ『万能やすり(5型半丸)』 ワタオカ『万能やすり(5型半丸)』 ワタオカ『万能やすり(5型半丸)』 ワタオカ『万能やすり(5型半丸)』 ワタオカ『万能やすり(5型半丸)』

出典:Amazon

柄のタイプ 柄あり
目の粗さ -
ステンレス
形状 半丸
サイズ(全長) 215mm

金属から樹脂まで削りやすい

広島の老舗ヤスリメーカー・ワタオカのヤスリです。ステンレスやハイス鋼などの硬質材から、木材や樹脂といった軟質材まで、さまざまな素材に使えます

高硬度のヤスリなので、切れ味が鋭く長持ちします。ユニカットという特殊な目の模様のおかげで、目詰まりもしにくいです。その名のとおり万能なヤスリだから、1本持っていると便利ですよ。

「鉄工ヤスリ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
藤原産業『SK11 ステン用ヤスリワイド荒/仕上』
トラスコ中山『鉄工用ヤスリ(THI150-02)』
HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』
髙儀『金工用ヤスリ3本組』
TSUBOSAN(ツボサン)『組ヤスリ-5本組ヤスリ』
ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』
KTC京都機械工具『組ヤスリ(TZKF1A05)』
ORIENT(オリエント)『マイ・ファイル 鉄工ヤスリ(ME1-150)』
TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』
KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』
ワタオカ『万能やすり(5型 半丸)』
商品名 藤原産業『SK11 ステン用ヤスリワイド荒/仕上』 トラスコ中山『鉄工用ヤスリ(THI150-02)』 HOZAN(ホーザン)『ヤスリセット(K-215)』 髙儀『金工用ヤスリ3本組』 TSUBOSAN(ツボサン)『組ヤスリ-5本組ヤスリ』 ENGINEER(エンジニア)『ジェットブラックヤスリ(TF-41)』 KTC京都機械工具『組ヤスリ(TZKF1A05)』 ORIENT(オリエント)『マイ・ファイル 鉄工ヤスリ(ME1-150)』 TSUBOSAN(ツボサン)『ブライト900』 KONYO(コンヨ)『ダイヤモンドヤスリ』 ワタオカ『万能やすり(5型 半丸)』
商品情報
特徴 1本で削りから仕上げができるヤスリ 好みに合わせて選べる柄なしタイプ 幅広い用途で使える10本組 ソフトグリップで使いやすいヤスリの3本セット こまかい作業に便利な細工ヤスリ5本セット 目詰まりしにくい鉄工ヤスリ 使いやすい5本組ヤスリ 削りと仕上げができる2WAY仕様 扱いやすい2WAYタイプの柄ありヤスリ こまかい箇所にも使えるチタン加工のヤスリ 金属から樹脂まで削りやすい
柄のタイプ 柄あり 柄なし 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり 柄あり
目の粗さ 荒目、仕上目 中目 中目(上目63) - 荒目、中目、細目、油目 中目 中目 荒目(表面/荒加工用)、中目(裏面/仕上げ加工用) 荒目(表)、細目(裏面) - -
ステンレス × × × × × × ×
形状 平、半丸、丸、三角、角、三角(片刃)、楕円、平(槍型)、両半丸、刀刃 平、半丸、丸 平、半丸、丸、角、三角 平、半丸、丸、角、三角 平、半丸、丸 半丸
サイズ(全長) 258mm(刃長150mm) 190mm(刃長150mm) 160mm(刃長75mm) 270mm(刃長150mm) 215mm(刃長110mm) 325mm(刃長175mm) 220mm 248mm 215mm(刃長110mm) 140mm 215mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月8日時点 での税込価格

鉄工ヤスリの使い方のポイント

鉄工ヤスリは前に押すときに削れる仕組みになっています。手前に引くときにも力を入れてしまうと、刃を傷める原因になりかねないので、押すときと引くときの力加減を調節しながら使うようにしましょう。

作業中は切削粉をキレイにするためのワイヤーブラシを用意しておくのもおすすめ。目詰まりを解消して、作業をスムーズに続けられます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 鉄工ヤスリの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの鉄工ヤスリの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:鉄工ヤスリランキング
楽天市場:ヤスリランキング
Yahoo!ショッピング:鉄工ヤスリランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】鉄工ヤスリに関連するほかの商品情報はこちら

目の粗さや形状などポイントを絞って選びましょう

ここまで鉄工ヤスリの11商品をご紹介しました。

鉄工ヤスリには、さまざまな種類があります。目の粗さや形状など、ポイントを絞ってチェックしていくことで、用途にあった鉄工ヤスリがみつけやすくなりますよ。迷ったときには有名メーカーの鉄工ヤスリを選んでもいいでしょう。

あなたがほしい鉄工ヤスリを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/07 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 福本航大)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

本記事では、DIYアドバイザーの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、小型電動ドライバーの選び方とおすすめ商品15選をご紹介します。小型電動ドライバーはDIYや家具の組み立てなどでのねじ締め作業をラクにしてくれる工具です。手作業でのねじ締めは、締め具合にバラつきがでたり、大量のねじ締めができなかったりと何かと苦労することも多いのではないでしょうか。小型電動ドライバーが1台あれば、ラクなねじ締めはもちろん、パーツの付け替えによって穴あけなどの作業も可能になります。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも

ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


コンベックスおすすめ9選|正確で使いやすい老舗メーカーの商品も

コンベックスおすすめ9選|正確で使いやすい老舗メーカーの商品も

コンベックスとは、巻き取り式の金属製テープメジャーのこと。測量時には自立するのに、収容時には曲がるという特徴があります。木材を切るために長さを測ったり、家の間取り寸法を確認したりと、「ものづくり」には欠かせないアイテムです。今回は芸術大学教員でありDIYアドバイザーの野口僚さんに取材し、おすすめのコンベックスと選び方をお聞きしました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ロックピンおすすめ11選|形状の特徴や素材の違いをご紹介【かんたん操作】

ロックピンおすすめ11選|形状の特徴や素材の違いをご紹介【かんたん操作】

現場での位置決めや仮留め作業に役立つロックピン。小さくてシンプルな作りですが、これひとつで、それまで固定と解除に手間と時間がかかっていた作業を、ワンタッチでかんたんに行なえます。繰り返し頻繁に行なう作業には、こうした便利な工具があると作業効率と安全性が向上します。この記事では、ガーデンデザイナーの居場英則さんと編集部が選んだ「ロックピン」のおすすめ11選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【DIYアドバイザーに聞く】ノコギリおすすめ17選! 金属用や折りたたみのこぎりも

【DIYアドバイザーに聞く】ノコギリおすすめ17選! 金属用や折りたたみのこぎりも

DIYでとてもお世話になるノコギリ。これからDIYをはじめてみたいと考えるとノコギリは最初の購入候補になることも多いのですが、いざ購入しようとするとたくさん種類のノコギリが売られていて、口コミもたくさんあるため少し迷ってしまうかもしれません。そこで、DIYアドバイザーの野口 僚さんにお話をうかがい、ノコギリの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る