インシュレーターおすすめ10選|スピーカーの音質アップに!【金属・木製・ゴム】

インシュレーターおすすめ10選|スピーカーの音質アップに!【金属・木製・ゴム】
音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEO
眞壁 征生

専門は音響アンプの電子回路設計。筐体設計。真空管回路設計。 2005年2月に音響機器を開発・製造・販売する会社を設立。国内はもとより、欧州を中心に37ケ国に輸出。 2007年プロオーディオ事業、2013年ログハウス事業、2015年コンサート企画運営事業、2018年時計輸入事業を開始。 2008年よりFM岐阜『ムジカスタイル』(毎週木曜18:30~)ナビゲーター。 ローカル鉄道養老鉄道支援組織『乗って残そう揖斐養老線実行委員会』会長。

オーディオ機器は振動に弱く、机や床、棚などの上に直接置くことで音質が低下する可能性があります。インシュレーターは、そういった音質の低下を抑えるためのアイテムです。オーディオ機器に使用し、発生する振動を他の機器に伝わりにくくしてくれるので、誰でもかんたんに音質を変えることができます。この本記事では、インシュレーターの選び方の解説をしながら、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部がおすすめのインシュレーターを紹介します。


インシュレーターとは?

薪木の上に置かれたオーディオアンプ

Photo by Blaz Erzetic on Unsplash

オーディオは、機器を下で支える土台の種類によって、音に違いが生まれます。

「自宅のオーディオ機器の音質があまりよくない」と感じたら、インシュレーターで音質が改善されるかもしれません。オーディオ機器から発生している振動は、設置場所の影響を受け、純粋な音源の振動とは異なるものになってしまいがちです。

そのような影響を軽減させるためには、オーディオ機器の接地面を少なくすると効果的です。インシュレーターの利用により、かんたんに音質を向上できるでしょう。インシュレーターの種類もさまざまで、材質や形状により振動への効果が異なります。自分が再現したい音楽を聴くことができるようなインシュレーターを見つけて、オーディオ環境を整えていきましょう。

インシュレーターの選び方 音響機器メーカーCEOに聞いた

ただ単にオーディオ機器の振動を吸収するだけでは音に活気がなくなるので、振動をうまくコントロールして調整する必要性があります。素材や形状に着目しながら選ぶポイントを解説します。

材質で選ぶ

インシュレーターを選ぶ際に重要なもののひとつは材質です。材質により振動の伝わり方も異なり、それが音質に影響します。

高音がきれいな「金属製」

かたい材質である金属は、音をきれいに響かせるところが特徴です。金属のなかでも得意分野はさまざまですが、真鍮は高音の抜けがよくなる、ステンレスならタイトで鮮明な音質への変化があったり、という違いがあります。

音の粒がクリアに聞こえやすくなるので、オーケストラのように一音一音に集中して聞きたい場合におすすめです。

やわらかい音の「木製」

金属タイプと比較し木製タイプのインシュレーターは、接地面積が比較的大きくなり、低音を響かせる効果があるため、振動をやわらかく吸収してくれるイメージです。

また、音の性質としてかたい方から柔らかい方に動いていくので、アコースティック音楽といった、じんわりと広がるようなあたたかみのあるサウンドに向いています。

音質にこだわるなら「ゴム・VFE製」

ゴム製や、粘性のある発泡素材「VFE」でできたインシュレーターは、振動の抑制力がとくに高い傾向があり、より音質にこだわりたい方に向いています。

しかし、その振動抑制力の高さゆえ、必要な振動まで削ってしまう可能性も。振動がどうしても気になるといったときに試してみてください。

形状で選ぶ

インシュレーターは形状も多様です。形状によって、音の伝わり方や揺らぎにも変化が起こります。ここからは形状に注目してみましょう。

研ぎ澄まされたクリアな音になる「スパイク」

スパイクは金属製のものが主流。先端が尖っているのが特徴で、スパイク受けとセットで使用します。オーディオ機器の接地面を極力小さくでき、スピーカー本来の振動を邪魔しない、クリアな音質を楽しむことができ、スピーカー自体の振動も適度に残しつつ、音を響かせてるくれます。

微細なサウンドもクリアに聞き取りたい場合にはおすすめの形状です。

音楽の深みを感じる「キューブ」

キューブタイプの材質は、木製やゴム製のやわらかいものが多く、これらの性質として振動を吸収してくれるため、ノイズをクリアにした深みのある音質が得られます。

これにより、ゆったりとした広がりのある音楽を楽しむことができるでしょう。

自分好みの音質を追求できる「円形」

円形のインシュレーターは、金属製、木製、ゴム製など、材質にかかわらず展開されています。選べる材質や大きさが多様で、選択の自由度が向上。さまざまなインシュレーターを試して、自分の好みに合ったサウンドを探したい方におすすめの形状です。

円形のインシュレーターは、金属とゴムなど2種類以上の素材を組み合わせた商品も販売されています。それぞれの材質のよさを音質に活かしたい場合におすすめです。

使う機器によって適した個数が変わる

基本的な組み合わせのスピーカー2つとアンプ(またはコンポ)という組み合わせをする場合、スピーカーのみで最低6個、アンプもある場合は最低10個のインシュレーターが必要に。設置の段階で「足りない!」と焦らないように、少し多めに用意しておくと安心です。

なお、必要になるインシュレーターの個数は、組み合わせによって異なるため、アンプとコンポ、スピーカーを何個使っているのかをベースに、必用な個数を検討しましょう。

さまざまな組み合わせを試し、自分好みの音質を探す 音響機器のCEOからアドバイス

音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEO

インシュレーターは外部の振動を遮断すると同時に、オーディオ機器自身が発生する振動をほかの機器へ伝えないようにする双方向性の効果が求められます

また、これが1番という絶対的なインシュレーターはありません。いろいろなインシュレーターを試してみましょう。

インシュレーターおすすめ10選 音響機器メーカーCEOと編集部が厳選【金属・木製・ゴム・スパイク・キューブ・円形】

さまざまな材質や形状のインシュレーターのなかで、おすすめの商品を紹介します。

音響機器メーカー「株式会社ムジカコーポレーション」CEO

『ハイブリットインシュレーター(AT6099)』は、スピーカーにもアンプにも使用できます。スピーカーに使用する場合は前側に2個、後側に1個使用する、3点支持がよいでしょう。

『QB-3アフリカ黒檀製キューブベース』に使用されている黒檀は、非常にかたい木材で、金属と木材の中間のような音色です。ヴォーカルを楽しむ場合もおすすめです。

『インシュレータ(TP4-M6)』は、自作派の方に最適。とても効果的ですが、多くのネジ径が用意されているので、この商品の選択は初心者には少し難しいかもしれません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6099)』

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6099)』

出典:Amazon

サイズ 直径30×17mm
形状 円形
材質 真鍮、ハネナイト、ソルボセイン
構造 4層ハイブリッド構造
セット数 6個セット

ゴムと真鍮を組み合わせたハイブリットタイプ

特殊防振ゴムである「ハネナイト」「ソルボセイン」の効果が活かされる設計で、不要な振動を抑制します。コンパクトサイズでありながら、軽い機器を乗せても滑りにくく設計されています。

インシュレーターのベース材には、サウンドチューニングに効果的な真鍮削り出しを採用しており、低域から高域までバランスの取れた音質を実現してくれます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

山本音響工芸『アフリカ黒檀製キューブベース(QB-3)』

山本音響工芸『アフリカ黒檀製キューブベース(QB-3)』

出典:Amazon

サイズ 34×34×34mm
形状 キューブ
材質 アフリカ黒檀
構造 -
セット数 4個セット

クラシック音楽鑑賞にもおすすめ

立方体の形状をした木製素材。オーボエやクラリネットといった楽器にも使用されている、アフリカ黒檀を素材として使用しています。重みのある硬質の木材で、振動をほどよく吸収しながら、引き締まったクリアな低音を実現

見た目は上品で温かみのある外観。スピーカーやアンプなどの下に置いても違和感なく収まります。低音が締まっていながら、全体的にやわらかい音を実現してくれるので、クラシック音楽におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

KRYNA(クライナ)『インシュレータ T-PROP(TP-4 M6)』

出典:Amazon

サイズ スパイク:直径6×31.5mm、カップ:直径30×14.1mm
形状 スパイク
材質 真鍮
構造 スパイクと受け皿の一体構造
セット数 4個セット

スパイクとスパイク受けが一体化!

スパイクとスパイク受けがネジ状になった一体構造が特徴で、スパイクがカップを持ち上げて同時に移動することができます。

スパイクの鋭利な先端部分が露出しにくいため、安全でスマートな振動対策が可能です。上からの振動を逃がしながら、床下からの振動をブロックしてくれます。

オヤイデ電気『スパイクベース/インシュレーター(INS-SP)』

出典:Amazon

サイズ 直径20×6mm
形状 円形
材質 ステンレス(SUS303)
構造 リバーシブル
セット数 4個セット

スパイク受けでも使えるリバーシブルタイプ

スパイク受けとして相性のいい高剛性素材を使用。コンピューター制御によって切削されており、高い精度の品質を保っています。精度と高剛性を兼ね備えることによりガタツキや変形がなく、スパイクの先端との接地点のブレを発生させません。

インシュレーター本体としても活用できるよう、リバーシブルのつくりになっています。剛性の高い素材の特性を活かした音をサポートしてくれるアイテムです。

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6098)』

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6098)』

出典:Amazon

サイズ 直径20×11mm
形状 円形
材質 真鍮、ハネナイト
構造 3層ハイブリッド構造
セット数 8個セット

低域の音の出にこだわりたい人におすすめ

ベース材に真鍮素材を使用し、それを挟むように特殊ゴムである「ハネナイト」を上下に使用。3層構造にすることで、不要な振動を抑制する効果があります。抜けのいい低音になるので、低音を重視したい方におすすめです。

軽いオーディオ機器でも滑りにくい安全設計になっており、小型のスピーカーなどのコンパクトなオーディオ機器を置くのにも向いています。

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6089CK)』

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6089CK)』

出典:Amazon

サイズ 直径18×11.5mm
形状 円形
材質 コルク、真鍮
構造 2層ハイブリッド構造
セット数 8個セット

ミニコンポなどに使いやすいコンパクトサイズ

コルクと真鍮素材を使用したハイブリッド仕様。真鍮の削り出しの本体の下部にコルクを使用し、クリアで明るい音を実現してくれます。

フルサイズのコンポだけではなく、ミニコンポや小型スピーカーなど比較的小型のオーディオ機器にもちょうどいいサイズ感で、机の上に置いて使う場合にも効果的です。はっきりとした音がお好みの方におすすめです。

オヤイデ電気『スパイク/インシュレーター(INS-US)』

オヤイデ電気『スパイク/インシュレーター(INS-US)』

出典:Amazon

サイズ 直径20×9.9mm
形状 スパイク
材質 ステンレス(SUS303)
構造 -
セット数 4個セット

品質がよくコストパフォーマンスが高い

ステンレス製で密度が高く、締まりのあるサウンドを実現。高い寸法精度と、点接触の一点荷重にも耐えられる高剛性を備え、安定した点接触となっています。

高品質でありながら、リーズナブルな価格設定なのでコストパフォーマンスのいい商品です。デザインや材質の相性面を考えると同メーカーの『INS-SP』と併用するとよいでしょう。

AET(エーイーティー)『VFE4005H』

出典:Amazon

サイズ 40×40×5mm
形状 -
材質 VFE
構造 -
セット数 4個セット

粘性発泡素材による力強いサウンド

ジェル素材を発泡させた「VFE」を使用。粘性と発泡の両方のメリットを兼ね備えた素材で、振動吸収にすぐれ、パワフルで鋭い音質を表現する高性能な商品です。

耐久性の高い工業製品で、劣化やへたりが起きにくいアイテム。同メーカーで展開されているVFE-4005シリーズのなかでも、こちらはとくに音質を重視しています。

山本音響工芸『黒檀製三角セッティングベース(PB-22)』

山本音響工芸『黒檀製三角セッティングベース(PB-22)』

出典:Amazon

サイズ 38×25×18mm
形状 -
材質 東南アジア産縞黒檀
構造 -
セット数 4個セット

音の広がりを楽しみたい人へ

木製でありながら、オーディオ機器との接点が線状になっているタイプ。素材はかたくて丈夫な縞黒檀を使用しており、別名エボニーとも呼ばれます。接点が狭くてもしっかりと支えてくれる仕様です。

3点や4点で設置した場合に、ピンポイントのインシュレーターよりも安定性にすぐれているのも特徴。木材特有の音の「広がりとキレ」の両方を楽しみたい方におすすめです。

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハネナイトAVインシュレーター(AT6091)』

Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハネナイトAVインシュレーター(AT6091)』

出典:Amazon

サイズ 直径36×9.5mm
形状 円形
材質 ハネナイト防振ゴム
構造 -
セット数 4個セット

無反発性特殊ゴムのシンプル構造

無反発性特殊防振ゴムである「ハネナイト」を素材として採用。防振性に特化しており、不要に発生する振動を吸収してくれます。音は低音のボリューム感を維持したまま、クリアな音質を実現するアイテムです。

耐荷重はインシュレーター4個で約80kgまで。重量級のハイエンド機からコンパクトサイズのポータブル機器まで、安心して使用できます。付属の透明シールを上面に貼り保護シートを下に敷くことで、ゴム跡がつくのを防げるのも特徴です。

「インシュレーター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6099)』
山本音響工芸『アフリカ黒檀製キューブベース(QB-3)』
KRYNA(クライナ)『インシュレータ T-PROP(TP-4 M6)』
オヤイデ電気『スパイクベース/インシュレーター(INS-SP)』
Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6098)』
Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6089CK)』
オヤイデ電気『スパイク/インシュレーター(INS-US)』
AET(エーイーティー)『VFE4005H』
山本音響工芸『黒檀製三角セッティングベース(PB-22)』
Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハネナイトAVインシュレーター(AT6091)』
商品名 Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6099)』 山本音響工芸『アフリカ黒檀製キューブベース(QB-3)』 KRYNA(クライナ)『インシュレータ T-PROP(TP-4 M6)』 オヤイデ電気『スパイクベース/インシュレーター(INS-SP)』 Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6098)』 Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハイブリットインシュレーター(AT6089CK)』 オヤイデ電気『スパイク/インシュレーター(INS-US)』 AET(エーイーティー)『VFE4005H』 山本音響工芸『黒檀製三角セッティングベース(PB-22)』 Audio Technica(オーディオテクニカ)『ハネナイトAVインシュレーター(AT6091)』
商品情報
特徴 ゴムと真鍮を組み合わせたハイブリットタイプ クラシック音楽鑑賞にもおすすめ スパイクとスパイク受けが一体化! スパイク受けでも使えるリバーシブルタイプ 低域の音の出にこだわりたい人におすすめ ミニコンポなどに使いやすいコンパクトサイズ 品質がよくコストパフォーマンスが高い 粘性発泡素材による力強いサウンド 音の広がりを楽しみたい人へ 無反発性特殊ゴムのシンプル構造
サイズ 直径30×17mm 34×34×34mm スパイク:直径6×31.5mm、カップ:直径30×14.1mm 直径20×6mm 直径20×11mm 直径18×11.5mm 直径20×9.9mm 40×40×5mm 38×25×18mm 直径36×9.5mm
形状 円形 キューブ スパイク 円形 円形 円形 スパイク - - 円形
材質 真鍮、ハネナイト、ソルボセイン アフリカ黒檀 真鍮 ステンレス(SUS303) 真鍮、ハネナイト コルク、真鍮 ステンレス(SUS303) VFE 東南アジア産縞黒檀 ハネナイト防振ゴム
構造 4層ハイブリッド構造 - スパイクと受け皿の一体構造 リバーシブル 3層ハイブリッド構造 2層ハイブリッド構造 - - - -
セット数 6個セット 4個セット 4個セット 4個セット 8個セット 8個セット 4個セット 4個セット 4個セット 4個セット
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月10日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする インシュレーターの売れ筋をチェック

Amazonでのインシュレーターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スパイクランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】あると便利なアイテムを紹介

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにレコードクリーナーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。音楽のデジタル配信が普及してきたいまでも、アナログのレコードを愛好するひとは多く存在します。CDなどと違いレコードは盤面の溝を針で読み込むので、ほこりやよごれが直接音に影響してきます。そこで...

「100均でいいんじゃない?」そう思っていませんか? 車のカーオーディオとスマホなど、音響機器同士をつなぐAUXケーブル。音響機器同士をつなぐさいに、音質の劣化やノイズは避けたいものですよね。音質の劣化などを避けるためには、AUXケーブルの素材や金メッキ処理などに注目しましょう。この記事では、...

自宅で映画館さながらの迫力感あるサウンドを再現できる、AVアンプ。音を増幅させる働きを持つAVアンプは、ホームシアターを楽しむうえで不可欠なオーディオ機器であると同時に、ゲームや音楽鑑賞でも活躍してくれるアイテムです。いざAVアンプを買おうと思っても、どれを選ぶべきかわからない……という方も多...

オーディオインターフェイスは、SteinbergやM-AudioなどDAWバンドルで販売しているものから、MOTUの8PRE-ESなどのプロ仕様モデルまで、さまざまな製品があります。価格も1万円未満から数10万円クラスまで幅広く、何を基準にすべきか、それぞれの違いがどこにあるのかわかりにくく、...

組み合わせは無限大!

1)高音を重視するなら金属製を選ぶ
2)アコースティック系の音楽が好きなら木製
3)振動をとにかく抑えるならゴム製
4)形状と楽曲の相性もチェック

インシュレーターの材質や形状により、オーディオ機器の音が異なります。自宅に居ながら、本格的なサウンドを楽しむためには欠かせないインシュレーター。自分の好みのインシュレーターを見つけて、聞きやすさを追求しましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

Bluetoothヘッドセットおすすめ10選|音質・通信速度・コーデックで選ぶ

ハンズフリーでの通話から音楽まで楽しめるBluetoothヘッドセット。スマホとも連動できて便利なアイテムですが、こまかいスペックや機能が多く、何を基準に選べばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選ぶBluetoothヘッドセットのおすすめ商品10選をご紹介します。また、選び方の解説もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。


【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

【モニターヘッドホン】おすすめ12選|密閉型、オープンエアー型など紹介

モニターヘッドホンとは、スタジオやテレビ局でよく使われているヘッドホンのことで、プロ以外にもDTMや楽器使用、リスニング用として普段使いすることもあります。そこで、コール徳島店店長の野田博之さんと編集部がによるモニターヘッドホンの選び方から、おすすめの商品までご紹介します。オーディオテクニカやAKG、SONYなどさまざまなメーカーがありますので、記事を参考にぜひ自分に合った一台を見つけてください。


片耳イヤホンおすすめ18選|通話用から装着感重視まで目的別に多数紹介

片耳イヤホンおすすめ18選|通話用から装着感重視まで目的別に多数紹介

片耳イヤホンは、作業をしながら使いたい人におすすめのアイテム。一般的なイヤホンと違って、周囲の音を確認しやすいのがメリットです。しかし、さまざまなタイプがあるのでどれを選べばいいかお悩みの人もいるでしょう。そこで、コール徳島店店長である野田博之さんと編集部が選ぶ片耳イヤホンのおすすめ18選をご紹介します。さらに選び方についても解説していますので、この記事を参考に気になる商品を見つけてみてください。


【トランシーバー】のおすすめ商品10選|防塵防水・長距離通話タイプも!

【トランシーバー】のおすすめ商品10選|防塵防水・長距離通話タイプも!

ビジネスやアウトドアなど、さまざまなシーンで活用されているトランシーバー。本記事では、数あるトランシーバーのなかから、家電ジャーナリストの安蔵靖志さんと編集部おすすめの商品を10選に厳選しました。また、選び方についても解説しています。ぜひ自分に合ったトランシーバーを見つけてみてください。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る