【2020年】|AV評論家が選び方を詳しく解説!|AVアンプのおすすめ6選

【2020年】|AV評論家が選び方を詳しく解説!|AVアンプのおすすめ6選
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

自宅で映画館さながらの迫力感あるサウンドを再現できる、AVアンプ。音を増幅させる働きを持つAVアンプは、ホームシアターを楽しむうえで不可欠なオーディオ機器であると同時に、ゲームや音楽鑑賞でも活躍してくれるアイテムです。いざAVアンプを買おうと思っても、どれを選ぶべきかわからない……という方も多いのではないでしょうか。そこで、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、専門用語の解説も交えながら、AVアンプの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。


AVアンプの選び方|AV評論家に聞いたポイントを紹介

AVアンプを選ぶ際に気をつけておきたいポイントを5つ、AV評論家である折原一也さんに教えていただきました。

AVアンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

AVアンプを導入するかしないかで、自宅での音楽・映像環境は大きく変わってきます。選び方のポイントを押さえて比較検討してみましょう。

AVアンプの選び方

AVアンプのスペックで確認しておきたいのは、対応フォーマットやチャンネル数、入出力端子の種類や数などです。どんな使い方をするか、どのような点を重視するかを考慮して、自分に合った製品を見つけましょう。

音質に違いがある「対応フォーマット」を確認

AVアンプで扱うフォーマットにはいくつかの種類があります。

まず、2チャンネルのステレオオーディオについては、デジタル入力の対応フォーマットをチェックしておきましょう。代表的なものはCDのPCMですが、このほかにSACDなどで使われるDSDや、CDと同じPCMでも高サンプルレートのハイレゾ音源などがあります。音楽を高音質で楽しみたいなら、これらのフォーマットに対応しているものを選びましょう。

映画やゲームで使う5.1チャンネルや7.1チャンネルといったマルチチャンネルのサラウンド音声については、おもにDolby DigitalとDTSの2つがあり、どちらも複数のバージョンがあります。バージョンによる大きな違いはチャンネル数ですが、音質も異なることがあります。

たとえばブルーレイに採用されている高音質の音声規格に対応し、192kHz/24bitの音声を再生できるのは、Dolby DigitalならDolby TrueHD、DTSならDTS-HD Master Audioよりも新しいバージョンです。サラウンドについても音質を重視するなら、これらの点もチェックしましょう。

対応サラウンドフォーマットを確認

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

映画やゲームのサラウンド音声を楽しむAVアンプの最新トレンドは、劇場映画で採用例が増えている「Dolby Atmos」「DTS:X」といった立体音響技術。立体音響技術では、音の空間情報にオブジェクト方式を採用し、頭上から聴こえる音の情報も収録しています。

AVアンプを使った本格的なホームシアターでは、高さ方向を再現する天井スピーカーを含めた5.1.2chのようなスピーカー構成とすることで、劇場さながらの立体音響を再現。ほかにもいくつかの新方式が登場しています。

臨場感を左右する「チャンネル数」を確認

映画やゲームで臨場感ある音声を楽しむには、マルチチャンネルのサラウンドが欠かせません。そのためには、出力できるチャンネル数もチェックしておきましょう。

前述のDolby DigitalやDTSでは、前方の左右と後方の左右、前方中央、そして低音専用のウーハーを使う5.1チャンネルを基本として、後ろの中央を追加した6.1チャンネルのDolby Digital EXやDTS-ES、左右2つを追加した7.1チャンネルのDolby Digital PlusやDTS-HD High Resolution Audioなどがあります。スピーカーの数が多いほど前後左右から音に包まれ、音が斜め前から後ろに通過していくなど、リアルで臨場感ある音声を楽しむことができます。

最初はステレオの2チャンネルからスタートして、あとからスピーカーを追加してサラウンドシステムを構築することもできるので、予算が許すならできるだけチャンネル数の多いものを選ぶとよいでしょう。

チャンネル数で探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプのもっとも基本的なスペックは、搭載しているアンプのch(チャンネル)数です。映画やゲームのサラウンドを再現するホームシアターの最小構成は5.1chですが、上位モデルは7.1ch、9.1chのように、より多くのアンプを搭載しています。

立体音響技術に対応するホームシアターでは、最低でも7.1ch以上のAVアンプを選びましょう。日本の家庭では、スピーカー自体は最小の5.1chの構成で組むケースが多いのですが、アンプのch数に余裕があると、バイアンプやマルチルームといった方法で活用できます。

また、アンプのW(ワット)のスペックは、迫力あるサウンドを再生する性能の目安になりますよ。

ディーアンドエムホールディングス DENON『AVR-X4500H』

こちらは9.2ch対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

接続する機器に合わせて「入出力端子」を確認

接続する機器の出力端子を確認して、対応する入力端子を備えるAVアンプを選びましょう。

BDプレーヤーや4Kチューナーと接続するときに使われるHDMIは、複数装備する製品がほとんどです。ただしHDMIは多くの家電製品で使われているため、あとからゲーム機などを接続したくなることも想定して、数に余裕あるものを選ぶのがベターです。

また、CDプレーヤーなどのデジタル音声出力には、光と同軸の2タイプがあります。手持ちのプレーヤーがどちらを備えているかを確認して、同じタイプのものを選びましょう。なお光デジタルには角型と丸型がありますが、これは変換コネクタなどで対応できます。

カセットデッキなどのアナログ機器ならRCA端子(ピンジャック)が一般的です。またレコードプレーヤーを使いたいなら、PHONO端子の有無もチェック。これがあれば、PHONOイコライザーを用意しなくてもレコードプレーヤーを直接接続することができます。

設置場所を想定してサイズをチェック!

置きたい場所に置けるかどうか、サイズの確認も必要です。AVアンプの多くは横幅が43~44cm、高さが15~17cmとなっています。

AVラックなどを使う場合は、ほとんどの場合問題なく収められますが、これよりも高さのある製品もあるので注意してください。「薄型アンプ」と呼ばれる背の低い製品もあるので、設置場所が限られる場合はこういった薄型タイプから選ぶとよいでしょう。

サイズの確認も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、リビングの薄型TVと組み合わせたカジュアルシアターでも活用可能。そこで考えておきたいのは、AVアンプの本体サイズです。

AVアンプのほとんどはフルサイズと呼ばれる幅43cmのもので、高さも15cm以上のサイズがスタンダード。とはいえ、この寸法では一般的なTVラックのなかにうまくおさまらないこともあります。

そこで選びたいのが、薄型AVアンプと呼ばれる製品。こちらは、背の高さが10cm程度と低いため、TVラックのなかにも収まりやすくなります。また、クラシカルなAVアンプの見ためが気になる方も、薄型AVアンプを探してみるといいでしょう。

自分が欲しい機能を絞り込むことも大事!

AVアンプには、多彩な機能を持つ製品も数多くあります。たとえばBluetoothやWi-Fiといったワイヤレス接続に対応していれば、スマホやタブレットなどのBluetooth対応機器や、Wi-Fi対応のPCなどに収録した音楽を、配線をせずに再生することができます。

DLNA対応なら、LAN経由でさまざまな機器を接続でき、リビングにいながら別の部屋のあるCDプレーヤーの音を聞く、といった使い方ができます。

また、サラウンドシステムを構築する場合に、数多くのスピーカーを最適な位置に配置するのは面倒ですが、最適な音場になるように自動調整してくれるものもあります。ただし機能が豊富な製品は高価になりますし、自分にとっては不要な機能が含まれている場合もあるでしょう。

CDやDVDプレーヤーを再生できればよいという人ならワイヤレスは不要ですし、AV機器をひとつの部屋にまとめて置いているならDLNAはほとんど使わないでしょう。このように、使い方に応じて自分に必要な機能を絞り込み、最適な製品を選んでください。

音楽リスニングのスタイルで探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、ホームシアターのためのものと思われがちですが、本来はAVレシーバーと呼ばれています。AVレシーバーは映画だけでなく、音楽リスニングも含めた家庭内のサウンドを一手に引き受けるためのものです。

アナログやデジタルの音声入力はすべての機種で搭載しており、最新のAVアンプはWi-FiやBluetoothのワイヤレスに対応する機種も増えています。

Wi-Fi対応であれば、自分が契約している定額音楽配信のサービスがきちんと使えるかどうかのチェックを忘れずに。Bluetoothを使用する場合、aptXやLDACといった高音質コーデックへの対応も確認しておきましょう。

HDMI端子の数や映像方式もチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、HDMI端子を使って、BDプレイヤーやゲーム機、FireTVなど、映像配信端末とさまざまな機器を繋げることが可能。必要に応じて切り替えるスイッチャーの役割を持っています。多数の機器を繋げて切り替えたい場合には、HDMI端子の数もチェックしておきましょう。

同時に、4KやHDRといった最新映像フォーマットをパススルーする機能の対応可否も確認することをおすすめします。4K 60p 4:4:4とHDCP 2.2、そしてHDR10、HLG、Dolby Visionに対応していれば最新です。

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

HDCP 2.3対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

AVアンプ6選|AV評論家のおすすめ

前述してきたAVアンプの選び方をもとに、AV評論家である折原一也さんが選んだおすすめのAVアンプをご紹介していきます!

【価格帯別】5万円以下の低価格AVアンプ

できるだけコストを抑えてAVシステムを構築したいという人におすすめの、低価格な製品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時)
チャンネル数 7.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか
通信機能 Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子 入力:4、出力:1
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

入門機種でも立体音響まで完備

AVアンプの人気ブランドのひとつがヤマハです。

支持される理由は、ホームシアターのサラウンド機能を充実させるのに積極的なこと。入門機種でも「Dolby Atmos」「DTS:X」をしっかりカバーしていますので、AVアンプをあまりよく知らない方にもおすすめです。

それだけでなく、ヤマハが独自に研究を続けている「シネマDSP 3D」の技術で、5.1chのスピーカーのみでも、9.1ch相当の高さのある立体音響空間を作り出します。

音楽再生についても、ハイレゾからWi-Fiまでそろうので、機能的にはこのクラスでまったく不満なしでしょう。

DENON(デノン)『AVR-X550BT』

デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K デノンDenonAVR-X550BTAVレシーバー5.2chDolbyTrueHD/DTS:HD/MasterAudio対応エントリークラスブラックAVR-X550BT-K

出典:Amazon

サイズ 幅43.4×奥行31.9×高さ15.1cm
チャンネル数 5.2ch
対応フォーマット Dolby TrueHD、DTS-HD ほか
通信機能 Bluetooth 3.0 + EDR
HDMI端子 入力:5、出力:1
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

HDMIを5つ装備する高音質設計の低価格モデル

2系統のサブウーハー出力を備える5.2チャンネルのAVアンプ。同社のエントリーモデルに当たる製品ですが、全5チャンネル同一構成のディスクリート・パワーアンプを搭載するなど、上位機種と共通の高音質設計が特徴。

サラウンドはDolby TrueHDとDTS-HDに対応しています。HDMI入力はこのクラスの製品で最多の5つ装備し、3系統は4K Ultra HDパススルーが可能、HDR10やDolby Vision、HLGといった高画質の規格にも対応しているので、BDレコーダーなどを接続して高画質、高音質でコンテンツを楽しめます。

Bluetooth対応で、スマホやPCの音楽を高音質再生できるほか、MP3やWMAなどの圧縮音源の失われた成分を補正し、自然な高音質で再生できる「リストアラー」機能も搭載しています。

SONY(ソニー)『STR-DH590』

サイズ 幅43.0×奥行29.7×高さ13.3cm
チャンネル数 5.1ch
対応フォーマット Dolby Digital Plus、Dolby TrueHD、DTS-HD High Resolution Audio ほか
通信機能 Bluetooth
HDMI端子 入力:4、出力:1
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

自動音場補正機能を搭載する5.1chアンプ

HDR10やHLG、Dolby Visionなどに対応し、4Kコンテンツを高音質、高画質で視聴できる5.1チャンネルのアンプ。HDCP 2.2パススルー機能で4K放送にも対応します。

使用する部屋の音響特性を自動的に測定して補正する、独自の自動音場補正機能を搭載。室内の広い範囲で自然なサラウンドを楽しめます。サラウンドスピーカーがなくても、フロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する機能も搭載しています。

同社のテレビ「ブラビア」ユーザーなら、入力切替や音質などの設定は、テレビのリモコンを使って画面上で行なえます。このほかBluetoothに対応、圧縮音源の高域信号を補完する「オーディオエンハンサー」も搭載しています。

KENWOOD(ケンウッド)『KA-NA7』

ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7 ケンウッドアンプハイレゾ対応KシリーズKA-NA7

出典:Amazon

サイズ 幅11×奥行17.9×高さ5cm
チャンネル数 2ch
対応フォーマット WAV、FLAC、MP3、WMA
通信機能 Bluetooth
HDMI端子 -
映像方式 -

ハイレゾヘッドホンアンプにもなる小型アンプ

横幅わずか11cmのコンパクトなボディに、多彩なソースを楽しめる機能を詰め込んだオーディオアンプ。オーディオ入力はアナログのステレオミニのほか角型の光デジタル端子を備えるので、デジタル出力のあるテレビなどと接続して、映像とともに迫力あるサウンドを楽しむことができます。前面のUSB端子でUSBメモリーなどの音楽を再生できるほか、PC INとしてMicro USB端子も備えているので、PCに保存してあるFLAC、WAVのハイレゾ音源も再生可能、さらにBluetoothでスマホやタブレットにも対応します。高域40kHzに対応するヘッドホン端子を備えるので、ハイレゾ対応ヘッドホンアンプとして使うこともできます。

【価格帯別】5~10万円のスタンダードAVアンプ

もう少し機能が欲しい、という人はこのクラスが狙い目。多彩なサラウンドに対応、豊富な機能を持つスタンダードなタイプのAVアンプをご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『STR-DN1080』

SONY(ソニー)『STR-DN1080』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』

出典:Amazon

サイズ 幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm
チャンネル数 7.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか
通信機能 Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay
HDMI端子 入力:6、出力:2
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音響空間を極めたAVアンプ

本格派のホームシアターユーザーから高評価な、ソニーのミドルクラスAVアンプです。

「Dolby Atmos」「DTS:X」といった最新フォーマットをカバーするのはもちろんですが、ソニーは映画の音響の再現力が優秀。セットアップ時に実行される、自動音場補正機能「D.C.A.C.EX」の効果が的確で、部屋の環境に合わせた音響チューニングが可能です。

ソニーが独自に開発している「S-Force PROフロントサラウンド」も採用されており、2本のスピーカーだけでもバーチャルサラウンドを使える汎用性を備えています。ワイヤレスのBluetoothについてはLDACも対応しているので、Androidスマホのユーザーにもおすすめです。

marantz(マランツ)『NR1710』

マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB マランツMarantzNR1710AVレシーバーDolbyAtmosHeightVirtualizer/ブラックNR1710/FB

出典:Amazon

サイズ 幅44×奥行37.8×高さ10.5cm
チャンネル数 7.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:8、出力:1
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか

最新のサラウンドに対応する薄型モデル

高さ10.5cmの薄型ボディに最新の機能を詰め込んだモデルです。サラウンドは、頭上のスピーカーも使えるDolby Atmos、DTS:Xのほか、DTS Virtual:X、Dolby Atmos Height Virtualizerといった仮想3Dサラウンドの規格にも対応します。

これにより、ステレオや5.1チャンネルなど、ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーがない環境でも、高さを含めたあらゆる方向からのサウンドを感じることができます。HDMI入力は8系統あり、すべてがHDCP2.3に対応、4K/60pにも対応するので、最新の4K映像も楽しめます

。また、音楽配信サービスにも幅広く対応しており、Amazon MusicやAWA、Spotify、SoundCloudといったストリーミングサービスを利用できます。

Pioneer(パイオニア)『SX-S30(S)』

パイオニアネットワークステレオレシーバーシルバーSX-S30(S) パイオニアネットワークステレオレシーバーシルバーSX-S30(S) パイオニアネットワークステレオレシーバーシルバーSX-S30(S)

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行33×高さ7.8cm
チャンネル数 2ch
対応フォーマット WAV、FLAC、AIFF、Apple Lossless ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fiなど
HDMI端子 入力:4、出力:1
映像方式 HDCP 2.2、ほか

音場自動補正機能を備える薄型2チャンネルアンプ

インテリアに合わせやすいシルバーカラーを採用した薄型モデル。

2チャンネルのステレオアンプですが、音場の自動補正を行なえる「MCACC」機能を搭載。これによって、スピーカーの大きさや音量、距離などを判定し、異なるスピーカーでもすべて同じスピーカー、同じ距離で鳴らしたように調整でき、さらにサブウーハーの低域の遅れによる位相のずれも解消できます。

有線ネットワークとUSBメモリからの入力ではDSDや192kHz/24bitのWAV、FLACなどハイレゾ音源にも対応。MP3などの圧縮音源をCD相当の高音質で再生する機能も搭載します。HDCP2.2対応のHDMI端子を備えるので、テレビ放送やBDプレーヤーなどの映像コンテンツも高音質で楽しめます。

YAMAHA(ヤマハ)『RX-A780』

ヤマハAVENTAGEネットワークAVレシーバーRX-A780(H)7.1ch/DolbyAtmos&DTS:X対応/チタンRX-A780(H) ヤマハAVENTAGEネットワークAVレシーバーRX-A780(H)7.1ch/DolbyAtmos&DTS:X対応/チタンRX-A780(H) ヤマハAVENTAGEネットワークAVレシーバーRX-A780(H)7.1ch/DolbyAtmos&DTS:X対応/チタンRX-A780(H)

出典:Amazon

サイズ 43.5×奥行38×高さ17.1cm
チャンネル数 7.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:5、出力:2
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか

独自技術で立体的なサラウンドを実現

空間の「高さ」方向の音場データを活用する同社独自の「シネマDSP 3D」を搭載。映画や音楽、テレビ放送、ゲームなどソースごとに最適化した17種類のプログラムにより、自然で立体的な音場空間を作り出せます。

また、プレゼンススピーカーやサラウンドバックスピーカーがない場合でも、仮想のスピーカーを生成する機能があるので、最大で9.1chのサラウンドを楽しむことができます。HDMI出力は2つ備えられているので、たとえばテレビとプロジェクターを同時接続しておけるので、つなぎ換えの手間をかけずに視聴することができます。

オーディオについては11.2MHzのDSD、192kHz/32bitのWAVとAIFF、192kHz/24bitのFLACなどに対応しており、音楽も高音質で楽しめます。

DENON(デノン)『AVR-X2600H』

デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK デノンDenonAVR-X2600AVサラウンドレシーバー7.2chDolbyAtmosHeightVirtualizer/ミドルクラスブラックAVR-X2600HK

出典:Amazon

サイズ 幅43.4×奥行34.1×高さ16.7cm
チャンネル数 7.2ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:8、出力:2
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか

最新のサラウンドに幅広く対応

頭上のスピーカーも加えたDolby AtmosとDTS:Xのほか、仮想3DサラウンドのDolby Atmos Height VirtualizerやDTS Virtual:Xなど最新のサラウンドに幅広く対応したモデル。DTS Virtual:Xはステレオや5.1chの信号にも適用できるので、さまざまなソースを立体感あるサラウンドのサウンドで楽しめます。

HDMIはクラス最多の8系統入力を装備。すべてがHDCP2.3や4K/60pに対応しているほか、4Kアップスケーリングも搭載。DVDなど多彩な映像を4K相当の美しい映像で楽しめます。

Amazon Alexaに対応しているので、Amazon Echoなどの対応デバイスがあれば、話しかけるだけで再生や停止などの基本操作を行なえるほか、Amazon Musicで年代やジャンルを指定して楽曲を再生することも可能です。

【価格帯別】10万円以上のハイエンドAVアンプ

サラウンドサウンドを思い切り楽しみたいという人におすすめ、多彩なスピーカー構成や最新の3Dサラウンドに対応するハイエンドのAVアンプをご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

marantz(マランツ)『NR1609』

marantz(マランツ)『NR1609』

出典:楽天市場

サイズ 幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合)
チャンネル数 7.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか
通信機能 Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子 入力:8、出力:1
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

薄型デザインが人気

AVアンプの世界に薄型デザインという発想を持ち込み、薄型テレビと組み合わせるリビングシアターの親和性を高めたモデルが「NR1609」です。

サラウンド機能としては、立体音響技術の「Dolby Atmos」「DTS:X」までカバーしたうえで、Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetoothの再生方法に対応。

マランツの提供している「HEOSテクノロジー」で、Wi-Fi再生やSpotify、Amazon Musicなども使えるなど、機能が充実しています。

省スペースだけでなく、音の質感を巧みにひき出すマランツのサウンドが魅力。音楽リスニング目的でAVアンプを探している方にもおすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)『RX-A2080』

RX-A2080AVレシーバー

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行47.4×高さ19.2cm
チャンネル数 9.2ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、Dolby True HD、DTS-HD Master Audio ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:7、出力:3
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか

多彩な3Dサラウンドを実現する9.2chモデル

最新の3DサラウンドのDolby Atmos、DTS:Xに対応しており、5.2.2chや5.2.4ch、7.2.2chなど多彩なスピーカー構成が可能なほか、独自の「シネマDSP HD3」再生にも対応。前後に4つのプレゼンススピーカーを追加する9.1ch、バーチャルスピーカー機能を併用した仮想11.1chなどさまざまな構成で楽しめます。

また、セリフやBGM、環境音などからシーンの種類を分析し、自動的に最適な音場を適用してくれる「SURROUND:AI」も搭載し、前述の3Dサラウンドとの掛け合わせ再生も可能。あらゆる3Dサラウンドを体感できるモデルです。

ONKYO(オンキヨー)『TX-NR3030』

オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B オンキヨーDolbyAtmos&HDCP2.2対応11.1chAVアンプONKYOTX-NR3030-B

出典:Amazon

サイズ 幅43.5×奥行46.65×高さ19.9cm
チャンネル数 11.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、Dolby True HD、DTS-HD Master Audio ほか
通信機能 Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:8、出力:3
映像方式 4K 60p ほか

11.1chに対応するフラッグシップモデル

ホームシアターサウンドの世界基準であるTHXの上位規格「THX Select2 Plus」に準拠した同社のフラッグシップモデル。

Dolby Atmosに対応し、最大で7.1.4ch、または9.1.2chでの再生が可能なほか、Dolby Atmos以外のコンテンツも最大で7.1.4chにアップミックスしてサラウンド再生することができます。

また、「Theater-Dimensional」機能により、フロントスピーカーだけでもサラウンド再生が可能になっています。HDMI端子は4K/60pのパススルーに対応するほか、フルHD映像を4K相当の画質にアップスケーリングする機能も搭載し、多彩な映像を高画質で楽しむことができます。

このほか、ネットワーク経由でのDSD5.6MHzのダイレクト再生に対応、FLACやWAVのハイレゾ音源にも対応、オーディオ再生時に表示部とビデオ回路の電源を切り、ノイズを最小限にするPURE AUDIOモードを搭載するなど、音楽を高音質で再生する機能も数多く搭載されています。

「AVアンプ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』
DENON(デノン)『AVR-X550BT』
SONY(ソニー)『STR-DH590』
KENWOOD(ケンウッド)『KA-NA7』
SONY(ソニー)『STR-DN1080』
marantz(マランツ)『NR1710』
Pioneer(パイオニア)『SX-S30(S)』
YAMAHA(ヤマハ)『RX-A780』
DENON(デノン)『AVR-X2600H』
marantz(マランツ)『NR1609』
YAMAHA(ヤマハ)『RX-A2080』
ONKYO(オンキヨー)『TX-NR3030』
商品名 YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 DENON(デノン)『AVR-X550BT』 SONY(ソニー)『STR-DH590』 KENWOOD(ケンウッド)『KA-NA7』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 marantz(マランツ)『NR1710』 Pioneer(パイオニア)『SX-S30(S)』 YAMAHA(ヤマハ)『RX-A780』 DENON(デノン)『AVR-X2600H』 marantz(マランツ)『NR1609』 YAMAHA(ヤマハ)『RX-A2080』 ONKYO(オンキヨー)『TX-NR3030』
商品情報
特徴 入門機種でも立体音響まで完備 HDMIを5つ装備する高音質設計の低価格モデル 自動音場補正機能を搭載する5.1chアンプ ハイレゾヘッドホンアンプにもなる小型アンプ 音響空間を極めたAVアンプ 最新のサラウンドに対応する薄型モデル 音場自動補正機能を備える薄型2チャンネルアンプ 独自技術で立体的なサラウンドを実現 最新のサラウンドに幅広く対応 薄型デザインが人気 多彩な3Dサラウンドを実現する9.2chモデル 11.1chに対応するフラッグシップモデル
サイズ 幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時) 幅43.4×奥行31.9×高さ15.1cm 幅43.0×奥行29.7×高さ13.3cm 幅11×奥行17.9×高さ5cm 幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm 幅44×奥行37.8×高さ10.5cm 幅43.5×奥行33×高さ7.8cm 43.5×奥行38×高さ17.1cm 幅43.4×奥行34.1×高さ16.7cm 幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合) 幅43.5×奥行47.4×高さ19.2cm 幅43.5×奥行46.65×高さ19.9cm
チャンネル数 7.1ch 5.2ch 5.1ch 2ch 7.1ch 7.1ch 2ch 7.1ch 7.2ch 7.1ch 9.2ch 11.1ch
対応フォーマット Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか Dolby TrueHD、DTS-HD ほか Dolby Digital Plus、Dolby TrueHD、DTS-HD High Resolution Audio ほか WAV、FLAC、MP3、WMA Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X ほか WAV、FLAC、AIFF、Apple Lossless ほか Dolby Atmos、DTS:X、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio ほか Dolby Atmos、DTS:X、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audio ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか Dolby Atmos、DTS:X、Dolby True HD、DTS-HD Master Audio ほか Dolby Atmos、Dolby True HD、DTS-HD Master Audio ほか
通信機能 Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 3.0 + EDR Bluetooth Bluetooth Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth、Wi-Fiなど Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth、Wi-Fi Bluetooth、Wi-Fi
HDMI端子 入力:4、出力:1 入力:5、出力:1 入力:4、出力:1 - 入力:6、出力:2 入力:8、出力:1 入力:4、出力:1 入力:5、出力:2 入力:8、出力:2 入力:8、出力:1 入力:7、出力:3 入力:8、出力:3
映像方式 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか - 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか HDCP 2.2、ほか 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDR10、Dolby Vision、HLG ほか 4K 60p ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年04月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月21日時点 での税込価格

ECサイトのAVアンプランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのAVアンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:AVアンプランキング
楽天市場:AVアンプランキング
Yahoo!ショッピング:AVアンプランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

映画だけでなく音楽にも! AV評論家からアドバイス

アンプ

Photo by Tom Jablonski on Unsplash

音楽、テレビ、映画など対応範囲が広いAVアンプならいつでも高音質で楽しめます。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、専用室でホームシアターとして使うイメージが強いですが、今どきのコンセプトは、家中の映像機器・オーディオ機器もまとめて高音質に鳴らせるというもの。BDプレイヤーやゲーム機といった映像機器だけでなく、CDプレイヤーなどのオーディオ機器も接続できたりと、接続方法も豊富。

Wi-FiやBluetoothを利用して、スマホや定額音楽配信サービスから音楽を流すといった、今どきの音楽リスニングスタイルにも対応しています。購入の際には、ホームシアターのサラウンド用途だけでなく、音楽リスニング用途も兼ねて、マルチに使い倒すことを考えてみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/23 コンテンツ追加・製品情報更新のため、記事を更新しました(制作協力:A-slash、更新:マイナビおすすめナビ編集部 山本明日美)

※2020/05/09 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【中華イヤホン】おすすめ商品13選|ワイヤレス・リケーブルなど厳選

2020年【中華イヤホン】おすすめ商品13選|ワイヤレス・リケーブルなど厳選

中華イヤホンの特長は、高性能で音質が良く、デザイン性にすぐれ低価格なところです。この記事では、KZ(Knowledge Zenith)・JPRiDE・TFZなど各中華イヤホンメーカーの特徴や選び方を解説。あわせて、家電販売員のたろっささんと編集部がおすすめ商品をご紹介します。


フォノイコライザーのおすすめ11選|レコード再生に必須のアイテム

フォノイコライザーのおすすめ11選|レコード再生に必須のアイテム

レコードプレーヤーは、音質の面でCDより広い周波数の音が収録されています。しかし、プレーヤーとアンプをつなぐだけでは音は出ません。そこで必要となるのがフォノイコライザーという機材。この記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんと編集部が選んだおすすめ商品を、特徴や選び方を交えてご紹介していきます。


作業がはかどる!音楽を更に楽しむ!ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ18選

作業がはかどる!音楽を更に楽しむ!ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ18選

本記事では、オーディオ機器のエキスパートである折原一也さんへの取材をもとに、騒音を消し、作業に集中できたり、音楽をより楽しめるノイズキャンセリングヘッドホンの選び方とおすすめ商品をご紹介しています。


【非常時におけるラジオの必要性】ポータブルラジオおすすめ7選

【非常時におけるラジオの必要性】ポータブルラジオおすすめ7選

本記事では、家電量販店の元店員の花華さんへの取材をもとに、ポータブルラジオの選び方とおすすめ商品をご紹介。日常でラジオを楽しむだけでなく、非常時で確実に情報収集するための周波数の基礎知識もあります。ぜひ参考にしてください!


ガンマイクのおすすめ12選|映像作品の録音に必須!【ソニー、ゼンハイザーなど】

ガンマイクのおすすめ12選|映像作品の録音に必須!【ソニー、ゼンハイザーなど】

録音したい音をしっかりととらえて収録できるガンマイクは、映像作品のための録音には欠かせない道具のひとつ。この記事では、音響機器メーカーCEOの眞壁征生さんに聞いた、ガンマイク選びのポイント、厳選したおすすめのガンマイク12選をご紹介します。記事後半には、Amazonの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますのでぜひチェックしてみてください。


新着記事


エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

エナジードリンクのおすすめ商品26選|ノンカフェイン商品も紹介!

仕事や勉強を始めるまえや、気分転換したいときに頼りになるエナジードリンク。ここでは、エナジードリンクについて、フードアナリストの市岡充重さんと編集部で選び方とおすすめ商品26点を調べました。深夜に飲みたい人に向けたものも紹介していますので、ぜひ参考にしてみしてください。


【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

【お家で本格カクテル】バーセットおすすめ9選|初心者でもかんたんに作れる!

バーテンダーがかっこよくシェイカーを振っている姿を見て「やってみたい」と憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか。本格的なカクテル作りに必要なツールがそろったバーセットがあると、自宅でも手軽にバーテンダー気分を味わうことができます。 この記事では、暮らしスタイリスト・料理家の河野真希さんと編集部が、バーセットの選び方とおすすめ商品をご紹介。


ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

ルーフボックスおすすめ11選| 収納機能だけでなくデザインでも【ルーフバッグタイプも】

車の屋根に取り付けてたくさんの荷物を持ち運びができるルーフボックス。キャンプやアウトドアに行く際に便利な収納ツールです。自分の車に取りつけたいと思っても、そのサイズや容量はさまざま。ブランドも異なるのでなかなかすぐには選べません。この記事では、フリーエディター&SUV生活研究家である山崎友貴さんと編集部が選んだ、ルーフボックスのおすすめ商品と選び方をご紹介します。


電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

電子レンジラーメン調理器のおすすめ11選|素材・形状・機能で選ぶ!

忙しいときや洗いものを増やしたくないときに活躍する「電子レンジラーメン調理器」。この記事では、湯切り穴や目盛り付き、時短できる商品など、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、おすすめの商品をご紹介。あわせて、電子レンジラーメン調理器の選び方を解説します。


フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

フローラル系アロマオイルおすすめ12選|甘くて、優しい香りで穏やかな時間を過ごそう【注意点も】

なにかにつれストレスを感じることが多い日々……。ちょっとしたことでもすぐに落ち込んでしまうこともありますよね。そんなときはアロマオイルの香りでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがですか? 自分の好きな香りに包まれて、お手軽にリラックスできる空間を手に入れましょう!英国ITEC認定アロマセラピストの中野智美さんと編集部が選んだ、フローラル系アロマオイルおすすめ12選を紹介します。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る