AVアンプのおすすめ6選|AV評論家が選び方のポイントを詳しく解説

AVアンプのおすすめ6選|AV評論家が選び方のポイントを詳しく解説
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家:折原 一也
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家
折原 一也

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格.comマガジン』『@DIME』『&GP』等の媒体で、レビュー、解説で活躍する1979年生まれの若手評論家。 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。

自宅で映画館さながらの迫力感あるサウンドを再現できる、AVアンプ。音を増幅させる働きを持つAVアンプは、ホームシアターを楽しむうえで不可欠なオーディオ機器であると同時に、ゲームや音楽鑑賞でも活躍してくれるアイテムです。いざAVアンプを買おうと思っても、どれを選ぶべきかわからない……という方も多いのではないでしょうか。そこで、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、専門用語の解説も交えながら、AVアンプの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。


AVアンプの選び方|AV評論家に聞く

AVアンプを選ぶ際に気をつけておきたいポイントを5つ、AV評論家である折原一也さんに教えていただきました。

AVアンプ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

AVアンプを導入するかしないかで、自宅での音楽・映像環境は大きく変わってきます。選び方のポイントを押さえて比較検討してみましょう。

チャンネル数で探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプのもっとも基本的なスペックは、搭載しているアンプのch(チャンネル)数です。映画やゲームのサラウンドを再現するホームシアターの最小構成は5.1chですが、上位モデルは7.1ch、9.1chのように、より多くのアンプを搭載しています。

立体音響技術に対応するホームシアターでは、最低でも7.1ch以上のAVアンプを選びましょう。日本の家庭では、スピーカー自体は最小の5.1chの構成で組むケースが多いのですが、アンプのch数に余裕があると、バイアンプやマルチルームといった方法で活用できます。

また、アンプのW(ワット)のスペックは、迫力あるサウンドを再生する性能の目安になりますよ。

ディーアンドエムホールディングス DENON『AVR-X4500H』

こちらは9.2ch対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

対応サラウンドフォーマットを確認

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

映画やゲームのサラウンド音声を楽しむAVアンプの最新トレンドは、劇場映画で採用例が増えている「Dolby Atmos」「DTS:X」といった立体音響技術。立体音響技術では、音の空間情報にオブジェクト方式を採用し、頭上から聴こえる音の情報も収録しています。

AVアンプを使った本格的なホームシアターでは、高さ方向を再現する天井スピーカーを含めた5.1.2chのようなスピーカー構成とすることで、劇場さながらの立体音響を再現。ほかにもいくつかの新方式が登場しています。

音楽リスニングのスタイルで探す

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、ホームシアターのためのものと思われがちですが、本来はAVレシーバーと呼ばれています。AVレシーバーは映画だけでなく、音楽リスニングも含めた家庭内のサウンドを一手に引き受けるためのものです。

アナログやデジタルの音声入力はすべての機種で搭載しており、最新のAVアンプはWi-FiやBluetoothのワイヤレスに対応する機種も増えています。

Wi-Fi対応であれば、自分が契約している定額音楽配信のサービスがきちんと使えるかどうかのチェックを忘れずに。Bluetoothを使用する場合、aptXやLDACといった高音質コーデックへの対応も確認しておきましょう。

HDMI端子の数や映像方式もチェック

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、HDMI端子を使って、BDプレイヤーやゲーム機、FireTVなど、映像配信端末とさまざまな機器を繋げることが可能。必要に応じて切り替えるスイッチャーの役割を持っています。多数の機器を繋げて切り替えたい場合には、HDMI端子の数もチェックしておきましょう。

同時に、4KやHDRといった最新映像フォーマットをパススルーする機能の対応可否も確認することをおすすめします。4K 60p 4:4:4とHDCP 2.2、そしてHDR10、HLG、Dolby Visionに対応していれば最新です。

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

HDCP 2.3対応のAVアンプ。

>> Amazonで詳細を見る

サイズの確認も忘れずに

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、リビングの薄型TVと組み合わせたカジュアルシアターでも活用可能。そこで考えておきたいのは、AVアンプの本体サイズです。

AVアンプのほとんどはフルサイズと呼ばれる幅43cmのもので、高さも15cm以上のサイズがスタンダード。とはいえ、この寸法では一般的なTVラックのなかにうまくおさまらないこともあります。

そこで選びたいのが、薄型AVアンプと呼ばれる製品。こちらは、背の高さが10cm程度と低いため、TVラックのなかにも収まりやすくなります。また、クラシカルなAVアンプの見ためが気になる方も、薄型AVアンプを探してみるといいでしょう。

AVアンプ6選|AV評論家のおすすめ

前述してきたAVアンプの選び方をもとに、AV評論家である折原一也さんが選んだおすすめのAVアンプをご紹介していきます!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時)
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:4、出力:1
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

入門機種でも立体音響まで完備

AVアンプの人気ブランドのひとつがヤマハです。

支持される理由は、ホームシアターのサラウンド機能を充実させるのに積極的なこと。入門機種でも「Dolby Atmos」「DTS:X」をしっかりカバーしていますので、AVアンプをあまりよく知らない方にもおすすめです。

それだけでなく、ヤマハが独自に研究を続けている「シネマDSP 3D」の技術で、5.1chのスピーカーのみでも、9.1ch相当の高さのある立体音響空間を作り出します。

音楽再生についても、ハイレゾからWi-Fiまでそろうので、機能的にはこのクラスでまったく不満なしでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

marantz(マランツ)『NR1609』

marantz(マランツ)『NR1609』

出典:楽天市場

サイズ
幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合)
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか
通信機能
Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:8、出力:1
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

薄型デザインが人気

AVアンプの世界に薄型デザインという発想を持ち込み、薄型テレビと組み合わせるリビングシアターの親和性を高めたモデルが「NR1609」です。

サラウンド機能としては、立体音響技術の「Dolby Atmos」「DTS:X」までカバーしたうえで、Wi-Fi、AirPlay 2、Bluetoothの再生方法に対応。

マランツの提供している「HEOSテクノロジー」で、Wi-Fi再生やSpotify、Amazon Musicなども使えるなど、機能が充実しています。

省スペースだけでなく、音の質感を巧みにひき出すマランツのサウンドが魅力。音楽リスニング目的でAVアンプを探している方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『STR-DN1080』

出典:Amazon

サイズ
幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm
チャンネル数
7.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか
通信機能
Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay
HDMI端子
入力:6、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

音響空間を極めたAVアンプ

本格派のホームシアターユーザーから高評価な、ソニーのミドルクラスAVアンプです。

「Dolby Atmos」「DTS:X」といった最新フォーマットをカバーするのはもちろんですが、ソニーは映画の音響の再現力が優秀。セットアップ時に実行される、自動音場補正機能「D.C.A.C.EX」の効果が的確で、部屋の環境に合わせた音響チューニングが可能です。

ソニーが独自に開発している「S-Force PROフロントサラウンド」も採用されており、2本のスピーカーだけでもバーチャルサラウンドを使える汎用性を備えています。ワイヤレスのBluetoothについてはLDACも対応しているので、Androidスマホのユーザーにもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行約37.9×高さ約17.3cm
チャンネル数
7.2ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:X、D
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:7、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

「THX Certified Select」取得

劇場の認定でも用いられる、THXによる認証基準「THX Certified Select」を取得したAVアンプです。

「Dolby Atmos」「DTS:X」といった立体音響が再現できるフォーマットに対応しているだけでなく、映画の世界で認められる音質基準をクリアしたことは、映画ファンとして買いのポイント。

オンキヨーのサウンドは、映画ならではの迫力の演出に長けているので、とくに重低音を効かせた米国流シアター志向の方におすすめ。

「Dolby Atmos Height Virtualizer」(アップデート対応)により、2本のスピーカーでも映画の空間を再現でき、カジュアルな環境下でも使えるのが魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』

出典:Amazon

サイズ
幅43.5×奥行約37.0×高さ17.3cm
チャンネル数
9.1ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DSD ほか
通信機能
Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:7、出力:2
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

「IMAX Enhanced」に対応

映画館の巨大スクリーンと迫力ある音響で人気のIMAXによる、「IMAX Enhanced」の専用モードにも対応したAVアンプです。

立体音響にも対応した9.1chの豪華な構成というだけでなく、パイオニア独自の自動音場補正「Advanced MCACC」を採用。映画をよく観る方、音質にこだわりたい方におすすめしたいAVアンプです。

さらに、コンテンツの低域の遅れを補正する「オートフェイズコントロールプラス」によって、とくにホームシアターの音空間の再現性と、音の見通しのよさが際立ちます。

こちらも「Dolby Atmos Height Virtualizer」(アップデート対応)の機能がついており、テレビ中心のシアターでも使えるモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DENON(デノン)『AVR-X4500H』

出典:Amazon

サイズ
幅43.4×奥行38.9×高さ16.7cm、幅43.4×奥行38.9×高さ23.6cm(アンテナを立てた場合)
チャンネル数
9.2ch
対応フォーマット
Dolby Atmos、DTS:X、DTS virtual:X、DSD、Auro-3D ほか
通信機能
Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2
HDMI端子
入力:8、出力:3
映像方式
4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか
Thumb lg ebd27ffe bc6b 4368 8782 fa55e4da021d
オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

9.2ch対応のハイパフォーマンスシアター

ホームシアターとして最高クラスである、9.2chのスピーカー構成に対応したAVアンプの上位モデルです。

最大の特徴は、「Dolby Atmos」「DTS:X」を5.2.4chのスピーカー構成で再現できるだけでなく、かなりマイナーな立体音響フォーマットである「Auro-3D」にも対応していること。

デノンのサウンドは、パワーと躍動感あるサウンドで、音楽リスニング用としても高音質。AVアンプの価格帯としては中級クラスですが、この水準だと家庭のホームシアターだけでなく、音楽リスニング目的でも充分な性能です。

映画に音楽にと使い倒せるAVアンプなので、幅広い用途で高性能を体感したい方におすすめしたいモデルですね。

「AVアンプ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』
marantz(マランツ)『NR1609』
SONY(ソニー)『STR-DN1080』
ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』
Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』
DENON(デノン)『AVR-X4500H』

商品

YAMAHA(ヤマハ)『RX-V585』 marantz(マランツ)『NR1609』 SONY(ソニー)『STR-DN1080』 ONKYO(オンキヨー)『TX-NR696』 Pioneer(パイオニア)『VSX-LX304』 DENON(デノン)『AVR-X4500H』

特徴

入門機種でも立体音響まで完備 薄型デザインが人気 音響空間を極めたAVアンプ 「THX Certified Select」取得 「IMAX Enhanced」に対応 9.2ch対応のハイパフォーマンスシアター

価格

Amazon : ¥45,200
楽天市場 : ¥ 51,120
PayPayモール : ¥ 56,800
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 161,700
Yahoo!ショッピング : ¥ 161,700
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥65,490
楽天市場 : ¥ 61,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 89,411
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥65,503
楽天市場 : ¥ 71,340
PayPayモール : ¥ 64,800
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥87,842
楽天市場 : ¥ 95,665
Yahoo!ショッピング : ¥ 91,462
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格
Amazon : ¥144,809
楽天市場 : ¥ 144,911
Yahoo!ショッピング : ¥ 145,000
※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

サイズ

幅43.5×奥行32.7×高さ16.1cm、幅43.5×奥行32.7×高さ約23.5cm(無線アンテナ直立時) 幅44.0×奥行37.8×高さ10.5cm、幅44.0×奥行37.8×高さ17.5cm(ロッドアンテナを立てた場合) 幅43.0×奥行33.1×高さ15.6cm 幅43.5×奥行約37.9×高さ約17.3cm 幅43.5×奥行約37.0×高さ17.3cm 幅43.4×奥行38.9×高さ16.7cm、幅43.4×奥行38.9×高さ23.6cm(アンテナを立てた場合)

チャンネル数

7.1ch 7.1ch 7.1ch 7.2ch 9.1ch 9.2ch

対応フォーマット

Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSP 3D ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:X、DSD ほか Dolby Atmos、DTS:X、DSD、DSEE HX ほか Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS Virtual:X、D Dolby Atmos、DTS:X、Dolby Atmos Height Virtualizer、DSD ほか Dolby Atmos、DTS:X、DTS virtual:X、DSD、Auro-3D ほか

通信機能

Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 4.1、Wi-Fi、AirPlay Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 4.2、Wi-Fi、AirPlay 2 Bluetooth 3.0+EDR、Wi-Fi、AirPlay 2

HDMI端子

入力:4、出力:1 入力:8、出力:1 入力:6、出力:2 入力:7、出力:2 入力:7、出力:2 入力:8、出力:3

映像方式

4K 60p 4:4:4、HDCP 2.3、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか 4K 60p 4:4:4、HDCP 2.2、Dolby Vision、HDR10、HLG ほか

商品情報

ECサイトのAVアンプランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのAVアンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:AVアンプランキング
楽天市場:AVアンプランキング
Yahoo!ショッピング:AVアンプランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

映画だけでなく音楽にも! AV評論家からアドバイス

アンプ

Photo by Tom Jablonski on Unsplash

音楽、テレビ、映画など対応範囲が広いAVアンプならいつでも高音質で楽しめます。

オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家

AVアンプは、専用室でホームシアターとして使うイメージが強いですが、今どきのコンセプトは、家中の映像機器・オーディオ機器もまとめて高音質に鳴らせるというもの。BDプレイヤーやゲーム機といった映像機器だけでなく、CDプレイヤーなどのオーディオ機器も接続できたりと、接続方法も豊富。

Wi-FiやBluetoothを利用して、スマホや定額音楽配信サービスから音楽を流すといった、今どきの音楽リスニングスタイルにも対応しています。購入の際には、ホームシアターのサラウンド用途だけでなく、音楽リスニング用途も兼ねて、マルチに使い倒すことを考えてみましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/11/29 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】

ヘッドホンリケーブルのおすすめ商品5選【SHURE・ソニー・AKG対応製品ほか】

AV評論家の折原一也さんに、ヘッドホンリケーブルの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。へッドホンのケーブルを付属品から交換する「リケーブル」。もともとの目的は付属のケーブルが断線してしまって交換する修理のものでしたが、現在はケーブルの素材による音質向上を目的とするリケーブルも趣味として楽しまれています。イヤホンでの愛好家も多いリケーブルですが、ヘッドホンではイヤホン以上に接続端子のバリエーションがあります。ゼンハイザー、SHURE、ソニー、AKG、オーディオテクニカと高音質愛好家にとって定番の機種を中心に紹介いただきました。ぜひ折原一也さんの解説を参考に、自分のヘッドホンにぴったりのリケーブルを見つけてください。


レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】

レコードクリーナーのおすすめ4選+α【オーディオ&ビジュアルライターが解説】

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんにレコードクリーナーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。音楽のデジタル配信が普及してきたいまでも、アナログのレコードを愛好するひとは多く存在します。CDなどと違いレコードは盤面の溝を針で読み込むので、ほこりやよごれが直接音に影響してきます。そこで必要になってくるのがレコードのクリーニングです。この記事ではオーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんが、レコードクリーナーの選び方のポイントやおすすめ商品、さらにお助けアイテムまで紹介してくれています。ぜひ参考にして、大切なレコードのお手入れに役立ててください。


ポータブルカセットプレーヤーおすすめ5選|家電ライターが選び方のポイントを解説

ポータブルカセットプレーヤーおすすめ5選|家電ライターが選び方のポイントを解説

家電ライターが選ぶポータブルカセットプレーヤー5選をご紹介します。テープを聴いたりデジタル化したりすることができるポータブルカセットプレーヤー。そんなポータブルカセットプレーヤーの選び方を家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。また、ポータブルカセットプレーヤーのおすすめ商品5選についても取り上げています。通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、あわせて参考にしてみてください。


【地デジ用アンテナ】選び方&おすすめ5選|プロの家電販売員が商品を厳選!

【地デジ用アンテナ】選び方&おすすめ5選|プロの家電販売員が商品を厳選!

プロの家電販売員のたろっささんに地デジ用アンテナを選ぶポイントとおすすめの商品5選を教えていただきました。ケーブルテレビや光回線の契約をしていない、または集合住宅などで共聴アンテナを使用していないといった場合、地上デジタル放送(地デジ)を試聴するには、アンテナを設置する必要があります。地デジ用のアンテナは従来からある八木アンテナに加え、室内に設置できるものや景観にマッチしたスタイリッシュなアンテナなども販売されていて、選択肢が広がってきています。どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターが教えるカセットプレイヤーおすすめ6選【テープ愛用・デジタル対応】

ガジェット・家電ライターが教えるカセットプレイヤーおすすめ6選【テープ愛用・デジタル対応】

ガジェット・家電ライターの渡辺まりかさんに話をうかがい、カセットプレイヤーの選び方から、おすすめ商品までご紹介いただきました。音楽再生や語学学習など、まだまだ現役で使っている方も多いカセットプレイヤー。最盛期とは異なり、現行機種はあまり選択肢がないと思われがちですが、実は未だに最新機種が出ている家電ジャンルだったりします。電池式か否か、リピート機能の有無、デジタル録音対応など、購入ポイントを確認しましょう。通販サイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


新着記事


メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

メーカー別トースターおすすめ5選|いつものパンがもっとおいしくなる!【バルミューダ、デロンギ、アラジン】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別トースターの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。朝はトーストにコーヒーという人も多いと思います。トーストを焼くにはトースターが必要ですが、メーカー別にどのような違いがあるのでしょうか? この記事ではフードコーディネーターの國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーの中から、バルミューダ、デロンギ、アラジンを厳選。焼き加減にこだわっていたり、おしゃれなデザインだったりと、それぞれ特徴がみえてくると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。


ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

ホットプレート5選|メーカ別に選び方とおすすめ商品を解説!【ホームパーティーでも活躍】

フードコーディネーターの國塩亜矢子さんに、メーカー別ホットプレートの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。家族や友人を呼んでわいわい焼き肉やお好み焼き、たこ焼きパーティーなど、ホットプレートは欠かせませんよね。最近では、料理に合わせてプレートを変えられたりと各メーカーで独自の進化を続けています。この記事では國塩亜矢子さんが、さまざまなメーカーから象印、パナソニック、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、ブルーノを厳選。それぞれのメーカーごとの特徴やおすすめの商品を紹介しています。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

メーカー別ホームベーカリーおすすめ5選|パン好き必見!【自宅でいつでも手作り生活】

料理研究家の上田のりこさんへの取材のもと、手軽にパン作りを楽しめるホームベーカリーを、メーカー別にご紹介します。パンを本格的に作るとなると生地をこねるところから始まり、焼きあがるまでにさまざまな工程を経て、早くても3時間ほどかかります。パンの種類や大きさによっては、さらに時間がかかることも。ところがホームベーカリーがあれば、家庭で手軽にパンを作れるうえ、焼き立てを毎日でも楽しむことができます。この記事では数あるホームベーカリーの中から、厳選したシロカ、ツインバード、タイガー、象印、パナソニックをご紹介します。はじめて購入しようとしている方も、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。


【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

【ゲーミングスマホ】選び方&おすすめ5選|CPU・GPU・メモリ容量など性能で選ぶ

モバイル情報ブロガーが選ぶゲーミングスマホおすすめ商品5選をご紹介します。ゲームのなかには、高スペックゲーミングPCのようなゲーム向けパソコンを推奨するゲームがあります。同じくスマホゲームにおいても、高いスペックのスマートフォンが必要なゲームがあります。そこで、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんにお話をうかがい、ゲーミングスマホの選び方とおすすめ機種について教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

メーカー別ハンドミキサーおすすめ5選|調理時間が大幅に短縮!【お菓子作りにも】

フードコーディネーターの倉田沙也加さんに、ハンドミキサーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。ケーキの生地をまぜたり、クリームを泡立てたりするのに使うハンドミキサー。最近ではアタッチメントを付け替えて1台で複数の調理に活用できるもの、ハイパワーで時短調理できるもの、安全性や取り扱いに工夫があるものなど、各メーカーからさまざまなハンドミキサーが発売されています。この記事では、ブラウン、クイジナート、テスコム、タイガー、貝印を厳選。それぞれの特徴とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る