【2020年版】ホームプロジェクターおすすめ26選|導入しやすいコスパモデルから専門家が選ぶ本格派まで

【2020年版】ホームプロジェクターおすすめ26選|導入しやすいコスパモデルから専門家が選ぶ本格派まで
IT・家電ジャーナリスト
安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。 日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。 デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。 KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。

家庭での時間をもっと充実したものにするために、ホームプロジェクターや、狭い部屋でも使用できる単焦点プロジェクターを導入する人が増えています。動画やテレビ、ゲーム、映画をより楽しむことができるのはもちろん、最近ではリモートワークに使用している方もいるようです。この記事では、はじめての家庭用プロジェクター選びのポイントをくわしく解説! また、専門家目線でのこだわりのホームプロジェクターの選び方と、おすすめ商品を、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに教えてもらいました。ほかにも目的別の注目モデルや、後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


はじめてのホームプロジェクター選び

プロジェクターとは

家族で映画鑑賞するイメージ写真
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ホームプロジェクターがあれば、家でくつろぎながら大画面の映像を楽しめます。

ブルーレイディスクプレーヤーやパソコンの映像を、スクリーンや壁に映画のように投影するのがプロジェクター。家庭でも大画面の映像を楽しめると、人気の高いAV機器のひとつです。壁一面に投影することもできるので、家庭でもテレビやモニターよりはるかに大きい画面で映像を見ることができます

以前は高価なモデルが多かったプロジェクターですが、最近は低価格なモデルも増え、コンパクトな製品も数多くあるので、家庭でも気軽に導入しやすくなってきています。

プロジェクターには家庭用とビジネス用がある

プロジェクターには家庭用とビジネス用があります。この記事では、家庭用のホームプロジェクターを中心に解説しますが、はじめにかんたんに違いだけ説明しておきましょう。

家庭用は映像を楽しむために画質を重視

家庭用のプロジェクターは、ゲームや映画などの映像を楽しめるよう、画質を重視して設計されています。また、コンパクトで移動がしやすいこと、動作音が静かなことなど、家庭で使いやすいように配慮されたモデルが多いことも特徴です。

ビジネス用プロジェクターは明るさや携帯性を重視

ビジネス用プロジェクターは、おもにプレゼンテーションでの利用を想定して作られています。そのため、明るい場所でも見やすいように輝度が高く明るいモデルが主流です。

ビジネス用の製品でも、家庭で問題なく使えるものも数多くありますが、PCの映像だけに対応していて、映画を観る場合などにぴったりの縦横比16:9のワイド画面に非対応のものもあることに注意してください。

プロジェクターの設置場所を考えよう

プロジェクターのイメージ画像

Photo by Unsplash

映像をどこに投影するか、ホームプロジェクターをどこに設置するかによって、選ぶべきモデルが変わってきます。

まずは映像を投影する場所を決めよう

まずは、どこに映像を投影するかを決めましょう。

たとえば、壁ぎわなど、少し離れた場所から視聴するのに適した場所で、スクリーンを置いたり吊り下げたりできるところを見つけてください。視聴する位置から見て、じゃまになるものがないかどうかも確認しておきましょう。

凹凸がなく白くて広い壁があれば、スクリーンの代わりにそこに投影することもできるので、あわせて検討してみましょう。天井に投影する機能があるモデルなら、天井もスクリーン代わりに使うことができます。

次に設置場所を決めよう

投影する場所が決まったら、次はプロジェクターを設置する場所を決めましょう。

映像を投影する場所に対して正面の中央位置近くが、プロジェクターのベストポジション。できる限り平らで水平な場所を探しましょう。棚やサイドボードなどを置けるなら、その上をプロジェクターの定位置に決めるのもよいでしょう。

ただし、背面側に排気口があるモデルでは、背面側にじゅうぶんなスペースがないと熱がこもってしまいます。壁ぎわに設置したいなど、背面にスペースがない場合は、前面排気モデルのプロジェクターを選びましょう

三脚に取り付けられるプロジェクターもあります。使用するときだけ三脚につけて適当な場所に置く、というのもひとつの方法です。また、天井や壁に取り付ける場合は、設置したい位置に確実に取り付けられるかどうか、天井や壁の構造、プロジェクターの取り付け方法や付属する取付金具などを事前によく確認しておきましょう。

投影距離を確認しよう

投影する場所と設置場所が決まったら、その間の距離を測っておきましょう。

きれいな映像を楽しめるかどうかには、この投影距離が大きく影響します。プロジェクターでは、画像がぼやけず、もっともクリアに表示できる適切な距離が、モデルごとに違います。これは「推奨投影距離」として示されているので、測っておいたご自宅での投影距離に「推奨投影距離」ができるだけ近いモデルを選びましょう

設置する部屋が狭いなどの理由で投影距離がとれない場合は、1m程度の近距離でも大画面を投影できる、短焦点プロジェクターを選ぶとよいでしょう。

プロジェクターの使用目的を考えよう

何を目的にプロジェクターを使うかによって、プロジェクターを選ぶ条件が変わってきます。プロジェクターをどんな風に使いたいかをイメージして、目的ごとに、ポイントをおさえましょう。

テレビ・配信動画・DVDを気軽に楽しむなら「最大使用可能時間」の長いもの

プロジェクターの多くは、最大使用時間が示されています。これはおもにランプの寿命を示すものですが、プロジェクターの耐久性の目安として考えるとよいでしょう。

とくに、テレビ番組や動画配信サービスの映像、DVDなど、さまざまな映像を日常的にプロジェクターで楽しみたい人は、できるだけ最大使用時間の長いモデルを選びましょう

ゲームを楽しむなら「ゲームモード」搭載・「HDMI端子」採用モデル

プロジェクターでは、入力された信号にさまざまな処理を施して投影するため、投影される映像がわずかに遅れることがあります。とくにゲームをする場合は、わずかな時間差でも気になることが多いので、できるだけ映像の遅延が少ないモデルを選びましょう。ゲームモードを搭載しているモデルなら、遅延を少なくして、ゲームに適した画質で表示できます。

また、入力端子も確認しておきましょう。ゲーム機ではHDMI出力を搭載するものが多いので、HDMI入力を持つプロジェクターなら画質の劣化もなく、ケーブル1本で接続することができます。

映画鑑賞を本格的に楽しむなら高画質の「4K」対応モデル

映画を見るなら、できるだけ高画質で投影できる、高解像度のモデルを選びたいところ。予算が許すなら、きめ細やかな映像を楽しめる4K対応のプロジェクターがおすすめです。

ただし、4Kモデルは高価なのがネック。そこまで画質にこだわらないなら、より低価格なフルHDのモデルから選ぶのもひとつの方法です。フルHDでもじゅうぶんに高画質ですから、映画を見ても不満を感じることはないでしょう。

手軽さを重視するか、画質を重視するか

プロジェクターには、持ち運びを前提とした軽量コンパクトなタイプと、明るく、画質クオリティも高い据え置きタイプがあります。

持ち運べてコンパクトなポータブル・モバイルプロジェクター

外出時に持ち運んで使いたい場合や、家庭内でも部屋を移動して使いたい場合などには、モバイル型、ポータブル型と呼ばれるコンパクトなプロジェクターが便利です。

スマートフォン程度の手のひらサイズのものもあり、バッテリーで動作できるので、屋外にも楽に持ち出して使えます。モバイル型は、スペックが抑えめになっているぶん、低価格なものが多いので、低コストでプロジェクターを導入したい場合には狙い目になります。

なお、モバイル型を持ち運んで使う場合は、バッテリー容量やバッテリーでの連続使用時間も忘れずに確認しておきましょう。

家庭内で落ち着いて楽しむなら、据え置き型プロジェクター

家庭内でいつも決まった場所で、落ち着いて動画を楽しみたいなら、据え置き型のプロジェクターがおすすめです。据え置き型はモバイル型に比べて明るく投影でき、映像を調整する機能も豊富に備えています

より高画質で映像を鑑賞することができるので、ひんぱんに持ち出して使うのでない限り、通常は据え置き型から選ぶのがよいでしょう。

プロジェクターの明るさの考え方

プロジェクターの光のイメージ画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

プロジェクターの明るさの単位は「ルーメン」。ホームプロジェクターに最適な明るさはどれくらいでしょうか。

プロジェクターの明るさは、「ルーメン」という単位で表します。明るければ明るいほうがいいというわけではなく、価格が高いモデルのほうが明るいとうわけではありません。使用方法や使用環境に合わせて、適切な明るさを選んでくださいね。

1000ルーメン以下のリーズナブルなモデル

低価格なモデルやモバイル型のプロジェクターに多いのが、1000ルーメン以下のモデル。機能や画質よりも価格を重視する場合や、とりあえず一度はプロジェクターの大画面を試してみたいという場合に、気軽に導入することができます。

1000〜2000ルーメンはホームプロジェクター向け

現在、家庭用のプロジェクターとして主流になっているのが、1000~2000ルーメンのモデル。ある程度暗くできる部屋なら、じゅうぶんな明るさで投影できるのがこのクラスです。通常はまずこのクラスから探してみることをおすすめします。

2000ルーメン以上はビジネス向けで家庭には向かないことも

2000ルーメン以上のモデルは、明るい部屋で使うのに適しています。ただし、このクラスの明るいモデルは、おもにビジネス向けのものが多いことに注意が必要です。

明るければ明るいほど、投影するスクリーンの推奨サイズは大きくなります。あまり明るいモデルを選ぶと投影サイズが大きくなりすぎるので、家庭内では使いにくくなることも覚えておいてください。

コントラスト比にも注目を

コントラスト比とは、画面の中のもっとも明るい白の部分と、もっとも暗い黒の部分の明るさの比率を示すものです。コントラスト比が高いほど明暗の差が大きく、くっきりとした映像になります。

コントラスト比が高ければ映像が美しいというわけではありませんが、メリハリのある映像を楽しみたいなら、コントラスト比もチェックしておくとよいでしょう。

プロジェクターの解像度と縦横比の考え方

プロジェクター選びで重要になってくるのが、「解像度」と「縦横比」。テレビやモニター選びでこのキーワードになじみがある方もいるでしょうが、念のため、ことばの意味からおさらいしてみましょう。

解像度はどれくらい?

解像度は、画面のきめ細かさを表すものです。画面を構成する小さな光の点がいくつあるかを示したもので、640×480といったように、横×縦の数値で表記されます。プロジェクターでは1920×1080のフルHD以上のものが主流で、3840×2160の4K映像に対応する高画質モデルもあります。

プロジェクターの解像度は、接続したいデバイスに合わせるのが基本で、それよりも低いと細かい部分がぼやけて表示されることがあります。

たとえば、パソコンで使うのがメインなら、800×600のSVGAや1024×768のXGAなどの解像度でも問題ないことが多いですが、映画や高解像度のゲームを楽しむなら、より解像度の高いプロジェクターを選びましょう。高画質で楽しみたいならフルHD以上、できれば4Kに対応するものがおすすめです。

縦横比(アスペクト比)は「16:9」がおすすめ

映像の縦と横の長さの比率を示すのが映像の縦横比。よく使われているものに、「16:9」や「4:3」、「16:10」などがあります。

このうちプロジェクターで主流なのは縦横比「16:9」。映画のDVDやテレビ番組、ネットの動画コンテンツなど、多くの映像で使われているので、この縦横比がもっともおすすめです。

縦横比「4:3」は、以前多かったパソコンの画面サイズで、プレゼンテーション用のスライドなどにもこの比率のものが多いため、ビジネス向けのプロジェクターで多く使われています。最近のパソコンでは縦横比「16:10」のワイド画面のモニターを使うことも多いため、「16:10」のプロジェクターも増えてきています。

入力・接続端子は何が必要?

プロジェクターにゲーム機やBlu-rayプレーヤー、スマホを有線で接続するときに使用する入力・接続端子。絶対に必要になる端子は何でしょうか?

HDMI端子を最重視すべき理由

HDMIのコード
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

HDMIを差し込めることがプロジェクターの接続面での第一条件です。

映像と音声をケーブル1本で、劣化しないデジタル信号で送れるのがHDMI。プロジェクターの入力端子でも、これがもっとも便利です。ほとんどのパソコンやブルーレイプレーヤー、そしてNintendo SwitchやPS4といったゲーム機にはHDMI出力が備えられています。

スマートフォンやタブレットの場合も、手軽な変換アダプタなどを使って、USBからHDMIに変換して接続できることが多いです。HDMIがあれば、画像に関する接続で困ることはほとんどないといってもよいので、とくに理由がなければ、HDMI端子を備えたプロジェクターを選びましょう。

VGA端子は古いパソコンとの接続に必要なことが

古いパソコンでモニターとのアナログ接続に使われていた映像用の端子がVGA。パソコンとプロジェクターを接続する場合も、以前はVGAを使うことがほとんどでした。しかし、HDMIが主流になった現在では、VGAの入力端子がないプロジェクターもあります。こういったモデルでは、映像出力がVGAしかない古いパソコンを接続することができないので注意しましょう。

ビジネス向けのプロジェクターには、VGAを備えたものも数多くありますし、HDMIとVGAを両方備えるものもあります。プレゼンテーションなどに使う機会が多いなら、VGA端子を備えたモデルを選びましょう。

USBポートやMicroSDカードスロットがあればさらなる拡張性も

USBポートがあれば、HDMIのないパソコンやスマホにも、USBで簡単に接続できます。また、USBポートではUSBメモリー、カードスロットではSDカード、MicroSDカードなどに入っている映像コンテンツをそのまま再生できるので、外部機器とケーブル接続する手間がかからず、手軽に使うことができます。

機種によって機能が異なる場合がありますが、これらはプロジェクターの使い道を広げる機能なので、多彩な使い方をしたいなら、USBポートやSDカードスロットの有無もチェックしてみてください。

こだわりのホームプロジェクターの選び方 IT・家電ジャーナリストが解説!

ホームシアターのイメージ画像

家庭で映像をとことん楽しみたいと思ったら、画質にこだわったホームプロジェクターをえらびたいですね。

せっかくホームプロジェクターを導入するのだから、より高性能なこだわりモデルも検討したいという方のために、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにホームプロジェクターを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。ホームプロジェクター選びにお悩みの方はチェックしておきましょう。

【解像度】フルHDはマスト! 大画面なら4Kが望ましい

IT・家電ジャーナリスト

綺麗な画質を大画面で楽しもう

映画を楽しむのが目的のホームプロジェクターの場合、できる限りブルーレイディスクと同じ解像度のフルHD(1,920×1,080ピクセル)はほしいところです。

最近では、フルHDの4倍(縦横各2倍)の解像度(3,840×2,160ピクセル)をもつ4Kプロジェクターも低価格化が進んできました。

4Kテレビも10万円前後で購入できる今、さらに大画面のプロジェクターがフルHDというのは寂しいところ。できれば4Kプロジェクターも含めて検討したいところです。

Acer(エイサー)『H6810BD』

高解像度でも比較的求めやすい価格。4K画質をプロジェクター投写すると大迫力だ。

>> Amazonで詳細を見る

【投写方式】お手軽なLCD/主流のDLP/ハイエンドなLCoSで選ぶ

IT・家電ジャーナリスト

投写方法にはメリット・デメリットも

ホームプロジェクターには複数の投写方式があり特徴が異なります。LCD方式は光源から3原色の液晶パネルを透過して映像を投写する透過型液晶タイプです。比較的低価格なのが魅力ですが、暗部の表現が苦手で高画質化が難しい方式でもあります。

DLP方式マイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射させることで映像を投写するタイプ。液晶タイプと違ってコントラストを高くしやすく高画質化も容易です。小型化も可能なため、モバイルプロジェクターなどにも用いられています。

LCoSも液晶パネルを利用するのですが、DLPと同様に光を反射させるのが特徴。高画質化しやすい半面、大型で高価になりがちな方式です。

【機能性】HDR/Wi-Fi/スピーカーを確認

IT・家電ジャーナリスト

付加機能も欠かさず確認しましょう

4Kプロジェクターの場合、Ultra HD Blu-rayなどに採用されている高コントラスト映像を再現できる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」規格に対応しているかどうかもチェックしたいポイントです。

こちらの規格に対応しているモデルの場合、映像をより再現しやすいと考えていいでしょう。そのほか、スマートフォンなどの映像を手軽に再生できるWi-Fi機能も便利です。

また、スピーカーを内蔵するモデルなら、オーディオシステムをつながなくても音声を手軽に聞くことができます。スクリーンの真正面にプロジェクターを設置できない場合、斜めからでも投写できる「台形補正機能」など、設置性にも注目しましょう。

LGエレクトロニクス『HF80LS』

Wi-Fi接続可能で、2000ルーメンの明るさとフルHD(1,920×1,080)の高解像度モデル。

>> Amazonで詳細を見る

【光源の種類】小型なLED/高輝度なレーザーで選ぶ

IT・家電ジャーナリスト

光源は水銀ランプだけではない

プロジェクターは用途によって用いる光源も異なります。従来は明るい水銀ランプが中心でしたが、最近ではレーザー光源も増えつつあり、モバイルプロジェクターではLED光源が中心です。

水銀ランプは低価格で明るいのが魅力ですが、起動に時間がかかります。投影後の冷却も必要なため、持ち運びには向きません。ランプの寿命が短いデメリットもあります。

レーザー光源は高輝度化と小型化が可能で、低消費電力で起動も終了も早く、ランプの寿命が長いといったメリットがありますが、比較的高価です。

LED光源は低消費電力で小型化が可能な点は魅力ですが、低輝度なため、モバイルプロジェクターを中心に搭載されています。

popIn Aladdin(ポップインアラジン)『プロジェクター付きシーリングライト(PA18U02VN)』

シーリングタイプなら場所を取らない。寝室の照明としてセットすれば、ベットにはいりながら映画鑑賞! 贅沢な体験だ。

>> Amazonで詳細を見る

ホームプロジェクターの人気メーカー

数多くのメーカーがしのぎをけずるホームプロジェクター市場。人気があるメーカーの特徴を見ておきましょう。

エプソン(EPSON)|トータルバランスにすぐれた主要メーカー

エプソンは、とくにビジネス用でシェアが高いメーカー。プレゼンテーションや会議で使いやすい機能を備えていることで定評があり、短焦点モデルや壁掛け対応モデルなど、とても幅広いラインナップがあります。家庭用のプロジェクターでも、使用目的や予算に応じてさまざまな製品から選ぶことができます。画質もよく、便利な機能を多数搭載するなど、トータルバランスにすぐれているのが特徴です。

EPSON(エプソン)『EH-TW6700W』

スマホやタブレットの動画を大画面で視聴することができるEPSON(エプソン)の『EH-TW6700W』

>> Amazonで詳細を見る

ベンキュー(BenQ)|リーズナブルな台湾メーカー

PC用のモニターやゲーミングデバイスで有名な台湾のメーカー。プロジェクターも、短焦点モデルや高輝度タイプなど、幅広いラインナップがあります。ゲーム用に便利な機能を搭載したモデルがあることや、比較的低価格でコスパにすぐれたモデルも数多くラインナップしていることも特徴です。

BenQ(ベンキュー) 『HT2150ST』

遅延しにくく、ゲームをより楽しむことができるBenQ(ベンキュー)の 『HT2150ST』

>> Amazonで詳細を見る

ソニー(SONY)|高い技術で画質にこだわり

比較的早い時期から4K対応のプロジェクターを出していたソニーは、技術の高さが売り。その画質の高さには定評があります。ラインナップは高額なモデルが中心で、画質を重視したフルHD以上のハイスペックなモデルが多く、画質にこだわるユーザーから人気を得ています。

SONY(ソニー)『VPL-VW255』

本格的な高画質4KプロジェクターであるSONY(ソニー)『VPL-VW255』

>> Amazonで詳細を見る

エイサー(Acer)|価格と性能のバランスがいい

ノートPCなどで知られるエイサーは、携帯モデルから家庭用、ビジネス用まで幅広いプロジェクターをラインナップしています。比較的低価格なモデルでもしっかりした性能、機能を備えていて、コストパフォーマンスがよいこともエイサー製品の特徴です。内容に応じて表示を変更するゲームモードを備えたゲーマー向けのプロジェクターも人気を集めています。

Acer(エイサー)『H6810BD』

画像が 明るく、設置しやすいAcer(エイサー)の『H6810BD』

>> Amazonで詳細を見る

アンカー(ANKER)|小型・ポータブルモデルに注目

モバイルバッテリーや充電器で有名なアンカーは、「Nebula」というブランドでコンパクトなモバイル型のプロジェクターを展開しています。Android TV搭載モデルや360度スピーカー内蔵モデル、さらにはスターウォーズのR2-D2のデザインが施されたモデルなどのバリエーションがある「Nebula Capsule」は、350ml缶のようなポップなデザインも人気を集めています。

ANKER(アンカー)『Nebula Apollo』

空き缶サイズのコンパクトさがANKER(アンカー)らしいモバイルプロジェクター『Nebula Apollo』

>> Amazonで詳細を見る

【画質にこだわる】ホームプロジェクターおすすめ7選 IT・家電ジャーナリストが厳選!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

acer(エイサー)『DLPプロジェクター H6530BD』

AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証) AcerDLPプロジェクターH6530BD(WUXGA(1920×1200)/3500lm/3.5kg/HDMI/3D対応/2年間保証)

出典:Amazon

投写方式 DLP方式(単板ホイール色分離タイプ)
コントラスト比 10,000:1
画素数 WUXGA (1,920×1,200)
ルーメン(輝度) 3,500
重さ 3.5 kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

3Dコンテンツも楽しめる高コスパプロジェクター

4K解像度ではなく、フルハイビジョンに対応するWU×GA(1920×1200画素)のDLPホームプロジェクターです。

3500ルーメンと明るくてリビングシアターにも向いています。3D投写にも対応しているため、Blu-ray 3Dコンテンツを大画面で視聴するといった楽しみ方もオススメです。

1.1倍の光学ズームと、縦方向だけですが±40度の台形補正機能も搭載しているので、設置性も悪くありません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

popIn Aladdin(ポップインアラジン)『プロジェクター付きシーリングライト(PA18U02VN)』

popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』 popIn(ポップイン)『PopInAladdin(ポップインアラジン)』

出典:Amazon

投写方式 単板DLP方式
コントラスト比 --
画素数 WXGA(1,280x800)
ルーメン(輝度) 3,800
重さ 4.9Kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

シーリングライトの金具に設置できるプロジェクター

プロジェクターの大きな問題のひとつが本体の設置場所ですが、こちらは多くの家庭の天井にあるシーリングライトの取り付け金具に設置できるのが魅力。

約40インチ(投写距離約1m)から約120インチ(同約3m)のスクリーンに投写できます。12度下まで角度を変えられるので、梁などを避けて投写することが可能です。

Wi-Fi経由でABEMAやYouTubeのほか、NetflixやAmazon Prime Videoなどの定額制動画配信サービスを視聴可能。ホームネットワーク機能を搭載するレコーダーと接続すれば、レコーダーに録画した番組を大画面で楽しむこともできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Acer(エイサー)『H6810BD』

Acer(エイサー)『H6810BD』 Acer(エイサー)『H6810BD』 Acer(エイサー)『H6810BD』 Acer(エイサー)『H6810BD』 Acer(エイサー)『H6810BD』 Acer(エイサー)『H6810BD』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 10,000:1
画素数 4K UHD(3840x2160)
ルーメン(輝度) 3,500
重さ 4.0kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

明るくてHDRにも対応 設置性の高さも魅力

3,500ルーメンとかなりの明るさを実現した4Kプロジェクター。上下方向に画面がひずんでも補正できる台形補正機能を搭載しているため、設置場所に困らないのが魅力です。

10Wスピーカーを搭載しているので、プロジェクターだけでも音声を楽しめます。約4kgと軽量でコンパクトなので、リビングだけでなくベッドルームなどにも設置しやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BenQ(ベンキュー)『TK800』

BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 BenQ(ベンキュー)『TK800』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式‎‎
コントラスト比 10,000:1‎
画素数 4K UHD(3,840x2,160)‎‎
ルーメン(輝度) 3,000
重さ 約4.2kg‎

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

4Kながら低価格、リビングに向く明るさも魅力

4K解像度ながら、比較的低価格なのが魅力のモデル。明るさは3,000ルーメンもあるので、真っ暗にしにくいリビングで楽しむプロジェクターとしても最適です。

プロジェクターの置き場所が少し斜めになっても大丈夫な縦自動台形補正機能が搭載されています。1.2倍の光学ズームも搭載しているので、より大画面で楽しめるのもうれしいポイントです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ViewSonic(ビューソニック)『PX727-4K』

ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K ViewSonicPX727-4K-DLPprojector-portable-2200ANSIlumens-3840x2160-HD4K

出典:Amazon

投写方式 DLP 0.47型DMD
コントラスト比 12,000:1
画素数 4K(3,840 x 2,160)
ルーメン(輝度) 2,200
重さ 約4.2kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

超長寿命モードも搭載する4Kプロジェクター

4Kながらかなりの低価格を実現し、HDRにも対応するエントリータイプの4Kプロジェクター。重さは4.2kgと軽いので、天吊り設置もしやすいです。

標準モードでのランプ寿命は約4000時間ですが、約1万5,000時間もの長期使用が可能なSuperEcoモードも搭載。バックライト付きリモコンを付属しているので、暗い場所でもプロジェクターの操作が簡単に行えます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『VPL-VW255』

SONY(ソニー)『VPL-VW255』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』

出典:Amazon

投写方式 3S×RDパネル・3原色液晶投写方式
コントラスト比 --
画素数 ネイティブ4K(4,096×2,160)
ルーメン(輝度) 1,500
重さ 14kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

本格的な高画質4Kプロジェクター

4Kブルーレイ(Ultra HD Blu-ray)に採用されているHDR10方式、放送で採用されるHLG(Hybrid Log Gamma)方式に対応するLCoS(反射型液晶)タイプの4Kプロジェクターです。

225W高圧水銀ランプを採用。最大輝度は1,500ルーメンとほかに比べると低いため、リビングプロジェクターというよりはシアタールーム向けの本格モデルといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LGエレクトロニクス『CineBeam HU80KS』

LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS LGレーザー4Kプロジェクター(寿命約20,000時間/4K/2,500lm/Bluetooth対応/6.7kg/webOS)HU80KS

出典:Amazon

投写方式 DLP
コントラスト比 150,000:1
画素数 3,840×2,160
ルーメン(輝度) 2,500
重さ 約6.7kg

Thumb lg f7e1a371 23d9 4566 9c2b b241dc2a0c54

IT・家電ジャーナリスト

自由な設置が可能な縦型4Kプロジェクター

床置きやテーブル設置、天吊りなどさまざまな設置スタイルが可能な4Kプロジェクター。約2万時間と長寿命なレーザー光源を採用しており、最大輝度は2,500ルーメンと明るいのも魅力です。

LGのテレビと同じ「webOS」を内蔵しており、YouTubeやNetflixなどの動画をテレビなしで本体だけで楽しめるのも大きな魅力。Bluetoothスピーカーに音声を出力する機能も備えています。

【はじめての1台に】リーズナブルなホームプロジェクターおすすめ5選

60,000円程度以下で、気軽に家庭に導入できるプロジェクターのおすすめを紹介します。

BenQ(ベンキュー)『GV1』

BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵 BenQモバイルプロジェクターGV1LED光源200lmUSB-CAndroid搭載5Wスピーカー無線LAN・Bluetoothバッテリー内蔵

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 100000:1
画素数 480p(854×480 ピクセル)
ルーメン(輝度) 200
重さ 708g

Wi-FiとBluetooth搭載のモバイル型

手のひらサイズのモバイル型プロジェクター。HDMIは非搭載ですが、Wi-FiとBluetooth対応、さらにUSB-Cにも対応しており、PCやスマホなどさまざまなデバイスと接続できるほか、Bluetoothスピーカーとしても使えます。708gと軽量なので持ち運びも楽にできます。友人の家やアウトドアに持っていってみんなで楽しむのに最適なプロジェクターです。

LGエレクトロニクス『ミニプロジェクター PH30JG』

LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG LGPH30JGコンパクトポータブルLEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵)PH30JG

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 100000:1
画素数 1280×720
ルーメン(輝度) 250
重さ 490g

自動台形補正機能搭載のモバイル型

490gと軽量なモバイル型のミニプロジェクター。本体はコンパクトですが、最大で100インチまでの大画面での投影が可能です。ヒンジでシームレスに角度調整することができ、斜めに投影しても正常な形の映像で表示できる自動台形補正機能も搭載しています。HDMI入力のほかに、Miracastなどのスクリーンシェア機能に対応しており、スマホやPCのコンテンツとワイヤレスで接続が可能。さらにUSBメモリの映像コンテンツやドキュメントファイルの再生も行なえます。内蔵バッテリーで4時間の使用が可能です。

Acer(エイサー)『X1126AH』

Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH Acer(エイサー)プロジェクター小型スクリーン対応家庭用ホームSVGA(800×600)4000ルーメンDLPスピーカー内蔵2.8kgHDMI3D対応2年保証X1126AH

出典:Amazon

投写方式 DLP方式(単板ホイール色分離タイプ)
コントラスト比 20000:1
画素数 SVGA(800×600)
ルーメン(輝度) 4000
重さ 2.8kg

4000ルーメンの高輝度プロジェクター

輝度が4000ルーメン、コントラスト比が最大20000:1と、明るくメリハリのある映像を投影できるプロジェクター。暗いシーンでも細部まで鮮明に表示する「DynamicBlack」テクノロジー」も搭載しており、明るい部屋でも鮮やかな映像を楽しめます。HDMIのほかにVGAやコンポジットビデオ入力も備え、古いPCやアナログ出力の映像機器の接続にも対応しています。最大で垂直40度まで対応する台形歪み補正機能も搭載されています。

ELEPHAS『3Dプロジェクター RD606』

ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵 ELEPHASDLPミニ3Dプロジェクター小型3000lm1080PフルHD対応3D対応自動台形補正パソコン/スマホ/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤーなど接続可USB/HDMI/AUDIOサポート充電式バッテリー内蔵

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 -
画素数 854×480
ルーメン(輝度) 2600
重さ 280g

低価格で多機能な3D対応プロジェクター

手のひらサイズのコンパクトなプロジェクターですが、HDMIのほかにUSB端子も搭載し、さらにWi-FiやAirplay/Miracastにも対応。さまざまなデバイスと接続することができます。3Dにも対応しており、DLPリンクの3Dメガネを用意すれば、迫力ある3D映像を楽しめます。最短で0.5mの距離から投影でき、2.6mの投影距離なら100インチの大画面で投影できるので、狭い部屋でも使えます。内蔵バッテリーの容量は5200mAhで、2~3時間の投影が可能、投影中でもモバイルバッテリーから充電できるので、アウトドアで使うのにも適しています。

XGIMI(ジミー)『MoGo』

XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生 XGIMIMOGO210ANSIルーメンAndroidTV搭載ポータブルコンパクト小型プロジェクター4K対応DLP投影技術Harman/Kardonスピーカーオートフォーカス大容量バッテリー最大4時間再生

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 -
画素数 540P(960×540)
ルーメン(輝度) 210
重さ 0.9Kg

Android TV搭載のモバイルプロジェクター

Android TVを搭載するモバイル型プロジェクターで、対応アプリを自由にインストールして使うことができます。HDMIでBlu-rayプレーヤーやゲーム機を接続できるほか、ChromecastによりWi-Fi経由でPCやスマホにも接続が可能、さらにHDDやUSBメモリを接続できるUSBポートも搭載しています。また、Bluetoothでマイクやゲームコントローラーなども接続することができます。オーディオブランドとして有名なHarman Kardon(ハーマンカードン)のデュアルスピーカーを搭載することも特徴で、コンパクトなモバイル型でありながら、本体だけで迫力あるサウンドを楽しめます。台形補正機能は、自動で補正できる上下だけでなく左右の調整も可能なので、設置場所にも困らないでしょう。

【ゲームに】ホームプロジェクター3選 みんなでワイワイ楽しもう!

プロジェクターをゲームに使うとき、問題になりやすいのが遅延です。プロジェクターは内部で信号処理をしている関係で、テレビと比べて映像にやや遅延が生じる機種が多くなっています。ここでは遅延が少なく、ゲームプレイに違和感が生じにくいプロジェクターを紹介します。

ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』

ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』 ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』 ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』

出典:楽天市場

投写方式 DLP
コントラスト比 22,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 3,000
重さ 約2.7kg

3倍速入力モードで動きの速いゲームも違和感なく

「3倍速入力モード機能」を搭載し、遅延を少なくしているゲーミングプロジェクターです。フルHDの映像出力が可能なうえ、約1.5メートルの距離で100インチの大画面が投影可能な短焦点プロジェクター。3,000ルーメンと明るさも充分確保されているため、遮光が難しいリビングルームでも充分視認性を確保してゲームがプレイできます。

HDMI端子は2系統装備。パソコンやBlu-rayレコーダー、ゲーム機などを複数台つなげられます。

BenQ(ベンキュー) 『HT2150ST』

BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』 BenQ(ベンキュー)『HT2150ST』

出典:Amazon

投写方式 DLP
コントラスト比 15,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 2,200
重さ 約3.6kg

低遅延のゲームのためのホームプロジェクター

大画面でゲームを楽しむために開発されたホームプロジェクターです。信号処理やマイクロミラーデバイスの動作を速めることで徹底的に遅延を現象、レーシングゲームやスポーツゲームなど動きが早く、一瞬のラグが勝負を決めてしまうようなゲームでも違和感なくプレイできます。ゲーム用に「ゲームモード」と「ゲームブライトモード」を搭載。環境光に合わせて画面の細部までしっかり視認できるように明るさを調整します。

また、10ワットのスピーカーを2基搭載。HDMIケーブルで入力すれば映像と音声をケーブル1本で手軽に出力できるのもうれしいところです。

Optoma(オプトマ)『HD27e』

Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 Optoma(オプトマ)『HD27e』

出典:Amazon

投写方式 DLP
コントラスト比 25,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 3,400
重さ 2.9kg

3400ルーメンのリビングルーム用プロジェクター

輝度が3,400ルーメンと非常に明るいプロジェクターです。仲間と集まっているとなかなか部屋を真っ暗にはできませんが、このプロジェクターなら遮光ができないリビングルームで充分明るく見やすい画面が投影できます。

HDMIのほか、MHLにも対応しており、充電しながらスマートフォンの画面を映すことも可能。写真や動画をみんなで鑑賞して盛り上がれます。

【映画鑑賞に】ホームプロジェクター3選 DVD鑑賞を贅沢に!

ホームプロジェクターといえば映画鑑賞。薄型テレビでは手を出しにくい100インチを超えるような大画面も、プロジェクターならかんたんに実現できます。ここでは家にいながらにして映画館にいるような感覚を味わえるプロジェクターを紹介します。

EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』

EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』

出典:Amazon

投写方式 3LCD
コントラスト比 2,500,000:1
画素数 WXGA(1,280×800)
ルーメン(輝度) 2,000
重さ 約2.7kg

縦置きにも対応した家庭向け小型プロジェクター

本体が小型で持ち運びがかんたん、家のなかのあちこちで大画面の映像を楽しめます。また、縦置きにも対応するため、壁やスクリーンだけでなく天井にも投影が可能。寝転がって映画を見ることもできます。2.3メートルの距離で100インチの大画面が実現。大迫力の映像で映画やスポーツなどを投影できます。

長寿命のレーザー光源を採用し、約20,000時間の使用ができるためランニングコストが安く済むのもうれしいところです。

BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』

BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』 BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』 BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』

出典:Amazon

投写方式 DLP
コントラスト比 100,000:1
画素数 4K UHD(3,840×2,160)
ルーメン(輝度) 1,800
重さ 6.5kg

正確な色表現にこだわった4Kプロジェクター

4K解像度に対応したプロジェクターです。CinematicColorテクノロジーを搭載して映画フィルムの色を再現することを目的としたDCI-P3に対応、映画監督が理想とするようなリアルな色表現で映画をみることができます。さらにHDRモードを搭載して暗いシーンでも肉眼に近い鮮明な映像を描写、Ultra HD Blu-rayディスクなどの4Kコンテンツの魅力を充分に味わえます。

家庭にいながらにして映画館クオリティの映像を堪能できるホームプロジェクターです。

LGエレクトロニクス『HF80LS』

LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 LGエレクトロニクス『HF80LS』

出典:Amazon

投写方式 DLP
コントラスト比 150,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 2,000
重さ 約2.1kg

コンパクトながら映画館クオリティのプロジェクター

片手でもてるほどのコンパクトサイズながら、2,000ルーメンの明るさとフルHDの解像度、150,000:1と高いコントラスト比のメリハリある映像描写で、リビングルームや寝室を映画館のように変えてくれるプロジェクターです。

Wi-FiやBluetoothに対応。パソコンやスマートフォンの画面を無線で投影したり、音声をシアターセットなどに無線伝送したりすることも可能です。迫力ある映像と音声で映画を楽しんでください。

【音にこだわる】ホームプロジェクター1選 自宅がライブ会場に?

プロジェクターのなかにはスピーカーを内蔵しており、外部スピーカーと接続しなくても手軽に音楽の再生ができる機種があります。

Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』

Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』 Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』 Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』 Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』 Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 2,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 2,700
重さ 約11.0kg

プロジェクターだけで本格的なオーディオ再生を

この製品の最大の特徴はオーディオの性能です。スコーカーを前と横に合計4基、ウーファーを2基搭載しており、総合出力は32ワット。外部スピーカーを使わなくても大画面にふさわしい迫力ある音響効果が得られます。

もちろん、プロジェクターとしての基本性能もすぐれた商品。わずか17センチの距離で60インチの投影が可能な超短焦点レンズを搭載しています。スクリーンや壁のすぐ近くに置けるため設置の自由度が高く、お手軽に迫力ある大画面を実現できます。

【多端末対応】ホームプロジェクター2選 スマートフォンやメディアストリーミング端末も接続可能

プロジェクターにつなげられるのはBlu-rayレコーダーやゲーム機だけではありません。スマートフォンや『Amazon Fire TV Stick』などを接続することができる機種もあります。

EPSON(エプソン)『EH-TW6700W』

EPSONdreamioホームプロジェクター(70000:13000lm)3D・Bluetooth対応ワイヤレスモデルEH-TW6700W EPSONdreamioホームプロジェクター(70000:13000lm)3D・Bluetooth対応ワイヤレスモデルEH-TW6700W EPSONdreamioホームプロジェクター(70000:13000lm)3D・Bluetooth対応ワイヤレスモデルEH-TW6700W

出典:Amazon

投写方式 3LCD
コントラスト比 70,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 3,000
重さ 約6.9kg

スマホやタブレットの動画を大画面で視聴できる

プロジェクターメーカーの大御所エプソン(EPSON)の機種だけあって、画像表示の技術に秀でた機種。

スピード感のある映像もなめらかに表示するフレーム補間技術や各種ノイズリダクションも備えています。視聴する部屋の環境で合わせて、切り替えられる7つのカラーモードも搭載しています。

ELEPHAS『LEDプロジェクター CL760』

超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black) 超便利な家庭用商業用プロジェクター、CL7603600ルーメン1280x800720P1080PHDAndroidスマートプロジェクター、サポートHDMIx2/USBx2/VGA/AV(色:Black)

出典:Amazon

投写方式 TFT LCD
コントラスト比 2,000:1
画素数 1,920×1,080
ルーメン(輝度) 3,300
重さ 2.5Kg

コスパ良! クオリティの高い冷却ファンも搭載!

3,000以上のルーメンと最大フルHDのスペックがありながらも、価格面でかなりのインパクトがある機種です。また冷却ファンの効果が高く、モータ騒音を抑えられるのも特長。ノイズが気になる方に向いています。スピーカーが内蔵されているので外部につながずに高音質で楽しめます。静音設計で音にこだわったホームプロジェクターを探している方は要チェック!

【投影距離が短くてもOK】単焦点・超単焦点プロジェクター2選 省スペースで楽しめる!

室内に充分な設置スペースがないことから、ホームプロジェクターの導入を諦めてしまう人も少なくないのではないでしょうか。ここでは壁に近い距離からでも映像を映し出せる単焦点タイプのホームプロジェクターをご紹介します。

EPSON(エプソン)『dreamio(EH-LS500)』

EPSONdreamioホームプロジェクターEH-LS500W(2500000:14000lm)超短焦点レーザー光源4K/HDR対応AndroidTV™端末同梱 EPSONdreamioホームプロジェクターEH-LS500W(2500000:14000lm)超短焦点レーザー光源4K/HDR対応AndroidTV™端末同梱 EPSONdreamioホームプロジェクターEH-LS500W(2500000:14000lm)超短焦点レーザー光源4K/HDR対応AndroidTV™端末同梱 EPSONdreamioホームプロジェクターEH-LS500W(2500000:14000lm)超短焦点レーザー光源4K/HDR対応AndroidTV™端末同梱 EPSONdreamioホームプロジェクターEH-LS500W(2500000:14000lm)超短焦点レーザー光源4K/HDR対応AndroidTV™端末同梱

出典:Amazon

投写方式 3LCD方式
コントラスト比 2,500,000:1
画素数 1920×1080×3
ルーメン(輝度) 4,000
重さ 9.3kg

壁際におくだけだからセッティングもカンタン

壁の目の前におくだけで、大画面を映し出すことが可能。4Kにも対応しているので、美しい映像にこだわる人にうれしいアイテムといえそうです。画面サイズを80~130インチまでカンタンに調整することもできます。

Android TV搭載のメディアストリーミング端末を本体内に格納。スピーカーも内蔵されているため、Wi-Fiがあれば動画配信サービスを楽しむことができます。

LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』

LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 2,000,000:1
画素数 3,840×2,160
ルーメン(輝度) 2,700
重さ 約12.2kg

4Kが120インチの大画面で楽しめる!

設置スペースを抑えることができるタイプ。壁から5.6cmの距離があれば、90インチの画面を映し出すことが可能です。12ポイントエッジ調整機能で、スクリーンの凸凹による歪みに対応して補正してくれます。

4K対応の画質に加え、2700ルーメンの高光束を実現。やさしい明るさなので、長時間映像を見ても疲れにくいでしょう。1秒間に60フレームの再生に対応するので、映像をなめらかにしてくれます。

【小型・ポータブル】ホームプロジェクター3選 持ち運び用に!

大きいサイズのホームプロジェクターは、設置する場所や収納場所に困る場合も。ここでは小型で持ち運びやすいホームプロジェクターを紹介していきます。

CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』

CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 400:1
画素数 WVGA(854×480)
ルーメン(輝度) 130
重さ 0.41kg

バッグに収まるコンパクトサイズ

小型かつ410gと軽量で、持ち運びに便利なコンパクトタイプ。AndroidOS搭載により、本体だけでウェブの閲覧や多彩なコンテンツの投写が可能です。ビジネスシーンにも重宝する1台といえるでしょう。

バッテリーは最長2時間。モバイルバッテリー機能がついているため、電源のない場所でもモバイル端末を充電できるので災害時にも活用できます。面倒な縦方向の台形補正を、本体を傾けるだけで自動でおこなえるのも便利。

ANKER(アンカー)『Nebula Apollo』

ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』 ANKER(アンカー)『NebulaApollo』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 -
画素数 854×480
ルーメン(輝度) 200
重さ 0.471kg

350mlの空き缶サイズ&アルミニウムボディ

ジュースの空き缶と同じぐらいのサイズなのに、機能性にすぐれた製品。Bluetoothなどのワイヤレス接続にも対応可能です。タッチパネル搭載なので、スムーズに操作することができるでしょう。

本体にはAndroid7.1を搭載。YouTubeやAmazon Prime Videoなど、多彩なコンテンツを楽しむことができます。DLP投影なので、大画面で鮮明な映像が魅力的です。

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』

出典:Amazon

投写方式 DLP方式
コントラスト比 2,000:1
画素数 フルHD(1,920 × 1,080)
ルーメン(輝度) 1,000
重さ 0.44kg

ビジネスシーンでも役立ちそうな機能性

小型の懐中電灯のようなコンパクトサイズ。持ち運びがカンタンなのに、高性能なのが特徴です。HDMIケーブル接続や、本体のみのネット接続が可能。無線でも有線でも利用できる、便利なアイテムです。

Officeにも対応しているのも注目のポイント。USBデータをそのまま映せるので、会議やプレゼンなどに利用できるでしょう。ヘッドが90度回転するので投影がしやすく、スマホやPCとワイヤレス接続も可能です。

【関連商品】一緒にそろえたいスクリーン

ホームプロジェクターの実力を発揮できそうな、便利なスクリーンをご紹介します。

シアターハウス『モバイル自立スクリーン 16:9 100インチ(SST2214WEM)』

シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン16:9100インチ(SST2214WEM)』

出典:Amazon

投写方式 -
コントラスト比 -
画素数 -
ルーメン(輝度) -
重さ 7.0kg

置いて引き出すだけのカンタン設置

20秒程度でかんたんに組み立てられる便利なスクリーン。設置方法は、置いて支え棒を起こし、スクリーンを引っかけるだけです。自立式なので、場所を選ぶ必要もないでしょう。

折りたたんで持ち運ぶことが可能。支柱が取っ手代わりになるので、持ち運びもラクラクです。重さは約6kgほど。壁や天井から吊るすタイプよりも気軽に使えるのではないでしょうか。

「ホームプロジェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
acer(エイサー)『DLPプロジェクター H6530BD』
popIn Aladdin(ポップインアラジン)『プロジェクター付きシーリングライト(PA18U02VN)』
Acer(エイサー)『H6810BD』
BenQ(ベンキュー)『TK800』
ViewSonic(ビューソニック)『PX727-4K』
SONY(ソニー)『VPL-VW255』
LGエレクトロニクス『CineBeam HU80KS』
BenQ(ベンキュー)『GV1』
LGエレクトロニクス『ミニプロジェクター PH30JG』
Acer(エイサー)『X1126AH』
ELEPHAS『3Dプロジェクター RD606』
XGIMI(ジミー)『MoGo』
ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』
BenQ(ベンキュー) 『HT2150ST』
Optoma(オプトマ)『HD27e』
EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』
BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』
LGエレクトロニクス『HF80LS』
Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』
EPSON(エプソン)『EH-TW6700W』
ELEPHAS『LEDプロジェクター CL760』
EPSON(エプソン)『dreamio(EH-LS500)』
LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』
CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』
ANKER(アンカー)『Nebula Apollo』
FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』
シアターハウス『モバイル自立スクリーン 16:9 100インチ(SST2214WEM)』
商品名 acer(エイサー)『DLPプロジェクター H6530BD』 popIn Aladdin(ポップインアラジン)『プロジェクター付きシーリングライト(PA18U02VN)』 Acer(エイサー)『H6810BD』 BenQ(ベンキュー)『TK800』 ViewSonic(ビューソニック)『PX727-4K』 SONY(ソニー)『VPL-VW255』 LGエレクトロニクス『CineBeam HU80KS』 BenQ(ベンキュー)『GV1』 LGエレクトロニクス『ミニプロジェクター PH30JG』 Acer(エイサー)『X1126AH』 ELEPHAS『3Dプロジェクター RD606』 XGIMI(ジミー)『MoGo』 ViewSonic(ビューソニック)『PX706HD』 BenQ(ベンキュー) 『HT2150ST』 Optoma(オプトマ)『HD27e』 EPSON(エプソン)『dreamio(EF-100B)』 BenQ(ベンキュー)『CinePrime(HT5550)』 LGエレクトロニクス『HF80LS』 Panasonic(パナソニック)『TH-100FP1』 EPSON(エプソン)『EH-TW6700W』 ELEPHAS『LEDプロジェクター CL760』 EPSON(エプソン)『dreamio(EH-LS500)』 LGエレクトロニクス『CineBeam(HU85LS)』 CANON(キヤノン)『ミニプロジェクター(C-13W)』 ANKER(アンカー)『Nebula Apollo』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 シアターハウス『モバイル自立スクリーン 16:9 100インチ(SST2214WEM)』
商品情報
特徴 3Dコンテンツも楽しめる高コスパプロジェクター シーリングライトの金具に設置できるプロジェクター 明るくてHDRにも対応 設置性の高さも魅力 4Kながら低価格、リビングに向く明るさも魅力 超長寿命モードも搭載する4Kプロジェクター 本格的な高画質4Kプロジェクター 自由な設置が可能な縦型4Kプロジェクター Wi-FiとBluetooth搭載のモバイル型 自動台形補正機能搭載のモバイル型 4000ルーメンの高輝度プロジェクター 低価格で多機能な3D対応プロジェクター Android TV搭載のモバイルプロジェクター 3倍速入力モードで動きの速いゲームも違和感なく 低遅延のゲームのためのホームプロジェクター 3400ルーメンのリビングルーム用プロジェクター 縦置きにも対応した家庭向け小型プロジェクター 正確な色表現にこだわった4Kプロジェクター コンパクトながら映画館クオリティのプロジェクター プロジェクターだけで本格的なオーディオ再生を スマホやタブレットの動画を大画面で視聴できる コスパ良! クオリティの高い冷却ファンも搭載! 壁際におくだけだからセッティングもカンタン 4Kが120インチの大画面で楽しめる! バッグに収まるコンパクトサイズ 350mlの空き缶サイズ&アルミニウムボディ ビジネスシーンでも役立ちそうな機能性 置いて引き出すだけのカンタン設置
投写方式 DLP方式(単板ホイール色分離タイプ) 単板DLP方式 DLP方式 DLP方式‎‎ DLP 0.47型DMD 3S×RDパネル・3原色液晶投写方式 DLP DLP方式 DLP方式 DLP方式(単板ホイール色分離タイプ) DLP方式 DLP方式 DLP DLP DLP 3LCD DLP DLP DLP方式 3LCD TFT LCD 3LCD方式 DLP方式 DLP方式 DLP方式 DLP方式 -
コントラスト比 10,000:1 -- 10,000:1 10,000:1‎ 12,000:1 -- 150,000:1 100000:1 100000:1 20000:1 - - 22,000:1 15,000:1 25,000:1 2,500,000:1 100,000:1 150,000:1 2,000:1 70,000:1 2,000:1 2,500,000:1 2,000,000:1 400:1 - 2,000:1 -
画素数 WUXGA (1,920×1,200) WXGA(1,280x800) 4K UHD(3840x2160) 4K UHD(3,840x2,160)‎‎ 4K(3,840 x 2,160) ネイティブ4K(4,096×2,160) 3,840×2,160 480p(854×480 ピクセル) 1280×720 SVGA(800×600) 854×480 540P(960×540) 1,920×1,080 1,920×1,080 1,920×1,080 WXGA(1,280×800) 4K UHD(3,840×2,160) 1,920×1,080 1,920×1,080 1,920×1,080 1,920×1,080 1920×1080×3 3,840×2,160 WVGA(854×480) 854×480 フルHD(1,920 × 1,080) -
ルーメン(輝度) 3,500 3,800 3,500 3,000 2,200 1,500 2,500 200 250 4000 2600 210 3,000 2,200 3,400 2,000 1,800 2,000 2,700 3,000 3,300 4,000 2,700 130 200 1,000 -
重さ 3.5 kg 4.9Kg 4.0kg 約4.2kg‎ 約4.2kg 14kg 約6.7kg 708g 490g 2.8kg 280g 0.9Kg 約2.7kg 約3.6kg 2.9kg 約2.7kg 6.5kg 約2.1kg 約11.0kg 約6.9kg 2.5Kg 9.3kg 約12.2kg 0.41kg 0.471kg 0.44kg 7.0kg
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月26日時点 での税込価格

ホームプロジェクターを天井に設置はできる?

プロジェクターを天吊りにすると、省スペースになるだけでなく、投影中にプロジェクターの前を人が横切っても投影画像に影ができるといったことがありません。

設置器具を別途付けたら

プロジェクターにはメーカーから純正の天吊りキットが用意されていることもあります。工事が必要なため持ち家であることが前提ですが、天吊りキットを使うと安全にプロジェクターを天吊り設置できます。

賃貸物件であるなど、天井に穴を開けられない、開けたくないという場合は、ディアウォールを使ったり、あるいは床から天井に差し渡せる突っ張り棒を使ったりという手法もあります。たとえば「シアターハウス」から販売されている『QP-PB10WS』などを使うと、工事なしで手軽にプロジェクターを天吊りにできます。

そもそも天井設置前提のプロジェクター

プロジェクターのなかには天井に設置することを前提としている商品もあります。たとえば、天井の引掛けシーリングなどに設置する『PopIn Aladdin』などはその代表例です。

そのほか、エプソンから販売されているビジネス用のインタラクティブプロジェクターなども天井に設置して使うことを前提として設計されています。

popIn Aladdin(ポップインアラジン)『プロジェクター付きシーリングライト(PA18U02VN)』

設置は引掛シーリングに取りつけるだけ。電源も引掛シーリングから供給されるため配線なども不要でかんたんお手軽。

>> Amazonで詳細を見る

音にこだわって選ぶのもアリ!

ホームプロジェクターで音楽映像や映画を観るときは音質も重要です。騒音が大きかったり音の質が悪かったりすると楽しめないことも。音にこだわるのも選び方のひとつです。

モーター音が静かな設計

ホームプロジェクターは熱を発するため、冷やすためのファンが作動する仕組みです。ファンが運転するときにもれる音が大きいと気になってしまいますよね。モーター音が静かで映像に集中しやすい静音設計のホームプロジェクターを選びましょう。

スピーカーをチェック

ホームプロジェクターのなかにはスピーカー内蔵タイプがあり、そのまま楽しめるのがメリットです。高音質なものも登場していますが、音質にこだわりがあるという場合は外部接続できるホームプロジェクターを選びましょう。

おすすめ商品をチェックする!

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ホームプロジェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのホームプロジェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ホームプロジェクターランキング
楽天市場:プロジェクターランキング
Yahoo!ショッピング:プロジェクターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんへの取材をもとに、プロジェクター31選をご紹介します。2020年の最新情報を追加しています。ホームシアターだけでなく、会社の会議用にも役立つプロジェクターをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

IT・家電ジャーナリストのアドバイス 迷っている人に!

ホームプロジェクター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

映画に、ゲームに、スポーツ鑑賞に。家庭で観る映像の迫力が大きく変わってくるホームプロジェクター。

IT・家電ジャーナリスト

大画面×高解像度なら4Kプロジェクターがおすすめ

ようやく4Kプロジェクターが安くなってきましたが、本格的なモデルというよりは、ビジネスプロジェクターとホームプロジェクターの中間といったタイプが中心です。

とはいえ、フルHDと4Kでは解像度が段違いなので、100インチや120インチといった大画面を存分に楽しみたいのであれば4Kプロジェクターがやはり断然おすすめ。スペック面でたくさん注目すべきポイントはありますが「設置性」にも着目してほしいです。

斜め横や斜め下からでも投写できる「台形補正機能」などを搭載していると、設置場所の柔軟性がアップ。スクリーンの中心にぴったり合う場所に置けそうにない場合は、設置機能にも着目して選んでください。

ホームプロジェクター5つのポイントをおさらい

1)解像度はフルHD以上、大画面の場合は4Kが理想
2)LCD、DLP、LCoSなど投写方法をチェック
3)用途に合った光源の種類を選ぶ
4)明るさやコントラストで映像の見やすさが変わる
5)Wi-Fiの有無やスピーカーなど付加機能も確認

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが教えてくれた選び方をポイントにして、ホームプロジェクターの候補を絞っていきましょう。解像度や機能などに気をつけながら、ご自宅に合うホームプロジェクターを見つけたら、映画やゲームをたっぷり楽しんでください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tara.tara、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/06/25 製品情報更新のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 成田晴香)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】ビジネス用プロジェクターおすすめ25選|ビジネスシーンで使える商品を紹介

【2020年版】ビジネス用プロジェクターおすすめ25選|ビジネスシーンで使える商品を紹介

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんへの取材をもとに、プロジェクター25選をご紹介します。2020年の最新情報を追加しています。ホームシアターだけでなく、会社の会議用にも役立つプロジェクターをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【高画質・持ち運びに最適】用途別モバイルプロジェクターおすすめ21選

【高画質・持ち運びに最適】用途別モバイルプロジェクターおすすめ21選

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役の一瀬哲也さんへの取材をもとに、2020年版おすすめモバイルプロジェクターをご紹介します。入門用やアウトドア、スマホ連携など、用途別で使えるモバイルプロジェクターをご紹介しています。


【2020年】ゲームプロジェクターおすすめ14選|EPSON・Anker・SONYなど厳選

【2020年】ゲームプロジェクターおすすめ14選|EPSON・Anker・SONYなど厳選

ゲーム用プロジェクターがあれば、SwitchやPS4などいつもテレビに接続しているゲームを壁に投影して、もっと大画面で楽しむことができます。ここでは、ゲームプロジェクターの選び方を解説し、プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだおすすめ14商品をランキングとともにご紹介します。


【プロジェクタースクリーン】おすすめ5選|IT・家電ジャーナリストに取材! 大画面や持ち運び可能なタイプも紹介

【プロジェクタースクリーン】おすすめ5選|IT・家電ジャーナリストに取材! 大画面や持ち運び可能なタイプも紹介

自宅でも手軽に映画館気分が味わえるプロジェクタースクリーン。プロジェクター本体も重要ですが、実はプロジェクタースクリーンによってプロジェクターの投影する映像の見え方が大きく異なるため、用途にあうかどうかしっかりと吟味する必要があります。そこで、IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、プロジェクタースクリーンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。120インチを超える大きなサイズのものや持ち運びに便利なモデルも合わせて紹介しますので参考にしてください。


IT&家電ライターが選ぶ室内アンテナおすすめ5選|設置タイプもチェックしよう!

IT&家電ライターが選ぶ室内アンテナおすすめ5選|設置タイプもチェックしよう!

屋外にアンテナがない場合、室内アンテナが必要になります。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんに取材した内容をもとに、どういった室内アンテナがあるのか、どういう選び方をすればいいのかなどを解説。あわせて、室内アンテナのおすすめ製品5選も紹介します!


新着記事


オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

オキシ漬けで話題の『オキシウォッシュ』を実際に使って効果を検証してみました!

漂白剤はさまざまなメーカーから発売されていますが、今回はSNSなどで話題のオキシウォッシュを実際に購入し使用してみました。筆者は「オキシ漬け」なるものをこれまで経験したことがなく、SNSなどではいい面がたくさん見えるので期待を抱きつつも「つけて置くだけでガンコな汚れが落ちるわけないだろうと」実は半信半疑。さらには少しでも手間だと感じると続かないタイプで、計量さえもめんどうなので目分量でやってしまうことも多いズボラ主婦です。そんな筆者が、オキシウォッシュを使用した後に実際に感じたメリット、デメリットを紹介します!


夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

夢ゲンブラシは本当にきれいになる? 使ってみてわかったすごい実力!

『夢ゲンブラシ』は、洋服の埃がなかなか取れなくて困る。粘着式のコロコロクリーナーの消費が激しい! カーペットに掃除機をかけたのに毛が残っていてがっかり……などのお困りを解消してくれる便利アイテム。本当にいい商品なのか、実際に商品を購入し、いろいろな口コミが真実なのか試してみました!


『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は効果ある? 体験してわかったメリット

『ボディータオル ゴムポンつるつる』は背中などにできる気になるぶつぶつやひじ、ひざ、くるぶしのガサガサゴワゴワをきれいに取ってくれる優れもの。軽くなでるだけですべすべのお肌にできます。でも、ボディータオルにしては高めの価格設定がされているので本当に効果があるのか、肌に悪影響はないのか気になりますよね。商品の口コミや、実際に使用してみての結果をまとめました。自分に合うアイテムか確かめてください!


グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

グラフギア1000の重さは気になる? 魅力や気になる評価を試して検証

『グラフギア1000』は、ぺんてるが販売する製図用シャーペン。筆記性能だけでなく、ペン先を収納してガイドパイプが折れるのを防ぐ機能や開閉式クリップなど、携帯性のよさも魅力です。しかし、なかには重いと評価する気になる口コミも。今回は、『グラフギア1000』を実際に購入し、試した使用感を紹介していきます。ぜひ記事を読んで購入する際の参考にしてくださいね!


アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

アネッサの日焼け止めはスキンケアもできるの? 実際に使って、使用感を確かめてみました

今回購入したアネッサの日焼け止め『パーフェクトUVスキンケアミルク』は、しっかりUVカットをしつつ、スキンケアもできる優れもの。日焼けをしっかり防ぎながら、しっとり潤い肌も叶えてくれるという、まさに理想の日焼け止めなのです。そこで本当にしっとり潤うのか、腕に塗って試してみました。「石鹸で簡単に落とせる」については、拭き取り用クレンジングをコットンに浸して日焼け止めを塗った腕を擦り、落ち具合を検証。「石鹸で簡単に落とせる強力な日焼け止めで、肌に優しくてスキンケアもできるもの」を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね。


家電・AV機器の人気記事


>>もっと見る