モバイルプロジェクターおすすめ20選|映画鑑賞にはフルHDクラスを……!

モバイルプロジェクターおすすめ20選|映画鑑賞にはフルHDクラスを……!
アイティーヘルプ株式会社 代表取締役
一瀬 哲也

2008年設立の中小企業専門のITコンサルタントです。 「ITで損する企業様を無くす」ことを目標に、企業様にノウハウが残るコンサルティングを行っており、本年で設立10年目を迎えました。 ハード、ソフト、ネットワーク、携帯電話、ウェブサイト構築・運営支援等々、ITに関わる様々なご要望にワンストップで対応させていただきます。

プロジェクター関連のエキスパートとしてITコンサルタントの一瀬哲也さんへ取材を行い、モバイルプロジェクターの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました!自宅や会社、さらには屋外など、その携帯性から場面を選ばず使用できるモバイルプロジェクターですが、輝度や解像度、OS搭載型、外部接続の種類など、おさえるべきポイントが多いため機種の選択で迷う方も多いのではないでしょうか。本記事を参考に、ぜひモバイルプロジェクターを選んでみてくださいね!


とにかく種類が多すぎるプロジェクター

プレゼンなどで企画書を投影するビジネス用、映画などをダイナミックに映し出す家庭用、キャンプなど外で映像を楽しむためのアウトドア用、その他、iPhoneやAndroidと連動させられるスマホ連動用など、用途にあわせたさまざまな種類があるプロジェクター。

数が多すぎて、何を選べばいいのか迷ってしまいますよね。しかし実は、用途を考えるだけでなく、輝度や解像度、OS搭載型、外部接続の種類など、おさえておきたいポイントがあるんです。

本記事ではITコンサルタントの一瀬哲也さんへ取材を行い、プロジェクターの選び方とおすすめ商品を教えていただきました。ぜひ参考に、プロジェクターを思いきり楽しんでくださいね!

明るさの基準となる「ルーメン」に注意

「ルーメン」とは明るさを表す単位のひとつで、「光の明るさや量」を表します。同じ光の単位で「W(ワット)」が有名ですが、ワットは光の消費電力を表すため、光自体を測っているものではないんです。照明器具にも「ルーメン」が表記されているものも多いです。

今回の場合ですと、プロジェクターが放つ光の明るさや量を表し、一般的には3000ルーメン程度のものが主流です。ルーメンが大きければ大きいほど、大きなスクリーンや遠くからでも映し出すことができるということになります。しかし、ルーメンが大きくなると、価格も高くなる傾向にあります。

自分の部屋の広さや映したいスクリーンの大きさ、部屋の暗さ・明るさにあわせて、どのくらいのルーメンが必要なのかしっかり確認し、商品選びをするようにしましょう。

モバイルプロジェクターの選び方 ITコンサルタントが解説

ITコンサルタントの一瀬哲也さんに、モバイルプロジェクターを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

サイズ感、輝度、解像度、バッテリー駆動時間、映像入力端子の5つのポイントがありますので、どこを重要視するのか考えてみてください。

プロジェクター

Photo by Alex Litvin on Unsplash

使用する場所と環境により必要なスペックが異なってきます。エキスパートが推奨する選び方を参考に製品を比較検討しましょう。

サイズと重量をチェック

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

できる限り、1kg以内のものを選ぶ

モバイルでの利用となりますと、大きさと重量は重要です。大きすぎてバッグに入らなかったり、重すぎて持ち歩くのに苦労したりするのは大変ですよね。

サイズを考えると、小さく薄いもののほうが持ち運びは楽ですので、性能とのバランスを考えて選びたいものです。できる限り軽量なもので重量は1kg以内のものが理想でしょう。

輝度をチェック

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

明るい部屋で使う際は要注意

モバイルプロジェクター選びで重要な指標となるのが輝度です。モバイルプロジェクターの輝度は100ルーメン前後のものが一般的です。100ルーメン前後ですと、完全に暗い部屋でないと映像が薄くて見られない場合がありますので、暗所での利用が基本となります。

一般的に明るい部屋でもはっきり投写できる明るさは、最低でも3,000ルーメン以上は必要となりますので、利用方法を確認したうえで適切な輝度の商品を選びましょう。

LG Electronics Japan LEDポータブル プロジェクター PH550G

輝度は、モバイルプロジェクターとしてはかなり明るい550ルーメン。

>> Amazonで詳細を見る

解像度をチェック

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

映画鑑賞の場合、フルHDクラスは欲しい

解像度は高ければ高いほど画質がよくなります。モバイルプロジェクターでの一般的な解像度は、VGA(640×480)、SVGA(800×600)、XGA(1,024×768)あたりですが、フルHD(1,920×1,080)まで対応可能なものもあります。映画鑑賞などの場合は、フルHDクラスは欲しいところです。

バッテリー駆動時間をチェック

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

バッテリーは2~3時間程度が一般的

モバイルプロジェクターにはバッテリーが内蔵されていますが、2~3時間程度駆動するものが一般的となっています。

映画鑑賞などで使用する場合、2時間以上駆動できるバッテリーが必要かと思いますので、利用用途をよく考えたうえで、購入の際はバッテリー駆動時間をしっかり確認するようにしましょう。

ASUS(エイスース)『ZenBeam E1』

連続投影は約5時間! 長編映画でも充電を気にすることなく、安心して鑑賞できそうです。

>> Amazonで詳細を見る

映像入力端子をチェック

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

HDMIやUSBなど、必要な端子は必ず確認

モバイルプロジェクターは単体で動作するものもありますが、多くはパソコンやスマートフォンと繋いでその映像を投写します。その際に利用する映像入力端子は必ず確認しましょう。

モバイルプロジェクターで現在主流となっている映像入力端子はHDMIが多いようです。HDMIの他にWi-Fiに対応したものやUSB接続に対応したものもありますので、接続する機器にあった映像入力端子が備えられているかを確認しましょう。

【用途別】モバイルプロジェクター7選 ITコンサルタントおすすめ商品

ここまでに紹介したモバイルプロジェクターの選び方のポイントをふまえて、ITコンサルタントの一瀬哲也さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

持ち運び用なので、ルーメンは基本的に少ないですが、十分すぎるスペックのものも多いので、ぜひ参考にしてください。

【入門用プロジェクター】

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LGエレクトロニクス『PH450UG』

LGエレクトロニクス『PH450UG』 LGエレクトロニクス『PH450UG』 LGエレクトロニクス『PH450UG』 LGエレクトロニクス『PH450UG』 LGエレクトロニクス『PH450UG』

出典:Amazon

重さ 約1100g
製品サイズ 幅132×奥行200×高さ85mm
解像度 1280×720
明るさ 450ルーメン
バッテリー駆動時間 約2.5時間
投写距離 7~33cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

投写距離の問題が簡単を解決!入門にピッタリの機種

壁からわずか7cm離すだけで約40インチの投写が可能となる超短焦点モデルです。さらに33cm離すことで約80インチのHD(1,280×720)映像の投写が可能となるなど、投写距離が取れない場所での利用にも適しています。

入力端子もHDMIの他にUSBもあるので、USBメモリ内の動画や音楽、OfficeファイルやPDFなどのドキュメントファイルの簡易再生も可能です。

さらにWi-FiやBluetoothにも対応していますので、スマホなどのコンテンツもワイヤレスで利用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』

Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』

出典:Amazon

重さ 約350g
製品サイズ 幅110×奥行120×高さ30mm
解像度 1920×1080(1080p)、1680×1050(WSXGA+)、1440×900(WXGA+) ほか
明るさ 200ANSIルーメン(標準)、160ANSIルーメン(ECOモード)
バッテリー駆動時間 約3時間(標準)、約4.5 時間(ECOモード)
投写距離 60~240cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

4.5時間駆動! 値段も手ごろな入門機

6,700mAhのバッテリーを内蔵し、ECOモードでは4.5時間駆動でモバイルプロジェクターとしては長めの駆動時間が特徴です。重量も350gと軽量で持ち運びも苦になりません。

輝度は200ルーメンとモバイルプロジェクターとしては明るいほうなので、鮮明な投写が可能です。

価格も3万円前半での購入が可能。モバイルプロジェクターとしては購入しやすい価格になっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ASUS(エイスース)『ZenBeam E1』

ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』 ASUS(エイスース)『ZenBeamE1』

出典:Amazon

重さ 約307g
製品サイズ 幅83×奥行110×高さ29mm
解像度 854×480(WVGA)
明るさ 150ルーメン
バッテリー駆動時間 約5時間
投写距離 50~370cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

最長5時間駆動で携帯性にもすぐれた入門機

6,000mAhのバッテリーを内蔵し、最長5時間の連続駆動と重量307gという軽さが特徴です。サイズも幅83×奥行き110×高さ29mmとモバイルプロジェクターとしてもかなりコンパクトで、携帯性は抜群。

最大輝度も150ルーメンとモバイルプロジェクターとしては悪くなく、投写サイズは120型まで対応しています。価格も3万円台とモバイルプロジェクターの入門用としてはお求めやすい価格となっています。

【家庭用プロジェクター】

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』

SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』

出典:Amazon

重さ 約280g
製品サイズ 幅83×奥行16×高さ15mm
解像度 854×480(WVGA)
明るさ 105ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 115~345cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

パワフルな輝度は自宅の映画を豪華にする!

重量が280gと、モバイルプロジェクターとしても超軽量で、本体が幅83×奥行16×高さ15mmと大きめのスマホと変わらないポケットサイズが特徴です。

このサイズにもかかわらず、輝度105ルーメンを実現し、約3.5mの距離から120型サイズを投写することが可能です。

バッテリー容量は5,000mAhで2時間の駆動が可能なほか、モバイルバッテリーを繋ぐことでさらなる連続投写ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LGエレクトロニクス『PF50KS』

LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 LGエレクトロニクス『PF50KS』

出典:Amazon

重さ 約1000g
製品サイズ 幅170×奥行178×高さ52mm
解像度 1920×1080
明るさ 600ルーメン
バッテリー駆動時間 約2.5時間
投写距離 79~318cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

OSを搭載し、外部接続も豊富な高性能機種

本体にWebOSを搭載しているため、YoutubeやNetflixなどの動画コンテンツをスマホやパソコンと接続しないで利用できることが特徴です。

モバイルプロジェクターとしては明るめの600ルーメンという輝度と、フルHD対応により最大100型サイズに高精細な投写を実現しています。

入力端子もHDMI×2、USB Type-C×1、USB 2.0×1、LAN×1、ヘッドホン×1と多彩。

バッテリーは最大2.5時間の利用が可能ですが、USB Type-C端子を搭載してますので、USB PD(USB Power Delivery)対応のモバイルバッテリーなどと接続することで連続使用時間を伸ばせます。

【スマホ連動用プロジェクター】

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SONY(ソニー)『ポータブル超短焦点プロジェクター(LSPX-P1)』

重さ 約200g
製品サイズ 幅81×奥行131×高さ131mm
解像度 -
明るさ 100ルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 -
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

家電メーカーの雄がリリースした超短焦点レンズ

SONY独自開発の超短焦点レンズにより、壁にぴったりと付けた状態で22形の画面が投写可能なところが特徴。

さらには、壁から28cm離すだけで最大80型の画面サイズの投写が可能であり、超短焦点レンズの特徴をふんだんに活かしたつくりになっています。

壁以外にも本体の投写の向きを変えることでテーブルや床にも投写可能です。HDMI入力の他に、無線LANやBluetoothにも対応していますので、ワイヤレスでスマートフォンとの連携が可能です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LGエレクトロニクス『PH550G』

LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』 LGエレクトロニクス『PH550G』

出典:Amazon

重さ 約650g
製品サイズ 幅174×奥行116×高さ48mm
解像度 1280×720
明るさ 550ルーメン
バッテリー駆動時間 約2.5時間
投写距離 79~318cm
Thumb lg 41fb999e 8170 4c0f 8611 f756285561a1

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

アナログ接続からワイヤレスまで対応

BDソフトのパッケージとほぼ同様のフットプリントサイズに、550ルーメンというモバイルプロジェクターとしては、かなり明るい輝度が特徴です。

入力端子もHDMIの他にアナログRGBやUSBも備えており、USBメモリに保存された動画や音楽、OfficeファイルやPDFなどの各種簡易再生にも対応します。

Wi-Fiにも対応していますので、モバイルデバイスとのワイヤレス接続も可能です。

まだある! おすすめプロジェクター13選

明るい場所でも使えるどうかも大切なポイントのひとつ。ここでは1,000ルーメン以上の輝度がある、ビジネスやアウトドアに相性のいいプロジェクターを紹介します。

【ビジネス用プロジェクター】

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』

出典:Amazon

重さ 440g
製品サイズ 幅50×奥行50×高さ192mm
解像度 1920×1080(フルHD)
明るさ 1000ルーメン
バッテリー駆動時間 約2.17時間
投写距離 6~284cm
有線・無線両方使え、場所を選ばず使用が可能

Hi-Fiスピーカー内蔵で、ノイズやひずみが少ない音質のプロジェクター。スピーカーからは立体感あるダイナミックなボリュームの音で映像やゲームを楽しめます。

Wi-Fi、Bluetooth対応で、ワイヤレス使用も可能。HDMIケーブルを使用すれば手持ちのデバイスにも繋げられ、ゲームでの使用もラグが少なく楽しめます。Officeにも対応しており、USBデータがそのまま映せるのでビジネス使いにも便利。

FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクター FUN BOX』

FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクターFUNBOX』

出典:Amazon

重さ 約900g
製品サイズ 幅225×奥行106×高さ30mm
解像度 1280×720
明るさ 3000ルーメン(モバイル時は2500ルーメン)
バッテリー駆動時間 約1.5時間
投写距離 50cm〜330cm
明るい環境でも投写可能な輝度3,000ルーメン

高輝度、高解像度に特化したプロジェクターです。室内灯がついていても映像を鮮明に投写しやすい3,000ルーメンの輝度、1,280×720の高解像度で投写する画面は、色の彩度、コントラスト、細やかさのどれをとっても、高い水準にあります。

また、Android 4.4を搭載し、スマートフォンやパソコンとWi-Fi経由で接続可能なところもうれしいポイント。

Bluetoothで接続すれば、マウスやキーボードで操作ができます。プロジェクターの位置を変えずに画面サイズを80〜100%の比率で調整できる機能も搭載。高性能ですが、モバイルと呼ぶにはいささか大きく、重さも900gとずっしりしているので、近場に持っていくときに向いています。

Vivitek(ヴィヴテック)『Qumi Q8』

Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』 Vivitek(ヴィヴテック)『QumiQ8』

出典:Amazon

重さ 621g
製品サイズ 幅190×奥行114×高さ43mm
解像度 1920×1080(フルHD)
明るさ 1000ルーメン
バッテリー駆動時間 1.5時間(バッテリー外付け、別売り)
投写距離 -
高解像度のフルHDで、明るく鮮明な投射が魅力

コンパクトサイズで621gの軽さ。起動も電源を入れてから約10秒、限られた時間のプレゼンなどでスムーズに使用できます。明るさも充分で、700g以下のフルHDモバイルプロジェクターのなかでは極めて高輝度な1,000ルーメン。部屋が明るくても投射が可能です。

Wi-Fi機能も搭載で、無線LANやモバイルルータのテザリングができ、デバイスとの接続もワイヤレスで使用できます。

EPSON(エプソン)『ビジネスプロジェクター(EB-1795F)』

EPSON(エプソン)『ビジネスプロジェクター(EB-1795F)』

出典:楽天市場

重さ 約1.8kg
製品サイズ 幅292×奥行213×高さ44mm
解像度 1920×1080(フルHD)
明るさ 3200ルーメン
バッテリー駆動時間 -
投写距離 -
高輝度で部屋が暗くなくても視認しやすい

3,200ルーメンの輝度を誇るので使用先の部屋が明るくても、問題なく投射可能。解像度も高く、明るい色をしっかりと鮮やかに投射します。ビジネスバッグにも入るA4サイズで44mmの薄さです。

自動でスクリーンの枠を画面に合わせる機能と、スクリーンがなくても本体の傾きやズレを検知して四角く調整する機能が搭載されているのも特徴。会議中もこまかい調整に手間取らずに使用できるでしょう。

【アウトドア用プロジェクター】

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』

FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』

出典:Amazon

重さ 約123g
製品サイズ 幅87×奥行92×高さ17mm
解像度 854×480
明るさ 1000ルーメン
バッテリー駆動時間 約1時間
投写距離 12~250cm
いつでも使える圧倒的な持ち運び性を実現!

ハガキより小さく、さらに重量も123gという超小型・超軽量のモバイルプロジェクターです。短焦点レンズを採用しており、最短投写距離はなんと12cm。狭い場所でも投写が可能になっています。また1,000ルーメンの高輝度であるため、明るい室内で使用しても鮮明な映像の投写が期待できることもポイントです。

国産メーカー品なので購入後のアフターケアも安心です。ただし内蔵バッテリーのみでの連続稼動時間は1時間と少しパワー不足。映画鑑賞などにつかう場合は、電源の確保に留意しましょう。

iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式 IO2』

iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式IO2』

出典:Amazon

重さ 約250g
製品サイズ -
解像度 854×480
明るさ 1400ルーメン
バッテリー駆動時間 約1.5時間
投写距離 -
天井にも投写可能、ボディが回転する自立型

FULL HDの解像度、1,400ルーメンの輝度、DLP方式によって鮮明な画面を投写可能にしています。また、本体を90度回転させることができるデザインのため、特別な装置なしで天井への投写ができます。

Android OSを搭載しているため、外部機器に接続しないまま映像や音楽をストリーミング再生でたのしむことも可能。台形補正機能もプラスマイナス40度と優秀です。HDMIケーブルでパソコンやスマートフォンと連携すれば、サブディスプレイとしても利用できます。

稼動は90分なので、コンセントがない環境ではモバイルバッテリーも用意しておくと便利でしょう。

【機能的モバイルプロジェクター】

こちらはプロジェクターの役割のほか、役立つ機能が付いたものを紹介いたします。用途にあわせて、ぜひ参考にしてみてください。

サンワダイレクト『モバイルプロジェクター 400-PRJ023』

サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター400-PRJ023』

出典:Amazon

重さ 約128g
製品サイズ 幅98×奥行75.5×高さ13.5mm
解像度 640×360
明るさ 30ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 50〜300cm
抜群の携帯性で名刺入れよりも小さなボディ

コンパクトなボディは文字通り手のひらサイズで、重さも128gと超軽量なためポケットに入れて持ち運ぶこともできます。サイズは小さいですが内蔵バッテリーはパワフルで、電源への接続なしで2時間の連続投写を実現してくれるのはうれしいところ。

外部機器との接続はHDMIによる有線のみとなりますが、ファンレス仕様で静音性にすぐれています。またデジタル処理で画像を作成するために、色再現性がよいとされているDLP方式を採用している画質にも注目です。ただし、輝度には注意。最大でも30ルーメンと低いため、使用時には部屋をじゅうぶん暗くするようにしましょう。

iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクター G2』

iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクターG2』

出典:Amazon

重さ 約210g
製品サイズ 幅69×奥行140×高さ16mm
解像度 854×480
明るさ 150ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 100〜280cm
スタイリッシュなボディから映しだされる鮮明な映像

香港のミニプロジェクターメーカー、iCODISからリリースされているスタイリッシュなモバイルプロジェクターです。DLP技術を採用していることに加えて、150ANSIルーメンという輝度によって高画質での投写を実現しています。また、プラスマイナス30度の範囲をカバーするすぐれた台形補正機能を備えている点も画期的。

入力方式も多様で、HDMI、USB、マイクロSDカードに対応しており、接続する機器を選びません。

Anker(アンカー)『Nebula Capsule Pro D』

Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』 Anker(アンカー)『NebulaCapsuleProD』

出典:Amazon

重さ 約470g
製品サイズ 幅68×奥行68×高さ120mm
解像度 854×480
明るさ 150ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約4時間(動画再生時)、約30時間(Bluetoothスピーカーモード時)
投写距離 -
Android搭載、IFデザイン賞も受賞

クラウドファンディングで開発されたNebula Capsuleの上位機種がこちらの製品。継ぎ目のない350ml缶サイズほどのユニークな円筒型デザインのボディが目をひきます。

プロジェクター本体にAndroid 7.1が搭載されているため外部機器を必要とせず、単体で映像や音楽のストリーミングも楽しめます。全方向スピーカーを実装しており、音響的にも優秀。

150ANSIルーメンの輝度はDLP技術によって映像を鮮明に投写します。さらに一度の充電で動画なら4時間、音楽なら30時間の連続再生が可能な大容量バッテリーも魅力。ただし、470gと重量があるので、携帯時間の短い場合に向いているでしょう。

AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』

AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』

出典:Amazon

重さ 約240g
製品サイズ 幅85×奥行150×高さ20mm
解像度 1280×800(WXGA)
明るさ 300ISOルーメン
バッテリー駆動時間 約2〜3時間
投写距離 100〜500cm
高解像度の映像美と、外部機器との接続拡張性

スマートフォン、パソコン、タブレットとWi-Fi接続したり、Bluetooth経由でスピーカーやワイヤレスキーボードとつないだりと、さまざまな機器との連携に高い拡張性を誇ります。DLP方式を採用した2,000:1のコントラスト比、1,280×800の高解像度投写、300ルーメンの輝度で映像も鮮明です。

プラスマイナス40度の自動台形補正に加え、自動上下反転機能も搭載しているところもポイント。バッテリー駆動時間は2〜3時間でパワーも申し分がありません。Android 7.1が搭載されており、ストリーミング系アプリもプリインストールされているので、プロジェクター単体でも動画などを楽しむことができます。

TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』

TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』

出典:Amazon

重さ 約285g
製品サイズ 幅150×奥行80×高さ19mm
解像度 854×480(WVGA)、1080P対応
明るさ 100ルーメン
バッテリー駆動時間 約2.5時間
投写距離 100〜400cm
高性能CPUでストレスのない反応を実現

OSにAndroid 7.1を、CPUに高性能のクアッドコア(計算を行うコアが4つあるもの)を搭載しています。そのためプロジェクター単体でのアプリ起動はもちろんのこと、2.4GHzと5GHzのデュアルWi-Fi機能を利用したスマートフォンなどとの接続も、ストレスなくおこなうことが可能に。

またHDMIケーブルを利用すれば、外部機器を簡単に大画面で楽しむこともできます。4,200mAhの内蔵バッテリーはおよそ2時間の連続投写に対応しているうえ、急速充電も可能。購入日から12カ月のメーカー保証がついているので、万が一の故障にも安心です。

PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』

PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』

出典:Amazon

重さ 約248g
製品サイズ 幅146×奥行80×高さ17mm
解像度 854×480(1920×1080まで対応)
明るさ 100ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 100〜500cm
1日8時間つかっても10年使用可能な長寿命

クアッドコアのCPU、Android 7.1を搭載しており、2.4GHZ/5GHzのデュアルWi-Fi、Bluetooth 4.0をフル活用できます。アプリを通じてスマートフォンとミラーリングしたり、Wi-Fiと接続して本体に直接アプリをダウンロードしてたのしむことも。

最新のDLP方式による高度なマルチカラー処理もポイントで、高精細な画面を実現します。低発熱、低消費電力のLEDランプを採用しており、3万時間以上使用ができるといわれる長寿命です。

FeliCross(フェリクロス)『Pico Cube A』

FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』 FeliCross(フェリクロス)『PicoCubeA』

出典:Amazon

重さ 172g
製品サイズ 幅55×奥行55×高さ55mm
解像度 854×480(フルワイドVGA)
明るさ 100ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2時間
投写距離 18~250cm
Android搭載で機器単体でアプリが楽しめる

約172gと超軽量で持ち運びが便利。スピーカーとバッテリーが内蔵され、連続で2時間の使用が可能です。出張先でのビジネス使いや、持ち運んでプライベートな空間での使用もしやすいでしょう。

Androidを搭載していることに加え、Wi-FiとBluetoothにも対応。YouTubeやNetflixなどが場所を選ばず視聴できます。アウトドアでも映画やゲームが楽しめるなど、遊び方の幅が広がりそうな一台です。

「モバイルプロジェクター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
LGエレクトロニクス『PH450UG』
Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』
ASUS(エイスース)『ZenBeam E1』
SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』
LGエレクトロニクス『PF50KS』
SONY(ソニー)『ポータブル超短焦点プロジェクター(LSPX-P1)』
LGエレクトロニクス『PH550G』
FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』
FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクター FUN BOX』
Vivitek(ヴィヴテック)『Qumi Q8』
EPSON(エプソン)『ビジネスプロジェクター(EB-1795F)』
FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』
iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式 IO2』
サンワダイレクト『モバイルプロジェクター 400-PRJ023』
iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクター G2』
Anker(アンカー)『Nebula Capsule Pro D』
AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』
TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』
PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』
FeliCross(フェリクロス)『Pico Cube A』
商品名 LGエレクトロニクス『PH450UG』 Acer(エイサー)『モバイルプロジェクター(C200)』 ASUS(エイスース)『ZenBeam E1』 SONY(ソニー)『モバイルプロジェクター(MP-CD1)』 LGエレクトロニクス『PF50KS』 SONY(ソニー)『ポータブル超短焦点プロジェクター(LSPX-P1)』 LGエレクトロニクス『PH550G』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(X-03)』 FunLogy(ファンロジー)『小型プロジェクター FUN BOX』 Vivitek(ヴィヴテック)『Qumi Q8』 EPSON(エプソン)『ビジネスプロジェクター(EB-1795F)』 FunLogy(ファンロジー)『モバイルプロジェクター(FN-02)』 iOCHOW(アイオーチョー)『ミニプロジェクターDLPポータブル式 IO2』 サンワダイレクト『モバイルプロジェクター 400-PRJ023』 iCODIS『DLPポータブルミニプロジェクター G2』 Anker(アンカー)『Nebula Capsule Pro D』 AODIN『モバイルDLPミニプロジェクター(D05-T89A)』 TOUMEI『C800Sミニプロジェクター』 PTVDISPLAY『ピコポケットミニDLPプロジェクター(PTV-P8I)』 FeliCross(フェリクロス)『Pico Cube A』
商品情報
特徴 投写距離の問題が簡単を解決!入門にピッタリの機種 4.5時間駆動! 値段も手ごろな入門機 最長5時間駆動で携帯性にもすぐれた入門機 パワフルな輝度は自宅の映画を豪華にする! OSを搭載し、外部接続も豊富な高性能機種 家電メーカーの雄がリリースした超短焦点レンズ アナログ接続からワイヤレスまで対応 有線・無線両方使え、場所を選ばず使用が可能 明るい環境でも投写可能な輝度3,000ルーメン 高解像度のフルHDで、明るく鮮明な投射が魅力 高輝度で部屋が暗くなくても視認しやすい いつでも使える圧倒的な持ち運び性を実現! 天井にも投写可能、ボディが回転する自立型 抜群の携帯性で名刺入れよりも小さなボディ スタイリッシュなボディから映しだされる鮮明な映像 Android搭載、IFデザイン賞も受賞 高解像度の映像美と、外部機器との接続拡張性 高性能CPUでストレスのない反応を実現 1日8時間つかっても10年使用可能な長寿命 Android搭載で機器単体でアプリが楽しめる
重さ 約1100g 約350g 約307g 約280g 約1000g 約200g 約650g 440g 約900g 621g 約1.8kg 約123g 約250g 約128g 約210g 約470g 約240g 約285g 約248g 172g
製品サイズ 幅132×奥行200×高さ85mm 幅110×奥行120×高さ30mm 幅83×奥行110×高さ29mm 幅83×奥行16×高さ15mm 幅170×奥行178×高さ52mm 幅81×奥行131×高さ131mm 幅174×奥行116×高さ48mm 幅50×奥行50×高さ192mm 幅225×奥行106×高さ30mm 幅190×奥行114×高さ43mm 幅292×奥行213×高さ44mm 幅87×奥行92×高さ17mm - 幅98×奥行75.5×高さ13.5mm 幅69×奥行140×高さ16mm 幅68×奥行68×高さ120mm 幅85×奥行150×高さ20mm 幅150×奥行80×高さ19mm 幅146×奥行80×高さ17mm 幅55×奥行55×高さ55mm
解像度 1280×720 1920×1080(1080p)、1680×1050(WSXGA+)、1440×900(WXGA+) ほか 854×480(WVGA) 854×480(WVGA) 1920×1080 - 1280×720 1920×1080(フルHD) 1280×720 1920×1080(フルHD) 1920×1080(フルHD) 854×480 854×480 640×360 854×480 854×480 1280×800(WXGA) 854×480(WVGA)、1080P対応 854×480(1920×1080まで対応) 854×480(フルワイドVGA)
明るさ 450ルーメン 200ANSIルーメン(標準)、160ANSIルーメン(ECOモード) 150ルーメン 105ANSIルーメン 600ルーメン 100ルーメン 550ルーメン 1000ルーメン 3000ルーメン(モバイル時は2500ルーメン) 1000ルーメン 3200ルーメン 1000ルーメン 1400ルーメン 30ANSIルーメン 150ANSIルーメン 150ANSIルーメン 300ISOルーメン 100ルーメン 100ANSIルーメン 100ANSIルーメン
バッテリー駆動時間 約2.5時間 約3時間(標準)、約4.5 時間(ECOモード) 約5時間 約2時間 約2.5時間 約2時間 約2.5時間 約2.17時間 約1.5時間 1.5時間(バッテリー外付け、別売り) - 約1時間 約1.5時間 約2時間 約2時間 約4時間(動画再生時)、約30時間(Bluetoothスピーカーモード時) 約2〜3時間 約2.5時間 約2時間 約2時間
投写距離 7~33cm 60~240cm 50~370cm 115~345cm 79~318cm - 79~318cm 6~284cm 50cm〜330cm - - 12~250cm - 50〜300cm 100〜280cm - 100〜500cm 100〜400cm 100〜500cm 18~250cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月28日時点 での税込価格

ITコンサルタントの選び方の視点

アイティーヘルプ株式会社 代表取締役

利用目的から必要な輝度を考慮して選びましょう

モバイルプロジェクター選びで重要なのは輝度です。プロジェクターは夜間や暗所での利用が基本ですが、日中、遮光ではないカーテンを閉めた部屋などで利用する場合は、最低でも3,000ルーメンほどは必要です。

今回紹介したモバイルプロジェクターは最大輝度でも600ルーメン程度ですので、投写時には部屋をかなり暗くする必要があることを覚えておくといいかもしれません。利用目的などを検討した上で、価格や必要な機能を選択して最適なモバイルプロジェクターを探してみてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モバイルプロジェクターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのモバイルプロジェクターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:DLPランキング
楽天市場:プロジェクターランキング
Yahoo!ショッピング:プロジェクターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

モバイルプロジェクターについて5つのおさらい

1)性能とのバランスを考えながら、持ち運びやすい重量を選ぶ
2)100ルーメン前後だと、完全に暗い部屋でないと映像が見づらい場合がある
3)映画鑑賞用ならフルHD以上の解像度が理想
4)利用用途をイメージしたうえでバッテリー駆動時間を確認する
5)接続する機器にあった入力端子を備えているかチェック


ITコンサルタントの一瀬哲也さんへの取材をもとに、モバイルプロジェクターの選び方とおすすめ商品を紹介しました。モバイルプロジェクターの利点は場所を選ばないこと。仕事で使うことはもとより、自宅での利用やホームパーティー、キャンプなどに持参して、家族や友人たちと大画面を共有することもできます。目的にあった一台を見つけて、さまざまなシーンで活用してください。

【関連記事】その他のプロジェクターも参考にする

壁やスクリーンに大きな画面を映し出すプロジェクター。昨今では持ち運びやすい軽いタイプも増えて注目を浴びています。本記事では、オーディオ&ビジュアルライター/AV評論家の折原一也さんに、プロジェクターの選び方やおすすめの商品を聞いてみました。

自宅でぜいたくなシアタータイムを過ごしてみませんか? ホームプロジェクターがあると、映画はもちろんライブDVDやゲームコンテンツもスクリーンで楽しめるのが魅力。そこで、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんにホームプロジェクターの選び方やおすすめの商品を教えてもらいました。

プロジェクター本体も重要ですが、実はプロジェクタースクリーンによってプロジェクターの投影する映像の見え方が大きく異なります。IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、プロジェクタースクリーンの選び方とおすすめ商品を紹介します。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/02/07 コンテンツ追加・修正と価格を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

※2020/04/15 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】プロジェクターおすすめ31選|家や会社で使える商品を紹介

【2020年版】プロジェクターおすすめ31選|家や会社で使える商品を紹介

オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さんへの取材をもとに、プロジェクター31選をご紹介します。2020年の最新情報を追加しています。ホームシアターだけでなく、会社の会議用にも役立つプロジェクターをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


【2020年版】ホームプロジェクターおすすめ26選|導入しやすいコスパモデルから専門家が選ぶ本格派まで

【2020年版】ホームプロジェクターおすすめ26選|導入しやすいコスパモデルから専門家が選ぶ本格派まで

家庭での時間をもっと充実したものにするために、ホームプロジェクターや、狭い部屋でも使用できる単焦点プロジェクターを導入する人が増えています。動画やテレビ、ゲーム、映画をより楽しむことができるのはもちろん、最近ではリモートワークに使用している方もいるようです。この記事では、はじめての家庭用プロジェクター選びのポイントをくわしく解説! また、専門家目線でのこだわりのホームプロジェクターの選び方と、おすすめ商品を、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに教えてもらいました。ほかにも目的別の注目モデルや、後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


【プロジェクタースクリーン】おすすめ5選|IT・家電ジャーナリストに取材! 大画面や持ち運び可能なタイプも紹介

【プロジェクタースクリーン】おすすめ5選|IT・家電ジャーナリストに取材! 大画面や持ち運び可能なタイプも紹介

自宅でも手軽に映画館気分が味わえるプロジェクタースクリーン。プロジェクター本体も重要ですが、実はプロジェクタースクリーンによってプロジェクターの投影する映像の見え方が大きく異なるため、用途にあうかどうかしっかりと吟味する必要があります。そこで、IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、プロジェクタースクリーンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。120インチを超える大きなサイズのものや持ち運びに便利なモデルも合わせて紹介しますので参考にしてください。


【2020年版】炊飯器おすすめ20選|プロと509人に取材、最強ランキング

【2020年版】炊飯器おすすめ20選|プロと509人に取材、最強ランキング

調理家電選びのプロ・コヤマ タカヒロさんと509人の取材調査データをもとに、炊飯量別の最新人気炊飯器ベスト20機種を発表します。パナソニック、象印、タイガー、日立、東芝、三菱電機といった大手家電メーカーから、バーミキュラなどの保温非対応の炊飯器まで。さぁ1位はどの炊飯器でしょうか。


映画やゲームを最高に楽しむ!サラウンドヘッドホンおすすめ14選と選び方

映画やゲームを最高に楽しむ!サラウンドヘッドホンおすすめ14選と選び方

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんへの取材をもとに、「サラウンドヘッドホン」を選ぶときのポイントとおすすめ製品をシアター向け・ゲーム向け別に紹介!サラウンドヘッドホンでお手軽に5.1chや7.1chの音響効果でコンテンツを楽しみましょう!


新着記事


浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

浴室手すりおすすめ11選 | お風呂にかんたん設置、工事不要な商品を紹介!

住宅コンサルタントの森 雅樹さんと編集部が選んだ浴室手すりのおすすめ商品11選を紹介します。浴室での介護や転倒事故防止に必要な浴室手すり。取りつけには工事費が必要になる商品もありますが、自分でかんたんに設置できるタイプの浴室手すりも発売されています。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンケースのおすすめ12選【丸型・角型】持ち運びに便利な軽量タイプも!

バイオリンを購入する際に一緒に選ぶことが多いバイオリンケースですが、形や木製から樹脂加工まで素材もさまざまです。持ち運びの便利さや保管性能などがまったくことなるため、最初のうちはどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のあるピアノ講師の山野辺祥子さんに取材し、バイオリンケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

【耳毛カッターおすすめ12選】パナソニック、フィリップス、ブラウンなど厳選紹介!

この記事では、医療ライターの宮座美帆さん監修のもと、耳毛カッターの選び方とおすすめの商品を厳選! パナソニックやフィリップス、ブラウンや貝印などさまざまなメーカーの製品を紹介します。耳毛に特化したものや、アタッチメント付きでほかのムダ毛処理に使えるものも。記事の後半では、各通販サイトの人気ランキングも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

アガベシロップおすすめ8選【砂糖の代わりに】低GI値で健康志向の方にも!

フードコーディネーターの倉田沙也加さんへの取材をもとに、アガベシロップの選び方とおすすめの商品を厳選! 低GI値食品として注目を集める「アガベシロップ」。製法や添加物の有無など、選ぶ際に気にすべきポイントはたくさんあります。この記事を参考に、ふだんの生活にも取り入れやすいアガベシロップをみつけてくださいね。


【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

【40代向け】シャンプーおすすめ12選|頭皮のケアに! アミノ酸系シャンプーも紹介

コスメコンシェルジュのさくらさん監修のもと、40代におすすめのシャンプーの選び方とおすすめの商品を紹介! 40代になると、髪のハリやコシがなくなってきたり、頭皮の乾燥が気になりはじめたりします。そんな悩みにアプローチできるものや、頭皮のことを考えたものを選ぶことが大切です。この記事を参考に、自分にぴったりなシャンプーをみつけてみてくださいね。


人気の記事


>>総合ランキングを見る