PR(アフィリエイト)

レスポールおすすめ6選|ギブソン本家からコピーモデル・軽量モデルも

ギブソン『Les Paul Studio』
出典:Amazon
ギブソン『Les Paul Studio』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年02月28日に公開された記事です。

レスポールは、エレキギターのひとつの完成形だけあって、ギタリストなら一度は手にしたいギターです。

ギブソン本家のギターやコピーモデルがあって、ギター初心者はどれを選んだらよいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは、音楽ライターで元プロギタリストの田澤仁さんと編集部が厳選したレスポールの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介。ギブソン本家のレスポールからコピーモデル、軽量モデル、国産モデルなどをピックアップしています。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター
田澤 仁
90年代にプロドラマーとして活動、その後、音楽ライターとして書籍、雑誌などの執筆を行なっている。 DTM、PCオーディオ関連の著書、DTMソフト、シンセサイザーの日本語マニュアル制作など多数。 Webでは2007年~2009年までサイトAll Aboutで「ロック」のガイドを務めたほか、音楽情報サイトBARKSでは国内外の数多くの有名アーティストのインタビュー、ライブ取材などを行なっている。 得意分野はAOR、ハードロック、フュージョン、80年代。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー、旅行・レジャー、セール・クーポン
名原 広雄

「ゲーム・ホビー」「旅行・レジャー」「セール・クーポン」カテゴリーを担当。元芸能・エンタメ誌・書籍編集者。アナログレコードを1,000枚所有しており、音楽・楽器・アニメ・アイドル関連の情報に敏感。普段はアニメや旅系YouTubeを観ながらスマホで通販生活。ゲームはスイッチやVRなどオンライン対応のハード中心。よく訪れる地域は沖縄や東南アジアなどの南の島。

レスポールとは?

レスポール
ペイレスイメージズのロゴ
レスポール
ペイレスイメージズのロゴ

レスポールの選び方を参考に、お気に入りの一本を見つけたいですね。

レスポールは、ギターメーカーのギブソンが展開するエレキギターブランドです。ギブソンは傘下にEpiphone(エピフォン)、Maestro by Gibson(マエストロ)といったブランドを有しており、これらブランドからもレスポールの名称を使用したギターが発売されています。

レスポールの選び方

ここからは、レスポールの種類・デザイン・価格・ピックアップの搭載数など、レスポールの選び方のポイントをご紹介していきます。自分に合ったモデル選びの参考にしてみてください。

レスポールの種類

まずは、レスポールの種類からご紹介します。

レスポールスタンダード

 

Gibson(ギブソン)『USA/Les Paul Traditional 2018 Tabacco Sunburst』

レスポールのなかでもとくに人気の高いモデルです。太くコシのある弦振動と力強いサウンドにより、ロックを中心に幅広いジャンルで使用されています。

レスポールカスタム

 

Epiphone(エピフォン)『Les Paul Custom Pro Alpine White』

タキシードが似合うよう設計されたデザインだけあって、ツヤのあるブラックのカラーリングにゴールドパーツが印象的。ロック系のギタリストに好まれます。

レスポールスペシャル

 

Gibson(ギブソン)『Les Paul Special TV Yellow』

レスポールスペシャルは、フロントピックアップが追加されることにより、サウンドバリエーションが増えています。その結果、より幅広いジャンルで使えるギターになり、力強く歯切れのよいサウンドを鳴らすことができます。

レスポールジュニア

 

Epiphone(エピフォン)『Les Paul Junior Tobacco Burst』

レスポールの入門モデルとして誕生したのがレスポールジュニア。ほかのモデルと比べリーズナブルで軽量。また、ツマミがボリュームとトーンひとつずつしかないため、音色の調節のバリエーションが少なく扱いやすいのも特徴です。

デザインで選ぶ

 

グレッチ『G5426 Jet Club』

レスポールはその特徴的な音色以外に、上記で紹介した種類それぞれのデザインにも特徴があります。タキシードが似合うようデザインされたレスポールカスタムなどは、その典型です。演奏中の見た目にはこだわって選ぶなら、ぜひ気にしておきたいポイントです。

価格で選ぶ

 

Gibson(ギブソン)『3pu エレキギター les paul custom』

レスポールの価格は、ヴィンテージのものも含めると幅広く、なかには高値で取引されているものもあります。各メーカーによっても異なりますが、数万円から20万円台が中心になります。

ピックアップの搭載数で選ぶ

レスポールには、ピックアップが1基のタイプと2基あるタイプの2種類があります。一番の違いは音色ですが、1基のタイプはシンプル。2基のタイプは音色のバリエーションが増えます。バッキングの際はフロント、リードやソロの際はリア、といった具合に切り分けるという人も多いです。リアとフロントのピックアップの特徴は次の通りです。

 

Epiphone(エピフォン)『Les Paul Special VE Vintage Worn Cherry (VWC) 』

リアピックアップ

鋭くかたい音。キレのあるサウンドが特徴。ロック、ハードロック、メタルに使用。

フロントピックアップ

甘くやさしい音色。ポップス、ブルース、フュージョン、ジャズに使用。

「レスポールらしさ」をどこまで求めるかで選ぶ オリジナルかサードパーティ製か

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

かまぼこ型の太いネック、芯がはっきりしているパワフルなハムバッキングピックアップ、音色をアレンジしやすい4コントローラーなど、「レスポール」には後世のエレキギターにも大きな影響を与えた特徴がたくさんあります。

すべてを求めるならギブソンオリジナルか、サードパーティー製でもオリジナルに忠実なモデルを選ぶべきでしょう。たとえば違ったピックアップを使いたいなら、サードパーティー製のミュージシャンモデルを選ぶなど、「レスポールらしさ」をどこまで求めるかをあらかじめ決めておくと選びやすくなります。

自分が欲しいサウンドや個性で選ぶ 個性的なデザインやバリエーションも

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

ルックスが普遍的なところもレスポールの人気の理由のひとつですが、「レスポールは好きだけれど、みんなと同じでは嫌だ」というように、基本はレスポールが軸であっても、そこにさらなる個性を求める人もいます。

普遍的なところはギブソンオリジナルにしかない味わいですが、サードパーティー製のほうがバリエーションは豊富で、個性的なモデルもあります。自分を主張したい人はそういったモデルから選ぶとよいでしょう。

レスポールのおすすめメーカー

ここでは、レスポールの人気メーカーについてご紹介します。それぞれの特徴をおさえて自分好みのギターを見つけてみてください。

Gibson(ギブソン)

 

ギブソンの2019年モデルのレスポールです。年々バージョンアップを続けながらも、伝統的な部分も引き継ぐ一本!

1902年にアメリカで誕生したメーカー。ギタリストのレス・ポールと共に開発したモデルがこのレスポール。価格は高めですが、高品質でプロのギタリストにも愛用者が多くいるメーカーです。

Epiphone(エピフォン)

 

手に取りやすい価格のレスポールです。初めてギターを触る方やレスポールを持ちたい方にも最適です。

ギブソン傘下のメーカーで、レスポールの名称をギブソン以外で唯一使用できるメーカーです。リーズナブルですが、質の高いモデルを展開しています。

 

マーティー・フリードマンモデルのレスポール。パワフルな低音感とモダンな音色が魅力的です。

レスポールのおすすめ6選

ここからは、音楽ライター・田澤 仁さんと編集部が厳選したレスポールのおすすめをご紹介します。

ギブソン『Les Paul Studio』

ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』 ギブソン『LesPaulStudio』
出典:Amazon この商品を見るview item

伝統はそのままに新たな機能が新しい音を生む

ギブソンでおもなレスポールシリーズであるスタジオは、伝統的なルックスはそのままにさまざまな機能が追加されています。ネックは今までの男らしい太いネックの仕様からスリムテイバーを採用して、弾きやすさにこだわった形となりました。

ピックアップも今までのレスポールプレイヤーが作り出してきたハムバッキング・サウンドだけでなく、2つのプッシュ・プル・ポットと組み合わせることによって新たなコイル・タップのトーン選択ができるようになりました。

この機能によって可能性の広がる音が作り出せます。

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:メイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:Aluminum Nashville Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stopbar
ピックアップ フロント:490R、リア:498T

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:メイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:Aluminum Nashville Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stopbar
ピックアップ フロント:490R、リア:498T

エキスパートのおすすめ

アリアプロII『PE-MAHO II / G』

アリアプロII『PE-MAHOII/G』 アリアプロII『PE-MAHOII/G』 アリアプロII『PE-MAHOII/G』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

弾きやすいPEのオールマホガニーモデル

ちょっとユニークなボディ形状が特徴で、国産のレスポールタイプの中でも名機として知られるのがAria Pro IIのPE。そのオールマホガニーモデルがこれです。杢目をいかした塗装のオープンポア仕上げで、あたたかみのあるマホガニーらしい質感が魅力。個性的なレスポールが欲しい人は要チェックのモデルです。

PEらしく弾きやすさも抜群で、カッタウェイ部分はヒールが大胆にカットされていて、ネックのジョイント部分はスルーネックのようになめらかにつながっています。ソロをバリバリと弾きこなしたいギタリストにもおすすめの1本です。

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:マホガニー
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:SPT Bridge、テールピース:QH Tailpiece
ピックアップ フロント:Classic Power “CPH-1G”、リア:Classic Power “CPH-1G”

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:マホガニー
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:SPT Bridge、テールピース:QH Tailpiece
ピックアップ フロント:Classic Power “CPH-1G”、リア:Classic Power “CPH-1G”

エキスパートのおすすめ

グレッチ『G5426 Jet Club』

グレッチ『G5426JetClub』 グレッチ『G5426JetClub』 グレッチ『G5426JetClub』 グレッチ『G5426JetClub』 グレッチ『G5426JetClub』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

“渋カッコいい”シルバーのグレッチ

ロカビリーやロックンロールで定番のグレッチのレスポール。ビグスビーのトレモロを搭載したものやダブルカッタウェイなど多彩なモデルがラインナップされていますが、比較的手の届きやすい価格帯なのがElectromatic CollectionのJet Clubです。

低価格であってもシルバーのアーチドトップやクロームのハードウェアなど、渋くてカッコいい、グレッチならではの魅力あふれる1本です。構造はソリッドではなく、内部に空洞を設けたチャンバード・ボディ構造になっていますが、抜けがよく低域もしっかり出るサウンドは、歪み系エフェクターとの相性も抜群で、ハードロックなどにも向いています。

ボディ材質 ボディ:バスウッド、トップ:アーチドラミネイトメイプル
ネック材質 ネック:メイプル、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:Anchored Adjusto-Matic Bridge、テールピース:Stop Tailpiece
ピックアップ フロント:Gretsch Dual-Coil Humbucking Neck Pickup、リア:Gretsch Dual-Co

ボディ材質 ボディ:バスウッド、トップ:アーチドラミネイトメイプル
ネック材質 ネック:メイプル、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:Anchored Adjusto-Matic Bridge、テールピース:Stop Tailpiece
ピックアップ フロント:Gretsch Dual-Coil Humbucking Neck Pickup、リア:Gretsch Dual-Co

Epiphone(エピフォン)『Les Paul Modern』

Epiphone(エピフォン)『LesPaulModern』 Epiphone(エピフォン)『LesPaulModern』 Epiphone(エピフォン)『LesPaulModern』
出典:Amazon この商品を見るview item

大きくアップデートされた新感覚のレスポール

今までのレスポールの常識を知り尽くしたエピフォンが手掛けた革新的なモデルです。ボディには今までないハイフレットを弾きやすくするためのヒール加工がなされています。ギターソロなどのプレイアビリティが大きく変化することでしょう。

ヴィンテージピックアップのよさをそのままにアップデートされたProBuckerはコイルタップやフェイズスイッチに対応し、伝統的なサウンドだけでなくてより広い音作りが可能になっています。

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:プレーンメイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:エボニー
ブリッジ ブリッジ:LockTone ABR、テールピース:Stopbar
ピックアップ フロント:ProBucker 2 humbucker、リア:ProBucker 3 humbucker

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:プレーンメイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:エボニー
ブリッジ ブリッジ:LockTone ABR、テールピース:Stopbar
ピックアップ フロント:ProBucker 2 humbucker、リア:ProBucker 3 humbucker

エキスパートのおすすめ

Epiphone(エピフォン)『Slash Les Paul Standard』

Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』 Epiphone(エピフォン)『SlashLesPaulStandard』
出典:Amazon この商品を見るview item
音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

超個性的なスラッシュモデル

80年代以降、レスポール人気を復活させた第一人者といわれるのが、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ。そのシグネチャーモデルがこの限定モデルです。ソリッドマホガニーボディにフィガード・メイプルトップが組み合わせられていて、見た目はとてもゴージャスに仕上がっています。

Cシェイプネックやカスタム・バーストバッカー・アルニコII・ピックアップなど、スラッシュお気に入りの仕様が多数盛り込まれているので、気分もサウンドもスラッシュになりきることができそうです。ヘッドストック裏にはスラッシュの手による“Scully”のデザイン画、そしてトラスロッドカバーにはスラッシュのサインも書かれていますよ。

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:AAAフレイムメイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:ABR-1 Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stop Bar
ピックアップ フロント:Custom Burstbucker Alnico II(Dbl Black)、リア:Custom Burstbuck

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:AAAフレイムメイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド
ブリッジ ブリッジ:ABR-1 Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stop Bar
ピックアップ フロント:Custom Burstbucker Alnico II(Dbl Black)、リア:Custom Burstbuck

エキスパートのおすすめ

フェルナンデス『RLG-60P 2019 VGT』

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

憧れのP-90タイプ搭載のゴールドトップ

P-90ピックアップ搭載のゴールドトップのレスポールは、ギタリストなら誰もが憧れたはずのモデル。それを、ギブソンタイプのギターをラインナップするフェルナンデスのブランド、BURNYが復活させました。本家本元ギブソンのゴールドトップは入手困難ですが、これなら手の届く価格で買えます。

見た目にもインパクトのあるゴールドトップのボディに、P-90タイプのピックアップを搭載。中域の抜けがよく、低音もしっかりと出るバランスの取れたサウンドが楽しめます。ビンテージレスポールの雰囲気を手軽に味わえる1本です。

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:メイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローレル
ブリッジ ブリッジ:FERNANDES Original Type、テールピース:-
ピックアップ フロント:Original Pickup、リア:Original Pickup

ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:メイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローレル
ブリッジ ブリッジ:FERNANDES Original Type、テールピース:-
ピックアップ フロント:Original Pickup、リア:Original Pickup

「レスポール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ギブソン『Les Paul Studio』
アリアプロII『PE-MAHO II / G』
グレッチ『G5426 Jet Club』
Epiphone(エピフォン)『Les Paul Modern』
Epiphone(エピフォン)『Slash Les Paul Standard』
フェルナンデス『RLG-60P 2019 VGT』
商品名 ギブソン『Les Paul Studio』 アリアプロII『PE-MAHO II / G』 グレッチ『G5426 Jet Club』 Epiphone(エピフォン)『Les Paul Modern』 Epiphone(エピフォン)『Slash Les Paul Standard』 フェルナンデス『RLG-60P 2019 VGT』
商品情報
特徴 伝統はそのままに新たな機能が新しい音を生む 弾きやすいPEのオールマホガニーモデル “渋カッコいい”シルバーのグレッチ 大きくアップデートされた新感覚のレスポール 超個性的なスラッシュモデル 憧れのP-90タイプ搭載のゴールドトップ
ボディ材質 ボディ:マホガニー、トップ:メイプル ボディ:マホガニー、トップ:マホガニー ボディ:バスウッド、トップ:アーチドラミネイトメイプル ボディ:マホガニー、トップ:プレーンメイプル ボディ:マホガニー、トップ:AAAフレイムメイプル ボディ:マホガニー、トップ:メイプル
ネック材質 ネック:マホガニー、指板:ローズウッド ネック:マホガニー、指板:ローズウッド ネック:メイプル、指板:ローズウッド ネック:マホガニー、指板:エボニー ネック:マホガニー、指板:ローズウッド ネック:マホガニー、指板:ローレル
ブリッジ ブリッジ:Aluminum Nashville Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stopbar ブリッジ:SPT Bridge、テールピース:QH Tailpiece ブリッジ:Anchored Adjusto-Matic Bridge、テールピース:Stop Tailpiece ブリッジ:LockTone ABR、テールピース:Stopbar ブリッジ:ABR-1 Tune-O-Matic、テールピース:Aluminum Stop Bar ブリッジ:FERNANDES Original Type、テールピース:-
ピックアップ フロント:490R、リア:498T フロント:Classic Power “CPH-1G”、リア:Classic Power “CPH-1G” フロント:Gretsch Dual-Coil Humbucking Neck Pickup、リア:Gretsch Dual-Co フロント:ProBucker 2 humbucker、リア:ProBucker 3 humbucker フロント:Custom Burstbucker Alnico II(Dbl Black)、リア:Custom Burstbuck フロント:Original Pickup、リア:Original Pickup
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年10月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする レスポールの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのレスポールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:エレキギターランキング
楽天市場:エレキギター レスポールタイプランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

レスポールに関するQ&A

question iconレスポールで「ヒスコレ」とはなんですか?

answer icon

ギブソンのメイン工場で生産されている「レギュラーモデル」に対して、「ヒスコレ」は「ヒストリックコレクションモデル」でヴィンテージモデルの「復刻版」のことをさします。

question iconギブソンレスポールにおける弦の標準ゲージは?

answer icon

レギュラーモデルの場合は09~42、ヒスコレモデルは10~46のゲージが張られています。

そのほかギターに関する記事はこちら 【関連記事】

レスポールはハイポジションに注意 音楽ライターからのアドバイス

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター:田澤 仁

音楽/DTM/PCオーディオ 専門ライター

レスポールは重く、ネックが太いため決して弾きやすとはいえないギターです。しかし、それを補って余りある魅力がそのサウンドにあるため、今でも変わらず人気で、トップミュージシャンの多くもレスポールを手にしています。

とはいえ、はじめてレスポールを弾くという人は、事前に実物を試奏することをおすすめします。ネックの太さは慣れてしまうと感じないという人も多いのですが、12フレット以上のハイポジションはセットネックの接合部と重なるので、指の長さや手の平のサイズによっては、ボディに指が掛かる状態になることもあります。

特に手が小さめでリードプレイが多い人には要注意なので、事前によく確認しておきましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button