サムピックおすすめ12選【アコギやエレキで】金属・プラスチック・べっ甲製

Jim Dunlop プラスチック・サムピック メディアム:9002 白 White Plastic Thumbpicks
出典:Amazon
ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

サムピックは、おもにアコギやエレキギターなどでアルペジオ奏法をするときに、親指に装着して使うピックです。サムピックには、低音がクリアに聞こえる、正しい右手のフォームを身につけやすいなどのメリットがあります。本記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、サムピックの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


サムピックを選ぶときのポイント

まずは、サムピックの選び方をご紹介します。材質や形状、厚さで弾きやすさや音の特徴が異なりますので、自分にぴったりのものを選びましょう。

材質による特徴を知ろう

一般的にサムピックの材質は、金属・プラスチック・べっ甲が多く使われています。材質により特徴が異なっているため、それをよく知り自分の好みに合った材質のサムピックを選びましょう。

指弾きとの違いがわかりやすい「金属製」

金属製のサムピックは、アタック音が強いはっきりとしたサウンドを出ることが特徴です。ピック弾きとの違いが出しやすいため、両者のニュアンスの違いを出したい人は使ってみるとよいでしょう。

しかし、金属製のサムピックはしなりがないためピッキングが難しく、はじめてサムピックを使う人には使いにくいと感じられるでしょう。

指弾きに近い感覚で弾ける「プラスチック製」

プラスチック製のサムピックは、指弾きに近い感覚で弾けるのが特徴です。しなりのある材質であるため弾きやすくピッキングをコントロールしやすく、はじめてサムピックを使う人にも使いやすいでしょう。

形状や厚さ、デザインなど豊富なラインナップがあるため、好みのものを見つけやすいのも特徴のひとつです。しかし、金属やべっ甲製のものよりも削れやすい材質のため、消耗が早いというデメリットがあります。

やわらかく優しい音が出せる「べっ甲製」

タイマイという亀の甲羅を原材料として作られているべっ甲製。べっ甲製のサムピックでなければ出すことができない特徴的なやわらかく優しい音は、聴けばすぐにわかるでしょう。

タイマイは手に入れにくい素材であるため、金属やプラスチック製のサムピックよりも高価であるのがデメリットです。そのため、気をつけて保管するようにしましょう。

形状による特徴を知ろう

サムピックにはさまざまな形状があります。形状によって向いている演奏スタイルが異なっています。形状による特徴を知り、自分の演奏スタイルに合ったものを選びましょう。

ストロークも単音弾きにも向いている「ノーマルタイプ」

はじめてサムピックを使う人にも弾きやすいノーマルタイプ。ストローク弾きにも単音弾きにも向いているため、どんなジャンルの音楽にも対応できるのが特徴です。

ノーマルタイプでも材質や厚さが異なれば、微妙に弾きやすさや音が違ってきます。さまざまな種類のものがあるため、弾きやすいサムピックを見つけやすいでしょう。

ストロークに向いている「POPタイプ」

親指にはめる部分を、トライアングルタイプやティアドロップタイプのピックに取りつけたPOPタイプ。ストローク弾きに向いているサムピックです。

人差し指と挟めば通常のピックのようにも使えるため、ピックをよく落とす人は使ってみてもいいでしょう。しかし、固定されてしまうので、ピックと弦が当たる角度を調整しにくく、微妙なニュアンスを表現しづらいというデメリットがあります。この問題を解消するために、親指をはめる部分をある程度伸縮性がある素材にした商品も発売されています。

単音弾きに向いている「スピードピック」

弦を弾く部分が細くなっているスピードピック。ストローク弾きよりも単音弾きに向いているサムピックです。

初心者には使いにくいタイプですが、ふだんから小さめのピックを使っている人ならはじめてサムピックを使う人でも違和感なく使えるでしょう。弦と当たる部分の細さは種類によって異なるため、弾きやすいものを注意して探す必要があります。

薄めはストローク、厚めは単音弾きにぴったり

サムピックは、厚さによって向いている演奏スタイルが異なっているので注意が必要です。1mmなどの薄めのものはやわらかく微妙なタッチを表現できるため、ストロークプレイがしやすいです。厚めのものは硬くピッキングの強弱を表現できるので、単音弾きに向いています。

適度な厚さのものを選べば、ストロークプレイにも単音弾きにも対応できるため、プレイスタイルが定まっていない人には使いやすいなサムピックでしょう。

サイズが合わなかったら調整しましょう

サムピックの親指を入れる部分は、同じ種類でも微妙に異なります。緩すぎると弾いているうちにずれてきてしまうため、弾きにくくなってしまうでしょう。逆にきつすぎるとピックが固定されてしまうため、弦に当てる微妙な角度を調整できなくなってしまいます。

プラスチック製ならサイズが合わないときでも、熱湯でやわらかくして自分の指に合うように調整できます。このときピック部分に熱湯をかけてしまうと、変形して弾きにくくなってしまう可能性があるので注意してください。

口コミなどをよくチェックして好みに合うものを 大手楽器メーカーで勤務経験のあるエキスパートがアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

はっきりとした低音の発音やアルペジオの演奏をしやすくする、サムピック。選ぶ際は指へのフィット感やピッキングなどの感覚、音の鳴り具合をよくチェックして、希望に合うものを見つけてください。サムピックは素材も形状もさまざま。先端が細いもの、金属製、サイズ調整がかんたんにできるものなど数種類用意して、演奏スタイルに合わせて使い分けるのもいいでしょう。

サムピックおすすめ12選 初心者にも!

ここからは、おすすめのサムピックを12選ご紹介します。ご紹介したサムピックの選び方を参考に自分に合った商品を見つけましょう。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

TAB『TAB Special II (TP114-MBK×GY)』はサイズ調整可能で、はじめてサムピックを使う方も試しやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』

TAB『TABSpecialII(TP114-MBK×GY)』 TAB『TABSpecialII(TP114-MBK×GY)』 TAB『TABSpecialII(TP114-MBK×GY)』

出典:Amazon

メーカー TAB
材質 プラスチック
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ -

さまざまな工夫が施されているサムピック

演奏するときのことを考えて親指を入れる部分に工夫がみられるノーマルタイプのサムピック。ベルト部分はゴムになっているため、汗で指が滑ってずれる心配はありません。指のサイズに合わせてゴムの引っ掛け口の位置を変えられるため、指に合うサムピックが見つからない人にはピッタリの商品です。

ピックの硬さがTHIN、MEDIUM、HARDの3タイプがあるので、好みに合わせて選べます。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

Fred Kelly『SPEED PICK』は一般的なサムピックより先端が細く、短いのが特徴。名前のとおり弦を早くはじきやすくなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Fred Kelly『SPEED PICK』

FredKelly『SPEEDPICK』

出典:Amazon

メーカー Fred Kelly
材質 プラスチック
厚さ -
形状 スピードピック
大きさ ラージ、レギュラー

単音が弾きやすいスピードピック

先端が細いFred Kellyが発売しているスピードピック。ノーマルタイプよりも弦に当たる部分が細いため速いピッキングがしやすく、ギターソロなどの単音弾きがしやすいサムピックです。

材質はプラスチックで厚さがライト、ミディアム、ヘビーの3種類あるので、自分の演奏スタイルやジャンルに合った厚さのものを選択しましょう。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』はスタンダード的存在。音の粒がはっきり出ます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』

JimDunlop『WHITEMEDIUMTHUMBPICKS(9002)』

出典:Amazon

メーカー Jim Dunlop
材質 プラスチック
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ ミディアム

さまざまな演奏スタイルに対応できるサムピック

Jim Dunlopから発売されているプラスチック製のノーマルタイプのサムピック。バランスの取れた素直な音が出せるので、さまざまなジャンルや演奏スタイルに対応できるでしょう。サイズはミディアム、スモール、ラージの3種類がラインナップされています。

プラスチック製でサイズは硬さはミディアム、形状はノーマルタイプと使いやすく、はじめてサムピックを試す人にピッタリの商品です。

Fred Kelly『SLICK PICK』

FredKelly『SLICKPICK』

出典:Amazon

メーカー Fred Kelly
材質 プラスチック
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ ラージ、レギュラー

3種類の厚さがありさまざまな音が出せるサムピック

Fred Kellyから発売されているノーマルタイプのサムピック。材質はプラスチックで柔軟性にすぐれており、はじめてサムピックを使う人にも使いやすいでしょう。

ピックの厚さはライト、ミディアム、ヘビーの3種類があるので、さまざまななプレイスタイルに対応できます。自分の出したい音に合わせて、厚みを選択しましょう。

Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』

JimDunlop『NICKELSILVERLEFTTHUMBPICKS(3040TL)』

出典:Amazon

メーカー Jim Dunlop
材質 金属
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ 0.25インチ

指弾きとの違いが目立つ金属製のサムピック

Jim Dunlopから発売されている金属製のノーマルタイプサムピック。金属製特有の高音域が目立った音が出せます。プラスチック製のものと違い指のサイズに合わない場合でも、すぐに微調整ができる点も魅力的です。

ピック弾きと指弾きの違いを強調したい人や、プラスチック製のサムピックに飽きてしまった人にぜひ選んでほしいサムピックです。

HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』

HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』 HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』 HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』

出典:Amazon

メーカー HOSCO
材質 べっ甲
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ ミディアム

スムーズなピッキングがしやすいべっ甲製サムピック

本べっ甲を材質に作られたサムピック。弦とピックとの摩擦が少なく、スムーズなピッキングがしやすいです。プラスチック製のピックでは出せない、やわらかく優しい独特のサウンドを出したい人は、こちらのサムピックをメインに使うといいでしょう。

湿度などによりピックが反ってしまうおそれがあるため、保管には注意が必要です。

Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』

Ibanez『ULTEMPick(UL22M)』 Ibanez『ULTEMPick(UL22M)』 Ibanez『ULTEMPick(UL22M)』

出典:Amazon

メーカー Ibanez
材質 プラスチック
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ -

弦への引っ掛かりが少なくスムーズな演奏ができる

Ibanezから発売されているノーマルタイプのサムピック。材質のウルテムはプラスチックのなかでもかたいうえに滑らかであるため、ピッキングをしたときに引っ掛かりが少なくはじめてサムピックを使う人でもスムーズな演奏ができるでしょう。

くせのないバランスが取れた音は、さまざまな演奏スタイルに対応できます。

YAMAHA『Thumb Pick』

YAMAHA『ThumbPick』

出典:Amazon

メーカー YAMAHA
材質 プラスチック
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ -

はじめて使う人にも使いやすいサムピック

YAMAHAから発売されているノーマルタイプのサムピック。適度な厚さでフィット感にすぐれているため、使いやすいです。また、ピックの大きさ形状にクセがなくはじめてサムピックを使う人でも、弾きやすさを感じられるでしょう。

プラスチック製のためサイズが合わなかったときは調整が難しいですが、熱湯などで素材を温めれば調整できます。

Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』

Takamine『サムピックミディアム(TPW)』

出典:Amazon

メーカー Takamine
材質 プラスチック
厚さ 1.5mm
形状 ノーマル
大きさ ミディアム

滑り止めがついているサムピック

Takamineから発売されているノーマルタイプのプラスチック製サムピック。親指の腹に当たる部分に滑り止めのサンドグリップが取りつけられているため、親指とのフィット感がよく、汗などで演奏中にずれる心配はありません。

1.5mmと厚めであるため、単音弾きで強弱をつける演奏スタイルの人にはピッタリのサムピックでしょう。

PROPIK『Metal ThumbPick』

PROPIK『MetalThumbPick』

出典:Amazon

メーカー PROPIK
材質 金属
厚さ -
形状 ノーマル
大きさ スモール、ミディアム、ラージ、Xラージ

ピッキングの強弱がつけやすい金属製のサムピック

PROPIKから発売されているノーマルタイプのサムピック。素材にはニッケルや銅、亜鉛の合金であるニッケルシルバーが使われています。親指は細めのループ2本で固定されるので、サイズが合わなかった場合でも、加工がしやすいです。

金属ピック特有のアタック感の強い音を出せるため、ピック弾きと指弾きのコントラストがはっきりわかります。

PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』

PROPIK『Metal-PlasticThumbpick』

出典:Amazon

メーカー PROPIK
材質 ピック:プラスチック、ラップ部分:金属
厚さ 1mm
形状 ノーマルタイプ
大きさ スモール、ミディアム、ラージ

弾きやすさと調整のしやすさをあわせ持った商品

ピックはプラスチック製、ラップ部分は金属製のサムピック。ラック部分は、ニッケルや銅、亜鉛などの合金であるニッケルシルバーが使われています。細い2本のループで親指としっかり固定してくれるので、フィット感が高いサムピックです。

プラスチック製は指のサイズが合わなかったときの加工が難しいですが、このサムピックなら素早く調整できます。金属ピック特有の音が苦手だけれど、調整のしやすいサムピックを探している人にはピッタリの商品です。

TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』

TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』 TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』 TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』

出典:Amazon

メーカー TAB
材質 プラスチック
厚さ -
形状 POPピック
大きさ -

落ちにくいPOPタイプのサムピック

調整可能なゴムバンドが取りつけられているPOPタイプのサムピック。激しいストロークをしているときにもピックが落ちないように、ゴム製のバンドが採用されています。指のサイズに合わせてサイズを調整できるためフィット感が高く、アルペジオからストロークプレイの移行もスムーズに行なえるでしょう。


ピックの硬さが、THIN、MEDIUM、HARD、形状はトライアングル、ティアドロップ、タテ型があるため、好みに合ったものを選びましょう。

「サムピック」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』
Fred Kelly『SPEED PICK』
Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』
Fred Kelly『SLICK PICK』
Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』
HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』
Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』
YAMAHA『Thumb Pick』
Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』
PROPIK『Metal ThumbPick』
PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』
TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』
商品名 TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』 Fred Kelly『SPEED PICK』 Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』 Fred Kelly『SLICK PICK』 Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』 HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』 Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』 YAMAHA『Thumb Pick』 Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』 PROPIK『Metal ThumbPick』 PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』 TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』
商品情報
特徴 さまざまな工夫が施されているサムピック 単音が弾きやすいスピードピック さまざまな演奏スタイルに対応できるサムピック 3種類の厚さがありさまざまな音が出せるサムピック 指弾きとの違いが目立つ金属製のサムピック スムーズなピッキングがしやすいべっ甲製サムピック 弦への引っ掛かりが少なくスムーズな演奏ができる はじめて使う人にも使いやすいサムピック 滑り止めがついているサムピック ピッキングの強弱がつけやすい金属製のサムピック 弾きやすさと調整のしやすさをあわせ持った商品 落ちにくいPOPタイプのサムピック
メーカー TAB Fred Kelly Jim Dunlop Fred Kelly Jim Dunlop HOSCO Ibanez YAMAHA Takamine PROPIK PROPIK TAB
材質 プラスチック プラスチック プラスチック プラスチック 金属 べっ甲 プラスチック プラスチック プラスチック 金属 ピック:プラスチック、ラップ部分:金属 プラスチック
厚さ - - - - - - - - 1.5mm - 1mm -
形状 ノーマル スピードピック ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマルタイプ POPピック
大きさ - ラージ、レギュラー ミディアム ラージ、レギュラー 0.25インチ ミディアム - - ミディアム スモール、ミディアム、ラージ、Xラージ スモール、ミディアム、ラージ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月12日時点 での税込価格

ギター本体へのキズを防ぐにはピックガード

ピックガードは、演奏中にピックがギター本体に擦れてキズがつくのを防ぐために使うパーツです。さまざまなタイプがあるため、交換すると見た目の印象がガラッと変わります。

ピックガードについて詳しく知りたい人は、あわせてこちらの記事をチェックしてみてください。

おすすめのピック関連商品の記事はこちら 【関連記事】

クラシックギターは複数の弦を同時に弾くことが多いため指で演奏するのが一般的ですが、「ピックがあったほうが弾きやすい」という人もいるでしょう。この記事では、元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのクラシックギター用ピック12選とその選び方について、くわしくご紹介していきます。

フィンガーピックは、ギター演奏でキレのある音を出したいときに便利なアイテム。プラスチック製や金属製など、さまざまな商品が発売されています。この記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだフィンガーピックのおすすめ商品12選と選び方のポイントをご紹介します。

バンドや趣味でギターをやっている方に多い悩みが、ピックの収納場所です。なくすのを防ぐには、ピックを収納するギターピックケースがおすすめです。この記事では、元楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が厳選したギターピックケース22選をご紹介します。あわせて選び方のポイントもご紹介します。

自分の好みに合ったサムピックを見つけよう!

サムピックを選ぶ際のポイントやおすすめの商品をご紹介しました。サムピックはおもにアコースティックギターを演奏するときに使用するピックです。厚さや材質、サイズなどによって弾きやすさや音が変わります。

さまざまなタイプの商品が販売されていますが、フィット感を重視して商品を選びましょう。今回ご紹介したおすすめの商品を参考に、自分の好みに合ったサムピックを見つけてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:yuuya、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ミニギターのおすすめ10選|プロと編集部で厳選、音に妥協なし

ミニギターのおすすめ10選|プロと編集部で厳選、音に妥協なし

テイラー、マーチン、ヤマハなどから発売されているミニギターのなかから、小物王の納富廉邦さんと編集部が厳選したおすすめ10選です。納冨さんには、上手な選び方もうかがいました。お子様の練習用や旅のおともに最適な楽器です。ぜひ参考にしてください。


ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|精度・視認性の高いモデルを厳選

ギタークリップ式チューナーおすすめ12選|精度・視認性の高いモデルを厳選

ギターを弾くときに必須のチューニング。素早くチューニングをしたい場合、クリップ式チューナーを使うと便利です。ここでは、チューニングモードや精度、画面表示仕様など選び方のポイントを解説します。また、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選ぶギタークリップ式チューナーおすすめ12選をご紹介します。


ギターピックガードのおすすめ16選|大切なギターをキズから守ろう

ギターピックガードのおすすめ16選|大切なギターをキズから守ろう

ギターピックガードは、演奏中にピックが本体に擦れてできるキズを防ぐために使用するアイテム。こまかなキズからギターを守ってくれるので、演奏後にショックを受けることもありません。本記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめの16種類のギターピックガードや選び方を紹介します。


クラシックギター用ピックおすすめ12選|素材・弾きやすさで選ぶ

クラシックギター用ピックおすすめ12選|素材・弾きやすさで選ぶ

クラシックギターは複数の弦を同時に弾くことが多いため指で演奏するのが一般的ですが、「ピックがあったほうが弾きやすい」という人もいるでしょう。この記事では、元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部が選んだおすすめのクラシックギター用ピック12選とその選び方について、くわしくご紹介していきます。


ギターストラップロックピンおすすめ12選|【固定式・簡易式】

ギターストラップロックピンおすすめ12選|【固定式・簡易式】

ストラップが外れてギターが落下してしまうことを、防ぐためにつけるストラップロックピン。この記事では、ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選ぶギターストラップロックピンおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


ホビーの人気記事


>>もっと見る