サムピックおすすめ13選【ギターの指弾きに】初心者にもおすすめ!

Jim Dunlop プラスチック・サムピック メディアム:9002 白 White Plastic Thumbpicks
出典:Amazon

親指に装着して使うピックを「サムピック」といいます。アルペジオ奏法で低音をクリアに演奏でき、ストロークとの切り替えもスムーズにできますよ。

本記事では、サムピックの選び方とおすすめ商品をご紹介。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。


目次

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Black Mountain Picks『BM-TPK01』
TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』
TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』
Fred Kelly『SPEED PICK』
Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』
Fred Kelly『SLICK PICK』
Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』
HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』
Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』
YAMAHA『Thumb Pick』
Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』
PROPIK『Metal ThumbPick』
PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』
商品名 Black Mountain Picks『BM-TPK01』 TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』 TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』 Fred Kelly『SPEED PICK』 Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』 Fred Kelly『SLICK PICK』 Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』 HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』 Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』 YAMAHA『Thumb Pick』 Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』 PROPIK『Metal ThumbPick』 PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』
商品情報
特徴 特許取得済みのスプリングを使った新技術 落ちにくいPOPタイプのサムピック さまざまな工夫が施されているサムピック 単音が弾きやすいスピードピック さまざまな演奏スタイルに対応できるサムピック 3種類の厚さがありさまざまな音が出せるサムピック 指弾きとの違いが目立つ金属製のサムピック スムーズなピッキングがしやすいべっ甲製サムピック 弦への引っ掛かりが少なくスムーズな演奏ができる はじめて使う人にも使いやすいサムピック 滑り止めがついているサムピック ピッキングの強弱がつけやすい金属製のサムピック 弾きやすさと調整のしやすさをあわせ持った商品
メーカー Black Mountain TAB TAB Fred Kelly Jim Dunlop Fred Kelly Jim Dunlop HOSCO Ibanez YAMAHA Takamine PROPIK PROPIK
材質 ナイロン プラスチック プラスチック プラスチック プラスチック プラスチック 金属 べっ甲 プラスチック プラスチック プラスチック 金属 ピック:プラスチック、ラップ部分:金属
厚さ 1.5mm - - - - - - - - - 1.5mm - 1mm
形状 - POPピック ノーマル スピードピック ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマル ノーマルタイプ
大きさ - - - ラージ、レギュラー ミディアム ラージ、レギュラー 0.25インチ ミディアム - - ミディアム スモール、ミディアム、ラージ、Xラージ スモール、ミディアム、ラージ
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年9月16日時点 での税込価格

サムピックとは? アルペジオ奏法に!

サムピックとは、その名の通り親指にはめて使うアイテムです。おもに指弾きでアルペジオ奏法(分散和音)をするときに使用します。アコギやウクレレだけでなく、エレキギターでも使用する人もいますよ。サムピックを使うと、低音がクリアに聴こえる、正しい右手のフォームを身につけやすいなどのメリットがあります。はじめは慣れない、難しいと思うかもしれませんが、初心者にもおすすめのアイテムです。

また、サムピックと混同しやすいのが「フィンガーピック」。どちらも指につけてギターを演奏するものですが、使い方が異なり、フィンガーピックは親指以外にはめて使うものを指します。

サムピックの選び方 正しいフォームできれいな音が出る!

それでは、サムピックの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】材質による特徴を知ろう
【2】形状の違いをチェック
【3】薄めはストローク、厚めは単音弾きにぴったり
【4】サイズが合わなかったら調整しましょう


上記の4つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】材質による特徴を知ろう

一般的にサムピックの材質は、金属・プラスチック・べっ甲が多く使われています。材質により特徴が異なっているため、それをよく知り自分の好みに合った材質のサムピックを選びましょう。

▼指弾きとの違いがわかりやすい「金属製」

 

金属製のサムピックは、アタック音が強いはっきりとしたサウンドを出ることが特徴です。ピック弾きとの違いが出しやすいため、両者のニュアンスの違いを出したい人は使ってみるとよいでしょう。

しかし、金属製のサムピックはしなりがないためピッキングが難しく、はじめてサムピックを使う人には使いにくいと感じられるでしょう。

▼指弾きに近い感覚で弾ける「プラスチック製」

 

プラスチック製のサムピックは、指弾きに近い感覚で弾けるのが特徴です。しなりのある材質であるため弾きやすくピッキングをコントロールしやすく、はじめてサムピックを使う人にも使いやすいでしょう。

形状や厚さ、デザインなど豊富なラインナップがあるため、好みのものを見つけやすいのも特徴のひとつです。しかし、金属やべっ甲製のものよりも削れやすい材質のため、消耗が早いというデメリットがあります。

▼やわらかく優しい音が出せる「べっ甲製」

 

タイマイという亀の甲羅を原材料として作られているべっ甲製。べっ甲製のサムピックでなければ出すことができない特徴的なやわらかく優しい音は、聴けばすぐにわかるでしょう。

タイマイは手に入れにくい素材であるため、金属やプラスチック製のサムピックよりも高価であるのがデメリットです。そのため、気をつけて保管するようにしましょう。

【2】形状の違いをチェック

サムピックにはさまざまな形状があります。形状によって向いている演奏スタイルが異なりますので、自分の演奏スタイルに合ったものを選びましょう。

▼ストロークも単音弾きにも向いている「ノーマルタイプ」

 

はじめてサムピックを使う人にも弾きやすいノーマルタイプ。ストローク弾きにも単音弾きにも向いているため、どんなジャンルの音楽にも対応できるのが特徴です。

ノーマルタイプでも材質や厚さが異なれば、微妙に弾きやすさや音が違ってきます。さまざまな種類のものがあるため、弾きやすいサムピックを見つけやすいでしょう。

▼ストロークに向いている「POPタイプ」

 

親指にはめる部分を、トライアングルタイプやティアドロップタイプのピックに取りつけたPOPタイプ。ストローク弾きに向いているサムピックです。

人差し指と挟めば通常のピックのようにも使えるため、ピックをよく落とす人は使ってみてもいいでしょう。しかし、固定されてしまうので、ピックと弦が当たる角度を調整しにくく、微妙なニュアンスを表現しづらいというデメリットがあります。この問題を解消するために、親指をはめる部分をある程度伸縮性がある素材にした商品も発売されています。

▼単音弾きに向いている「スピードピック」

 

弦を弾く部分が細くなっているスピードピック。ストローク弾きよりも単音弾きに向いているサムピックです。速弾きにもおすすめ。

初心者には使いにくいタイプですが、ふだんから小さめのピックを使っている人ならはじめてサムピックを使う人でも違和感なく使えるでしょう。弦と当たる部分の細さは種類によって異なるため、弾きやすいものを注意して探す必要があります。

【3】薄めはストローク、厚めは単音弾きにぴったり

 

サムピックは、厚さによって向いている演奏スタイルが異なっているので注意が必要です。1mmなどの薄めのものはやわらかく微妙なタッチを表現できるため、ストロークプレイがしやすいです。厚めのものは硬くピッキングの強弱を表現できるので、単音弾きに向いています。

適度な厚さのものを選べば、ストロークプレイにも単音弾きにも対応できるため、プレイスタイルが定まっていない人には使いやすいなサムピックでしょう。

【4】サイズが合わなかったら調整しましょう

 

サムピックの親指を入れる部分は、同じ種類でも微妙に異なります。緩すぎると弾いているうちにずれてきてしまうため、弾きにくくなってしまうでしょう。逆にきつすぎるとピックが固定されてしまうため、弦に当てる微妙な角度を調整できなくなってしまいます。

プラスチック製ならサイズが合わないときでも、お湯でやわらかくして自分の指に合うように調整できます。このときピック部分に熱湯をかけてしまうと、変形して弾きにくくなってしまう可能性があるので注意してください。また、ヤスリで削るなど加工をして自分の好みの形にカスタムする人もいます。

エキスパートからのアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

はっきりとした低音の発音やアルペジオの演奏をしやすくする、サムピック。選ぶ際は指へのフィット感やピッキングなどの感覚、音の鳴り具合をよくチェックして、希望に合うものを見つけてください。サムピックは素材も形状もさまざま。先端が細いもの、金属製、サイズ調整がかんたんにできるものなど数種類用意して、演奏スタイルに合わせて使い分けるのもいいでしょう。

サムピックおすすめ13選 初心者にもおすすめ! 人気メーカーも

ここからは、おすすめのサムピックをご紹介します。ご紹介したサムピックの選び方を参考に自分に合った商品を見つけましょう。

Black Mountain Picks『BM-TPK01』

BlackMountainPicksBM-TPK01BlackMountainThumbPickサムピック BlackMountainPicksBM-TPK01BlackMountainThumbPickサムピック BlackMountainPicksBM-TPK01BlackMountainThumbPickサムピック BlackMountainPicksBM-TPK01BlackMountainThumbPickサムピック

出典:Amazon

特許取得済みのスプリングを使った新技術

特許取得済みのスプリングを使った新技術により、サムピッキングだけではなく、フラットピッキングにも使えるピックとして開発されました。指弾きとピック弾きを瞬間に切り替えることができ、フィンガースタイルとフラットピッキングを組み合わせ、独自の演奏表現ができます。

上級者だけではなく誰でも使いやすい形状に仕上がっているため、初心者の方にもおすすめです。

TAB『フラットピック:nine9(TE127-MBL×GY)』

TABギターピックフラットピックnine9ティアドロップTE127-MBL×GY(MEDIUM) TABギターピックフラットピックnine9ティアドロップTE127-MBL×GY(MEDIUM) TABギターピックフラットピックnine9ティアドロップTE127-MBL×GY(MEDIUM)

出典:Amazon

落ちにくいPOPタイプのサムピック

調整可能なゴムバンドが取りつけられているPOPタイプのサムピック。激しいストロークをしているときにもピックが落ちないように、ゴム製のバンドが採用されています。指のサイズに合わせてサイズを調整できるためフィット感が高く、アルペジオからストロークプレイの移行もスムーズに行なえるでしょう。


ピックの硬さが、THIN、MEDIUM、HARD、形状はトライアングル、ティアドロップ、タテ型があるため、好みに合ったものを選びましょう。

TAB『TAB Special II(TP114-MBK×GY)』

TABサムピックTABSpecial2TP114-MBK×GY(HARD) TABサムピックTABSpecial2TP114-MBK×GY(HARD) TABサムピックTABSpecial2TP114-MBK×GY(HARD)

出典:Amazon

さまざまな工夫が施されているサムピック

演奏するときのことを考えて親指を入れる部分に工夫がみられるノーマルタイプのサムピック。ベルト部分はゴムになっているため、汗で指が滑ってずれる心配はありません。指のサイズに合わせてゴムの引っ掛け口の位置を変えられるため、指に合うサムピックが見つからない人にはピッタリの商品です。

ピックの硬さがTHIN、MEDIUM、HARDの3タイプがあるので、好みに合わせて選べます。

Fred Kelly『SPEED PICK』

単音が弾きやすいスピードピック

先端が細いFred Kellyが発売しているスピードピック。ノーマルタイプよりも弦に当たる部分が細いため速いピッキングがしやすく、ギターソロなどの単音弾きがしやすいサムピックです。先端がしなるため、アップストロークをしても引っかかることなく演奏できるという声も。

材質はプラスチックで厚さがライト、ミディアム、ヘビーの3種類あるので、自分の演奏スタイルやジャンルに合った厚さのものを選択しましょう。

Jim Dunlop『WHITE MEDIUM THUMBPICKS(9002)』

さまざまな演奏スタイルに対応できるサムピック

Jim Dunlopから発売されているプラスチック製のノーマルタイプのサムピック。バランスの取れた素直な音が出せるので、さまざまなジャンルや演奏スタイルに対応できるでしょう。サイズはミディアム、スモール、ラージの3種類がラインナップされています。

プラスチック製でサイズは硬さはミディアム、形状はノーマルタイプと使いやすく、はじめてサムピックを試す人にピッタリの商品です。

Fred Kelly『SLICK PICK』

3種類の厚さがありさまざまな音が出せるサムピック

Fred Kellyから発売されているノーマルタイプのサムピック。材質はプラスチックで柔軟性にすぐれており、はじめてサムピックを使う人にも使いやすいでしょう。

ピックの厚さはライト、ミディアム、ヘビーの3種類があるので、さまざまななプレイスタイルに対応できます。自分の出したい音に合わせて、厚みを選択しましょう。

Jim Dunlop『NICKEL SILVER LEFT THUMBPICKS(3040TL)』

指弾きとの違いが目立つ金属製のサムピック

Jim Dunlopから発売されている金属製のノーマルタイプサムピック。金属製特有の高音域が目立った音が出せます。プラスチック製のものと違い指のサイズに合わない場合でも、すぐに微調整ができる点も魅力的です。

ピック弾きと指弾きの違いを強調したい人や、プラスチック製のサムピックに飽きてしまった人にぜひ選んでほしいサムピックです。

HOSCO『本鼈甲ピック(PK-T-THM)』

HOSCO本鼈甲ギターピックサムギターピックミディアムPK-T-THM HOSCO本鼈甲ギターピックサムギターピックミディアムPK-T-THM HOSCO本鼈甲ギターピックサムギターピックミディアムPK-T-THM

出典:Amazon

スムーズなピッキングがしやすいべっ甲製サムピック

本べっ甲を材質に作られたサムピック。弦とピックとの摩擦が少なく、スムーズなピッキングがしやすいです。プラスチック製のピックでは出せない、やわらかく優しい独特のサウンドを出したい人は、こちらのサムピックをメインに使うといいでしょう。

湿度などによりピックが反ってしまうおそれがあるため、保管には注意が必要です。

Ibanez『ULTEM Pick(UL22M)』

IbanezUL22Mアイバニーズウルテムサムピック IbanezUL22Mアイバニーズウルテムサムピック IbanezUL22Mアイバニーズウルテムサムピック

出典:Amazon

弦への引っ掛かりが少なくスムーズな演奏ができる

Ibanezから発売されているノーマルタイプのサムピック。材質のウルテムはプラスチックのなかでもかたいうえに滑らかであるため、ピッキングをしたときに引っ掛かりが少なくはじめてサムピックを使う人でもスムーズな演奏ができるでしょう。

くせのないバランスが取れた音は、さまざまな演奏スタイルに対応できます。

YAMAHA『Thumb Pick』

はじめて使う人にも使いやすいサムピック

YAMAHAから発売されているノーマルタイプのサムピック。適度な厚さでフィット感にすぐれているため、使いやすいです。また、ピックの大きさ形状にクセがなくはじめてサムピックを使う人でも、弾きやすさを感じられるでしょう。

プラスチック製のためサイズが合わなかったときは調整が難しいですが、熱湯などで素材を温めれば調整できます。

Takamine『サムピック ミディアム(TPW)』

滑り止めがついているサムピック

Takamineから発売されているノーマルタイプのプラスチック製サムピック。親指の腹に当たる部分に滑り止めのサンドグリップが取りつけられているため、親指とのフィット感がよく、汗などで演奏中にずれる心配はありません。

1.5mmと厚めであるため、単音弾きで強弱をつける演奏スタイルの人にはピッタリのサムピックでしょう。

PROPIK『Metal ThumbPick』

ピッキングの強弱がつけやすい金属製のサムピック

PROPIKから発売されているノーマルタイプのサムピック。素材にはニッケルや銅、亜鉛の合金であるニッケルシルバーが使われています。親指は細めのループ2本で固定されるので、サイズが合わなかった場合でも、加工がしやすいです。

金属ピック特有のアタック感の強い音を出せるため、ピック弾きと指弾きのコントラストがはっきりわかります。

PROPIK『Metal-Plastic Thumbpick』

弾きやすさと調整のしやすさをあわせ持った商品

ピックはプラスチック製、ラップ部分は金属製のサムピック。ラック部分は、ニッケルや銅、亜鉛などの合金であるニッケルシルバーが使われています。細い2本のループで親指としっかり固定してくれるので、フィット感が高いサムピックです。

プラスチック製は指のサイズが合わなかったときの加工が難しいですが、このサムピックなら素早く調整できます。金属ピック特有の音が苦手だけれど、調整のしやすいサムピックを探している人にはピッタリの商品です。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サムピックの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのサムピックの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:サムピックランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ギター本体へのキズを防ぐにはピックガード

ピックガードは、演奏中にピックがギター本体に擦れてキズがつくのを防ぐために使うパーツです。さまざまなタイプがあるため、交換すると見た目の印象がガラッと変わります。

ピックガードについて詳しく知りたい人は、あわせてこちらの記事をチェックしてみてください。

自分の好みに合ったサムピックを見つけよう!

サムピックを選ぶ際のポイントやおすすめの商品をご紹介しました。サムピックはおもにアコースティックギターを演奏するときに使用するピックです。厚さや材質、サイズなどによって弾きやすさや音が変わります。

さまざまなタイプの商品が販売されていますが、フィット感を重視して商品を選びましょう。今回ご紹介したおすすめの商品を参考に、自分の好みに合ったサムピックを見つけてください。

【関連記事】そのほかのピックもチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ13選|特徴と選び方も徹底解説

【音楽ライター監修】テイラーのアコギおすすめ13選|特徴と選び方も徹底解説

精巧な作り、音のよさ、弾きやすさが評価され、世界中のミュージシャンから愛されるアコースティックギター(アコギ)の人気ブランド「テイラー」。憧れる初心者や中級者も多いはず。そんなテイラーのアコギには、型番によってシリーズの特徴やタイプが分かれており、安いものや高価なもの、入門モデルや上級者向けモデルなど幅広くラインナップされています。本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、テイラーのアコギの特徴と選び方、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , ホビー・ゲーム

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

ヤマハのアコギおすすめ10選【FG/FS/L/STORIA】アーティスト愛用モデルも

高級モデル「Lシリーズ」からスタンダードモデル「FGシリーズ」まで、品質に定評のあるYAMAHA(ヤマハ)のアコギ。本記事では、アーティストに選ばれる人気シリーズや音楽ライターの田澤仁さんと編集部が厳選したおすすめのアコギを厳選。選び方のポイントもご紹介します。後半に通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

アコギ用ピックアップおすすめ13選|プロ愛用や取り付け重視など徹底解説

ライブやレコーディングの際、アコースティックギター(アコギ)には音を拾う「ピックアップ」が必要になります。FISHMANやL.R.Baggsなどのメーカーをはじめ、ピエゾ・マグネット・コンタクト・コンデンサーマイク・デュアルなど種類(タイプ)もさまざまです。アコギ本体の加工有無や取り付け方、音質も違うため、初心者の方は迷ってしまいますよね。そこで、音楽ライターの田澤 仁さんに聞いた、アコギ用ピックアップの種類や選び方のポイント、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。ぜひ参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 音楽用品

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

【プロが選ぶ】クラシックギターのおすすめランキング15選【初心者・子ども・女性向けも!】

本記事では、クラシックギターの選び方とおすすめクラシックギターランキングをご紹介!通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのでぜひ参考にしてくださいね!

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

初心者向けのアコギおすすめランキング15選|メーカーごとの特徴も解説

きれいな音色でバラードや弾き語りに最適な「アコースティックギター」。エレキとは違った魅力です。通称アコギと呼ばれ、ヤマハ(YAMAHA)、モーリス(Morris)をはじめとした国内メーカーや、マーチン(Martin)などの海外メーカーからさまざまなタイプが発売されています。値段も安いものから高いものまで、初心者の方は何を選べいいか迷ってしまいますよね。本記事では、初心者におすすめのアコギについて、メーカーごとの特徴や選び方、そして、おすすめのモデルをランキング形式でご紹介。人気や定番など、ランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

tag icon アコースティックギター , 楽器 , 音楽用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。