DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選

DJI製【ドローン】おすすめ5選と選び方|憧れの空撮に挑戦! カメラ付き製品を厳選
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーが選ぶDJI製ドローンのおすすめ5選をご紹介します。最近では、テレビなどのメディアでもドローンを使った撮影を目にする機会が増えました。実際にドローンを使って空撮をしてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんに、ドローンやアクションカメラなどのメーカーで知られるDJI製ドローンの選び方について教えてもらいました。この記事で紹介しているドローンはすべてカメラ備え付き製品になります。また、最後に各通販サイトの売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


DJI製ドローンの選び方&おすすめ商品5選 フォトグラファーが解説!

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、DJI製ドローンを選ぶときのポイントとおすすめ商品について教えてもらいました。

ドローンを飛ばす男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

多数のドローンを製造するDJIですが、近年はGoPro社に次ぐアクションカメラのメーカーとしても知られます。

ドローンのサイズで選ぶ 【ポイント1】

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

携帯性で選ぶかカメラ搭載目的で大型を選ぶか

DJIのドローンには手のひらに乗るミニサイズから、車などで運ぶ大型の機種までバラエティに富んだラインナップがあります。まず、ドローン自体の大きさをどの程度のサイズのものを求めるかを決めて選びましょう。

携帯性を考えるなら小型のタイプが使い勝手がよいですし、大きなカメラを積んで撮影を考えるなら大型のものなど、用途により選ぶ機種が変わります。



【ビギナー向け】
軽量コンパクトモデルをお探しならこちら!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『Tello』

DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』

出典:Amazon

本体サイズ 9.8×9.25×4.1cm
重量 約80g(プロペラとバッテリー含む)
有効画素数 500万画素
動画品質 HD720p
最大飛行時間 13分
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

室内でも楽しめる手軽なトイドローン

トイドローンのTelloは航空法規制外でフライトが可能な重量の約80グラムの軽量ボディですが、本格的なフライトが楽しめます。はじめての取り扱いでもかんたんにフライトが可能。手のひらからのリリースフライトやプログラミングを組んで自在に飛ばすこともできます。

小型ボディなので屋内での使用に適しているのも魅力。はじめてのドローンや手軽に楽しみたいユーザーにおすすめです。カメラは固定型で720pの画質で動画、写真が撮影でき、実用的な撮影ドローンとしても使えます。



【コスパで選ぶなら】
こちらの折りたたみ式コンパクトサイズ!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『Mavic Mini』

DJI『MavicMini』

出典:Amazon

本体サイズ 展開時:16×20.2×5.5cm、折り畳み時:14×8.2×5.7cm
重量 199g
有効画素数 1200万画素
動画品質 2.7k、FHD
最大飛行時間 18分
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

小型軽量でビギナーでも扱いやすい一台

MAVICシリーズのなかでとくに小型サイズの機種です。重さはわずか199gで、ボディとウィングを折りたたむと手のひらに収まるサイズになります。バッテリーをフル充電した状態で最大18分のフライトが可能。

ビジョンセンサー搭載で正確なホバリング飛行をし、はじめてのユーザーでも飛ばしやすい設計になっています。これからドローンをはじめたり、旅行などにドローンを持ち歩いたりするのに向いている新機種です。



【予算的に余裕があるなら】
こちらの高画質な折りたたみ式を!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『Mavic Air』

DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』 DJI『MavicAir』

出典:Amazon

本体サイズ 展開時:16.8×18.4×6.4cm、折り畳み時:16.8×8.3×4.9cm
重量 430g
有効画素数 1200万画素
動画品質 4k
最大飛行時間 21分
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

スローモーションやHDR撮影にも対応する一台

ポケットサイズに折りたたんでどこへでも持ち運べるドローンです。機体は小さいですが、4Kの高画質画像を撮影できるカメラを搭載。そのほかにもスローモーション撮影やHDR撮影など充実した撮影機能を持ち合わせています。

携帯性にすぐれていてさらに高画質な映像を撮りたいというユーザーに打ってつけのドローンと言えるでしょう。

カメラの画質で選ぶ 【ポイント2】

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラの画質次第で価格も変わる

DJIドローンに搭載されているカメラの画質は、4Kで撮れるものからハイビジョン画質までさまざまです。当然、このカメラの画質は機種の価格にも反映されてきます。高画質で撮影できるカメラのドローンは値段が高くなり、それ以外の画質サイズのカメラをもつドローンは廉価になるという具合です。

予算を考慮しながら、撮影する映像の画質を基準にドローンを選ぶのもいいでしょう。



【5.2K・2080万画素の高画質】
飛行時間も27分と余裕のフライト!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『INSPIRE 2 + ZENMUSE X5S カメラセット』

DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』 DJI『INSPIRE2+ZENMUSEX5Sカメラセット』

出典:Amazon

本体サイズ 42.7×31.7×42.5cm (着陸モード時、プロペラを含まず)
重量 本体:3440g (バッテリー×2を含む)、カメラ:461g
有効画素数 2080万画素
動画品質 5.2k
最大飛行時間 27分 (Zenmuse X4S取付時)
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

高画質撮影と快適な飛行を実現するハイスペック機

INSPIRE2とZENMUSE X5Sのカメラセット。DJIドローンのフラッグシップ機とも言えるINSPIREシリーズです。

DJIのドローンのなかでとくに大きな機体のドローンで、ZENMUSEのカメラは別のラインナップ製品に交換することが可能。プロのドローンクリエイターが求めるドローンの飛行と高画質な映像に応えてくれる機種です。

フラッグシップのハイスペックなドローンを求める方におすすめします。

フライト時間で選ぶ 【ポイント3】

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

機種によって飛行時間の長さが異なる

ドローンの飛行できる時間はひとつのバッテリーで最大で約30分程度です。機種によってバッテリーの容量が異なり、それよりも短いフライト時間しかない機種もあります。一回の飛行でのフライト時間を考慮して機種を選択するというのもひとつの方法。

できるだけ長い時間の機種を求めるのか、あまり長い飛行時間は求めないのかによって選択肢は変わるでしょう。予備のバッテリーを保有するという方法もあります。



【あらゆるシーンでの撮影に対応】
4K高画質・長時間飛行!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『Mavic PRO PLATINUM』

DJI『MavicPROPLATINUM』 DJI『MavicPROPLATINUM』 DJI『MavicPROPLATINUM』 DJI『MavicPROPLATINUM』 DJI『MavicPROPLATINUM』 DJI『MavicPROPLATINUM』

出典:Amazon

本体サイズ 8.3×8.3×19.8cm
重量 743g (バッテリー、プロペラ、ジンバルカバー含む)
有効画素数 1235万画素
動画品質 4k、2.7k、FHD、HD
最大飛行時間 30分
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

4K撮影と長時間飛行を両立するプロスペックな逸品

MAVICシリーズのなかの高位機種になるPRO-PLATINUMです。4K撮影できるカメラを採用していて、最長30分の飛行が可能なバッテリーも搭載しています。最大のホバリング時間が約27分あり、さまざまな撮影シーンに対応。

小型機のドローンですがそのスペックはプロのクリエイターが求めているものにじゅうぶんに応えてくれます。

できるだけ長い飛行時間や、携帯性を求めるユーザーに適している機種です。

「DJI製ドローン」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DJI『Tello』
DJI『Mavic Mini』
DJI『Mavic Air』
DJI『INSPIRE 2 + ZENMUSE X5S カメラセット』
DJI『Mavic PRO PLATINUM』
商品名 DJI『Tello』 DJI『Mavic Mini』 DJI『Mavic Air』 DJI『INSPIRE 2 + ZENMUSE X5S カメラセット』 DJI『Mavic PRO PLATINUM』
商品情報
特徴 室内でも楽しめる手軽なトイドローン 小型軽量でビギナーでも扱いやすい一台 スローモーションやHDR撮影にも対応する一台 高画質撮影と快適な飛行を実現するハイスペック機 4K撮影と長時間飛行を両立するプロスペックな逸品
本体サイズ 9.8×9.25×4.1cm 展開時:16×20.2×5.5cm、折り畳み時:14×8.2×5.7cm 展開時:16.8×18.4×6.4cm、折り畳み時:16.8×8.3×4.9cm 42.7×31.7×42.5cm (着陸モード時、プロペラを含まず) 8.3×8.3×19.8cm
重量 約80g(プロペラとバッテリー含む) 199g 430g 本体:3440g (バッテリー×2を含む)、カメラ:461g 743g (バッテリー、プロペラ、ジンバルカバー含む)
有効画素数 500万画素 1200万画素 1200万画素 2080万画素 1235万画素
動画品質 HD720p 2.7k、FHD 4k 5.2k 4k、2.7k、FHD、HD
最大飛行時間 13分 18分 21分 27分 (Zenmuse X4S取付時) 30分
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月7日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする DJI製ドローンの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのDJI製ドローンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ドローン・マルチコプターランキング
Yahoo!ショッピング:ドローンランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

「DJI」とは? そもそも……

現在の社長であるフランク・ワン氏が2006年に創業。民生用ドローンおよび、関連機器を製造するメーカーです。

本社を中国深センに置き、アメリカ、ドイツ、日本、北京、上海、香港まで拠点を拡大。現在、ドローン市場で、世界シェア7割を担っています。

DJI製のドローン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

DJIはドローンのパイオニア。カメラを取り付けて、一度は空撮にもチャレンジしてみたいですね!

ドローンを飛ばす前に知っておきたいルール ここにご注意!

ドローンを購入して飛ばす前に、知っておきたい条例やルールをチェックしておきましょう。

空に飛ばして操縦や撮影を楽しむことができるドローン。いろいろな場所で飛行を楽しみたいところですが、総重量が200グラム以上のドローンは空港周辺や人家の密集地域で飛ばせないなど、航空法の規制対象となります。

また、200グラム未満の場合も、自治体や施設ごとに定められているルールに準拠して楽しむようにしましょう。飛ばしてよい場所なのかわからない場合は、下記のリンクをご覧ください。

※国土交通省:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

空中を飛行するドローン
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

撮影や積み荷の運搬など、業務目的で使用されるドローン。ルールを守り安全な飛行を心がけましょう。

フォトグラファーの「ここがポイント」 DJI製のドローン選びに迷ったら……

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

充実した製品ラインナップがDJIの特徴

DJIのドローンのラインナップは大変充実したものになっています。また、新機種が投入されるスパンもみじかく、新機種を使用していても翌シーズンには新たな機種が発表されることもめずらしくありません。購入したいときにあるラインナップのなかからもっとも使いやすい機種を選ぶのが得策と言えるでしょう。

機体の大きさと求める画質から、自分にとって最適な一台を選ぶのがおすすめです。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2020年版】アクションカメラおすすめ15選|GoProなどの人気の機種を紹介!

【2020年版】アクションカメラおすすめ15選|GoProなどの人気の機種を紹介!

ITジャーナリストの一条真人さんへの取材をもとに、2020年版アクションカメラおすすめ15選をご紹介します。連続撮影時間が長く、スポーツやアウトドア撮影などに役立つアクションカメラをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


2020年【ドローン】おすすめ22選|価格・機能・飛行時間で選ぶ!

2020年【ドローン】おすすめ22選|価格・機能・飛行時間で選ぶ!

空からの撮影シーンで大活躍のドローン。小型のトイドローンであれば、子どもでもかんたんに操作することができます。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選ぶドローンのおすすめ商品をランキングとともに紹介します。選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


【2020年版】ビデオカメラおすすめ19選と選び方

【2020年版】ビデオカメラおすすめ19選と選び方

『必ず作れるDVD』など数々の著書を執筆されたITジャーナリストの一条真人さんへの取材をもとに、デジタルビデオカメラの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。「わが子の今をキレイな映像で残したい!」「たくさんの思い出や迫力あるシーンを逃さず撮りたい!」と思う方は多いはず。画質や容量、重さや機能など、なにを基準にデジタルビデオカメラを選べばいいのか悩んでしまう方のために、ビデオカメラ選びのお手伝いをさせてください。


コスパに優れたアクションカメラおすすめ6選と選び方【広角レンズや小型化商品も】

コスパに優れたアクションカメラおすすめ6選と選び方【広角レンズや小型化商品も】

本記事では、家電のエキスパートである東 智美さんに取材した内容をもとに、アクションカメラの中でも、コストパフォーマンスにすぐれた商品の選び方とおすすめ商品を紹介します。スキー、スノボ、サーフィン、登山、釣りなどのアウトドアシーンの撮影ではメジャーとなったアクションカメラ。高機能を売りにする機種が発売される一方、手に取りやすい価格帯のモデルも増えてきました。お手頃なアクションカメラのなかにも、撮影機能が充実したモデル、季節や場所を問わず幅広いシーンで活用できるモデルなど種類があります。どのような商品があるのかを見ていきましょう。


格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


DJI

新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る