PR(アフィリエイト)

価格が安いドローンおすすめ6選|高性能・高画質・小型軽量で操作簡単な初心者向けも

Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01
出典:Amazon
Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

農薬散布や災害現場の状況確認など、活躍の場が広がり続ける無人航空機「ドローン」。ホビーの世界でもドローンを楽しむ人が急速に増えています。上空からの撮影では鳥の視点を思わせるリアルな映像で、撮っても観ても楽しむことができます。

本記事では、価格が安く、高性能・高画質・小型軽量で操作簡単な初心者向けなど手軽にフライトを楽しめるドローンのおすすめ商品と選び方をご紹介します。

記事後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市
米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー、旅行・レジャー
名原 広雄

「趣味・ホビー」「ゲーム・周辺機器」「旅行・レジャー」カテゴリーを担当。元芸能・エンタメ誌・書籍編集者。アナログレコードを1,000枚所有しており、音楽・楽器・アニメ・アイドル関連の情報に敏感。普段はアニメや旅系YouTubeを観ながらスマホで通販生活。ゲームはスイッチやVRなどオンライン対応のハード中心。よく訪れる地域は沖縄や東南アジアなどの南の島。

大前提:ドローン購入前に知っておくこと

まずは、ドローンを購入する前に、下記2点は必ずチェックしましょう。

(1)100g以上の無人航空機は登録が必須

畑の上を飛ぶドローン
Pixabayのロゴ
畑の上を飛ぶドローン
Pixabayのロゴ

2022年6月20日より100g以上の無人航空機の登録が義務化されました。

登録されていない無人航空機は飛ばすことができなくなるので、100g以上のドローンの購入を検討している方は、必ずチェックしましょう。

参考:国土交通省HP/『飛行ルール(航空法第11章)の対象となる機体』より

(2)ドローンの飛行ルールはかなり厳しい

ドローンを飛ばす少年
ペイレスイメージズのロゴ
ドローンを飛ばす少年
ペイレスイメージズのロゴ

安価なドローンが流通し、手軽に購入できるようになっていますが、ドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません。

実は、個人用のドローンだけでなく、ラジコンや農業散布用ドローンなども含まれるのですが、国土交通省によって飛行ルール(航空法)が厳密に定められています。また、都道府県、市町村の条例でも飛行禁止区域などが設定されています。

知らずに飛行させてしまうと、罰則が発生してしまいます。そのため、購入後、近くの公園や河川敷で飛ばす場合、さらには私有地で飛ばす場合でさえも、必ずドローンの飛行が可能な地域かどうかは確認しましょう。

参考:国土交通省HP/『無人航空機の飛行禁止空域と飛行の方法』より

(3)快適認定を受けているか必ずチェック

空を飛ぶドローン
Pixabayのロゴ
空を飛ぶドローン
Pixabayのロゴ

ドローンには「技術基準適合証明」というのがあり、ドローンを購入するときはその証明を受けているかチェックする必要があります。とくに海外製品を購入するときは要注意です。

技術基準適合証明を受けていないドローンを使用すると、国内の電波法違反に問われることがあります。事前に適合証明を確認しておけば、楽しく快適にドローンを飛ばせます。

低価格ドローンを選ぶポイント

それでは、低価格ドローンの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】消耗品やパーツを入手しやすいか
【2】カメラ付きかどうか
【3】カメラの性能
【4】バッテリーの駆動時間


上記の4つのポイントをおさえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】消耗品やパーツを入手しやすいかチェック

 

安いドローンは小型のものが多く、飛行可能時間も30分ぐらいです。それでも電池切れに備えて予備のバッテリーを用意しておきましょう。

慣れないうちは追突や墜落も起こりますので、ローターやローターガードなど予備のパーツも必要です。

こうした消耗品やパーツを入手しやすいかどうかも、事前にチェックして選んでください。

▼初心者はローターガードが付いていると安心!

はじめてドローンを飛ばすとき、室内や体育館などを利用することがあります。壁などにぶつけるとローターが破損するので、初心者はローターガードつきを選んでください。

ローターガードはローター(プロペラ)の周囲につける保護パーツで、機器の故障リスクを減らせます。万一人にぶつかったとしても、ケガ防止に役立つでしょう。

【2】カメラ付きかどうかチェック

 
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ドローンはカメラ付きとなしの2種類に区別される

安価なドローンを大別するなら、カメラ付きの機種とカメラなしの機種に分けられます。

当初はドローンを使う目的が撮影することではなくても、飛行させているうちに撮影もしてみたいという気持ちに変わることもあるでしょう。「大は小を兼ねる」の言葉どおり、カメラ機能をもつ機種を最初から選択することをおすすめします。

【3】カメラの性能をチェック

 
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラの性能は価格に比例して向上する

カメラ付きの機種からドローンを選択するとして、カメラの性能を比較することも大切です。低価格のドローンでは4Kのような高画質の機種は望めませんが、ハイビジョン画質をもつ機種なら見つかります。画角の違いや、固定なのか可動できるカメラなのかなどスペックも比較してみましょう。

カメラの性能は価格に比例して向上していくもの。そのため予算と相談しながらカメラの性能も考えて選ぶのがよいでしょう。

【4】バッテリーの駆動時間をチェック

 
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

バッテリー容量がそのままフライト時間に影響

バッテリーの容量はそのままフライト時間に影響します。低価格のドローンでは、バッテリーをフル充電して使用した場合に何分間フライトできるのかを確認しておきましょう。せっかく購入して飛ばそうとしても短い時間のフライトしか駆動しないのでは楽しみも半減です。できるだけ長い時間フライトを継続できる機種を選んでみてはいかがでしょうか。

ちなみにドローンは総重量が200グラム以上になると空港周辺や人家の密集地域で飛ばせないなど、航空法の規制対象となります(※)。200グラム未満でも緑地公園での飛行規制など、自治体ごとに定められているのでルールにしたがって楽しむようにしましょう。

低価格ドローンのおすすめ6選

それでは、低価格なドローンのおすすめの商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

DJI『Tello』

DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』 DJI『Tello』
出典:Amazon この商品を見るview item
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

軽量で手軽に楽しめるトイドローン

わずか約80グラムの軽量ボディですが、安定してフライトを楽しめます。手のひらからのキャッチアンドリリースがかんたんなのが特徴。また、プログラミングを組んで自在に飛ばすこともできます。

お子さんへのプログラミング体験の入門用としてのドローンとしても最適。カメラは固定型です。720pの画質で動画、写真が撮影可能。実用的なトイドローンとしておすすめです。

本体サイズ 幅98.0×奥行92.5×高さ41.0mm
重さ 約80g(バッテリー含む)
画質 720pHD
最大飛行時間 13分

本体サイズ 幅98.0×奥行92.5×高さ41.0mm
重さ 約80g(バッテリー含む)
画質 720pHD
最大飛行時間 13分

Holy Stone『ミニドローン(HS210)』

HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』 HolyStone『ミニドローン(HS210)』
出典:Amazon この商品を見るview item

操作は簡単だから初心者におすすめ

手のひらサイズで室内向けのミニドローンです。室内だと家具にぶつかるのが心配ですが、4つのプロペラを包む丸形の柔らかい素材が、ぶつかった時の衝撃を和らげてくれます。ドローンがどの方向を向いていても、自分が飛んでほしい方向に飛ぶよう作られていて、初心者でも操作しやすい点が魅力です。

機体の重さはたったの22グラムで、バッテリーは3個ついています。合計で最長20分の飛行が可能。お子さんが使用するのにぴったりのドローンです。

本体サイズ 幅80.0×奥行80.0×高さ30.0mm
重さ 22g(バッテリー含まず)
画質 -
最大飛行時間 20分

本体サイズ 幅80.0×奥行80.0×高さ30.0mm
重さ 22g(バッテリー含まず)
画質 -
最大飛行時間 20分

Holyton『ドローン(HT02)』

Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』 Holyton『ドローン(HT02)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワンキーリターンから3Dフリップまで機能満載

アルファベットのXのような形で、メタリックな赤色が印象的なミニドローンです。リモコンの真ん中が収納スペースになっていて、そこにちょこんと収まります。ワンキーで離着陸できるだけでなく、宙返りする3Dフリップや、3段階のスピード調節機能もついていて、使いこなすほど操縦が楽しくなりそうです。

弾力のあるプロペラガードを装着でき、プロペラが直接的に衝撃を受けないようになっています。一台目のミニドローンとして購入するのにおすすめです。

本体サイズ 幅11.5×奥行80.0×高さ45.0mm
重さ 275g(バッテリー含む)
画質 -
最大飛行時間 24分

本体サイズ 幅11.5×奥行80.0×高さ45.0mm
重さ 275g(バッテリー含む)
画質 -
最大飛行時間 24分

DEERC『ドローン(D60)』

DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』 DEERC『ドローン(D60)』
出典:Amazon この商品を見るview item

カメラ付き、スマホアプリで操作を楽しめる

カメラ付きのドローンでおすすめなのがDEERCのD60です。スマホアプリで機体をコントロールできるのが特徴で、アプリでフライトコースを描くとその通りに飛行し、スマホを傾ければ体感操作モードを楽しめます。FPV機能により、リアルタイムで映像を確認でき、120度の広角レンズで解像度の高い写真を撮影可能です。

機体は小さめですが、高度維持機能があるため飛行は安定しています。ここに書ききれないほど機能が充実しているので、ドローン経験者も楽しめるでしょう。

本体サイズ 幅316.0×奥行316.0×高さ108.0mm
重さ 198g(バッテリー1つ含む)
画質 -
最大飛行時間 24分

本体サイズ 幅316.0×奥行316.0×高さ108.0mm
重さ 198g(バッテリー1つ含む)
画質 -
最大飛行時間 24分

Holyton『ドローン(HT06)』

Holyton『ドローン(HT06)』 Holyton『ドローン(HT06)』 Holyton『ドローン(HT06)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

投げて遊べるボール型ドローン

遊び心あふれる半円形のドローンで、家族や友人と遊べるアイテムをお探しの方におすすめです。プロペラを覆うようにカバーが張り巡らされているので、プロペラに直接触れることがない安全設計です。さらにセンサーが障害物を察知し、衝突を回避します。

操作方法はユニークで、ドローンを手で空中に投げると飛行を始めます。リモコンもしくはセンサーでドローンが動き、センサーの場合はジェスチャーで指示を出すと、回転したり宙返りしたりします。夜はライトで機体が照らされ、美しく光ります。

本体サイズ 幅150.0×奥行150.0×高さ100.0mm
重さ 76g(バッテリー含まず)
画質 -
最大飛行時間 6分

本体サイズ 幅150.0×奥行150.0×高さ100.0mm
重さ 76g(バッテリー含まず)
画質 -
最大飛行時間 6分

Tech rc『ドローン(TR008W』)

Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』) Techrc『ドローン(TR008W』)
出典:Amazon この商品を見るview item

リーズナブルで家の中でも外でも楽しめる

機体の鮮やかなブルーが目を引くミニドローンです。弾力のある素材でできており、衝撃を吸収します。スピードは3段階に調節できるので、はじめはゆっくりでも、慣れてきたら高速飛行に挑戦できます。

子どもも楽しめるよう操作方法はシンプルで、ボタンを押すだけで離着陸、ホバリングが可能です。気圧センサーを装備しており、機体がグラグラすることなく安定した飛行を実現。お子さんが家の中で退屈しているときに活躍してくれそうです。

本体サイズ 幅130.0×奥行130.0×高さ30.0mm
重さ 42g
画質 -
最大飛行時間 10分

本体サイズ 幅130.0×奥行130.0×高さ30.0mm
重さ 42g
画質 -
最大飛行時間 10分

おすすめ商品の比較一覧表

画像
DJI『Tello』
Holy Stone『ミニドローン(HS210)』
Holyton『ドローン(HT02)』
DEERC『ドローン(D60)』
Holyton『ドローン(HT06)』
Tech rc『ドローン(TR008W』)
商品名 DJI『Tello』 Holy Stone『ミニドローン(HS210)』 Holyton『ドローン(HT02)』 DEERC『ドローン(D60)』 Holyton『ドローン(HT06)』 Tech rc『ドローン(TR008W』)
商品情報
特徴 軽量で手軽に楽しめるトイドローン 操作は簡単だから初心者におすすめ ワンキーリターンから3Dフリップまで機能満載 カメラ付き、スマホアプリで操作を楽しめる 投げて遊べるボール型ドローン リーズナブルで家の中でも外でも楽しめる
本体サイズ 幅98.0×奥行92.5×高さ41.0mm 幅80.0×奥行80.0×高さ30.0mm 幅11.5×奥行80.0×高さ45.0mm 幅316.0×奥行316.0×高さ108.0mm 幅150.0×奥行150.0×高さ100.0mm 幅130.0×奥行130.0×高さ30.0mm
重さ 約80g(バッテリー含む) 22g(バッテリー含まず) 275g(バッテリー含む) 198g(バッテリー1つ含む) 76g(バッテリー含まず) 42g
画質 720pHD - - - - -
最大飛行時間 13分 20分 24分 24分 6分 10分
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年12月12日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 低価格ドローンの売れ筋をチェック

Amazonでの低価格ドローンの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ドローン・マルチコプターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ドローンのほかの記事もチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ドローンは航空法や地方自治体の条例を守って楽しむ

無人航空機であるドローンは、空中などに飛ばしてカメラ撮影などを楽しむ製品。好きな場所で飛ばしたいところですが、どこでも自由に飛ばしていいわけではありません。

総重量(機体+バッテリー)が200グラム未満のドローン以外を飛ばす場合は、航空法をはじめとする各種法令を守る必要があります。各地方自治体および各施設ごとにも条例が定められているので、飛行する前に各種条例を必ず確認するようにしましょう。

※くわしくは、国土交通省が公開している「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」をご覧ください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button