ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選

ガジェット選びのプロがおすすめするハイエンドアクションカメラ5選
株式会社トーモ 代表取締役社長
東 智美

女性向けのアプローチを得意する女性中心のクリエイティブ会社「toomo(トーモ)」代表。ガジェット周辺が得意。 関連(親?)メーカー「cheero(チーロ)」で企画・プロモーションを手がけ、2012年にリリースした「ダンボーバッテリー」は、シリーズ累計350万台以上を売り上げるベストセラーに。 2016年、自社スマホケースブランド「RAKUNI(ラクニ)」を立ち上げヒットさせた。 その人気デザインは、多くのメディアで話題に。 自らも「flick!」「日経クロステック」などに連載を持ち、「FNNプライムニュース α」の海外テックイベントのレポーターを務めるなど、業界のオピニオン・リーダーとして著名。

アウトドアで写真や動画の撮影に重宝されるアクションカメラ。アクションカメラ専門のメーカーもある中で、一般的なカメラを製造するメーカーやドローンメーカーなど、さまざまなメーカーから販売されるようになりました。1万円台で購入できるモデルあるなかで、高価格帯の商品にはどのような魅力や性能の違いがあるのでしょうか。本記事では、ガジェット選びのプロフェッショナルの東 智美さんに、ハイエンドアクションカメラの選び方とおすすめ商品5選をご紹介いただきました。アウトドアの相棒としてカメラをお探しの方、2つ目は高機能な商品がほしいとお考えの方はぜひご検討ください。


ハイエンドアクションカメラの選び方|ガジェット選びのプロに聞きました

ガジェット選びのプロフェッショナルの東 智美さんに、ハイエンドアクションカメラを選ぶときのポイントを教えてもらいました。ハイエンドなアクションカメラを選ぶ際には、どのような点に注目するとよいのでしょうか?

アクションカメラ

Photo by Jakob Owens on Unsplash

ハイエンドアクションカメラには最新の手ぶれ補正機能などが備わっているのが魅力の一つ!

アクションカメラの解像度にこだわって

株式会社トーモ 代表取締役社長

アクションカメラは頑丈さを優先、画質は二の次と諦めてはいませんか。ハイエンドクラスの製品では、4Kの動画撮影が可能なモノが数多く展開されています。

解像度が高いほど細やかな描写がおこなえるようになり、より高精細な動画を録画することができます。テレビや映画撮影にも使われるほどです。アクションカメラで動画だけでなく写真撮影もおこなう人は、まずは解像度で比較してみましょう。

GoPro『HERO7 Black Limited Edition』

GoProのフラグシップモデル。4K対応と高解像度なので、いろいろなアクションシーンやスポーツ映像の撮影に適しています。「ブラック」シリーズながら限定版はホワイトカラー。ジンバルとなるスタンドやカバーなどが同梱されています。

>> Amazonで詳細を見る

フレームレートをチェックして素早い動きをしっかり収めよう

株式会社トーモ 代表取締役社長

撮影した動画を再生した際に、カクカクしているのはNGという人は、fpsの数値をチェックしましょう。フレームレートとも呼ばれるfpsの単位は、ざっくり言うと1秒間に何回画像が切り替わるかという数値。30fpsは1秒間に30回の切り替わり、60fpsは2倍の60回の切り替わりになります。

一般的な映像であれば、30fpsあればスムーズですが、スピーディな映像やスローモーション映像を録画するためには、60fps以上で撮影できるアクションカメラがおすすめ。4Kの高画質で60fpsの撮影がおこなえるプロも使う機種もありますが、録画容量が大きくなりすぎるという問題点もあります。

進化した手ぶれ補正で画面揺れの心配もなし

株式会社トーモ 代表取締役社長

アクションカメラを使用するシーンには、揺れや振動はつきものです。いくら写真、映像を綺麗に撮影できても、ブレが強い映像は見づらいと感じます。

ハイエンド機種には最新の手ぶれ補正機能が搭載されていますので、ジンバルなどと呼ばれるオプションパーツなしでアクティブな撮影が可能。滑らかな写真、動画撮影のできるアクションカメラがあれば、いつものお出かけもより楽しく感じます。

もはや必須とも言える防水性能だが、使う場所によって選ぶべし

株式会社トーモ 代表取締役社長

アクションカメラは、本体のみで防水するモデルと、専用のカバーをつけることで防水対応となるモデルがあります。本体のみで防水機能があるタイプは、わずらわしい作業なく安心して撮影をおこなえる半面、専用カバーが衝撃やキズの対策になるメリットもあります。

アドバイスとしては、防水機能のスペックと使用するシーンで比較することです。防水機能のスペックはIPXやJIS IPXという数値が高いほど、防水能力が高くなります。

また使用シーンについては、川や雨などで使用する場合は防水モデル、海で使用する場合は耐水圧が高いだけなく、砂や海水をしっかりと防御する専用カバーつきのモデルがおすすめです。

ハイエンド機種ならではの充実した撮影機能

株式会社トーモ 代表取締役社長

ハイエンド機種には各メーカーの最新の撮影技術が投入されることが多く、新しい機能を体験できるといった楽しみがあります。最適な画質に自動で調整してくれる機能、音声コマンドを用いたハンズフリーでの操作、忘れられない瞬間を再体験できるプロレベルのスローモーション機能など。

また、映像ばかりが取り上げられがちですがマイク機能の良さは自撮りをする人などはチェックしておいた方がいいかもしれません。撮影にこだわりたい人や映像制作に興味がある人は、どのような機能が搭載されているかをチェックすることが重要です。

DJI『OSMO POCKET』

顔を追従してくれる手持ちタイプのアクションカメラ。YouTubeや旅レポをする人にも好まれています。このカメラは振動と顔の動きを検知し、揺れの少ない映像を撮影するのに長けています。iPhoneと接続して大型画面で撮影映像の確認もできるのがグッドポイント。

>> Amazonで詳細を見る

ハイエンドアクションカメラおすすめ5選|ガジェット選びのプロが厳選

これらのポイントを軸に、ハイエンドなアクションカメラというのはどういう商品があるのでしょうか。いろいろな商品を購入し、試しているガジェット選びのプロである東 智美さんならではの視点でご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『HERO7 BLACK(CHDHX-701-FW)』

GoPro『HERO7BLACK(CHDHX-701-FW)』

出典:Amazon

重さ 116 g
大きさ 6.2 x 4.45 x 3.2 cm
録画可能映像 4K60
画質 1200万画素
手ぶれ補正 有り
本体スクリーン 有り
防水性

Thumb lg 9dcc2386 5a7d 4e72 8d4e ee6ac62d8784

株式会社トーモ 代表取締役社長

高画質な写真と4K60fps動画の撮影ができる

アクションカメラの代名詞、GoProの最上位モデルです。アクションカメラブームを牽引するメーカーで、とくにこだわりがなければ本機種がおすすめです。

しかも、今までのGoPro以上に正当進化しています。まず、ロードノイズや階段の上り下りといった振動が増えるシーンでも、強力な手ぶれ補正を実現する「HyperSmooth」。手で持って撮影しても、スムーズな映像を撮影してくれます。

タイムラプス撮影を動きながらおこなえる「TimeWarp」は、まるでプロが撮影したような独特な映像を演出してくれます。そして、意外と人気なのが撮影機能。GoProでしか撮影できない、美しい写真が撮影できる「スーパーフォト」は魅力的です。

今までの機能はそのままに、本体性能に磨きがかかったGoPro。アクセサリーのラインナップも豊富で、撮影者を選ばない1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ソニー(SONY)『デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2』

ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』 ソニー(SONY)『デジタルカメラCyber-shotDSC-RX0M2』

出典:Amazon

重さ 約117g(本体のみ)
大きさ 5.9x4.05x3.5cm
録画可能映像 XAVC S HD:60p 50M(1,920x1,080/240fps)
画質 1530万画素
手ぶれ補正 有り
本体スクリーン 有り
防水性 ○IPX8相当

Thumb lg 9dcc2386 5a7d 4e72 8d4e ee6ac62d8784

株式会社トーモ 代表取締役社長

小型の頑丈ボディに高画質撮影の機能を凝縮

先進の撮影技術を詰め込みつつ、堅牢性にもこだわったアクションカメラ。ミラーレス一眼などで使われる大型の1.0型CMOSセンサーを搭載しており、暗い場所でもノイズを抑えた高画質な写真や動画できます。アクションカメラでありつつ、カメラとしての性能も抜群にいいです。

2.0mの高さからの落下衝撃に耐える耐衝撃性、最大200kgの耐荷重など、頑丈さもしっかりと備えています。また、前モデルより大きくなった反面、背面の液晶は180度に可動。自撮りももちろんのこと、顔よりも高い位置からの写真撮影、アウトドアシーンでの低い位置での動画撮影にも対応しています。本格的なカメラとしての機能と、アクションカメラとしての利便性、両方が詰まった特別な1台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DJI『Osmo Action』

DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』 DJI『OsmoAction』

出典:Amazon

重さ 124 g
大きさ 1.65m x 95 cm x 45 cm
録画可能映像 4K/60fps
画質 4000×3000 ピクセル
手ぶれ補正 有り
本体スクリーン 有り(正面・裏面2つ)
防水性

Thumb lg 9dcc2386 5a7d 4e72 8d4e ee6ac62d8784

株式会社トーモ 代表取締役社長

デュアル液晶と高性能な手ぶれ補正が魅力

世界最大手のドローンメーカーがアクションカメラに本格的に進出しました。他社製品の人気の機能をしっかり踏襲し、使い勝手や手ぶれ補正などの機能をさらに充実。フラグシップモデルのGoProと比較すると、フロントディスプレイは自撮りなどにも非常に便利です。

また、手ぶれ補正「RockSteady」では、砂利道やスノーボードなど、大きな揺れが想定される中でも安定した映像を撮影が可能。レンズフィルターが搭載できるなど、クリエイティブな撮影に求められる機能が全部盛りのアクションカメラではないでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

RICOH『WG-M2』

重さ 約114g(本体のみ)
大きさ 17.5 x 13.5 x 8 cm
録画可能映像 4K動画
画質 1200万~1500万画素
手ぶれ補正 有り
本体スクリーン 有り
防水性 ○JIS保護等級8級相当/ JIS保護等級6級相当

Thumb lg 9dcc2386 5a7d 4e72 8d4e ee6ac62d8784

株式会社トーモ 代表取締役社長

タフネス×ハイスペックなアクションカメラ

アクセサリーなしで20mの防水性能をもちながら、超広角204℃の撮影がおこなえる、アクティブさと撮影機能の両方で魅力を感じる一品。

全天球型のカメラとは異なり、綺麗でワイドな写真、動画の撮影ができます。撮影の開始時と終了時にはバイブレーションでお知らせ。うっかり撮り忘れてしまったという失敗を減らす機能を付けるあたりは、日本メーカーらしい細やかさを感じます。画角が広く、アクティブな映像を撮影したい人にはおすすめしたいアクションカメラです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』

GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』

出典:Amazon

重さ 220 g
大きさ 4.1 x 6.6 x 7.3 cm
録画可能映像 5.2K30
画質 18MP
手ぶれ補正 有り
本体スクリーン 有り(ステータス表示のみ)
防水性 16ft (5m)

Thumb lg 9dcc2386 5a7d 4e72 8d4e ee6ac62d8784

株式会社トーモ 代表取締役社長

360度のビデオと写真撮影を

アウトドアシーンでも高品質な360度の撮影体験ができるアクションカメラです。最高画質は5.2K/30fpsと3K/60fpsに対応しており、他のモデルと比べてさらに高精細な動画撮影もおこなえます。

手ぶれ補正機能「Stabilization」の搭載により、アクセサリーなしでも手ぶれを抑えて撮影することが可能で、自撮りスティックなどと併せて使えば、全方向を一気に撮影してくれます。

動画撮影に合わせてマイクを4つ使用しているので、音声も立体的に録音してくれます。動画の編集にハイスペックなPCが必要な点には注意が必要ですが、VRで視聴したり、YouTubeの360度動画にも対応しているため、より楽しめそうなカメラです。ただ、本体はほかのアクションカメラに比べて大型な点だけは注意が必要。

「ハイエンドアクションカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
GoPro『HERO7 BLACK(CHDHX-701-FW)』
ソニー(SONY)『デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2』
DJI『Osmo Action』
RICOH『WG-M2』
GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』
商品名 GoPro『HERO7 BLACK(CHDHX-701-FW)』 ソニー(SONY)『デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0M2』 DJI『Osmo Action』 RICOH『WG-M2』 GoPro『Fusion(CHDHZ-103-FW)』
商品情報
特徴 高画質な写真と4K60fps動画の撮影ができる 小型の頑丈ボディに高画質撮影の機能を凝縮 デュアル液晶と高性能な手ぶれ補正が魅力 タフネス×ハイスペックなアクションカメラ 360度のビデオと写真撮影を
重さ 116 g 約117g(本体のみ) 124 g 約114g(本体のみ) 220 g
大きさ 6.2 x 4.45 x 3.2 cm 5.9x4.05x3.5cm 1.65m x 95 cm x 45 cm 17.5 x 13.5 x 8 cm 4.1 x 6.6 x 7.3 cm
録画可能映像 4K60 XAVC S HD:60p 50M(1,920x1,080/240fps) 4K/60fps 4K動画 5.2K30
画質 1200万画素 1530万画素 4000×3000 ピクセル 1200万~1500万画素 18MP
手ぶれ補正 有り 有り 有り 有り 有り
本体スクリーン 有り 有り 有り(正面・裏面2つ) 有り 有り(ステータス表示のみ)
防水性 ○IPX8相当 ○JIS保護等級8級相当/ JIS保護等級6級相当 16ft (5m)
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月11日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

【関連記事】そのほかのアクションカメラのおすすめ商品はこちら

ガジェット選びの専門家である東 智美さんに取材した内容をもとに、アクションカメラの中でも、コストパフォーマンスにすぐれた商品の選び方とおすすめ商品を紹介します。どのような商品があるのかを見ていきましょう。

ITジャーナリストの一条真人さんが選ぶアクションカメラをご紹介します。防水、防震などの耐久性を高め、自転車のハンドルやバイクのヘルメットに取り付けたり、自分の手に装着したりして定点的に動画を撮影するアクションカメラ。F1レースなどのオンボードカメラ中継で観ていたような映像を、最近では1万円を切...

温度上昇による不安定な動作やフリーズに注意! ガジェット選びのプロからのアドバイス

株式会社トーモ 代表取締役社長

ハイエンドのアクションカメラには、防水性をはじめとする本体を保護する機能が備わっていますが、炎天下や雪山のような過酷な環境下では、動作に影響が出ることがあります。

とくに充電しながらの使用は、本体の温度が上昇しやすくなります。本体に熱を感じるときは、充電か使用どちらかにすることで、負担を軽くすることができます。シチュエーションごとに最適な使い方をして、楽しいカメラ生活をお楽しみください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/30 コンテンツを一部更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング16選|信頼できる機種の選び方も紹介

ドライブレコーダーおすすめ人気ランキング16選|信頼できる機種の選び方も紹介

クルマにドライブレコーダーを装置する方が増えている一方、有名・無名さまざまなメーカーからドライブレコーダーが発売されており「どれを選べばよいか?」の判断が難しい状況です。本記事では、初めてドライブレコーダーを購入するという方に向け、家電流通のプロ・近藤克己さんとへの取材のもと、撮影範囲別のおすすめドライブレコーダーをご紹介いたします。また、人気メーカーや近年流行しているミラー型まで、各ドラレコの解説と失敗しない選び方もご紹介いたします。初めて購入する方でも確実に分かる内容なので、ぜひ確認してください。


【2020年】360度カメラおすすめ7選|全方向の写真・動画を撮影!

【2020年】360度カメラおすすめ7選|全方向の写真・動画を撮影!

上下左右・全天球や半天球の撮影が楽しめる360度カメラ。最近ではInstagramやfacebookなどのSNSでも、360度カメラで撮影された写真を見かけることが多くなってきました。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が選んだ360度カメラ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


【2020年】アクションカメラおすすめ17選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選

【2020年】アクションカメラおすすめ17選|GoPro・DJI・SONY・中華製など厳選

スポーツなど動きのある迫力ある動画をハンズフリーで撮影できるアクションカメラ。この記事では、人気メーカーから中華製まで、ITジャーナリストの一条真人さんと編集部が選ぶ2020年版アクションカメラおすすめ17選と選び方のポイントをご紹介します。


【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

【2020年】GoProおすすめ13選|【HERO7・8・9・MAX】など選び方を解説

ダイビングや動きのあるスポーツなど迫力ある動画の撮影ができ、アクセサリーも豊富なアクションカメラ「GoPro」。ここでは、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんと編集部が選ぶ、2020年版GoProおすすめ12選と選び方のポイントをご紹介します。GoPro HERO7で撮影したダイビング動画もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

ワンランク魅力的な映像に仕上げる!GoProアクセサリおすすめ6選

本記事では、GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんへの取材のもと、GoProの映像を更に魅力的にするアクセサリの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る