GoProおすすめ8選【HERO10・9・8・MAX】4K・タイムラプスにも対応

Gopro HERO9 BLACK 国内品
出典:Amazon

アクションカメラの代表的存在である「GoPro(ゴープロ)」。マリンスポーツ、スカイダイビング、スノーボードなど、激しい動きをともなうスポーツやアクティビティで迫力ある動画撮影ができます。

また、GoProはコンパクトでどこにでも持ち運べるサイズでありながら、頑丈な作りになっているので、旅行や日常的な風景撮影などでも活躍します。

しかし、一口にGoProと言ってもいろいろなタイプがあり、それぞれに適した使い方や特徴があります。

そこでこの記事では、モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんへの取材をもとに、GoProの選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介。GoProで実際に撮影したダイビング動画も掲載しているので、ぜひご覧ください!


目次

この記事を担当するエキスパート

モバイル情報ブロガー
伊藤 浩一

モバイル関連情報を紹介するブログ「伊藤浩一のモバイルライフ応援団」を主宰するブロガー。 日本初のWindows Mobileスマートフォン「W-ZERO3」への思い入れが強い。 「Androidスゴ技BOOK」(共著、ソフトバンククリエイティブ)などの著書も持つ。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

◆本記事の公開は、2019年11月22日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

GoProとは? GoProでできること

 

「GoPro」とは、もともと探検などに使用するヘルメットカメラを販売していたGoPro社がリリースしているデジタルカメラブランド。

人気のアクションカメラのひとつで、マリンスポーツ、スノーボード、クライミングやバイクなど、激しいスポーツやアクティビティでの撮影によく用いられます。テレビ番組のロケシーンや動画コンテンツなどで使用場面をよく見かけるので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

GoProの大きな特徴として、以下の2つがあげられます。

サイズが小さい
すぐれた防水防塵性能(耐久性)を備えている

GoProは手の平サイズでコンパクト。超軽量で持ち運びしやすく、ヘルメットや体などに取り付けて使うこともできるウェアラブルカメラです。

本体は小さいですが、広範囲の撮影に強い広角レンズを採用。サーフボードやドローンなどに取り付けて、臨場感あるシーンを撮ることもできます。

本来、カメラは精密機器のため耐衝撃性や水滴などに弱い構造をしています。しかし、GoProは防水防塵性能を備えているので、陸海空、使う場所を問わずに動きのあるシーンを撮影できます。

GoPro による水中撮影の実例 動画で見るGoProの実力

上の動画は、GoPro HERO7による沖縄県真栄田岬でのダイビング動画です。本体のみで手持ち撮影しました。GoProならば、ハウジング(防水ケース)やフィルターなしでもここまでクリアに撮ることができます。

ちなみに、フィルターなしで海中を撮影すると、「青かぶり」という暗く青みがかったような映像になってしまいます。別途フィルターを装着すれば、青みが消えてさらに透明な海中を撮影することができますよ。

PolarPro(ポーラープロ) ダイブフィルター 3個パック GoPro Hero9保護ハウジング用

※ 2022年10月26日時点 での税込価格

PolarPro(ポーラープロ)『ダイブフィルター 3個パック GoPro Hero9 保護ハウジング用』

GoProでできることを解説 水中撮影、スポーツ撮影、自撮り、車載撮影、空撮ほか

GoProは体やヘルメット、自撮り棒やドローンのほかサーフボードの先など、いろいろな場所に取り付けることができます。

そして、取り付け先や撮影の仕方をちょっと変えるだけで、一眼レフカメラやスマートフォンとは趣きの異なるおもしろい映像が撮れます。ここでは、GoProの特徴をもう少し詳しくみながら、使用例をご紹介します。

水中撮影

GoProによる海中撮影
ペイレスイメージズのロゴ

GoProなら、たとえ水中でも破損の心配を気にせず撮影が楽しめます。

水中撮影はGoProの代表的な使用シーンのひとつ。一般的なカメラは「ハウジング」(防水ケース)を装着しなければなりませんが、GoProは水深5~10mまでは耐えられる防水仕様となっているので、そのまま使用できます。

また、各種フィルターを使用することで、水中の「青み」(青く暗くなってしまう現象)を消してくれたり、ハウジングを装着することで最大水深60mまでダイビングすることも可能になります。

こういったフィルターやハウジングといったアクセサリー類が充実しているのもGoProの特徴です。

スポーツ撮影

マリンスポーツで自撮りする男性
ペイレスイメージズのロゴ

マリンスポーツで自撮りをするなら、フローティング仕様(水に浮くタイプ)の自撮り棒を選ぶと、落としたときも安心。

アクセサリーのなかには「マウント」というパーツが存在します。ヘルメットやサーフボードなどにGoProを取り付けるための付属品です。これにより自分目線のシーンだけでなく、いろいろなアングルの迫力ある映像を撮ることができます。

マウントにはざっと次のようなタイプがあります。

三脚マウント
グリップタイプ(自撮り棒など)
フロート式ハンドグリップ
吸盤式マウント
ヘッドバンドマウント
ヘルメットマウント
バックパック(リュック)マウント
チェストマウント
ネックマウント
クリップマウント
リストストラップマウント

マウントを使うことで両手がフリーになり、激しい動きでも安定した動画を撮ることができます。

自撮り撮影

GoProで自撮りする親子
ペイレスイメージズのロゴ

GoProのレンズは広角レンズのため、自撮り棒を使えば迫力ある背景をバックに手軽に自撮りすることができます。

GoProには自撮りが可能な「ハンドグリップマウント」といったアクセサリーもあります。広範囲の背景をバックに複数人での記念撮影も可能。

また、多彩なアプリとBluetoothにも対応しているので、撮影した画像をその場でSNSに投稿することもできます。「音声コントロール機能」を搭載したモデルもあり、撮影やモード切替などをハンズフリーで行えて便利。しかも7か国語に対応しているので、海外のお友だちとの撮影も安心ですね。

さらにセルフタイマー機能も付いていて、キメポーズや映える写真・動画の一瞬をとらえることができます。

車載撮影

車の窓ガラスに取り付けられたGoPro
ペイレスイメージズのロゴ

車の窓ガラスに吸盤式マウントで取り付けられたGoPro。

車だけでなく自転車やバイク、ほぼすべての乗り物に取り付けられるのがGoProの魅力です。バイク用には「ネックマウント」「ヘルメットマウント」「ミラーマウント」などがあります。

可能ならばGoProを複数台設置してみるのもおすすめ。動画を編集したときにいろんな角度からの映像が楽しめ、より臨場感のある作品になりますよ。

動物(ペット)目線の撮影

ドローンと猫
ペイレスイメージズのロゴ

ペットにチェストマウント(ハーネス)を装着させて、ペット目線の動画が撮ることもできます。

ペットの犬や猫など、動物たちの目に映る日常がどんなものか知りたくないですか?

GoProのアクセサリーの中には、動物の身体にカメラを付けることができる 「チェストマウント(ハーネス)」もあります。庭を走り回ったり、フライングキャッチしたりするペットの視点を追体験でき、新鮮な気持ちになりますよ。

タイムラプス撮影

GoProの360度撮影モードで夜空を撮影
ペイレスイメージズのロゴ

全天球撮影による夜空の撮影。さらにナイトラプスを使うと幻想的な星空の映像も撮ることができます。

「タイムラプス撮影」とは、一定間隔で撮影した写真をつなぎあわせてコマ送りのような映像にする撮影技術のこと。

早送り再生のようにも見えますが、特徴としてゆっくり時間の経過や流れを追えるため、映像に躍動感が出て普段は感じることができない自然や動植物の「別の顔」が見られます。

GoProには主に次の3つのタイムラプス機能が搭載されています。

タイムラプス……動いている物に対して自分が止まって撮影。
ナイトラプス……星空など光量が必要な夜間撮影。
タイムワープ(「HERO7」以降のモデル)……固定されている物に対して自分が動きながら撮影。

タイムラプスビデオは、ボタンを押すだけでコマ送り撮影のような「低速度撮影」ができるムービーです。

・解像度……4K、2.7K、1080
・間隔……0.5秒、1秒、2秒、5秒、10秒、30秒、60秒
・画角……広角

タイムラプス写真は、設定した間隔で自動的にシャッターを切ってくれる機能です。タイムラプスビデオのように自動で動画を作ってくれるわけではありませんので、撮影した画像を後で編集して仕上げる必要があります。

・撮影間隔……0.5秒、1秒、2秒、5秒、10秒、30秒、1分
・EV修正……あり
・ISO……100〜3200
・WB……変更可能
・シャープ……高・中・底

ナイトラプス写真は、タイムラプス写真と基本的な機能は同じです。違いはISO感度と撮影間隔。ノイズが出ないよう低感度で撮影できる分、撮影間隔も4秒からとなっています。撮影時は三脚が必須となります。

・撮影間隔……4秒、5秒、10秒、15秒、20秒、30秒、1分、2分、5分、30分、60分、自動
・EV修正……あり
・ISO……100〜800
・WB……変更可能
・シャープ……高・中・底

空撮

GoProを搭載したドローンによる撮影
ペイレスイメージズのロゴ

GoProを搭載したドローンであれば、より高画質で振れの少ない動画撮影が可能です。

ドローンにGoProを接続させることで、空からの撮影を行うことができます。ドローンの操作はかんたんで、アプリを使ってスマートフォンやタブレット端末からも行うことができます。

全天球(360°)撮影

GoProによる全天球撮影
ペイレスイメージズのロゴ

よりアーティスティックで非現実的な動画を撮りたいなら、断然360°撮影がおすすめです。

「全天球撮影」とは、360°全方位を画像として撮影できる技術のことです。現在では、「GoPro MAX」がこの撮影モードに対応しています。また、「GoPro MAX」は360°動画も撮影することができます。

「GoPro MAX」は6つの内蔵マイクも装備しており、臨場感のある映像を撮りたいという方にはうってつけのモデルです。

GoProの選び方 シリーズと必要な機能から見る

GoProで水中の自撮りをする人
ペイレスイメージズのロゴ

コンパクトで持ち運びがラクなGoProだからこそ、いろんな撮影に活用して、GoProのある生活を楽しみたいですよね。

ここからはGoProを選ぶときのポイントを紹介します。どのGoProにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ポイントは下記。

【1】シリーズから選ぶ
【2】手ぶれ補正機能のバージョンで選ぶ
【3】防水機能搭載モデルを選ぶ
【4】フレームレート60fps以上のものを選ぶ
【5】プラスアルファの機能で選ぶ

【1】シリーズから選ぶ GoProHEROとGoProMAX

GoProの現機種は、年々進化を遂げているHEROシリーズと、360度撮影を可能にしているGoProMAXの系統に分けられます。

常に進化を続けるGoProHERO

 

GoProの主力シリーズで、HERO8・HERO9・HERO10のモデルがあり、新機種が出るごとに性能やスペックがアップ。最新機種はGoProHERO11 Blackです(2022年10月時点)。

HERO8以前のモデルで、HERO7、HERO6、HERO Sessionなど、中古品も含めて買えるネットショップもあります。

HERO10 Black HERO9 Black HERO8 Black
写真

23MP + SuperPhoto with HDR

20 MP + SuperPhoto(HDR 搭載)

12 MP + SuperPhoto(HDR 搭載)

ビデオ

5.3K60

5K30

4K60

100Mbps ビット レート

5.3K / 4K / 2.7K

5K / 4K / 2.7K

4K / 2.7K

ビデオ安定化

HyperSmooth 4.0

HyperSmooth 3.0

HyperSmooth 2.0

スローモーション

8x (2.7K, 1080p)

8x (1080p)

8x (1080p)

プロセッサー

GP2

GP1

GP1

360°撮影ができるGoProMAX

 

HEROシリーズの基本的な機能に加え、360°撮影、コンテンツ作成を可能にしているのがしているのがGoProMAX。パノラマ撮影や個性的・独創的な映像を撮りたい人向け。スマホアプリでの編集もできます。

MAX以前の型落ち機種で360°撮影ができるFusionシリーズがあり、中古品を含めて買えるネットショップもあります。

【2】手ぶれ補正機能のバージョンで選ぶ 「Hyper Smooth」搭載のカメラを

映像がぶれがない動画を撮影するためには「手ぶれ補正機能」は必須です。

GoProにはデジタル式手ブレ補正機能「Hyper Smooth」があり、「Hyper Smooth5.0」が最新バージョン(2022年10月時点)で、前バージョンより安定度が増しています。

【3】防水機能搭載モデルを選ぶ 水中や激しい水しぶきもへっちゃら!

ヘルメットにGoProを装着した女性
ペイレスイメージズのロゴ

川下りやモータースポーツなら、ヘルメットにGoProを着けておけば、より迫力あるシーンが撮れますよ。

水中撮影をする場合、水中撮影できるハウジングオプション(透明の防水ケース)を利用するのが一般的。GoProシリーズの場合、機種ごとに使える防水ハウジングが販売されています。

しかし、水中や水辺での撮影がメインなら、本体に防水機能がついているモデルを選ぶといいでしょう。そうすればあらゆるシーンで動画を撮影でき、活用の幅が広がります。

【4】フレームレート60fps以上のものを選ぶ データを重くしないで滑らかできれいな映像を残す

 

同じ4K画質の中華製カメラと比較しても明らかにGoProのほうがきれいな画質であることがYouTubeなどの比較動画で見て取れます。

フレームレートとは、1秒間のコマ数のこと。高画質を求めるなら、フレームレートに注目しましょう。4K動画も手軽に撮影できるフレームレート60fpsに対応している機種を選ぶのがよいでしょう。

常に高画質にしておくとデータが重くなり、編集が大変になります。データを重くせず滑らかな映像を残すには、フレームレートの設定がポイントになります。

【5】プラスアルファの機能で選ぶ アタッチメントやアクセサリーもたくさん

GoProのアプリを使ったスマホでの操作
ペイレスイメージズのロゴ

GoProには専用アプリもあり、これを使えばスマホとペアリングして、撮影した画像や動画を即座にスマホに転送することができます。

GoProには、音声起動やタッチディスプレイでの操作アプリを使ったモバイル端末での操作など、さまざまなプラスアルファ機能を使えるモデルがあります。

スマホへの自動取り込みなどの便利な機能があるものや、GoPro専用のドローン対応機種もあります。アタッチメントやアクセサリーもいろいろあるので、自分の使い方に合うものを選びましょう。

GoProのおすすめ商品8選 どれを買うべきか?

GoProの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品をいくつかご紹介します。欲しいと思う機能や形の商品があれば、ぜひ参考にしてみてください。

GoPro『HERO10 Black』

【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2 【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2 【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2 【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2 【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2 【2年無料保証】GoProHERO10Blackアクションカメラゴープロ人気アクションカム革新GP2
出典:Amazon この商品を見るview item

新しいプロセッサーを搭載する上位機種

プロセッサー「GP2」を搭載する「HERO10」は、従来の2倍のフレームレートでの5.3Kでのビデオ撮影、23MPの写真撮影ができるハイスペックモデル
です。

手振れ性能がさらにアップした「HyperSmooth 4.0」、10mまで対応可能な防水性能、大容量1720mAhの長時間駆動バッテリーなど、速さと使いやすさを両立した進化をとげています。

クラウド接続にも対応しており、コンテンツを自動的にクラウドストレージにアップロードできる点もポイントです。

GoPro『HERO9 Black』

GoProHERO9Blackゴープロヒーロー9ブラックウェアラブルアクションカメラCHDHX-901+マイクロSDカード64GB+LafLIfeオリジナル0.5mCタイプ予備充電ケーブルセット【並行輸入品】 GoProHERO9Blackゴープロヒーロー9ブラックウェアラブルアクションカメラCHDHX-901+マイクロSDカード64GB+LafLIfeオリジナル0.5mCタイプ予備充電ケーブルセット【並行輸入品】
出典:Amazon この商品を見るview item

耐久性・防水性能・遊び心満載の機能を搭載

「HERO9」は、最大5Kの画質でズームインを鮮明に映すことができます。写真は「SuperPhoto」を使うことで、画像処理を自動的に行い、美しく最適な写真に仕上げてくれます

バッテリーは1720mAhと大容量。HERO8と比べて最大30%向上しています。手振れ補正は「HyperSmooth3.0」、「Time Warp」も「Time Warp3.0」に進化。撮影中にハーフスピードにしたり音声を入れたりすることができ、魅力的な映像を撮ることが可能です。

GoPro『HERO Session』

【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP 【国内正規品】GoProウェアラブルカメラHERO5SessionCHDHS-501-JP
出典:Amazon この商品を見るview item

手軽に持ち運べるコンパクトサイズ!

手のひらサイズのコンパクトな大きさで軽量なので、持ち運びに便利なのが特徴です。

最大画素数は800万画素で、毎秒60フレームでの撮影が可能。ハウジングなしで、水深10mまで防水対応しています。

価格も控えめで小型ボディが魅力なので、とにかく手軽に持ち運びたいという方向けの機種でしょう。

GoPro『HERO8 Black』

GoProHERO8Blackゴープロヒーロー8ブラックウェアラブルアクションカメラCHDHX-801-FW GoProHERO8Blackゴープロヒーロー8ブラックウェアラブルアクションカメラCHDHX-801-FW
出典:Amazon この商品を見るview item

手ブレ補正機能を強化し、迫力満点の映像を記録

手ブレ補正機能が強化されており、アクションショット撮影などで迫力のある映像を記録できます。前面マイクで、自撮り撮影時もキレイに録音できます。

撮影の前後1.5秒を静止画で記録、ショットとしてか、4Kビデオクリップとしてシェアできます。14種類の温泉コマンドで操作が可能です。また、スーパーフォト機能とHDR撮影性能でより鮮やかな静止画の撮影が可能です。

エキスパートのおすすめ

GoPro『HERO7 BLACK』

GoProHERO7ブラックCHDHX-701-FW GoProHERO7ブラックCHDHX-701-FW
出典:Amazon この商品を見るview item
モバイル情報ブロガー:伊藤 浩一

モバイル情報ブロガー

強力な補正機能と防水機能がウリ

強力な補正機能をもったモデルが「HERO7」。

ジンバル並みの安定化機能を搭載しており、動きを予測してカメラのブレを補正。激しい動きでもスムーズな映像を記録します。

さらにハウジングなしでも10mの防水性を発揮。海や川などの撮影はもちろん、動きの激しいスポーツなどでもじゅうぶん活躍できるでしょう。

4K60ビデオ、12MP写真の撮影機能などに対応したハイスペックなアクションカムです。

エキスパートのおすすめ

GoPro『HERO6 Black』

[国内正規品]GoProHERO6BlackウェアラブルカメラCHDHX-601-FW [国内正規品]GoProHERO6BlackウェアラブルカメラCHDHX-601-FW [国内正規品]GoProHERO6BlackウェアラブルカメラCHDHX-601-FW [国内正規品]GoProHERO6BlackウェアラブルカメラCHDHX-601-FW [国内正規品]GoProHERO6BlackウェアラブルカメラCHDHX-601-FW
出典:Amazon この商品を見るview item
モバイル情報ブロガー:伊藤 浩一

モバイル情報ブロガー

水深60mまで対応

HERO7 BLACKの前モデル。HERO7 BLACKほどの補正機能はありませんが、購入しやすいハイスペックな機種となっています。

4K/60fps、1080p/240fpsの撮影に対応し、本体だけで水深10mまでの防水機能、別売りのハウジングを利用することで、水深60mまで対応しています。

普通のカメラでは撮影できないシーンを撮影するなら、このモデルがおすすめ。

GoPro『MAX』

GoProMAX GoProMAX
出典:楽天市場 この商品を見るview item

臨場感あふれる6Kの360°映像が撮影できる

3つのカメラで臨場感あふれる6Kの360°映像撮影ができます。しかも、切り替え可能なデジタルレンズで大切な瞬間のショットを逃しません。

再生・編集・シェアも、スマホ操作ができます。360°モードやHEROモードを活用すれば、なめらかなタイムラプス映像を録画できます。

エキスパートのおすすめ

GoPro『Fusion』

GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW GoProGoProFUSIONCHDHZ-103-FW
出典:Amazon この商品を見るview item
モバイル情報ブロガー:伊藤 浩一

モバイル情報ブロガー

360°の撮影に対応

360°の撮影に対応したアクションビデオカメラ。水深5mまでの防水に対応しているため、海や川などでも幅広く利用ができます。

360°で撮影した映像を従来型のビデオや写真に変換が可能です。360°で撮影する動画は、他のアクションカメラでは体験できない臨場感を味わうことができます。

ちょっと変わった動画を撮りたい、という人におすすめしたいGoProです。

「GoPro」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
GoPro『HERO10 Black』
GoPro『HERO9 Black』
GoPro『HERO Session』
GoPro『HERO8 Black』
GoPro『HERO7 BLACK』
GoPro『HERO6 Black』
GoPro『MAX』
GoPro『Fusion』
商品名 GoPro『HERO10 Black』 GoPro『HERO9 Black』 GoPro『HERO Session』 GoPro『HERO8 Black』 GoPro『HERO7 BLACK』 GoPro『HERO6 Black』 GoPro『MAX』 GoPro『Fusion』
商品情報
特徴 新しいプロセッサーを搭載する上位機種 耐久性・防水性能・遊び心満載の機能を搭載 手軽に持ち運べるコンパクトサイズ! 手ブレ補正機能を強化し、迫力満点の映像を記録 強力な補正機能と防水機能がウリ 水深60mまで対応 臨場感あふれる6Kの360°映像が撮影できる 360°の撮影に対応
シリーズ HERO10 HERO9 HERO Session HERO8 HERO7 HERO6 MAX Fusion
画質 5.3K/4K/2.7K 5K/4K/2.7K 1440p30/1080p60 4K60/1080p240 4K60/1080p240 4K60/1080p240 5.6K30/1440p60&1080p60 5.2K30
ビデオ安定化(ブレ補正) あり あり - HyperSmooth 2.0 HyperSmooth - Max HyperSmooth -
防水性能 10m 10m 10m 10m 10m 10m 5m 5m
ボイスコントロール あり あり あり あり - - あり あり
重量 153g 158g 74g 126g 116g 154g
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年12月23日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする GoProの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのGoProの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:GoProランキング
楽天市場:GoProランキング
Yahoo!ショッピング:GoProランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

GoProに関するQ&A よくある質問

question iconバッテリーを充電しながら撮影することはできる?

answer icon

可能ですが、充電しながらの撮影はバッテリーが熱をもち大変負担をかけるため、寿命を早める可能性があります。

question icon水中撮影後のメンテナンス方法は?

answer icon

水中撮影後は必ず真水で洗いましょう。洗った後は、繊維が付着しない柔らかい布で拭き、空気乾燥させてください。また、サイドドア・バッテリードアも取り外して真水で洗いましょう。

GoProに関するその他のおすすめ記事 【関連記事】

予備バッテリーは必ず用意しよう! モバイル情報ブロガーからのアドバイス

GoProと専用アクセサリーの数々
ペイレスイメージズのロゴ

魅力の多いGoProですが、バッテリー容量は弱点かも。4K撮影だと30分もちませんので、長時間撮影などには予備バッテリーは必須となります。

モバイル情報ブロガー

過酷な場所での撮影はバッテリーへの負担も大きい

アクションカムは過酷な場所で撮影することが多くなります。直射日光の当たる場所や、極寒な場所など、温度差の激しいシーンでは、バッテリーへの負荷が高くなります。

途中で、バッテリー切れになったときに備えて、予備バッテリーは用意しましょう。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部