格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!

格安【アクションカメラ】おすすめ商品5選|防水・画質・手振れ補正機能で選ぶ!
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

フォトグラファーが選ぶ、安いけど多機能なアクションカメラ5選+番外編を紹介します。スポーツに、アウトドアに、さらには水中カメラの代わりにと、さまざまなシーンで迫力ある映像を撮影するのに威力を発揮するアクションカメラ。小さなボディながら、臨場感あふれるカットを鮮明にとらえてくれるのが魅力ですよね。この記事では、GoProにも引けを取らない数ある高コスパ・アクションカメラのなかから、フォトグラファーの瀬川陣市さんが厳選した、リーズナブルで気軽に使えそうなモデルについて解説していきます。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


格安アクションカメラの選び方 フォトグラファーが解説!

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、格安アクションカメラを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

アイデア次第で人とは違った映像を撮影できるのが、アクションカメラの楽しいところ。

画質で選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

1万円以下でも4K対応機種はたくさんある!

ここでは1万円以下の価格帯のアクションカメラを選んで紹介していますが、この価格ゾーンでも4K画像で動画撮影ができる機種があります。4K画像とはフルHD画質の約4倍のキメの細かさをもつ画像のこと。当然、高画質の機能をもつカメラのほうがきれいな映像を撮影できます。

安価なアクションカメラでも、まずは画質にこだわって機種を選択してみましょう。

Victure『アクションカメラ AC800』

画質は4K 20MP、画角は約170度の超広角で撮影可能。オールインワンのアクションカメラを探している人に適したモデル。

>> Amazonで詳細を見る

防水ケースがある機種を選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水規格および水深何メートルまで耐えられるか確認

アクションカメラはアウトドアなど野外での撮影で使うことが多くなります。野外撮影では不意の降雨や水濡れへの対策が必須。そのため防水ケースが備わっているカメラのほうが扱いやすくなります。

防水規格がついているかについても確認しておきましょう。水中で撮影する場合は、防水ケースに入れて何メートルまでの水深に耐えられるのかなどの項目もみておくとよいでしょう。

手振れ補正機能で選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

手振れ補正機能の性能も比較してみる

アウトドアで使うカメラは動きながら撮影したり、乗り物に設置して走らせながら撮影したりするという撮影シーンも想定されます。動きながらの動画撮影では手振れ対策が欠かせません。カメラに手振れ防止機能がついている機種があると、動きながらでも安定した画像を撮影することができます。

アクションカメラを選択するなかでは手振れ防止機能は大事な項目といえます。どの程度の手振れを軽減してくれるかは機種により異なるため、スペックを比較して検討してみましょう。

MUSON『M10アクションカメラ』

手振れ補正機能が搭載されているうえ、付属の防水ケースを使えば水深30メートルでも撮影できるなどコスパの高いアクションカメラ。

>> Amazonで詳細を見る

値段以上の過度な期待をせず選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

値段以上の機能をもつ製品は多い

1万円以下のアクションカメラは、知名度が高くないメーカー製のカメラがほとんどです。値段なりの材料を使って製品を組み立てているので、高位機種と比較すればどこかに見劣りする性能はあるもの。それでも撮影を楽しむことはじゅうぶんできる機種はたくさんあります。

ただし、あまり多くの期待はせずに、値段なりのカメラだということを想定して選択することも大事です。値段以上の機能があると感じたときには、「よいカメラを選べた」とよろこべる楽しみにもなります。

格安アクションカメラおすすめ5選+番外編 フォトグラファーが厳選!

ここまで紹介した格安アクションカメラの選び方のポイントをふまえて、瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品をご紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MUSON『PRO3 アクションカメラ』

出典:Amazon

本体サイズ -
画面サイズ 2インチ
画質 4K
手ブレ補正機能
通信方式 Wi-Fi
付属品 リモコン、1200mAhバッテリー×2、外部マイク、自撮り棒、防水ケース、アタッチメント ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

4K撮影可能! 初心者向けオールインワン機

4Kで撮影できるアクションカメラです。高画質以外にも特筆する機能は盛りだくさんある機種。手振れ補正があり、Wi-Fi機能も搭載されているのでアプリをスマホに入れて遠隔操作撮影やSNSへの投稿も可能です。

防水ケースが付属していて、ケースに入れて30メートルまで潜って撮影が可能です。外部マイクをつけられる端子もあり、音質にこだわった撮影もできます。自撮り棒もおまけで付属していて、はじめてアクションカメラを使う方にはぴったりなオールインワン機といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

OnReal『OnReal X7』

出典:Amazon

本体サイズ 59×41×24.5mm
画面サイズ 2インチ
画質 4K
手ブレ補正機能
通信方式 Wi-Fi
付属品 防水ケース、内蔵マイク ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

防水ケースつきで高画質な写真が撮影できる

正方形に近いボックスタイプのアクションカメラです。4Kで撮影できるセンサーはパナソニック製とうたっています。防水ケースが付属していて、それに入れると水深30メートルまでの深さで撮影が可能です。

約2インチの液晶画面がついており、撮影後の画像確認がすぐにできます。Wi-Fi機能、マイク取りつけ端子などもついており、多彩な撮影シーンに対応できるカメラ。小型サイズでさまざまな野外の状況で撮影をしたい方向きです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAOAWE『アクションカメラ』

出典:Amazon

本体サイズ 62×10×25mm
画面サイズ -
画質 HD
手ブレ補正機能
通信方式 -
付属品 USB充電ケーブル、マウントフレーム、ポールマウント ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

自転車に乗っている目線を撮影するなら

自転車に乗りながら撮影できるように作られたアクションカメラ。カメラ本体は、小さくカメラを取りつけるアタッチメントも付属しています。ヘルメットなどにアタッチメントを取りつけ、そこにカメラを装着し自転車に乗りながら動画撮影が可能です。

自転車以外にもさまざまな乗り物や状況で応用して使えます。アイディア次第で迫力ある動画シーンが撮れそうです。自転車やバイクに乗っているときの映像を記録したり、作品にしたいとお考えの方にぜひおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Victure『アクションカメラ AC800』

出典:Amazon

本体サイズ 60×25×40mm
画面サイズ 2インチ
画質 4K
手ブレ補正機能
通信方式 Wi-Fi
付属品 防水ハウジング、デュアルUSBバッテリー充電器、1050mAhバッテリー×2、フレームマウント、クイックリリースマウント ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

手振れ補正つきで高画質な撮影ができる!

ボックス型のオーソドックスなスタイルのアクションカメラ。映像は4K 20MPの高画質で撮影することが可能です。画角は約170度の超広角を採用しており、広範囲の風景を撮り続けられます。

手振れ補正機能も搭載されているので、自転車のような乗り物に取りつけて動画を撮るという撮影スタイルにも向いています。また、付属の防水ケースにカメラを入れることで水中撮影も可能。ひととおりのアウトドア撮影が可能なオールインワンのアクションカメラをお求めの方におすすめしたい機種です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MUSON『M10アクションカメラ』

出典:Amazon

本体サイズ -
画面サイズ 2インチ
画質 4K
手ブレ補正機能
通信方式 Wi-Fi
付属品 リモコン、1050mAhバッテリー×2、防水ケース、ネイキッドアーム、アタッチメント ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

多機能でコストパフォーマンスが高いカメラ

背面には2インチの液晶画面がついており、撮影した画像の確認もしやすく、4Kの高画質で撮影ができるアクションカメラ。手振れ補正機能も搭載されていて、ドライブレコーダーとして使用することも可能です。

同梱されている防水ボックスに入れると、30メートルまでの深さで撮影できるところもポイントです。付属品には外部マイクもつきます。

おすすめ1点目で紹介した同社の『PRO3 アクションカメラ』と比較すると、こちらの方がバッテリー容量が少ない、自撮り棒が付属されていないという点はありますが、より価格を抑えたい方にはじゅうぶんコストパフォーマンスの高い一台かもしれません。

【番外編】ファイバースコープタイプのカメラ こんなところも撮れる!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GEECR『Teslong NTS150RS Industrial Endoscope』

出典:Amazon

本体サイズ 127.5×15.8×103mm(カメラ直径:5.5mm、シャフト長さ:3m)
画面サイズ -
画質 100万画素
手ブレ補正機能 -
通信方式 -
付属品 マイクロUSBケーブル、TFカード、フック、マグネット、ミラー ほか
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ファイバースコープでいつもと違う視点を

ファイバースコープタイプのカメラです。ワイヤーの先端にレンズがついていて、それを伸ばし入れて撮影。人間では入れない小さい筒や建物の隅の箇所などにワイヤーを入れて内部を撮影することができます。

特殊なカメラですが、これこそ人とは違った映像が撮影できます。ジオラマなどで臨場感のある映像を撮りたいという方は、注目してみてはいかがでしょうか? 工事などで見ることができない箇所を確認するために使うなど実用性も高いです。

「アクションカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
MUSON『PRO3 アクションカメラ』
OnReal『OnReal X7』
YAOAWE『アクションカメラ』
Victure『アクションカメラ AC800』
MUSON『M10アクションカメラ』
GEECR『Teslong NTS150RS Industrial Endoscope』
商品名 MUSON『PRO3 アクションカメラ』 OnReal『OnReal X7』 YAOAWE『アクションカメラ』 Victure『アクションカメラ AC800』 MUSON『M10アクションカメラ』 GEECR『Teslong NTS150RS Industrial Endoscope』
商品情報
特徴 4K撮影可能! 初心者向けオールインワン機 防水ケースつきで高画質な写真が撮影できる 自転車に乗っている目線を撮影するなら 手振れ補正つきで高画質な撮影ができる! 多機能でコストパフォーマンスが高いカメラ ファイバースコープでいつもと違う視点を
本体サイズ - 59×41×24.5mm 62×10×25mm 60×25×40mm - 127.5×15.8×103mm(カメラ直径:5.5mm、シャフト長さ:3m)
画面サイズ 2インチ 2インチ - 2インチ 2インチ -
画質 4K 4K HD 4K 4K 100万画素
手ブレ補正機能 -
通信方式 Wi-Fi Wi-Fi - Wi-Fi Wi-Fi -
付属品 リモコン、1200mAhバッテリー×2、外部マイク、自撮り棒、防水ケース、アタッチメント ほか 防水ケース、内蔵マイク ほか USB充電ケーブル、マウントフレーム、ポールマウント ほか 防水ハウジング、デュアルUSBバッテリー充電器、1050mAhバッテリー×2、フレームマウント、クイックリリースマウント ほか リモコン、1050mAhバッテリー×2、防水ケース、ネイキッドアーム、アタッチメント ほか マイクロUSBケーブル、TFカード、フック、マグネット、ミラー ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月2日時点 での税込価格

通販サイトのランキングを参考にする 格安アクションカメラの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの格安アクションカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウェアラブルカメラ・アクションカムランキング
楽天市場:ウェアラブルカメラ・アクションカムランキング
Yahoo!ショッピング:アクションカメラ、ウェアラブルカメラランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのアクションカメラ&アクセサリ 【関連記事】まだまだある!

ITジャーナリストが選ぶアクションカメラ5選をご紹介します。防水、防震などの耐久性を高めた小型カメラを自転車のハンドルやバイクのヘルメットに取り付けたり、自分の手に装着したりして定点的に動画を撮影するアクションカメラ。従来、F1レースなどのオンボードカメラ中継で観ていたような映像を、最近では1...

アウトドアシーンの撮影ではメジャーとなったアクションカメラ。高機能を売りにする機種が発売される一方、手に取りやすい価格帯のモデルも増えてきました。お手頃なアクションカメラのなかにも、撮影機能が充実したモデル、季節や場所を問わず幅広いシーンに対応できるモデルなど種類があります。本記事では、ガジェ...

GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんへの取材をもとに、GoProアクセサリのおすすめ4選と選び方をご紹介します。小型で高画質、かつ耐久性の高いアクションカメラが数多くある中、GoProは今も選ばれ続けている人気の製品です。本記事では、GoProをフル活用するために必要なアイテム...

フォトグラファーの「ここがポイント」 格安アクションカメラ選びに迷ったら……

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラの形状から撮影方法を考えてみる

アクションカメラはさまざまなタイプのカメラがあり、ひとくくりで説明できるものではありません。それゆえ、使い方もバラエティーに富んだ撮影方法に用いられます。撮影する状況からそれに使えそうなアクションカメラを探す方法がある一方、カメラの形状から撮影方法を考えてみるというのもおもしろい使い方です。

安価なアクションカメラだからこそ、思い切った使い方もできます。撮影したい映像をイメージして、それに使えそうなカメラを探してみるのがポイントともいえます。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

電池チェッカーおすすめ10選|タイプ・表示形式などくわしく解説

使っている電子機器が動かなくなって、故障か電池切れかわからないとき、買い置きをしてある電池のパフォーマンスを確認したいときに重宝するのが「電池チェッカー」です。使い方はいたってシンプル。ひとつもっていると電池を有効に活用でき、節約にもなります。ここでは、家電販売員のたろっささんに教えていただいた選び方のポイントと、編集部とともに選んだおすすめの商品10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

ドローンのおすすめ19選|ジャイロ・FPV機能・連続飛行時間について解説

空撮や産業の場で大活躍のドローン。小型のトイドローンであれば、子どもでもかんたんに操作することができます。価格帯ごとで使用目的も異なり、子どもでも使えるものもあれば、災害時の物資の運搬に使用されたりと、たくさんの使用方法があります。そこで、フォトグラファーの瀬川陣市さんと編集部が選ぶドローンのおすすめ商品を紹介します。また、選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

シグマレンズおすすめ10選【広角や望遠ほか】キヤノン・ニコン・ソニー対応製品

プロカメラマンの武石 修さんと編集部が選んだ、シグマレンズのおすすめ商品を紹介します。ニコン、キヤノン、ソニーなどの純正レンズではなく、サードパーティの対応レンズとして評価が高いシグマのレンズ。Contemporary、Art、Sportsの3シリーズを中心に、さまざまな機能を搭載したものや、コストパフォーマンスが高い製品が販売されています。レンズ選びの参考にしてください。


【ソニーのビデオカメラ】おすすめ7選|高画質・手ブレ補正・ズーム機能が売り!

【ソニーのビデオカメラ】おすすめ7選|高画質・手ブレ補正・ズーム機能が売り!

プロの家電販売員のたろっささんと編集部が選んだソニーのビデオカメラのおすすめ7選を厳選してご紹介します。確かな技術で世界のユーザーから高い評価を得ているソニーのビデオカメラは、どれを買えばいいのか悩むほど機能が充実しています。そこで本記事では、どのような機能が必要なのか、あると便利な機能は何かについて解説しています。ぜひ自分に合った1台を見つけてみてください。


SDカードケースのおすすめ10選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

SDカードケースのおすすめ10選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

ITライターの酒井麻里子さんと編集部が選ぶSDカードケースおすすめ商品をご紹介します。SDカードケースはその名のとおり、SDカードやmicroSDカードなどの持ち運びや収納に使えるケースです。ワンコインほどで手に入るお手ごろなものから、収納性や耐久性の高い商品まで、バリエーションが豊富にあります。選び方も解説していますので、どれを選べばいいか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。


新着記事


カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

カッティングマシンおすすめ8選|初心者でもかんたん【コスト削減にも】

自宅でオリジナルステッカーやオリジナルTシャツを作るときに重宝するのが「カッティングマシン」です。別名、「カッティングプロッター」とも呼ばれているカッティングマシンは、各メーカーからさまざまな種類のものが販売されており、機能やサイズがそれそれ異なります。今回はそんなカッティングマシンをプロの家電販売員のたろっささんと編集部がご紹介します。この記事をじっくりと読み、あなたにとっての最高の1台を見つけてください。


USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

USBヘッドセットのおすすめ12選|タイプ別に解説! 音質・マイク性能もチェック

ハンズフリーで通話やゲームを楽しめるUSBヘッドセット。BUFFALO・プラントロニクス・LOGICOOL・ゼンハイザーなど、メーカーが多数あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部が選ぶUSBヘッドセットのおすすめ商品をご紹介します。また、選び方のポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

工具セットおすすめ11選|用途別に紹介【家庭用、DIY用、整備用】

流行りのDIYをしたり、ちょっとした家具の組み立てや修理、バイクや自動車の整備をするときに便利な「工具セット」は、ひとつ持っているととても役立ちます。プロ仕様のセットや初心者でも使えるようなセットまで、さまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、工具セットの選び方のポイントとおすすめの11商品を、DIYアドバイザーの野口 僚さんと編集部がご紹介します。ぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。


アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドア用まな板おすすめ12選|木・樹脂・ゴム製・折りたたみ式も

アウトドアでの調理で必需品となるまな板。アウトドア用まな板には、機能的でコンパクトなもの、おしゃれで素材にこだわったものまでさまざまあります。そこで、アウトドアライターの大森弘恵さんと編集部が厳選した商品12選をご紹介します。また、素材や機能を含め、使用シーンを踏まえた選び方についてもくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

【騒音計】おすすめ11選│精度・測定範囲・機能について解説!

音の大きさを数値化して測定してくれる「騒音計」。オフィスや自宅まわりで、工事などの騒音に悩まされている場合などに役立つでしょう。そこで、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が厳選した商品11選をご紹介します。あわせて、騒音計のタイプや機能についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る