電動ちりとりおすすめ6選|お掃除をよりラクにするための選び方も紹介

CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』
出典:Amazon


電動ちりとりとは、集めたゴミを電動で吸い取ってくれる便利なアイテム。フロアワイパーやフロアモップなどでホコリやゴミを持っていけば、自動で吸い込んでくれ、掃除がきっと楽になります。

本記事では、電動ちりとりの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介。ゴミ箱と一体型になったタイプもあるので、参考にしてみてください。


目次

電動ちりとりとは

電動ちりとりとは、集めたゴミを電動で吸い取ってくれる便利なアイテム。フロアワイパーやフロアモップなどで掃除を行った後などに、電動ちりとりまでゴミを運べば自動で吸い込んでくれ、電気ちりとりや据え置き掃除機とも呼ばれます。

大きなメリットは、集めたゴミを綺麗に吸い取ってくれる点。通常のちりとりの場合は、細かいゴミの取り残しや床の溝にゴミが入り込んでしまいますが、電動ちりとりは掃除機のような吸い込み型なため、綺麗に吸い込んでくれます。

捨て方の種類・タイプ


電動ちりとりには、捨て方に応じて「フィルタータイプ」と「紙パックタイプ」の2種類のタイプに分かれます。掃除の手間に関わるポイントなので、しっかりチェックしておきましょう

●フィルター式:ランニングコストが掛からないタイプ

フィルター式タイプは、ダストボックスに丸洗いが可能なフィルターが設置してあるタイプ。

お手入れの際はフィルターを洗えば清潔に保てるため、ランニングコストが掛からないのがメリット。しかし、定期的にメンテナンスが必要になるため、手間と感じる場合もあります。

●紙パック式:手軽にゴミを捨てられるタイプ

紙パック式タイプは、ダストボックスに紙パックを設置してあるタイプ。

ゴミを捨てる際は、内部の紙パックを捨てるだけで綺麗になりますし、ホコリも舞い上がりません。手間が掛からず、手入れができるのがメリット。しかし、紙パックを取り替えるコストが掛かるがデメリットです。

電動ちりとりの選び方


それでは、電動ちりとりの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】容量・サイズ
【2】吸い取りモード
【3】静音性
【4】お手入れのしやすさ
【5】設置場所


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】容量・サイズをチェック

電動ちりとりはゴミを貯められる容量が大きいほど、本体サイズも大きくなります。

なので、美容院やペットショップのような店舗で利用する場合は容量が大きく、吸引力が高いモデルが便利です。家庭でも吸引力は大事ですが、部屋の広さやインテリアに合わせることがポイント。子どもやペットがいる家庭ではフィルターの有無など衛生面を優先するといいでしょう。

また、据え置きのためデザイン性も重要な要素となります。最近では、ゴミ箱やハンディクリーナーなどと合体したハイブリットな製品も増えているので、チェックしてみましょう。

【2】吸い取りモードをチェック

電動ちりとりの吸い取りモードには、「オート」と「マニュアル」の2種類があります。

【 オートモード 】
オートモードは、モップなどを近づけるとゴミを自動で吸い取ってくれるタイプ。ゴミを近づけるだけで吸い取ってくれるため、手軽で便利です。しかし、ペットや小さい子どもが吸い取り口に近づくと誤作動を起こしてしまうことがあるため注意が必要です。

【 マニュアルモード 】
マニュアルモードは、吸い取りたいタイミングでスイッチを付け、その都度、ゴミを吸い取るタイプ。たいていの機種はオートモードと兼ねていますが、切り替えできないモデルもあるので注意しましょう。


掃除のスタイルなどに応じて、オートモード、マニュアルモード、切り替えできるタイプの3種類から選びましょう。

【3】静音性をチェック

電気掃除機と違いゴミを吸い取るのは数秒間とはいえ、電気掃除機と同様、ゴミを吸う音が発生します。深夜や早朝などに稼働させるには気が引けてしまいます。

そのため、機種の静音性もしっかりチェックしておきましょう。製品によっても音の大きさが異なりますので、不安な人は量販店の店頭などで吸引力や運転音を確認することをおすすめします。

【4】お手入れのしやすさをチェック

電動ちりとりは使っているとフィルターやダストボックスにゴミや汚れがたまっていきます。分解してフィルターやダストボックスを水で丸洗いできるものなら、お手入れがしやすくて便利です。

水で丸洗いできるものなら、ゴミや汚れだけでなく、気になるニオイも落とせます。ゴミ袋や紙パック式はそれほど汚れませんが、やはり使っていくたびに少しずつ汚れがたまってしまうので、丸洗いできるかもチェックしておきましょう。

【5】設置場所をチェック

電動ちりとりは一度設置すれば、毎回移動させるものではありません。それだけに前もって置き場所を検討しておくことが大切です。モップでゴミを集めるにはある程度の広さが必要で、平らな場所に置くのが一番です。ゴミ箱などと一緒になったモデルは実際の使い勝手も考えましょう。

ただし、ゴミの吸引は電気を使うため、近くに電源のACコンセントが必須です。コンセントに空きがあるか、電源コードはコンセントまで届くか、事前に確認しておきましょう。

おすすめ5選|フィルター式


それでは早速、電動ちりとりのおすすめ商品をご紹介いたします。まずは、フィルター式の商品です。ぜひ参考にしてください。

K'S WAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』

K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 K'SWAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』

出典:Amazon

サイズ 横幅295mm × 縦幅295mm × 高さ405mm
重量 4.8kg
消費電力 -
運転音 74dB

センサーつきごみ箱と電動ちりとりが合体!

センサーつきごみ箱と電動ちりとりが合体したセンサーバキュームボックス。本体上部のパネル部に手をかざすとゴミ箱のフタが開き、離れると自動的に閉まります(手動の開閉ボタンも設置)。本体下部にほうきやワイパーを近づければ、センサーが反応して自動吸引。ゴミ箱と同じインナーボックスに集められます。本体の容量は5.5L、

インナーボックスには一般のゴミ袋(地域指定・市販のゴミ袋の場合は10L以上)をセットでき、一杯になったらそのまま廃棄。インナーボックスには脱臭フィルターが搭載されており、排気のイヤなニオイを抑えてくれます。また、本体から取り外して水洗いできるので衛生的。忙しい人にピッタリの1台です。

THANKO(サンコー)『クリーナーボックス(SESVCBIN)』

[公式]【予約商品】【6月下旬〜7月上旬頃お届予定】ゴミを自動吸引する掃除機ゴミ箱「クリーナーボックス」SESVCBINセンサーゴミ箱バキュームちりとりボックス自動開閉掃除機ダストボックス [公式]【予約商品】【6月下旬〜7月上旬頃お届予定】ゴミを自動吸引する掃除機ゴミ箱「クリーナーボックス」SESVCBINセンサーゴミ箱バキュームちりとりボックス自動開閉掃除機ダストボックス [公式]【予約商品】【6月下旬〜7月上旬頃お届予定】ゴミを自動吸引する掃除機ゴミ箱「クリーナーボックス」SESVCBINセンサーゴミ箱バキュームちりとりボックス自動開閉掃除機ダストボックス

出典:楽天市場

サイズ 幅290×高さ400×奥行290mm
重量 4.8kg
消費電力 1000W
運転音 80db以下

リビングやキッチンにピッタリのオシャレモデル

ゴミ箱と電動ちりとりが一緒になったユニークな商品。フロアワイパーやホウキで集めたゴミは、側面から吸引し、大きなゴミは上部から簡単に捨てることができます。本体内に設置してあるボックスにレジ袋をセットすればゴミを捨てるのも簡単。今あるゴミ箱を置き換えるだけでいいので、設置スペースを悩む必要もありません。

電動ちりとりの設置スペースがないと困っている人にはおすすめの1台です。

EyeVac『ペットタッチレスキャニスター掃除機(EVPRO-PW)』

サイズ 7.62× 19.05× 52.07cm
重量 -(発送重量:6.4Kg)
消費電力 1400W
運転音

高い吸引力でどんな毛でも吸い取る

高い吸引力が特徴の電動ちり取りです。二重ろ過によるサイクロン真空作用が搭載されており、この機能で床のみならず空気中に浮いているごみやほこりも吸い込んでくれます。その性能が高く評価されており、美容院でも導入されているほどなのです。消費電力は高めになりますが、実力派の電動ちり取りです。お子さんがいる家庭や、ペットの毛が気になる方におすすめです。

ケーズウェーブ『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』

センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】 センサーごみ箱電動ちりとり掃除機センサーバキュームボックス【SDB-SV55L】

出典:Amazon

サイズ 29.5×29.5×40.5cm
重量 4.8kg
消費電力
運転音

普通のごみ箱としても活躍

上についている蓋がパカっと開く仕様になっているので、普通のごみ箱としても使える電動ちり取りです。吸い込んだごみをゴミ箱に入れてくれる機能が搭載されているので、ごみ袋のセットだけで手入れも簡単なのがポイントです。また、ごみ箱のふたに付いているセンサーに手をかざすと開くような設計なので、手が汚れていてもごみを捨てられます。ごみ箱と電動ちり取りを分けたくない方におすすめです。

OR&DK 『ほうきとちりとり 2の1(SYKWNG)』

無線電気クリーナー,ほうきとちりとり2の1多機能モップを洗浄-ゴールド 無線電気クリーナー,ほうきとちりとり2の1多機能モップを洗浄-ゴールド 無線電気クリーナー,ほうきとちりとり2の1多機能モップを洗浄-ゴールド 無線電気クリーナー,ほうきとちりとり2の1多機能モップを洗浄-ゴールド 無線電気クリーナー,ほうきとちりとり2の1多機能モップを洗浄-ゴールド

出典:Amazon

サイズ
重量
消費電力
運転音

手軽に掃除したい方にぴったり

ほうきとちり取りが一体になった電動ちり取りです。さっと床をなぞるだけで、床に落ちた髪の毛やほこり、ごみが簡単に取れます。ごみうけの容量がとても大きいので、ごみを捨てる回数が減り気軽に掃除ができるのもポイントです。持ち手は伸縮棒なので、自分の持ちやすい高さに調整することができ、どんな方でも使いやすいでしょう。気になったときにさっと掃除したい方におすすめです。

おすすめ1選|紙パック式


続いては、紙パック式の電動ちりとりです。こちらもぜひ参考にしてください。

CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』

CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』

出典:Amazon

サイズ 幅311×奥行き136×高さ102mm
重量 1.4kg
消費電力 300W
運転音 約80dB

コンパクトで省スペースなボックスタイプ

コンパクトなボックスタイプのフロアワイパー専用(別売りのアタッチメントをつければ、ほうきでの使用も可)電気ちりとり。上部にフロアワイパーを乗せて収納することもできるので、フロアワイパーの収納場所に困りません。吸い込み口にあるスイッチにフロアワイパーが接触している間だけ吸引となり、手軽に操作できます。

ゴミ捨ては紙パック式(集じん容積約0.5L)なので、溜まったゴミも簡単に捨てることができ、いつでも清潔です。この紙パックは購入時に5枚が付属しており、交換用紙パック10枚入り(別売)も販売しています。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
K'S WAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』
THANKO(サンコー)『クリーナーボックス(SESVCBIN)』
EyeVac『ペットタッチレスキャニスター掃除機(EVPRO-PW)』
ケーズウェーブ『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』
OR&DK 『ほうきとちりとり 2の1(SYKWNG)』
CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』
商品名 K'S WAVE(ケーズウェーブ)『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 THANKO(サンコー)『クリーナーボックス(SESVCBIN)』 EyeVac『ペットタッチレスキャニスター掃除機(EVPRO-PW)』 ケーズウェーブ『センサーバキュームボックス(SDB-SV55L)』 OR&DK 『ほうきとちりとり 2の1(SYKWNG)』 CCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』
商品情報
特徴 センサーつきごみ箱と電動ちりとりが合体! リビングやキッチンにピッタリのオシャレモデル 高い吸引力でどんな毛でも吸い取る 普通のごみ箱としても活躍 手軽に掃除したい方にぴったり コンパクトで省スペースなボックスタイプ
サイズ 横幅295mm × 縦幅295mm × 高さ405mm 幅290×高さ400×奥行290mm 7.62× 19.05× 52.07cm 29.5×29.5×40.5cm 幅311×奥行き136×高さ102mm
重量 4.8kg 4.8kg -(発送重量:6.4Kg) 4.8kg 1.4kg
消費電力 - 1000W 1400W 300W
運転音 74dB 80db以下 約80dB
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年10月30日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年3月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月19日時点 での税込価格

電動塵取りに関するQ&A 接地の際の注意点は? 紙パックの交換方法は?

Faq qx2電動ちりとりを設置する際の注意点は?

Faq ax2

壁と排気口の間は3㎝以上あける

室内の壁を背にして設置しますが、壁にピッタリつけるのではなく、壁と排気口の間は3㎝以上あけて設置しましょう。この間隔が大きすぎると、本体が安定しない可能性があります。

Faq qx2紙パック交換の仕方は?

Faq ax2

電源を切るだけでなく、プラグをコンセントから抜くのを忘れずに!

今回は記事の中でもご紹介したCCP(シー・シー・ピー)『電気ちりとり(ZN-DP24-WH)』で、紙パックの交換方法を解説します。

①まず、プラグをコンセントから抜く
②ダストボックスカバーを開き、ゴミがこぼれないよう注意しながら紙パックを取り出す
③取り出した紙パックだけ捨てる(紙パックホルダーは取っておく!)
④純正品の新しい紙パックを紙パックホルダーに取りつける
⑤矢印の方向が下になるように紙パックをセット

まとめ


本記事では、電動ちりとりについて、どんな家電なのか、捨て方の種類の特徴や、選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、ゴミの捨て方のタイプをチェックし、どちらがいいか決めたあと、容量・サイズ、吸い取りモードなどを確認しましょう。そして、静音性やお手入れのしやすさ、設置場所も考えると、使いやすく、機能面も十分な商品を選ぶことができます。

掃除でモップなどを掛ける際、細かいゴミが集められない場合があります。そんなとき、電動ちりとりなら、取りにくいゴミまでしっかり吸い取ってくれます。また、しゃがんでゴミを取る必要もなくなるため、掃除が楽になりますよ。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】その他の掃除関連のアイテムはこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


ほうきのおすすめ25選|プロが厳選【玄関・室内・屋外】黒シダほうきも!

ほうきのおすすめ25選|プロが厳選【玄関・室内・屋外】黒シダほうきも!

掃除をしたいと思った時にさっと手にとって掃除ができるほうき。素材や大きさで使い勝手が変わってきます。長く便利にほうきを使うためには、どういうものが自分にあっているかを知ることが大切です。本記事では、節約お掃除ブロガーとして、掃除に深い知識をもつ、よしママさんに取材しました。購入の際に気になる選び方のポイントと、おすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。

Icon mini tag 掃除グッズ , ほうき・ちりとり・モップ

【2021年】回転モップのおすすめ13選|neo・アイリスオーヤマ他!コードレス電動モップも紹介

【2021年】回転モップのおすすめ13選|neo・アイリスオーヤマ他!コードレス電動モップも紹介

床の拭き掃除に活躍する回転モップ。立ちながら水ぶきができるので腰も痛くなりません。今回は家庭用の人気メーカーの電動モップやおしゃれな回転モップをご紹介します。さらに通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので参考にしてみてください。

Icon mini tag 日用品 , 生活雑貨 , 日用消耗品

【2021年】フローリングモップおすすめ21選|便利な使い捨てタイプやモップタイプなど!

【2021年】フローリングモップおすすめ21選|便利な使い捨てタイプやモップタイプなど!

フローリングモップは手軽に床掃除ができて収納にも場所を取らない、便利な掃除グッズです。この記事では、フローリングモップの選び方とおすすめ商品をご紹介します。使い捨てタイプからクロス・モップタイプまで種類も豊富。記事後半では、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

Icon mini tag 日用品 , 日用消耗品 , 掃除グッズ

静電気ホコリ取りおすすめ9選|お手入れや使い方のアドバイスも徹底解説

静電気ホコリ取りおすすめ9選|お手入れや使い方のアドバイスも徹底解説

静電気を起こしてホコリを吸着してくれるお掃除グッズ「静電気ホコリ取り」。「お手入れがかんたん」「家電向き」など種類が多く、迷ってしまいます。この記事では、生活市場ウォッチャーの北川聖恵さんにお話を伺い、静電気ホコリ取りの選び方とおすすめアイテムを紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

Icon mini tag 日用品 , 掃除グッズ , 掃除用ブラシ・スポンジ

ほうきちりとりセットのおすすめ21選【室内用・屋外用】おしゃれなミニタイプも!

ほうきちりとりセットのおすすめ21選【室内用・屋外用】おしゃれなミニタイプも!

家の掃除にかかせないほうきちりとりセット。屋内か屋外で使うのかによって、どの商品を購入すべきか迷ってしまう方もいるでしょう。屋外では、庭・ベランダ・側溝などがあり、どこで使うのかによっても選ぶ商品は違います。そこで、ほうきちりとりセットの選び方とおすすめをご紹介します。無印良品などシンプルなものから、使いやすいミニタイプまでピックアップ!記事後半には、Amazonや楽天などの通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や評判・口コミなども確認してみましょう。

Icon mini tag 掃除グッズ , ほうき・ちりとり・モップ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。