オーバーフロー水槽おすすめ5選|アクアリウム専門店・代表厳選!

オーバーフロー水槽おすすめ5選|アクアリウム専門店・代表厳選!
水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表
早坂 誠

東京渋谷の水草・観賞魚販売を中心とした店舗「sensuous」代表。 水草職人として、観賞魚業界を牽引するパイオニア的存在の一人。 独立後の2001年より水草を用いた作品を専門誌やインテリア誌に数多く発表しており、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した海女カフェ水槽を始め多くのテレビ番組セットや企画展、各イベントなどでアクアリウム作品を手掛けている。 2016年6~7月にはEテレ「アクアリウムとテラリウム」の講師での出演、 2017年・18年では水草と観賞魚の企画展「グリーンアクアリウム展」でのディレクションを担当する。 都内専門学校(アクアリスト専攻)講師。観賞魚飼育管理士アドバンス・愛玩動物飼養管理士2級・ビオトープ計画管理士2級・ビオトープ施工管理士2級。著書「水草水槽のススメ」

水の状態が安定しやすくサンゴや海水魚などの飼育に向いているといわれるオーバーフロー水槽。飼育する生物、水槽の大きさ、サンプ構造など、チェックすべきポイントが多く、どのように選べばいいか、どこに注目すればいいかわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。本記事では、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんにうかがった、オーバーフロー水槽を選ぶときのポイントとおすすめ商品をご紹介します。水槽自体の機能はもちろん、置く場所によってはインテリア性も重要です。ぜひ、この記事をオーバーフロー水槽選びにお役立てください。


オーバーフロー水槽の選び方 アクアリウム専門店・代表が解説!

ここでは、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんに教えていただいた、オーバーフロー水槽を選ぶときのポイントを4つご紹介します。

木枠がおしゃれなオーバーフロー水槽
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

オーバーフロー水槽で幻想的なアクアリウムを楽しんでみませんか?

「オーバーフロー水槽でなにを飼育するのか」で選ぶ

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

飼いたい生物に合わせてカスタムするのが前提

オーバーフロー水槽はこのセットでなんでも飼えるわけではありません。本来、飼いたいものに合わせてカスタムしていくことが前提の水槽となっています。

たとえば、淡水の大型魚を飼うという方は大きさを基準に決め、サンプにはたっぷりのリングろ材を入れましょう。一方、海水魚やサンゴを飼育したいという方は水槽の大きさのほかに、サンプにプロテインスキマーが入るかどうかも選ぶ基準に。サンプが大きければ大きいほど総水量は多くなり水が安定し、ろ材のカスタムや手入れがしやすくなります。

また、なかには海水飼育を前提とした作りになっているものもありますので、飼育する生物に合わせて選択しましょう。

オーバーフロー水槽のサンプ構造で選ぶ

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

ウェット式・ベルリン式両方対応のものがおすすめ

とくに重要なチェックポイントは水槽本体ではなくサンプ。オーバーフローをオーダーメイドで作る方も多いのですが、これはサンプの構造に関係しています。

ウェット式はろ材をたくさん入れて生物ろ過をメインに考える場合に選びましょう。もうひとつ、ベルリン式はプロテインスキマーをセットして物理ろ過をメインに考える場合に選びます。

ウェット式は淡水大型魚、海水魚、LPSサンゴを飼育するさいにおもに使用します。ベルリン式はミドリイシやSPSサンゴの飼育で使うことがほとんどです。

おすすめは2wayのサンプで、ウェット式とベルリン式のどちらのタイプにも対応できます。ただし、一部商品のサンプにはプロテインスキマーが設置できないものもありますので注意してください。

エムエムシー企画 ORCA(オルカ)『オルカT60フルセット』

サンプの仕切りを組み替えることで、ウェット式とベルリン式のどちらも対応可能。淡水・海水両用の汎用性が高いオーバーフロー水槽です。

>> 楽天市場で詳細を見る

オーバーフロー水槽のインテリア性で選ぶ

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

設置場所を考えると選ぶ基準が変わることも

水槽はどんな場所に置きたいかによって選ぶ基準が変わることもあります。オーバーフロー水槽のようにろ過をする面積がほかのろ過機と比較して高い水槽でも、床に直接置かなければいけない場合もあります。そのようなときは『OF-450』のような幅45cm程度の卓上水槽を選んでみてください。

たとえば360度どの方向からも見れるようにしたいという場合は、4面すべてクリアガラスがいいでしょうし、壁につけて設置する前提なら、背面がブラックガラスを選択すると魚が映えてきれいに見えます。また、幅が90㎝以上の大型水槽であればクーラーもキャビネットに収納できることですっきりと収まります。

ジェックス『グラステリア アグス OF-450』

卓上設置に適した幅45cmのオーバーフロー水槽。インテリアとして映えるスタイリッシュなデザインも魅力です。

>> Amazonで詳細を見る

オーバーフロー水槽のオプションで選ぶ

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

飼育者の管理まで考えられた水槽は使いやすい!

静音性を高めるサイレントフローをはじめ、魚や水がとびはねないようにフランジがついたもの、水の蒸発による水質変化を防ぐものなど、その水槽にしかない特別な構造もあります。ほとんどのオーバーフロー水槽の基本設備は一緒なのですが、飼育者の管理のことを考えて作られた水槽というのはやはり圧倒的に使いやすいです。

照明がセットになったオールインワンのタイプの商品も出ていますので、照明選びに悩みそうだという方は最初からついているものがおすすめです。

オーバーフロー水槽おすすめ5選 アクアリウム専門店・代表が厳選!

先ほどご紹介したオーバーフロー水槽の選び方をふまえて、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんにおすすめ商品を選んでいただきました。ぜひオーバーフロー水槽選びの参考にしてみてくださいね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

エムエムシー企画 ORCA(オルカ)『オルカT60フルセット』

【飼育用品・器具】【オーバーフロー】(お取り寄せ商品)オルカT60フルセット(ブラック)ORCA背面ブラックガラス仕上げ【オーバーフロー、水槽、ガラス、海水、淡水】[送料別途](淡水海水用) 【飼育用品・器具】【オーバーフロー】(お取り寄せ商品)オルカT60フルセット(ブラック)ORCA背面ブラックガラス仕上げ【オーバーフロー、水槽、ガラス、海水、淡水】[送料別途](淡水海水用) 【飼育用品・器具】【オーバーフロー】(お取り寄せ商品)オルカT60フルセット(ブラック)ORCA背面ブラックガラス仕上げ【オーバーフロー、水槽、ガラス、海水、淡水】[送料別途](淡水海水用)

出典:楽天市場

水槽サイズ W60×D45×H50cm
水量 -
キャビネットサイズ (外寸)W63.5×D47×H85cm
サンプタイプ 2way(ウェット式・ベルリン式)
総重量 水槽:約28kg、キャビネット:約34kg
Thumb lg 6a2fbefc 1600 4440 9456 894a35358c8b

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

はじめてでも扱いやすい2wayタイプ

本格的なオーバーフロー水槽のなかでも比較的リーズナブルな商品。販売の歴史も長く、実際にこのオーバーフロー水槽を使っている方は多いです。

「オルカ」シリーズのフロー管は三重管構造。水槽の淵(ふち)にはフランジがついていて魚のとび出しや水はねを防げます。フルセットについてくるサンプは塩ビ製で軽く、ウェット式とベルリン式のどちらにも対応できる2wayなのがうれしいところです。

キャビネットにも工夫が施され、天板が3cm下に落ち込んでおり底砂とガラスのすき間に見える汚れが目隠しされるようになっています。この仕様はほかのキャビネットでは見かけません。『オルカ T60』は総水量が多めで安定しやすく、はじめての方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Red Sea(レッドシー) REEFER『170』

RedSea(レッドシー)REEFER『170』 RedSea(レッドシー)REEFER『170』 RedSea(レッドシー)REEFER『170』

出典:楽天市場

水槽サイズ W60×D50×H50cm
水量 水槽:約130L、キャビネット内サンプ:約35L、システム総水量:約165L、補水タンク:約5.4L
キャビネットサイズ -
サンプタイプ -
総重量 サンプを合わせた水槽重量:約59kg、キャビネットのみ:約42kg(セット時重量:約270kg以上)
Thumb lg 6a2fbefc 1600 4440 9456 894a35358c8b

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

世界的に人気のある高性能オーバーフロー水槽

「REEFER」はオーバーフロー水槽のなかでもとくに高い性能を備えたフルセット水槽です。世界でも有名な海水用品メーカーの「RedSea」が飼育者とサンゴのことを本気で考えて製造しています。

水が下に落ちるときの音を抑えたサイレントフロー、蒸発による塩分濃度の変化を防ぐための貯水タンク、大きなスキマーもすんなり入る広いサンプ。入水口はフレキシブルで水流の向きを変えられます。さまざまなリーフレイアウトを本格的な管理で楽しみたい方におすすめ。

こちらはメーカーのホームページで商品についての詳しい解説動画が用意されているので、まずはそちらを見てからのほうがいいでしょう。解説も外国向けに作られていますが、それこそ全世界で使われているという実感が得られるのではないでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ジェックス『グラステリア アグス OF-450』

ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』 ジェックス『グラステリアアグスOF-450』

出典:Amazon

水槽サイズ 約W45×D23×H25cm
水量 水槽:約20L、ろ過槽容量:約6L
キャビネットサイズ -
サンプタイプ -
総重量 総重量33kg以上(水を入れてセットしたとき)
Thumb lg 6a2fbefc 1600 4440 9456 894a35358c8b

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

スモークガラスでインテリア性も高い!

比較的手に入れやすいオーバーフロー水槽です。同シリーズに『OF-230』というものもありますが、こちらの『OF-450』のほうが水量が多くサンプも広いため水質が安定しやすいでしょう。

ろ過槽の容量は約6Lでろ材のアレンジが可能です。外部ろ過を置く場所がないという方や、フィルターのホースなどが目立たないようにしたいという方におすすめ。水槽とろ過槽が一体型になっているので置き場所に自由がきくうえ、側面と背面の黒いスモークガラスも相まってインテリア性が高い水槽となっています。

水槽背面のろ過マットの定期的な交換と、下のろ過槽の半年から1年間隔での掃除が必要ですが、そのさいは水槽を持ち上げなければならないので注意しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

寿工芸 レグラス『F-600L オーバーフローセット』

水槽サイズ W60×D45×H45cm
水量 水槽:110L
キャビネットサイズ -
サンプタイプ -
総重量 24.5kg
Thumb lg 6a2fbefc 1600 4440 9456 894a35358c8b

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

キャビネットやサンプをすでにお持ちの方に

こちらはオーバーフローセットではなく、上部の本水槽部分のみとなりますが、サンプ代わりになるような水槽とオーバーフロー用の穴のあいたキャビネットをお持ちの方であれば、この上部分だけを交換することでオーバーフロー水槽に変更することができます。

ほかのオーバーフローセットと同様、汲み上げのポンプは別売。また、サンプをお持ちでない方は別途サンプの購入も必要になります。寿工芸は水槽メーカーとして信頼性が高く、水槽自体の質がいいのでおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

リーフ『クロミス6045 スタンダード4点セット』

リーフ『クロミス6045スタンダード4点セット』 リーフ『クロミス6045スタンダード4点セット』 リーフ『クロミス6045スタンダード4点セット』

出典:楽天市場

水槽サイズ 約W60×D45×H45cm
水量 -
キャビネットサイズ ウッドラック:約W60.5×D46×H70cm、ろ過槽:約W45×D30×H30cm
サンプタイプ 2way(ウェット式・ベルリン式)
総重量 -
Thumb lg 6a2fbefc 1600 4440 9456 894a35358c8b

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

シンプルで手軽に使えるオーバーフロー水槽なら

とてもシンプルなオーバーフロー水槽のセットです。キャビネットが枠組みのみなので水の落ちる音とサンプの汚れが少し目立ちますが、価格は比較的お手ごろ。見た目よりも価格重視という方はこちらの水槽セットがおすすめです。

構造はスタンダードなオーバーフロー、サンプは塩ビ製でウェット式としてもベルリン式としても使えるので自由がききます。

「オーバーフロー水槽」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
エムエムシー企画 ORCA(オルカ)『オルカT60フルセット』
Red Sea(レッドシー) REEFER『170』
ジェックス『グラステリア アグス OF-450』
寿工芸 レグラス『F-600L オーバーフローセット』
リーフ『クロミス6045 スタンダード4点セット』
商品名 エムエムシー企画 ORCA(オルカ)『オルカT60フルセット』 Red Sea(レッドシー) REEFER『170』 ジェックス『グラステリア アグス OF-450』 寿工芸 レグラス『F-600L オーバーフローセット』 リーフ『クロミス6045 スタンダード4点セット』
商品情報
特徴 はじめてでも扱いやすい2wayタイプ 世界的に人気のある高性能オーバーフロー水槽 スモークガラスでインテリア性も高い! キャビネットやサンプをすでにお持ちの方に シンプルで手軽に使えるオーバーフロー水槽なら
水槽サイズ W60×D45×H50cm W60×D50×H50cm 約W45×D23×H25cm W60×D45×H45cm 約W60×D45×H45cm
水量 - 水槽:約130L、キャビネット内サンプ:約35L、システム総水量:約165L、補水タンク:約5.4L 水槽:約20L、ろ過槽容量:約6L 水槽:110L -
キャビネットサイズ (外寸)W63.5×D47×H85cm - - - ウッドラック:約W60.5×D46×H70cm、ろ過槽:約W45×D30×H30cm
サンプタイプ 2way(ウェット式・ベルリン式) - - - 2way(ウェット式・ベルリン式)
総重量 水槽:約28kg、キャビネット:約34kg サンプを合わせた水槽重量:約59kg、キャビネットのみ:約42kg(セット時重量:約270kg以上) 総重量33kg以上(水を入れてセットしたとき) 24.5kg -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年5月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年11月29日時点 での税込価格

通販サイトのオーバーフロー水槽ランキングを参考にする

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのオーバーフロー水槽の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:水槽ランキング
Yahoo!ショッピング:オーバーフロー水槽ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

オーバーフロー水槽とはなにか? 仕組みもチェック!

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

オーバーフロー水槽とは水槽の下に設置するろ過槽(サンプ)に水を落とし、ろ過槽できれいになった水をポンプで水槽に戻す循環構造の水槽をさします。

サンプが大きければ大きいほどろ過材がたっぷりと入り、総水量も多くなります。そのため、水の状態が安定しやすくサンゴや海水魚、大型魚の飼育もラクになります。

海水の飼育者が悩むフィルターまわりの塩のとびちりも、オーバーフロー水槽ではサンプのなかだけに留まります。

唯一向かないのは水草飼育だけです。ろ過槽に水が落ちるときにCO2が抜けてしまうのでCO2の添加効率が非常に悪いので水草が育ちにくいという欠点があります。

飼育イメージを描いてから購入しよう

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表

オーバーフロー水槽の理屈を理解することは重要!

オーバーフロー水槽は、よく理屈を理解してから買うべきものだと思います。とくに初心者の方にとっては手軽なセット商品でも、構成や構造は複雑になっていることが多いので注意が必要です。

また、フルセットといっても、付属してくるものにろ材やタンパク質除去のプロテインスキマー、水を汲み上げるポンプ、水を冷やすクーラー、カルシウムを足すカルシウムリアクターなどはついてきません(一部を除く)。

これらがサンプに入るのか、どのくらいの量を用意したらいいのかなどは総合的な判断となりますので、あせらず、全体的な飼育イメージを描ききってから購入することをおすすめします。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:春野 凛、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/05/04 コンテンツを一部修正しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

関連する記事


ビオトープにおすすめの水草13選|メダカの飼育に適したものも!

ビオトープにおすすめの水草13選|メダカの飼育に適したものも!

本記事では、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんへの取材をもとに、ビオトープの水草の選び方とおすすめ商品をご紹介します。また、編集部が選んだおすすめ商品もあわせて紹介しています。スイレン鉢などで水草と生きものを飼育する「ビオトープ」。本来のビオトープの定義は「野生生物が生活できる生息空間」という意味ですが、最近では屋外で楽しむアクアリウムとして徐々に浸透してきました。本来の言葉の意味を知ることで、より一層生きものに対しての想いが深くなり、楽しみ方も広がることでしょう。本記事でご紹介するおすすめの水草を参考にして、自由にビオトープを楽しんでみてくださいね。


【熱帯魚の飼育水槽】選び方&おすすめ6選|アクアリウム専門店・代表に聞く

【熱帯魚の飼育水槽】選び方&おすすめ6選|アクアリウム専門店・代表に聞く

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんに熱帯魚を飼育する水槽のおすすめを教えてもらいました。ガラスで作られた水槽で魚を飼育することが今では当たり前の光景ですが、その起源は1850年代にヨーロッパで始まったといわれています。池もしくは陶器などの容器で上から見ることしかできなかった魚や水の中の生きものたちを、ガラスを通して横から見られるというのは、多くの人々がおどろいたことと想像できます。それにより私たちは水槽を利用すれば部屋に居ながらにして、水の中の世界を鑑賞することが可能となりました。ガラス一枚隔てた空間の中に、まったく別な空間の魚たちが泳いでる面白さを再確認して楽しんでみましょう。


水槽用フィルターおすすめ13選【ろ過材交換が簡単な商品も】専門家と編集部が厳選!

水槽用フィルターおすすめ13選【ろ過材交換が簡単な商品も】専門家と編集部が厳選!

水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんへの取材をもとに、アクアリウムで使用する水槽のフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。水槽のフィルターとは、水を循環・ろ過する本体の機器のこと。水槽内の水質の維持に欠かせないアイテムですが、ろ過材の交換が簡単なタイプや、モーター音が気になりづらい静音タイプなど種類がさまざまで、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、アクアリウム初心者の方にもわかりやすく機能や用語の意味も解説しつつ、通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。ぜひ参考にしていただき、自分にぴったりの水槽フィルターを見つけてください。


水槽用ヒーターのおすすめ11選【専門家と編集部で厳選】縦置き可能なものも!

水槽用ヒーターのおすすめ11選【専門家と編集部で厳選】縦置き可能なものも!

熱帯魚や金魚を飼育するのに欠かせない水槽用ヒーターには、さまざまな特徴をもった商品があります。ワット数の違いや、水容量の目安や水温など、魚を飼育する環境にあわせた商品を購入する必要があるので、いざ購入しようとすると、どんなものを選べばいいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。本記事では、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんに聞いた、水槽用ヒーターを選ぶポイントとおすすめ商品8選と、ワット数が大容量な商品などさらに3商品を紹介します。プロの意見を参考に、ご自宅の水槽にぴったりとあった水槽用ヒーターをみつけてみましょう!


【水槽ライト】選び方&おすすめ10選|アクアリウム専門店・代表が解説

【水槽ライト】選び方&おすすめ10選|アクアリウム専門店・代表が解説

水槽ライトは、アクアリウムをおしゃれに演出するだけでなく、水草の生育や水槽内の生物にも大きな影響を及ぼします。そのため、使う目的により必要なライトの明るさや性能も変わってきます。そこで、水辺の動植物専門ショップ「sensuous」代表の早坂 誠さんにお話をうかがい、水槽ライトの選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。スペックやデザイン、コスパなどに注目し、目的に合った水槽ライトを探してみてください。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!


関連するブランド・メーカー


GEX(ジェックス) KOTOBUKI(コトブキ)

新着記事


アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

アウトドア背負子おすすめ11選|素材・フィット感・耐荷重で選ぶ

背負子は荷物の形状を問わず積載できる便利アイテム。本格的なタイプから使い勝手抜群の多機能タイプまであります。この記事では、背負子の特徴を含め、素材や形状、スペックなど選び方のポイントと、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。


【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

【サムライ】香水おすすめ12選|清涼感・香りなど解説! 男女兼用も

サムライ香水は気軽に使えるさわやかな香りのイメージですが、スパイシーな香りやセクシーで官能的な香りの香水も発売されています。本記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表 K.Denny B.さんと編集部が選んだおすすめ商品12選と、サムライ香水の選び方を紹介します。


クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

クロエの香水のおすすめ12選! 王道の香りや人気シリーズをご紹介

上品な大人の女性をイメージさせるハイブランドのクロエ。バッグやアクセサリーに加えて香水の人気も高く、多くの女性から愛され続けています。この記事では、香りと味の研究所(株)DMR Lab代表K.Denny B.さんと編集部が選んだクロエの香水のおすすめ12選と選び方をご紹介していきます。


ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレ初心者楽譜のおすすめ12選|楽譜のわかりやすさ・掲載曲数で選ぶ

ウクレレはコンパクトで価格も高額ではないため、趣味として人気が高まっている楽器です。本記事では、ピアノ講師・山野辺祥子さんと編集部がウクレレ初心者楽譜の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから、ウクレレ初心者楽譜を購入予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。


ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトおすすめ18選|おしゃれなデザインやコンセント式も紹介

ブラケットライトは、リビングや玄関をおしゃれな空間に演出してくれる壁掛け灯です。配線工事が必要なものも多いですが、なかには取りつけがかんたんなコンセントタイプもあります。ここでは、ブラケットライトを選び方のポイントを解説し、インテリアコーディネーターの坂口 愛さんと編集部が選ぶおすすめ18商品をご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る