脱水機おすすめ9選│家電コンシェルジュが脱水機のメリットと選び方を解説

脱水機おすすめ9選│家電コンシェルジュが脱水機のメリットと選び方を解説

ペット用品やタオル、Tシャツなど、ちょっとした衣類を手洗いして乾かしたいときに便利なのが脱水機。洗濯機の脱水機能を使わなくても、簡単に水気を飛ばすことができます

手しぼりはもちろん、洗濯機の脱水機能に劣らずパワフルな脱水機能を備えたものもあり、乾燥までの時間を大幅に短縮してくれますよ。

わざわざ洗濯機を回したくない一人暮らしの方にもおすすめ。また、電気を使わない手動タイプならキャンプや水遊びで大活躍します。

ぜひ本記事を参考にして、お気に入りの1台を見つけてくださいね!


目次

この記事を担当するエキスパート

モノレビュアー・家電コンシェルジュ
松本 レイナ

カルチャー誌や家電誌、モノ系雑誌にてライター・リサーチャーとして活躍。 大ヒットとなった家電のプロモーションや、ガジェット探しなど、仕事内容は多岐にわたる。 一般的な家電から、ちょっとマニアックなものまで「イイモノはとにかく買って試す!」がモットー。 現在子育て中で、キッズガジェットや知育玩具、花火などレジャーグッズは子どもと一緒に愉しんでレビューしています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
加藤 佑一

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。炊飯器を調べたのがきっかけで、家電やガジェット周りに興味が広がる。日々、ネット・雑誌から新商品をチェックするため、欲しい家電が増えすぎてしまう。現在はドラム式洗濯機購入のため貯金中。

◆本記事の公開は、2019年09月27日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

脱水機のメリット 実は使い勝手のいい家電

晴れた日に干されている洗濯物
ペイレスイメージズのロゴ

現在の洗濯機には、ほぼ脱水機能がついており、一見すると脱水に特化した脱水機は必要ないように思えます。しかし、少量の洗濯物があるときに、特に役に立つのが脱水機。

例えば、「少しだけ汚れたTシャツやズボン」「子供が後出ししてきた体操着」「愛犬・愛猫の洋服」「手洗い専用の下着」など、洗濯機の脱水機能を稼働するほどではないけど、早く乾かしたいというときに役に立ちます。

最近では、スニーカー・上履きの脱水や野菜の水切りに使えるものまで登場しています。脱水というシンプル機能だからこそ、実はいろいろなニーズを解決してくれる家電なんです。

脱水機の選び方 家電コンシェルジュに聞く

脱水機にはパワフルに動く電動式持ち運んで使える手動式の2つに分けられ、シーンに合わせて使い分けが可能。では、どんな脱水機を選ぶべきなのか。

家電コンシェルジュの松本レイナさん監修のもと、脱水機を選ぶときのポイントをご紹介します。

ポイントは下記の通り。

【1】脱水容量
【2】重量・サイズ
【3】脱水槽の素材
【4】回転数
【5】お手入れのしやすさ

上記のポイントをおさえることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】脱水容量をチェック

 

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

脱水容量は一度の洗濯物の量にあわせる

脱水機を選ぶうえでまず最初に確認するポイントは、脱水容量です。たくさんの洗濯物を入れられる商品から、下着ワンセットがちょうどの商品まで、脱水機はものにより容量の差が大きくあります。

強力な脱水で乾燥時間を短縮したい方は、洗濯機で洗ったものをそのまま入れられる容量の大きなモデルがおすすめ。週末にまとめて洗濯する方も、小分けにせず一度の運転で済ませることができます。

一方で、手洗いした衣類や洗い分けしたい雑巾などを脱水したい方であれば、容量にこだわって選ぶ必要はあまりありません。タオルやシャツを1、2枚脱水する程度であれば、手動タイプも含めた少量モデルを選ぶとよいでしょう。

【2】重量やサイズをチェック

 

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

本体重量やサイズから置き場所を考える

脱水機を購入する方のなかには、洗濯機はメインで置いてあり、必要なときに脱水機を使いたいと考えている方は多いかと思います。

ふだんは収納しておきたいという方であれば、本体の重量やサイズも大切。持ち運びに便利な重さであれば、女性の方でも気軽に出して使えます。コンパクトな本体であれば、片づけるときは空いたスペースに収められるため、その都度置き場所を変えることもできますよ。

電気式で動くモデルよりも、手動式のほうが軽くて小型な商品が多いため、たまに使う程度であれば手動式のモデルを選ぶのもあり! 車に乗せて持ち運びやすく、電気を使わないため、レジャーや出張先で洗濯をしたい方にも向いています。

【3】脱水槽の素材をチェック

 

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

素材はステンレスかプラスチックか

脱水機には、脱水槽がステンレス製の商品とプラスチック製の商品があります。ステンレス製は丈夫で長持ちしやすいのが特徴。凹凸が少ない構造のため洗剤カスが残りにくく、カビが発生しにくいという利点もあります。

プラスチック製であれば、金属ではない分、重さを軽くできるため持ち運びやすさという点ではステンレス製よりすぐれています。それぞれにメリットがありますので、使い方に合わせて選ぶとよいでしょう。

【4】回転数をチェック

 

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

回転数で脱水性能がわかる

脱水機が洗濯機の脱水機能と比べてすぐれているのは、脱水性能です。一般的な洗濯機の回転数は毎分1,000回転ほどと言われていますが、脱水機は回転数の高いものでは毎分3,000回転近い商品もあります。

できるだけ早く洗濯物を乾かすために脱水機を購入したいという方や、脱水能力が高いモデルを探してる方は、回転数がどの程度あるかを確認しましょう。

ちなみに手動での脱水モデルは、電動に比べて回転力が少ないです。その分トルクと呼ばれるパワー伝達があるのと、コンセント不要というメリットがあります。モーターの力を利用したほうが脱水槽を高速回転できるため、脱水性能で選ぶなら電動がおすすめです。

【5】お手入れしやすいものを選ぶ

 

衛生的に使いたいものだからこそ、掃除のしやすさは重要なポイントです。

脱水僧を取り外せたり、パーツを分解できたりするものなら、内部や底に溜まった洗剤や汚れを洗うことができます

気付かぬうちに雑菌が繁殖すると異臭を放つ原因にもなるので、お手入れのしやすいタイプを選びましょう。

脱水機のおすすめ商品をご紹介! 手動・小型から大型まで!

上記で紹介した脱水機の選び方のポイントをふまえて、家電コンシェルジュの松本レイナさんと編集部が選ぶおすすめの脱水機をご紹介していきます!

▼脱水機のおすすめ5選【電動】

まずは、便利な電動式脱水機をご紹介します!

エキスパートのおすすめ

ハイスマートジャパン『電気脱水機(HS-S60A)』

ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A ハイスマートジャパン高速脱水機ドライサイクロンHS-S60A
出典:Amazon この商品を見るview item
モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

幅35cmコンパクトな本体で置き場所に困りません

幅35cmのコンパクトな本体ながら、6.0kgの洗濯物が脱水できる脱水機。高さも大きすぎず、傘立てが置けるほどのスペースがあれば収納できます。ステンレスを基調とした本体は、見える場所にも置けてクールな印象。

洗濯機ではしぼり切れなかった水分も、一般的な洗濯機と比べて約3倍の毎分2,800回転という高速回転で脱水。取り除ける水の量が多い分、乾燥時間を短縮できます。

冬場の洗濯や部屋干しをする方の強い味方になってくれますよ。パワフルな脱水は、衣類に残った洗剤も一緒に飛ばしてくれるため、洗剤残りが気になる方にもおすすめです。

Comtool(カントゥール)『マイセカンドランドリー ハイパー(TOM-05h)』

シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool シービージャパン洗濯機ホワイト予洗い事前洗い小型二層式ステンレス脱水槽マイセカンドランドリーハイパーcomtool
出典:Amazon この商品を見るview item
セカンド洗濯機として便利! 洗濯・脱水これ一台!

セカンド洗濯機として便利に使える二槽式洗濯機。汚れ落ちのよさなどを理由に、今でも密かに人気がある商品です。コンパクトサイズで置き場所に困らないので、脱水機として、何万円もするメインの洗濯機に入れると故障が心配な汚れが気になる洗濯物にもぴったり。子どもが泥だらけにした洋服やユニホーム、毛がついたペットのお洋服、砂だらけの水着や上履きの洗濯にも活躍します。

洗濯槽にはゴミ取りネットが標準装備。糸くずもしっかりキャッチしてくれます。

エキスパートのおすすめ

BCOM(ビーカム)『小型脱水機 ドライサイクロン(BDS-3.0SBP)』

BDS-3.0SBPビーカム家庭用小型脱水機ドライサイクロン[BDS30SBP] BDS-3.0SBPビーカム家庭用小型脱水機ドライサイクロン[BDS30SBP] BDS-3.0SBPビーカム家庭用小型脱水機ドライサイクロン[BDS30SBP]
出典:楽天市場 この商品を見るview item
モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

脱水槽が取り出せるためメンテナンスがらく

床拭き用の雑巾やペット用のタオルを、ふだん使う洗濯機に入れるのはちょっと……と感じる方は、高さ60cmのコンパクトな小型脱水機をサブ使いするのがおすすめです。

洗濯機と別に用意すれば、犬や猫の毛がほかの衣類にくっついてしまうことはないため、乾いた後のコロコロをかける作業ともおさらばです。手しぼりのように手間がかからず、水がしたたり落ちることもありません。

ステンレス製の脱水槽が取り外しできるのも、本製品の大きなポイント。表も裏も丸洗いできるため、キレイな状態をキープできます。

脱水後は洗濯物を入れたまま物干し竿へ移動できるため、洗濯かごに移す手間もありませんよ。工場作業や部活動などで汚れた衣類の脱水にも最適です。

THANKO(サンコー)『小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3(STTWAMN3)』

THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活 THANKO小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3STTWAMN3洗濯機一人暮らしコンパクト新生活
出典:Amazon この商品を見るview item
タイマーつきで効率的な二槽式洗濯機

洗いと脱水はつまみを回して個別にタイマー設定可能な二槽式洗濯機。洗濯槽と脱水層を別々に動かせるので、色移りの気になるジーンズと汚れた作業着など分けて洗いたい衣類が重なってしまっても問題ありません。洗濯を回している間に先に洗ったものを脱水できるので、複数回のお洗濯だって効率的。

洗浄や脱水がパワフルな二槽式のよさをそのままに、ベランダにも置けるコンパクトサイズ。脱水機や洗い分け専用の洗濯機としてだけでなく、洗濯機を置くスペースがないひとり暮らしのメイン使用にもぴったりです。

ALUMIS(アルミス)『パワフルスピンドライ(APD-6.0)』

ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0 ALUMIS超高速脱水機【パワフルスピンドライ】脱水容量約6kgホワイトAPD-6.0
出典:Amazon この商品を見るview item
パワフル脱水が魅力の大型脱水機

おうちに乾燥機がなくても乾きやすい! パワフル脱水が特徴の脱水機。脱水容量は約6kg、高速脱水でしっかり水気をしぼります。

梅雨や冬の時期のお洗濯、部屋干しの乾燥時間短縮にと大活躍。翌日すぐ使いたい厚手の衣類を早く乾かすのにも便利です。洗濯機の乾燥機能や浴室乾燥機を使っている人も、あわせて使えば乾燥時間が短縮でき電気代の節約に。

脱水槽はステンレス製だから清潔。汚れやカビにも強く、梅雨時期にも安心して使えます。

▼脱水機おすすめ4選【手動】

続いては、手動のおすすめ脱水機をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

THANKO(サンコー)『手で回す強力脱水機 ミズキリスピナー(S-MDD21W)』

脱水機ドライ手動手回し衣類タオル靴上履き子供[公式]手で回す強力脱水機「ミズキリスピナー」S-MDD21W 脱水機ドライ手動手回し衣類タオル靴上履き子供[公式]手で回す強力脱水機「ミズキリスピナー」S-MDD21W 脱水機ドライ手動手回し衣類タオル靴上履き子供[公式]手で回す強力脱水機「ミズキリスピナー」S-MDD21W
出典:楽天市場 この商品を見るview item
モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

電気を使わずに脱水できる手動タイプ

本体の両サイドには紐のついた持ち手があり、台座を足で押さえながら交互に引くだけで、かんたんに脱水できる手動タイプの脱水機です。

電源を必要としないため、屋内はもちろんキャンプ場など屋外での使用にも対応。強弱は引くスピードを調整するだけでおこなうことができ、ダメージが気になるオシャレ着の脱水にも最適です。

バケツのような見た目の本体は、3辺の長さがいずれも40cm以下と、脱水機のなかでもとくにコンパクトなサイズ感。収納場所をとらないため、災害時の停電に備えて家にひとつ置いておくこともできますよ。

エキスパートのおすすめ

CENTARC(セントアーク)『ハンドウォッシュスピナー』

セントアーク(CENTARC)電気のいらないドラム洗濯機ハンドウォッシュスピナー小型手動洗濯機脱水 セントアーク(CENTARC)電気のいらないドラム洗濯機ハンドウォッシュスピナー小型手動洗濯機脱水 セントアーク(CENTARC)電気のいらないドラム洗濯機ハンドウォッシュスピナー小型手動洗濯機脱水 セントアーク(CENTARC)電気のいらないドラム洗濯機ハンドウォッシュスピナー小型手動洗濯機脱水 セントアーク(CENTARC)電気のいらないドラム洗濯機ハンドウォッシュスピナー小型手動洗濯機脱水
出典:Amazon この商品を見るview item
モノレビュアー・家電コンシェルジュ:松本 レイナ

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

脱水も洗濯も両方できる手回しモデル

ホースリールのような見た目がユニークな脱水機。ハンドルをくるくる回すだけで脱水できるため、力の弱い子どもや高齢者の方でもらくに使えます。

脱水した水は下方向から流れ出るため、ホースを使わなくてもお風呂場やシンクでそのまま排水できるのもポイント。流れる水の量を見れば、脱水が完了したか一目で分かりますよ。

本体を縦置きすれば洗濯モードに早変わり。脱水よりもゆっくりなスピードで回せるよう、ギアが2つあるため、洗濯物をいためないほどよいスピードで洗うことが可能です。

スポーツウェアやフェイスタオルくらいであれば、空いた時間にパパッと洗濯できますよ。

エキスパートのおすすめ
静音・省エネの手動洗濯脱水機

ペット用品やタオルなど少量の洗濯物に役立つ小型洗濯&脱水機。手動で回すので、電気を使わず騒音も気になりません

持ち運びしやすく、キャンプなど電源が使えないアウトドアシーンでも活躍するでしょう。防災用としてもひとつ持っておくと安心です。

エキスパートのおすすめ

トップマン『PESHANKOしぼり機PESHANKOしぼり機』

トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー トップマンPESHANKOしぼり機4202000シルバー
出典:Amazon この商品を見るview item
おしゃれな手動ローラー

どこか懐かしいローラー式の脱水機(しぼり機)。キャンプや川での水遊びでびっしょり濡れたタオルや服も、ギュッと絞って水気を飛ばせます。

他にはないおしゃれなデザインも魅力の一つ。脱水の手間を楽しみに変えてくれるアイテムです。

「脱水機」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ハイスマートジャパン『電気脱水機(HS-S60A)』
Comtool(カントゥール)『マイセカンドランドリー ハイパー(TOM-05h)』
BCOM(ビーカム)『小型脱水機 ドライサイクロン(BDS-3.0SBP)』
THANKO(サンコー)『小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3(STTWAMN3)』
ALUMIS(アルミス)『パワフルスピンドライ(APD-6.0)』
THANKO(サンコー)『手で回す強力脱水機 ミズキリスピナー(S-MDD21W)』
CENTARC(セントアーク)『ハンドウォッシュスピナー』
VERSOS(ベルソス)『極洗エコスピンウォッシャー』
トップマン『PESHANKOしぼり機PESHANKOしぼり機』
商品名 ハイスマートジャパン『電気脱水機(HS-S60A)』 Comtool(カントゥール)『マイセカンドランドリー ハイパー(TOM-05h)』 BCOM(ビーカム)『小型脱水機 ドライサイクロン(BDS-3.0SBP)』 THANKO(サンコー)『小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」3(STTWAMN3)』 ALUMIS(アルミス)『パワフルスピンドライ(APD-6.0)』 THANKO(サンコー)『手で回す強力脱水機 ミズキリスピナー(S-MDD21W)』 CENTARC(セントアーク)『ハンドウォッシュスピナー』 VERSOS(ベルソス)『極洗エコスピンウォッシャー』 トップマン『PESHANKOしぼり機PESHANKOしぼり機』
商品情報
特徴 幅35cmコンパクトな本体で置き場所に困りません セカンド洗濯機として便利! 洗濯・脱水これ一台! 脱水槽が取り出せるためメンテナンスがらく タイマーつきで効率的な二槽式洗濯機 パワフル脱水が魅力の大型脱水機 電気を使わずに脱水できる手動タイプ 脱水も洗濯も両方できる手回しモデル 静音・省エネの手動洗濯脱水機 おしゃれな手動ローラー
サイズ 約幅350×奥行350×高さ645mm 幅550×奥行360×高さ575mm 幅350×奥行365×高さ600mm 幅550×奥行345×高さ575mm 幅350×奥行350×高さ61.5mm 幅395×奥行390×高さ380mm 幅274×奥行288×高さ214mm (約)W35×D35×H41cm 幅52×奥行18×高さ25cm
重量 11.5kg 約11kg 7kg 約9kg 約12kg 約3.95kg 約1.5kg 約2kg 6.2kg
脱水容量 約6kg 約2.0kg 約3.0kg 約2.0kg 約6.0kg - - - -
回転数(毎分) 約2,800~3,000 - - 300 2,800~3,000 - 900 - -
脱水槽の素材 ステンレス - ステンレス ステンレス ステンレス - ポリプロピレン PP/PE/ABS -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年10月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 脱水機の関連商品の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での脱水機の関連商品の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:小型・ポータブル洗濯機ランキング
楽天市場:ミニランドリーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【最後に】家電コンシェルジュからのアドバイス

モノレビュアー・家電コンシェルジュ

音が出るため、使用する時間帯は選びましょう

洗濯機の脱水機能と同様、脱水時はモーターが動くため動作音が生じます。脱水のみのため数分で終わりますが、まわりへの配慮を考えると動かす時間帯は考えたほうがよいでしょう。寝ている方が多い早朝や深夜といった時間帯は、なるべく避けるのがおすすめです。

また、たくさんの洗濯物を入れてしまうと、偏りが生まれやすく騒音の原因になってしまうことも。脱水機は、洗濯機に比べると安定感がないため、脱水時の音が少し大きめな場合が多いです。気になるときは、洗濯物の量もチェックしてみましょう。容量いっぱいに詰め込むよりも、効果的に脱水することもできますよ。

【関連記事】洗濯に関連する記事をチェック

脱水機について選び方のポイントをおさらい

1.脱水容量は一度の洗濯物の量にあわせる
2.本体重量やサイズを確認する
3.脱水槽の素材はステンレスか、プラスチックか
4.脱水性能は回転数を確認する
5.お手入れのしやすさをチェックする

脱水機を持っているという人は少ないかもしれませんが、あると洗濯を助けてくれる便利なアイテム。洗濯ものを干してから乾くまでの時間がグッと短縮できるほか、メインの洗濯機では一緒にしたくない泥だらけの洋服や靴の脱水にも使えます。ぜひ検討してみてくださいね!

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部