家電プロレビュアーが解説! 洗濯機の選び方とおすすめ5選&人気7選

家電プロレビュアーが解説! 洗濯機の選び方とおすすめ5選&人気7選

家電プロレビュアー:石井 和美
家電プロレビュアー
石井 和美

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。雑誌やWEBメディア、テレビなどで幅広く活躍中。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家タイプ「家電ラボ」を開設。 小物家電だけでなく、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電もテストしている。また、自身でも「<a href="//kaden-blog.net/" target="_blank">家電blog</a>」を運営する。

私たちの暮らしになくてはならない洗濯機。乾燥までできる機種も普及して、家事の時短に一役買っています。今回は、主流となっている「タテ型洗濯機」と「ドラム式洗濯機」の違いや、洗濯機の選び方、使い方の基本を家電のエキスパート石井和美さんにレクチャーしていただきます。マイナビニュース会員500人に洗濯機に関するアンケートを実施。みんなが買いたい洗濯機などの情報もご紹介します。ぜひ、比較検討の参考にしていただければと思います。


洗濯機は誰しもが持っている生活必需の家電!

洗濯機のイメージ写真

ドラム式かタテ型か、乾燥までできるか乾燥は不要か……、迷いがちな洗濯機選びをナビゲートします!

さすが生活必需家電という「圧倒的な所持率」

まずは、いまの時点で自宅に洗濯機があるかどうか、うかがってみました。

Q1.洗濯機をお持ちですか  ※回答数:512人

はい 94.7%
いいえ 5.3%
およそ95%の方が「持っている」という、まさに生活に必要不可欠な家電。総務省の調査でも、世代を問わず普及率トップ3に入っている洗濯機ですから、当然の結果です。

次に何年その洗濯機を使い続けているかをうかがいました。

Q2.お持ちの洗濯機は何年使用していますか  ※Q1で『はい』と回答した方:485人

・1年未満 9.4%
・1~3年未満 19.0%
・3~5年未満 21.9%
・5年以上 49.7%

アンケートでは、ほぼ半数の方が5年以上使っていると回答。ちなみに、一般的な洗濯機の寿命はメーカーや設置場所、使い方などいろいろな条件で差は出るものの、およそ7年といわれています。

一度洗濯機を買うと、長期間その洗濯機を使い続けることになります。ですから、購入時点で自分の暮らしにピッタリのものを比較・検討して選ぶことが大切です。


洗濯機を選ぶ際にはずせない3つのポイントって?

さて、選び方についてですが、どんなところが比較のポイントになるのでしょう。

ポイントは大きく分けて3つ、①洗濯機のタイプ・種類を知る、②日常での使い方をイメージする、③機能・サービスなどメーカーごとの特徴を押さえる、が挙げられます。以降、順に解説していきましょう。

(1)洗濯機のタイプ・種類を知る

ひとくちに洗濯機といっても、いくつかのタイプに分類されます。ここでは「タテ型」「ヨコ型ドラム」「2槽式」という、一般的による見られるおもな洗濯機のタイプについてご紹介します。

汚れを落とすの能力が高い「タテ型」

タテ型には乾燥機能がついた「タテ型洗濯乾燥機」と、乾燥機能がない「全自動洗濯機」があります。昔から主流のタテ型は、洗浄力の高さが大きなウリです。水を洗濯槽にたくさん溜めて洗うことで洗剤が泡立ちやすく、しつこい汚れにも威力を発揮します。いちどにたくさんの洗濯物をまとめて洗っても、比較的汚れをよく落としくれるタイプになります。

単槽式でスリムなボディの商品が多いことから、置き場所を選ばず、設置に困らないのも特徴のひとつ。また、タテ型は本体価格が比較的安いです。

「タテ型」のメリット・デメリットをまとめてみます。

【タテ型のメリット・デメリット】
〇高い洗浄力(溜め込んだ洗濯物も一度でキレイに)
〇価格が安い(他のタイプに比べれば安価で買える)
〇コンパクト(場所によらず設置しやすい)
△衣類の取り出し(大きな洗濯物は取り出しにくい)
×衣類のシワ(ドラム式よりシワになりやすい)

家電プロレビュアー

外干しメインなら、汚れ落ちがよいタテ型洗濯機

今も「外で干して、日光で乾かしたい」というニーズは多くあります。縦型洗濯機はたっぷりの水で洗うので、泥汚れ、シミ汚れなどに効果抜群。最近は温水コースを備えたものも登場し、より汚れ落ちがよくなっています。少ない水ではとれにくいニオイも、たっぷりの水で洗った方が落ちます。まとめ洗いをする方、育ちざかりの子どもがいるご家庭で支持されています。

節水と乾燥機能に優れた「ドラム式」

ドラムがヨコ位置で回転し、それによって洗濯物が上下運動してたたき洗いされます。このドラム式は風で衣類を舞わせることで、空気に触れやすく、洗濯物の乾燥が効率的に行えます。
また、たくさんの水を溜められない構造になっていることから、洗浄に使う水量が少なく、結果として節水型のエコタイプとなります。「ドラム式」は乾燥が得意で、ボタンを押すだけで洗いから洗濯まで行ってくれる全自動洗濯機なのです。最近は外干しできないマンションや、黄砂やPM2.5などの付着を防ぐためにドラム式を選ぶ方も増えています。

メリットがある一方、汚れ落ちはタテ型や2槽式に比べればやや劣ります。また、近年はスリムなものも増えてきているとはいえ、タテ型に比べればサイズは大きくなりがちです。さらに横に扉を開く構造から、置き場所もよく考える必要があります。メリット、デメリットは次の通りです。

【ドラム式のメリット・デメリット】
〇乾燥が得意(頻繁に乾燥機能を使う人に◎)
〇高い節水率(少量の水でエコに洗える)
〇洗濯物の出し入れがラク(一般的な斜めドラムの場合)
×洗浄力は低め(タテ型などに比べて低い)
×サイズは大きめ(設置には注意が必要)
×扉の開く方向にも注意(設置には注意が必要)

家電プロレビュアー

乾燥まで終わらせたいならドラム式洗濯機

ボタンを押せば、洗濯から乾燥まで終わらせられるドラム式洗濯機。マンションなどの事情で外に干せない方、日中家にいない共働きの方、黄砂やPM2.5が気になる方は、ドラム式洗濯機が便利です。ただし、意外と面倒なのがお手入れ。乾燥フィルターの掃除を行わなければならず、放っておくと目詰まりして止まってしまいます。最近はそういった乾燥フィルターのお手入れが簡素化しているものや、全くしなくてもいいものも登場していますので、お手入れ面もチェックしておきましょう。

シンプルな構造でタフに使える! 汚れ落ち最強の「2槽式」

AQUA 2槽式洗濯機『AQW-N351-HS』

普通の洗濯機では落ちにくい、しつこい汚れには、洗濯~すすぎと脱水のための槽が分かれた2槽式がおすすめです。たっぷりの水と強い水流で、汚れ落ちはピカイチ! 最優先事項が「とにかく洗濯物をキレイにしたい!」であれば検討したいアイテムです。

造りが単純で故障もしにくく、外置きにも強いですが、サイズが大きく、室内置きは困難なものが多いようです。また、全自動に比べると、手間や時間はかかってしまいます。

【2槽式のメリット・デメリット】
〇汚れ落ちが抜群(プロの業者さんも使っている)
〇故障しにくい(構造がシンプルなので)
×サイズが大きい(室内置きは難しいものが多い)
×手間がかかる(全自動ではない)

(2)日常での使い方をイメージする

続いては「洗濯機の使い方」について考えてみましょう。これにより、買うべき洗濯機のタイプが見えてきます。大まかには、次の3つになります。

置き場所はどこ? → 本体サイズなどの決定

まずは洗濯機が、どこに置けるかを確認しましょう。屋内の防水パン・トレーや、屋外の給排水設備などの設置場所は、すでに決まっているケースが多く、そのスペースに置くことのできるサイズの洗濯機を選ぶことになります。

ただし、設置スペースだけでサイズは確定できません。給水の蛇口が付いている場所、さらには設置スペースまで運ぶルートの幅や高さなども確認のうえ、すべてに問題のないサイズの機種を選びましょう。

タテ型ならここまで確認すればOKですが、扉が手前に開くドラム式の場合は洗濯機の前のスペースの確保も重要です。また、扉の開閉方向についても要注意です。新しい機種では左右を選べるタイプも増えているので、事前に必ず確認しておきましょう。

家電プロレビュアー

場所が許すなら大きめを買うと便利

洗濯するのは衣類や小物だけではありません。シーツや毛布、カーテンなどをこまめに洗濯する方も多く、最近ではコインランドリーも主婦に人気となっています。家族のシーツなどを常に清潔にしておきたい、という方は毛布やシーツのコースがある、大容量タイプがおすすめです。ただし、容量が大きくなると本体も大きくなるので、必ず設置場所と搬入ルートの確認をしてください。

1日の洗濯物はどれくらい? → 洗濯容量の決定

洗濯機の容量を考える場合、ひとつの基準として、1日当たりの洗濯物の量を目安にするというものがあります。多少の差はありますが、1日ひとり当たりの洗濯物の量はおよそ1.5kgといわれています。4人家族の場合では、6kgが最適な容量という計算になります。

また、洗濯する頻度に合わせて容量を選ぶのがいいでしょう。たとえば、独り暮らしなら5kgくらい。ふたり暮らしでも、まとめ洗いが多いようであれば~10kgの大容量タイプを選ぶのがいいかと思われます。

ご家庭によってはTシャツ、タオル類、下着類など種類ごとに小分けにして洗濯することもあり、その場合は5~6kgの小型タイプでも問題のないことがあります。

夜間も使用する? → 騒音レベルの決定

夜の時間にも洗濯機を使う可能性があるのなら、静かさも視野に入れておきましょう。ターゲットは運転音を抑える低騒音設計の商品。静音性については、メーカーサイトなどの仕様表に記載されている運転音を参考にしてください。ちなみに目安は45dB以下です。

ただし、設置場所やまわりの環境など、実際に使用してみないとわからないこともあります。口コミなども参考にしながら、より具体的な使用感をつかむようにしましょう。

(3)機能・サービスなどメーカーごとの特徴を押さえる

タイプ、使い方という、ふたつのポイントから検討することで、洗濯機選びはほぼOK。最後の仕上げとしてチェックしておきたいのが、さらにこまかなメーカーごとの特徴です。

ここでは一部のメーカーを例に、おもな機能やサービスをピックアップしてみました。

日立製の注目!の機能

・タテ型洗濯乾燥機ビートウォッシュ
頑固な汚れもスッキリ! 白さ際立つ洗い上がりに定評のある、大流量シャワーによる「ナイアガラビート洗浄」

・ドラム式洗濯乾燥機ビッグドラム
ジェットファンモーターの高速風でシワを伸ばして乾燥するから、アイロン要らずの仕上がりな「風アイロン」

パナソニック製の注目!の機能

・タテ型洗濯乾燥機(FW・FAシリーズ)
循環ポンプで汲み上げた泡立ちアップの洗剤液で繰り返し洗うから、たっぷりの泡でスッキリ洗浄できる「泡洗浄W」

・ドラム式洗濯乾燥機(VXシリーズ)
スマホアプリとの連携により、外出中でも洗濯終了時間の設定・変更が可能な「スマホで洗濯」

家電プロレビュアー・石井和美さんおすすめの洗濯機5選

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

日立 洗濯乾燥機『ビートウォッシュ BW-DX120C』

出典:Amazon

タイプ
タテ型洗濯乾燥機
サイズ(幅×奥行×高さ)
65×71.5×106cm
重量
約70kg
洗濯・脱水容量
12kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量
洗濯:125L/洗濯~乾燥:約140L
目安時間
洗濯:44分/洗濯~乾燥:約170分
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

洗濯物の汚れや水の量などをAIがセンシング

AIが洗濯物の汚れや水の量、温度などをセンシングし、洗剤の種類や布質、汚れの量、水の硬度などの状況に合わせて洗い方や運転時間などを自動で制御。また、洗剤自動投入で、最適な液体洗剤・柔軟剤を自動で適量投入します。デザインも一新され、スタイリッシュになりました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LGエレクトロニクス『DUALWash SGDW18HPWJ』

出典:Amazon

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
メイン洗濯機:60×73×85cm/ミニ洗濯機:60×73×36.5cm
重量
メイン洗濯機:約94.5kg/ミニ洗濯機:約43kg
洗濯・脱水容量
メイン洗濯機:11kg/ミニ洗濯機:2kg
乾燥容量
メイン洗濯機:6kg/ミニ洗濯機:-
標準使用水量
洗濯:メイン洗濯機 78L、ミニ洗濯機41L/洗濯~乾燥:メイン洗濯機 50L、ミニ洗濯機 -
目安時間
洗濯:メイン洗濯機 32分、ミニ洗濯機32分/洗濯~乾燥:メイン洗濯機 (標準)130分、ミニ洗濯機 -
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

メイン洗濯乾燥機の下にミニ洗濯機が!

洗濯容量11kg(乾燥容量6kg)のメイン洗濯乾燥機の下にもう一つ、2kgのミニ洗濯機があり、「同時」に洗ったり、「分けて」洗ったりと、ライフスタイルに合わせてさまざまな使い方ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機『Cuble NA-VG2300L/R』

出典:Amazon

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
60×66.5×99.8cm
重量
約74kg
洗濯・脱水容量
10kg
乾燥容量
5kg
標準使用水量
洗濯:約78L/洗濯~乾燥:約65L
目安時間
洗濯:約30分/洗濯~乾燥:約195分
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

シンプルで美しいデザインが魅力的

水平・垂直を活かしたキュービックフォルムとシンプルな美しいデザインが魅力です。ドラム式は衣類の出し入れがしにくいものも多いのですが、投入口が大きく、位置が高めなので取り出しやすく、入れるのもラクです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

シャープ ドラム式洗濯乾燥機『ES-W111』

出典:Amazon

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
64×72.8×110.4cm(幅は排水ホース、高さは給水ホースを含む)
重量
約82kg
洗濯・脱水容量
11kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量
洗濯:78L/洗濯~乾燥:52L
目安時間
洗濯:約35分/洗濯~乾燥:約150分
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

小さな泡が弾ける力で汚れを落とす機能搭載

1秒間に約38,000 回の超音波振動でつくる、小さな泡が弾ける力で汚れを弾き飛ばす「ハンディウォッシャー」が付属したドラム式洗濯機。さらに10分洗濯コースの前に超音波ウォッシャーで予洗いすれば、首回りなどの汚れもスッキリ落ちます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東芝『ZABOON AW-10SD7』

出典:Amazon

タイプ
タテ型全自動洗濯機
サイズ(幅×奥行×高さ)
63.7×60.9×98.6cm(排水ホースを含む)
重量
約47kg
洗濯・脱水容量
約10kg
乾燥容量
標準使用水量
洗濯:約119L
目安時間
洗濯:約42分
Thumb lg c21cb16f 9460 4fe2 bda9 9b0996000253
家電プロレビュアー

音がとても静かな低振動・低騒音タイプ

低振動・低騒音設計で、音がとても静か。夜や早朝の時間を有効活用して洗濯したい方におすすめです。「ウルトラファインW」で黄ばみの原因となる繊維の奥の皮脂汚れを落としてしっかり洗い流してくれるので、使い続けると白さの違いがわかります。

500人が選んだおすすめの洗濯機はコチラ!

次に購入したい洗濯機のアンケート結果(※)にもとづいた人気の洗濯機7選を見ていきましょう。

※アンケートでは、細かく機種や型番を回答いただくことは難しいため、設問は「次に購入を検討したい洗濯機のメーカーと型を教えて下さい。」とし、メーカー名と、タテ型、ドラム型といったタイプから回答してもらいました。メーカーごとに最新の機種や売れ筋などのおすすめ機種を編集部でピックアップしてご紹介します。

『シャープ』のドラム型(プラズマクラスター洗濯乾燥機)

出典:Amazon

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
64×72.8×110.4cm
重量
約82kg
洗濯・脱水容量
11kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量
洗濯:78L/洗濯~乾燥:52L
目安時間
洗濯:約35分、洗濯~乾燥:約150分

「マイクロ高圧洗浄」など、最先端技術を満載

シャープのES-P110-SL。スタイリッシュなハーフミラーガラス採用の大容量プレミアムモデルのドラムタイプです。「マイクロ高圧洗浄」「温水極め洗い」「ぽかぽか・おひさま乾燥」など、同社最先端の技術をちりばめた一台。ヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド仕様も業界初となります。

HITACHI BD-SV110AL-W

出典:楽天市場

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
63×71.5×105cm
重量
約81kg
洗濯・脱水容量
11kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量
洗濯:78L/洗濯~乾燥:約53L
目安時間
洗濯:33分/洗濯~乾燥:約165分

徹底的なすすぎ力と消費電力量の低減を両立

本機種は汚れはもちろん、繊維の奥の洗剤に対しても徹底的なすすぎ力を生み出す、「ナイアガラシャワー」やドラムの高速回転などの技術が光ります。運転時に生じる熱を回収・再利用するヒートリサイクルにより、消費電力量の低減も実現しています。

『パナソニック』のタテ型(JFAシリーズ)

出典:Amazon

タイプ
タテ型全自動洗濯機
サイズ(幅×奥行×高さ)
59.9×62.6×101.7cm
重量
約40kg
洗濯・脱水容量
8kg
乾燥容量
-
標準使用水量
定格洗濯時:109L
目安時間
定格洗濯時:約40分

腰に負担をかけない「すぐソコスタイル」採用

タテ型なのに腰に負担なく洗濯物が取り出せる浅い洗濯槽の「すぐソコスタイル」。広い洗濯物投入口やホワイトタッチ液晶などの採用により操作性、使い勝手も向上しています。

『パナソニック』のドラム型(VXシリーズ)

出典:Amazon

タイプ
ドラム式
サイズ(幅×奥行×高さ)
60.0×72.2×100.9cm
重量
75kg
洗濯・脱水容量
10kg
乾燥容量
6kg
標準使用水量
定格洗濯時:78L/定格洗濯乾燥時:55L
目安時間
定格洗濯時:30分/定格洗濯乾燥時(標準乾燥モード):114分

アレル物質を洗い流す「ダニバスター」機能搭載

従来の「泡洗浄W」といった優秀な機能に加え、衣類やタオルを傷めず、スピーディなヒートポンプ乾燥や、アレル物質(ダニのふんや死骸)を洗い流してくれる「ダニバスター」など、秀逸な機能が満載です。

『シャープ』のタテ型(プラズマクラスター洗濯乾燥機)

出典:Amazon

タイプ
タテ型洗濯乾燥機
サイズ(幅×奥行×高さ)
60.0×65.0×105.0cm
重量
48㎏
洗濯・脱水容量
11㎏
乾燥容量
6㎏
標準使用水量
洗濯:115L/洗濯~乾燥:88L
目安時間
洗濯:約46分/洗濯 ~ 乾燥:約220分

キレイと時短をかなえる、超音波ウォッシャー搭載

消臭・除菌ができると好評なシャープのプラズマクラスター洗濯乾燥機。最新機種では、布を傷めず汚れを落とす「穴なしサイクロン洗浄」に加え、「パワフルシャワー」で衣類を素早く洗剤液に沈め、洗剤の効果を引き出してくれます。また、新機能の超音波ウォッシャーを搭載。付属している専用機器の超音波ウォッシャーで予洗い後に「10分洗濯コース」で洗濯をすれば、キレイと時短の両方がかないます。

『パナソニック』のタテ型(FW・FAシリーズ)

出典:Amazon

タイプ
タテ型洗濯乾燥機
サイズ(幅×奥行×高さ)
59.9×64.8×107.1cm
重量
約47㎏
洗濯・脱水容量
8㎏
乾燥容量
4.5kg
標準使用水量
定格洗濯時:97L/定格洗濯乾燥時:117L
目安時間
定格洗濯時:37分/定格洗濯乾燥時:189分

使い勝手やメンテにも気を配った設計

同社独自の技術、泡洗浄Wにより、これまでの汚れ落ちの常識を覆す洗浄力を実現。本機種は洗濯物の出し入れがラクな「すっきりフロント」や、ゴミの溜まりにくい「フラットフェイス」など、使い勝手やメンテナンスにも気を配った設計です。

『ハイアール』の タテ型

出典:Amazon

タイプ
タテ型全自動洗濯機
サイズ(幅×奥行×高さ)
52.0×57.5×94.6cm
重量
31㎏
洗濯・脱水容量
7.0㎏
乾燥容量
-
標準使用水量
101L
目安時間
標準コース37分、お急ぎコース10分

独自のらせん状の水流が汚れをしっかり洗浄

本機種では、従来の4枚羽から5枚羽にバージョンアップした、新型「3Dウィングパルセーター」を搭載。洗濯槽内にらせん状の水流を作り出し汚れをしっかり洗浄し、洗濯物の摩耗を最大限低減します。また、「しわケア」脱水機能でアイロンがけの負担を軽減。脱水時間と回転数を調整することでしわが付くのを抑えられます。さらに、遠心力と空気の力で衣類の水分を飛ばす「風乾燥」で、干し時間を短縮。「お急ぎコース」を選べば、汚れが少ない時などは、10分で洗濯が可能です

比較一覧表

画像

31qjp+t7wvl
41ggwx9nmdl
41jt8wjghwl
41ukr zae+l
31w+ceq8wfl
31ttvkvpizl
Bd sv110al w
316yjf05nyl
51cgq7dpd8l
412edu2jall
41e1e4of2ol
31dsyx5acbl

商品

日立 洗濯乾燥機『ビートウォッシュ BW-DX120C』 LGエレクトロニクス『DUALWash SGDW18HPWJ』 パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機『Cuble NA-VG2300L/R』 シャープ ドラム式洗濯乾燥機『ES-W111』 東芝『ZABOON AW-10SD7』 『シャープ』のドラム型(プラズマクラスター洗濯乾燥機) HITACHI BD-SV110AL-W 『パナソニック』のタテ型(JFAシリーズ) 『パナソニック』のドラム型(VXシリーズ) 『シャープ』のタテ型(プラズマクラスター洗濯乾燥機) 『パナソニック』のタテ型(FW・FAシリーズ) 『ハイアール』の タテ型

特徴

洗濯物の汚れや水の量などをAIがセンシング メイン洗濯乾燥機の下にミニ洗濯機が! シンプルで美しいデザインが魅力的 小さな泡が弾ける力で汚れを落とす機能搭載 音がとても静かな低振動・低騒音タイプ 「マイクロ高圧洗浄」など、最先端技術を満載 徹底的なすすぎ力と消費電力量の低減を両立 腰に負担をかけない「すぐソコスタイル」採用 アレル物質を洗い流す「ダニバスター」機能搭載 キレイと時短をかなえる、超音波ウォッシャー搭載 使い勝手やメンテにも気を配った設計 独自のらせん状の水流が汚れをしっかり洗浄

価格

Amazon : ¥ 222,848
楽天市場 : ¥ 256,600
※各社ECサイトの 2019年1月22日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 494,640
楽天市場 : ¥ 494,640
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 280,000
楽天市場 : ¥ 267,000
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 305,500
楽天市場 : ¥ 308,300
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 89,200
楽天市場 : ¥ 89,200
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 215,334
楽天市場 : ¥ 259,848
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 297,225
※各社ECサイトの 2019年2月2日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 146,700
楽天市場 : ¥ 134,362
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 187,103
楽天市場 : ¥ 184,799
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 167,249
楽天市場 : ¥ 158,446
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 171,357
楽天市場 : ¥ 203,041
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 29,990
楽天市場 : ¥ 25,583
※各社ECサイトの 2019年1月11日時点 での税込価格

タイプ

タテ型洗濯乾燥機 ドラム式 ドラム式 ドラム式 タテ型全自動洗濯機 ドラム式 ドラム式 タテ型全自動洗濯機 ドラム式 タテ型洗濯乾燥機 タテ型洗濯乾燥機 タテ型全自動洗濯機

サイズ(幅×奥行×高さ)

65×71.5×106cm メイン洗濯機:60×73×85cm/ミニ洗濯機:60×73×36.5cm 60×66.5×99.8cm 64×72.8×110.4cm(幅は排水ホース、高さは給水ホースを含む) 63.7×60.9×98.6cm(排水ホースを含む) 64×72.8×110.4cm 63×71.5×105cm 59.9×62.6×101.7cm 60.0×72.2×100.9cm 60.0×65.0×105.0cm 59.9×64.8×107.1cm 52.0×57.5×94.6cm

重量

約70kg メイン洗濯機:約94.5kg/ミニ洗濯機:約43kg 約74kg 約82kg 約47kg 約82kg 約81kg 約40kg 75kg 48㎏ 約47㎏ 31㎏

洗濯・脱水容量

12kg メイン洗濯機:11kg/ミニ洗濯機:2kg 10kg 11kg 約10kg 11kg 11kg 8kg 10kg 11㎏ 8㎏ 7.0㎏

乾燥容量

6kg メイン洗濯機:6kg/ミニ洗濯機:- 5kg 6kg 6kg 6kg - 6kg 6㎏ 4.5kg -

標準使用水量

洗濯:125L/洗濯~乾燥:約140L 洗濯:メイン洗濯機 78L、ミニ洗濯機41L/洗濯~乾燥:メイン洗濯機 50L、ミニ洗濯機 - 洗濯:約78L/洗濯~乾燥:約65L 洗濯:78L/洗濯~乾燥:52L 洗濯:約119L 洗濯:78L/洗濯~乾燥:52L 洗濯:78L/洗濯~乾燥:約53L 定格洗濯時:109L 定格洗濯時:78L/定格洗濯乾燥時:55L 洗濯:115L/洗濯~乾燥:88L 定格洗濯時:97L/定格洗濯乾燥時:117L 101L

目安時間

洗濯:44分/洗濯~乾燥:約170分 洗濯:メイン洗濯機 32分、ミニ洗濯機32分/洗濯~乾燥:メイン洗濯機 (標準)130分、ミニ洗濯機 - 洗濯:約30分/洗濯~乾燥:約195分 洗濯:約35分/洗濯~乾燥:約150分 洗濯:約42分 洗濯:約35分、洗濯~乾燥:約150分 洗濯:33分/洗濯~乾燥:約165分 定格洗濯時:約40分 定格洗濯時:30分/定格洗濯乾燥時(標準乾燥モード):114分 洗濯:約46分/洗濯 ~ 乾燥:約220分 定格洗濯時:37分/定格洗濯乾燥時:189分 標準コース37分、お急ぎコース10分

商品リンク

まとめ

洗濯機の人気商品&選び方のポイントをご紹介しました。アンケート回答から「音が大きい」「できれば乾燥機付きが」といった、現在使っている洗濯機への不満や要望が挙げられていました。次回購入の際には、ぜひ選び方のポイントを参考に検討していただければと思います。ぜひ納得のいく洗濯機選びをしてください。

◆アンケート情報
調査時期: 2018年5月4日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 合計512名
調査方法: インターネットログイン式アンケート


※この記事は、2018/5/30にマイナビニュースの「おすすめナビ!」コーナーに掲載した内容を、エキスパートへの取材を経て、リライト・再編集の上で再公開したものです。(元記事執筆:エボル、取材・編集・リライト:マイナビおすすめナビ編集部 中村亜紀子)

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する記事


レザークラフト用ミシンのおすすめ5選! ミシンの専門家に取材

レザークラフト用ミシンのおすすめ5選! ミシンの専門家に取材

ミシンを使ってレザークラフトにチャレンジしようとすると、ふつうのミシンではなかなか上手くいきません。レザークラフトに使うミシンには、布地よりも分厚い革に針を通すパワーと耐久性が必要で、家庭用ミシンを選ぶのか、職業用ミシンから選ぶのか、使用針はどれを選ぶのかといったミシン選びのポイントがあります。日本ミシンサービス インターネット事業部アシスタントマネージャーの松村敏則さんに取材し、ミシンの専門家というの立場から、レザークラフトミシンの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。


【会議や取材の記録に役立つ】ICレコーダー|エディターのおすすめ5選

【会議や取材の記録に役立つ】ICレコーダー|エディターのおすすめ5選

ICレコーダーは会議や授業などで音声を録音するのに便利なアイテムです。ほかにも自分の声で音声メモをとったり、語学学習などでも活躍します。最近はスマートフォンでも録音できますが、やはりICレコーダーは「録音」に特化している分、スマートフォンよりも鮮明に対象音源を捉えて録音することに優れています。今回はフリーライター/エディターの水澤 敬さんへの取材をもとに、ICレコーダーの選び方とおすすめの商品5つをご紹介。ICレコーダーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。


おすすめドラム式洗濯乾燥機5選|家電ライターに取材

おすすめドラム式洗濯乾燥機5選|家電ライターに取材

最近のドラム式洗濯機はますます進化をとげています。洗浄力の高いタイプ、スマホで操作できるもの、コンパクトサイズなど、機能も種類もいろいろあって、これという1台を選べない方も多いでしょう。家電ライターの田中真紀子さんにご意見をうかがい、自分に合ったドラム式洗濯機の選び方とおすすめ機種をまとめました。


生活道具研究家おすすめテフロン(フッ素)加工フライパン5選とランキング

生活道具研究家おすすめテフロン(フッ素)加工フライパン5選とランキング

いちばんよく使う調理器具は「フライパン」、そんな人も多いのではないでしょうか。使い勝手のいい、お気に入りが一つでもあれば料理の楽しみもぐっと広がります。今回はそんなフライパンの中でも「焦げつかない」「使いやすい」と人気のテフロン加工フライパン、フッ素加工フライパンの特徴や選び方とおすすめ商品を生活道具の専門家、湊谷明子さんに聞きました。また、マイナビニュース会員500人へのアンケートからわかったおすすめの人気商品もランキング形式でご紹介します。


専門家がおすすめするベビーカー5選と先輩ママ・パパに聞く人気20選

専門家がおすすめするベビーカー5選と先輩ママ・パパに聞く人気20選

赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカー。でも実際選ぶときには、さまざまなタイプ、商品ごとの特徴があって迷ってしまいます。しかも値段も安いものから高いものまで様々なので失敗なく購入したいもの。どのようなタイプがあって、どの商品が自分と赤ちゃんに合うのでしょうか? ベビーカーに詳しい、親子のコミューターガイドの遠藤まさ子さんに選び方のポイントとおすすめのベビーカー5選を教えていただきました。さらに、ママ・パパへのアンケートをもとに実際のユーザーの声を踏まえた人気のベビーカー20選をご紹介します。


最新の記事


通販でお取り寄せできるおすすめ牛乳5選|お取り寄せ生活研究家に取材

通販でお取り寄せできるおすすめ牛乳5選|お取り寄せ生活研究家に取材

子どものころから親しみ深い栄養たっぷりな牛乳。スーパーに並んでいるおなじみの商品もいいですが「もっと製法にこだわった本格的な牛乳を飲んでみたい! 」と考える方も多いのではないでしょうか。お取り寄せをすれば、日本各地の牧場が製造するこだわりの牛乳を購入できます。おいしい牛乳を味わえることはもちろん、お子さんの牛乳ギライを克服できる可能性も。そこでこの記事では「お取り寄せ生活研究家」として活動するaiko*さんへの取材をもとに、おすすめのお取り寄せ牛乳をご紹介します!


使いやすさと書きやすさに注目! ルーズリーフのおすすめ5選|教育・受験指導専門家に取材

使いやすさと書きやすさに注目! ルーズリーフのおすすめ5選|教育・受験指導専門家に取材

一口にルーズリーフといっても、紙質やサイズ・罫線などいろいろ違いますよね。色や穴の開き方・メーカーなども様々。そこで、ルーズリーフを探している人のために、どのような基準でルーズリーフを選べばいいのかを教育・受験指導専門家の西村 創さんのアドバイスを参考に、ルーズリーフを選ぶポイントを解説。さらに、おすすめのルーズリーフをピックアップしてご紹介します。


たこ焼き粉のおすすめ5選|飲食店コンサルタント大槻洋次郎さんが厳選

たこ焼き粉のおすすめ5選|飲食店コンサルタント大槻洋次郎さんが厳選

たこ焼きはお祭りや屋台でも買いますが、おうちでもたこ焼き器で楽しむ方も多いのではないでしょうか。その際にどんなたこ焼き粉を使っていますか? 今回は飲食店コンサルタントの大槻洋次郎さんに、たこ焼き粉の選び方とおすすめ商品をうかがいました。仕上がりのタイプや味など、おうちたこ焼きがワンランクアップするたこ焼き粉ばかりです。


ランドリーラックがほしい! 収納コンサルタントによる選び方のポイントとおすすめ商品5選

ランドリーラックがほしい! 収納コンサルタントによる選び方のポイントとおすすめ商品5選

ランドリーラックは洗濯機周りに収納スペースを作りだす便利なアイテムです。脱いだものやバスタオル、着替え、洗剤やハンガーなどの衣服以外も1カ所にまとめることができるので、いつも散らかって困っている人は必見です。この記事では収納コンサルタント・ライフアレンジニストである有賀照枝さんへの取材をもとに、役立つランドリーラックをご紹介いたします。


おいしい無調整豆乳のおすすめ5選|フードスタイリストに取材

おいしい無調整豆乳のおすすめ5選|フードスタイリストに取材

無調整豆乳とは、基本的に大豆と水のシンプルな材料でできた豆乳のこと。油脂や塩分、糖分などが加えられておらず、大豆固形分が8%以上のものをいいます。調味料が加えられている調整豆乳と比べると「飲みにくい」「まずい」といわれることも多い無調整豆乳ですが、大豆の産地や品種の工夫によりおいしい無調整豆乳も続々発売されていますし、なにより大豆の風味をまるごと味わえるのが魅力。フードスタイリストの池 ももこさんに、おすすめをうかがいました。遺伝子組み換えでない無調整豆乳を選ぶには? 有機栽培の大豆がいいときはどう選べばいいの? といった選び方のポイントも紹介します。