クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

レコーディングエンジニア:小野寺 孝樹
レコーディングエンジニア
小野寺 孝樹

1989年株式会社ゼロスタジオに入社。 アシスタントを経て、1992年チーフエンジニアに昇格。 その後、数々のレコーディングに携わる。 2001年ゼロスタジオを退社、フリーランスとなる。 以降、レコーディング・ミックスからプログラミングまで、またアイドルソングからプログレまでなんでもこなす便利な人として、活躍中。"

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットの選び方|レコーディングエンジニアが解説

レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに、クラリネットを選ぶときのポイントを4つ解説してもらいました。クラリネットをはじめて買う方も、新しく買い替える予定の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クラリネットを演奏する人の画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

自分にぴったりのクラリネットを見つけましょう。

はじめて楽器を買うときのポイント

レコーディングエンジニア

クラリネットは、おもに木製とABS樹脂製のものがあります。

グレードの高い木製の楽器は、メンテナンスをしっかりすることで末永く使えますが、価格的に手が出しづらく、よい音を鳴らすのも難しいため、初心者にはハードルが高いかもしれません。

これからクラリネットを始めてみたい、とりあえず吹いてみたいという方には、価格がお手ごろなABS樹脂製のものがおすすめ。木製に比べて温度や湿度の変化に強く取り扱いやすいうえ、ビギナーでも比較的音を出しやすいという特徴があります。

ただし音に深みがなく、高度な演奏表現には対応しづらい面もありますので、長く続けていく場合、ゆくゆくグレードアップすることも念頭に置いておく必要があります。

Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』

コストパフォーマンスが高いABS樹脂製のクラリネット。つや消しの木目調で高級感もあります。

グレードアップするときのポイント

レコーディングエンジニア

ビギナーのうちはABS樹脂製の鳴らしやすい楽器で演奏するといいのですが、演奏力が高くなるにつれ、それではもの足りなくなってくると思います。最初のグレードアップには、10〜20万円ぐらいで鳴らしやすく、比較的取り扱いやすい木製のものがありますので、そちらがおすすめです。

木製のクラリネットは、グラナディラという木材で作られています。水に沈むほどの重量があり密度が高く、非常にかたいことが特徴です。目の詰まった材質のものほどクラリネットには向いているとされますが、希少なので手に入れにくく、さらに数年間もかけて乾燥させるため、よい材質の楽器ほど高級になります。

30万円前後かそれ以上のものになると、さらに耐久性や音色、演奏性のよさなど、上級者まで対応できるモデルがありますが、よい音を鳴らすのに技術を要するのと、日常の手入れやメンテナンス、さらには保管する温度や湿度にまで気を配る必要がありますので、それなりの注意と覚悟が必要です。

中級者~上級者におすすめの価格帯は、だいたい40万円前後からでしょう。

演奏するジャンルにより選ぶ

レコーディングエンジニア

演奏するジャンルや演奏形態によっても、選ぶべきクラリネットは変わってきます。

演奏するのがおもにクラシックなら、やはり木製のものがおすすめです。優しくささやくようなピアニッシモから激しいフォルテッシモまで、破綻(はたん)することなく鳴らせるのは木製ならでは。そのかわり、よい音を鳴らすのにはそれなりに技術が必要です。

ジャズやポップスなどで、明るく軽やかに鳴らすのであれば、ABS樹脂製のものを選ぶのも選択肢のひとつ。木製に比べて演奏しやすく、湿度や温度変化にも強いので屋外での演奏にも向いています。価格も比較的リーズナブルなものが多いので、木製とABS樹脂製の両方を、状況に応じて使い分けるのもよいでしょう。

Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)『Prologue(プロローグ)』

快適な吹きごこちで豊かな音色を奏でる、木製のクラリネット。

メーカー特色で選ぶ

レコーディングエンジニア

各メーカーの音色や演奏性の傾向をご紹介します。「YAMAHA(ヤマハ)」の楽器は少ない息でも吹奏しやすく、音程も比較的一定しているので、初心者でも安定した演奏が可能です。しかし音色の個性や操作性などは海外一流メーカーに及ばない部分もあり、ソロを取ったりメロディを演奏するよりも、吹奏楽やオケなどで合奏するのに向いているでしょう。

「Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)」はフランスの伝統あるメーカーで、やわらかく丸く優美な音色が特徴。合奏でも周りの音色とよく調和します。

同じフランスのメーカーでこちらも歴史のある「Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)」ですが、輪郭がくっきりとして前に出てくるような音色が特徴。ソロ演奏やリードクラリネットには最適な楽器です。メーカーごとの特徴を把握して選ぶといいでしょう。

クラリネットのおすすめ5選! レコーディングエンジニアが厳選

うえで紹介したクラリネットの選び方のポイントをもとに、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんにおすすめ商品を5つ選んでもらいました。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』

出典:Amazon

材質
プラスチック製
付属品
専用セミハードケース、説明書、運指表、リード、リードケース、クリーニング用スワブ、Oリング用グリス
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

軽量でコンパクトな、プラスティック製クラリネット

プラスチック製なので、コンパクトで軽量なのが特徴。さらに一般的なクラリネットがBb調なのに対し、この機種はC調。ピアノやギターなどと合わせて演奏する際に、同じ譜面を読み替えずにそのまま演奏できるのがうれしいところです。

ポップなルックスで、4色のカラーバリエーションが楽しめるのも魅力。趣味としてこれから楽器を始める方、本格的なクラリネットはハードルが高いけれど、クラリネットの雰囲気を手軽に味わってみたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』

出典:Amazon

材質
ABS樹脂製
付属品
付属マウスピース、ケースバッグ
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

日本メーカーならではの、高い安心感

国内メーカーであるヤマハの製品。製品ごとにキー精度などのバラつきがなく安定しているため、購入する際に外れをつかまされるおそれがなく、非常に安心感があります。

管体はABS樹脂製、すなわちプラスチック管なので、しっかりとした作りながらも比較的価格がお手ごろ。さらに温度や湿度の変化に強い特徴がありますので、たとえばマーチングバンドやスポーツの応援などの、屋外での使用にも適しています。

ビギナーの方にも、またブラスバンド部などの練習用に使いたい方にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)『Prologue(プロローグ)』

出典:Amazon

材質
木製(グラナディラ)
付属品
専用ケース、SELMER製マウスピース Focus、リード1枚、クリーニングスワブ、コルクグリス
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

お手ごろながら本格的な音色

セルマーといえば、サックスを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、創業者のアンリ・セルマーはもともとクラリネット奏者だったこともあり、クラリネットの作りや細部へのこだわりは強く、深い知見から数々の名機を生み出しています。

そのなかでもこの『Prologue』はコストパフォーマンスにすぐれています。セルマーならではのずっしりとした太い音色をたもちつつも、比較的鳴らしやすく、快適な吹きごこちを実現。本格的な音色を持ちながら手に入れやすい価格なので、中級者の方におすすめできるモデルです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』

出典:Amazon

材質
木製(グラナディラ)
付属品
マウスピース 、〈HB〉リガチャー&キャップ、コルク・グリス、リード、スクリュードライバー、〈BC〉オリジナル・スワブほか
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

著名な音楽家も愛用した、クランポンの代名詞

ビュッフェ・クランポンは、フランスの木管楽器の代表的なメーカーで、とくにクラリネットには定評があり、上位機種を中心にプロの愛用者も多いです。この『R-13』は1950年に開発され、かのベニー・グッドマンが愛用した楽器としても有名。

特徴は、音量の大きさ。大きな音量でも音色が破綻することがなく、プレイヤーの息づかいやテクニックにより、多彩な表現が可能です。ビュッフェ・クランポンの代名詞ともいうべきこの製品は、ある程度の技術を持った中級者から上級者の方に、とくにおすすめします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』

出典:Amazon

材質
ABS樹脂製
付属品
専用ケース、スワブ、リード、マウスピースほか
Thumb lg 9aa0717e ed74 4d3b b571 6aa3c695ac45
レコーディングエンジニア

手軽にクラリネットを体験してみたい方に

リーズナブルな価格のクラリネットのなかでも、とくにコストパフォーマンスが高いのが、ケルントナーのクラリネット。まったくのビギナーの方で、「とにかくクラリネットを体験してみたい」という方におすすめです。

また、廉価(れんか)機種の特徴でもあるABS樹脂製なので、温度や湿度管理に神経を使うことがなく、気楽に演奏できるのが魅力。メインとして木製の楽器は持っているけれど、アクティブに野外演奏を楽しみたい方にもおすすめです。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』
YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』
Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)『Prologue(プロローグ)』
Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』
Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』

商品

NUVO(ヌーボ)『Clarinéo(クラリネオ)2.0(N120CL)』 YAMAHA(ヤマハ)『YCL-255』 Henli SELMER Paris(ヘンリー・セルマー・パリ)『Prologue(プロローグ)』 Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)『R-13』 Kaerntner(ケルントナー)『KCL27』

特徴

軽量でコンパクトな、プラスティック製クラリネット 日本メーカーならではの、高い安心感 お手ごろながら本格的な音色 著名な音楽家も愛用した、クランポンの代名詞 手軽にクラリネットを体験してみたい方に

価格

Amazon : ¥ 15,800
楽天市場 : ¥ 15,800
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,338
※各社ECサイトの 2019年8月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 97,200
楽天市場 : ¥ 82,080
Yahoo!ショッピング : ¥ 82,080
※各社ECサイトの 2019年8月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 224,640
楽天市場 : ¥ 224,640
Yahoo!ショッピング : ¥ 224,640
※各社ECサイトの 2019年8月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 378,800
楽天市場 : ¥ 389,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 388,200
※各社ECサイトの 2019年8月4日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 29,160
楽天市場 : ¥ 15,300
Yahoo!ショッピング : ¥ 17,721
※各社ECサイトの 2019年8月4日時点 での税込価格

材質

プラスチック製 ABS樹脂製 木製(グラナディラ) 木製(グラナディラ) ABS樹脂製

付属品

専用セミハードケース、説明書、運指表、リード、リードケース、クリーニング用スワブ、Oリング用グリス 付属マウスピース、ケースバッグ 専用ケース、SELMER製マウスピース Focus、リード1枚、クリーニングスワブ、コルクグリス マウスピース 、〈HB〉リガチャー&キャップ、コルク・グリス、リード、スクリュードライバー、〈BC〉オリジナル・スワブほか 専用ケース、スワブ、リード、マウスピースほか

商品情報

ECサイトのクラリネットランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのクラリネットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クラリネットランキング
楽天市場:クラリネットランキング
Yahoo!ショッピング:クラリネット本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各ECサイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

クラリネット購入後の注意点|レコーディングエンジニアからのアドバイス

レコーディングエンジニア

とくに木製の楽器は環境の変化に影響されやすいです。なかでも湿度の変化には敏感で、急激な変化があると、ひどいときにはひび割れてしまうことがあります。

新しく買った際には、ついついうれしくて触りたくなってしまいますが、そこはこらえましょう。いきなりたくさん吹くようなことはせず、一日30〜40分程度ずつ、1カ月くらいは徐々に慣らして演奏していくことが重要です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:春野 凛、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【取り付け方や材質で選ぶ!】音楽ライターおすすめのカポタスト9選

【取り付け方や材質で選ぶ!】音楽ライターおすすめのカポタスト9選

ギタリストにとって、あると便利なのがカポタスト。キーを変更したり、コードを弾きやすくしたりといったことが簡単にできるカポタストは、アコギユーザーだけのものと思われがちですが、エレキギターでも使うことがあります。そんなカポタストには、実にさまざまな種類のものがあるので、どれが自分に合うのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、カポタストの選び方とおすすめの商品をご紹介します。


サウンドクリエーターが選ぶ! おすすめのアナログシンセ5選【音作りを楽しむ】

サウンドクリエーターが選ぶ! おすすめのアナログシンセ5選【音作りを楽しむ】

電圧や音の波形を自由に調整することでサウンドを作り出すアナログシンセサイザー。比較的音の調整がしやすいデジタルシンセと比べて、より独特で個性的なサウンドを作ることができる点が魅力の楽器です。しかし、オシレーターやフィルターなど、機能が多くて、何を重視すべきか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、サウンドクリエーターでキーボーディスト、そしてシンセサイザープログラマーとして活躍されている内藤 朗さんへの取材をもとに、アナログシンセの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。本記事を参考にお気にいりのアナログシンセをみつけて、音作りを存分に楽しんでみてくださいね。


【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

【音楽ライターに聞いた】ピックホルダーおすすめ9選|マイクスタンドからボディ・ヘッド用まで

音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ピックホルダーの選び方や、おすすめのピックホルダー9選を紹介します。マイクスタンド用、ボディ用、ヘッド用から厳選。ギタリストの演奏スタイルに合わせて、どう選んだらよいかポイントをお聞きしました。ショッピングサイトの人気ランキングも参考にしてください。ピックホルダーがあれば、演奏中にピックを落としたときでも予備のピックをすばやく取り出せますし、ピックの保管場所として使うことも可能です。自分のスタイルに合ったピックホルダーを見つけてください。


ベースサウンドを向上させる、おすすめコンパクトエフェクター7選【音楽ライターが選ぶ】

ベースサウンドを向上させる、おすすめコンパクトエフェクター7選【音楽ライターが選ぶ】

ベーシストなら、自分のベースの音になんとなく満足できない、あるいはもっと違った音を出してみたい、と思ったことがあるかもしれません。そんな問題を、ベースやアンプを買い替えるよりずっとかんたんに解決してくれるのが、エフェクターを使うことです。ベースでも積極的に音作りをしてみれば、演奏がさらに楽しくなること間違いなしです。今回は音楽ライターの田澤 仁さんへの取材をもとに、ベース用コンパクトエフェクターの選び方と、まずそろえておきたいおすすめのベース用コンパクトエフェクターをご紹介します。


ピアニストが選ぶ! おすすめのメトロノーム5選

ピアニストが選ぶ! おすすめのメトロノーム5選

音楽の練習でテンポを確認するのに欠かせないメトロノーム。振り子を利用したアナログタイプと、電池を動力とするデジタルタイプの2種類、それぞれに一長一短があります。また演奏する楽器や音楽ジャンルによっても、相性はさまざまです。そのため、どんなメトロノームが自分にあっているのか悩んでしまう方も多いでしょう。そこで本記事では、ピアニストでライター、そして音楽教室の主宰としても活躍されている神田朝子さんへの取材をもとに、メトロノームの選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


最新の記事


【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

【電脳系フリーライターが厳選】おすすめのUSB PD対応充電器5選

最近は、USB Type-C(USB-C)ポートを介して電力を供給できるデジタルデバイスが増えてきました。なかでもUSB Power Delivery(USB PD)という給電規格に対応していれば、最大100W(20V/5A)という電力供給が可能で、短時間で急速充電が行なえます。ただし、USB PD対応アダプタによってサイズや出力が異なるため、商品を選ぶ際はよくチェックしたいですね。そこで本記事では、電脳系フリーライターの早川厚志さんへの取材をもとに、USB PD対応充電器の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

羽根なし扇風機のおすすめ5選! 家電評論家が選んだ!

回転するファンがなく、子どもの怪我の心配が普通の扇風機と比べて少ないといわれる羽根なし扇風機。各メーカーからさまざまな種類の商品が販売されていますが、送風だけでなく、温風、空気清浄機能など多彩な機能をもつ商品が展開されています。そのため、いざ買おうと思ったときに「選べない」と悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、家電評論家の神野恵美さんに取材をして、羽根なし扇風機の選び方のコツやおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

クラリネットのおすすめ5選|レコーディングエンジニアが解説

やわらかく伸びのある音色が美しいクラリネット。美しい音色に魅了されて、「クラリネットを自分で奏でてみたい」と憧れる方も多いのではないでしょうか。クラリネットを選ぶときは、材質による音色の違いやメーカーごとの特徴を知っておくと役立ちます。また、すでにクラリネットを持っていて買い替えを検討している場合は、とくに高価な買い物になるため慎重に選びたいものですよね。そこで本記事では、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんへお話をうかがい、クラリネットを選ぶときのポイントとおすすめ商品を教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。


【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

【ペットドクターに取材】ハムスター用ペレットのおすすめ8選|栄養をしっかりとれる

ペレットとは、ハムスターの主食となる木の実や種を粉末状にしてかためたエサのことで、ハムスターに必要な栄養が詰まっています。しかし、ペレットはメーカーによってかたさや大きさが異なります。さらに、ハムスターの種類によってもペレットの選び方が異なるため、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、ペットドクターである霍野晋吉さんへの取材のもと、おすすめのペレットをご紹介いたします。


虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除けスプレーのおすすめ9選【害虫防除専門家が選ぶ】

虫除け剤の効果確認試験を行なう有限会社モストップの取締役で、蚊についての書籍を複数執筆されている害虫防除専門家の白井良和さんに、虫除けスプレーの選び方とおすすめ商品9選をお聞きしました。虫除けスプレーには、効果の持続時間や使用タイプなどによってさまざまな種類があります。アース製薬、フマキラー、ジョンソンなどの商品が定番となっています。持ち運びにも便利ですし、虫が多そうなところで、さっと吹きかければ虫が近寄ってきにくくなるので有効に使って快適にレジャーを楽しんでください。